ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
きららの森のできごと
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:428件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2016/01/21のBlog
[ 15:43 ] [ きららの森のキッチン ]
本文はのちほど。

できたクッキー生地を薪ストーブに入れる
薪拾い
「おはなし」の時間
おいしいクッキーが焼けました!!
[ 15:39 ] [ きららの森のキッチン ]
本文はのちほど。
写真のみアップします
みんなでくるみ割り
くるみの実を取り出します
クッキー生地をまぜる
2015/11/29のBlog
[ 18:39 ] [ きららの森のキッチン ]
参加者募集!!

『薪ストーブで森のックッキーを焼こう』 

2015年12月5日(土) 10時00分~14時00分 

リスの大好物リスオニグルミの堅~いカラ割りに挑戦 
お砂糖を使わないのに甘い森のクッキーを、
薪ストーブで焼いて、みんなで食べましょう。  
親子でご参加ください


~「ひとさとずっと」のキャッチフレーズで展開されている『北摂里山キャンペーン』
において、きららの森のキッチンが一庫公園で開催します、
『きららの森のようちえん』3回シリーズの2回目のイベントです~


開催期間:2015年12月5日(土)
場 所:県立一庫公園
最寄り駅:能勢電鉄山下駅
参加費:親子ペアで2,000円
一人追加ごとに800円
定員:30人
※子どもの数が15名に達した時点で締め切らせていただきます。

持ち物 お弁当、エプロン、軍手
お問合せ先 Tel : 090-7763-2885(稲原)

応募方法 県立一庫公園HPお問合せフォームか↓ お電話、FAXにてお申し込みください。
予約ページ 
 https://www.hyogo-park.or.jp/guestidea/hitokura/contents/info/index.php
2015/10/20のBlog
「ひとさとずっと」のキャッチフレーズで展開されている
北摂里山キャンペーンにおいて、
きららの森のキッチンが一庫公園で開催する
『きららの森のようちえん』3回シリーズの1回目のイベントを開催しました☆

第1回目は「森のかまどでご飯を炊こう」☆

能勢の栗とさつまいもたっぷりの、
かまどで炊いた新米は
ほくほくでとってもおいしかったです(^^)
・栗とさつまいものご飯
ほかのメニューは、
・かぼちゃと冬瓜、車麩の味噌煮
・柿とはやとうりのサラダ
・野菜たっぷりすまし汁

すべて、能勢の野菜をつかって、昔ながらの本物の調味料で味付けしました。
(イナゴ以外は、動物性食品を使わない自然食です♪)
調理はいつもの様に、
最初に参加者様と一緒に野菜を切ります。

地元能勢のお野菜がたっくさん♪

子ども達も包丁を持って、お手伝い☆

そして、
今回の隠れ?目玉の『イナゴとり』へ!(^^)!
最初にメニューでご紹介した通り、
イナゴは「お食事」としていただきました!!

こちらでは、
ご飯とお吸い物を作っていきます☆

釜戸で火の番をしてくださっているのは、
いつものように、
一庫公園活動グループ「森のクラブ」「青空クラブ」の皆様です。

火のお話をしてくださっているのを
「うんうん」とうなずきながら聞く
3歳の男の子の姿がとてもかわいかったです(*^_^*)
今回は「きららの森のようちえん」と言うこともあり、
始めにみんなで朝の挨拶をしたり、
最後には絵本(「どうぶつのすむところ」)を読んだりしました。

虫探しの時に、
大きな穴、小さな穴を発見!!

絵本にも出てきたのですが、
いのししが掘った跡かもしれません。

みなさんに
里山を身近に感じてもらえたなら嬉しく思います。


次回の第2回目は

12月5日(土) 10:00~14:00

「森のクッキーをストーブで焼こう」です。

リスの大好物、オニグルミの堅~いカラ割りに挑戦!!
お砂糖を使わないのに甘い森のクッキーを、
薪ストーブで焼いて、みんなで食べましょう♪

※以前にご案内した日時と変更になっています。


(ひろこ)
2015/10/15のBlog
「ひとさとずっと」のキャッチフレーズで展開されている北摂里山キャンペーンにおいて、きららの森のキッチンが一庫公園で開催する『きららの森のようちえん』3回シリーズの1回目のイベントとなります。

