ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人花と緑のネットワークとよなか
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:2665件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2020/12/31のBlog
来週は9月第2週です。秋・冬野菜の栽培や育成中のサツマイモの収穫イベントなど、これから多忙となります。

この間2人の方が当法人に加入されました。最近は漸減傾向にあり、組織拡充が大きな課題で、近々ワークショップを行って会員拡大の方途を探る予定でしたが、この傾向を踏まえ前向きにワークを期待しています。

また、「とよっぴー農園」での栽培ボランティアも募集で具体化する予定です。

運動の秋、組織も躍動に向けた秋にしたいものです。台風10号が気がかりです。各地の無事を祈ります。
週明けの火曜日は早いもので9月に入ります。新型コロナウイルス感染症により約3か月以上、事業・活動の中止・自粛もあり、再開後、時間の経つのを早く感じてなりません。
酷暑の夏、残暑がしばらく続きますが、秋らしくなればありがたいと思う今日この頃です。

■ボランティア募集中<ボランティア歓迎作業です>■

9月当面の活動情報を提示します。

〇9/19(土) 堆肥化施設見学 11:00~12:00
場所:緑と食品のリサイクルプラザ
※ボーイスカウトの施設見学です。

〇9/23(水) 「とよっぴー」有料配布 10:00~11:00
場所:緑と食品のリサイクルプラザ
※9月2回目の有料配布です。

〇9/24(木) さわ病院野菜市 10:00~完売まで
場所:城山町さわ病院
※お馴染みの「とよっぴー」野菜など旬の地場産野菜の販売です。

〇9/25(金) 「とよっぴー」の出張配布 11:00~13:00
場所:市内3か所
※3軒から申し込みがあり出向きます。



※感染症ウイルスと共存する状態が続きます。感染症対策(密集・密接の回避や消毒対策等)を講じます。

今後も見えない感染症の発生が続きます。ウイルスとの共存となります。第2波の爆発的感染と言われていま。より防止対応していかねばななりません。感染症に照応した新しいスタイルを築くか難しいこともあるでしょうが、発生抑止の立場で対処していきます。ご協力をお願い致します。

終息を迎え、皆さんと一緒に多様な活動ができることを願っています。

ご用事並びにお問い合わせ等は以下にお願いします。決まった時間以外は対応することができません。ご了承下さい。

携帯電話:080-5718-7651 
(10:00~16:00 土曜日「活動がない場合」~月曜日はお休みです)


 

食育フォーラムの報告書を作成


2013年11月に「食育フォーラム」を開催しました。農林水産省の助成を受けて「農のある暮らしづくり」の事業を進めていますが、その一環として実施したもので、報告書には「とよっぴー農園」での農体験活動、小学校での菜園支援や教室での環境教育(農業やお米さらには食育)などの活動を紹介しています。

ご希望の方はご連絡ください。

また、2015年12月には「元気野菜でかわるこころとからだ」と題する講演会を開催いたしました。その際の感想文をPDFで紹介します。

とよっぴー有料配布について
 豊中市が製造(ただし、製造業務は当法人が担っています)しています。

 3kg―150円
10kg―250円(製造量に限りがあります)-出張有料配布7袋まで(1袋400円)

土壌改良材として、昨年(2013年度も、学校や農家の方をのぞいて、年間のべ1300人以上の方が購入していただいています。

市外の方はなるべく「とよっぴー倶楽部」(年間1000円)へのご加入をお願いしています。
 

<有料配布>
場所:緑と食品のリサイクルプラザ
毎月第2土曜日及び第4水曜日 10:00~11:00
 (7月「第4水曜日」・8月・12月・1月はありません)

●地場産野菜の有料配布(市内の農家が直接持ち込みます)
 毎月第1土曜日 10:00~完売まで 環境交流センター
 ☆<「地域こだわりマルシェ&野菜市場」として市内のこだわり商品が出ます。>
 毎月第2水曜日 10:00~完売まで 市生活情報センターくらしかん 
 毎月第4木曜日 10:00~完売まで 市内城山町さわ病院

●堆肥化講習会、堆肥化容器活動・活用助成受付
 毎月第3土曜日 10:00~11:30 市生活情報センターくらしかん
 <8月・12月はありません>
 <7月・11月・2月は栽培講習もあります>
 
 

●「野菜栽培を楽しむ人のための農業講座」は終講しました。 
 

●食育講演会の感想文を掲載
昨年12月18日(木)に開催しました講演会の感想文を掲載します。

 

ホームページをリニューアルしています。活動の種類をジャンルごとに掲載しています。
是非のぞいて下さい。このまま、ブログをご覧の方は、このまま下段をご覧ください。
http://toyoppy.jp です。



