ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6773件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2021/04/24のBlog
[ 21:52 ] [ 試合結果 ]
今日は朝からクラブユース大会の予選最終日が行われるアスパ五色に行きました!

明日から3度目となる緊急事態宣言の発令により活動が難しくなります・・・。本当に出口はいつになるのか?そういう不安もある中でもこうして大会を主催してくださった関係者の方々の気苦労は計り知れないものがあるし、感謝しかありません。そういうたくさんの方々の思いも汲み取ってがんばってほしいと思いました!

最終戦となる今日、残念ながら無観客試合となったので保護者の方々の応援は受けられない形となってしまいました。また色々な事情があって常に試合をベストで組めなかった事も本当に悔しい形ではありましたが、それも含めての現時点のチームだという事が分かりました。
試合の前はまた審判だったのでアップには帯同出来ませんでしたが、同じ状況を3度目になったみんなはしっかりと時間を決めてアップをしてくれたし、最初の雨の日の失敗から学び、段々と仕上げるのがうまくなった事も本大会の成果だと思います。

言われなくても、やらされなくても出来るみんなに!!これからもそんな成長を応援していきたいと思います。

最終戦の相手は神野さんでした。常にテクニックを駆使するチームとして定評のある神野さんとの対戦は自分達の一つの目安になっていく為には楽しみなものでした。
今日も1年生をスタメンに抜擢しましたが、序盤からそのプレッシャーにも打ち勝って良いプレーをしてくれていました!

常に良い準備をしてくれていた事や練習でも常に前向きな気持ちでやっている彼にチャンスが巡るのは当然の話だったし、そこで出来た良いプレーも積み上げてきた成果だと思います。開始のプレーはみんなが積極的に相手の裏を突く動きがあり、向かい風の中でしたがチャンスを先に作り出して得点まで奪う上々の出来でした。

でも、風の影響と守備陣とキーパーとの連携不足を突かれるとズルズル下がる悪い癖が出てしまい、その分相手の得意な形を何度も作られるという流れに・・・。前半の間に流れは完全に相手に移ってしまい、みんなを修正するにはハーフタイムのタイミングになってしまいました。
後半は、良い意味での開き直りと、もう一度自信を持って取り組むという強い気持ちが見えたし、相手を後ろに下がらせるプレーが増えてきた中で、龍之介くんの見事なフリーキックが炸裂し、すぐ後に朔弥くんの【イメージ通りだった】と本人も納得の一発が決まって流れを完全に支配したものの、またしても守備陣とキーパーとの間のスペースを改善出来ずに失点を喰らい、最終戦は敗戦して終わりました。

自分個人としてはものすごく悔いの残る試合で悔しさしかなかったのですが、冷静にピッチを出た選手を眺めているとものすごい温度差を感じた。同じ気持ちで話せる子もいるが、全くそういう次元にはいない選手もいたり、勝負事の世界に踏み込んできた覚悟のなさを最後に話しました。どれぐらい伝わったかは分かりませんが、後にズルズル引きずるのは嫌なので、全てをこの会場に置いて気持ちを切り替えて帰ろう!!と帰路につきました。
今日の小さなヒーローはきゅうりを一本食べていました(笑)

自分のペース、自分なりのルーティン、大事にしてほしいですね!帰りはしっかりと全体の時間を共有、楽しみ、明日からもしかしたら全体でのトレーニングが難しくなる事への覚悟も持って迎えたいと思っています。

個別にはいっぱい時間が出来る中でどのような向き合い方をするのか?強くなれるチャンスと受け止められるか?の話もしました。みんなのスイッチが入れば本当に良いチームになっていくと思うし楽しみしかありません!!まだまだ伸びますこのチーム。大会を通して色々なものを得られた事で大きな成長のきっかけになったと思います。大人の、コーチという存在の立ち位置も改めて考えさせられました。どんなに時間が掛かっても子供の力で弱い部分と向き合い、乗り越えるまで待てるコーチになりたいと強く思いました。


良い大会を経験出来た事は色々な方々の努力があってこそです。全ての方への感謝を忘れず、またこれからも自分に出来る事を精一杯やっていきます!!大会に関わってくださった皆さん、本当にありがとうございました【礼】
2021/04/23のBlog
[ 23:12 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾の合同練習でした!!

