ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2312件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2019/12/31のBlog

ホームページをリニューアルしています。活動の種類をジャンルごとに掲載しています。
是非のぞいて下さい。このまま、ブログをご覧の方は、このまま下段をご覧ください。
http://toyoppy.jp です。



当法人はNPO法人「とよなか市民環境会議アジェンダ21」のプロジェクト活動として設立した法人です。市民が中心になって都市部で循環型社会の形成をめざす多様な活動をおこなっています。あなたも活動に参加しませんか。
お問い合わせは<事務局>NPO花と緑のネットワーク 火~金 10時~16時
〒561-0881 豊中市中桜塚1-24-20 
 豊中市立環境交流センター
NPOとよなか市民環境会議アジェンダ21内 事務局 (中村・山上)
 TEL06-6844-8611 FAX06-6844-8668
 <掲載の活動写真をクリックしていただくと画面が大きくなります>入会方法などしくは下記のPDFで。
2018/12/31のBlog
インターンシップの学生3人からお礼の手紙

昨年の8月26日(火)、豊中市伊丹市クリーンランド3Rセンターで受け入れているインターンシップ生3人に対し、花と緑の活動状況や緑と食品のリサイクプラザの施設の説明を行いました。
その後、3人の学生から次のような「便り」がありました。


この度は、短い期間でしたが、インターンシップにご協力をいただきましてありがとうございました。「とよっぴー」についての講習が主となりましたが、たい肥化装置の運用方式やたい肥化運動の現状と課題、地域住民からの声など貴法人でしか聞けない話もたくさんあり、大変勉強になりました。事業としての利益を求めるのでなく、廃棄物の分別・減量及び再生利用の促進を目的とするという話は、特に印象に残っております。食品の食べ残しは、排出されるごみの大部分担うとともに、個人の心掛けで削減できると自分は考えます。今後、市民や小学校の環境教育がより広がるよう願うとともに、自分の家庭内からも食べ残しや手つかず食品が出ないよう、努力していきたいと思います。また、10月の「とよっぴー祭り」にも参加したいと思います。忙しい時間を割いていただきご指導いただいたことを心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
インターンシップ参加者一同
甲子園で熱戦が行われています。暑い夏に熱い戦いが行われています。やはり夏は高校野球です。豊中は高校野球の発祥の地。100年を記念して市芸術センターでは
展示会が開かれています。

「※」ボランティア大歓迎の行事です。「※」

○8/17(金) 「とよっぴー」袋詰め作業 9:30~11:30
 13:30~15:00
緑と食品のリサイクルプラザ
小袋(2.5kg)を詰めます。

○8/21(火) インターンシップたい肥化施設見学と行動紹介 9:30~11:00
緑と食品のリサイクルプラザ
豊中市伊丹市クリーンランドでのインターンシップ生の受け入れです。

○8/21(火) ポスティング 9:00~11:00
城山町さわ病院周辺
23日(木)の野菜市の宣伝ビラの配布です。

○8/22(水) 「とよっぴー」頒布 10:00~11:00
緑と食品のリサイクルプラザ
8月の頒布です。約600袋ストックしています。

○8/22(水)~24(金) 「とよっぴー」配布 9:00~14:00
緑と食品のリサイクルプラザ
豊中市農業委員会農業者経営協議会研究部会の農家へ「とよっぴー」配布です。

○8/23(木) 野菜市 10:00~完売まで
城山町さわ病院
お馴染みの地場産野菜の頒布です。

○8/25(土) 農園の活動及びインターンシップ 13:00~14:00
「とよっぴー農園」
親子での農園作物づくりのスタートです。インターンシップも参加です。

 

食育フォーラムの報告書を作成


2013年11月に「食育フォーラム」を開催しました。農林水産省の助成を受けて「農のある暮らしづくり」の事業を進めていますが、その一環として実施したもので、報告書には「とよっぴー農園」での農体験活動、小学校での菜園支援や教室での環境教育(農業やお米さらには食育)などの活動を紹介しています。

ご希望の方はご連絡ください。

また、2015年12月には「元気野菜でかわるこころとからだ」と題する講演会を開催いたしました。その際の感想文をPDFで紹介します。

とよっぴー頒布について
 豊中市が製造しています。

 3kg―100円
10kg―200円(製造量に限りがあります)

土壌改良材として、昨年(2013年度も、学校や農家の方をのぞいて、年間のべ1300人以上の方が購入していただいています。

市外の方はなるべく「とよっぴー倶楽部」(年間1000円)へのご加入をお願いしています。
 

<頒布>
場所:緑と食品のリサイクルプラザ
毎月第2土曜日及び第4水曜日 10:00~11:00
 (7月「第4水曜日」・8月・12月・1月はありません)

