ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:4058件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:遍路修行日記
Blog数:446件
401~410件を表示   <<   <   36  37  38  39  40  41  42  43  44  45   >   >>
2007/07/07のBlog
7月7日・七夕の日の朝、私は

高松市内から「琴電」というワビサビな路面電車に乗り

長尾駅まで行きました。



そこには、四国八十八箇所の87番目・長尾寺があり

そこでさらっと参拝し(前回お遍路で参拝済み)、

香川県・さぬき市の100円コミュニティバスに乗り、

88番の大窪寺に行きました。



私は今年2月末から、3月中旬まで、

折りたたみ自転車&電車(汽車)&バスを使って18日間で

四国八十八箇所めぐりを廻り終えましたが、

四国お遍路さんの一般的なルールとしまして

88番(周り終えたお寺)まで行ったら、1番(最初に周り

はじめたところ)まで、最短ルートを通って『お礼参り』に

行くというものがあります。



ですので、今回は88番から1番までの間の40キロを

土日2日間かけて歩こうと決意し、88番まで来たんです(^^)。



88番は山の上にあり、アスファルトの道を

どんどん歩いて下って行きました。

はじめは順調で、誰も通らない道で、大音響で口笛吹いたり

歌ったり(笑)、独り言言ったり(爆)していたのですが、

2時間・8キロくらい歩いた時点で

足が痛くなってきまして、私はハッキリ悟りました…



『本当の修行って、日常生活でするものや』って(^^;)。



みなさまもきっとそうかと思いますが

生きている限り、何かしら課題とか悩みとか

あろうかと思われます。

それをどうしたら解決するのか?ということを

ブツブツ言いながら歩いていたのですが、

そんなところで、ブツブツ言っていても

何も解決しないことが分ったんです(笑)。



自分の気持ちを整理したり深化したりする為に

このような「お遍路旅」するのはいいことかと

思いますが、今の私にはそれをする必要がないな・・・と。



早く生活の場に帰って、がんばりたいな・・・と

悟ったんです(^^)。



その直後、後方から車がやってきて私の横で止まり

「おじょーちゃん、乗せてっていってあげるよ~」という

お声がかかりました。



「お遍路さん」してまして、自分からヒッチハイクを

したことはありましたが、車の方からのお誘いは

受けたことが無いので、かなり驚きましたが、

「今の私には、多くの体力&気力をつぎ込んでここを

歩く必要性はない」という悟りと、そして

車に乗っておられた60代後半のおじさま&おばさまが

みるからにいい人っぽかったですので、

今晩泊る予定だった7番のお寺さんまで乗せていって

頂くことにしました(*^^*)。



<※88番から1番のお寺に行く間には、2~10番の

お寺があり、そのいくつかには「宿坊」という

お遍路さん用の宿泊施設があります>



おじさま&おばさまもお遍路されておられる方で

「人と人とのご縁って不思議ですよねー」という

お話などをして、あっという間に7番のお寺に

着きました。



車から降りた時、おばさまが

「何かあったら、いつでもここに連絡してね。」と

お名刺を頂きました。。。



私、ものすごく嬉しかったです。

おばさま方のお車が見えなくなるまで、手を振りながら

「ほんと、人と人とのご縁って不思議で、そしてステキやなー!」

ってウルウルしていました。。。

7番のお寺に13時到着し、そこで軽く昼食を取り、

想定外のあまりにも早い到着に、ちょっと戸惑いながらも

次の6番のお寺まで行って、そこの宿坊で泊ろう!と

決意し、また2キロくらい歩きました。



6番のお寺・安楽寺に着き、本堂に行きますと

過去5回ほど、信州・鹿教湯温泉のお寺で引いたことのある

『幸福(しあわせ)おみくじ』がありました。



鹿教湯温泉は200円やのに、ここは100円で、

半額やから引こ~!って、損得勘定120%の大阪人の

私は思い(笑)、早速引いてみることに♪



すると、『小吉』だったんですが、

その後がメッチャ☆ビックリしました。。。



先ほど、88番から歩いている時、

悩みや問題解決方法(案)をブツブツ言いながら歩いて

いた時の「答え」が書いてあったんですっ!



ぐだぐだ書くのはやめますが、つまり

「成り行きのままに身を任せ、心にゆとりを持って

将来の方針をじっくり立てなさい。短気を起こして

行動すると、破局を招く。流れに任せば、自然にうまく行く」

ということです。。。



17時半から、宿坊のお風呂(温泉でした!)に入り、

18時からご飯♪歩きお遍路さんの同世代のおにいさんと、

73歳の元気なおじいちゃんと3人でワイワイお話していました。

見知らぬ方とすぐ仲良くなれるのが、

お遍路さんの醍醐味です!



そして「おつとめ」という、お寺の本堂で般若信教を唱えたり

お坊さんのお話を聴いたりしておりました。



で今、お寺の事務所でLANケーブルをお借りしして

(パソコンは持っていっています)

このブログを書いています。

ほんと、お寺の方々のご好意に感謝です!



そしてなぜかこれから、今日限定で

地元の阿波踊りの同好会の

みなさまによる踊りが、広間で披露されるらしく

それを見に行ってきま~すっ(^〇^)!!!