緊急事態宣言が発令され、またしばらく活動が出来なくなりそうです・・・。それだけに出来る事をやる!その必要性が大きく問われます。

恵まれ過ぎて何もしなくても良い、という風潮がある。手ぶらで、片手間で、自分のタイミングで・・・なんて文言がウリになっているサービスもたくさん増えました。
確かにそういうのが流行るサービスもある。お手頃感覚でやれる事は便利だしありがたい。

でもね、やっぱり自分が選んだ事というものに関しては片手間でやっていいようなものなどないという事だ。その感覚が当たり前の基準になるからこちらが普通と思っている事が【厳しい】と思われる。

手抜きをすれば怒られ、厳しくすれば叩かれる。そういう難しい時代の中にいるけれど、どんな時代であれ、本人が魂を燃やす、心を燃やすという事は変わらないはずです。プロになる奴だけががんばれば良い、じゃなくて【がんばり抜いた最高地点がプロ】なのだと思ってほしい。
【待っている】だけの感覚の小学生がびっくりするほどに多い!!

俗に言う【足が止まっているよ】という時間がとにかく多いけれど、それは単純に【頭が動いていないから】であり体力、走力がないのではない。そして、足の止まる子は給水、練習の合間の集合をしても必ずと言っていいほど最後のほうになる。

つまり頭が動いている子というのは何をすべきか?を考えるから行動が早くなるし、それを出来る、出来ないの差は【自分の好きな事をやっている】感覚があるかどうかとも繋がる。
だからね、こちらが熱を込めて【もっと足を動かしなさい!】と言った所で、根本の解決にならないから改善はされない。見た目、一瞬はやるだろうけど、意味も理解していないからすぐに止まる。

集合を早くしなさい!と言うのではなく【どうすれば早くやらないといけない!】という空気になるか?だといつも周りの中学生には伝えている。言葉で、指示で動く人間程つまらないものはない。自分の意思で動くからこそ面白いものが生まれるし、それこそが人間としての価値とも言える。個性?みんなにあるのに、出さずにみんなと合わせる事に執着しているともったないないよ!
大事な時間は限られています。今やれる事をやらないと本当にもったいないと思う。それしか言えないが、やるのは自分自身。

ちょっとの気付きでプレー自体が随分と変化する。
ちょっとの自信で相手に怖さを与えられる。
ちょっとの勇気で自分の中に大きなものを残せる。

大きな変化を望む前に、目の前の出来る事を【ちょっと】やってみませんか???君次第だよ!
2021/04/22のBlog
[ 22:00 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

日中の暑さに比べると朝晩は一気に冷え込むのでとても身体にはきつい季節です。でも、緊急事態宣言が再び発令されそうな中、今こうしてトレーニングが出来るという環境だけでも本当にありがたいし、子供達と日々のがんばりを共に出来るありがたみをひしひしと感じます。だから、今日もしっかりと一人一人のがんばりを見ながらやっていこうと思いました。
トレーニング全体の流れはそんなに変わらないですが、木曜日はフルコートのゲームをしたいので大きなコートの中で自分のやれる事が試せるか?考え方がちょっと変化してきたか?何かが達成出来たか?などを確認してほしいと思います。

こちらからやってほしいという事の最低限と言うか【足並みを揃えてほしい部分】だけは伝えてやりながら、最終的にはその揃えた事ですら【選択肢の中の一つ】になればそれで良いのです。知らないから出来ない事と、知っている上でやらない事とは全く意味が違います。
ドリブルにこだわる。パスにこだわる。色々あるだろうけど、サッカーはその中のどれを選択しても良い訳で、その選択権は本人にしかありません!勝利主義になるとその選択権すら大人が奪ってしまう機会が多くなっているけど、そうではなくあくまで主役が子供達であり、そこを伸ばせるようにしていきたいとは思います。

でも、間違えてほしくない、勘違いしてほしくないのは【何でも自由】ではないという事。チームとしてやる事と言うか【スタメンに出るならこういう事はしないといけない】という所は伝えます。技術的な部分よりも【自分から積極的に自分を出す】という事が大半になりますが、そういう所は全体に話すようにしています。
一緒に参加してくれる小学生達も元気に参加。

