ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3837件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:遍路修行日記
Blog数:443件
431~440件を表示   <<   <   36  37  38  39  40  41  42  43  44  45   >   >>
2007/02/28のBlog




更に感動したのが、

蕎麦を食べた後、残ったつけ汁に、

蕎麦を煮たお湯を入れて、飲むんです(^^)。

そのお湯には、様々な蕎麦の栄養成分が出ているらしく、

とってもカラダにいいそうなんです♪

こんなことは、きっと「ほんまもん」のお店しか

してないでしょうし、出来ないでしょうネ。

究極のお蕎麦に触れた、とっても貴重なお時間でした。



それから、スタッフのおねえさまに、ナント!

昨日「迷犬・シロ」(笑)のせいで、道を間違えて

行けなかった14番目のお寺まで、車で送ってくださり、

17番のお寺まで自転車で二時間くらいかけて

一気に回り、それから電車で移動し・・・



そして今、19番目のお寺・立江寺の境内にあります

宿泊施設(お寺の中にあるお遍路さん用のお宿を

「宿坊・しゅくぼう」と言います)にいて、

携帯電話をパソコンにつないで

ブログの更新をしています。



携帯経由だと、めっちゃ電話(パケット)代

取られるんですが。。。ま、仕方がない(^^;)。

(ちなみに今日、このブログの更新だけで、3000円です・汗)

明日&明後日、明々後日もどんどん田舎に

行き、ネット環境がないのが、本当に不便デス・・・(涙)。



さて。

その宿坊では、一般の宿泊施設と違うことがいくつかあります。

それは、「おつとめ」があること。

夕方か朝か夜に、お寺の本堂の中に私たちが行って、

30分くらい、お坊さんがお経を唱えるのを聞いたり、

お焼香したり、一緒に般若心経を唱えたりします。

今私が泊っている立江寺では、ナント!

本堂奥にあります、仏様の足元まで入ることが出来、

間近で仏様に出会えます。

普段のお遍路では、そんな間近では見れませんからね。。。



夜ごはんは、同じ宿坊に泊っている方々と一緒にお食事。

歩きや車でお遍路さんされておられる方、いろいろおられ、

いい情報交換ができました♪

さて。明日も山登りがあるので、がんばるぞ~!!!



