ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンド
記事一覧イベント一覧広告一覧
[ 総Blog数:831件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:中間支援の転換期
Blog数:60件
41~50件を表示   <<   <   1  2  3  4  5  6   >   >>
2009/01/26のBlog
[ 02:34 ] [ 中間支援の転換期 ]
2月27-28日 中間支援NPO研修&ギャザリングの打ち合わせ兼会場下見で宝塚ホテルへ.

現在,100名強の参加予定.
あと1か月以上あるわけで,最終的には130名くらいまでは

ステージの設置や当日の細かな打ち合わせをしつつ.

そのままゆめのはこ2009やSDF関連の諸々の相談を.

WATER WATER CAMELさんにお願いしている,SDFのチャリティキャンペーン用の新曲も完成しつつあるらしく
当日まで聞かないでおこう,と

みなさんの参加,お待ちしております.
2008/12/25のBlog
[ 16:39 ] [ 中間支援の転換期 ]
NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンドでは,中間支援NPOのコアスタッフの底上げと継続的なキャリア・アップを目的に,「中間支援NPO人材育成基金」を設立しました.

 2008年度より取り組んでいる「経済産業省平成20年度「地域新事業創出発展基盤促進事業(地域新事業活性化中間支援機能強化事業)」においても,主に提携先の中間支援NPOの人材育成に継続的に取り組み,その一環として,資金面でのサポートも実現していく計画となっています.

 当初は,2010年度(経産省事業の3年目フェーズ)での中間支援NPO人材育成基金設立を予定していましたが,NPOをとりまく環境が厳しくなっていく状況下で,中間支援NPOの人材育成が非常に困難となっています

中間支援NPOには,地域の人・情報・事業・サービスなどが集まります.

 効果的な運営を実現できている中間支援NPOは,NPOにより提供される社会サービスや社会的課題解決をサポートすることができます.

その結果,”地域の価値”が高まります
鍵は中間支援NPOのコアとなる人材が握っています.


【目的と手段】
「地域開発」と「NPOのキャパシティビルディング」に継続的に取り組む強い意志をもった,中間支援NPOの中心スタッフの人件費を支援します.


【原資】
①寄付金
②関西ええこと.motの事業収入の一部


【支援対象の決定】
NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンドの理事会にて決定します.


【参考:経産省事業提携先の中間支援NPO等】
NPO法人まちなか研究所わくわく(沖縄県那覇市)

NPO法人NPOふくおか(福岡県福岡市)

NPO法人コムサロン21(兵庫県姫路市)

NPO法人わかやまNPOセンター(和歌山県和歌山市)

千里コミュニティ・ビジネス研究会ほか(大阪府吹田市,豊中市)

富田林市市民公益団体支援センター(大阪府富田林市)

NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(千葉県千葉市)


【寄付のお願い】
①Web決済
※現在準備中です.2009年4月頃サービス開始予定です.

②銀行振込
 三菱東京UFJ銀行 阪急宝塚出張所
 普通 3721963
 特定非営利活動法人ソーシャル・デザイン・ファンド 理事 金森 康
 トクテイヒエイリカツドウホウジン ソーシャルデザインファンド リジ カナモリコウ


以上,よろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます.

2008/12/20のBlog
[ 04:20 ] [ 中間支援の転換期 ]
地域ポータルサイトによる情報発信
~第8回 NPO連絡協議会 in ふくおか~


ということで,講師として.

話し始めてみて,ムズカシイお題だったと気づく...

そっか!!
今まで関西ええこと.mot関連の講座って,
①NPO向け実際に使ってみましょう(=ブログ作成講座)

②中間支援NPO向けの地域ポータル事業化戦略(=管理運営者向け)
のどちらかだったんです.

その中間なわけだ.今回のテーマは.

それも,ブログのメリットを話すのではなく,テーマとしては「地域ポータルのメリット」なわけで.
主催者のNPOふくおか,抜群な着眼点?


ICT系で何かしたい方からは質問をいろいろいただいて.
一般のNPOの方は,若干,きょとんとさせてしまったかも

まあ,
ブログってNPOにとって使えるツール
福岡などの地域のNPOが集まって発信すると様々な波及効果がある
などは,イメージとして持ち帰っていただけたかなと

2008/12/16のBlog
[ 21:26 ] [ 中間支援の転換期 ]
NPO,行政,企業,まちづくり協議会などが連携し,様々なサービスを創造することで,地域の価値が大きく高まります.

