ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3669件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:遍路修行日記
Blog数:423件
41~50件を表示   <<   <   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   >   >>
2018/04/15のBlog
そんなことを思う時が、ふっ・・・と

何気ない時、また苦境の時、

そして人生の節目などにあります

人生の目的とは何やろう?と考え込む訳です



先日、四国遍路に行ってて、ふと感じたこと

それは



人生って、その目的を見つけれたらOK【修了】なんやろうな

お大師さん用語で言うところの【即身成仏】ってやつ♪

「ああ、私の人生の目的って、これやったのかも~」

って、気づく・・・



その目的を見つけるために、私たちは今、

がんばって生きているのかも知れない



人生とは即ち

「(生きる)目的をみつけるため」

にあるのかも知れない



そんなことをふっと感じることが出来た瞬間がまた

“お四国”の魅力であったりもします

四国遍路道には、こんな感じで

お遍路さん(行者)それぞれに

必要なこと・大切なものが存在しています(^人^)☆


2018/03/27のBlog
ご報告遅くなりました(ー人ー)☆

北越&東北旅から帰ってすぐ

3月22日~24日。

今度はマイカーにて

“お四国”に行って参りました。



22日早朝。

雨降る大阪を出、雨上がりの明石海峡大橋を望む、

淡路SAにて一服。

私が暮らす街から登る朝日に合掌礼拝(ー人ー)☆



そして2つ目の橋(大鳴門橋)を渡り、

四国八十八ヶ所霊場・1番霊山寺へ。

また四国88のスタート地点に

戻って参りました。

ここに戻って来る度に

【初心忘れるべからず】という

言葉を思い出します。



魅惑のマネキンさんが山門で歓迎してくれる(笑)、

1番目の札所。

多くのお遍路さんが“発心”し、

ここからお遍路を始めます。

私のお遍路人生も、ここから始まりました。



ここに来る度に、

その時々の自分のことを思い出し、

万感の想いがいたします。

自分の成長の軌跡がこのお寺に刻まれています。



一(イチ)番目の場所で、

位置(イチ)について、

また・・・よーいドン!です。



この日は1番霊山寺から

5番地蔵寺まで参りして、一旦ここで終了。



事務局を担当中の「四国3Sネットワーク」の

開催場所の会社さんへ行きました。

その会社さん、

これら5つのお寺のご近所にあるんです。





「四国3Sネットワーク」の講師で

我が恩師の古芝さんが・・・

「今朝、大阪からの高速バスの

鳴門西バスストップで下車し、

1番さんと2番さんを歩いて

お参りして来ました(^0^)!」と満面の笑み♪



歩きお遍路さんならではの、

いろいろなステキな出会いが

そのたった1キロの道のりの間にも

あられたそうです。



今後またちょっとずつ、

歩き遍路を継続されるとのことです。

恩師とまた一つ、

共通の話題が出来、嬉しい限りでございます(ー人ー)♪


1番霊山寺の次1キロ離れたところに、

2番極楽寺があります。

そこに、「田渕義雄 特任大先達」の

銅像が建てられています。



現在、私が「四国八十八ヶ所霊場会 公認先達」

としてお世話役をさせて頂いております、

「大阪楽心会」というお四国参りの講

(グループ)の創立者であられる方です。



どうやら、「楽」という字は、

この「極楽寺」から取ったとのことです。

それだけこのお寺と田渕特任大先達

(大阪楽心会)とはご縁が深いようです。



戦中戦後の混乱期大いに

衰退してしまった四国遍路道を、

昭和初頭時代のように、大いに盛り上げるべく、

戦後の復興期にご尽力された功労者で、

未だ四国遍路のコミュニティでは、

我々公認先達全員に配られる基本テキスト

『先達教典』にお名前が載っている

歴史的有名人であられます。



私が公認先達になった直後、

田渕特任大先達のご子息・雄三氏

(4代目で現在の大阪楽心会会長。

倫理法人会の仲間です)から、

公認先達として大阪楽心会のお世話役

になるようご依頼を受けまして、

もうすぐ4年になります。



この銅像を一人、眺めておりますと、

果たしてその役をちゃんと出来ているだろうか・・・?

