ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3740件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:遍路修行日記
Blog数:426件
51~60件を表示   <<   <   2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >   >>
2018/03/27のBlog
3月24日(土)午後。

私が公認先達の推薦を頂きました、

64番前神寺にて開催された

「先達研修会」に参加させて頂きました。



年4回程開催されておられ、

毎回の参加は遠方のため難しいのですが今回、

四国3Sネットワークでの四国訪問日と

2日しか違わなかったので、

今回参加することが出来ました!



お遍路さん(人様)を導く

公認先達としての資質向上を目指した、

前神寺独自の勉強会です。

このような勉強会をされているのは、

88のお寺で恐らく、前神寺さんだけだと思われます。

ほんと、良いところにハマらせて頂き、

お大師さんや役行者様、

蔵王権現様に大感謝でございます(ー人ー)☆



私自身、日頃何気なしに、無意識に・・・

そしていつの間にか我流で

お参りをしてしまっております。



一般のお遍路さんはそれでいいかとは思いますが、

公認先達の輪袈裟をし、

先達の朱色の金剛杖を持っている人間は

そうやって我流でお参りするのは、

いろんな意味で自他共に

よろしくないことだと感じています。



研修の前半は、

前神寺の佐々木管長からの法話でした。



今回は、ものすごく俗なお話しと言いますか・・・

知る人ぞ知る、四国88のお寺で

最も問題の在るあるお寺のこと並びに

それに対応している

四国八十八ヶ所霊場会組織のこと・・・

とにもかくにも、

いろんな意味でリアルでものすごいお話しで、

人間という動物の本質的なことを

垣間見ることの出来たお話しでした。



また、人づてのあれこれ聞くと事実と

異なることが多々ありますが、

その渦中におられる方から

直接お話しを伺うことこそが、

真実が分かる!ということが

明確化されました。



後半部分は、当研修会の世話人であられます、

引田大先達による、

巡拝や読経の基本的なことを再確認の意味も込めて

みっちりお教えくださいました。

今更聴けない、いろんなお四国情報を、

たっぷり知ることが出来た善き時間となりました。



若輩者なのは重々承知しております。

だからこそ、もっと高みを目指したい。



・・・こんな感じで、

お四国のコミュニティは「お遍路」

という糸(縁)によって、

見ず知らずの人とでもすぐにご縁が繋がり、

一生のご縁になったりする。。。

本当に大きな&ステキなコミュニティ

【家族】なんだと感じています。



期末の今、日々とても忙しく、

いろんな壁にぶつかっておりますが、

四国での【おかげさまの力】を活かし、

乗り越えて参りたいと思います。



2泊3日ながら、

おかげさまで今回も大変内容の濃い、

善き旅(行)となりました。

ありがとうございました(ー人ー)☆



【写真】前神寺 境内、

本堂(その向こうに霊峰・石槌山があります)