親子でご参加ください。
<一庫公園で遊ぶ>きららの森のようちえん「森のかまどでご飯を炊こう」

お米はもちろん地元の新米を使用。
イナゴとりに挑戦!! 捕れたら調理して食べてみましょう。

お問合せ先 Tel : 090-7763-2885
開催日時 2015-10-17(土) 10時00分~14時00分
【応募締切 2015-10-14(水)】
子供の料金 親子ペアで2,000円
一人追加ごとに800円
定員 30人
子どもの数を見て15名に達した時点で締め切らせていただきます。
持ち物 エプロン、軍手、マイハシ、おわん

応募方法 県立一庫公園HPお問合せフォームかお電話、FAXにてお申し込みください。
TEL.(072)794-4970 FAX.(072)794-4971
予約ページ https://www.hyogo-park.or.jp/guestidea/hitokura/contents/info/index.php


開催日時:2015年10月17日(土)10:00~
地 域:兵庫県
場 所:川西市国崎知明1-6
最寄り駅:阪急能勢電山下駅
2015/07/19のBlog
それでは、
個性あふれるトッピングのご紹介~♪

写真ではわかりづらいかもしれませんが、
ピーマンとベーコンを放射状に置いています(^^)

色も形も素敵♪♪


こちらは、あるお父さんのトッピング☆

淵がぷくっと出ていて、本格的♪


具を真ん中にポコッとのせたり(上手くやけるか心配ですが)、
お気に入りの具材を真ん中にのせて飾り付けをしたりと、
わいわい楽しく、
それぞれのピザが出来上がってきましたo(^▽^)o


トッピングが出来たら、
順番に焼きますよ~♪

一庫公園にある、
毎年使わせてもらっているピザ釜で焼いていきます(^^)
火場を守るのは、いつもお世話になっている
ひとくら森のクラブの皆様です。
やまももの採取だけではなく、
ピザ釜の調整や、スープの火加減調整もしていただきました。

今回は参加者様も多かったので、
段ボールにアルミ箔をはった、手作り釜も☆

材料を切っている時に、
お父さん達に作っていただきました!

みんな、焼けるのが待ち遠しい~o(^▽^)o
そして、焦げないかドキドキ☆
そして、完成した本日のお昼ご飯はこ・ち・ら☆

メニューのご紹介です♪
・能勢のお野菜をたっぷり使った手作りピザ

・かぼちゃとキャベツのスープ

・きゅうりとトマトのしそサラダ
(プチトマトはひとくら森のクラブのおじさまの家で取れた物です♪)

・やまもものジュース

いかがですか?
体にも心にもやさしい、本日のメニューの完成(o^^o)♪
やまもものジュースも大好評で、
「おかわり!!」と何回も言う子ども達☆

喜んでいただけて嬉しいです♪

今回は少し慌ただしくなり、
参加者様にはご迷惑をおかけしました。

この里山公園で、
体も心もゆったり、家族のみなさまで過ごしていただけるように、
これからも活動をしていきます。

次回は少し先になりますが、
10月17日(土)
「おどくさん」で新米を炊こう
自然の中のイナゴ捕り
 です。

みんなで一庫公園の中でイナゴを探しにいきますよ~☆
そして、捕るだけではなく・・・

調理して食べます!!!
素揚げしたものをみりんと醤油で味付けます。
イナゴのお味やいかに…?!
お楽しみに♪

参加費のご案内等は、こちらをご覧下さい。

秋の清々しい季節の思い出に、
季節・自然を存分に味わいにきてくださいね☆

お申し込み:一庫公園 072-794-4970


(ひろこ)
 
2015年7月18日(土)

きららの森のキッチン
~「一庫公園」まるごと食べちゃおう!!~

「きららの森のキッチン」は、「公園を食べよう!」をテーマに、
参加者皆さんで園内の植物を楽しみ、
地場の野菜を料理していただく、
食育と環境教育を目的としたイベントです。

今年度、3回目のキッチンは、
おかげさまでたくさんの方に来ていただきました(^^)
定員になり、お断りをさせていただいたみなさま。
申し訳ございませんでした。

今回も地元能勢のお野菜がたっくさん♪
子ども達も一緒に、野菜をどんどん切っていきます☆

野菜を切った後は、
ピザの生地作り。

子どもも大人も、みんなでコネコネ♪

こちらのご家族さまは、前回も参加してくださいました。
「子ども達とゆったりとした時間を過ごしたい」とおっしゃってくださり、
生地作りも一緒に楽しんでくださいましたo(^▽^)o


生地をねかしている間、
みんなで「やまもも」採り\(^^)/

の予定でしたが・・・

前日の台風の影響もあり、
残念ながらやまももはありませんでした。
小さいのが一個あるぐらい・・・

スタッフが事前に収穫をして冷凍させたやまもも、
砂糖を入れて煮詰めて作ったジュースを
みなさまには食べて、飲んでいただきました。

事前にやまももを収穫する際に、
一庫公園で活動をされている
ひとくら森のクラブのおじさま方にも手伝っていただきました。

そして、
一庫公園は創設以来農薬を使ったことがないので、
安心して食べられます♪
途中、
参加者様のお母さんがカマキリの卵を発見!!