と、心のどこかで常に自問自答していましたが、

とても感謝されているという念を感じ、

なんだかほっとしました。



田渕特任大先達を想うと、

古えの私の知らない多くの

お遍路さんの想い(念)も

一緒にたくさん伝わって参ります。



ほんと、いろんな有名無名な方々が今、

私が歩む道を万感の想いで歩まれていたのです。



その想いを・・・【バトン】を引き継いだのが、

私たち今、遍路を歩むお遍路さんなんだと感じます。


改めて、この遍路道の

悠久の奥深き世界を感じました。。。


田渕特任大先達のように、

ダイナミックにカリスマ性を持っては出来ませんが、

私の器・やり方あり方で、

これからもご縁続く限り、

暗中模索状態ではございますが、

公認先達としてのお役に生きたいと、

改めて感じた次第です。


22日夕方、

四国3Sネットワーク事務局としてのお役終了後、

マイカーにて徳島市内へ移動し一泊。



翌23日からは、徳島市内にあります

17番井戸寺から16・15・・・と

どんどん【逆打ち】して行きました。



何故逆打ちしたのか?

それは、24日のスケジュールの関係で、

その方が効率よく24日のスケジュールが

こなせるからです。



何回もお四国参りをしておりますので、

そのあたりの段取りや要領が

よくなっていきます(ブラボー!経験♪)



この日はソメイヨシノが開花した時で、

まさに春の陽気で気持ちよかったです。

お参りする人もそんなに多くなく、

清々しい遍路道を堪能させていただきました(ー人ー)☆



合間合間でパソコン開いて仕事してましたが、

とてもゆったり&じっくりお参りが出来、

とても充実していました。

自分と向きあう・深く見つめる・考えるには、

一人遍路が最高です。



そんな中、15番国分寺の納経所に

「思った通りにはならないが、やった通りにはなる」

という御言葉を見つけました。



ほんと、そうやなぁ。。。と実感。



人生は長いようで短いです。



私たち若者程に、

人生はいつまでも続くと勘違いしてしまいます。

その勘違いに気づき後悔した時にはすでにもう

人生最末期・・・とならないように、

【一日一生】で、謙虚にそして確実に

歩みたいと改めて感じました。


私の父方の祖母が、およそ30年前、

バスにて2周、お遍路していました。

その時の写真を何枚か持っています。



私の父が、祖母が生きていた時に

「一番印象に残っている四国のお寺はどこ?」

と聞いた時、この焼山寺だと答えたそうで、

それで私が子どもの時、

家族旅行で一度このお寺に来たそうです。

(私はその時の記憶は無いんですが。。。)