そんな感じで、今日の『お遍路さん』も

ものすごい偶然☆ハプニングが起こった

ステキな一日でした。

ほんと、感謝デス(*^^*)。
2007/03/26のBlog
【長文、失礼いたします(ー人ー)】



1月24日(水)1日目:
一番・霊山寺→二番・極楽寺→三番・金泉寺


ひょんなことで参加することになった
徳島の藤村正宏先生のセミナーの後に
数箇所だけ、『歩きお遍路さん』することにしました♪

この日はじめての体験で、お遍路の格好
(杖のみ持っていました)を
しておりますと、お年寄りの方中心に、
ニコニコ挨拶して来てくださったり、
道を教えてきてくださったり、
そして、『賽銭入れ』やお茶を下さったり(お接待)・・・
普段、大阪で道を歩いていて絶対こんなこと
体験しませんので、本当に感激&感動で
目頭がアツクなってきました。。。

そんな愛情をいただき、ますます早く
続きが行きたくってしょうがなくなった気持ちを
抑えつつ(笑)、2月25日になるのを
待っておりました(^^)♪



2月25日(日)2日目:
四番・大日寺→五番・地蔵寺→六番・安楽寺
→七番・十楽寺→八番・熊谷寺→九番・法輪寺
→十番・切幡寺


この日はひたすら、平坦な道を自転車で
せっせとこいでおりましたぁ~。

いいお天気で快調でした、が、
切幡寺のみ333段くらい階段があり
そこを参拝した後、その階段を降りきった後、
そのお寺の「ご朱印」(参拝したというサイン)を
して頂くのを忘れていたことに気づき、
また階段を登ったという、ニガイ記憶があります。。。

やはり『修行』に、焦りは禁物ですネ・・・(ーー;)。



2月26日(月)3日目:
『野田ハニー食品工業株式会社』
方々とおシゴトの打ち合わせなど
十一番:藤井寺


先述の1月の藤村先生のセミナーで出会った
『野田ハニー食品工業株式会社』のすてきなおばさま
野田さんに、私の作品をとっても気に入ってくださり
名刺などをおつくりするおシゴトのご依頼を受けまして
偶然、私がその日宿泊していたホテルの近所に
会社があり、打ち合わせに行ってきました。

で、今は野田さんトコの『ざくろ100%ジュース』を
定期購入させていただき、毎日美味しく飲んでまして
(※さくろには、女性ホルモンに似た成分がたっぷり入っています♪)
これで、「更年期障害」をドンドン遅らせよう!という作戦です(^З^)~☆

ほんと、ありがたい、ご縁デス・・・。



2月27日(火)4日目:
十二番・焼山寺→十三番・大日寺


四国お遍路最大の難関の「焼山寺」。ひたすら山道です。
私の祖母が生前バスでお遍路さん行った時に
「焼山寺が(八十八ヵ所の中で)いちばん良かった」と
言っていましたので、ここだけは100%徒歩で
登ろうと決めておりました☆

結局、登りきるのに、5時間10分かかり、
普段運動しない私は、ひざを痛めてしまい、
しかも全身「ギシギシ」言っていて、
このままじゃー、お遍路続行不可能状態でした(^^;)

が、ありがたいことに、途中
ミカンや、あったかいうどん&コーヒーを頂いたり、
ひざにテーピングやシップを巻いて下さったり、
13番のお寺まで、車で乗せて行って下さった方が
おられたり・・・

その夜は、ホテルのマッサージを受け、
そのおばさまがすごくいい方で、時間をサービスして
下さったりして、本当に沢山の方々のおかげで
私は「最大のピンチ」を乗り越えることが出来ました。
ほんと、感謝の気持ちでいっぱいでした。。。



2月28日(水)5日目:
十四番・常楽寺→十五番・国分寺→十六番・観音寺
→十七番・井戸寺→十九番立江寺


この日の夜は立江寺の中にある宿泊施設(宿坊)で
泊りました。「お勤め」というものが夕方あって、
本堂で正座しながら、お坊さんが唱えられる
般若心経(はんにゃしんきょう)を一緒に唱えたり、ご焼香したり、
おだやかな夕日に照らされながら、仏様に手を合わせるのが
とっても心地よく感じました。これぞ「心の平安」って感じです。

このような行為が、この国で遠い昔から
継承され続けてきた理由が、とっても実感できました。。。
3月1日(木)6日目:
十八番・恩山寺→二十番・鶴林寺→二十一番・太龍寺→
二十二番・平等寺→二十三番・薬王寺


この日も、いろんな出会いがありました(*^^*)。
町にある小さな自転車屋さんの
おじいちゃん&おばあちゃん。それから
太龍寺に上り下りするロープウェーのスタッフの
おにいさん&おねえさん。

おにいさんは、わざわざこのブログにコメントまで
下さりました。本当に嬉しかったです☆

にしても、鶴林寺に登る6キロの自転車を
押しての2時間はたまらなく、しんどかったデス(TーT)。
(今となってはいい思い出~♪)



3月2日(金)7日目:二十四番・最御崎寺

この日はひたすら自転車をこいでいました(*^^*)。
35キロくらい、室戸岬にある最御崎寺向けて、快晴の中での
サイクリングです。めっちゃ心地よかったです、が、
日に焼けてしまったのが、たまにキズ(^^;)。

このお寺に向かう途中の定食屋さんで出逢った
歩きお遍路の千葉のおじさまがご自身の旅を
ブログで書かれており、今まだ歩かれておられます↓
http://sun.ap.teacup.com/mutsugoro/2.html

