ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
よしこちゃんの部屋
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3831件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:遍路修行日記
Blog数:443件
11~20件を表示   <<   <   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   >   >>
2019/07/25のBlog
[ 19:44 ] [ 遍路修行日記 ]
ここ数年、殆どお参りに行けていなかった、

愛媛県南部→高知県全部→徳島県南部を【逆打ち】で

一気にマイカー遍路し、9周目のお遍路を結願しましたぁ~(^0^)☆



いつの間にか梅雨も明けたそうで、

四国もめっちゃ暑いんですが、やっぱりお四国って、

いいなぁ~って改めて感じてます。



早朝から夕方まではひたすらクルマを走らしてお遍路。

合間合間また夜はお宿でパソコンカチカチしてお仕事。

トライアスロンのような体育会系の

スピーディー・マイカー遍路してますが、

これがよしこちゃんのお遍路スタイルです(笑)♪



今回もたくさんの出会い、そして再会をし、

四国遍路の魅力って、【人】なんやなぁ~って、改めて実感。



いち個人ではなく、【お遍路さん】として、

一つの大きな家族の一員のような感じ。

そして“お四国アイランド”は一つの大きな家って感じです。



他の修行場や旅行にはない、見知らぬ人同士の壮大なるコミュニティ。

感謝感激・・・そして感動の連綿なる繋がりこそが、

お遍路をし続けることの価値をより高め、深め、拡げてくれています。



明日26日は徳島市内にて、

お仕事(四国3Sネットワークの大会運営)をさせて頂き、

大阪に帰ります(=人=)☆



【写真・動画】摩訶不思議なコイのかたちをした蛇口(39番延光寺)



2019/07/14のBlog
7月13日(土)。

8年半かけて四国88を、時々(かなり?)公共機関や

車でスキップしながらも、歩いて一周お参りした、

大阪楽心会主催「極暑&極寒歩く遍路」が

今年冬に結願したので、

そのお礼参り”ということで、

大阪楽心会有志にて高野山に行きました。



お昼前から雨が降って来ましたが、

しっとり&さっぱりと、

美しい梅雨景色の高野山でした。。。(*^^*)♪



今年の夏(8月10~12日)から、

1番さんからまたまた同会主催の

歩き遍路が始まります。



今回新たに始まることもあり、

15名という歩く遍路最大の参加数!

お世話役として気を引き締めて

参りたいと思います。



ご参加頂きましたみなさま、

ありがとうございました(=人=)南無大師遍照金剛☆



【写真】高野山・奥之院、金剛峯寺など。

お昼は花菱さんで精進料理を食べました♪


2019/07/06のBlog
[ 23:16 ] [ 遍路修行日記 ]
その意味は

「他の人を頼りにせずに、

自分の力で努力する人を天は必ず応援してくれて、

幸福を与えてくれる」です。



先日少しだけ“マイカー遍路”して来ました。

お寺が閉まった17時過ぎ、

宿泊場所に向けて車を走らせていました。



すると、野宿グッズも含め

大きなリュックを背負って、

しんどそうに歩き遍路をする女性を追い抜かしました。



しばらく車を走らせたのですが、

「もうすぐ日が暮れるのに、

一体どこまで今日、歩くんやろ?」と、

その子のことがとても気にかかり、

引き返すことにしました。



その子の前で車を止め

「もしよかったら、乗って行きませんか?」

と言いました。

止まる車に慣れているのか、

同じお遍路さん姿でしかも女性の私に安心したのか、

「ありがとう。よろしくお願いします。」

と言ってくれました。

よくよく見ますと、外国の女の子でした。



彼女は1番霊山寺からずっとぶっ通しで

歩いて来ているそうで、その日の夜は、

そこから5キロ先にある道の駅で

野宿するんだそうです。

カタコトの日本語と英語でのやり取りをしながら、

そこまで乗せてあげました。



去り際、女の子が言った「ありがとう」

という日本語がとても美しく感動しました。

あまり日本語が話せない女の子の、

精一杯の感謝の言葉「ありがとう」の

重みを感じました。



こんな感じで、

もう二度と会うことはないであろう方々とも、

とても濃いコミュニケーションが出来るのもまた、

四国遍路の大きな魅力です。



宿泊場所まで向かう車の中で

「天は自ら助くる者を助く」という言葉が

浮かんで来ました。



あの女の子の、

ただひたすら一所懸命歩く【生きる】姿を観て、

私は応援してあげたい・

マイカーと共に応援出来る!と思いました。

だから車を∪ターンさせたのです。



神様には手足がありません。

具体的な形で人間を応援するのは

人間しか出来ない役割です。

ですので私が神の手足【天使】となり、

代わりとなってその女の子を助け(サポートし)ました。



きっと、日々の生活の中でも、あの子のように、

一所懸命歩いている人こそが、

「天は自ら助くる者を助く」なんでしょう。



爽やかな感動と大きな気づきをまた一つ、

四国遍路道~お大師さん~から頂きました(=人=)☆


<資料を追加いたしましたので、再掲載させて頂きます>



倫理法人会の仲間

(徳島県麻植倫理法人会の藤村さん)より

お願いが参りました。



お遍路さんであれば “ヘンロ小屋プロジェクト”

