ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
”長屋のおっちゃん”のブログへようこそ!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:34件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2025/02/21のBlog
昭和20年(1945年)前後に生まれた子どもは殆どが焼け野原に立つバラックか或いは粗末な長屋に住んでいました。食べ物や着る物が無くても、また、戦争で親を亡くしても子どもたちは元気に育ちました。 

何故なのでしょうか。今から70年も前のことですが、長屋の通りには年配のおっちゃんが長椅子にデンと座り、通る人たちを眺めていました。子どもたちはおっちゃんに何かと声をかけ、「学校で苛められた」「親が居ないので寂しい」「遊んで欲しい」「勉強を教えて!」など、まるで友達のように話しかけるのです。今で言えば「相談ごとコンヴィニ」のようです。子どもは「地域の宝、日本の宝」だと思っているおっちゃんは「親代わり」「家族代わり」「学校代わり」などの役割を担い、「共生社会の実現」に頑張っていました。

時代は順繰り、今度は私たちの番です。「心に傷や悩みをもった」子どもや若者たちの力になろうと「長屋のおっちゃん」というグループを立上げ、BMAを目的に活動しています。
B=Being(彼らの存在や考え)を認め、
M=Mission(役割ややりたいこと)を一緒に探し、
A=Action(活動、行動)の実現のお手伝いをする。


長屋のおっちゃんが座っているところは
川西市市民活動センター「パレット」のワーキングルームで
毎月第一、第三木曜日に午後3時から5時過ぎまでです。
 第二、第四木曜日は川西能勢口駅とアステの渡り廊下でチラシ配り。

居場所でも良いし、傾聴でも良いし、或いはアドバイスをしてくれるところでも良いし、
気軽に立寄って頂きたいと願っています。
連絡先:井関義弘(090-5905-6011)
 谷口 清(080-4490-1456) e-mail: kt626522@hotmail.co.jp



2018/07/05のBlog
皆さん、お早うございます。7月に入ってからよい天気が続いたのですが、昨日から雨で今週末まで続くとのこと。ショボショボ、ジメジメは梅雨の代名詞・・・生ものを腐らせる時期ですが、早くカ~と太陽が照り続く夏になってほしい。そう思いませんか?

さて、この前に紹介した「若宮のびのびファ~ム」ですが、幟(のぼり)ができました。写真をどうぞ!ある若い女性がイラストをデザインし、発注までしてくれました。原色を使って非常に力強いイメージ「のびのび」を表現しています。お父さんは「お~、いいのが出来たじゃないか!」と喜び、セッセせっせと野菜作りに汗を流しています。幟の傍にある小さな小屋(?)は販売用の陳列台です。2~3日前からはじめたのですが、キューリ3袋、ピーマン2袋、インゲン3袋が売れ、一袋100円なので合計800円をゲット。投資(?)を回収するまでは、まだまだ程遠いですが、汗を流して作った野菜が売れて、お客さんの食卓に並び家族で味わっていただけると思うだけで大満足です。

今年は土壌の様子(どの野菜に適しているか)、気候・日照、風向き、害獣の被害などを調べるのが、大きな目的ですが、来年度からはこの実験結果(?)をもとに、本格的に栽培・販売します。当然、人手が足りないので老若男女問わず「自然の中でのびのび」したい人を歓迎します。売れればお給料(?)ももらえます。

写真にあるファ~ムの直売所は、県道能勢口ー篠山線(清和台に通じる道)のけやき坂団地(けやき坂大橋を越えて、サンマルクのパン屋を曲がる)に入り、宝塚けやきヒルゴルフ場の看板がかかっている方向(県道・川西ー宝塚線)を走っていくと、芋生という地域に先ず入り、やがてゴルフ場(近くにファ~ムがある)の看板を左にみて橋を越えると若宮地区に入り、そこから約300メーターほど走ったところにあります(サンマルクのパン屋・レストランから車で7~8分)。また、売り場はここだけでなく農協にも加盟(?)し、販売することにしています。

大地、自然、野菜との会話、コミュニケーションや社会との適応能力の改善など「参加する人のニーズ」に沿って「若宮のびのびファ~ム」を利用・活用してください。それが
僕たち「長屋のおっちゃん」にとっては一番大きな喜びです。次回は採れた野菜の写真を掲載します。では、次回までごきげんよう!
2018/06/12のBlog
皆さん、こんにちは! いよいよ雨の季節になりましたね!しかし、気分(こころの中)は晴天のままで居てくださいよ!