あ。最後に。。。

昨日風邪、ちょっとひいていたのですが

なりましたぁー(^^)。

昨晩、ホテルでマッサージしてくれはった

おばさまが、本当にいい人で

「40分じゃー、コリ取れないし、

お遍路さんがんばってるから」と、

40分の料金プラス、ちょっとのお金で

一時間もマッサージしてくださりました(TーT)。



普通、マッサージしている間は、

お互いほとんど話ししないのですが、

そのおばさまとは、ずーーーーっと

お話しておりました(笑)。

お遍路さんの話や、京都に実家がある方ですので

関西ネタでおお盛り上がりしておりました♪

ほんと、おばさまのおかげで

風邪が治ったり、カラダの疲れが軽減されたって

思います。。。ほんと、ありがたいです。

「ありがたいなー」って100回言ってもまだ足りません。



つくづく、一人でお遍路さん、してるんちゃうねんなーって

感じました。。。(*^^*)
2007/02/27のBlog
今朝6時に起きて、7時過ぎ11番藤井寺手前の

民宿を出発!今日は、標高700メートルくらいまで

一気に登り、12番の焼山寺を目指します(ーー;)。

徒歩専用の道でおよそ13キロ、車&自転車の道で40キロ強。

チャリでひたすら登りでその距離は

間違いなく私の体力の限界を超えておりますので

私は自転車だけを17番に近い場所に昨晩置いて

徒歩でチャレンジしようと思ったわけです♪



早速歩き始めて、普段たくさん歩いていないので

なんだか、しょっぱなからシンドイ(*_*)。

ここで私は「エライことするって宣言してもたなー!」と

おもいっきり後悔(笑)。




ところがはじめの4分の1を過ぎたあたりから、

だんだん慣れてきまして、

まるで誰かが背中を押してくれているような感じで

すいすい~っと登ることができました(^^)。



残り半分くらいの時に、

60代真ん中くらいのおじさま3人さんに

追いつきました。

おじさんたちは、どうやら、お遍路さんでなく

趣味で山登りをされておられるそうです。



そのおじさま方とも気軽にお話しつつ、

追い越して、ちょっと上の休憩所にいますと

おじさまたちもすぐやってきて、

その中の、いかにも「山登りのリーダー」っていう

感じのおじさまが、おいしいみかんをくれました(^^)。

ありがたかったです・・・。




しばらく行きますと、今度は、一気に標高200メートルくらい

下がる場所があり、私はそこで右のふくらはぎと

右足首の調子がおかしくなってきました(ーー;)。



おじさま3人さんよりも早く歩いてた私ですが、

追い越されました。。。

その長い下りが終わり、最後の急激な登り坂の入り口で

さっきみかんをくれたおじさまが一人で立っていました。

そして

「おーい、おじょーちゃん、大丈夫かい?

さっきまで、おれらよりも早く歩いてたけん、

心配になってさー」と言って、更に

「足で痛いとこない?ああ。ふくらはぎと足首やね。よしよし。

シップとテーピングしてあげるよ。

これでラクになるよー。」ってめっちゃ要領良く

足にシップなど、貼ってくださりました。



それから、また更に急な登りで、

今度は右の股関節までもが痛くなってきて、

ちょっと泣きモードに入っていました・・・。

街中でたまにみかける、片足を痛そうにされておられる

方々の気持ちが、すごく良く分かりました。



旅館から歩いて5時間10分。

ようやく焼山寺に到着しました(^〇^)!

と、同時に雨が降ってきました・・・(涙)。



雨宿りしつつ、旅館でつくってもらったおにぎりを

食べようと、境内をウロウロしてますと

先述のおじさま方がおられ

向こうから「おーい!」と手を振ってくれました。

そこにはベンチがたくさんあって、しかも雨に

かからない場所でしたので、そこに行くことにしました。



おじさまたちとお話したり、おじさまたちの

会話を聞きながら、おにぎりを食べておりますと

ココロは暖かくなるのですが、

カラダは、登山でかいた汗と雨と標高のせいで

どんどん冷たくなっていきました・・・(泣)。



すると、ナント☆おじさまたちは

簡易のガスコンロを持参されており、

それで、鍋焼きウドンやら、コーヒーを

作っておられましたっ!!!

さすが地元人!!!!!



すると、おじさまたち、私に「お接待します」とおっしゃり

うどんやコーヒーをくださりました。。。

ほんと、ほんと、ありがたかったです。



空と、私のメガネは、うどんやコーヒーのゆげで

曇っているけれど(笑)、

私のココロは、めっちゃ晴れた気分でした。


~つづく~
おじさまたちが、下山された後は、

生前バスでお遍路さんしたことのある

父方のおばあちゃんが、88ヵ所のお寺の中で

一番好きだったという、この焼山寺を、

じっくり見ていました。

昔、一度家族と来たはずなのですが、

記憶はないですね~(^^;)。



おばあちゃんは、お遍路さんの旅路で

何を思っていたんでしょうかネ・・・?

ちょっとそんなこと、考えていました。

あまがっぱ着ながら、ダサダサの格好で(笑)。



私は時間の関係で、12番焼山寺から13番大日寺への移動は

バスでしようと考えていました。

ところがどっこい、焼山寺からもよりのバス停が

徒歩一時間もかかるということと、

そのバスが一日3本しかなく、次のバスが

ナント3時間後だということが判明し、

ま、とりあえず2時間歩いたところにある

バスがよく来るバス停まで歩こうと思いつつも、

「ヒッチハイク」しようと考えていました(^^)。



実は、先ほどのおじさまに

「ここの田舎の人たちは優しいから、ヒッチハイクして

大日寺まで車で乗せていってもらったらいいよ!」という

思ってもみない、ありがたい情報を下さっておりました♪



ところがどっこい、いざそれをしようにも、まず

車が通らない(>_<)!!!