葉っぱを取らせていただいて、
子ども達と一緒に観察♪

一庫公園には、たくさんの生き物が住んでいます(^^)

初めてあったお友達ばかりですが、
何か発見したら「みてみて~」と周りのお友達を呼んだりと、
子ども達同士で楽しそうに遊んでいるのも印象的でした☆
部屋に戻ったら、
いよいよ生地作りも終盤!!

生地を伸ばしてトッピング♪
子ども達も真剣です(^^)
生地にのせるソースは、
湯むきして種を取ったトマトと、
みじん切りの玉ねぎに塩を入れて、
3時間煮込んだ手作りソースです☆

お父さん、お母さん、子ども達も一緒に、
みんなでトッピングを楽しみます(o^^o)♪

トッピングは、子どもの個性があふれていましたよ♪
そちらのご紹介、完成したピザのご紹介は、
本格☆ピザ釜でピザを焼こう・公園の中で「やまもも」採り その②をご覧ください☆
2015/07/13のBlog
「きららの森のキッチン」は、「公園を食べよう!」をテーマに、
参加者皆さんで園内の植物を楽しみ、
地場の野菜を料理していただく、
食育と環境教育を目的としたイベントです。


県立一庫公園にて、7月の定例活動のお知らせです(^^)
ついに今週!!

 ◎7 月18日(土)10:00~14:30
 本格☆ピザ釜でピザを焼こう 公園の中で「やまもも」採り

 ◎場所:ワークショップルーム
 ◎参加費:大人 1000円 子ども(小学生以下) 700円 (2歳以下 100円)(保険代込み)
 ※きょうだい2人目以降、1人400円
 ◎持ち物:エプロン、ふきん、飲み物、軽食(スケジュール通りにいかないときのために、おにぎりでも少し持参してください)


★写真は、今年の一庫公園の「やまもも」です♪
大きく、色鮮やかで、甘酸っぱくておいしかったですよo(^▽^)o

ご家族、お友達と一緒に、ぜひ遊びにきてくださいね☆


■お申し込み 一庫公園管理事務所 072-794-4970
 一庫公園HP http://www.hyogo-park.or.jp/hitokura/
■お問い合わせ 松尾090-1153-5374

…参加者が集まりましたので、受付終了しました。…
(ひろこ)
2015/06/08のBlog
♪ お~もちつ~き ぺったんこ~
ぺったんこ~ ぺったんこ~ 
や~れつ~け そ~れつ~け
ぺったんこ~ぺったんこ~♪

と歌いながら、
蒸しあがった米粉をついていきますo(^▽^)o

なかには
何回も並び直して、
たくさんついてくれたお友達も♪

本物の杵と臼で米粉をつくのも
貴重な体験です。
いよいよ『ちまき』作りも終盤!!

①蒸した米粉を小さくちぎる
②チガヤの茎に丸めた米粉を巻きつける
③一庫公園で取ったカシワの葉を巻く
④チガヤの葉っぱを巻く
⑤イグサの茎で、葉っぱが取れないようにチョンマゲの形に巻く
⑥最後にもう一度蒸す

チガヤの葉っぱは、
能勢で里山保育をしている『きららの森のいえ』の子ども達が
前日に取りにいってくれました☆

巻くのは少し時間がかかりますが、
みんなでお喋りをしながら楽しく巻きました!
子ども達もたくさん頑張ってくれましたよ(^^)
そして、完成した本日のお料理がこちら☆

メニューのご紹介です。
・黒川伝統の『ちまき』
 能勢のお米は6分づきにしてから、米粉に挽きました。
 みんなでこねて、搗いたお団子生地がやわらかくておいしい!

・大根ご飯
 炒めた大根と炊いたご飯。能勢のお米は5分づきにしました。

・玉ねぎと大根の味噌スープ
 よ~く炒めた玉ねぎが、甘~い味。
 お出汁は昆布でとりました。

・キャベツとラディッシュのサラダ
 塩で浅漬けにした野菜に手作りのドレッシングを混ぜました。
 シンプルな味付けでおいしいです♪


今回も
地場の野菜を料理し、おくどさんでご飯を焚いて、
体にも心にもやさしいお料理ができました。
それでは・・・
みんなそろって、
「いただきま~す」(^0^)/

ちまき作りに時間がかかり、
子ども達もお腹がペコペコ。

最後まで待ってくれて、
みんなで「いただきます」をすることができました☆

いつもはおくどさんの前で野外でお昼ご飯ですが、
小雨が降ったり止んだりの中、ワークショップルーム内での
お昼ご飯となりました。


ご飯もサラダもちまきも、
おかわりはたっくさん!!