http://www.henrogoya.com/ は

ご存知だと思われます。



そのヘンロ小屋プロジェクトで、

7番十楽寺と8番熊谷寺の間に

お遍路さん休憩所を建設されるそうです。

その建築のための浄財を今、集めておられるとのことです。



私も歩き遍路をしていた時、

ヘンロ小屋プロジェクト・作の休憩所に

随分お世話になりました。

少しですが寄付させていただきます。



で、是非ともみなさまにご寄付(一口5,000円、一口以上)を

お願いさせて頂きたいと思います。

ご寄付して頂ける方は、私の方で取りまとめますので、

私までメッセージの方、お願いいたします。



以上どうぞよろしくお願いいたします(=人=)☆



【更に詳しい資料&ご寄付申込書↓(PDFファイル)】

2019/06/30のBlog
[ 20:59 ] [ 遍路修行日記 ]
先日、ご報告させて頂きましたが、

四国88公認先達としてお世話役をしております、

お四国参りの講「大阪楽心会」の特別事業として、

愛媛県伊予西条市にあります「62番礼拝所」に

燈明台を修繕奉納させて頂きました。



四国八十八ヶ所霊場会の大林教善会長

(74番甲山寺 ご住職)にもお越し頂き、

その設置に伴い法要もして下さいました。



ちょっとした別件もあり後日、

大林会長にお手紙を送らせて頂きますと、

お返事が返って参りました。



そのお手紙を観た瞬間、

始めパソコンの“手書きフォント”で

印刷された文字だと思う程、

とても美しい文字で、鮮やかな衝撃と感動を覚えました。



最近はパソコンで打ったものをプリントアウトしたり、

メール等のデジタル文字情報で、

気軽に効率よくメッセージを送る機会が圧倒的に多い上、

時々手書きで手紙を書いたとしても、

さらっと書いて、文字間違いは修正テープで

ビ~!として上から書き直したりしています。



が、この大林会長の一糸乱れぬ美しい文字を観、

「相手を想い、心をこめるということは、

こういうことを言うねんな」と深い感動を得、

と同時に日々いかに自分の思考や言動が、

薄っぺらいか・・・深く反省懺悔いたしました。



一文字、一文字に心をこめる、命を吹き込む。。。



そんな丁寧に生きる【ホンマモンの人】は、

たった一文字にも、その凄さが漲り、

光を放つんやなぁ~!と、確信を得ました。



有限なる多忙な時の中に生きていて、

今までいろんな意味で

「効率よく早く的確にこなして行くこと」

を目指して来ましたが、このお手紙を頂いてからは、

それに加えて、

いかに一つ一つに心、真(シン)を込めていくのか?

を意識し、過ごすようになりました。



いよいよ明日から7月になります。

G20大阪サミットに、想定外のステキな

米朝会談がDMZ(非武装地帯)にて開催されましたが、

これから世界は未だかつてない状況に

なっていくと観ております。

その地球的予兆現象はあちらこちらで

既に起きております。

我々日本人全員、決して他人事ではございません。



今年冒頭にもこのFBに記載いたしましたが、

私は「祈る人 ~Prayer~」としての

自らの使命役割を果たすべく、

どんなことがあっても日々朗らかに、

地球の完全幸せなる未来を観ながら、

真心こめて祈り続けていきたいと思っています(=人=)☆


2019/06/20のBlog
[ 17:37 ] [ 遍路修行日記 ]
昨年、「お遍路万歩計」をゲットしました↓

http://www.yamasa-tokei.co.jp/seihin/kasokudo/gk_600.html



ほぼ毎日身につけてあっちこっち歩いてまして・・・

昨晩寝しなに見てみると、

いつのまにか【あと7歩】で

88番大窪寺に着いて結願することが発覚っ(^0^)!!!



