ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1091件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2020/12/31のBlog
こんにちは、ボランティアいずみです。

ボランティアいずみの前身は知的障がい児通園施設
「いずみ園」で活動していました。
1978年、自発的なグループとして「ボランティアいずみ」が
発足しました。
現在、障がい児者の方々との交流や援助活動をはじめ、
機能回復訓練や知的発達を促すことの一助となる布の絵本や遊具作りをしています。
布の絵本・遊具の一部は市立中央図書館・ボランティア活動センターに
展示しています。
これらの作品は子育て広場や高齢者のレクリエーションの場などでも
使っていただいています。
 個人・団体を問わずに作品の貸し出しをしていますので、ご希望の方は
川西市ボランティア活動センター(tel:072-759-5200)までご連絡ください。

活動曜日:第1・3木曜(原則) 
活動場所:キセラ川西プラザ福祉棟2階共用会議室
活動時間:
 ①ミーティングタイム10:00~11:00
 ②作品話合いタイム11:00~12:00
 ③作品貸し出しタイム13:00~15:00
④布の絵本・遊具づくりタイム13:00~16:00

会員:現在17名ただいま、会員募集中です

その他:会費 年1,200円

問合先:川西市ボランティア活動センター
 tel/072-759-5200 fax/072-759-5203
 〒666-0017 川西市火打1-12-16 キセラ川西プラザ福祉棟1階
2020/08/01のBlog
毎年8月初めの土日、尼崎すこやかプラザで
「布のえほんとおもちゃであそぼう展」が開催されます

いずみも毎回作品を貸出ししており
それぞれが都合の良い日に見学に行っていました

今年はコロナのこともあり
作品の貸出しはありませんでしたが
すこやかプラザからチラシが届きました

今、感染者数増加の折
開催が危ぶまれていましたが
ホームページで確認するとあるようですね
いずみの仲間からラインで行く・行かないの連絡が
回ってきました

う~~~ん、どうしようか?

でも、土日だし、電車に乗ることになるし
遠方だしと理由をつけながら迷いに迷って
今年は遠慮することにしました

そういえば、電車なんて半年以上乗ってないなぁ

行動範囲もめっちゃ狭くなっているし、車だし

なるべくなら、乗りたくな~い
頭のすみっこか全体的にか
コロナに対する恐怖感が植えつけられているみたいです

とにかくできるだけ遠くには出かけないようにしています

唯一、遠いといえば京都市内まで月一度
連れ合いが毎月購入しているマンガ雑誌を
孫宅まで運ぶことぐらいかしらね


運転免許証を返納する時まで車で出かけるつもりです

これを返納してしまったら
「ハイハイ、明日行くからね!」なんて簡単には
言えないなぁ、困っちゃう~

まぁその時は孫もマンガ雑誌は
不要になっているかもしれないけどね

トニカク・とにかく、市内でも感染者数が
増えつつあることで公共施設の利用も
制限されつつあります

いつどこの時点で利用できなくなるか
ドキドキしながらの活動になることでしょうね
コロナよ、ホントに早く地球上から消え去ってよ~

みなさんも今以上に気をつけてください!

「ステイ・ホーム!」・「ステイ・ホーム!」
2020/07/24のBlog
[ 14:27 ]
4月初めに新型コロナウィルス感染症は
ボランティア保険適用外だと連絡網で回りました

エエッ?何でやねん、それだったらボラ活動は
やめとこかと思った人も少なくないはず

活動中に対象が人の場合
うつしてもうつされてもお互い嫌な気分になるしね

でもそんなことを言ってられない方々や
サポートがなければ生活に支障が出る方々は
たくさんおられます

じゃぁ、その補償は誰が?どこが?してくれるのだろうって
考えてしまいますよね

多分、そんな声がたくさん出てきたのでしょうか
もしも活動中にコロナに感染してもボラ保険に
適用されるとの情報が入ってきました

感染はしてもさせても嫌だけど
少しは安心して活動ができますね

7月にあったV連代表者会議で
ボランティア活動センターから説明があったとのことで
次回例会で担当者から話が出ることでしょう
保険会社は新型ということで補償の対象外にしたけれど
ボランティア保険って何だろうって考えた時
新型であろうが旧型であろうが活動中での
補償対象として考え直したのかぁ

まぁそれでエエんやけどねぇ

いろんな新しい病気が次から次へと出てきています

その度に保険会社は見直しで大変かもしれないけど
それをしてくれないと多種多様のボラ活動はできないでしょうね

今回は特に身近な感染症ですものね
保険適用になってよかった・よかった!!
2020/07/17のBlog
自粛が緩和され、少し自由な空気が流れ出しています

でもまた最近、コロナ感染者数が全国で増えてきています

気の緩みからでしょうかねぇ???
一人ひとりの自覚かしらねぇ???
3ケ月以上の自粛はホントしんどかったもんねぇ!