ほんと、元気ですてきなおじさまでした(^^)。
ちなみにおじさまとは、明くる日の午後、
二十七番・神峯寺へ向かうバスに乗る直前、
バス停で再会しました♪

そんなおじさまのこと、私は今でもこっそり、
応援しています(*^^*)。



3月3日(土)8日目:
二十五番・津照寺→二十六番・金剛頂寺→二十七番・神峯寺


この日は、4日目の大ピンチと並ぶトラブル
『自転車パンク事件』発生~~~っ!!!
ほんと、旅続行不可能かと思いました。

が、幸運なことに・・・

①下り坂で自転車乗っている時ではなく、登り坂で
自転車を押してる時にパンクしました。
だから転倒とかしませんでした。

②パンクした自転車と一緒に、お遍路仲間の車で
その日宿泊する高知県安芸市まで移動できました♪

③安芸市では、知人のおばさまの妹さんのご自宅に
泊めさせていただき、妹さんご一家さま&地元の自転車屋さんの
おかげで、パンクがその日のうちに治りました。

しかも・・・

④妹さんの自宅(だんなさまの会社)には、『スキャナ』などの
パソコン周辺機器や事務用品がたくさんあり、
お遍路旅に「宿題」として持って行った「おシゴト」が
いっぺん&効率よく片付きましたぁ~♪

⑤妹さんご一家のみなさまと、一緒に高知ならではの
おいしい家庭料理をマンキツし、観光も出来ました。

ほんと、ナカヤマさんご一家さまには、感謝しております。。。



3月4日(日)9日目:
二十八番・大日寺→二十九番・国分寺→三十番・善楽寺
→三十一番・竹林寺→三十二番・禅師峰寺


鉄道大好きっ子・よしこちゃんがあこがれていた
『ごめん・なはり鉄道』をナマで見れて
感激の一日でしたぁ~(^^)♪
そしてこの日は、久しぶりの都会(=高知市)
を走り、お遍路さんに対して冷たい人たちや町に、
ちょっと涙しました(TーT)。

やはり都会の人って、比較的全くの他人には
冷たいと思います。ずーっとお遍路さんに暖かい
まなざしを与えて下さる田舎地方を走っておりましたので
(徳島市は汽車でスキップしましたし)、
余計その冷たさが身にしみました。が、私が思いますに、
高知市の人よりも、ずーっと私が暮らす大阪の人の方が
冷たいと思います。

これは、私が大阪に帰って来た3月13日にヒシヒシと感じました。
ほんと、私も普段はそんな人間でしたので、
大いに反省いたしました。
これからは、都会で迷う方々に、やさしくしたいです。



3月5日(月)10日目:
三十三番・雪蹊寺→三十四番・種間寺
→三十五番・清瀧寺→三十六番・青龍寺


この日のよしこちゃん的大ヒットな出逢いは
『ムッキーちゃん』という土佐名物の「文旦」の
皮をカンタンに剥くことができる300円の雑貨との出逢い♪

『ムッキーちゃん』を発明された会社さんHP↓
http://www.niigata-doyu.jp/pr-kuriharawarudo.html

私が参加します「中小企業家同友会」のお仲間だったとは。。。
いつか是非社長さんとお逢いしたいです(*^^*)。

これを兄夫婦に見せますと
「讃岐うどんよりもコレ、おみあげに欲しかったわ~」
って言われてしまいマシタ~(^^;)。
今度、土佐行った時は、『ムッキーちゃん』、
ごっそり買ってきます(笑)。

けどコレ、新潟の会社さんのんやねんけどなー。。。
ま、ええか♪
3月6日(火)11日目:
三十七番・岩本寺→三十八番・金剛福寺


5日夜は、国民宿舎・土佐という、高台にある
めっちゃ眺めのいい場所で泊まり、
そこにある眺めサイコーの『展望風呂』で出逢った
千葉在住のおねえさま(歩きお遍路されておられる方)
と仲良しになり、大阪に帰って来てからも、
メールさせていただいております(^^)☆

そして、この日はずーっと同じ自転車でお遍路さんしていた
静岡在住のおねえさまと一緒に、足摺岬のさきっちょにある
金剛福寺に行ったりしました(バスで・笑)。

ずーっと一人で行ってた旅ですので、
複数で旅するのもいいなーって思いました(*^^*)。

きっと『人生の旅』もそうなんやろーな。
一人って気ぃラクやけど、やっぱり二人以上がいい。

・・・見知らぬ方と、一緒に旅できるなんて、ほんと
お遍路さんならではですね。

日頃の大阪の生活では決して出会えない人との出逢い、
ほんと、最高です。。。何かが光輝いています。



3月7日(水)12日目:
三十九番・延光寺→四十番・観自在寺→四十一番・龍光寺
→四十二番・仏木寺→四十三番・明石寺


この日は、とにかく寒くて寒くて
仕方がありませんでした(>_<)!

室戸岬を自転車こいでる時は春の陽気でして、
コートを大阪に送り返してしまったんです。
そしたら急に寒波到来で、真冬に戻ってしまい、
コートを買いたくても、買う場所がなくて。。。
さすが田舎です(^^;)。

日頃、大阪にいて、お金さえあれば
何でもすぐ買えるという環境にいることの
ありがたさが本当に身に染ました。。。

写真の七輪は、観自在寺の本堂の中にあったものです。
私はここで、今つけている「携帯ストラップ」を買いました。
このストラップを眺める度に、
寒かった旅のことや、この七輪のあったかさを
思い出します。。。(*^^*)

あ。ちなみにこのお遍路旅の『3大ピンチ』が
①焼山寺のカラダ☆ギシギシ事件
②神峯寺手前のパンク事件
③この寒さブルブル事件 で~す(^^;)



