ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2456件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2019/12/31のBlog
インターンシップの学生3人からお礼の手紙

昨年の8月26日(火)、豊中市伊丹市クリーンランド3Rセンターで受け入れているインターンシップ生3人に対し、花と緑の活動状況や緑と食品のリサイクプラザの施設の説明を行いました。
その後、3人の学生から次のような「便り」がありました。


この度は、短い期間でしたが、インターンシップにご協力をいただきましてありがとうございました。「とよっぴー」についての講習が主となりましたが、たい肥化装置の運用方式やたい肥化運動の現状と課題、地域住民からの声など貴法人でしか聞けない話もたくさんあり、大変勉強になりました。事業としての利益を求めるのでなく、廃棄物の分別・減量及び再生利用の促進を目的とするという話は、特に印象に残っております。食品の食べ残しは、排出されるごみの大部分担うとともに、個人の心掛けで削減できると自分は考えます。今後、市民や小学校の環境教育がより広がるよう願うとともに、自分の家庭内からも食べ残しや手つかず食品が出ないよう、努力していきたいと思います。また、10月の「とよっぴー祭り」にも参加したいと思います。忙しい時間を割いていただきご指導いただいたことを心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
インターンシップ参加者一同
環境自治体全国集会が東京足立区東京電機大学でありました。今回の中心テーマはSDGsです。17目標196ターゲットから構成される全世界の取り組みです。先進地の市長・町長・区長さん達が先行事例を発表し、今後どう展開していくか、熱い議論がありました。
当法人も「食品ロス」など、掲げられた目標にリンクした活動が求められます。アジェンダ21からESDそしてSDGsへ、、、、持続可能な地球や地域の構築へ国・自治体・企業・市民それぞれのの役割が求まれます。NPOも。。。。


「※」ボランティア大歓迎の行事です。「※」
恐れいりますが事前に携帯:080-5718-7651へご連絡ください。

○05/25(土) リサイクルプラザオープンデー 10:00~12:00
緑と食品のリサイクルプラザ
たい肥化施設の見学会を兼ねて「とよっぴー」にふれる行事です。

○05/30(木) ポスティング 9:00~11:00 
環境交流センター周辺
6/1(土)の地域こだわりマルシェ&野菜市場の宣伝ビラの配付です。

○05/30(木) 被保護者就労準備支援事業に関する交流会 13:30~16:30
生活情報センターくらしかん
各受託団体からの発表と交流です。

○06/01(土)地域こだわりマルシェ&野菜市場 10:00~完売まで
環境交流センター
地場産物の販売です。

「※」○06/08(土) とよっぴー有料販売 10:00~11:00「※」
緑と食品のリサイクルプラザ
6月最初の販売です。



 

食育フォーラムの報告書を作成


2013年11月に「食育フォーラム」を開催しました。農林水産省の助成を受けて「農のある暮らしづくり」の事業を進めていますが、その一環として実施したもので、報告書には「とよっぴー農園」での農体験活動、小学校での菜園支援や教室での環境教育(農業やお米さらには食育)などの活動を紹介しています。

ご希望の方はご連絡ください。

また、2015年12月には「元気野菜でかわるこころとからだ」と題する講演会を開催いたしました。その際の感想文をPDFで紹介します。

とよっぴー頒布について
 豊中市が製造(ただし、製造業務は当法人が担っています)しています。

 3kg―100円
10kg―200円(製造量に限りがあります)

土壌改良材として、昨年(2013年度も、学校や農家の方をのぞいて、年間のべ1300人以上の方が購入していただいています。

市外の方はなるべく「とよっぴー倶楽部」(年間1000円)へのご加入をお願いしています。
 

<有料配布「4月から従来の頒布の名称を変更します」>
場所:緑と食品のリサイクルプラザ
毎月第2土曜日及び第4水曜日 10:00~11:00
 (7月「第4水曜日」・8月・12月・1月はありません)

●地場産野菜の頒布(市内の農家が直接持ち込みます)
 毎月第1土曜日 10:00~完売まで 環境交流センター
 ☆<「地域こだわりマルシェ&野菜市場」として市内のこだわり商品が出ます。>
毎月第2水曜日 10:00~完売まで 市生活情報センターくらしかん 
 毎月第4木曜日 10:00~完売まで 市内城山町さわ病院

●堆肥化講習会、堆肥化容器活動・活用助成受付
 毎月第3土曜日 10:00~11:30 市生活情報センターくらしかん
 <8月・12月はありません>
 <7月・11月・2月は栽培講習もあります>
 
