ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:0件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:遍路修行日記
Blog数:451件
1~10件を表示   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   >   >>
2021/07/05のBlog
[ 22:32 ] [ 遍路修行日記 ]
四国遍路道(21番太龍寺)にある六地蔵さん。

なんだかとっても美しくて親しみやすい・・・

多くの方々の光と影(苦楽)に寄り添って来られたようです。



仏教で言うところの六道を彷徨い、

永遠に成仏出来ない我々人間の悲しい性。



仏とは、人(イ)で無い(ム)。

仏とは、成仏するため、即ち

【未来永劫の真の幸福】に至る為の道。



それでもなお、神仏といった大いなる存在たちは、

私たちに愛のヒカリを与え続けてくださっています。

それを信じる、信じ切ることで観えて来る

世界(境地)があろうかと思われます。



苦しさの中にこそある愛、

二元対立の相対的境地からはもう何も生まれません。

待っているのは双方の破滅のみです。



全てを超尅、完全一体化し、

一元調和の絶対的境地へ参りましょう(=人=)宇留祈☆


2021/03/19のBlog
[ 12:39 ] [ 遍路修行日記 ]
お仕事で四国・高松に行くタイミングを活用し、

久しぶりに80番~88番まで、

1日だけマイカー遍路をしてきました^^♪



ある納経所の方にお話を伺いますと、

コロナ渦の影響で、お参りする人は

90%減だったそうですが、地方を中心に、

団体さん(20~30人)でのお参りされる方々も徐々に出てきて、

コロナの落ち着きと春の陽気に誘われて、

お遍路さんが戻ってきているとのことでした。



また、週末を中心に、うどんを食べるなど、

観光をされる関西人(車のナンバーで分かるそうです)も

増えてきているようですので、

観光業に関わっておられる方々は、

コロナ感染リスクの不安を抱えつつも、

やっぱり観光客/お遍路さんが戻って来てくれて

嬉しいという感じです。



人間の肉体で例えると、経済活動(お金の循環)は

【血液の循環】になります。

お金の循環が無くなる・少なくなるとその部位は壊死し、

やがて全体も死んでいきます。



今回のコロナ渦(人の不幸)を煽ってシレッと儲けまくったり、

飲食業界や医療業界などなど、

一部の方々だけが非常に大変な想いをされたりする等の

【偏り】というものは、人間の肉体においても、

経済活動(地球全体)においても、決して良いものではありません。



全体の調和やバランスを観つつ、

私はいち“お遍路さん”として、

これからも自分のペースでまた出来る範囲で、

楽しみながらお遍路をしつつ、

お四国の経済活動にもステキに参加し続けたい

【共存共栄】して参りたいと思います(=人=)☆



2020/12/01のBlog
[ 22:13 ] [ 遍路修行日記 ]
甲乙つけがたい部分もあるのですが、

「四国88のお寺で最も好きなお寺は?」

と聞かれたら、

私は「12番・焼山寺」と答えます。



その理由は、

私の父方の祖母がそうだったからです。



おばあちゃんは生前、

ご近所さんとバスで四国遍路を2周しました。

私の両親兄妹(現在生きている親族全員)は、

四国遍路に興味関心がなく、

私は大橋家から意味不明&理解不能な

【宇宙人】扱いされております(笑)。



だけど、おばあちゃんが徳が高く

信仰深い人だったおかげで、

「おばあちゃんの隔世遺伝や」と言われ、

かろうじて地球人扱いです(更に、笑)。



この秋、大阪楽心会の歩き遍路で、

久しぶりにこの焼山寺に来ました。

やはり、とてもちゃんとされていて

清々しくてステキな場所です。



普段、自分が写る写真は撮らない主義なのですが、

(まだまだ“孫/馬子にも衣装”状態ですが^^;)