それらの実現の鍵は,中間支援NPOにあります.

中間支援NPOが,地域のプロデューサーとなりコーディネーターとして力を発揮できれば・・・

そのためには,中間支援NPOの基盤強化が必要です.

ステークホルダーへのPR,資金調達方法,企業とのコミュニケーション構築,CSR事業化,行政との協働事業の事業化,地域ポータルサイト戦略,NPOとのコンソーシアム構築,チャリティ系資金調達イベントの実践など,中間支援NPOのサポート・メニューを充実していかなければなりません.

2月27日・28日の2日間(3セッション)で,中間支援NPOの経営戦略について様々な切り口から紹介・解説します.

対象:中間支援NPOおよび中間支援機関,NPO,行政,企業CSR担当ほか
平成20年度「地域新事業創出発展基盤促進事業(地域新事業活性化中間支援機能強化事業)」の研修・交流事業として開催いたします.


===============================================
1.『Compass Pointの中間支援サービス・エッセンス』
 →→ http://www.compasspoint.org/

■講師:Jan Masaokaさん
■コーディネーター:柏木宏さん(大阪市立大学教授,NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンド副代表理事)

■日時 2009年2月27日(金) 13:00~16:30
■場所 大阪市立大学梅田サテライト大ホール(大阪駅前第2ビル6F,JR北新地駅すぐ,各線大阪・梅田徒歩5~10分)

■参加 50名
■参加費 2,000円 
■対象 中間支援NPOおよび中間支援機関,NPO,行政,企業CSR担当ほか


米国サンフランシスコで一目置かれている中間支援組織コンパスポイント

NPOや社会起業家をアスリートとし,自らは名コーチに徹するという.

コンパスポイントの今,コンパスポイント設立から今に至るプロセス・歴史,失敗話・成功話,コーチングというスタンスに至った経緯,コーチングが最も上手くいった事例など.

理屈やコンサルスキル,マニュアルなどではなく,具体的かつ実践的な話について.

さらに,中間支援人としての心構えの部分を,コンパスポイント創設期のメンバーであるジャンさんから,自らの経験を紐解いて話していただきます.


平成20年度「地域新事業創出発展基盤促進事業(地域新事業活性化中間支援機能強化事業)」の研修・交流事業として開催いたします.




===============================================
2.『中間支援NPOの地域ポータルサイト運営戦略』

地域ポータルサイトは,中間支援NPOの事業の柱となります.

日本全国で地域ポータルサイト事業を開始している(または準備中の)中間支援NPOの皆さんに,進捗状況や課題,将来展望を報告していただきます.
あわせて,NPO法人宝塚NPOセンター/NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンドから関西ええこと.motの事業戦略を,そして,CANPANの事業戦略を荻上さんから説明していただきます.

地域ポータル事業と中間支援NPOの経営戦略について,川北さんにまとめていただき,質疑応答を中心に,意識・情報の共有を図ります.

(※注 今後の調整により内容が一部変更になる可能性があります.ご了承ください.)


■コーディネーター
 川北秀人さん IIHOE(人と組織と地球のための国際研究所)
 荻上健太郎さん 日本財団・CANPAN

■日時 2009年2月28日(土) 9:30~11:45
■場所 宝塚ホテル 宝寿の間 (阪急宝塚南口駅すぐ)

■参加 20組織
■参加費 無料 
■対象 中間支援NPOおよび中間支援機関,NPO,行政,企業CSR担当ほか

平成20年度「地域新事業創出発展基盤促進事業(地域新事業活性化中間支援機能強化事業)」の研修・交流事業として開催いたします.



===============================================
3.『コラボレーションの創造』

NPO,行政,企業,まちづくり協議会などが連携し,様々なサービスを創造することで,地域の価値が大きく高まります.

それらの実現の鍵は,中間支援NPOにあります.

中間支援NPOが,地域のプロデューサーとなりコーディネーターとして力を発揮できれば・・・

そのためには,中間支援NPOの基盤強化が必要です.

ステークホルダーへのPR,資金調達方法,企業とのコミュニケーション構築,CSR事業化,行政との協働事業の事業化,地域ポータルサイト戦略,NPOとのコンソーシアム構築,チャリティ系資金調達イベントの実践など,中間支援NPOのサポート・メニューを充実していかなければなりません.