当法人はNPO法人「とよなか市民環境会議アジェンダ21」のプロジェクト活動として設立した法人です。市民が中心になって都市部で循環型社会の形成をめざす多様な活動をおこなっています。あなたも活動に参加しませんか。
お問い合わせは<事務局>NPO花と緑のネットワーク 火~金 10時~16時
〒561-0881 豊中市中桜塚1-24-20 
 豊中市立環境交流センター
NPOとよなか市民環境会議アジェンダ21内 事務局 (中村・山上)
 TEL06-6844-8611 FAX06-6844-8668
 <掲載の活動写真をクリックしていただくと画面が大きくなります>入会方法などしくは下記のPDFで。
2020/09/17のBlog
「とよっぴー」農園のミニ田んぼでは、10月に入り稲刈り作業を予定しています。9月入り穂も実り収穫期も間もなくです。市内の田圃でも多くでネットを張っていますが、ミニ田んぼでも先日、ネットを張りました。
 昨年は、ネットの下が少し空いており、スズメに穂を随分食べられました。今回は、厳しいようですが、きっちり張っています。
昨日16日(水)朝から「とよっぴー」袋詰め作業に精を出しました。スタッフ9人で最終的に421袋詰め、23日(水)予定の有料配布に備えました。

当日は、数日前のような気温でなく、比較的楽な天候でしたが、途中2回の休憩を挟み熱中症対策も講じての作業としました。

空の倉庫一杯に「とよっぴー」をストックしたところです。
2020/09/14のBlog
11日(土)は9月最初の「とよっぴー」有料配布です。

前回は600袋超えました。今回も期待しての作業です。何時もより湿気が多く、「とよっぴー」を車両に積み込むことはもちろん、汗が滴り落ちる中での販売となりました。

最終的に77人の方が購入に来られました。前回より少なくなりましたが、順調に販売できています。
12日(土)朝から大学教員3人の方が、緑と食品のリサイクルプラザの見学に来られました。

お聞きすると大学内で生ごみを堆肥しているグループで、生ごみが堆肥になる様子を自ら学ぼうと来られたものです。

見学に30分、当法人の活動など聴取されましたが、質問も多く、お互いに大いに学ぶ機会となりました。

今後も連携や堆肥化についてお互いが情報交換しながら、生ごみの堆肥化を推進していくことを確認することができました。

約2時間、緊張の中にも良い勉強ができました。

2020/09/09のBlog
5日(土)は「地域こだわりマルシェ&野菜市場」、9日(水)は「地産地消デー」でした。前者は市内の商店からの一押し商品と一緒に「とよっぴー野菜」などを販売しました。後者は何時ものように能勢や三田なども含め域内の産物が並ぶ行事です。こちらの方は「とよっぴー」3.0kgも含め「とよっぴー」で育てたいわゆるブランド野菜を提供しました。

どちらも40人を超える人が購入され、活動の意義が高まりました。
昨日8日(火)は当法人の9月定例会でした。嬉しいことに先月に続き2人の新しい会員もあり、ちょっと活気づいてきました。

定例会に先立ち年1回、会員対象に行っている人権研修のDVDを鑑賞、市民活動での差別や偏見の根絶に向け気持ちを新たにしました。

定例会では、当法人が抱える焦眉の課題10点(「とよっぴー」認知度、市民ニーズの把握、花いっぱい運動の調査、堆肥化助成制度の見直し、野菜販売支援、有料出張配布の改善、小学生向けスライドの作成など)を説明、今後整理することとなりました。

また、サツマイモ収穫行事の日程やスタッフ確保について確認しました。
5日(土)、緑と食品のリサイクルプラザで、堆肥化施設の見学や堆肥化の進行過程にある「とよっぴー」を触って温度を当てる体験や「とよっぴー農園」で農作業を行う「お仕事体験」行事を開催しました。

給食残渣類が堆肥に変わっていく様子を見学し、実際に熟成中の堆肥を触って温度を当ててもらうことにも挑戦していただきました。

当日の温度はちなみに69度ありました。
行事に中心は農作業です。とにかく暑い中でこれまで育ててきたトマト畑の後片付けと畝の周囲の雑草抜きをしていただきました。

暑いことから、わずかな時間のお仕事体験としましたが、皆さん元気でもう少しやりましょう、との声が多くありました。
2020/09/04のBlog
「とよっぴー」袋詰めの後、11時過ぎから当法人の理事会でした。議題が多くあり終わったのは午後1時過ぎ、昼食も忘れ議論しました。

議題は多岐に及びました。堆肥製造や資源循環事業の中間検証、組織や媒体物強化の検討を始め、「とよっぴー農園」後期のの栽培計画やイベントの確認、出張有料配布の改善策、野菜市等でのポスティングの見直し、小学校向けの宣伝(スライド)の作成、堆肥化容器助成制度の見直し、農園ボランティアの確保活動など14項目に及びました。

一応、理事会で同意を得た内容を、8日(火)の定例会に諮って最終確認として、措置する手続きに入る予定です。
前のページ   |   次のページ