この地で四国八十八ヶ所霊場会「公認中先達」

としての記念撮影をさせて頂きました。



これからも追善供養をし“おばあちゃん”と共に

ステキなお遍路人生を謳歌して参りたいと思います。

おばあちゃんも喜んでくれていると思います。

更に精進して参ります(=人=)☆



【1枚目】公認中先達としての記念撮影(焼山寺山門)

【2枚目】おばあちゃんの写真(右側の人です/焼山寺山門)

【3・4枚目】叔父(故人)経由で貰った、

おばあちゃんの掛け軸(四国88霊場と西国33観音霊場)


[ 21:33 ] [ 遍路修行日記 ]
11月21日(土)~23日(月・祝)。

公認先達としてお世話役をつとめております、

大阪楽心会の仲間と共に歩き遍路をしに

四国・徳島へ行って参りました。



今回は“密”を避けるべく、

大阪~四国間(行き帰り)は参加者の自家用車、

もしくは高速バスで現地集合&解散

という形式にさせていただくなどさせていただきました。



今回は四国88で最も過酷な「遍路ころがし」である

“焼山寺越え”含む、

10番切幡寺山門~12番焼山寺から9キロ程先にある

「鏡大師」界隈まで歩きました。



参加者の中村さとみさんが約17分の動画を

作成してくださいましたので、シェアさせて頂きます。

歩き遍路の臨場感がめっちゃ伝わってきますね~^^♪



https://www.youtube.com/watch?v=63ZrnVEspyY&feature=youtu.be



2020/08/29のBlog
[ 22:40 ] [ 遍路修行日記 ]
最近、あっちこっちで耳にする言葉です。

多くの人が、この真実に気づき始めています。



ネットニュースで「GO TO トラベルキャンペーン」

のことが書かれてあり、そのコメント欄に

“納得コメント”があったので、撮影しました。



>何度も GO TO行って楽しんで得もする人。

>ずっと自宅謹慎状態で心がすさんでいく人。

>二分化していきますね。

>新型コロナは色々と二分化してきている気がします。




厳密に言いますと、新型コロナという

想定外のトラブルにより、元々存在している

(だけど目に見えることがあまりなかった)

人間の思考や認識の二極化が、

人間の言動として【見える化】されただけということです。



幸福な人と不幸な人(幸福感を感じている人と、

自分は不幸だと思いこんでいる人)・・・

恐怖のどん底や苦しみの渦中・怒りに囚われ

他者に責任転換をする後ろ向きな人と、

前向きにポジティブに生きている人とが、

元々二極化しているということです。



そもそも「真ん中(中庸)」の人間は殆ど存在しません。

なぜかと申しますと、人間(この娑婆世界)は、

陰陽という二元対立の要素を持つ存在だからです。



必ずそのどちらかに偏っております

(その偏りを自らの正しい行によって、

二元対立から一元調和の世界に昇華させるのが、

本来の人間の人生の絶対的使命であり、

価値であろうかと思われます)



先日、四国3Sネットワーク「9周年発表大会」

設営準備・参加の為に(お仕事)、高松に泊まりました。

一泊朝食バイキング付き、駐車場無料、

大手全国チェーンのビジネスホテルに

泊まったのですが、「GO TO トラベルキャンペーン」と

そのホテル独自の割引により6,000円程度のお値段が

ナント!1,360円でした~っ(>0<)安すぎっ!!!



大手ホテル予約サイト「じゃらん」経由で

「GO TO トラベルキャンペーン」対象の宿を予約すると、

そのキャンペーンの面倒くさい手続きは

じゃらんがやってくれるので、

キャンペーン値引き後の値段を、

ホテルのフロントで支払うという

カンタンシステムになってます^^♪



せっかく四国・高松に行く!ということですので、

ついでに(?)四国お遍路も少しして参りました。



88の寺院もいろいろ大変のようです。。。

とにかく“お遍路さん”(観光客)が殆どいません。

個人的な私観では今年3月からは

前年比85%減くらいでしょうか。



こんな感じで経済(人間)が回っていないので、

今後この国・この世界がどうなっていくのか?