そして通っても、イマイチ手を上げる「勇気」がでない(T_T)。

止まってくれなかったら、どうしよう?

悪い人につかまったらどうしよう・・・

雨の中、いろいろ考えていました・・・が、

いよいよ体力的な徒歩の限界を感じてきまして

「こりゃーアカン!んもー、絶対次ぎ通る車に手を上げるぞ!!!」と

固く決意し、後ろから車の音が聞こえたら

速攻☆手を上げました。



すると、すー・・・と止まってくださり、

なんと!乗せてくださりました(^〇^)!!!



ドライバーは、40代のおばさまで

助手席に70代のおじいさまがおられました。

なんとまー。ありがたい組み合わせ(笑)。

若いニーチャンとかやったら、ドキドキしますからねぇ。



その車で、ざっくばらんに会話をしながら

一気に13番・大日寺へ。

一気に18キロくらい距離を稼げました♪

しかも、バスよりも一時間以上早く着きました。

私は何度もお礼を言って、おばさんたちの車が

見えなくなるまで手を振っていました。



で、大日寺参拝☆

ひとおおり終わってから、足に出来たマメをつぶそうと

ベンチに座りますと、

ナ、ナント☆見送ったはずの、さっきの車のおばさまと

おじいさまが歩いてやってきました☆そして

「徳島駅近くのホテルに今晩泊まるって言っていたけど、

ちゃんと行ける?大丈夫?」と、めっちゃ

心配して、そしてやさしく語りかけてくださりました。

私は、一瞬何が起こったのか分からずパニクリましたが、

「い、いいえ。大丈夫ですよ。地図も持っておりますし、

お心遣い、本当にありがとうございます」と

丁寧に言いますと、おばさま方は去っていかれました・・・。



本当に、ありがたいです。。。ね。



13番から14番のお寺まで歩いて

14番のお寺があと1キロという看板のところで

白い犬がおりました。

昔、父方のおばあちゃんチで飼っていた「シロ」と

そっくりで、とっても親しみが沸きました(*^^*)


「シロ」(そこにいた犬)は、何故か私の歩く方歩く方を

数メートル先を歩いていきます。

なんだか案内されているようです(笑)。



しばらくすると、お寺の看板がまたあったのですが

肝心の矢印の部分が欠けていて、見えなかったんです。

その「シロ」は、迷わず右に曲がったので、

私も何も考えず、シロの後について行ったのですが、

いけどいけど寺はなく(ーー;)。

で、ようやく間違いに気づいたのでした。。。


~つづく~
ま、犬を信じた私がアホやった(^^;)ということで・・・

にしてもシロはカワイイから、許す☆(笑)