寝室の中でぐるぐる7歩歩くと、

特別な画面&メロディーが流れ、

この万歩計を付けて406日目にして

ようやく1200キロ歩き終えました♪



1分くらいそのメロディーが流れたあと即、

2周目が始まりました(^^)。



累計406日間、この万歩計を付けていたおかげで、

だいたい自分が一日何歩歩くのかが把握出来ました。



一日平均6500歩、歩いていたことになります。

当初の目的である一日8000歩には

まだ1500歩(およそ750メートル、徒歩10分分)

足りません(涙)。



今後はそこあたりを意識して、

積極的に歩くことを心がけます。



ということで、キリがいいので、

この万歩計は大切に机の中にしまって

おきたいと思います~(ー人ー)☆


倫理法人会の仲間

(徳島県麻植倫理法人会の藤村さん)より

お願いが参りました。



お遍路さんであれば “ヘンロ小屋プロジェクト”

http://www.henrogoya.com/ は

ご存知だと思われます。



そのヘンロ小屋プロジェクトで、

7番十楽寺と8番熊谷寺の間に

お遍路さん休憩所を建設されるそうです。

その建築のための浄財を今、集めておられるとのことです。



私も歩き遍路をしていた時、

ヘンロ小屋プロジェクト・作の休憩所に

随分お世話になりました。

少しですが寄付させていただきます。



で、是非ともみなさまにご寄付(一口5,000円、一口以上)を

お願いさせて頂きたいと思います。

ご寄付して頂ける方は、私の方で取りまとめますので、

私までメッセージの方、お願いいたします。



以上どうぞよろしくお願いいたします(=人=)☆



【更に詳しい資料↓(PDFファイル)】
2019/06/09のBlog
[ 22:17 ] [ 遍路修行日記 ]
6月8日(土)。

お四国参りの講「大阪楽心会」のお世話役として、

愛媛県伊予西条市・61番香園寺の

第二駐車場にあります、

四国八十八ヶ所霊場会の「第62番 礼拝所」に行き、

灯明台を修繕奉納させて頂きました。

天候はおかげさまで曇りのち晴れ。

万事滞りなく進みました(=人=)☆



大阪楽心会の歴史は半世紀以上とのこと。

現・4代目会長の田渕さんのお父様、

故・田渕義雄特任大先達が作られた講で、

今から40年程前に、

88全てのお寺の本堂と大師堂に灯明台を寄進されました。

(当時のお寺はかなりの資金難で、

灯明台すらあまり設置されていなかったそうです)



今も20基程その灯明台が使われており、

それを当会の“特別事業”として、

毎年数基ずつ修繕奉納(綺麗に修理して再奉納)

させて頂いておりましたが、

今回の「第62番 礼拝所」で最後となりました。




四国88の「62番問題」は

マスコミでも取り上げられ、

一般の方もご存知かと思われますが、

一般社団法人四国八十八ヶ所霊場会

http://www.88shikokuhenro.jp/

並びに私たち公認先達は、

「第62番 礼拝所」を正式なお参り場所

として定めております。



急ごしらえのプレハブ的な礼拝所は、今日伺いますと、

ちょっと立派になっており、加えて

その横に本堂が建設されていました。

7月5日に【本堂落慶法要】をされるとのことです。

その前に是非ということで私たちは昨日、

灯明台を寄進しに行くことにいたしました。



四国八十八ヶ所霊場会の

大林教善会長(74番甲山寺ご住職)と

61番香園寺ご住職、

霊場会の事務局の方もこの修繕奉納にお越し頂き、

大林会長に法要をして頂きました(=人=)☆



みなさまとっても気さくなお方で、

いち公認先達・お遍路さんとしての

素朴な疑問などをざっくばらんにお答え頂き、

とっても感激いたしました!



こんな感じで、令和に入っても相変わらず

“お大師さん”とのご縁が続く、

よしこちゃんでした(^0^)萌っ☆


2019/05/29のBlog
[ 13:21 ] [ 遍路修行日記 ]
6月3日まで、阪神高速3号神戸線の

京橋~湊川など、全日通行止めなんだそうです↓

https://www.hanshin-exp.co.jp/renewal/kobe2019/



この情報を知らず、昨日早朝、四国・徳島に行くべく、

マイカーを走らせてマシタ~(^^;)★

朝6時半に神戸の京橋出口を下りてから

「さぁ、ドナイシタモンカ!」とムンクの叫び状態!!!