3月8日(木)13日目:
四十四番・大宝寺→四十五番・岩屋寺→四十六番・浄瑠璃寺
→四十七番・八坂寺→四十八番・西林寺→四十九番・浄土寺
→五十番・繁多寺→五十一番・石手寺


この日は、終日『愛媛県松山市・DAY』。
道後温泉につかることなく(泣笑)、
ひたすら札所回りをしておりました。

7日の夜、松山の繁華街にある『一風堂』という
全国的に有名なラーメン屋さんの
アルバイトのおねえちゃんに
「そこそこの値段でいいコートを売っている
お店ありませんか?」と聞いて、紹介された
トコに行くと、ドンピシャで素敵なコートやセーターがあり、
しかも近くの100キンには、かわいいマフラーも
売っていて、ほんと、そのおねえちゃんに
めっちゃ感謝した瞬間でしたぁ~♪

私は、上記の『3大ピンチ』などの、大小のお遍路ピンチを
全部乗り越えて、そして無事大阪に帰って来れたのは
ほんと、カミサマとかホトケサマとかのおかげと
ちゃうんかなー?って、思ってしまう自分がいたりします(笑)。



3月9日(金)14日日: 五十二番・太山寺→
五十三番・円明寺→五十九番・国分寺→
五十八番・仙遊寺→五十七番・栄福寺→五十六番・泰山寺


この日、最大の失敗をおかします。
それは、道を間違えたこと。。。
これで1時間くらいロスしました(ーー;)。

間違った理由は、
①油断し、間違った判断をしてしまった。
②手持ちの地図が古く、新しく出来たトンネルが
書かれていなかった この2つです。

ちょっとじっくり考えていれば、間違わなかったはずです。
地図(第三者が書いたもの)を100%信じるのは
いけないよなーって分かった瞬間でもありました。

第三者が提供する情報や、自身の『カン』とか
いろんなものを常に冷静&客観的且つ総合的に判断して
歩んでいかないといけないなーって、身をもって体験しました。



3月10日(土)15日目:五十四番・延明寺
→五十五番・南光坊→六十番・横峰寺→六十一番・香園寺
→六十二番・宝寿寺→六十三番吉祥寺→六十四番・前神寺


この日あたりから「このままじゃー、始めの目標としてた
3月14日の私の誕生日に大阪に戻れないっ!」と焦り始め、
更にピッチを上げました。

だけど、それはそれなりに「よしこちゃんの限界に挑戦!」って
感じで、めっちゃ楽しかったです。体力的には
ゴッツしんどかったですが・・・。
汽車やバスの時間、ギリギリセーフってことも
結構ありました。正に「つなわたり☆お遍路」でした(笑)。
3月11日(日)16日目:六十五番・三角寺→六十六番・雲辺寺
→六十七番・大興寺→七十番・本山寺→六十八番・神恵院
→六十九番・観音寺→七十一番・弥谷寺→七十二番・出釈迦寺
→七十三番・曼陀羅寺→七十四番・甲山寺→七十五番・善通寺


この日は、同じお遍路仲間のおじさま&おばさまに
助けられました。。。
三角寺から雲辺寺まで、車に乗せていただいたのです。
二つのお寺が別々の山の中腹にあり、自転車で登ることは
不可能なくらい、めっちゃ困難でした。
ほんと、ありがたかったです。。。

その日の夕方は善通寺側のうどん屋さんで
讃岐うどんをマンキツ♪
ほんと、讃岐うどん、サイコー(^〇^)!!!

お遍路さんしながら、ホトケサマの世界を感じつつ、
人のあたたかさを感じ、
美しい風景を見たり、おいしいものを食べる・・・。

いろんなことが、一度に体験出来る旅・・・
ほんと、ぜいたくな旅でした(^^)。



3月12日(月)17日目:七十六番・金倉寺→七十七番・道隆寺
→七十八番・郷照寺→七十九番・高照寺→八十番・国分寺
→八十一番・白峯寺→八十二番・根香寺→八十三番・一宮寺



国分寺の側に自転車を置き、白峯寺と根香寺へは
山道を数時間(15キロくらい)上り下りして
参拝してきました。

その山道には、たくさん「お地蔵さん」がありました。
確かお遍路・最大の難所・焼山寺に向かう
山道にもたくさんありました。

善通寺で出逢った地元のおじいさまが
「お地蔵さんって何であるか知ってる?
それは、昔、名も分からないお遍路さんが命絶えた場所で、
その人を慰めるために、お地蔵さんを地元の人が
置いたんだよ」って教えて下さりました。

なるほど。いわゆる『難所』ほど、
お地蔵さんがたくさんありました。
現代を生きる私たちは、お遍路道で息絶えることは、ほぼないかと
思われますが、昔の人は「不治の病」などを抱え
まさに祈るように必死でお遍路さんされておられたんですね。。。
かつての時代、私が立っていたその場所で
息絶えた人のことを考えますと、何だか目頭があつくなりますね。

そして、今を元気に生きている私が
それだけで、とっても幸せなことなんだって
ヒシヒシと感じました。

そう思いますと、前日の強風でことごとく飛ばされていた
お地蔵さんの『エプロン』(よだれかけ?)を、私は一つずつ
お地蔵さんの襟元に直してあげることをしたくなってきまして、
歩きながら、それをしていました。

いくつかは、どこかに飛ばされて
無くなっていたものもありました。

以下の話は、お遍路さんから帰って来てから
知ったのですが、
生前バスで四国お遍路さんしていた
私の祖母が、洋裁が得意な私の母に
お地蔵さん用のエプロンをお遍路に行く度に、何枚か
縫ってもらうようにお願いしてたそうです。