つい先日のニュースで「新幹線の中で22歳の男性が乗客3人を殺傷」という報道がありました。僕はこれを聞いた途端、「あ~、こころ病む若者が叉、事件を起こしてしまった!」と哀しく、むなしく、僕たちグループ活動の無力感を強く感じました。経験的に(事例研究を通じて)、こころの病を持っている人は、①自分が正しいのに回りは理解してくれない(自閉症型)、②非社会的(こんな社会は間違っている。飛び出してホームレスになったほうがマシだ)になる、③生きづらさ、社会の無理解に対して暴力的になる(統合失調症型)が多いように思います。その後のニュース報道によると、彼は②か③のようです。彼には何でも聞いてくれる・話せる居場所(或いは、人・友人)がなかったのではないでしょうか。心配してくれる親・兄弟は居ても所詮は「ことば・思いやり」であって、こころの奥底には入れていない、所謂、「やかましく奏でるニョウハチ(宗教行事で使う打楽器)」に過ぎなかったのでしょう。
いつも申し上げることですが、若い時の発症(?)は早く手を打たなければなりません(支援者、理解者による早期の対応)。「心配」「腫れ物に触る」「様子を見て」は危険です。下手をすると、当事者が50歳になり、親は80歳になるという「8050」になるか、或いは今回のように事件を引き起こすことになってしまいます。
「長屋のおっちゃん相談室」は彼らにとっての居場所(思いを吐き出すところ、聞いてもらうところ)、農場は自然と対話し、こころを休める憩いの場です(ありたいと思っています)。是非、立寄ってください。
さて、農場のことですが、もう一人のおっちゃんが名前をつけてくれました。曰く、「若宮のびのびファーム」です。「若宮」は地域の名前ですが、「神さんから授かった若者=国の宝」という意味もこめています。「のびのび」は読んで字のごとくです。つまり、「のびのびファーム」は「若者が自然の中で、気持ちを和らげ、こころを癒し、背筋を思いっきり伸ばして野菜を栽培する畑」ということになります。
初物でキューリが一本できたので、ビールを片手に丸かじりすることにしています。トマトもスイカも順調に「らしく」なってきました。これからは暑く、湿気が多くなり野菜や植物にとって嬉しい季節ですが、草引きや虫・害獣(イノシシ、アライグマやカラス)対策も大変な季節です。販売拠点の目処もつきましたので、沢山の商品(野菜)が必要です。忙しくなるので、悩める若者は是非、手伝ってください。では!
2018/05/29のBlog
皆さん、こんにちは!お元気ですか?
おっちゃんたちも元気に畑仕事などに精を出しています。前回ブログで紹介した畑ですが、早速何人かの人たちから問合せや、訪問があったり・・・と喜んでいます。しかし、これから温度があがり、雨が多くなると野菜はグンと成長します。人手が足りません。多くの方々の支援・参加をお願いします。

さて、話は変わって、おっちゃんは最近、つくづく「生きづらい社会になってしまったな!」と嘆いています。総理大臣がウソをついても、自己保身を続けても、回りを取り囲む権力者の『無言の圧力』で政治社会が成り立つ。最近、話題になっている日大のアメフト事件も似たようなもの。最初の総理大臣関連では加担を悩んだ公務員が自殺しましたが、アメフト事件では20歳の学生が『圧力』を押しのけて「自分の意見」を堂々と述べました。すばらしいことです。

おっちゃんはニュースや事件のことをとやかくいうのではありません。若者なりが自分の意見・考えを素直に述べることが出来る社会が何故、日本では難しいのかな?と、嘆いているのです。海外では「自分の意見を言わない人は会話・会合・会議などに参加させてもらえない」のが常識です。しかし、日本では全く反対。「○○さんの意見と同じです」といわなければ、「仲間」に入れてもらえないのですから。

前にも書きましたが、ひきこもりや自閉症など相談室にくる人たちは知識も豊富で自分の意見をしっかり持っている人が多い。しかし、日本の社会(親を含め)では、「そんなこと(自分の意見)をいうから、皆からノケモノにされるのよ!黙っとけばいいのよ!」と言われ、「バカになれ!」を強要(?)されます。ある若者が言いました。「聖徳太子が十七条憲法の第一条で『和をもって尊しとす』としたところに原因(日本社会)がある」と。日本書紀の時代ですから、今から1400年以上も前の話。天皇中心主義から民主主義の時代に変わったのですよ!
子供・若者のためにも、日本の将来のためにも「自分の意見・考えが素直に述べれる社会」「生きてて楽しい社会」であって欲しいと思います。
2018/05/16のBlog
皆さん、こんにちは!
非常に暑くなったり、また、春先の寒さに戻ったり・・・体調を崩していませんね?

さて、今まで何度かブログに書いた農場・農作業ですが、約束どおり(?)、5月に「開場」することが出来ました。従来の「おっちゃん」に加え、障害を持つ人たちに対しても熱い心を持つ新たな「おっちゃん」を迎え入れ、一緒に汗を流しながら遂に完成したのです。写真を見てください。奥にある青色の建物(?)は道具置き場+休憩所+出荷作業場です。素人にしてはま~ま~だと自己満足しています。
初めてのことなので、今回植えたのはトマト(桃太郎5本、ミニの大型5本)、きゅうり10本、シシトウ5本、ピーマン5本、ナスビ5本、スイカ3本とオクラ11本だけです。そうそう、昨日はインゲン豆とサラダ菜の種を蒔きました。畑の所有者はイノシシ避けの電気柵を張り巡らしてくれました。感謝、感謝です。
僕らシニア男女が喜ぶために作ったのではありません。いじめ、不登校、ひきこもり、そして、「身体を動かしてみたい」「自然の中で遊んでみたい」という人たちのために
用意したのです。水遣り、草引き、肥料やりなど、手伝ってもらわなければならないことが沢山あります。ブログを見られ、関心のある方は是非ご連絡ください。そうそう、大事なことを忘れていました。農場の名前です。未だ、決まっていません。何かアイデアがあればブログからでも、或いは、メール、電話でもよいですからご連絡ください。待っています!
前のページ   |   次のページ