最初は迂回ルートとして、

その看板や前の人(車)について行ってたんですが、

雨で視界も悪くだんだん意味不明

且つおかしなことになって来て・・・

焦るし憂えるし、

「なんでこんな重要&交通量の多い区間が

全日通行止めやねん~!」と怒り嘆く始末っ(=0=;)☆



日帰り徳島はあくまでお仕事なのですが、

お仕事は午後~夕方でしたので、

それには一切影響はなかったです。

せっかく徳島に行くので、

午前中はマイカー遍路をしようと思い、

朝5時半に自宅を出た次第です。



私って、車関連の想定外トラブルって

いつもこの【お遍路の時】なんですよね~(笑)。



想定外の渋滞とか、エンジンがかからないとか、

大きな溝に車ごとハマってJAFさん呼ぶ・・・とかとか。

まさに“お大師さん”から

与えられた【修行】です(ー人ー)☆



今回学んだことは、

「臨機応変に対応する能力の必要性」と

「平常心を保つ」ということです。



車を進めるのは止め、安全な場所に停車させて、

カーナビ&グーグルマップと

にらめっこしつつ冷静になって、

明石海峡大橋を渡るための

垂水ICまでの下道での行き方を探り、

ベストと思われる行き方を見つけ、

後は焦らずゆっくり車を進めて行きました。



それでも雨での視界不良や

行ったこと無い場所での運転に

何回か道を間違えましたが、

結局通常の時間よりも35分くらい遅く

明石海峡大橋を渡り、徳島に着きました。



あと。。。

来月のG20開催による阪神高速の

大幅な通行止めの情報は既に持っていますが、

今回の通行止めの情報は持っていませんでした(涙)。



もしもこの通行止めの情報を予め持っていたら、

八尾ICから近畿道&山陽道で迂回して

ズムーズに行けたのですが・・・。

(帰りはそうしました)



「当たり前にスムーズに行ける」と

先入観でやり過ごすのではなく

常に【当たり前】ということを疑って、

直前にちゃんとネット等で調べてから

遂行することの大切さを学びました。



今回はお遍路をする前に、

大変貴重な気づきを得る修行をさせて頂き・・・

で、実際の1番霊山寺~5番地蔵寺までのマイカー遍路は、

いたってスムーズに流れ、

無事お仕事(お役)もこなして、大阪に戻って来ました。



まさに、人生即遍路。

全てに意味や必要な気づきがありますよね。

南無大師遍照金剛(=人=)☆


2019/04/21のBlog
[ 23:05 ] [ 遍路修行日記 ]
四国遍路大好きよしこちゃん!

今日・4月21日(日)は

「番条のお大師さん」に行って来ましたぁ~(^0^)↓

http://www.pref.nara.jp/miryoku/ikasu-nara/chiiki/banjo/



番条(ばんじょう)とは、現・奈良県大和郡山市にある、

番条という名前の集落(旧村)の名前です。



「写し霊場」という、四国八十八ヶ所霊場を

模倣した場所が全国あっちこっちにありますが、

この集落にある、四国遍路の写し霊場は、

毎年4月21日(お大師さんがご入定された日、

御命日・3月21日の旧暦)に、

集落の各家にある【お大師像】を軒先に出され、

誰でも自由にお参り出来るようにするという、

一年に一回だけの・・・

しかも各個人のご自宅が霊場になる!という、

おそらく日本・世界でここにしかない、写し霊場なんです~♪



昨年この写し霊場を知り、絶対お参りせな・・・と、

燃(萌)えまくり、ようやくその実現が出来、

感無量でございます~(=人=)☆



お大師さん(弘法大師空海)ご入定1000年の5年前・

1830年頃(江戸時代後期)、

この番条集落に流行り病(コレラ)が襲います。

村の人たちで話し合い、この村にはちょうど88のお家ある!

ということで「各家一つ一つに【お大師さん】をお祀りし、

御利益を頂こう」となったそうです。



それが功を奏したのか、コレラはおさまり、

村の人たちはお大師さんへの信仰心を

ますます篤くされて行きました。



ある日、ある村の人が引っ越しのため、

大八車に家財道具一式を乗せ、

村の境にある川の橋を渡ろうとすると、

それを引っ張る牛が動かなくなりました。



家財道具の中にあった、

お大師さんが入った厨子(ずし)を下ろすと、

その牛は動き始めたとのこと。

また、お大師さんを持って村外に出ると、

その家は不幸にみまわれるという伝承もあり、

引っ越しする家は必ず、村内の親戚やご近所さん、

お寺にお大師さんを託して出て行くというルールが継承され続け、

200年弱経った今でも、

当時のお大師さんが88体、

そのまま村に残っているとのことです(驚)!