そのおばあちゃんの真意は、今となっては分かりませんが、
きっと、風でどこかに飛ばされ、なくなってしまった
お地蔵さんのエプロンを一つ一つつけながら
回っていたんじゃないんかな?って
私は勝手に思っています(^^)。



3月13日(火)18日目・最終日:
八十四番・屋島寺→八十五番・八栗寺→
八十六番・志度寺→八十七番・長尾寺→八十八番・大窪寺


いろんな人に助けられながら、88ヵ所を回り終えた私。
だけど「終ったぁ~(^〇^)!!!」という
爽快感はゼロ。

それは何故かと言いますと。。。

これは、大窪寺参拝後、そのお寺の側にある
おみあげ屋さんのおじいさんとのやり取りで・・・

おじいさん 「ごくろうさんっ!大窪寺名物のしょうが入りの
 『くず湯』、お接待しまっせー。疲れ取れまっせー!」
私 「ありがとうございます。いただきま~す!」
おじいさん 「これで、お遍路旅も終って、ご両親も安心してはる
 やろうな!やっと家に帰ってくるって!」
私 「そうですよねー。喜ぶと思います。だけど、
 私はこれで旅は終わりやなんて思えないんです。」
おじいさん 「?」
私 「『人生の旅』は、これからも続きますから・・・。」

すると、そのおじいさん、めちゃくちゃ素敵な笑顔で
「そうだよー!そうだよー!!!」っておっしゃりました。


今も生活の場で、歩いたり自転車こいでますが、
89番目、90番目・・・と参拝し続けているような気が
たまにします。

この感覚、ずーっと忘れたくないなーって思っています。

お遍路でお世話になった方々には、
本当に感謝しておりますが、
それ以上に感謝しなければいけないのが、
今の生活で、お世話になっている方々なんだって私は
この旅に行って、気づきました。

いつも側にいて、いろいろして下さるのが当たり前になっているから
感謝する気持ちが、とっても欠けてしまっている
自分の存在に気づきました。

私に優しく接して下さる方も、
愛情を持って、厳しく接して下さる方も・・・
私の身の周りにいる全ての方々に、感謝します。



最後に・・・。

「同行二人」という言葉があります。
『金剛杖』というお遍路さんが持つ杖に書かれています。

その意味は、
「弘法大師がいつも一緒にいて、あなたのことを
見守ってくれている」ということです。

今の自分に手に負えないことは
くよくよ悩まず、無心になり、真心で祈り、
仏様に心をゆだねるこころが大切なんだそうです。

これはきっと、自分の心の底に流れる川の流れをじっくり感じ取り
その流れに沿った言動を行えばいいんでしょうね。



現代社会でこの国を生きる私たちが思い浮かべる
『宗教』って、オカルト的で、信者を騙して
いろんなものを奪取したり、別の宗教同士で殺し合い
したりして、イヤなイメージが多いような感じがしますが、
お遍路旅で感じた『宗教』って、
『人の心を幸福へと導く教え』なんやなーって思いました。

私はこれからも『宗教』というものに、どっぷり浸かる気は
さらさらありませんが、『宗教』も含め、いろんな人の
考え方を学び、いいところはどんどん吸収して、
いろんな価値観を受け入れることの出来る、
器の広い人になりたいです。

それから、私の讃岐の知人の方が
「お遍路は恩返しの巡り合いなんです。
 だからめぐってめぐって相手に行って、
自分に帰って・・・・・。」と
すばらしいことをおっしゃっておられました。

『自分の為だけに』って思うと、『欲望のアリ地獄』にはまって、
どんだけ沢山のモノを手にしても、心が満たされることなく
いつも不満や不安でイッパイになります。

だから私は上記のお遍路さん精神を、私の人生にも
積極的に取り込んで、恩返ししまくりたい・・・
そう決意しています(^^)。

ほんと、人生、これから本番の
20代最後に、お遍路さんしてよかったです。
無謀なことも、たまにはすべきですね。
回りの人たちに、迷惑かけることはしてはいけないですが。。。
予想以上に、効果バツグンです!!!

たまに落ち込むことも、あるけれど、
やっぱし、ステキな人生、歩めそうな勢いです♪




どうしよう

そう感じたら

心の底

ゆっくり見つめて

流れにまかす



全てのコト、そして人に、ほんと、感謝!です。



・・・長文、お付き合い、ありがとうございましたぁ~(*^^*)
2007/03/15のBlog
[ 18:22 ] [ 遍路修行日記 ]
昨日・14日は、私の30歳の誕生日。

本当にたくさんの方々から、お祝いのメッセージと、

四国八十八ヵ所『結願』おめでとうメッセージを頂き、

ほんとうに…本当にありがとうございました。

言葉で表せないくらい、嬉しかったです。。。



『四国・お遍路旅』でもつくづく思いましたが、

私は本当にたくさんの方々に支えられ、

助けられ『人生の旅』を歩んでいるんや・・・

なんて、当たり前のことが、すごく良く

理解することが出来た30歳の誕生日でした。。。



当たり前のことでお恥ずかしい限りですが、

実はこのことが私の『お遍路旅』の最大の気づきでした。

正に、民主党の管さんが、3年前に

歩きお遍路さんしてた時に『体感体得』と

おっしゃってた意味が、今本当に良く理解することが出来ます。



昨晩は、我が家に帰り、気が抜けてしまい、

さっさと寝てしまいましたので(笑)、

今、旅の振り返りをしたいと思います(^o^)♪



そもそも私が、お遍路さんに行った理由は・・・

1.20代最後のしめくくりとして、

今までにない素晴らしい旅(感動体験)がしたかった

2.30代以降の私の為になる体験がしたかった

3.いろんな町に行って、いろんな素敵な人と出会い、

 美しい風景に触れ、美味しいものを味わいたかった


この3つです。



どうして『おりたたみ自転車』で

お遍路さんしたかといいますと、

◎歩きお遍路→めちゃくちゃしんどい(笑)、

時間(45日くらい)も費用もその分かかる

◎旅行会社主催のバスお遍路→お金がかかる。

団体行動しないといけない。

おじいさん&おばあさんばかり(出会える人が限定される)