中学生のスピードとか感覚にも慣れてきている感じがあります。慣れた時に人の価値は分かれます。慣れて緩むか、慣れて向上心を持ち続けられるか、です。

うまくなるって難しいようで、簡単だし、簡単なようで難しい。要は【覚悟・心構え】なんだと思うし、そこに尽きる!だから、大勢で群れるよりも一人だけで苦労したり、一人だけで選んだ場所のほうが成長するのはそういう所。手を抜いているつもりはなくても【知っている人がいる場所】という安心感はどうしようもないし、そこについつい甘えるのが人間。

だから、どれだけ逃げても、どれだけ弱くても良いから、どこかで必ず覚悟を決めた行動をしないといけない事は知っておいてほしい。

そのタイミングは絶対にバラバラだけど、絶対に必要な事。世界に挑戦するとか、日本一になるとか、優勝するとか、日本代表になるとか、君達にはどのビジョンと、どの覚悟があるか?で決まる。うまくなるかどうか?はその覚悟の延長線上にあると思う。

コーチは色々な【良いコーチの定義】がある中でも【子供に寄り添えるコーチ】というジャンルで一番を目指す!その覚悟を決めた自分。だからみんなもそれぞれに覚悟を持ってほしい。卑屈になる事なんてない!自分だけの人生。自分が主役でがんばっていこう!!
2021/04/20のBlog
[ 22:22 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

この大会を通して色々見えてきている所があります。それらをどう受け止め、どう感じ、どうなりたいと思えるか?だと思う。グランドに来て、時間を使って、しんどい事も苦しい事もやる。それを【言われた通りにこなす】だけでは何の意味も価値もない。それらを【トレーニング】という価値にするには各自がどういう状況であるか?(現状の把握)を知り、どうなりたいか?(ビジョン)を持つ事でトレーニングとなっていく。

つまり、設定を用意するとかこちらの腕はもちろん問われるけれど、根っこはどうなりたいか?の志を強く持った本人次第な所はあります。
現に同じメニューをしても差は出ます。

その【差】は取り組み方です。技術云々ではなく、考え方であり、それを実行する行動力であり、【生き方】みたいなものだと思います。性格とか癖とか、なかなか簡単には変えられません。だけど、考え方というものは影響を受けたその瞬間から変える事が出来ます。自分が信じたものを貫く事でその人の生き方が出てくる。

今のみんなもサッカー=【生き方】と言われたらとても重たく感じるだろうけど、実際に生活の一部の中に確実にサッカーが入っている事は確かなんだから大袈裟ではないと思う。
コロナがさらに勢いを増してきています・・・。このままではまた活動が自粛という流れになるかも知れません。。。そんな雰囲気が出ている今、努力出来る時にしていない事をきっとみんなは後悔する事になる。

当たり前だと思っている生活が当たり前じゃなくなっている今、がんばれる時にがんばる事をやらなければ本当に後悔しか残らない。イエローカードが何だ!ファールが何だ!失点が何だ!シュート外したから何だ!敗戦が何だ!!って事。そんな些細な事に一喜一憂しないで、もっと大きな観点から観てみよう!!今の生活の中にある様々な出来事を全力で取り組んでいるか?逃げていないか?楽を探していないか?そっちのほうが大問題だ!
あいつ馬鹿なんじゃない・・・

って言われるぐらいに一度突き抜けてほしいものです。自分も今、毎月300キロ以上は必ず走る!と決めて2年が過ぎました。【サッカー選手なのに馬鹿じゃないの・・・】と何度も言われてきました。そんなの意味ないのに・・・って。でもね、自分は自分で決めた努力から逃げない事が自分の生き方だと思っているし、それをみんなに押し付けるつもりなど毛頭ない。だから否定されようが、非難を浴びようが、自分はやり続ける!!