おばあちゃんのお気に入りだったからか、

おばあちゃんが焼山寺の山門で

写っている写真があります。

焼山寺の山門前にある石の案内板の前、

右側に写っているのが私のおばあちゃんです。



この焼山寺に来る度に、特に強く、

おばあちゃんのことを思い出します。

実際は私が高校1年生の時、

亡くなりましたので、

一緒にお遍路に行ったことはありません。



時代を経て今、孫の私がここに立っている。。。

ほんとは、おばあちゃんと一緒にお参りしたかったなぁ。

私がお遍路に覚醒めるのが遅かったです。

それがちょっと後悔です。



今回、そこに立ってみて、

分かったんですよね

ああ

おばあちゃん(先祖)は、

お墓や仏壇、お四国とか巡拝道中にいるのではない

常に私と一緒にいるねんや



いうこと・・・を。



私がそのことに気づく・・・その感度が上がる程

真の信仰に覚醒める程に、そんなことが分かって来る

ちっぽけな私という人間が、無限に拡がり

なんと美しく尊い存在であるかということに気づかされる



見えない けど、常に存在する想念

エネルギーを通して全て【宇宙】が観得て来る


そんな神通力がとりわけ高くなるのが

お墓や仏壇、お四国と言った真の信仰の場所

聖域やパワースポットと呼ばれるような場所だったり

故人が愛していた場所だったりする



・・・ということを。



「おばあちゃん」という、

一つの御霊(みたま)を通して、

全ての先祖・ものと繋がり、

精一杯ご供養させて頂く、私。



全ての先祖、お遍路さん・・・

全てのみたまのご供養をして感じること、

それはやはり、私、

今を生きる人全員の幸せを

祈り続けて下さっているということ。



その先祖・故人からの念が、

私に【生命力】を与えて下さっている。

ほんと、「私が生きている」のではなく、

「全てに生かされている」ということなんでしょう。



そんなことに気づくと、

なぜか自然と涙があふれ落ちてきます。

私の涙のようで、そうではない、涙。



私のようで私でない、誰かの感動(想念)の涙。。。



だけど、やっぱり私かもしれない。

まさに【同行二人】のみたまの方々と歩む、

この人生遍路道。



言語化するのは非常に困難ですが、

奥深き命の、人生の秘め事であり、

重要なことをまた一つ知って、

深めることが出来た焼山寺でした。



やっぱり私も、この焼山寺が一番好きかもです(ー人ー)☆


ほんと、いいお天気でした♪

11番藤井寺から10番切幡寺に行く間、

徳島の一級河川「吉野川」を渡ります。

私のカーナビで、

ドエライ道を選択され・・・

泣く泣く渡りました。



確かここ、歩き遍路のルートになってて、

歩いて通ったことがあります。

水かさが増しても、

壊れないステキな橋となっています。



所々待機所がありましたが、

基本的に車がすれ違えない狭さなんで、

対岸で対向車が待ってくれていました。

トラクターがゆっくり通っていても、

地元の方々、のんび~り待っていました。

大阪&大阪人じゃありえないのんびり感でした(笑)。



このゆったり&まったり感満載の【お四国】、

私はとても大好きです(*^^*)♪


23日夜は6番安楽寺の宿坊に泊まり、

翌24日は前日打ち残した

7番・8番をお参りしました。

これで1番~17番全てお参りいたしました。

この続きは5月に行く予定です。



で、2ヵ寺の近くにある、

徳島自動車道・土成インターチェンジから

一気に250キロ・・・

愛媛県伊予西条市にある

64番前神寺にワープ(^0^)!



64番前神寺は、

私の公認先達の推薦寺となっています。

4周目・パリの映像作家

エミリベルトさんのご縁で出会った、

引田大先達のご縁で、この前神寺推薦で、

公認先達にならせて頂いた次第です。



強烈なご縁ですが、

私が猛烈LOVEな役行者&蔵王権現様が

祀られている・・・

石鎚山(石鎚大権現様)を

祀られているお寺となっております。

蔵王権現様に導いて頂いた、

前神寺とのご縁だと私は信じています。



で、公認先達になった後、

たまたま大阪楽心会で40年ちょっと前に

寄進された灯明台が随分

ボロボロになっていたので、

この大師堂前に設置されている灯明台も

【修繕奉納】しようという話があり・・・

私はそんなご縁・ご恩が前神寺にありますので、

私が浄財を提供し、

修繕し奉納させて頂いたのが、

今からちょうど2年前です。



その時、初めて前神寺の佐々木管長

(※前神寺は真言宗石鈇派総本山ですので、

「住職」ではなく「管長」となります)と

お会いさせて頂き、

引田大先達と大阪楽心会両方のご縁を

お話しさせて頂きました

(最後の写真。2年前の写真です。

佐々木管長プラス、

大阪楽心会・田渕雄三会長が写っています)。



佐々木管長曰く

「先代(管長のお父様)が、

大阪楽心会の初代会長、故・田渕特任大先達に

大変お世話になっておりました。

大橋さん、本当に良いことをされておられますね。

これからも頑張ってくださいね。」と

熱烈激励を頂き、

それで大阪楽心会のお世話役を

辞めれなくなりました(笑)。



前神寺へお参りに来る度に、

掃除用具持参で、

この灯明台のお掃除をさせて頂いています。

1時間半お掃除させて頂きました。



今回は「秘密兵器☆激落ちくん」を持参し、

今まで以上に綺麗になりましたが、

あと1時間くらい磨きたかったです。

にしてもいつの間にか、

ロウソクを差す針に指が当たりまくり、

ステキに切れてました。

だけどなんだか清々しい、

灯明台のお掃除でした。



お掃除が終わってすぐ、

早速お遍路さんがこの灯明台に

ロウソクを立てられていました。



ロウソク(=ヒカリ)は、

“暗闇の世界の方”におられる先祖を、

子孫の【供養】によって、

“ヒカリの世界”へと導く・

上げる為のものなんだそうです。



これからもたくさんのお遍路さんの・・・

そのお手伝いを、

この灯明台が成されて行くことを、

私はお祈りしております(ー人ー)☆


3月24日(土)午後。

私が公認先達の推薦を頂きました、

64番前神寺にて開催された

「先達研修会」に参加させて頂きました。



年4回程開催されておられ、

毎回の参加は遠方のため難しいのですが今回、

四国3Sネットワークでの四国訪問日と

2日しか違わなかったので、

今回参加することが出来ました!