「おいしい、おいしい♪」と食べてくださいました(*^_^*)

ちまきを作るのにあたり、
葉っぱを洗ったり、切ったり、包んだりと
たくさんの作業がありました。

参加してくださったみなさまのご協力のおかげで、
たくさんの『ちまき』が完成しました。
本当にありがとうございました。

お父さん達、お母さん達、子ども達の笑顔がたくさん見られた
今回の『きららの森のキッチン』。
みなさまのおかげで、
暖かくて楽しくて、素敵な一日となりました(^^)


次回の『きららの森のキッチン』は、
7月18日(土)
本格☆ピザ釜でピザを焼こう
公園の中で「やまもも」採り
 です。

ピザ釜でピザを焼いたり、
一庫公園の中のやまももをとりにいって、
ジュースにしますよ♪

こちらは定員になり次第、締切をさせていただきます。
人気のお料理のため、
お申し込みの場合はお早めにお願いいたします。

【お申し込み】
一庫公園 072-794-4970

(ひろこ)

2015年6月6日(土)

きららの森のキッチン
~「一庫公園」まるごと食べちゃおう!!~


今年度、2回目のキッチンです(^^)

今回はお父さんも何名か参加してくださり、
野菜を切ったり、
米搗きをしたり、
火の番をしてくださったりと
たくさんお手伝いをしていただきました☆
ありがとうございます!

まず最初に、
ご飯とお味噌汁に使う野菜を切っていきます。
そして、
今回のメインである
黒川伝統の『ちまき』作りに挑戦!!

みんなで米粉を混ぜていきます。
材料は、米粉、塩、少しのてんさい糖のみ。

2歳の子も、
お父さんと一緒にコネコネ♪
形を整え、
釜戸で蒸していきます。

釜戸で火の番をしてくださっているのは、
いつものように、
一庫公園活動グループ
「森のクラブ」「青空クラブ」のおじさま達です。

「こんな体験、なかなかさせてあげられないですよね~」と、
お母さんも嬉しいそうに、
子ども達の様子を眺めていらっしゃいました♪
蒸している間、
おじさま達と一緒に
一庫公園にあるカシワの葉を取りにいきました!
葉っぱの裏に、サナギを発見☆

一庫公園は創設以来農薬を使ったことがありません。
なので、
安心して手で取り、
お料理に使って食べることもできます(^^)



そして、こんな体験も☆☆
写真では見えづらいと思うのですが・・・

子ども達が眺めているのは
なんと、「モリアオガエル」の卵!!

木の葉っぱの下に、白い塊がぶら下がっています(^^)

雨とともに、
中のオタマジャクシが池の中に落ち、
カエルになると森の中へ行くそうです。

「なにこれ~!?!?」と、
子ども達も大はしゃぎで、
森のクラブのおじさまの話を聞くのも真剣☆

この卵を見つけたら、
「梅雨がくる」そうです。
自然の不思議さ、
偉大さを感じたひと時でした。


それでは、
いよいよ蒸した米粉をついて、
ちまきにしていきますよ♪

続きは、
黒川地域伝統の『ちまき』を作ろう☆釜で炊いたご飯と味噌汁作り その②をご覧ください☆

(ひろこ)
2015/05/23のBlog
[ 16:53 ] [ きららの森のキッチン ]
「きららの森のキッチン」は、「公園を食べよう!」をテーマに、参加者皆さんで園内の植物を楽しみ、地場の野菜を料理して、おくどさんでご飯を焚いていただく、食育と環境教育を目的としたイベントです。

県立一庫公園にて、6月の定例活動のお知らせです。

6 月 6日(土)10:00~14:30 黒川地域伝統の『ちまき』作り
 …お釜で炊いたご飯とお味噌汁も。
場所:ワークショップルーム
参加費:大人 800円 子ども 500円 (2歳以下 100円)(保険代込み)

持ち物:エプロン、ふきん、飲み物、軽食(スケジュール通りにいかないときのために、おにぎりでも少し持参してください)

★会員募集中(年会費で、参加費がお得になります!)。年度途中からでも可。詳しく
は、お問い合わせください。

★粽は、兵庫県最北端の、黒川地方に伝わる独特の作り方のもの。
カシワの葉とアシの葉で、「ちょんまげ」の形に包みます。
米を粉にひいたものを、杵と臼でついて、生地を作ります。
皆さんと公園内を歩いて、カシワの葉も採れるかも。
お昼ごはんもご一緒に作って、みなさんでいただきましょう!

