ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
東京自治研究センター 事務局長のひとりごと
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1326件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2013/05/08のBlog
これまで「事務局長のひとりごと」を担当していた東京自治研究センター研究員・伊藤に代わり、新たに担当することになった藤岡と申します。
 2012年6月から、当センターの研究員として仕事をしております。
 
 ここからは自己紹介です。
 八王子市役所に長く勤め、労働組合の役員や自治体の政策づくりに現場から参画しておりました。その関係で、八王子自治研究センターでは副理事長を務めております。ちなみに八王子自治研究センターの理事長は、自治総研の辻山幸宣所長です。
 また、2009年11月から2012年5月まで、自治労本部のお取り計らいで「フォーラム平和・人権・環境」、「原水爆禁止日本国民会議」の副事務局長として活動しておりました。安全保障、沖縄米軍基地問題、脱原発・エネルギー政策が活動の中心でしたが、これらのテーマは中央政府ばかりでなく、むしろ自治体の側から矛盾を指摘すべきと強く感じております。

 前任者の見識には遠く及びませんが、皆様に不快感を及ぼさない程度に、ひとりごとをささやかさせていただきます。
 よろしくお願いします。

自治総研(地方自治総合研究所)
http://www1.ubc.ne.jp/~jichisoken/
フォーラム平和・人権・環境、原水爆禁止日本国民会議
http://www.peace-forum.com/
2013/04/06のBlog

これまで「事務局長のひとりごと」を書いていた伊藤(東京自治権センター理事)が、認定NPO法人まちぽっで、表記のブログを始めました。まだ「ひとりごと」風ですが、じょじょにNPO風の空の味を出すようになると思います。
 一度下記ブログを開いてみてください。

市民自治ノート-NPOまちぽっとから
http://ameblo.jp/npo-machipot

2013/03/28のBlog

 東京自治研究センターの公開講座です。
 「子どもを大切にする社会」シリーズの2回目です。今回は世田谷区の先進的な取り組みについて、担当課長からお話していただきます。ご参加をお待ちしています。

◆ 日時:2013年4月18日(木) 13:30~
◆ テーマ:子どもの人権擁護の新たな仕組み
◆ 講師:竹中大剛さん(世田谷区子ども部子ども家庭課長)
◆ 場所:中野サンプラザ8階研修室5
◆ 会費:1000円(会員は無料)

○今後のフォーラム
 日時:2013年5月16日(木)13:30~
 テーマ・子ども子育て支援三法と市区町村の役割
 講師:福田美香さん(多摩市企画政策部長)
 場所:中野サンプラザ8階研修室6

*このブログは、現在研究員の伊藤(久雄)が事務局長のときに始め、その後研究員になって以降も継続して伊藤が担当してきました。私事で恐縮ですが、この3月末で研究員を退任することになりました。したがいまして、このブログの担当も本日をもって辞することになりました。
 長い間お付き合いいただきましたことに感謝いたします。
2013/03/27のBlog

<市民外交センター、ソーシャル・ジャスティス基金 協力企画>
 市民外交センターは30年前から「外交は政府だけのものではない」と考え、早い時期1999年に国連NGO資格をとり、国連でアイヌ民族や琉球民族の声を代弁してきました。見逃されがちな人たちの声をとらえ、彼らとともに人権を訴えてきた市民外交センターの歩みは、まさに、「ソーシャル・ジャスティス」と言えるものです。
 そこで、市民外交センターが歩んできた30年を振り返り、これからの市民運動のあり方を多くの方々と語り合いたいと 思います。皆様ぜひ、ご参加ください。 ※今回は市民外交センターと共催で、シンポジウム&アドボカシーカフェを開催いたします。

〈第一部〉座談会「日本の市民運動の30年」
 ◎スピーカー:大橋 正明氏(国際協力NGOセンター(JANIC)理事長)、上村 英明氏(市民外交センター代表、SJF代表)
 ◎司会:黒田 かをり氏(一般社団法人 CSO ネットワーク)
〈第二部〉アドボカシーカフェ「日本の市民運動のこれからの30 年」…会場を交えてのダイアローグを行います。
 ◎スピーカー:大橋 正明氏、上村 英明氏、黒田かをり氏、木村 真希子氏(市民外交センター)
 ◎司 会:塩原良和氏(慶応義塾大学教授)

■日時:2013年3月30日(土)13:30~17:30
■場所:日比谷図書文化館4階スタジオプラス(小ホール)
■シンポジウム資料代:1500円 / パーティー参加費:3500円
■主催:
 ソーシャル・ジャスティス基金 http://socialjustice.jp/
 市民外交センター http://www005.upp.so-net.ne.jp/peacetax/
■お申込・詳細はソーシャル・ジャスティス基金へ

2013/03/26のBlog

◎日 時:3月27日(水)18:30開場 19:00より
 講 師:藤田祐幸さん
 テーマ:『フクシマ後を生きる』
 会 場:「スペースたんぽぽ」ダイナミックビル4F
 主 催:たんぽぽ舎と「スペースたんぽぽ」 参加費:800円

藤田祐幸さんの紹介─ 鈴木千津子さん(たんぽぽ舎)から
 物理学を専攻し、市民運動などで幅広いテーマで活躍!! 被曝労働問題で、嶋橋伸之さん(浜岡原発で働いていた)の労災を勝ち取った。放射能汚染食品測定室の代表を務め、チェルノブイリ、福島にも足を運び、現場の状況を的確に捉えることのできる第一人者です。

前のページ   |   次のページ