2018/02/15のBlog
2月10日(土)~12日(月・祝)。

四国八十八ヶ所霊場会・公認先達として

お世話役をさせて頂いております、

お四国参りの講「大阪楽心会」主催で

四国遍路に行って参りました。



今回のお遍路は大阪から現地までの

行き帰りのみ自動車、

遍路道ではほぼ全て【歩き遍路】

というスタイルでした。



前回の終了寺院である、67番大興寺の駐車場から

77番道隆寺までのおよそ50キロを

3日に分けて歩きました。



なお参加者は初参加4名含めまして12名。

当会【歩き遍路】では最高人数となりました(ー人ー)☆



なお私は、今回も全体スケジュールの作成&遂行管理、

ほとんど伴走車

(もしもの時に敏速に対応するために必要)を

運転する担当で時々、

遍路道がややこしい時などは

参加される方々と一緒に歩かせて頂き、

ちょっと別種類の苦行を“お大師さん”より与えられ、

よき修行の機会となりました。



初日は冷たい雨、2日目は強い風、

そして最終日は雪がちらちら舞う中、

歩き遍路(しかも極寒!)ならではの苦難を感じつつも、

歩き遍路ならではの地元の方々のあたたかい

【お接待】や美味しい料理にも

たくさん出会うことが出来ました。



そして今回は特別に

79番天皇寺さんの絶対秘仏であります、

阿弥陀如来様の御開帳にもお伺いさせて頂き、

ご住職の沼野圭翠師

(写真2枚目下段・右から3番目の女性の方)に

みっちりと阿弥陀如来様についてレクチャーいただき、

最後一人ひとりじっくりと

阿弥陀如来様をお参りさせていただきました(ー人ー)☆



みなさんから「また参加したい」

「また歩きたい!」とおっしゃって頂き、

とても嬉しかったです。

最後道隆寺での集合写真、みなさんいいお顔ですね♪



次回この続きは今年8月か9月に開催予定です。

次回、次々回(来年2月頃開催)で、

この歩く遍路も88番大窪寺へ【結願】できそうです。



これからも、

ご縁続く限り“お大師さん”と共に、、、

ありがとうございました。

南無大師遍照金剛(ー人ー)☆


2018/01/22のBlog
1月22日(月)。

マイカーにて瀬戸大橋を渡り、

香川県坂出市にある四国霊場・79番天皇寺

http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/79tennoji/index.html

阿弥陀如来様の御開帳に行って来ましたぁ~(^0^)♪



一昨年の12月に、

【ご本尊】十一面観音菩薩様の御開帳にも

お参りさせて頂きましたが、

こちらも一生に一度も見れない

可能性の方が高い秘仏公開だけあり、

何だか“ものすごいもの”を感じました。



ご住職の沼野圭翠師とは「巡礼遍路研究会」

という任意団体でご縁を頂き、

今日もみっちり1時間半・・・

多くのことをお教え下さり、

またまた感謝感動の時間となりました(^人^)☆



今日は冬期な上荒天だった為、

お参りする人もほぼおらず、

阿弥陀如来様をよしこちゃん、独り占め~っ(笑)♪

崇徳天皇も篤く信仰されていたという

阿弥陀如来様の前で読経出来る時間は正に至福の時!



第75代天皇である崇徳天皇は

「保元の乱」(京での権力闘争)に敗れ、

このお寺のある讃岐国に流されて、

そしてここで1164年、46歳で崩御され・・・

それが【怨霊伝説】として後世に伝わっていいますが、

沼野師曰く「阿弥陀如来様を始めとする、

とても篤い信仰心を持つ御方が、

怨霊として亡くなられた後もこの世に残り、

次から次へと悪さをするのでしょうか?」という、

今までに全く聞いたことの無かった

歴史的推察をおっしゃり、正に目からウロコ☆



確かに、そうですよね。。。



人間の人生というものは、

たった一つ・一種類の思いだけという、

真珠のようにまん丸でどこからでも

同じ光を放つというものはなく、

一人の人間の中でも多種多様な【念】があり、

ダイヤモンドのように多方面・多面体に

削り磨いていくことによって、いろんな見方・捉え方、

そして輝き方をするものなんだと感じました。



今上天皇(陛下)は第125代ですが、

そのちょうど50代前の天皇にも、

このような何か大切なものを

教えて頂けたような気がいたしました。



そしてこの阿弥陀如来様・・・

右手首から先が切断されて無くなっており、

おでこの白毫

(びゃくごう。ほくろのような形をしているもの)

の上に数センチの縦型の切れた跡があります。

これは明治4年(今からちょうど150年前。

それに合わせて公開されたようです)の廃仏毀釈により、

この阿弥陀如来様に刀を入れた人間(=権力)が

存在したという証であります。



(だけど、阿弥陀如来様は、自らに刀を入れた人間でさえも赦し、

救済されるという慈愛の気が溢れておりました。。。)



ほんと、あの廃仏毀釈運動は一体何だったのでしょうか?



