ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人 認知症予防ネット
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:499件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:活動報告
Blog数:178件
171~178件を表示   <<   <   9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 
2009/08/23のBlog
Weフォーラム2009 in 京都(2009年7月25・26日)の参加者のうち、第8分科会に出席されたのは、京都府・大阪府・東京都・埼玉県・千葉県・滋賀県・神奈川県・福井県からのご参加でした。
当分科会関連のご感想を、アンケートから抜粋させて頂きます。


分科会⑧ 「ストップ!ザ 認知症」

◇充実した内容で学ぶところ大でした。

◇スリーAの認知症予防ゲームは、すばらしいと思う。楽しくやること、笑うこと、ゲームで脳の活性化。ぜひ広がってほしいと切に思いました。

◇年寄りに、老人の範囲に入ってから、あまりゲーム的なことに参加していないので、脳に刺激があったのでは?

◇楽しくゲームをさせて頂きありがとうございました。少しは頭が活性化したように思います。

◇以前、“みやこめっせ”でゲームに参加させてもらい興味をもちました。今回も楽しく参加でき、よかったです。

◇分科会の運営の方々、とても楽しく優しくよかった。2つの分科会に興味があり、両方に参加したかったのですが、もう少し出入りしやすい方がよい。例えば、1枚の紙の提示でなく、名札にするとか。

◇ 笑って楽しく、仲良しになれる楽しい工夫が役にたちました。

◇体と頭でわかる内容でした。

◇お話は少し長かったが、ゲームがたのしかった。

◇参考にしようと思った。

◇かんたんなゲームでも、結構頭をつかったトレーニングで勉強になりました。自分の頭の固さがよくわかりました。

◇ゲームと説明の組み合わせがよく、楽しかった。失敗してもOKというフォローがしっかりしていて、誰もが参加しやすい。

◇既知の内容でした。でも、実際に久しぶりに他の方と一緒にしてみて、初心に戻る点なども沢山ありました。勤務先のディセンターでは人数が多すぎて難しい点もありますが、小グループで認知症の度合いに合わせて実施してみても良いかなと思いました。

◇楽しかったです。介護職をしているので勉強になりました。

◇自分自身が活性化されたように思う。
2009/08/22のBlog
[ 22:23 ] [ 活動報告 ]
8月22日(土)「福知山市認知症予防の会」 主催の「ゲームリーダー養成講座」
五回シリーズの四回目{会場:福知山市総合福祉会館}

予防ゲーム指導者講習会の第四回目、午前(10:00~12:30)と午後(13:20~15:50)の部に分かれて開催されました。

高林の講義は、「優しさのシャワーについて」
所要時間は30分弱でしたが、内容は長くなるので、「ジャンル:優しさのシャワーとは」参照。
 
ゲーム担当は原口で、「その3」机のゲーム頭の体操でした。三回目当初予定日の豪雨禍のために「その4」と入れ替わりました。
午前組、午後組とも参加者は32名ずつ。お盆休みをはさんでの後半ですが、学習意欲はいささかも衰えず盛んで、残暑もそこのけで、部屋中が活気に溢れていました。

講座終了後の予防教室準備のために、午前組・午後組の皆さんが初顔合わせをされて、グループ分けなどの組織作りの相談もありました。
地域力を結集しての“スリーA方式認知症予防教室”スタートにむける熱気が伝わってくるようでした。
2009/08/14のBlog
[ 12:06 ] [ 活動報告 ]
認知症予防教室(スリーA方式)

地下鉄東西線「小野駅」近くで開始した小野教室第1回は、8月12日無事終了しました。9人の輪になってスリーAの予防ゲームを楽しみました。

男性の参加者さんは太鼓の合奏を気に入ってくださいました。太鼓の楽譜を巻紙に書きかえたのは成功でした。
次回からは運搬に便利なように、組み立て式の四角い箱太鼓を準備します。夜なべ仕事で作っています。
教室を重ねるごとにゲームの道具にも新しい工夫が加わります。

次回は9月9日(水)午後1時半~3時半
毎月一回 第二水曜日 9月9日,10月14日,11月11日,12月9日

■ところ : からしだね館 京都市山科区勧修寺東出町75 (行きかたは下記を)
■参加費 : 500円 (付添い500円) 
■定員 : 15名 

■申込は下記へお願いします。

■主 催 : NPO法人認知症予防ネット http//www.n-yobo.net/
〒611-0031 宇治市広野町一里山15-10
電話0774-45-2835 FAX0774-45-2793 Email npo@n-yobo.net
 
☆会場「からしだね館」 への行きかた
l◆地下鉄東西線「小野駅」1番出口より
 外環状線沿い南へ徒歩1分(エレベータ有)
l◆京阪バス 京阪六地蔵、山科駅から
 「小野駅」バス停下車南へ徒歩1分
2009/08/09のBlog
[ 23:09 ] [ 活動報告 ]
「福知山市認知症予防の会」 主催の講習会(2009年8月8日)
五回シリーズの三回目{会場:福知山市総合福祉会館}

予防ゲーム指導者講習会の第三回目、午前(9:30~12:00)と午後(13:30~16:00)の部に分かれて開催。

第3回目は、先週予定の講習会が豪雨で延期となり、4回目に予定していた平山眞砂美の講義と原口熱美のゲーム担当で行われました。

平山の講義内容は
 ゲームで使用する道具の作り方でした。実際の作業は時間の関係で宿題となりました。

ゲームは「その4」
・2種類の太鼓の合奏
・風船バレー
・風船サッカー 
・シーツ玉入れ
・じゃんけんゲームの5種類

「体をいっぱいに使って、充実感があった」と受講生の方からの感想を頂きました。

2009/07/28のBlog
[ 15:50 ] [ 活動報告 ]
「福知山市認知症予防の会」 主催の講習会(2009年7月18日)
五回シリーズの二回目{会場:福知山市総合福祉会館}