お寺は5時に閉まるので、今日のお遍路さんはこれで終わりです。

「さて。徳島市内のホテルに行こう」と思い、

近くのバス停まで歩いたのですが、

徳島駅行きのバス停の看板が立っていなくて、

反対側のしか立っていない・・・。



たまたまそこの前には、公共施設があり、

そこにいたおじいさんに徳島行きのバス停のことを聞きますと

いわく「反対側の看板の向かいに立っていれば、バスは

止まってくれるよー」。




おいおい。徳島のバスよ、意外とルーズやなぁ(ーー;)って

思わずツッコミ(笑)。



徳島行きのバスが来るまで、私はその公共施設の裏にある

川の土手に座って、ぼーっとしておりますと、

私に間違った道を案内したシロが土手の下の

広場で、だれかの飼い犬と、楽しそうにたわむれておりました(^^)。



犬と川と夕日と、すてきな風景を眺めておりますと、

さっきの公共施設のおじいさまが

「JR府中駅までなら送ってあげるよ!」と言ってくださり、

車に乗せていただくことにしました(^^)。



そのおじいさんは、車で四国お遍路さんを3周(!)されてるそうで

しかも西国めぐりもされておられるそうで、

めっちゃ楽しそうに語られておりました♪

こっちまでウキウキします(笑)。



JR府中に着き、笑顔で手を振って、おじちゃんを見送った後は、

一転、「ああ、もう、体力的にゲ・ン・カ・イ!?」なーんて

ユウウツな顔して、電車に乗り、雨の中ホテルに直行~。



そのホテルのまわりには、食べ物屋さんがなく

コンビニ食・・・(^^;)

が、かなり精のつくもん、選んでまっせー(笑)。



実は、昨晩からちょっと風邪気味

(のどがちょっとおかしい。痛いまでは行っていないのですが。。。

頭もちょっとぼーっとします)ですので、

これからゆっくりお風呂に入って、

マッサージでも受けて(笑)、今日はじっくり寝ようと

思いま~す(*^^*)



さいごに。。。

コレ→

私の旅の友です(笑)。

なぜか長時間サイクリングしてますと

ほしくなります(^^)。
2007/02/26のBlog
[ 23:55 ] [ 遍路修行日記 ]
野田さんたちとお別れした後、

自転車で20分くらいの

今晩宿泊している11番霊所「藤井寺」側にあります

アットホームな旅館に行き、チェックイン。

そして藤井寺を参拝。

わびさびのある、とってもステキなお寺でした♪



それから、ネットで見つけた「いやしの舎」という

お遍路さんが無料で泊れる場所を見学しに行こうと思い

自転車で向かったのですが、途中で道が

分からなくなってしまい、スーパーから出てきた

おばあさんに道を尋ねますと

「私よくそこ行くけん(※「けん」は徳島弁らしい。

めっちゃカワイイ♪)、案内してあげるよ。運動にもなるしね。」と

ナントそこから一キロある場所まで

自転車で一緒について来てくださりましたっ☆



ゆっくり走られるおばあちゃんの速度に合せて

いろんなことをお話していました(^^)。

おばあちゃんやこの町の昔のこと、

おばあちゃんの普段の生活や健康法・・・




そして、その場所に着きました。

そこの無料宿泊所は、「鴨の湯」という温泉の敷地内にあり

私はその温泉に入ることにしました。

おばあちゃんは、私が昼食を食べてないことを

知ると、さっきスーパーで買ったばかりの巻寿司を

たくさん分けてくださりました。

おばあちゃんは、「私、ちょうど2個しかいらんけん、

残り全部あげるよ~!」ってめっちゃ満点の笑顔で

おっしゃっておられました。



そして、温泉の受付まで案内して下さった後、

「ごめんね。小銭、ちょっとしかないけんど、コレ」

と言って、私の右手に、おばあちゃんの両手と一緒に

100円玉が二枚あって、それを私を乗せて下さりました。



(※四国・お遍路道では、お遍路さんしている人に

「お接待」という、モノやお金などをあげたりする風習があります)



私はお礼にと、自分が描いた絵のカードを

差し上げようと、おばあちゃんに

わたしたのですが、いったん両手て受け取った後、

「気持ちだけいただきます。ありがとう」と言って

カードを返されました、そして

「私、絵はかけんけど、書はそれなりに書けるけん・・・」

と言って、ひらがなの「す」はこう書くもんだよーって

やさしく教えてくださりました。



そのおばあちゃんと別れた後、ひとり

温泉に入ってますと、そのおばあちゃんをはじめとして

いろんな方々のやさしさや愛情が思い出され、

一人、目頭を熱くしておりました。。。



~つづく~
[ 23:54 ] [ 遍路修行日記 ]
その後、「いやしの舎」を見学。

いろんな方が泊った跡があり、

たくさんの方に愛されているんやなーって

感じまくれる場所でした。



それから旅館に帰った後、

大阪から持ってきたおシゴトの取引先の

おにいさんと電話で会話しておりますと、

どうやら、私がお遍路さん行っているので、

今私がおシゴトをしないでいいようにして下さったようで、

(そんなことは、おしゃりませんが・・・)