決めたからには出来なかった月の言い訳は絶対にしないと決めている。出来なかった時は何があろうと自分の責任!!そこからは絶対に逃げない。そう決めた自分になってからは逆に周りの色々な事が【許せる】ようになった。中途半端にやっている時が一番許せなかった。【これだけがんばっているのに・・・】って気持ちがそう思わせる。でも、それを越えてしまえば【自分の為のがんばりだし】と思えるようになり、周りの言葉が気にならなくなる。
だからみんなもコーチと同じ事をしなさい!じゃなくて、【考え方はそういう風にしたほうが良い】という話。

自分で決めた事からは逃げないという単純な事。でも、それだけでもやろうと思って簡単に出来ないもんです。いつもどこかで言い訳を作る・・・。

俺のせいじゃない・・・
俺だけじゃない・・・
あいつは恵まれているからだ・・・
あいつだってやっているじゃんか・・・

こういう思考と戦おう!そして、打ち勝ってなりたい自分になろう!!それが出来れば不満もなくなるし努力が苦にならなくなる。

がんばろう!!緊急事態宣言が出てからありがたみを知るのではなく、今戦える時に戦って気付こう!!



時間は永遠ではないんだよ。

2021/04/18のBlog
今日はまた朝からクラブユース大会があったので堀金コーチと一緒に帯同し、赤穂海浜公園グランドに【来ました】と言うよりも【帰ってきました】と言うぐらいに感じました(笑)⇒5試合中3試合がこのグランドなので!

雨も上がって晴れると思ったのですが、晴れたり曇ったり、雨も降ったり、風も強かったり・・・と春の嵐のようなおかしな天気でした。それでも今はそういった事など関係なく、我々がやるべき事があり、各自がやれるべき事があるという所。

そこを意識してがんばろう!昨日のアップは失敗したけど、今日も同じ条件でコーチ二人は前の試合の審判だから、アップは自分達でやらないといけない!同じ失敗をしないように工夫してがんばろう!という話をして試合を迎えました。
明らかに昨日よりも入りが良かったし、口で何を言われるよりもやっぱり自分達で体験した事が大きかったと思う。

うまくいかな過ぎて逃げ出したくなった昨日。それでも逃げずに留まり、奮起してくれた事でたった一日だけでも少し大人に近付く成長が出来たと思うし、今日は今日でさらに何かを積み重ねられるような一日になれば、と思いました。

審判の役目をしっかりと果たしてから試合前のミーティングでは、【各自の持っている武器を思い切り出そう!】という事だけでした。アップの前にはスタメンメンバーには個別にやるべき事は話しておいたし、イメージはしっかりと作ってくれたと思います。
今日の対戦相手はJOGAさんでした!

監督をされている森村さんとは親交もある仲だったのでお互いに楽しみましょう!という感覚で試合を迎えました。開始から出足の良かったみんなは積極的なプレーを出してくれたし、昨日は守備陣が寒さ以上に縮こまっていたのですが、今日はその経験から前向きさを出してくれたし、前からの守備も強くいってくれました!

なかなかの向かい風だったので苦しい展開を予想していましたが、みんな割と適応してくれていたし、あまり向かい風の不利さが目立つようなシーンもなかったと思います。

その上、チームの武器である主将のドリブル突破からのシュート!しかもゴールという幸先の良いスタートを切れた事でチームも勢いがつきました!!
さらに乗っている主将自ら追加点を挙げ、序盤でリード出来たものの不用意なファールによるPKで相手に決められ、勢いが出てしまった相手に追加点を許し、前半は2-2のタイスコアでした。

ハーフタイムには【やれているんだから自信持ってやろう!】という事で送り出し、後半も素晴らしい立ち上がりで得点を決めるのがどちらかと言うと苦手な主将でしたが、今大会が始まってから練習の日も早く来てシュート練習をしたり意識を強めていた事もあった成果でしょう!!後半にも得点を挙げ、ハットトリックを達成しました♪さらに大輝くんの技ありゴールでその差をまた広げたものの、前半と同じ展開になり終わってみれば打ち合いの同点となりました。良くも悪くもなく、全てがやってきた成果であり足りない部分であるという話をしました。
結果だけに悔しがったり落ち込んだりする前に、もっとやれる努力があるんじゃないか?を常に自身に問いかけてほしい。

どう受け止めるか?は各自次第だから今後の練習でその気持ちを忘れずに取り組んでほしい!と伝えました。

コーチとしては悲観的に思う所はありません!昨日の惨敗から学びを得て、次の日に活かす。それを継続出来た事や、1年生がスタメンに抜擢され、緊張している中を一緒にフォローしながら戦えた事。1年生とは思えないプレーも披露してくれた事。体力が課題と言っているメンバーが最後の最後まで戦えるようになっている事。【勝てた試合】などと1ミリも思いません。それを平気で思う、言う人って普段の努力を知らない人です。

自分は日々を共に過ごし、選手一人一人の心の揺れ動きも含めて観察しているからこそ、この結果だと思っているし、間違っているとも思わない。【勝てた】なんて思った時点から【足りない部分しか見えない目】になる。そんな大人が多いと子供の可能性が潰れていく。


今日出たものが全て。出せたもの、出せなかったもの、全部が今の自分達。

しっかりと受け止めた上で、【どうなりたい?】を改めて考えて来週からまた努力していこう!!