 

●「野菜栽培を楽しむ人のための農業講座」は終講しました。 
 

●食育講演会の感想文を掲載
昨年12月18日(木)に開催しました講演会の感想文を掲載します。

 

ホームページをリニューアルしています。活動の種類をジャンルごとに掲載しています。
是非のぞいて下さい。このまま、ブログをご覧の方は、このまま下段をご覧ください。
http://toyoppy.jp です。



当法人はNPO法人「とよなか市民環境会議アジェンダ21」のプロジェクト活動として設立した法人です。市民が中心になって都市部で循環型社会の形成をめざす多様な活動をおこなっています。あなたも活動に参加しませんか。
お問い合わせは<事務局>NPO花と緑のネットワーク 火~金 10時~16時
〒561-0881 豊中市中桜塚1-24-20 
 豊中市立環境交流センター
NPOとよなか市民環境会議アジェンダ21内 事務局 (中村・山上)
 TEL06-6844-8611 FAX06-6844-8668
 <掲載の活動写真をクリックしていただくと画面が大きくなります>入会方法などしくは下記のPDFで。
2019/05/24のBlog
22日(木)寺内さわ病院で恒例の野菜市を開店しました。10年以上の長きにわたり継続している地場産野菜の販売活動です。

当法人と連携あるいは正会員・賛助会員の農家の方が「とよっぴー」野菜として提供、毎回固定の購入者も含め、賑わいました。

最終的に少し残りましたが、環境交流センターで販売すると、予想を超えて短時間で無くなりました。
22日(水)は朝から「とよっぴー」の有料配布でした。畝づくりもほぼ終わり、苗等の植え付け時期ですので、購入者は少ないのではとの予想でスタートしました。

最終的に60人を超え、昨年同期の倍の配布数となりました。
18日(土)、家族で農体験するファミリーファームの作業を行いました。
今年度初めて市内小学校の児童がたい肥化施設の見学に訪れました。最近は、来られる学校が少なく、期待して対応しました。

たい肥製造施設の見学では、臭気がするため敬遠気味でしたが、中には熱心に撹拌槽を覗き込む児童もいました。

自分たちが残したあるいは給食の残渣がたい肥に変わる様子を直に見ることで「食品ロス」に関心を持っていただく絶好の機会となりました。

これからも児童の見学をアピールしていきます。
「とよっぴー農園」での食育推進プログラムの充実化を図るため、今年度は従来のファミリーファームに加え、サツマイモや里芋など「お芋」さんに特化した「芋っこ」の取り組みを18日(土)行いました。

当日は、整えられた畝にピーナツの種を撒き。その後はサツマイモの苗を植え付ける作業を行いました。
今後里芋も予定して、収穫期には揃ってきていただきことになります。
15日(水)に続き17日(金)も作業を行いました。予定する22日(水)の備えたもので、スタッフ一生懸命、精力的に作業を熟しました。
14日(火)、bioa(ビオア)「参加型ビオトープ作り」「環境共生」「自然再生」などの活動を展開する茨木市民など10人がたい肥化施設の見学に来られました。

たい肥システムの説明の後、ミーティングルーム(詰所)で改めて生ごみたい肥化活動の経過や現在の状況を詳しく説明して、懇談しました。

皆さん熱心に見学され、説明の後も質問が多く出て、良い交流になりました。大体、長くても30~40分が定番ですが、この日は1時間を超え、走井給食センターに行くのが遅れる始末でした。
2019/05/16のBlog
[ 10:25 ]
15日(水)は「とよっぴー」の袋詰め作業です。いつもは伊丹空港へ着陸する飛行機が真上に降りてくる場所で作業しており、一陣の風が舞起こります。

「とよっぴー」がその度に舞い上がります。この日は、いつも違う風向きのため、飛行機は作業の場所のほぼ真上を飛び上がっていきました。

飛行機による影響はありませんでしたが。風が強く、飛行機以上の風が吹き大変でした。
5月の青空の下、有料配布作業を行いました。15人のグループが一斉に来られ、いっぺんに90袋が出たところです。

今回は95人の来場に対し、それほど多くの袋が有料配布しませんでしたが、好天に恵まれ自転車・単車の方が多い印象でした。
「とよっぴー」の有料配布の他、野菜なども販売し好調でした。
前のページ   |   次のページ