お遍路さん(人様)を導く

公認先達としての資質向上を目指した、

前神寺独自の勉強会です。

このような勉強会をされているのは、

88のお寺で恐らく、前神寺さんだけだと思われます。

ほんと、良いところにハマらせて頂き、

お大師さんや役行者様、

蔵王権現様に大感謝でございます(ー人ー)☆



私自身、日頃何気なしに、無意識に・・・

そしていつの間にか我流で

お参りをしてしまっております。



一般のお遍路さんはそれでいいかとは思いますが、

公認先達の輪袈裟をし、

先達の朱色の金剛杖を持っている人間は

そうやって我流でお参りするのは、

いろんな意味で自他共に

よろしくないことだと感じています。



研修の前半は、

前神寺の佐々木管長からの法話でした。



今回は、ものすごく俗なお話しと言いますか・・・

知る人ぞ知る、四国88のお寺で

最も問題の在るあるお寺のこと並びに

それに対応している

四国八十八ヶ所霊場会組織のこと・・・

とにもかくにも、

いろんな意味でリアルでものすごいお話しで、

人間という動物の本質的なことを

垣間見ることの出来たお話しでした。



また、人づてのあれこれ聞くと事実と

異なることが多々ありますが、

その渦中におられる方から

直接お話しを伺うことこそが、

真実が分かる!ということが

明確化されました。



後半部分は、当研修会の世話人であられます、

引田大先達による、

巡拝や読経の基本的なことを再確認の意味も込めて

みっちりお教えくださいました。

今更聴けない、いろんなお四国情報を、

たっぷり知ることが出来た善き時間となりました。



若輩者なのは重々承知しております。

だからこそ、もっと高みを目指したい。



・・・こんな感じで、

お四国のコミュニティは「お遍路」

という糸(縁)によって、

見ず知らずの人とでもすぐにご縁が繋がり、

一生のご縁になったりする。。。

本当に大きな&ステキなコミュニティ

【家族】なんだと感じています。



期末の今、日々とても忙しく、

いろんな壁にぶつかっておりますが、

四国での【おかげさまの力】を活かし、

乗り越えて参りたいと思います。



2泊3日ながら、

おかげさまで今回も大変内容の濃い、

善き旅(行)となりました。

ありがとうございました(ー人ー)☆



【写真】前神寺 境内、

本堂(その向こうに霊峰・石槌山があります)