素晴らしい環境の会場を提供、運営してくださった方々、応援してくださった保護者の方々、対戦してくださったJOGAさん、本当にありがとうございました【礼】
2021/04/17のBlog
[ 21:14 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から淡路のアスパ五色グランドにクラブユース大会の為に同行しました!

昨夜からの雨により気温は低め!走行中には深い霧も出てきて運転もなかなか気を遣いました・・・。が無事に到着し、会場で各々の時間をまずは過ごしました。

今日は自分達の試合前に審判だったので、アップには帯同出来ずにみんなに任せる形となりましたが・・・

やっぱり自分達で気持ちも身体も作る、というアップの本質が全く出来なかったし、スタートは最悪。アップの重要性を学べたんじゃないかな?と思う。
今日の相手はサンターリオさんでした!!

綺麗な芝生のピッチに映えるピンクのユニフォーム!!派手な色ですが、プレーも見事なチームでした!どの試合も相手がどうこうの話はしません。ただただ、自分達がどう過ごしたか?何を得たか?何を感じ、何を学んだか?大切なのはそこです!

ズブ濡れで審判を終えたので、着替えやその後の提出書類の手続きが多く、試合の前半はベンチにも帰れない状態でした。そういう中で、横目で試合を観ていると動きはガチガチでした。。。

正直、このグランドはスーパーに最高でした(アスパ五色さんのメイングランドは色々な大会の決勝を行えるレベル)が、グランドレベルが上がる程にみんなのパフォーマンスが下がるという田舎チームあるある(笑) こればかりは経験の部分もあり、仕方がないと痛感しています。
そんな中で全くうまくいかなかった前半。

コーチはみんなの雰囲気をずっと観察しました。そして出した答えをハーフタイムに伝えました!

【もう守るプライドなんかないでしょ?開き直って自分のベストプレーを一つでも多く出しておいで!】と。

この年代はとても難しいと思う部分。会場が遠かったにも関わらず、また天気も悪かった中、多くの方々が応援に来てくださいました!本当にありがたいと思った反面、【がんばらなきゃ!スイッチ】が入ってしまった保護者が来てくださった所の選手達がかなり過度の力が入っていました。悪いのではありません!期待に精一杯応えたい強い思いだったと思います。その思いと現実に起きている状況のギャップをなかなか受け入れてくれません・・・。そんな前半を過ごしたからこそハーフタイム、ようやく言葉を伝えられる時間にその事を伝えました。

守るより攻めておいで!それが、応援してくださる保護者の方、真剣に相手をしてくれる相手へのせめてもの【敬意】だ、と。
後半。水を得た魚のように生き生きとがんばるみんな達!!

やっとサッカーが出来たね!(笑)

勝負は前半で終わってしまったが(笑)、長い人生を基準に観れば、たった35分間で失った自分を取り戻せた事や、プライドを守る事よりも捨てる事の勇気に気付けた事は大きかったんじゃないかな?と思う。

弱すぎて会場で笑われまくっていた前半と、必死なプレーで会場にちょっとだけ与えられたインパクトと。

サッカーって最高だね!みんなをこんなにもダメにさせたり、キラキラさせたり・・・。
今日しか味わえなかったこの感覚。

ベンチにはベンチのドラマがあったりとうちらしさがしっかりと詰まった試合でした。

誰一人顔を下げる事なく、次への決意や思いを持って帰り道を過ごしてくれた事。自分はこんなに負けてもこのチームが大好きだと心から思える!

みんなの変化、みんなの弱さ、みんなの努力を丸々大切に思い、好きになりたいと心から思う。敬意を持ってみんなを大切にしようと思う!