買い物だって食料品のみでササ~ッと行って
すぐ帰ってくるだけだったしねぇ

連れ合いを連れて行くことはおじゃま虫なので
留守番してもらってたしねぇ
でもまだまだ、気をつけましょう・気をつけましょう!

そうは言っても、いろいろな活動が始まっています

いずみやボランティア情報にじの編集も始まりました
特ににじは5月号が途中までで
残りはボラセン職員が仕上げました

7月号は全く関わることができませんでした

で、今は9月号を編集中です
今までは4ページでしたが今号は2ページにして
編集員の負担を軽減することにしました
というのも、編集員の高齢化に伴い
辞めたい希望者が出はじめました

にじは社協とV連との共同編集発行で
V連事業の中の一つです

以前からボラセンとV連に伝えていましたが
V連自体も他人事のようにキッチリと向き合って
考えてはくれません

また、ボラセンもにじは発行するのだという考えで
編集員のことをどこまで考えてくれているのかわかりません
ボラセンと話し合いをすると
V連がもっと考えることだとV連とボラセンが
お互い責任をなすりつけ合っているようにも感じます

みんなは、病気になったり
家族の介護でしたくてもできなくなって辞めるよりも
キレイな引き時を考えています

もうこの件についてはV連やボラセンには
伝えていますので、最後までしっかりと
編集しようと思い、今取り組んでいます

自分自身、歳を取って体力や気力の低下なんてことも
考えもしなかったですね

40代・50代とは違う自分がいます

人によるかもしれませんが
老いというものがひっそりと
我がボディに忍び寄ってきているのがわかります

ボランティア活動をし始めてあと数年で
半世紀になっちゃいますので
ソロソロ卒業時期になってきました

今後は自分のために時間を使おうかなと考え中!
2020/07/09のBlog
孫達も学校が始まり、特に中1になった孫は
6月29日以降からは6時間の授業で
お弁当も毎日なんだって

これから何年と続くお弁当作りだね
我が家は連れ合いの定年退職と共に終わったけど
孫の母親は大変や~
小学校のように早く給食になるといいのにね~

クラブはやっと決めて入部したとのことだが
運動系なので練習着やシューズなど指定のものを
買い揃えなければいけないとかで
母親はすごい出費や~と嘆いていたわ


継続できるかどうかわからないのに
先輩たちと同じものを購入しろとは
ちょっとまだ早いんじゃないのって思うけど
継続してくれることを願っているばぁばです

人生100年時代という言葉が以前どこかで
聞いたような気もするが
我が家は折り返し点をとっくに過ぎて
テープカットに向かって突き進んでいる状態
だから1日1日を大切に生きていかねば

これから先は、人のことよりも先ずは
自分ことを優先しようと考え中!
そのために徐々に活動を狭めながら
いつかは全ての活動をストップしましょう
今はまだ車を運転しているが、事故を起こさないうちに
頭がハッキリと判断できるうちに返納するつもりです

あと2~3年のうちに歩いて数分のところにある
市民病院がなくなり、市役所近くのキセラに
公設民営という市民病院らしきものが建ちます

つい最近、市からの報告では病院跡地についての
方針転換があるとのことで、民営ですが入院可能な
病院ができるかもしれないとありました



これについては、地元への説明会をするそうです
入院はしたくないけど、歩いて行ける所に
入院可能な病院があるのは
北部地域の市民にとっては大変うれしいことです

病院はなくなる・大手スーパーもなくなったでは
市北部の市民って捨てられたようなものです

ついでに衆議院小選挙の区割りも川西北部地域は
6区から5区の兵庫県北部と同じ選挙区に…何でやねん
同じ市民なのに違う立候補者を選ばなきゃいけないなんてね~
「住みよいまちづくり」って誰のための標語なんやろか
市長をはじめ市会議員ももっともっと考えてほしいなぁ

と言いつつ時間も月日もドンドンと流れ流されていくよね

自分自身は流されないようにここで踏ん張るかっ!!