今朝JR八尾駅を出て、

いつも乗っているJR大和路線で、

いつも行く大阪方向とは逆の奈良方向へ。

JR郡山駅から2キロ程歩いたところに、

番条の集落はあります。

こんなに近い場所に四国88があるって、

めちゃくちゃ感動~っ(^0^)!!!



集落内のいたる所に【お大師さん】がおられ、

正に、「お四国☆ワンダーランド」!

オモロすぎ~~~~っ!!!



お大師さんが入っておられる厨子の右側に、

四国88の何番さんのお大師さんかが

ちゃんと記載されており、自分が今、

何番をお参りしているかが分かります。



加えて、インターネットや、集落内のお寺などに

「番条のお大師さん」のマップが配られています。



個人のご自宅にある、個人の御厚意により

お祀りされているものなので、

いろんな事情で公開出来ない

お大師さんも何体かありましたが、

それは仕方がありません。



口コミでどんどん知名度が上がっているようで、

私のような四国遍路スタイルでお参りする

遠方からの人も結構おられ、

あとは地元の観光がてらの人が多かったです。



駐車場に関してはピンク色のハッピを着た、

観光協会の人たちが、空き地利用をして、

あっちこっちで誘導されてはりました。



毎年だいたい朝9時~15時頃まで、

各家々の軒先で、

お大師さんが公開されているそうです。



途中、阿弥陀院というお寺に行き、

若いご住職と30分程、お話しさせていただきました。

この集落のお家の殆どは真言宗なんだそうですが、

天理教など違うところもあるそうです。



だけど、「お大師さんをお祀りすること」は

喜んで継続・継承され続けておられ、

決してお寺等、上からのお願いではなく、

各家々の自発的行為で毎年、行われているとのことです。



「お大師さんは真言宗の開祖」という、

宗教的枠組みを超えた、

人間・人類全てに恩恵をもたらす、

またそれを感じさせるパワーがあるんやと、

深く感動いたしました。



確かに、最近四国遍路は、私のように、

家が真言宗以外の人そして、

アジアやヨーロッパの人が増え続けています。



真言宗を信仰していなくても、

何かお四国・お大師さんに惹かれるものがある・

ご縁があると感じる人なら、誰でもOKという、

このゆる~い感じが、宗教戦争(各種対立)や

各種格差を助長することのない、

本当に素晴らしい宗教&社会的システムだと感じました。

さすが多神教の日本!

大和民族が生み出した【叡智】ですよね(=人=)☆



なお、この番条のお大師さんの、

具体的な「お参りの手順」なんですが、

四国遍路の時のように、

経本に沿ってフルで読経している人はほぼおらず。。。

私の場合、まずお賽銭入れ、合掌礼拝し、

御宝号「南無大師遍照金剛」を三回唱えて、

終わりです(早っ!)



お接待(お下がり)として、

お餅が頂けるシステムになっています。

この日のためにわざわざ手づくりされているお家が多いです。

阿弥陀院のご住職に伺いましたが、

お餅は「ぜいたく品だった昔の名残」なんだそうです。

お正月のお餅のように、

縁起を担ぐ(お大師さんの恩徳を頂く)

という意味で代々お餅なんだそうです。



ある家のおばさんに聴きましたが、

お参りをせずに、お餅だけをどっさり取って行く

“不届き者”が、毎年何人かいるそうです。

ですので、そこのお大師さんには

「お餅は一人一つでお願いします」

という張り紙がありました。



実は私もそれっぽい人を一人見ました。

そのおじいさん、おそらく近所(別の集落)の人で、

自転車でふらーっと来て、お賽銭も合掌もせず、

お餅を一つ取ってまた次のところに行くのです

(お餅が無いところはスルー)。

その人は私がいてもおかまいなしで、

堂々とそんなことをしていました。

いろんな意味で救いようのない“末期状態”でした。



そのおばさん曰く

「何年か前、そんな哀れな人がいて、ナントその人、

村から少し離れた道路で交通事故に遭い、

自転車のカゴからたくさん餅が道路に散らばってたそうです。

やっぱり、そんな人は罰(ばち)が当たるんやと実感しました」



なるほど~。やっぱり、そうですよね!

人間は見ていなくても、

お餅の前におられる【お大師さん】は全て観ておられますから。

それは正に「宇宙の法則」(=人=)南無☆



こんな感じで、お大師さんをお祀りしているお家の方や、

お参りしている方との距離がとても近く、

そのコミュニケーションもとっても楽しく、

その魅力を更に引き立ててくれます。

これも本場・お四国と同じ楽しさ、感動があります。



また是非お参りに行きたいです!

ありがとうございました(^人^)南無大師遍照金剛☆



11~20件を表示   <<   <   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   >   >>