予防ゲーム指導者講習会の第二回目、午前(9:30~12:30)と午後(13:30~16:30)の部に分かれて開催。


第二回目は、赤松ふさ枝の講義と原口熱美のゲーム担当でした。

赤松の講義内容は
 *ゲームで多用するグーパーの意味
 *予防ゲームと慰撫的タッチの相関性
 と致しました。
原口は、軽費老人ホームに勤務中にスリーAの予防ゲームを取り入れた体験談を話して、スリーAの理解を深めていただきました。

ゲームは「その2」
・リズム2拍子
・リズム3拍子
・リズム4拍子
・お手玉回し
・ドジョウさん
の5種類

スキンシップが加わり、運動量も増えていきます。
参加者には、その体験とリードの仕方を学んでいただきました。
参加の方たちがすっかり打ち解けられて、お仲間さん意識を持たれたようです。
[ 15:28 ] [ 活動報告 ]
「福知山市認知症予防の会」 主催の講習会(2009年7月11日)
五回シリーズの一回目{会場:福知山市総合福祉会館}

午前の部:48名 午後部:35名(いずれもスタッフ含めて)

予防ゲーム指導者講習会の第一回目、午前(9:30~12:30)と午後(13:30~16:30)の部に分かれて開催。

同じ内容の講義とゲーム指導を、二回行うのは初めてで、戸惑いましたが、無事済ませました。

今回は、高林実結樹の講義と福井恵子のゲーム担当で、2名で伺いました。

高林の講義内容は
 *スリーAとは
 *認知症予防とは
 と致しました。福井は
 *在宅でのスリーA実施報告
を話して、スリーAの特徴を理解していただきました。

ゲームは「その1」
・指を使って数えよう
・「歌いながら 1・2・3・~」
・グッパー体操
・でんでん虫
・お茶壷
・グーチョキパー
のウォーミングアップに当たる指遊び6種類
に慣れていただき、そのリードの仕方を学んでいただきました。

~~~~~
参照:「認知症予防ゲームとは?」 ゲーム(その1)をご覧下さい。
2009/07/14のBlog
[ 21:38 ] [ 活動報告 ]
八幡市第四小学校区吉井松里福祉部です。
毎月第3月曜日13時より15時迄公会堂で、ふれあいサロン
を開催しています。
最近の活動は、バスで行くお花見(京都府立植物園)とお食事の集い・ ストレッチ体操・大人のぬりえ・ホットケーキ作り・スリーAに
よる認知症予防(フルコースで福井 恵子さん指導)等です。

毎回福井さんに、予防ゲームの一部を指導して頂き、 脳の活性化をしながら楽しいひと時を過ごしています。

今回は大人のぬりえの後、皆んな輪に なって認知症予防ゲームを指導していただきました。

一つ一つはそう難しく思いませんが・・・・
なかなか上手く 出来ません。お向かいの人の間違いに気付き・・・大笑い・・・・ 自分の間違いは笑って誤魔化し・・・・

皆さんゲームに夢中になっている姿が微笑ましく感じました。

吉井松里福祉委員記

~~~~~~~~~~

2009年7月13日の福祉サロン担当者の感想でした。
一人暮らしや高齢者に声をかけて、毎月一回のサロン、私も一緒に楽しんでいます。

今回は、~一時間、楽しいゲームを中心に~ とのことで、指運動(1~10、1~5、でんでんむし・茶壷・グーパー)、リズム(二拍子:ウサギと亀を歌いながら)・三拍子(故郷を歌いながら)四拍子(お馬の親子を歌いながら)、お手玉回しドジョウさんゲーム(男性参加者7名に”はい!”を言っていただきました)、シーツ玉入れジャンケンゲームをしました。

暑いさなかの集合時間でしたが、三々五々集まってくださり、スタッフ入れて、26名の大きな輪になりました! いつもは、スッタフさんたちは、お茶の準備などで輪に入らないことが多いのですが、今回、全員が加わってくださり、楽しんでいただきました。

一番大笑いしたのは、ドジョウさんゲーム!
シーツ玉入れ、9:918名の対決で、2:0の結果でしたが、懸命に玉入れをされました。
ジャンケンゲームは、今回の担当者が優勝! 「今日のこのサロンのご褒美だねぇ~」と皆さん、喜んでくださり、良かったです。

~写真を頂いたのですが、不手際で掲載できません(^^;もうしばらくお待ち下さい。 福井恵子
2009/07/04のBlog
私たちの活動は、沖縄県にも波及し、石垣市の「NPO法人うつぐみ」様からのお招きで 養成講座に伺いました。7月1日午前・午後、2日午前・午後と4回シリーズでした。

詳細は後日にゆずるとして、「八重山毎日新聞」の取材がありましたので、そちらの記事をぜひご覧下さい。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/13947/
≪認知症予防「笑い楽しむことが大切」NPOが予防指導者養成講座≫</a>です。
シーツ玉入れの様子が写真入りで、報道されました。

8月25日には、石垣市とNPOうつぐみ様との共催で、市民への啓発講演会が開催されるそうです。新聞を見た市民の方が、「新聞の写真で見た“シーツ玉入れ”を実演するのでしょう?」と言って楽しみにしておられるそうです。“シーツ玉入れ”は、どの地域でも人気がありますねえ。

スリーA方式認知症予防ゲームが、石垣市に根付きますように祈ります。 理事長 高林実結樹
171~178件を表示   <<   <   9  10  11  12  13  14  15  16  17  18