◎鉄道&路線バス乗り継ぎお遍路→それらがない場所は、

歩かないといけない



『おりたたみ自転車』だと、気軽に電車(汽車)やバスなどの

乗り物が「体験」できます。私が八尾から持ってった自転車は、

63000円もしただけあって、すぐにコンパクトに畳めて、

軽いし、こぎやすくて良かったです(^^)。



行って良かったこと

1.上記3つの目的が120%叶った♪

2.カラダがひきしまった(笑)。とりわけ足(ふくらはぎ)。

 高校生までバスケしてたんですが、それくらいの引き締まり

 っぷりに戻ったかんじで、すごく嬉しいデス☆

 これを必ずキープします!!!

 毎日、たくさん歩きまっせ~☆☆☆

2.早起きが苦痛やなくなった

 旅行ってる時は、5時半~6時起きをしてましたので

 (朝の冷え込みもマシになってきましたし)、

 これからは朝6~7時起きをキープしたいと思います☆☆☆

3.お遍路旅のおかげで、いろんなコトが分かり、気づいて、

精神的に成長できて、気持ちにゆとりが持てるようになった。

きっと肩の力が抜けて、ニコニコしてると思います(^o^)



行って後悔したこと


基本的にはないのですが、

日焼けして顔と手の甲が焼けてしまったこと(笑)。

このままだと夏になったら、まっ黒になってまうで~(^_^;)



もうひとつは、私が家いない間に、私のシゴト机の前にいた、

ハトのヒナちゃんが二匹、カラスなどの

鳥に食べられてしまったこと(T_T)。


旅に出かける前、巣の近くで、ものすごく気味悪い声で

鳴いていたカラスを私が追っ払ったコトがあり、

あのカラスが親がいないスキに食べたのでしょうか…?



今朝、ヒナちゃんたちがいない巣に親ハトがやって来てたり、

周辺をウロウロしていて、本当に切なかったです。。。

もしも晩夏にまたここに巣を作るんならば、

毎日張り付いて(笑)、ヒナちゃんをカラスから

守りたいです。

ま、人間の残飯よりもハトのヒナの方が美味しいと

思うカラスの気持ちも分かりますが・・・。

それに、これが『自然の摂理』ってやつでしょうか…?

人間も、牛や豚、鳥(日本人はほとんど食べませんが、

ハトも食べる人もいるそうです)を食べますから、

カラスを100%非難なんて、できないですよね。。。



・・・にしても何故ハトちゃんが私のいるすぐ側に

巣を作ったのか、本当によ~くわかりました。



15日の朝、満員電車に乗り、おシゴトに行きました。

電車で、ロボットみたいな無感情な顔した人や、

しんどそうな顔をした人が結構おられました。



私も今まで、その中の一人で、『魂』がさまよってて、

自分が持ってなくて、人様が持っているモノを見て、

羨ましく思ったり、いつも漠然とした不安とか

不満とか抱えていましたが、

これからは、なんとなくですが、そんな愚かな

自分とは縁を切れそうな気がしています。



なんで今生きてるのかは、分かりませんが、

生きている限りは、私に一番合った幸せな人生の道を、

まっすぐニコニコしながら歩いて行きたいですし、

そうして行けそうな気が今、ものすごくしているんです(*^^*)。



ほんと、こんな時代だからこそ

『お遍路さん』が意味のあるものなんだと思います。



そんなものを創造した、1200年以上前を生きた空海さんって、

本当にすばらしい人だって思います。



◎普通の旅とは違う感動的&ドラマチックな旅がしたい方

◎何かにひと区切りをつけたい方

◎人のやさしさや田舎風景など、美しいモノに触れたい方、

◎いろんなこと、じっくり&ゆっくり考えたい方

◎仏さまに何かを祈願したい方

◎体力や気力の限界に挑戦したい体育会系の方




・・・などなど一つでも当てはまる方は、

是非一度お遍路さんに行かれてみてくださいネ~(^o^)!

『時間』『お金』そして『体力&気力』

3つが揃った時が行き時デスヨ~!!!

