ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:946件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2018/12/31のBlog
こんにちは、ボランティアいずみです。

ボランティアいずみの前身は知的障がい児通園施設
「いずみ園」で活動していました。
1978年、自発的なグループとして「ボランティアいずみ」が
発足しました。
現在、障がい児者の方々との交流や援助活動をはじめ、
機能回復訓練や知的発達を促すことの一助となる布の絵本や遊具作りをしています。
布の絵本・遊具の一部は市立中央図書館・ボランティア活動センターに
展示しています。
これらの作品は子育て広場や高齢者のレクリエーションの場などでも
使っていただいています。
 個人・団体を問わずに作品の貸し出しをしていますので、ご希望の方は
川西市ボランティア活動センター(tel:072-759-5200)までご連絡ください。

活動曜日:第1・3木曜(原則) 
活動場所:ふれあいプラザ4階
活動時間:
 ①ミーティングタイム10:00~11:00
 ②作品話合いタイム11:00~12:00
 ③作品貸し出しタイム13:00~15:00
④布の絵本・遊具づくりタイム13:00~16:00

会員:現在17名ただいま、会員募集中です

その他:会費 年1,200円

問合先:川西市ボランティア活動センター
 tel/072-759-5200 fax/072-759-5203
 〒666-0017 川西市火打1-1-7 ふれあいプラザ 3階
2018/06/03のBlog
「街へ出よう運動」の楽しみのひとつに
お昼の食事があります

団体なので、そうそう良い眺めの場所は
ないですが、150名ほどの人が一堂で
食事をするのは圧巻です

私自身の担当は全体見守りなので
個人の障がい者をサポートするわけでは
ありません

全員がレストランに入って席に着くまで
確認しつつ、自分の席の空きも探します
見つけた席はボランティアがズラリと並んで
食事の真っ最中

そこに入れてもらって食事をしましたが
何と賑やかなこと

普段、活動が違うので食事などは
めったにご一緒することはありません

が、こういう時はおいしいものをいただきながら
活動のことや新施設のことなど話題が盛り上がります

男女・年齢関係なく好きなことをポンポン言い合って
今後の活動に活かせることにもグッドなタイムです
その食事が終わると「どうぶつ王国」に移動

土曜日で晴天ということもあって、家族連れや
外国の観光客などたくさんの方が来ていました

以前、花鳥園という名で運営していたのですが
経営者が変ったのでしょうか「どうぶつ王国」に
なっていました

今10歳になる孫がまだ幼稚園にも行ってない頃に
来たことがありますが、中の動物たちにも
多少の入れ替わりがあるように感じました
この施設は広い・広い!

一通り見て回ると、さすがに疲れました

ここでの約2時間半をどう過ごすのか?

高齢の障がい者が多いので、フリーの
休憩場所で座っている方が大勢いました

施設ではイベントとして「バードパフォーマンスショー」や
「ドッグパフォーマンスショー」など多彩に催していて
それに見入る人も多かったですね

夕方の5時過ぎには無事川西着

事故なく・怪我なくよかった・よかった

「来年もまたね!」と言いつつも
果たして自分は元気におれるだろうかと??

いやいや、まだまだいろんな行事に活動に
参加して認知予防対策を講じていかねばならぬ~~

そやさかい、みなさん一緒にやりまひょなぁ~~!
今回の「街へ出よう運動」の行き先は神戸
めっちゃ青空のエエ天気でしたね

メリケン波止場にある海洋博物館と
カワサキワールド、それとどうぶつ王国

参加者はボランティアを含めて149名で
バス4台での移動でした

神戸にはよく行きますが海洋博物館と
カワサキワールドは初めてです





私的なことですが、娘婿がカワサキの
バイクが大好きで乗り回しているので
写真を撮ってラインで送りました

すると、写真の中に時速300キロ出て
お値段も300万以上のものが写ってるよと
返信がありました
それにはビックリ!!

会場では映像を前にしてバイクに乗って
走る体験ができるコーナーがあり
みんな大喜びで次から次へとバイクの
試乗をしてましたよ
乗ってみたかったけど
ボランティアでの参加だから遠慮しました

今度ここへ遊びに来たときには乗ってみよう!!