お申し込みは、一庫公園管理事務所 072-794-4970まで。
一庫公園HP http://www.hyogo-park.or.jp/hitokura/
お問い合わせは松尾090-1153-5374まで。
2015/04/27のBlog
[ 04:05 ] [ きららの森のキッチン ]
2015年度の年間予定のご案内です☆

①4月18日(土) ←終了
春を感じる「桜と菜の花のお寿司作り」
春の植物で作る鮮やか「春色パレット」

②6月6日(土)
黒川地域伝統の『ちまき』を作ろう
釜で炊いたご飯と味噌汁作り

③7月18日(土)
本格☆ピザ釜でピザを焼こう
公園の中で「やまもも」採り

④10月17日(土)
「おどくさん」で新米を炊こう
自然の中のイナゴ捕り

⑤2月20日(土)
まきストーブで焼く「森のクッキー」
森のじゃんけん遊び


●場所:一庫公園(兵庫県川西市国崎)
ワークショップルーム 無料駐車場あり

●時間:10~14時頃

●主催:きららの森のキッチン

●協力:森のクラブ

●持ち物:エプロン、ふきん、軽食(予定通りできない場合などのために)

●参加費:4・6・10・2月 大人800円 
子ども(小学生以下)500円 2歳以下100円
きょうだい2人目以降、1人300円

7月 大人1000円
子ども(小学生以下)700円 2歳以下100円
きょうだい2人目以降、1人400円

※年間の会員様も募集中です 

◆お問い合わせ:松尾 072-793-1147 tyrioka@ezweb.ne.jp
◆お申し込み:一庫公園 072-794-4970


日本一豊かな里山公園で、
四季折々の自然を存分に味わって、
おいしく、のんびり、ゆったりとした一日を、
一緒に楽しみませんか?

みなさまのご参加、お待ちしております(^^)


~ チラシは下のPDFファイルをご覧ください ~
2015/04/22のBlog
[ 04:15 ] [ きららの森のキッチン ]
それでは、
春の植物で作る 鮮やか「春色パレット」の様子もご紹介します♪

一庫公園には、色々な植物が育っています。
創設以来、農薬を使ったことがありません。

おじさまが、植物の名前をみなさまに説明してくださいました。


「春色パレットってなに??」
と、思われた方がいるかもしれません。

春の植物、葉っぱやお花などを自然から少しわけていただいて、
パレットの形に切った画用紙の上に
植物をすり込んで色をつけていきます。

「みてみて~!!すごいやろ~!!」
「お花はピンクやのに、紫になった~!!」
など、子どもたちも大はしゃぎ(^^)

子どもによって、パレットへの描き方が違ったり、
こすると、見た目の色とは違ったりと、
大人も子どももたくさんの発見がありました☆
パレットを作りながら、
おじさまと一緒に、
山の方へ散策に行きました☆

この日の参加者様は、
初めて会う方ばかりで
年齢、住んでいる場所も全然違いました。

ですが、
こうして自然の中で一緒に料理をしたり、
一緒にお散歩をしたりとしているうちに、
自然と笑顔になり
子どもたちもみなさまと楽しそうに過ごしていました♪

途中、大きな橋もあり
橋の上を、行ったりきたりと楽しそうに走る男の子も(^^♪


お部屋に戻ってからは、
それぞれのパレットを台紙にはり
飾り付けをしていきました。

和紙で作った桜を貼ったり、
クレヨンで飾り、日付、名前などを書いたりと、
大人も子どもも一緒に楽しみましたよ☆
そして、
みんなのオリジナル春色パレットがこちら☆☆

一庫公園の春の植物をいただいて作った、
春色パレットの完成です(^^)

みなさま、大事そうに持って帰られました。


次回のきららの森のキッチン

6月6日(土)
黒川地域伝統の『ちまき』を作ろう
釜で炊いたご飯と味噌汁作り です。

米の粉をこねて臼と杵でつき、おくどさんで蒸して、
アシの葉と茎、かしわの葉を使って
「ちょんまげ」の形に包みます。
貴重な体験ができますので、ぜひご参加ください!