人のいないお寺や地方の観光地を

直に観察した上での、未来を観て参りました。



経済(この世界/地球)は一つですので、

大なり小なり自分にも関係しています

(全一統体の原理)。



ですので、四国88寺院や観光業界の問題は

他人事ではありません。



所謂“三密”対策をしっかりした上での、

「GO TO トラベル」。

個人的には続けて参りたいと思っています。

行きたい人・行ける人が行かないと、

四国遍路業界も含めた観光業界は本当にやばいです。



9月に入れば時間的な余裕が出来るので、

GO TO トラベル関連の情報を

アップしたいと思っています。

どれだけ安くて、閑散とした三密の無い

ステキな旅が満喫出来るか?

その実験立証を行っています。



85番八栗寺では、カラスよりももっと大きな野鳥が、

風を掴まえて悠々と大空を飛んでいました。



この鳥のように、人間の感情・想念・自我という

【真実めいた虚実の世界】を越えた、

一元調和なる神我の世界(次元)で、

今後も朗らかに生きて参る所存です(=人=)☆




【写真】ネット記事のコメント

今回の四国遍路の風景写真(85番八栗寺)。



2020/06/29のBlog
[ 12:24 ] [ 遍路修行日記 ]
“メロンマウンテン”を満喫した後は、

先達の大先輩で私を公認先達へと導いて下さった

引田大先達に会いに行き、

今回もいろいろなことを教えてくださいました。



やはり、何らかのことを志し、成長進化しようと思えば、

先輩/師匠という存在がいると、ぶれない上、

多方面に於いて非常にスムーズに事が

進んで行くということを改めて感じることが出来ました(=人=)☆



次に同じく愛媛県西条市にある四国88霊場/

64番・前神寺に行き、4年前に私が修繕奉納した、

大師堂の前に設置されている灯明台(ロウソク立て)の

お掃除をさせて頂きました。



四国88の公認先達になるためには、

四国88どこかのお寺の推薦がいるのですが、

私は引田大先達のご縁で、

この前神寺さんが推薦寺となっています。

その推薦の御礼として、修繕奉納をさせて頂いた次第です。



前神寺さんへ行く度に、

自らの手でお掃除させていただいております。

今回はせっせと2時間お掃除したのですが、

今回の新発見として、この灯明台を

お掃除担当されている方が、

扉のスライド部分に落ちたロウを容易に取るために、

2つの古い金属製のヘラの先を加工されていたということです。



誰かが奉納しても維持管理をちゃんとなされないで、

汚くなって朽ちていくスピードが早いものを、

全国各地の神社仏閣でちょくちょく見かけますが、

今でもこうしてちゃんと維持管理して下さっていて、

奉納者としてとても嬉しく思っています。



更に、やはりコロナのご時世もあってか、

お参りする人も少ないので、

メンテナンス・お掃除するタイミングもあまりないようで、

灯明台が何だかチョット寂しく感じてるようで・・・

灯明台(のイシキ)を通して、お参りされる人の

苦しみやお寺(四国88霊場全体)の

運営の厳しさも観じられました。



そんな中にあっても私は、

自らが奉納した灯明台を通して逆に、

「こんなご時世の中であっても、綺麗にシンプルに

そして希望を持って生きて欲しい」という祈り【念】を

この灯明台に込めながら綺麗に浄化し、

その場を後にした次第です。



その後は伊予西条~今治界隈をじっくりお参りして

大阪に戻りました。



四国遍路というものは、悠久の歴史に

積み重ねられた【祈りの道】ですので、どこをどう歩んでも、

その時々やその人にとって必要な

「天与の気づきや導き/智慧 ~オカゲノチカラ~」が

得られるものであると観じております。



これからもご縁続く限り、粛々と遍路行を続けて参ります。

南無大師遍照金剛(=人=)☆



2020/03/31のBlog
ひょんなご縁で6年前、

撮影のサポートスタッフをさせて頂いた、

エミリ・ベルト監督のドキュメンタリー映画『88』が

一ヶ月限定で無料配信されるとのことです。

息抜きや気分転換にご覧くださいとのことです^^♪



ありがとうございます!