「気ぃつけて、いっといでなー」って言って下さりました。

ほんと、自分の100%のわがままで長時間、八尾に

いない状態をつくってしまっているにも関わらず

さりげなくお心を使って下さっている

おにいさんに、ほんと、感謝しています。

帰ったら、誠心誠意恩返ししたいと

心から思っています。



夕食前、ちょっとお部屋でお昼寝しつつ、

藤村正宏先生つながりで、仲良くなりました

素敵なおねえさま「みどりんさん」から頂いた

瀬戸内寂聴さんの本を読んでました。



昨年の夏、なにかと辛いことが重なり、

尊敬する女性企業家の「ヨーコ」さんから

瀬戸内さんの「孤独を生ききる」という本を頂き

本当に救われたことがあり、

みどりんさんに、それをプレゼントされて、

本当に嬉しかったんです(*^^*)。



ところが、幸か不幸か、今の私は

精神的に健康ですので、瀬戸内さんの本は

昨年の夏ほど、ココロが必要としなくなっていました。

そこで、私は「ピーン☆」と来まして、その本を持って

自転車に飛び乗り、さっきまでいた「いやしの舎」に

行きました。



そこには、若い男性が2人ました。

今晩、そこで泊るようでした。

私はそのおにいさんに

「この本、そこの本棚に置いてもらっていいですか?」

と言って、めっちゃ笑顔な素敵なおにいさんに

渡して、また旅館に帰りました。



私は違いますが、お遍路さんに出る一部の方は

人生のめっちゃ大きな課題・・・

例えば、子どもに先立たれた大人の方や

病気持ちの方、大切な方が病気などなど・・・

を背負っておられる方もおられるようで、

そんな方々が、瀬戸内さんの本をご覧になられたら

きっと少しは心が軽くなるんやないんかなー?と

思ったんです。



人様から頂いたものを勝手に、誰かに

あげるのは悪いことかと思いますが、

きっと頂いたみどりんさんは、

快くOKを出して下さりそうでしたので、

そうさせていただきました(ー人ー)。




同じ旅館のお遍路さんたちと

ざっくばらんにおしゃべりしながら、夕食♪



となりに座っていた50代の日本人夫婦さんは

ナント☆イチローが住んでいる

アメリカ・シアトルから来られたそうです(驚)!!!



夕食後、いろいろ事情がありまして

(後日、その謎が解けると思いますが・笑)