一庫公園のホームページにもご案内がでますので、
そちらもチェックしてみてくださいね☆

(ひろこ)
2015/04/19のBlog
[ 05:10 ] [ きららの森のキッチン ]
2015年4月18日(土)

暖かい春の日差しの中、
今年度のきららの森のキッチンが始まりました(^^)

この日は、
春を感じる「桜と菜の花のお寿司作り」と、
春の植物で作る 鮮やか「春色パレット」です☆

地元の能勢の農家さんのお野菜をたくさん使い、
お料理が始まりました。

子どもたちも、積極的にお野菜を切ってくれましたよ♪

ご飯を炊く火の番の担当は、
いつものように、一庫公園活動グループ
「森のクラブ」「青空クラブ」のおじさまたちです。

火の起こし方、ご飯の炊き方、炭の作り方など、
みなさまにお話もしてくださいました。

大人の参加者様も、
真剣に色々と質問をされていました。

子どもたちにとっても、
最近はキャンプとかでしかこういった風景は見ることができないので、
とても新鮮な感じで火を眺めていましたよ☆

おくどさんで炊いたご飯も
こんなに美味しそうに炊けました♪

炊けたご飯を寿司めしにして、
桜の塩漬け、菜の花を混ぜました。

ランチプレートに盛り付けは、
大人も子どももみんなで一緒に。
色とりどりのプレートが並びました。




本日のメニューのご案内です☆

・桜と菜の花のお寿司
 …能勢のお米を5分づきにして、
 炊いたご飯を寿司飯にしました。
 桜の花の塩漬けも、スタッフの手作りです!

・大根きんぴら
 …天然醸造のお醤油でシンプルに味付け。

・レタスとラディッシュのサラダ
 …ドレッシングも手作りです。
 醤油、梅酢、米酢、一番搾りなたね油でつくりました。

・こごみのお浸し
 …さっと茹でてお醤油で和えただけでおいしい。

・すまし汁
 …昆布と干ししいたけのお出汁に、
 小松菜、せり、油揚げを入れました。
 おいしい塩と醤油だけのシンプル味付けです。
みんな一緒に 「いただきま~す!」
ゆっくり、のんびりとおいしい食事を外でいただきました。

季節のお野菜をたくさん使った今日のお料理は、
とてもやさしい味がしました(^^)


きららの森のキッチンでは、
お料理をするだけではありません。

その他にも、
一庫公園の魅力をお伝えしたり、
自然とのつながりを感じていただいたりと、
里山公園だからこそできる体験をたくさんしていただきます。

次回は、
春色パレットの様子をお伝えします(^-^)/
2015/04/18のBlog
[ 10:10 ] [ きららの森のキッチン ]
2月21日(土)
今日はきららの森のキッチンの日☆
ひとくら公園で年6回開催しています。

まずは「おやき」の生地作り。
けっこう力がいるのですが、みんながんばっています!



おやきの具は豪華に!4種類
・あんこ
・切干大根煮
・高菜煮
・蒸しかぼちゃ

七輪にフライパンを乗せて
焼き色を付けます。

いい香り~♪

そして、活動グループのおじさま方が、
蒸し器で蒸しあげてくださいます。

黒米入り玄米も
おくどさんで炊いていただきました。
家庭菜園で作ったお野菜を
差し入れにいただきました。
プチベールは芽キャベツとケールを掛け合わせたもの。

ほんのり甘~くて
すっかりファンになりました。

野菜も、子どもたちがあっとういう間に切ってくれました。

ぽかぽか陽気の中でいただく
体に優しいランチ☆
心も体も大満足です♪


食後は「森のじゃんけん」大会☆

子どもたちはそれぞれ
グー・・・石など
チョキ・・・二股に分かれた木の枝
パー・・・葉っぱなど

集めてきて、「じゃんけんポン!」

小さい子もいて、
なかなかタイミングが合わないのもご愛嬌♪


きららの森のキッチンは
季節に合わせ
時には公園で採れたものを使い
体に優しいメニューを作ります。
2015/04/10のBlog
[ 09:08 ] [ きららの森のキッチン ]
「きららの森のキッチン」は、「公園を食べよう!」をテーマに、参加者皆さんで園内の植物を楽しみ、地場の野菜を料理して、おくどさんでご飯を焚いていただく、食育と環境教育を目的としたイベントです。

・・・・・・・・・・・・・・・

4月 18日(土)10:00ワークショップルーム集合、14:30終了(予定)

 「桜と菜の花のお寿司作り」と「春色パレット」

 …お釜で炊いたご飯とお吸い物作り、春の植物で作る「春色パレット」

場所:ワークショップルーム

参加費:大人 800円 子ども 500円 (2歳以下 100円)(保険代込み)