本セッションでは,NPO法人宝塚NPOセンターNPO法人ソーシャル・デザイン・ファンドで実践している事業モデルを紹介・解説します.


※第1部・第2部は,平成20年度「地域新事業創出発展基盤促進事業(地域新事業活性化中間支援機能強化事業)」の研修・交流事業として開催いたします.


■日時 2009年2月28日(土) 13:00~16:30
■場所 宝塚ホテル 宝寿の間 (阪急宝塚南口駅すぐ)

■参加 120名
■参加費 1,000円(コーヒーor紅茶,ケーキ代) 
■対象 中間支援NPOおよび中間支援機関,NPO,行政,企業CSR担当ほか


第1部 13:00~13:40
基調講演:「中間支援NPOを軸とした戦略的CSRと戦略的協働(仮)」
 
 溝内辰夫さん(株式会社NTTデータ関西公共システム事業部)


第2部 13:40~14:30
宝塚NPOセンターの事業モデル紹介,経産省事業,中間支援NPOの価値」
 
 森綾子さん(宝塚NPOセンター理事兼事務局長)
 吹曽幸雄さん(宝塚NPOセンター理事兼生きがいしごとサポートセンター阪神北センター長)
 大塚洋一郎さん(経済産業省審議官)
 法橋聡さん(近畿労働金庫)

宝塚NPOセンターのこれまでの10年とこれからの10年について.

宝塚NPOセンターが行ってきた・行っている中間支援サービス,実績,人材育成方法などについて事業モデル・経営戦略を紹介します.

 
第3部 14:45~16:30
ソーシャル・デザイン・ファンド事業モデル紹介&Water Water Camelチャリティコンサート」

①資金調達キャンペーンの紹介 
 加藤友佳子(NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンド理事兼事務局長)
 「Fair Friends」「ゆめのはこ」「ポリグルIDO」「Cafe Social Design」ほか

②宝塚NPOセンター&ソーシャル・デザイン・ファンドの将来戦略
 金森康(NPO法人ソーシャル・デザイン・ファンド代表理事
 NPO法人宝塚NPOセンター理事兼事業マネージャー)

③感謝状贈呈;○○企業△△さん 




★参加ご希望の方は,Mail;sdf20090228@hnpo.netまで下記参加申込書を送付してください.
参加希望のセッションを選択してください.

===2月27-28日SDF-宝塚NPOC 中間支援NPO研修参加申込 ===========
(※参加希望のセッションを残してください)
①Compass Pointの中間支援サービス・エッセンス
②中間支援NPOの地域ポータルサイト運営戦略
③コラボレーションの創造

名前;
所属;
E-mail;
=============================================================
2008/11/22のBlog
[ 12:10 ] [ 中間支援の転換期 ]
那覇市NPO活動支援センターへ

沖縄の市民活動の効果的な情報発信は?
ポータル導入に向けて戦略会議です.
時期はどうするか,どう広げていくかなどなど.
若いスタッフとのやりとりのせいか,話が進むスピードも速い.
自分たちの方向性や市民活動にとっての必要な点を認識しているからこそ,
こちらの提案に対しての反応が速いです.

昨日のアートNPOフォーラムでもそうでしたが,
沖縄のNPOは現場を持って活動していて
会員さんもしっかりついています.

なんだか勢いがあるのです.

センターに訪問した時も若い女の子がいて,
「大学休学してインターンに来ちゃいましたぁ.
やりたいことやれてるので楽しいです」
って.

そう,久しぶりの“勢い”を見た気がしました.
センターの中ではNPOグッズの販売コーナーもありました.

沖縄のエイサーの時の「指笛」を簡単に再現できる
指笛グッズが気になった・・・


コピーや会議室の利用に来る人もいて,
人の出入りがある賑やかな雰囲気

外は青空だし,木々は緑だし
窓から見える景色で気分も晴れ晴れ

2008/11/01のBlog
[ 16:00 ] [ 中間支援の転換期 ]
経産省事業が始まって約半年.
各提携先のペースに合わせてハンズオンが始まっています.

3月のプレゼン時もそうだし,6月?の初顔合わせもそうで,で,今回の中間報告もそうですが...

何かこう,こちらの説明というか意図が伝えきれていない
審査委員の皆さんや経産省の担当の方はもちろん,提携先の中間支援機関のみなさんにも

どう説明すればしっくりとくるのか,ずっと考えていたわけですが,今回の中間報告会でなんとなく整理ができました.