(その3つがなかなか揃わないんですが…泣)



次回は、よしこちゃんのお遍路旅を

さらっと振り返りたいと思いマ~ス(^〇^)♪
2007/03/13のBlog
3月13日朝7時前、高松市内のホテルを出発~♪

昨日の山登りの影響で、チョット

足がだるかったですが、風もなく、

快調に自転車を飛ばしていました(^^)。

が、84番・屋島寺に行くには、途中から

山道を徒歩で登らなければなりません(T_T)。



『また山かぁ・・・』とユウウツになりつつも、

えっちらおっちら登っていますと、

横の細い道からおばさんが現れまして、

私に『お~い。がんばれー、がんばれー!』と

ニコニコしながら励まして下さりました。



で、なぜかおばさんは、私の歩調に合わせて

歩いて下さり、毎日この山を歩いていることや、

娘さんやお孫さんのこと、趣味の山登りのこと、

高松市・屋島地区のいろんな地理や歴史のことなど、

たくさんお話して下さり、更に

『あと半分でお寺だからネ』など、

正確な道案内までして下さり、

おかげさまで、楽しい山登りが出来ましたぁー(^_^)☆



ちなみに、そのおばさんに「あなたおいくつ?」と聞かれ

『29歳です』と言ったのが

私の20代最後の『20代です』発言でしたぁ~(笑)。



そのお寺を参拝した後は、山道1.6キロを

一気に下りまして、6キロ先にある

85番・八栗寺に行き、もう山登りはイヤでしたので(笑)、

往復ケーブルカーを使い山を登り下りしました♪




そこからまた更に7キロ自転車で行ったところに、

86番・志度寺、またまた更に

7キロ行ったところに、87番・長尾寺がありました。

そこから、最後のお寺、88番・大窪寺まで、

16キロひたすら登りやったので、

さぬき市市営のコミュニティバスに乗り、

運賃たった100円で最後のお寺に行きました。



最後に一発☆鐘を

『ゴーン』と鳴らし参拝(-人-)。



そして私の四国八十八ヵ所巡りの旅が

終わりました。



~つづく~
このお寺の側のお店で名物の、あったかい

しょうが入りの『くず湯』を無料でご馳走して

頂いたおじいさんが

「大阪に行くんだったら『志度バスストップ』まで

市営の100円バスで行って、そこから高松から

来る大阪行きのバスに乗ればいいよ~」と、

ものすごくありがたいアドバイスを頂きマシタ(^^)。



私は当初、

大窪寺→志度駅→特急で徳島駅へ→大阪・難波

…という予定にしてたんですが、

大窪寺→志度高速バスストップ→難波という

流れで帰ることにして、これで2時間も早く帰れただけでなく、

3千円くらい浮きました!!!

そのおじいさんに大感謝した後『疲労回復にイイ』という、

おじいさんのトコのくず湯を買って、

志度の高速バス乗り場に行きました。



高速道路への階段を上がり、

自転車などの荷物を置いた後、

まだ20分くらいバスが来る時間がありましたので、

缶コーヒーを下の自販機で買い、

バス停まで戻った瞬間、10分くらい遅れてた

難波行きのバスがやって来て、

私が一番好きな一番前の窓側

(運転手さんの後ろじゃない方)の席に

乗せてくださりました。ラッキ~(^o^)☆



バスに乗り、鳴戸大橋を渡り四国を去る時に、

この私の『お遍路さん』の旅で、

お世話になった方々のお顔(このブログで、

ご紹介出来なかった、たくさんの方々を含む)が

一気に思い出されて、目頭が熱くなりました。。。

本当に『感謝』の一言に尽きます。



あと数時間でとうとう、30代に突入しますが、

この旅で、そして今わたしが歩んでいるこの

『人生の旅』で、お世話になっているみなさまへの

『感謝』を忘れずに、生きていきたいです。



最後に、この『四国お遍路さん』のルールとして、

88番まで回ったら、1番に戻り『お礼参り』を

するというものがありますが、これはまた

『後日の楽しみ』として、取っておくことにしました♪



今回の旅で、ますます四国のよさを知り、

ますます大好きになりましたので、

また近々絶対行こうって思っていますんで(^o^)♪



そして、その次のルールとしまして、

1番に戻った後に、高野山に行く

(空海さんが晩年、そこで暮らしてた為)というものが

ありますが、私はこれを『人生、最後の楽しみ』

として、取っておこうと思います。



私の『八十八ヵ所巡りの旅』は終わりましたが、

私の『人生の旅』は、まだまだ続きます(^^)。

私のおばあちゃんが晩年、『四国お遍路さん』を

したように私も今よりも、もっと、

いろんなコトが見えてきた『人生の最終章』の時に、

高野山に行った方が、自分の為になるような気がしています。



ですので、半世紀後くらいまで(長っ!!!)、

楽しみに取っておきます(笑)。

それに、もしかしたら二周目の『お遍路旅』に、

出かけるカモ知れませんしぃ~☆



・・・ってコトで、18時に無事、

八尾の我が家に帰ってきましたぁ(^◯^)。

ホント、大阪が・・・八尾(生まれ育ってる町)が、

イチバンです(しみじみ)。



私の四国・お遍路さんでお世話になったみなさま、

そしてこのブログなどで、応援してくださったみなさま、

本当にありがとうございました。



ほんと、感謝、です。 (*^_^*)

2007/03/12のBlog
今日は3月12日。

先月25日の朝より、四国八十八箇所・お遍路さんを

はじめて、今日で16日目(今年1月に1~3番のお寺を

歩いて回りましたので、その一日を含めて17日です)。

いよいよクライマックスを迎えますっ☆



朝、6時起床。お寺が開く7時ジャストに

観音寺の宿から3キロほどの76番・金倉寺を参拝。

それから5キロ離れた77番・道隆寺も参拝。

で、そこの近くの多度津駅から、宇多津駅まで汽車で移動!