大会は明日もあるぞ!!うれしいね!みんなとまた過ごせる時間がとても待ち遠しい!明日はまた誰かが調子悪いだろうし、誰かががんばるだろう。。そんな全てを含めて【ファルコ】なんだと思う!!精一杯がんばろう!!

大雨の中、たくさんの応援をしてくださった保護者の方々、素晴らしい環境と対戦相手をしてくださった全てのチーム、本当にありがとうございました【礼】
2021/04/16のBlog
[ 23:37 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでのエリート塾とファルコの合同練習!!

雨の心配をして体育館の手配もしていましたが、人数が多くなる金曜日はなるべく外で活動をしたい気持ちがあったので、ギリギリまで様子を見ようと我慢していたのですが、どうにか小雨程度で雨も多くは降らなかったので助かりました。

外でしっかりと活動が出来たので今日も中学生、小学生の両方が学びも場となるようにがんばりました!
まずはエリート塾のメンバーの【習慣】を変えていく事が先決です。

何も言われずに普通の状態でやっている事が習慣です。その習慣を見ているとやっぱりボールを扱うとか大切にするという意識が極端に弱いと思います。

【抱き抱える】と【持つ】では全く違うと思う。それと同じように、【扱う】と【触る】は違う。

そこの認識から変えないといくら2時間、3時間トレーニングしても意味がありません。扱う事を前提にしながら、それが出来ないジレンマを感じてもらい、【身体(動き方)から変えないといけない】という意識に繋がるまでやっていく期間だと捉えています。
教えるのか?伝えるのか?聞き出すのか?やらせてみるのか?

相手によって変えないといけないのですが、エリート塾生と組む中学生はほぼ一辺倒に【教える・伝える】に没頭してしまい、相手の思いや考えを聞く余裕がありません。そうではなく、自分自身が学ぶという意味でも、もうちょっと相手から引き出す努力をしよう!という事も途中に話をしながら再びやってもらいました。

エリート塾生にも【笑顔でゆったり取り組む技術練習】と【真剣に戦う対人メニュー】とのメリハリの話をしました。ずっと楽しく、それだけ、で終わると成長がなくなってしまうから、せっかくこの場に集まって一緒にがんばるのだからお互いに刺激を与えてほしいと思います。
学ぶというのも才能だと思うし、男としては【余計なプライドを捨てる】事が重要です。

自分がしがみついているプライドなんて実は何の役にも立たないし、むしろ捨てて開放したほうがより良い自分になれるものです。こだわりは必要だけど、プライドは必要ありません!何よりも、誰よりも、努力が出来る人間を目指してほしいと思います!

心と身体は繋がっているし、本気の気持ちで取り組めば何をやってもうまくなれます!どんなメニューをやるよりも、どのような気持ちで取り組むか?の所をしっかりと意識して、みんなが主役のこの場所で、自分自身が成長する為の行動(プレー)が出来るようにがんばっていきましょう!!
2021/04/13のBlog
[ 22:06 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

雨天だったので室内での活動となりました。毎週火曜日がファルコはスタートになるので、この日が一番楽しみなんです!!

週末に各自がどのような思いで過ごしたのか?どんな努力をしたのか?どういう決意で来ているのか?を観れるからです。

ただ、【期待】をすると間違いなく毎回裏切られたという結果になります(笑) そもそも期待というのはする側の勝手な感情なので、自分は極力持たないようにしています。今日は冷静に、感情を入れずに眺めていると・・・。
【停滞】という言葉になってしまう事を話しました。

このままでも問題ない。このままで良い。その気持ちが当然そういった行動になってしまうし、周りの立場である自分にも全く伝わるものがない。数名は変化があったり、成長しようという意識が見えるのですが、半分以上は停滞という言葉になっていました。

これでは練習も試合もやる意味がないよ、という事を伝えました。各自のなりたい形に近付けていく事と、チームという全体の中でやるべき事を両方やろうと思えばいくら時間があっても足りないぐらいなのに・・・・【失敗】といううまくならない時間を費やした時点で【負け】だよ、という話をしました。
サッカーがうまくなりたい!という目的でファルコに来てくれた以上は、

サッカーをうまくなろうとしない時間が【失敗】という位置付け。技術の失敗にしか頭がいかないから実は修正出来ないんだという事。修正する為にはこの失敗という事への認識から変えないといけないというのがよく分かった。

今日のこの話をしてからのみんなのプレーはとても前向きに変化をした。前向きな気持ちで行うプレーは技術的な失敗も自分の切り替えや行動でカバーをするものです。また仲間が自然とカバーをしてくれるものです。それがよく分かった今日のトレーニング。
今、自分がやるべき事は???