海洋博物館は帆船や豪華客船などが展示
それらはほとんどがガラスケースの中

視力障がいの方がポツリとひとこと
「触られへんから全くわからへん、おもしろないわ」

ほんまその通りやな!
説明を聞いても、形など触らないとわかんないね
この団体はいろんな障がいの方々の団体の
連合会です

また、参加者自身が高齢になってきているので
この点もクリアできる場所選びで大変だろうと思います

果たして来年はどこになるのでしょうか

そういったことを反省会に問題点としてあげて
考えてもらえたらいいですけどね

で、偶然にも同じバスに乗車していた中に
高校の同級生とバッタリ出会いました
お母さんの付き添いで参加したとのこと

お互い見たことあるなぁと思いつつも
話す機会がなかったんだけど
お土産売り場で出会い、「もしかしたら」って
両方が声かけしちゃいました

卒業してから半世紀には届かないけど
それ以来会っていなかったのに
よくわかったということは、お互いそのまんま
歳だけ取ったということかもね

午後の部は次っ!!

2018/05/25のBlog
以前、いずみの紹介文と写真を社協広報紙に
掲載されたことをブログに載せました

それを音訳したものを視覚障がい者に届けて
情報提供をします

一体、どう表現されているのか聞きたいと
思っていたのですが
つい最近、そのCDを音訳グループの方が
貸してくださいました

それを例会時にみんなで聞きました
私達は表紙がどういうレイアウトなのか
文面は写真はなども理解できています

このテープを聞いたときに声も聞き易く
無駄のない説明で一つひとつが想像できました

先に見ているからしっかりと思い浮かべる
ことができるのかもしれませんけどね

でも、音訳グループの方々はこのようにして
毎回音訳されているのだなぁと思うと
大変な作業だと思います


このCDを返却する時に一言感想を
書いて渡しませんかというアイデアを
いただき、ぜひ実行してくださいと
お願いしました

残念ながら、その例会を休んだため
どうなったのかわかりませんが
おそらくキチンと書き留めて渡して
くださったことでしょう

これもV連加入グループだからこそ
できる一つの交流です
お互いの活動内容が理解できるのですから
今年度から2グループがV連に加入しました

V連をよく理解してもらうためにも
いろんな交流の場を設けることも必要だと
思います

なが~いおつきあいができますように
もっと多くのグループが加入してくれますように
[ 21:15 ]
♪ トマトってかわいい名前だね
♪ 上からよんでもトマト
♪ 下からよんでもトマト

という「トマト」という題名の童謡があります

今は小2の孫が我が家に遊びに来た時に
寝かしつける時によく歌った歌です

最近の子守唄など知らないから
我が子が赤ん坊のときによく歌った
歌を思い出しながらあやしたりしましたね
この間、孫が家に来た時に何気なく
孫が「♪トマトってかわいい名前だね」って
歌ったんです

ひぇ~、「何で???」って尋ねたら
「ばぁばがよく歌ってたやんか」だって

でもびっくりしました
3歳頃までのことだし、よく憶えていたなぁ

子どもの記憶ってすっごいわぁ
スポンジのようにいろんなものを吸収するんだね
ばぁばは徐々に放出しているのにね

歌だけでなくいろんな遊びなどを
親や周りの大人や友だちとすることが
子どもの記憶の一部になって
何かの時に口から出てくるのが驚き

誰にでもあったことかもしれないけど
今は霞のごとく消え去っています

布絵本や布遊具も子どもの時の
一時的な遊び道具かもしれませんが
その時に、楽しく遊んでくれたら
それはそれでいいのかもしれません
そんなことを思いつつ、針を動かし続ける
会員たちです

布絵本や遊具と遊んだことの記憶が
大きくなって、子どもと関係する仕事に就いたり
親となって遊ぶ時にふと思い出してくれたなら
うれしいなぁ
2018/05/19のBlog
持ち帰った宿題のキャンディーが完成

今回の布色は青系統だからか寄せると
寂しい感じがしますが
赤系統はもう作ってあるので
混ぜるととってもかわゆくなることでしょう

これもお菓子釣りの一つです

和洋のスイーツがいっぱい・いっぱいの中で
どれを釣ろうかなって、みんなは迷っちゃいそう

早くできたらいいなぁ、た・の・し・みだぁ~!!
2018/05/15のBlog
エエ天気が続きます

この時期、毎年行っているバラ園へお出かけ

うわぁ~メッチャたくさんの人・人・人

それとバラが色とりどりに咲き乱れ
アロマの香りのように風に乗って
我が鼻の中へ

シャッターを夢中に押しまくり
スマホで撮ったものは、即ラインで
みなさんの元へ
それにしてもこの暑さは何・何・何

暑さで熱中症になっては癒しにならへんわ

さてさて、たっぷりと癒されたから
いずみから持ち帰ったお菓子釣りの
キャンディを作るとしますか

このお菓子釣りも子ども達が
メッチャ喜ぶ遊具になることでしょう




いつデビューできるかなぁ???

作らなアカンものが、行列して待ってるでぇ!!

前のページ   |   次のページ