自転車や、明日いらない荷物を

JR石井駅という、今いる場所から数駅徳島寄りの

ところに持っていきました。

その帰り、鴨島駅まで帰ってきて、電車を降りて、

ワンマンカーの車掌さんに切符を渡しますと

めっちゃ怒った顔で

「おじょーちゃん、石井駅までの切符は!?」と

訳わからないこと、言われ、止められてしました(ーー;)。


~つづく~
[ 23:51 ] [ 遍路修行日記 ]
私が石井駅に来た電車に、ギリギリセーフで

切符を買わずに飛び乗ったのですが、

駅員さんがいないので、

車掌さんが、駅の改札に立って、たくさんの

下車したお客さんの切符を回収している

時間がたくさんあって、それを見た私が

「あ!今なら切符買える!1000円札しか持ってないし

車掌さんにおつりもらうのもなー、悪いし~」って

電車を降りて、降りるお客さんと一緒に

改札に出て、切符を買ったんです。



その車掌さんは、私が石井駅から乗った姿を

見ていなくて、

私が電車から降りたとこしか見ていなかったようでした(^^;)。



ま、それだけ、見ていれば、そう思うやろーけどなー。

そんな堂々と「きせる」なんか、せーへんっちゅーねん(笑)☆



結局、事情を説明して、追加料金を払わずに

ことなきを得ましたが、めっちゃ不機嫌なまま、

車掌さんは去ってきました・・・。



ま、駅員さんもいない、自動改札もない・・・

そりゃー、無賃乗車や「きせる」するわるい人も

JR四国では、はびこってそうですが・・・にしても

ちょっとこっちもナンギでしたぁ~(汗)。



で、今、ネットがつながる鴨島駅近くの

「マクドナルド」にいます(*^^*)。

月210円くらいで、全国各地のマクドなどで

ネットしほうだいのことをソフトバンクがしています。

孫さん、こんなステキなことしてくれて、ホンマありがとう!!!

今回の旅で、フル活用させていただきまーす(^з^)~☆



ちなみに、このマクド、週末、野田さんの大学生の娘さんが

バイトに来られているそうです♪

これまた偶然!!!



さ。これから、タクシーでお宿に戻って、

明日、最難関のお遍路、がんばりまーす☆




いい出会い

わるい出会いも

同じもの

それらはきっと

自分が決める
2007/02/25のBlog
[ 22:56 ] [ 遍路修行日記 ]
あー☆結局昨晩睡眠時間1時間(泣笑)!



今朝、大阪駅から旅の相棒の

「おりたたみの自転車」とともに

バスで徳島に行きましたぁー。



もちろんバスの中では「爆睡」。

あっという間の徳島でした。



徳島駅からは電車で板野駅まで・・・。

先日徳島に来たとき、1~3番目のお寺を

回ったので、4番目からのスタートです。



この駅で、私が自転車を抱えて階段を下りていたら、

知らないおじさんが運んでくださりました。

ありがたかったです(T_T)。



私は今日一日で、一気に10番まで回りました。

私が自転車で四国の道をこいでますと、

以外や以外☆けっこう「お遍路さん」がたくさんおられます。

歩いてお遍路さんされておられる方は

私と同世代っぽい方が多かったです。



私は、その道で出会った方々に

「こんにちは」と言っていきました(^^)。

私から言うときも、向こうから言ってくるときもありましたが

合計50回は言ったと思います。

見知らぬ他人同士が「お遍路」というひとつの同じ目的を

持っているだけで、こんなに親近感を感じれるのは

すてきなことですよね。



道の途中、自宅の一部に、たたみを敷いて

お遍路さんのための無料休憩所を

つくたれている方もおられました。

私もそこで休憩♪

ものすごく居心地がよかったです!



お遍路さんで出会ういろんな方々、

とっても素敵な方が多く、ほんと四国が

ますます大好きになりました!!!



10番のお寺を回り、今は吉野川のほとりの町・

鴨島という町のホテルに泊まっています。

そこには、先月徳島で開催された、藤村先生のセミナーに

参加した時、仲良くなった会社経営者のおばさまが

おられ、夜はそのおばさまと、

私が泊まっているホテルの岩盤浴&夕食を

いっしょにしました(^^)。

まだ二回しかお会いしていないお方ですが、

本当のおかあさんのようで、昔から知っている方みたいで

なんだか、とってもすてきな方なんです。

明日は、そのおばさまと、その方の会社でおシゴトの打ち合わせ、

そして、大阪から持ってきたおシゴトをこの「阿波の国」で

おもいっきりこなそうかと思っています♪



時間があれば、お寺、一個くらい、まわりたいなー。

・・・しても、めっちゃ眠いっす(ーー;)。

そりゃー、今日だけでチャリ30キロ以上こいだしなぁ。。。

今日は8時間寝ます☆



おやすみなさーい♪
2007/01/29のBlog
[ 22:04 ] [ 遍路修行日記 ]
八尾のNPO仲間の、おばさまから

「よしこちゃん、せっかくステキな旅、してるんやから

その感動を『短歌』に残したらいいと思うよ!