試合を経験し、大会を経験しながら自身の課題は明白に見えてきているはず!自覚もある!!だけど、改善する為のアクションを真剣に、必死にやろうとしているか?ってなると全然!!

説得<納得<共感

共感までいかないと試合では通用しないというのは自分も自分が試合を経験して気付く。言うだけの人(説得)、押し付ける人(納得)、ではうまく機能はしないけど、コミュニケーションとしてはそこからやっていくしかない!その上で考えを擦り合せ、【共感】にまで持って来られたらスムーズな対話、プレーが可能になる。
サッカーにおいて人の繋がりは【1+1=2】ではない。協力が機能すれば、1+1が3にも4にもなる。

その数値を大きくする為にも、共感するという事は絶対不可欠。相手を分かろうとする努力、伝える努力、引き出す努力、その全てを行う選手がこそが本当に良い選手になるんだろうな~ってつくづく思う。一方的な関係性の大人は山ほど観てきているけれど、相手を知ろうと努力する大人は極端に少ない。

相手にどう思われようが、自分はきちんと相手を理解しようと努力する人間になります!
その決意と行動が自然と選手もそうなっていく道筋になるだろうから責任持ってがんばります!
2021/04/10のBlog
[ 20:05 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から最高の天気の中、クラブユース大会がありました!

会場も素晴らしいグランドの赤穂海浜公園でした。先週は雨の天気だったのですが、今日は快晴の文句のつけようのない天気!やるしかない!!そんな素晴らしい環境がみんなを迎えてくれました・・・が。。。

近年の贅沢病ですね。。。我々世代は芝生のグランドで試合をしようと思ったら県レベルの大会の上位に入るしかなかった・・・その努力に努力を重ねて味わえた芝生グランドの感動というのは今でも忘れません。それがいつしかあちこちにこんな素敵なグランドがたくさん出来て、子供達は大会のみならず練習試合でも芝生のピッチで出来る時代です。時代だから仕方がない!分かります。ですが、環境は仕方がなくても中の選手はその言葉じゃ済まされません!もっともっと色々な事が見えないと・・・って本当に思う一日となりました。
言われるまで動かない
大半の意見に従っておけば大丈夫

これを【正解】にした時点で君達が良い選手になる可能性をゼロにする、と言っても過言ではありません。

サッカーはピッチの中の1秒1秒入れ替わる状況の中で瞬時に判断をしなければいけないスポーツ。それを先延ばしにしたり、誰かに従ったり、その考え方を持っている時点で勝敗は決まってしまうものです。ずっと誰かについていく【コバンザメ行動】はどうか引退してください!これらを改善していく為にも金曜日のエリート塾の時間が一番有効になってくると思います。
今日の相手はいつも交流してもらっている赤穂さん!

対戦相手でありながらいつも刺激をもらっている仲間でもあるので、絶対に負けるなよ!とか勝つんだぞ!とかではなく【今日も学びなさい!】の考え方で試合を迎えました。

開始からのんびり入る悪い癖は今日も直らず、開始早々に失点・・・。この時点で今日の全てが決まったと言えるぐらいのみんなの現状が詰まったものだったと思います。後からがんばった?点を決めた?勝った?そもそもそれら全てを【自分のおかげ】と勘違いしてない???本当に思考が未熟で幼い。もちろん見方を変えれば失敗からの大逆転勝利!よく立て直したな~ってな感じ。。。

でも、違うんだよ!今君達が取り組んでいる事から考えればやっぱり最初の失点という入り方で台無しなんだよ。
今日の収穫は2,3年生が全員と1年生も半分が試合に出れた事。

一人でも多く、経験をさせたいと思うし本心は全員がやっぱり平等の時間を出場させたい!これは本当に思う事です。ただ、【平等】という言葉を考えれば努力の仕方、方向性、強度によってやっぱり違いをつける事を平等と呼ぶんだと思っています。