宝塚NPOCやSDFで普通に中間支援として行ってきたサービスが,全国的にみると少数派なんだな,と(いうことか?).

ということは・・・3月のコンペでのプレゼン,よく通ったな
審査委員のみなさんに今さらながら感謝


サンフランシスコのNPOの言葉を借りると,「バックオフィスサービス」なんですよ.
宝塚NPOCやSDFのサポートサービスは.


一方で,日本全国で主流なのは,セミナー・研修・コンサル系.


もちろん両方必要なわけで...

だから,最初に,宝塚NPOC・SDFはバックオフィスサービスのツールとかノウハウを持っていて,それも社会起業家やCB起業ステージに有効な支援サービスなんだ,と説明すればよいわけだ.
図を用いて


と,この話を古くからの知り合いのコンサルさん?との打ち合わせで話したら・・・
「何をいまさら・・・」と軽くため息...

いや,付き合いが長ければ自ずと通じるものが生まれると思いますが,初対面とかだと,なかなか説明が難しいわけで.

僕も”はしょって”話しちゃうし

2008/09/28のBlog
[ 18:13 ] [ 中間支援の転換期 ]
千里ニュータウンを中心とした,コミュニティビジネスや行政,地元商業者などが集まった交流会へ.

千里ニュータウンは,伊丹空港へ1本,大阪・梅田へも地下鉄御堂筋線で1本と,抜群の立地.
とはいえ・・・住宅都市であることは間違いなく.

コミュニティビジネスのような地域の生活サービスを支える存在は,これからの”住み心地”や”都市の価値”を左右するのです

関西ええこと.motに千里CBのポータルを開設し,まずは,いろんな立場の人・事業・プロジェクトが一緒に情報発信する基盤を整えて.

その後,様々なコラボが生まれてくれば,と.

いずれにしても!!
住宅都市を支えるコミュニティビジネスと彼らを支える基盤とは

日本全体のテーマでしょう??
2008/09/02のBlog
8月最終週.
月曜から金曜まで経産省事業の出張続き.

福岡でのスタッフ研修に始まり,東京へ.

広告代理店のCSR推進担当の方と打ち合わせ.
オルタナという雑誌を紹介していただき,次回お会いすることとないそう

他にもいろいろと連携できそうです.

その後,某財団を午後一に.

そして,日本財団にて千葉の中間支援NPOと.
スワンベーカリーのパン,初めて食べました.

結構おいしい


そして,日本財団の方と.
関西ええこと.motとCANPANを連携させていこうとなっていまして,その3年後,5年後のイメージ共有を.

最近強く思うことは,「”連携すること”が,NPOが生き残っていくための可能性の高い選択肢かもしれない」ということ.

都合2泊.
オツな感じの旅館風の...

うーーーん...

2008/08/01のBlog
[ 13:02 ] [ 中間支援の転換期 ]
経産省事業にて,NPO法人まちなか研究所わくわくさんと連携へ.

第1回の打ち合わせ,公益ポータルサイトの説明会,スタッフミーティングと.

写真は,地域ポータルサイト構築&導入へ向けた,関西ええこと.motの説明会なのですが・・・

沖縄県庁,那覇市役所,社協,ボランティアセンター,コミュニティFM,ITベンチャー,NPOなどが一堂にそろうのです
普通にね
その上,建設的な議論になる!!

全国的にもめずらしい風土ですね.
いや,もとい,本来の姿なんですよね,これが.
まあKさんの魅力に依るところも大きいでしょうし

1つ1つ実現していきたいものです

2008/07/26のBlog
[ 22:45 ] [ 中間支援の転換期 ]
いやーーー暑いです

千里中央のジオタワーも20Fくらい積み上がっています
このマンション,高いんですよ...価格設定が...
でも,既分譲分は完売とのこと.

地下鉄御堂筋線1本で梅田・大阪中心部へいけるし,駅直結だし,大阪空港へもモノレールで1本だし.
好立地ですが,それでも高い


さて,千里CB研究会の例会へ.

経産省中間支援育成プロジェクトでの連携をすすめていきつつ.
その流れで,8月に関西ええこと.motに「千里コミュニティビジネス研究会ポータル」を開設します.

「CBやNPOのサービス」と「好立地なブランド価値」が融合したら・・・

まあ・・・ジオタワーは高いまま・・・だな

41~50件を表示   <<   <   1  2  3  4  5  6   >   >>