●地場産野菜の頒布(市内の農家が直接持ち込みます)
 毎月第1土曜日 10:00~完売まで 環境交流センター
 ☆<「地域こだわりマルシェ&野菜市場」として市内のこだわり商品が出ます。>
毎月第2水曜日 10:00~完売まで 市生活情報センターくらしかん 
 毎月第4木曜日 10:00~完売まで 市内城山町さわ病院

●堆肥化講習会、堆肥化容器活動・活用助成受付
 毎月第3土曜日 10:00~11:30 市生活情報センターくらしかん
 <8月・12月はありません>
 <7月・11月・2月は栽培講習もあります>
 
 

●「野菜栽培を楽しむ人のための農業講座」は終講しました。 
 

●食育講演会の感想文を掲載
昨年12月18日(木)に開催しました講演会の感想文を掲載します。

 
2018/11/17のBlog
台所から出る生ごみをダンボール等を使ってたい肥にする方法を説明する講習会です。
2018/08/26のBlog
引き続き8月も猛暑でしょうか。
2018/08/15のBlog
毎年、夏に二つの事業所(豊中市伊丹市クリーンランド及びNPO豊中アジェンダ21)でインターンシップを受け入れられていますが、その過程で当法人の活動等にも参加していただいています。

先日、10日(金)は緑と食品のリサイクルプラザの見学を兼ねて当法人の諸活動を学びました。また、14日(火)は「とよっぴー農園」で作物づくりの作業を経験、本日15日(水)は「とよっぴー」の袋詰め作業を行いました。

昨日は管理機や一輪車を使って農作業を行い、本日は袋詰めした10kgを運搬する作業に従事しました。

本日の作業は小雨が降り、そう暑くはありませんでしたが、昨日のは酷暑の中での作業、大変でした。
2018/08/09のBlog
4日(土)、5日(日)は恒例の豊中まつりでした。両日、大勢の人が豊島公園を訪れ祭りを楽しんでおられました。

両日、当法人の1人が協賛事業である豊中ローズ球場での、「豊中市・沖縄市 兄弟都市 少年野球親善交流」に参加し、交流試合を通じて交流の実をあげました。

球場では、祭りの会場からの音楽が流れ、祭りの模様を想像するだけでしたが、グラウンドでは子どもたちに熱戦が行われていました。
昨日8日(水)、朝から豊中市生活情報センターくらしかんで毎月実施している「地産地消デー」に参加しました。

朝採り野菜を中心に、今回は特別に「とよっぴー農園」の小玉スイカも揃え、開店を待ちました。

昔はオープン前に列をなしましたが、最近は野菜販売が競合していることや、暑い日が続くことから来場者も比較的少なく、一気に売れていしまう状況ではありませんでしたが、ジャガイモを残し、ほぼ完売となりました。
スイカの売れ行きは好調でした。
4日(土)、春から家族を軸に進めてきた「ファミリーファーム」の前期取り組みの最終日でした。

この間、家族を中心に当法人のメンバーが支援スタッフとして作物の栽培等の取り組みを毎週土曜日を基本に実施してきたもので、この日で終了となります。
当日は、ナスビやトマトなどそれぞれの家族が育ててきた作物を収獲しました。
また、スタッフが育ててきた小玉スイカによるパーティを皆さんで実施し、交流を深めました。

この取り組み、家族が主体的に作物栽培を行うこととし、春からここまで皆さん、元気で取り組んで来られ、良かったとの感想が多く寄せられたところです。
3日(金)、朝から8月理事会を開催しました。いつもは環境交流センターの会議室で行っていますが、昨年設置した緑と食品のリサイクルプラザの詰所で行いました。朝から農園の作業を予定しており、その前段に行ったものです。

主要な議題は、秋10月20日(土)に予定する「第3回とよっぴーフェスタ」の開催要領等について協議するものです。

簡素な中にも、来てよかったと感じていただき、併せて資源循環の大切さを理解していただくことを基本に今後、準備を進めることを確認しました。
2018/07/20のBlog
19日(木)、緑と食品のリサイクルプラザに10人の方が見学に来られました。尼崎市議2人と市民の方で、生ごみのたい肥化の可能性を探りたいとの希望で訪れました。

現在たい肥化システムを熱心の見学、その後、パワーポイントで再度システムをご覧になり、製造されたたい肥をどのように利活用しているか学ばれました。

調査項目も多く、導入の経緯や処理システム選考理由、設備投資やランニングコスト、作業人数、たい肥化での障害事項、臭気対策など多岐に渡る質問もあり、約1時間30分ほどの見学となりました。

最近は、このような見学が少なく、思い返す大変勉強になった見学でした。
前のページ   |   次のページ