脈々と歴史を繋ぐ天皇寺ご住職ならではの

説得力を感じました。



江戸時代(徳川幕府)が

全て善だとは認識しておりませんが、

明治政府がしたことにも善と悪があり、

その悪のカテゴリーに属することの一つが、

この廃仏毀釈だと感じています。



沼野師は敢えてこの傷を修繕せずに、

公開されることを決断されたとのことです。



我ら大和民族・・・はたまたそれのの陰で存在し、

絶対的サポート行って下さる神仏的存在は、

習合・調和を目指し、

それを目に見える形で具現化しようと

実践する存在であると私は信じています。



それをわざと分離させたり、

片一方の方を壊したり過保護にする、

その裏には、政治的な操作があり、

人間の深い闇(悪)の部分であります。

廃仏毀釈のような愚策を

日本国内世界各国繰り返してはならないと

猛烈に感じます。



そのためにもあの廃仏毀釈の問題の

本質は何だったのか?などという

歴史・過去から学ぶ必要があろうかと思われます。

「愚者は(自分だけの)経験に学び、

賢者は歴史(古今東西の他者の経験)に学ぶ」です。



この天皇寺さんでは今年10月7日(日)に、

ご住職発案による、

新しい&ステキな行事をされるとのことですので、

サポート&またお参りに行かせて

頂きたいなと思っておりま~す(^^)♪


2017/11/07のBlog
11月3日~5日。

お四国参りの講「大阪楽心会」の

お世話役先達としまして、65番三角寺から、

いよいよ結願☆88番大窪寺までを

お参りさせて頂きました(ー人ー)☆

今回は合計13名でのお参りでした。


3日初日は、

65番三角寺から70番本山寺までをお参り。

ほんと、この秋の遍路道も

とっても美しい風景でいっぱいです。

今、ここにお参りさせて頂いているご縁・・・

太陽に照らされて真っ赤な紅葉のように燃え盛るが如く、

今ここに生かされているご縁に感謝を重ねながら、

一歩ずつ確実に、それぞれの【結願】へと

近づいているのが実感出来る旅。。。

ステキです。。。(^^)♪



11月4日、2日目。

香川県の札所・71番弥谷寺から

81番白峯寺までお参りをさせていただきました。

お四国の風景に溶け込んで、

自分がお四国の風や土、、、空になった気分!

私という存在も、この大自然の一部。

御仏に愛されている尊い存在であるということを

改めて実感しました。



11月5日(日)、最終日。

この日も朝から82番根香寺より順打ちにて、

88番大窪寺に到着、おかげさまで予定通り、

結願することが出来ました(-人-)☆

3日間好天に恵まれ、参加者のみなさま、

大満足でお帰りいただき、ありがたかったです。



一人でのお気楽遍路とは違い、参加者のみなさま第一で、

しかも事前作成したスケジュール通りに

お参りをしなければならず、

たとえ準備を万端にしても、実際遂行する段階で、

大小様々な想定外のハプニングが起こって来ますので

その都度、的確に処置を行いみなさんのお参りを

滞りなく予定通り終え・・・

「四国八十八ヶ所霊場会 公認先達」としての

お役目を無事終えることが出来、ほっとしております。



言っときますが、私も参加者同様に

参加費を支払い参加している、

完全ボランティア状態でございます

(最近何とな~く、私の“おシゴト”の一つが

お遍路案内とカンチガイされている

可能性があると感じておりますので・・・笑♪)。



自分の都合や要望を優先するのではなく、

常に全体のことを考え、

先々までをも見据えた遂行を行います。

準備はしますがリハーサル無しのイキナリ本場状態で、

常に緊張感満載でした(^^;)。



お参りの企画、

スケジュール作成から遂行までを担当して3回目。

今回もあれこれ大変でしたが、大変だった分、

益々いろんな能力が研ぎ澄まされ、

善き研鑽&修業をさせて頂きました。

まだまだ未熟で伸びしろのある四十路先達でございます(笑)♪

田渕会長始め、みなさまありがとうございました。



さて。。。

次は、いよいよ熊野古道・歩き巡礼

チャレンジです~(>0<)きゃっは!


2017/10/26のBlog
[ 12:18 ] [ 遍路修行日記 ]
10月24日(火)。

恩師・古芝保治さんが講師の「四国3Sネットワーク」

の事務局担当として、

四国・徳島にお伺いさせていただきました(ー人ー)☆

その夜、日和佐までマイカーにて移動、

そこで一泊いたしました。



私自身の7周目の四国遍路は、

18番恩山寺~23番薬王寺のみ打ち残しておりましたので、

翌日・25日、23番から

逆打ちでお参りさせていただきました

(逆打ちの方が終了後、大阪に帰りやすいため)。



おかげさまで徳島は晴天!