南無大師遍照金剛(=人=)☆



<以下エミリ・ベルトさんからのメッセージ>

皆さま、

四国遍路八十八ヶ所をテーマにした私の映画を、

1か月無料で配信いたします。

どうぞ息抜きや気分転換にご覧ください。


『88』 (日本語バージョン/Japanese Subs)

https://vimeo.com/cedricjouan/88_jap

パスワード: RESPIRATION

↑上記サイトにアクセスの上、パスワードを入力してください。



<シノプシス>

四国に渡り、弘法大師の遍路道を辿る……。

主観的な映像でとらえ、映画は観る者を神秘の冒険にいざなう。。。


2020/02/12のBlog
2月8日(土)~10日(月)。

2泊3日にて、大阪楽心会のメンバーで

歩き遍路をしに行って参りましたぁ~(^^)♪



今回は13番大日寺の手前12キロあたりから

19番立江寺まで歩きました。

(本来であれば、10番切幡寺→12番焼山寺なのですが、

焼山寺は雪があって冬場は危険なので今年夏に参ります)



今回もたっぷり歩いて、美味しいものを食べて、

美しい風景をたくさん満喫し、

たくさん“お接待”もいただき・・・

参加者のみなさんとワイワイ楽しく

そして真剣にお参りをさせて頂きました。



私は今回もフルで伴走車&スケジュール

遂行担当でしたので、歩き遍路はしていませんが

(運営側/公認先達ですので)、

若干の想定外なことはありハラハラした場面もありましたが、

基本的には予定通り進み、

みなさん無事大阪に戻ることが出来てほっとしております。



翌朝は伴走車で活躍してもらったマイカーを

綺麗にお掃除しました(後始末→次使う準備)。



次回は8月8日~10日、冬場の歩き遍路が危険で飛ばした、

四国88で最大の難所~遍路ころがし~

【焼山寺越え】となります。

引き続き気を引き締めて、

次回のプランニング/準備をして参りたいと思います。



お遍路の帰り、淡路島・室津パーキングエリアから、

ちょうど水平線に沈む太陽を観ながら、

良き人生を歩ませて頂いていると、

改めて全ての大いなる存在に感謝の念を深めました。



お世話になった全てのみなさま、

ありがとうございました(=人=)☆



2019/09/11のBlog
9月11日(水)。

昨年は台風21号の為に中止された

四国88先達大会が、

香川・高松のレグザムホールにて開催され、

参加してきましたぁ~(^^)♪



今年も大ホールいっぱいの先達さんが集結!

1200人くらいおられそうな勢いです☆



夜用事がある為に、

泣く泣くお昼までの参加で、

“お大師さん”に一瞬ハイタッチ☆して

大阪に戻る感じになってしまいましたが、

またちょうど2週間後にも

同じく高速バスにて高松へ参りますので、

ご了承いただきました!?(笑)



「SHIKOKU SMILE STATION」

高松駅をはじめ、

四国四県また四国遍路に

関わる全ての方々のご多幸をお祈りしつつ、

高速バスに飛び乗って戻っています。



南無大師遍照金剛(=人=)☆
2019/08/14のBlog
ご報告遅くなりました(=人=)☆

去る8月10日(土)~12日(月・祝)