字あまり、季語なし、何でもOK!書いてごらん~!!!」


めっちゃステキなご提案をいただき、

今日、おシゴトの合間に、せっせと考えておりましたぁー(*^^*)



私はイラストも描きますので、

絵日記風で短歌を加えて描いてみました♪



いつまでも

ずっと変わらない

ものがある



それは私の

心のふるさと




・・・これは、徳島駅前にある大型スクリーンから、

私が最近好きな歌うたいのアンジェラ・アキさんが

ご自身の「ふるさと」である徳島を想って、

歌った曲『HOME』が大音量で流れていて、

「私にとっては、ただに旅先の町やけど、アンジェラさんのような

この町で生まれ育った方々にとっては、この町は

かけがえのない『ふるさと』やねんなー」って

当たり前のことに感動したことを描いています。



私の場合、『HOME』は大阪府・八尾市なんで、

八尾の風景を、描きました。



『HOME』、本当に大切にしたいですね。



二つ目は、



出逢い時(どき)

別れと同じ

数があり



そこには同じ

涙、あふれる




これは、お遍路旅中で出逢った、

おばさんとの出来事をそのまんま綴っています。

このおばさんは、私に缶のお茶と賽銭を入れるための

手作りの賽銭入れを下さりました。



ほんと、人との出会いで、こんなに感動したのは

久しぶりでした。。。

そんなステキなおばさんとも、5分くらいで

お別れしました。

「一期一会」ですね。。。

きっと二度と会わないおばさんだけど、

本当に感謝しています。



こうなると、毎日会う方々には、もっと

感謝しなければいけないって、ほんと思います。



ココロを空っぽにして、旅をしておりますと、

当たり前のことだけど、大切なことに気づきます。

これぞ私が求めていた、私のお遍路さんの本当の目的なんです。



いちばん実感したいのは、

「生きているってことは、実は当たり前のことじゃない」

ってことに、私は気づきたいんです。

普段何気なくそして当たり前のように生きてますと

生きていること・・・生かされていることに感謝しないで

「あーあー。もっと○○やったらええのにー」とか

「○○は欲しい!」とか、自分が持っていないものばかり

目について、どんどん幸福感がなくなって

不安や不満だらけになってしまいます。

そうなったら、人様をうらやんだり、ねたんだりするだけです。

それじゃー、人生ちっとも、楽しくありません。



自分自身を幸福感で満たすためには、

いろんなことに感謝しまくることだって、

最近尊敬する方々の後姿から学ばせて頂きました。



私の場合、せっかち&旅好きですので

『お遍路さん』という「荒治療」をして、

短時間で、いろんなことを学び、自分自身を

変えたいって思ったんです(^^)。



普段バリバリの運動不足私は

お遍路さんで、めちゃくちゃ苦労すると思います。

体力的に限界も来ると思います。

だけど、精神的なものはきっと、満たされてくると信じています。

そして「行ってよかった」って思う瞬間が、たくさんあると思います。



・・・とまあ、私がお遍路に行く理由を

さらっと書きましたが、せっかく行くんやから、

四国八十八カ所を作った空海さんのことを勉強しよう!って

司馬遼太郎さんの本を買って読んでいるのですが、

我ながら普段、むずかしい?歴史小説を読むことが

ありませんで、読むスピードが各段に遅く、

しかも日本語やのに、日本語が理解出来ない

状況が結構あり、悩ましい限りです(^^;)。



日本人として、そして同じ河内人として

司馬さんの小説はたくさん読みたいのですが・・・。

ほんと、自分の国語力の無さには、あきれ返っております(TーT)。



そんなかんじで、今日も一日が

終っていきました・・・♪

今日は夕日が綺麗でしたネ!