しかも気温も丁度いいカンジ~♪



お気楽&のんびりマイカー遍路でしたので、

今回は時間を気にすることなく、

とてもゆっくり満喫できました。

今回のお遍路も美しい風景、人・・・

いろんなステキな出会いがあり、

【お遍路さんの醍醐味】を存分に

味わうことが出来ましたぁ(ー人ー)☆



7周目の結願寺である18番恩山寺では、

近くの小学校の4年生の子どもたちが授業の一環として、

お遍路さんにお接待をされていました(^^)♪

子どもたち・・・慣れないことして必死感がかなりあり、

こちらも緊張しましたが(笑)、

その一所懸命さが何だかウルウル・・・

“西田敏行状態”になりましたぁ(T0T)☆



私もこの子どもたちのように、

まだまだ慣れないこと・出来ないこと・・・

いろいろありますが、

先生方・周りの先輩方に教えて頂きながら、

常に全力投球&誠心誠意

やって行きたいなと感じました。



<つづく>

[ 11:21 ] [ 遍路修行日記 ]


・・・ほんと、お接待心が宿る、

こんなにもステキな子どもたちがいっぱい!

ニッポンの未来は明るく希望に

満ち溢れているワ(^0^)!!!



なお、その子どもたちの担任の先生とも

お話させていただきましたが、先生ご自身、

お母様等身内の方が熱心なお遍路さんだそうで、

その関係もあって、毎年この期間を中心に、

「お接待をする授業」を設けているのだそうです。

やっぱり、良い子どもは良い大人・先生が

創ってゆくのですね。。。(しみじみ。)



おかげさまで無事7周目ゴールとなりましたが、

既に8周目と9周目が同時進行で進んでおります。

これからも、我が人生・・・お遍路の如く、

自分らしくマイペースでステキに歩み、

ますます進化して参りたいと思っています。



・・・にしましても、【四国遍路】とは、

四国という、大きなそして美しい島を自身の

“人生の舞台”にし、己自身と一体化させながら

「今ある自分の人生全て、そのものが美であり、善である」

という視点・捉え方に還る

実践修行のような気がしております。



これは真の進化であり、原点回帰でもある。。。



人としての進歩進化があり、

と同時に人としての

「あるべき姿・あるがままの姿」に還ってゆく旅(道)。



<つづく>

[ 10:24 ] [ 遍路修行日記 ]
・・・また人生の根本は愛であり、

人生は美の追求並びに具現化であり、

その上に枝葉のような人生劇場&喜怒哀楽が

あるんだと思います。



我々はこのお四国で、人生の根本である、

【愛】に触れよう、掴もうとしているのではないでしょうか。



・・・その人としてのあるべき姿は、

1200年以上前のお大師さんの時代とは

何ら変わることがない。



だからこそ、幾恵もの時代を超えたとしても、

この四国遍路道は無くなることなく、

現代でも毎年20~30万人のお遍路さんに

継承されているんですよね。



88ヶ所のお寺に“おかげさまの力”があり、

それによって、私たちは何かを

叶えようとしているのかも知れないけど、

実はそれはそんなに大きな力ではなく、

【お四国アイランド全て】が、

私たちに強烈な“おかげさまの力”を

与えてくれているような気がしてなりません。



そしてその強烈強力な力を引き出すのは

お遍路さん自身の【南無大師遍照金剛の力】。



どれだけ“お大師さん”という名の

【万物・大自然・宇宙の力】を

・・・そしてお大師さんと共にいつも歩んでいる、

【自分自身の力・無限の可能性】を信じ、

確実に前に進んで行こうと肚を決めれるか!?

にかかっているによう感じております。



従って結局のところ、自分自身の信じる力、

全てに帰依しようとする絶対的信念が、

自らの願いをそして宇宙全てを根底から突き動かし、

そして全てが変化・結実成就して

ゆくものだと感じています。



ほんと、【四国遍路】。

宇宙的の具現化のパワースポット・・・

底なしの凄さがあります。



お世話になったみなさま、

ありがとうございました(ー人ー)☆


2017/09/15のBlog
9月15日(金)。

朝一番の難波・OCAT発の高速バスに乗って、

香川・高松へ♪(なんだか、つい先日も来たような・・・笑)



40分程遅参してしまいましたが、

今年も「四国八十八ヶ所霊場会 公認先達大会」

に参加して来ました。



この先達大会・・・

今年も1000人を超える公認先達が集まり、

熱気ムンムン!

【公認先達】としての意識&気概の

向上の善き機会となりました。



終了後すぐに高速バスに

乗って大阪に帰っています。

まさにトンボ返り?!

ワタクシ、いろいろと忙しいんデス~(>0<)!!!