しかも帰る前には話をしたけれど、相手の赤穂さんは試合が終わってからも努力をしていました。いつか強くなってやるんだ!と思い続けた人間だけが強い選手になれる。現状だけに甘えている今のみんなの思考では成長も止まるよ、という話はしました。どんなスイッチを入れてくれるか?はこれからの楽しみ。
コーチがいっぱいしゃべっても、いっぱい伝えても(伝わっていないくても伝えた気でいる)、選手自身がやる為のスイッチにならなければ無意味なんだよね。

あ~あ・・・全然ダメでした、、今日の試合。。。。という事はやっぱり日頃のコーチのやり方、考え方、接し方、言葉の掛け方がダメだって事!それは【日頃の習慣を大事にしよう!】と言い続けている自分の責任。ダメな試合はコーチが悪い!!!だから、また学びを深く、濃くしていくしかないと強く思った試合。

そういう中でも、もし今日の何かの言葉でも伝わったならばみんなも自分なりに色々やってみてほしいと思う。今が最大の成長期!!逃すなよ!!!


会場設営、対戦してくださった赤穂さん!応援してくださった保護者の方々、ありがとうございました【礼】
2021/04/09のBlog
[ 22:44 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターで今年度最初のファルコとエリート塾の合同練習を行いました!!

今年度はコロナの影響もあってエリート塾の告知等を少年団に配らせてもらえる機会がなかったので、新年度がスタートしてからゆっくり募集していこう!と考えていたのですが、昨年度のメンバーとその友達の繋がりなどから結局初回に15名も集まってくれました!

金曜日はグランドが一気に活気づいてきましたが、大事なのはこのメンバー一人一人が何かを得る事です。その為にどうやって関わっていくのか?練習前には中学生にその大切さを伝え、今日の時間を一緒にがんばりました!
昨年度からの継続の子は雰囲気等が分かるのですが、今年度からのメンバーは全く分かりません・・・。当然緊張するだろうし、不安もあるだろう。。。

その気持ちを察し、寄り添うようなレベルにまで到達出来るか?我々の挑戦は始まりました!今年度のエリート塾は主に【選手同士の関わり方】を大切にしていこうと思っています。これまでのようにコーチが主体で何かをやっていくばかりでは、各チームでやっているのとほとんど変わりがないし、うちが目指している形がブレてしまうので今年度からは選手主体で行い、そこから出てくる【色々なもの】を大切にしていこうと思っています。
色々なものが必ずしも全てがうまくいったものではありません。むしろ、うまくいかない、という事のほうが多いと思います。

でも、そういう状況の時にこそ【本音】は見えます。チームを助けられるのか?仲間を助けられるのか?ピンチに敏感なのか?チャンスを見逃さないか?そういうものが見えるのです。今日何度も伝えたのは、【教えるな!】という事です。どうしても年上という設定になると教えたがります・・・それが正解だと思っているはずです!

でも、何度も言ったのは【一緒に学ぶ】のです。相手は何がしたいのか?相手は何を考えているのか?それらを引き出した上で教えられるか?なんです。
中学生にそこまで出来ますか???と思われる方もいるでしょうが、出来るのです!

もちろん全ての中学生ではないです。でも、うちはそういう事を大切だと考えるクラブだし、普段からもそういう所へのこだわりがあるからです。実際に今日のトレーニングも全て選手主体でやっていく中で、ひたすら【何を?どのように?伝えているのか?伝えようとしてるのか?】を探っていると随分言葉選びがうまくなったと感心しました。

全くしゃべれなかったみんなが相手の事を考えたり、言葉を噛み砕いたりして、伝わるように努力する姿は成長を一番感じました。普段、コーチと選手の関係だけではなかなか見えないものが今日はたくさん見えたのは良かったです!エリート塾生達も、とても前向きな取り組みをしてくれていたし、良い空気だったと思います。
今後も普段の練習でジックリと自分がファルコ生と向き合い、金曜日はそのファルコ生がエリート塾生と真剣に向き合う時間にしてほしいと思います。

この流れが出来ると子供達は相当良くなるという確信があります。大人のアクションより、子供同士のアクションのほうが数倍良くなるのです。

お互いにしっかりと学びが残せる時間となるように今日からまた一年間一緒にがんばっていきましょう!!
前のページ   |   次のページ