明日は、めいいっぱい絵本描くおシゴトして

夜は会議&ミニ同窓会のはしご、

がんばりまーすっ(^〇^)!!!
2007/01/25のBlog
昨日1月23日、私の尊敬する藤村正宏先生(経営コンサル)

徳島市内でのセミナーを一緒に受けた

私の最高のビジネスパートナーであり、そして

大親友の斎藤ホテルの赤羽さんこと「ぱるちゃん」とは

今日24日の朝~午後二時半までは別行動をして

私は一人徳島駅からディーゼル車に6駅くらい乗って

「板東駅」まで行きました。



その駅から徒歩15分くらいのところに

『霊山寺』というお寺があります。



ここまで書いた時点で、私がどんなことを、これから

始めるのか?お分かりになられた方もおられるかも

知れませんが・・・



そうです。

四国八十八ヵ所めぐり・・・いわゆる、

「お遍路さん」ってやつです(^^)。




この『霊山寺』は、それの第一番目のお寺なんです。

ここから時計回りに、四国全体にある、88個のお寺を巡礼する

全1230kmの旅です。



大学時代~25歳くらいまでは結構頻繁に

中華人民共和国の主要都市間

350㌔くらいを、1週間で走ったり、

琵琶湖や丹後半島を一周したり、しまなみ海道を

縦断したり、自転車でしておりましたが、

最近は、殆どやってないですネ~(苦笑)。



どうして私がお遍路をしようかと決めたかといいますと、

ま、それはまた後日ということで(笑)。

何人かの方には、お話しましたが、

ほんと、語りますよ~(爆笑)!!!



霊山寺で私は、旅に必要なもの・・・

私の場合、「金剛杖」という、弘法大師(空海さん)の

分身とされている杖と、

納札」という、お寺をお参りする度に、お寺の箱に入れる紙札と、

納経帳」という、各お寺をお参りする毎に

お寺に人に「ちゃんとお参りしましたよ」というサインを書いてくださる

帳面の3つだけを買いました。



私にとって、過去最大の旅であるお遍路さんは、

白衣や、お遍路専用の数珠、蝋燭や掛け軸などの

お遍路さんグッズを全部買ってすることではなく、

あくまで旅路と、私の心の中を一番重要視します。

ですので、本当に最低限のものしか、私には必要ありません。



ここだけの話し、空海さんがかつて八十八箇所を作った時代には、

全部グッズを揃えて、こんなにたくさんで、高額になる

お遍路さんグッズなんて存在しなかったはずです。



白衣にしたって、お年寄りお遍路が多く、それで

お遍路中に亡くなってしまう方が多かった為、

時代の途中で白衣を着る習慣が形成されていったそうです。

(白衣で亡くなると、服を着替えさせずに、棺桶にその人を

入れることが出来るからだそうです)



どうも、人のジュンスイな祈りの心を、過度に利用して

「商売」しようという精神がチラチラ見える

寺院『業界』&とりまき業界は、私が京都の大学に通い、

京都の寺院を周っていた時代から、ちょっといただけません。


・・・とまあ、寺院をチクっと批判しつつも、

やはり私の国の伝統文化の結晶であるこの場所は

時代を超えて、現代人の私にも様々な

いいものを与えてくれます(^^)。



ちなみに、この旅、今日は1~3番目まで回り、

また後日時間を作って、一気に4~88まで周り終える

つもりマンマンでおります♪



私は、時間もお金もかかる「歩き遍路」は

殆どしない予定で、

1230kmの移動手段のメインは

自転車にします。大阪から持って行きます。

自転車で行けないところや、鉄道でもいけそうなところは

徒歩や鉄道でいきます。

(そもそも私は『鉄道の旅、大好きっ子』ですので・笑)。



4~88を周る時期は、私が30歳の誕生日に

なる前から、なった後くらいまで時期を検討中。

(今、必死でおシゴトの調整をしています)



さてさて。どうなることやら・・・(^^;)。



●中編に続く●
431~440件を表示   <<   <   36  37  38  39  40  41  42  43  44  45   >   >>