できるかなぁ?できないかも!どうだろね!!
2020/06/28のBlog
終息しかかっているかなと思っていたのに
関東方面ではたくさんのしかも若い方たちが
コロナに感染しているとのこと

いつになれば終わるのでしょうか??

得体の知れないコロナウィルスを
やっつける薬が早くできるといいですね

自粛解禁ということで、いろんな活動が戻りつつありますね

でもまだ油断はできませんので、マスク着用や手洗い
うがい・人と人との間隔あけなど自分自身も
他人も守るために実行していかねば
最初は不足していたマスクも手づくりだったり
国内の企業が開発し生産して、いまや溢れています
しかし、これから先のことを考えると国内で生産し
需要に応えることができるようにしておくことが一番です

今回のように輸出入に制限が掛かって
物流関連が滞ることにならないためにも

って、エエカッコ言うてますけど
経済のことはホンマわかりません

ただ、今回全国民に支給された特別給付金の10万円は
少しでも経済が回るように貯蓄するのではなく使おうと考えています
何に使おうかなと目下思案中
今使っているデジタルの一眼レフカメラは
重たくて重たくて持ち歩きたくな~い

で、スマホカメラはいつも持ち歩いているものだから
それでの撮影が多くなりました

しかし、何といっても一眼レフカメラはエエんです
シャッターの音が違うんですね

以前はフイルムカメラでしたが
このカメラのシャッター音もすっごくエエんです
腕はたいしたことないけど、シャッターの音に魅せられて
一眼レフカメラがエエんです

ていうことは、カメラになっちゃうかもね!

今はドンドンと進化して軽いカメラがでてきています

あせらず・気長に・ゆっくりと自分好みのエエカメラを
選びにいろんな店に行こうかとも

こんなことや何やかやと考えたりしていると
一日の経つのが早い、1週間も早い、1ケ月も早いんです
2020/06/11のBlog
「不要不急の外出は控えて」や「自粛生活を」という言葉が
飛び交って、その言葉通りに何ヶ月も過ごしてきました

我が家は老夫婦二人きり

連れ合いも今やフリー老人で働きに行かなくてもいいので
満員電車に乗り込むこともありません

ましてや大阪や神戸という都会へ行く用事すらありません

ただただ、田舎の都会というべきかしら
チョイ便利な所に住んでいるだけで
ひっそりと静かに暮らしています
出かけるのは食料品等の必要必需品のみを
超スピードでしかも免疫力が強いであろう自分が
買い出しに行っていましたが、その自粛生活も少し
緩まってチョッピリ伸び伸びとした生活が始まってきましたね

でもまだまだ怖いです、コロナが!

第2波を予測しての取り組みも始まっているとかで
完全終息とはいかないんですね、困ったものです

この恐ろしいコロナという感染症から
今まで知らなかったことや知ろうとしなかったことの
社会の現状がいろいろと見えてきました
また、コロナのお陰かどうかわからないけど
習慣づけられたことがあります
帰宅したら「手洗い」「うがい」です

今までは自分の中で習慣になっていなかったのに、
今回のコロナのことでキッチリとはまり込んでしまい
これは非常にエエことでした
これから先もズ~ッと続くことでしょう

また、毎年流行るインフルエンザですが
子ども達家族は毎年のように罹っているのに
老夫婦は予防注射もせず、罹ったこともありませんでした
注射をしたからといって罹らないことはないですが
このコロナのこともあり、ニュースでもぜひ予防注射を
しておくようにと流していたのでしようと思っています

それと最大の自粛は何といっても
いろいろなボランティア活動が全てできなくなったことです

初めは活動ができなくて家にじ~っとしていられるか
どうかわからなかったけど、無ければ無いで過ごせるものだと…

活動で1週間出ずっぱりの時もあったのに
巣ごもり生活も中々いいもんだと思えるようになりました
何十枚ものマスク作り・フエルト手芸・バッグや小物作り
やらなければと思っていた家の中のお片づけ等
結構忙しかったです

いずれは全ての活動をやめる時がくるでしょう
その時は今のような生活スタイルでエエんやなってね

今、ボチボチと活動開始状態ですが
少し面倒くさいと思うところもあるんです

でも、その場に行くと魚が水を得たように生き生きと
動き回っている自分がいるんですよ、アララ~!!

まぁ、その時はその時で何とかなるでしょう
チョイ出た怠け心の芽をチョッキンと切ってしまいますか~
前のページ   |   次のページ