二泊三日で、お四国参りの講

「大阪楽心会」のメンバー14名にて

1番霊山寺から10番切幡寺まで

「歩き遍路」に行って来ました。



大阪から車2台で1番霊山寺まで行き、

そこから3日間かけて歩きました。



当初11番藤井寺まで歩く予定だったのですが、

まさかの初日・淡路島北部の事故渋滞により、

2時間程予定が狂い・・・

次回以降の開催スケジュールを踏まえると、

10番切幡寺で切り上げるのが効率がいいと判断し、

急遽そのようにさせて頂きました。



猛暑の中、歩き遍路をするなんて、

めっちゃチャレンジャーでステキな方々ばかりで、

みなさんしんどい想いをされながらも、

そのしんどさの先にある【何か】を観、

また掴まれたようで、

「また行きたい~(^0^)!」と達成感と笑顔、

そして【おかげさま】を得、

無事大阪にお戻りになられました。

その笑顔の境地はやった人にしか分からない

幸福感なんだと思われます。



私は四国88の“公認先達”として、

この講のお世話役(幹事)をしております。



歩き遍路は、車遍路よりも“まさか”なことが多く、

みなさんが歩き遍路をされている間、

私はずっとマイカー(伴走車)に乗って、

軽い熱中症や身体の痛みや各種道具の故障などで

ヘルプ電話が掛かって来た人の元にすぐ飛んで行って、

次の札所にワープさせたり、

みなさんが遍路中必要な飲食物などを購入したり、

途中で帰られる方の送迎をしたり・・・などなど、

自分の感情や願望は一切【無】にして、

とにかく参加者のみなさんが、

より快適且つスムーズにそして安心して

歩く遍路行が出来る環境を

マイカーと共に創るという

“陰のお役”に徹していました。



そんな役割でしたので、

みなさんにとっても感謝いただき、

とても嬉しかったです^^♪



ということで私は今回、

歩き遍路は一歩もしておりません。

が、参加者のみなさんとは

別種類のしんどさがあった訳です。



やっている行の内容は違っても、

そこから得られる気づき・学びというものは、

参加者のみなさんと同じで、

【その時々の自分にとって、必要な気づき(学び)が得られる】

ということが今回、深く理解出来ました。



今回もいろいろな気づきがありましたが、

一番の気づきは

「この役は自分にしか出来ないから、

今、この役をしている」ということです。




歩き・マイカーなど、いろんな種類のお遍路を

12年間やって来たという経験

(先達さん等多くのお遍路さんから見聞きした

有益な情報も自分の経験に含まれます)、

車の運転が出来る&長距離運転も平気・

地図が読める・スケジューリングが得意・

幽顕双方の能力をフル活用して、

その時々に応じたベストな対応を判断して、

平常心とスピード感を持って確実に実行し、

瞬時に問題解決出来る能力などなど・・・

人様の行をサポート出来るだけの能力や体力(器)があり、

そしてボランティアであっても、

喜んで人様の行のサポートをさせて頂くことこそが、

“お大師さん(大いなる深遠なる神々)”から与えられた、

私の行・役割であるという認識・・・

という、大きく分けて3つの要素が全て揃っているからこそ、

今このお役をさせて頂いているということです。



これは、四国遍路における公認先達の役割だけではなく、

私・大橋良子の人生に於いても同じことが言える訳です。



「大橋良子にしか出来ないこと(役割)があるから今、

私は大橋良子として生きている」



さらっと綴っておりますが、

これはとっても深遠で、人生の永遠のテーマである、

「自分は何をするために生まれて来たのか?」ということです。



何でもそうですが、四国遍路の世界も、

やればやるほどに、奥深い・・・

いろんなことが観え冴えて来て、

そして無に還る境地に入ってきます。



ほんと“おかげさま”で四国遍路に

ご縁いただき、感謝、感謝です。。。



大阪楽心会のみなさま&

お世話になった四国のみなさま、

ありがとうございました(=人=)☆



【写真】今回の歩き遍路のようす。

最後の2枚は、2番極楽寺にある、

大阪楽心会の創設者(初代会長)

故・田渕義雄特任大先達の銅像です。

その息子で4代目会長の田渕雄三さんを中心に、

その銅像磨きをさせて頂きました。


1~10件を表示   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   >   >>