2018/02/15のBlog
2月10日(土)~12日(月・祝)。

四国八十八ヶ所霊場会・公認先達として

お世話役をさせて頂いております、

お四国参りの講「大阪楽心会」主催で

四国遍路に行って参りました。



今回のお遍路は大阪から現地までの

行き帰りのみ自動車、

遍路道ではほぼ全て【歩き遍路】

というスタイルでした。



前回の終了寺院である、67番大興寺の駐車場から

77番道隆寺までのおよそ50キロを

3日に分けて歩きました。



なお参加者は初参加4名含めまして12名。

当会【歩き遍路】では最高人数となりました(ー人ー)☆



なお私は、今回も全体スケジュールの作成&遂行管理、

ほとんど伴走車

(もしもの時に敏速に対応するために必要)を

運転する担当で時々、

遍路道がややこしい時などは

参加される方々と一緒に歩かせて頂き、

ちょっと別種類の苦行を“お大師さん”より与えられ、

よき修行の機会となりました。



初日は冷たい雨、2日目は強い風、

そして最終日は雪がちらちら舞う中、

歩き遍路(しかも極寒!)ならではの苦難を感じつつも、

歩き遍路ならではの地元の方々のあたたかい

【お接待】や美味しい料理にも

たくさん出会うことが出来ました。



そして今回は特別に

79番天皇寺さんの絶対秘仏であります、

阿弥陀如来様の御開帳にもお伺いさせて頂き、

ご住職の沼野圭翠師

(写真2枚目下段・右から3番目の女性の方)に

みっちりと阿弥陀如来様についてレクチャーいただき、

最後一人ひとりじっくりと

阿弥陀如来様をお参りさせていただきました(ー人ー)☆



みなさんから「また参加したい」

「また歩きたい!」とおっしゃって頂き、

とても嬉しかったです。

最後道隆寺での集合写真、みなさんいいお顔ですね♪



次回この続きは今年8月か9月に開催予定です。

次回、次々回(来年2月頃開催)で、

この歩く遍路も88番大窪寺へ【結願】できそうです。



これからも、

ご縁続く限り“お大師さん”と共に、、、

ありがとうございました。

南無大師遍照金剛(ー人ー)☆


2018/01/22のBlog
1月22日(月)。

マイカーにて瀬戸大橋を渡り、

香川県坂出市にある四国霊場・79番天皇寺

http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/79tennoji/index.html

阿弥陀如来様の御開帳に行って来ましたぁ~(^0^)♪



一昨年の12月に、

【ご本尊】十一面観音菩薩様の御開帳にも

お参りさせて頂きましたが、

こちらも一生に一度も見れない

可能性の方が高い秘仏公開だけあり、

何だか“ものすごいもの”を感じました。



ご住職の沼野圭翠師とは「巡礼遍路研究会」

という任意団体でご縁を頂き、

今日もみっちり1時間半・・・

多くのことをお教え下さり、

またまた感謝感動の時間となりました(^人^)☆



今日は冬期な上荒天だった為、

お参りする人もほぼおらず、

阿弥陀如来様をよしこちゃん、独り占め~っ(笑)♪

崇徳天皇も篤く信仰されていたという

阿弥陀如来様の前で読経出来る時間は正に至福の時!



第75代天皇である崇徳天皇は

「保元の乱」(京での権力闘争)に敗れ、

このお寺のある讃岐国に流されて、

そしてここで1164年、46歳で崩御され・・・

それが【怨霊伝説】として後世に伝わっていいますが、

沼野師曰く「阿弥陀如来様を始めとする、

とても篤い信仰心を持つ御方が、

怨霊として亡くなられた後もこの世に残り、

次から次へと悪さをするのでしょうか?」という、

今までに全く聞いたことの無かった

歴史的推察をおっしゃり、正に目からウロコ☆



確かに、そうですよね。。。



人間の人生というものは、

たった一つ・一種類の思いだけという、

真珠のようにまん丸でどこからでも

同じ光を放つというものはなく、

一人の人間の中でも多種多様な【念】があり、

ダイヤモンドのように多方面・多面体に

削り磨いていくことによって、いろんな見方・捉え方、

そして輝き方をするものなんだと感じました。



今上天皇(陛下)は第125代ですが、

そのちょうど50代前の天皇にも、

このような何か大切なものを

教えて頂けたような気がいたしました。



そしてこの阿弥陀如来様・・・

右手首から先が切断されて無くなっており、

おでこの白毫

(びゃくごう。ほくろのような形をしているもの)

の上に数センチの縦型の切れた跡があります。

これは明治4年(今からちょうど150年前。

それに合わせて公開されたようです)の廃仏毀釈により、

この阿弥陀如来様に刀を入れた人間(=権力)が

存在したという証であります。



(だけど、阿弥陀如来様は、自らに刀を入れた人間でさえも赦し、

救済されるという慈愛の気が溢れておりました。。。)



ほんと、あの廃仏毀釈運動は一体何だったのでしょうか?



脈々と歴史を繋ぐ天皇寺ご住職ならではの

説得力を感じました。



江戸時代(徳川幕府)が

全て善だとは認識しておりませんが、

明治政府がしたことにも善と悪があり、

その悪のカテゴリーに属することの一つが、

この廃仏毀釈だと感じています。



沼野師は敢えてこの傷を修繕せずに、

公開されることを決断されたとのことです。



我ら大和民族・・・はたまたそれのの陰で存在し、

絶対的サポート行って下さる神仏的存在は、

習合・調和を目指し、

それを目に見える形で具現化しようと

実践する存在であると私は信じています。



それをわざと分離させたり、

片一方の方を壊したり過保護にする、

その裏には、政治的な操作があり、

人間の深い闇(悪)の部分であります。

廃仏毀釈のような愚策を

日本国内世界各国繰り返してはならないと

猛烈に感じます。



そのためにもあの廃仏毀釈の問題の

本質は何だったのか?などという

歴史・過去から学ぶ必要があろうかと思われます。

「愚者は(自分だけの)経験に学び、

賢者は歴史(古今東西の他者の経験)に学ぶ」です。



この天皇寺さんでは今年10月7日(日)に、

ご住職発案による、

新しい&ステキな行事をされるとのことですので、

サポート&またお参りに行かせて

頂きたいなと思っておりま~す(^^)♪


41~50件を表示   <<   <   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   >   >>