持ち物:エプロン、ふきん、飲み物、軽食(スケジュール通りにいかないときのために、おにぎりでも少し持参してください) 


★県立一庫公園では、エドヒガンや大島桜などいろいろな種類の桜が見られ、桜のお話を聞きながら園内を歩きます。

能勢のお米をおくどさんで炊いて、春らしいお寿司にします。

春の植物で、自分だけの「パレット」に色を並べてみよう♪


お申し込みは、一庫公園管理事務所 072-794-4970まで。

一庫公園HP http://www.hyogo-park.or.jp/hitokura/

ご参加お待ちしております。
2014/11/21のBlog
きららの森、恒例の「りんごろうそくの会」を今年も開催いたします。

この時節、世界中でクリスマスが祝われるように、日本でも
昔から冬至が厄払いを兼ねて、お祝いされてきました。

そう考えると、これらの祝祭が国や宗教などを超えた
とても大切な、人間の叡智であるように感じます。

師走の気ぜわしいひとときではありますが、
日差し穏やかな冬の一日を、猪名川キャンプ場で楽しく過ごしましょう。


PDFファイルをご覧ください。

ご参加お待ちしています。
2014/11/04のBlog
[ 10:28 ] [ きららの森のキッチン ]
10月18日。秋の一庫公園、きもちのよい気候です。

冒頭から申し訳ありません…。
この日は、なぜか途中まで写真を撮り忘れてしまっていました。
(料理とイベント進行に気を取られていたのか、
参加者さんとのおしゃべりに夢中だったのか…)

なので、写真と文章が一致していなくて
いきなり料理の写真ですが、ご了承ください。

写真は、プレートに盛り付け前の、つくったお料理。
かぼちゃの煮物、
サラダ、そして「イナゴ」です。



今回のテーマは、「おくどさん」で新米を炊く。
いつものとおり、おくどさんでご飯を炊くのですが
今回炊いたのお米は、能勢でご縁あって、
刈った稲を分けていただいたものです。
農薬不使用の新米。
今回は、このお米で「栗ご飯」にしました。
みんなでせっせと栗をむきました。

(写真は、イナゴの足の固い部分を取る子どもたちです)


栗は、能勢名産「銀寄」。
そして、今日のおかずとお汁ものの調理も皆で。
子どもたちも、子ども包丁で上手に野菜を切ってくれました。

公園内では捕れず、
お料理したイナゴは、能勢で捕ってきたもの。
まず茹でてから、足が固いので、取り除きます。
それから素揚げにしました。
お料理が一段落したところで、公園内を歩きにでかけます。
自然に実った渋柿をとってきて、
「吊るし柿」をつくりました。
小さな実が、可愛いです。

さて、できたお料理の盛り付けです。
今日のメニューは

★栗ご飯
★かぼちゃの煮物
★柿とはやとうりときゃべつのサラダ
★すまし汁

出しまで動物性や、お砂糖は使わず、
能勢の農家さんがつくってくれた野菜をつかって
シンプルにお料理しました。
木陰にテーブルを運んで、お昼ご飯です!
栗ご飯も、ほかのお料理も
「おいしい!」と好評でした。
小さい子たちもおかわりして
もりもり食べてくれました。
イナゴ初体験の人たちも
見た目とは違うおいしさにびっくり。

秋の公園で、楽しい一日をすごしました。
2014/10/15のBlog
兵庫県川西市で、毎月2回土曜日に、

シュタイナー教育に基づいた芸術の授業をしています。


PDFチラシの裏面です。
下の記事の「表面」とあわせて、ご覧ください。↓
兵庫県川西市で、毎月2回土曜日に、

シュタイナー教育に基づいた芸術の授業をしています。


PDFチラシの表面です、ご覧ください。↓
2014/08/24のBlog
[ 19:04 ] [ きららの森のキッチン ]
さて、お楽しみの!ピザのトッピングです。
スタッフ特製のトマトソース、
モチアワソース、
色とりどりの野菜など。

どれもこれものせたいけれど、
山盛りにのせすぎると
ピザ生地が焼けないのでほどほどに…



「きららの森のキッチン」では、
地場の野菜を使ってお料理しています。
能勢の農家さんがつくってくださった野菜です。
今が旬のとうもろこしも、採れたての茹でたてを、
指で実をはずしたのでとっても甘~い。


焼けたピザをプレートにのせて、
いただきま~す!!