最近ますます・・・なんやかんやとステキに

【動かされております】。

ほんと、おかげさま。。。

南無大師遍照金剛(ー人ー)☆



なお、明日は淡路島に行きます。。。

今日、バスで通りましたが。

ほんと、意味不明&不思議な動きをしております・・・

詳細は後日に。台風大丈夫カイナ?(^^;)笑★




ま、それもまた【南無大師遍照金剛】・・・

“お大師さん(天)”にオマカセ(=南無)です。

粛々とまた朗らかに、自然に任せて処置を取ります。





2017/07/23のBlog
[ 21:27 ] [ 遍路修行日記 ]
訳あって、先日徳島に行きました

(その理由はまた後日でも♪)。

四国霊場スタートの地「1番 霊山寺」

・・・久しぶりにまたここへ来ました。

せっかく徳島に来たので、

1~10番までマイカーにて

個人遍路をさせていただきました。



久しぶりに完全マイペースの一人遍路を

大マンキツさせて頂きました(ー人ー)☆

ヨは満足ジャ☆笑

途中、偶然知り合いのおじさまが仲間と一緒に

お接待所をされていて、

お接待を頂きながら1時間くらい

ステキに道草してました(笑)♪



四国88ヵ所霊場の魅力の一つは、

1~88番の札所【同じところ】を

ぐるぐると回り続けるということかと思います。

かつて29歳の終わり、

一大決心をして始めてここに来ました。

それから10年ちょっとぶりにここに立ちました。

何とも感慨深いものがあります。。。



7周目(一部は8周お参り済)にしてようやく、

自分のペースと言いますか、

焦らず地に足つけて、どっしりとお参りが出来つつあり、、、

少し【深み】が出て来たと、

自分の成長を感じることが出来ました。



ここに立っていつも思うこと、

それは【初心忘れるべからず】。



なぜ私は四国遍路道を歩むことを決断したのか?

誰に・何によって今も歩ませていただいているのか?

私の今生の人生の一つがここにあります。

そして2回、3回・・・と来る度に、

「私の【シンカ】~進化・深化・神化~の過程」を

確認しています。



一回目よりも二回目、

二回目よりも三回目の方がシンカの度合いを

増して行かなければならないと考えています。

でないとやっている意味がありません。

これは自らに課したノルマであります。



四国遍路行では本当に多くのことを

学ばせて頂いておりますが、

その一つが「【捨てる・与えること】が真の幸福である」

ということです。

私は捨てるために、

また与えられる人間になるために四国遍路上で、

行をさせて頂いているのだと感じています。


この娑婆の常識では、

「何かを得ることや与えてもらうこと」が

幸せだと認識されています。



しかしながらそれは違います。

喜んで与えるから与えられるのであり、

喜んで捨てるから得られるのが真理であります。



たくさんの(マイナスの)感情【想念】を持つ程に、

またたくさんの(余分な・不必要な)ものを持つ程に、

それらから発する【罪】によって、

その所有者が潰されやすくなる・不幸になってゆきます。



従って、自分自身の人生において

最小限必要不可欠なもの以外は捨てる・

喜んで他者に布施する(与える)ことをしなければ、

真の幸福にはなっていきません。



人間は与えられる(得る)喜びよりも、

与える(捨てる)喜びに生きなければ

本来の人間性を発揮出来ないだけではなく、

真の幸福を得ることが出来ないのです。



まだ暫くはこの四国遍路のご縁が続く感じですので、

更に我が“シンカ”に磨きをかけて参りたいと思います。

南無大師遍照金剛(^人^)☆


2017/05/12のBlog
[ 20:12 ] [ 遍路修行日記 ]
お四国参りに行った翌朝は、

必ず「後始末」を行います。



まず、お杖(金剛杖)や白衣を

心を込めて、素手で綺麗に洗います。



私は、輪袈裟をビニールで覆い

汚れない・傷つかないようにしていますので、

そのビニールが随分穴が開いて

汚れて来たので、綺麗に張り直しました。



その他にも持って行った道具を

元の場所に戻したり、綺麗に拭いたりしました。



「忙しいから」と、この後始末をしなかったり、

中途半端にやっておりますと、

次回お遍路する際、いろいろな問題が起こります。



次回も無事、何事もなく快くお遍路する為には、

準備→徹底→後始末=次回の準備まで

素早くきっちりしておくべきであるかと思います。



これはお遍路だけではなく、

全ての物事を貫徹・成就するために、

必要不可欠なことであるかと感じています



51~60件を表示   <<   <   2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >   >>