宇多津駅近くの78番・郷昭寺に、

そして駅に戻り、宇多津から八十場(やそば)駅に汽車で移動。

駅前の79番・天皇寺を参拝。



八十場から、またまた汽車に乗り、国分駅まで。

そこで駅近くの、80番・国分寺を参拝・・・



っていうかー、今日、汽車乗りまくり(^^;)。

おりたたみ自転車、何回折りたたんだんやろう・・・(汗)。



それらのお寺って、7キロずつくらいしか

離れていないので、自転車で行こうと思えば

行けるのですが、『体力温存』のために

汽車を使いました。



さて。ここからが、12日の本番です(ーー;)。



国分寺から北の方向に標高300メートル級の山が

2つあり、それぞれの山にお寺(81番・白峯寺と82番・根香寺)が

あるんです。。。



あれこれネットで調べたり、人様ににお伺いした結果、

国分駅に、山登りにいらない荷物は置き、

自転車と必要なものを持って、

それらの山の中腹まで、自転車で行き、

そこから歩いて登るということにしました。

登り&下りがテンコモリの、総長15キロの参拝ルートです(TーT)。



はじめは、ひたすら登り(^^;)。

ほんと、しんどいですが、なんとしても登らないと

お寺にたどり着けません。ほんと、「修行」です。

が、山の中を歩くのは、本当に気持ちがいいです♪



2キロくらい登りますと、町が見渡せる場所があり

(さっきの写真のところ)、そこにいかにも

「地元のおじさま」という方が杖を持っておられて、

きさくに、このあたりの町のことや、この登山ルートの

行きかたを教えてくださりました(*^^*)。



そのおじさまと別れてすぐに

車用のお遍路さんルートと、歩きの人用のルートがあり、

私は、さっきまで人しか通れない急で岩がごろごろしていた

場所を歩き、ちょっと嫌気がさしておりましたので、

車道の方を行くことにしました。



すると、しばらくして、数日前に66番雲辺寺で

車に乗せて下さった、横浜のご夫婦さんの車が通り、

手をふりました。

向こうさんは、クラクションを3回ならして、答えてくださりました。

ご夫婦さんは、81から82に向かっていったようで、

歩いて81番を目指している私とは、もう会わないだろうけど、

私は、横浜のおじさま&おばさまの幸せを祈っています(ー人ー)。



~つづく~
81番白峯寺に着き、参拝後昼ごはんの

おにぎりとかを食べてますと、かわいいワンちゃんが、

じーーーーっ私の方を見ていました。



何日か前、ダイダイ色のローソンにいたワンちゃんは

私の食べ物を見た瞬間、よってきましたが

このワンちゃんは、かなり警戒しているようです・・・が、

食べ物は欲しいようです(笑)。



2つの団体のお遍路さんが、私とそのワンちゃんと

見つめ合っている(笑)間に、前を通って行ったのですが、

団体のおばさまたちが、

「このワンちゃん、おなか大きいから、赤ちゃんいるんだわ」って

言っていました。



そっかー。おかあさんワンちゃんかぁ。。。

そりゃー、たくさんあげないと。




誰だって、こんな状況になったら、

ワンちゃんに食べ物、あげますよね。

っていうことで、おにぎり(ごはんの部分)と、

カルシウムたっぷりの「じゃこ天」と、

あんぱんのパンの部分をあげました(^^)。



そして、「ワンちゃんよ。元気な赤ちゃん産んで

そだててね~☆」とエールを送って、更に上にある

82番・根香寺に向かいました。



森林浴をしながら、誰も通っていない道を

せっせと歩き、意外とすんなりお寺に着きました。

小雨のぱらつく、寒い日の2月27日くらいに

5時間10分かけて登った、12番・焼山寺の

登山道にくらべたら、ぜんぜん、どってことありませんでした♪



私はその時、

「大阪に3月14日までに帰りたいから、今日はこの次の

83番・一宮寺まで行きたいなぁ」と思ってまして、

となると、

登山にいらない荷物を置いてある国分駅まで、たった一時間で

行かないといけなくなる計算になりました(大汗)。



「こりゃー、まずい(>_<)!!!」



幸い下りが多かったですので、必死に降りて行きました。。。

最後らへん、ちょっとひざが痛かったです(^^;)。



自転車を置いてあるところまで

降りてきますと、ナナナナナント!

81番の行きしな、山の上でお会いした、おじさまが

今度は、めっちゃ高そうな変速式の自転車に

乗って、「お~い!これから83番行くんかねー?」って

ニコニコしながら、やってきましたっ!!!



これには、本当にびっくりしました!!!!!

しかも、

『道、分かりにくいから、一緒に行こう』とおっしゃってくださり、

結局、83番・一宮寺まで、案内してくださりました。。。

確か7キロくらい走ったと思います。



私は、国分駅から、またまたまた汽車に乗って、高松駅まで

行って、そしてそこからまた別の電車に乗って、そのお寺に

行こうと考えていたのですが、

まさか自転車で行けるとは。。。



おじさま曰く

「お遍路さんがよく持っている本には、この道は

通らないことになってるけど、ここを通った方が、

平らで、道路も綺麗だし、いいんだよ!」って言いながら

綺麗な舗装をされた道や、川沿いのサイクリングロード、

はたまたいかにも「近道」ってかんじの、細い道を通りまくり、

お寺が閉まる20分前に到着しました(^〇^)!!!



ほんと、普通、ありえない展開に、驚くと同時に、

おじさまに、心から感謝しています。。。

おかげさまで、明日大阪に帰れそうです。



一宮寺を参拝した後、そのおじさまに教えて頂いた

「きらら温泉」という、そのお寺の近所にある

温泉施設にいきました。



ほんと、足がだるかったので、ちょうどいい

休憩&いやしの場所でした(*^^*)



~つづく~
401~410件を表示   <<   <   36  37  38  39  40  41  42  43  44  45   >   >>