とってもおいしい!
「きららの森のキッチン」では、
「ひとくら森のクラブ」の「青空クラブ」の
男性陣に火の番を協力いただいています。
ピザ釜から焼けたピザを取り出すところです
今日のメニューは

★ピザ
★サラダ
★野菜と押し麦の甘い味噌スープ

そして、今日のイベントではヤマモモが時期をすぎていましたが、
スタッフが前もって収穫したヤマモモで
ジュースをつくりました。

赤いきれいな色の、
甘いジュースをいただきました♪

夏の一庫公園、おいしいランチと
みんなですごした一日
満喫しました(^^)

(kaori)

[ 19:00 ] [ きららの森のキッチン ]
7月19日。夏休みはじめの日!
子どもたちが一庫公園に集まりました。

「きららの森のキッチン」年間で一番人気!の
毎夏恒例、「ピザ釜でピザを焼く」日です。


グループや家族ごとにボウルに材料を入れて、
生地をつくります。
九州産小麦粉、塩とオリーブ油、水を混ぜ、
なめらかになるまでこねます。

小学生の兄弟も、お友だちグループも、
小さい子はお父さんやお母さんと
どの写真も載せたいくらい楽しそうでした♪
生地を休ませているあいだに、
今度はお昼のスープをつくります。
ピザのトッピングのお野菜も
みんなで準備します。


「きららの森のキッチン」では、
子ども包丁を用意しています。

小さい子たちもそれぞれ包丁を手に
がんばってどんどん野菜を切ってくれました。
こちらは、スープに入れるにんじん。
みんな上手(^^)


材料が切れたら、おくどさんのお釜で
野菜を重ねて煮ます。

たまねぎ、きゃべつ、かぼちゃ、にんじん。
お出汁は昆布のみです。
今日のもうひとつのテーマ
「ヤマモモ採り」に出かけます。

「森のクラブ」の方たちの案内で
みんなで公園を歩きます。

今年は、ヤマモモの熟れるのが早く、
食べごろの実が採れる時期は過ぎてしまいましたが
木のぼりを楽しみました(^^)

さて、ピザの生地を麺棒でのばします。

それでは、お楽しみのトッピングです!


次の記事に続きます。
2014/08/10のBlog
[ 19:20 ] [ きららの森のキッチン ]
搗きあがったもち生地を、ちまきの大きさにちぎります。
アシの茎に、生地を握りつけます。
子どもたちも一緒に作業します。
その上からアシの葉とカシワの葉で包みます。
藺でぐるぐる巻きつけて、ちょんまげの形にします。

包んだちまきは、さらにもう一度、
おくどさんの蒸し器で蒸します。
雨なので、室内でお昼ご飯です。
今日のメニューは、おくどさんのお釜で炊いた、
大根めし、お味噌汁、浅漬け風サラダです。
みんなで作ったお昼ご飯。
とてもおいしかったです
きららの森のキッチンでは、地場の野菜を使い、
昔ながらの調味料でシンプルに味付けしたお料理を作っています。
肉や魚など、動物性のものを使わない、
素朴な野菜料理ですが、
とても好評でした。

蒸しあがったちまきは、米粉を塩だけで味付けしたもの。
米の味わいがおいしくかったです。

あいにくの雨でしたが、お腹も大満足、
楽しい一日でした。
6月7日、県立一庫公園にて
きららの森のキッチンの日です。
兵庫県川西市の最北端、黒川地方
伝統のちまきをつくります。

あいにくの雨でしたが、たくさんの参加者が
集まってくれました。
まずは、家族ごとにボールの米粉をこねます。
参加者のみなさんと、お昼ご飯を作ります。
「きららの森のキッチン」では、こども包丁を用意しています。
ちいさい子たちも、それぞれ上手に野菜を切ります。
園内のかしわの葉を採りに行きます。
採った葉は、虫食いや痛みなどを、一枚ずつ取りのぞき、きれいにします。
最初にこねた米粉は、おくどさんの上の蒸し器で蒸します。
蒸しあがった生地を、臼と杵で搗きます。
雨のため、今回は、屋根の下で搗きました。
ちいさいお友だちもぺったんぺったん
きれいにした、ナラガシワの葉、アシの葉、
藺(イ。イグサの材料にもなります)を、作業台に並べます。
さあ、ちまきを成形していきます。
2014/07/27のBlog
今年は、いつもの「サマーキャンプ」ではなく、
「きららの森の家」のお泊り保育キャンプと
「きららの森の学校」のデイキャンプを合体した
キャンプを予定しています。
前のページ   |   次のページ