ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
阪神地域えきバスマップ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1416件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
ジャンル:バスマップ調査隊探検記
Blog数:46件
1~10件を表示   1  2  3  4  5   >   >>
2010/04/17のBlog
[ 23:59 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
バスマップ調査隊探検記

いよいよ阪神都市圏広域バスマップの紙版、Web版、
そして、「バスでおでかけバスマップブログ」が本格始動しました。
今後は圏内の見所、バスや地域に関するお得な情報を
月刊バスマップ調査隊探検記として紹介していきます。

2007年4月 夙川のさくら、花見シーズン到来!
2007年4月 号外1 夙川のさくら、見所紹介
2007年5月 ゴールデンウィーク、昆陽池散策!
2007年6月 色彩豊かな荒牧バラ公園!
2007年7月 梅雨の晴れ間に映える朱 中山寺
2007年8月 日本初の交通公園!西武庫公園
2007年8月 号外1 夏だ!冷酒だ!西宮酒蔵通り
2007年8月 号外2 異国情緒あふれるショッピングモール つかしん 
2007年9月 伊丹歩き その1 みやのまえ文化の郷
2007年10月 伊丹歩き その2 城下町から清酒の街へ
2007年10月 号外 第5回全国バスマップサミットin広島 開催
2007年11月 秋の北山散策 その1 北山緑化植物園
2007年11月 秋の北山散策 その2 鷲林寺
2007年12月 阪神南地域の観光に「もだんるーぷバス」
2007年12月 変わりゆく宝塚ファミリーランド跡地
上記記事の調査隊の様子をサンテレビが取材に来ました!
サンテレビジョン 「週刊ひょうご夢情報」という番組の
「ひょうご夢ワイド」コーナーで放映!
放 送:12月16日(日) 9時~9時30分
再放送:12月17日(月) 18時30分~19時
2007年12月 宝塚続編 ひかりのさんぽみち
2008年1月 西宮神社のえべっさん
2008年1月 巡礼街道 売布神社~清荒神
2008年2月 ホビスタのジオラマを見に行こう
2008年2月 近松のまち・あまがさき
2008年3月 春匂う 緑ケ丘公園
2008年3月 金太郎の春場所at満願寺
2008年4月 気分は芦屋マダム♪芦屋文化ゾーン
2008年4月 GWは芦屋ウォーターフロントへ!芦屋市総合公園
2008年5月 芦屋マダムもうっとり~堀江オルゴール博物館
2008年5月 ウォーキングガイド~芦屋の歴史が薫る地を歩く
2008年6月 駅から徒歩3分に広がる歴史ロマン~尼崎・寺町
2008年6月 駅から徒歩5分!阪神間最大の商店街~尼崎中央・三和・出屋敷商店街
2008年7月 【号外】「えきバスたいむ。」
2008年7月 尼崎・寺町周辺~貴布禰(きぶね)神社・サンシビック尼崎
2008年8月 夏真っ盛り!「涼」を求めて猪名川町へ~ふるさと館~
2008年8月 夏真っ盛り!「食」を求めて猪名川町へ~道の駅いながわ~
2008年9月 「ふるさとの風景」を求めて猪名川町へ~彫刻の道~
2008年9月 猪名川町よくばりプラン~「屏風岩」周辺~
2008年10月 空港のまち・伊丹①~伊丹スカイパーク~
2008年10月 空港のまち・伊丹②~こども文化科学館~
2008年11月 JR伊丹駅から徒歩1分!イオンモール伊丹テラス
2008年11月 【号外】 第6回全国バスマップサミット(わがまち公共交通会議in新潟)開催
2008年12月 【号外】 公共交通利用促進に向けた社会実験「エコ~るdeおでかけ」の実施
2008年12月 ヨット・クルーザーのクリスマスイルミネーション~新西宮ヨットハーバー~
2009年1月 にしきたいこいこ!~西宮ガーデンズ~
2009年1月 潮騒の音、螺鈿の光輝く~西宮市貝類館~
2009年2月 西宮浜を歩く
2009年2月 生まれ変わったバス停たち
2009年3月 意外な発見続出!?川西市をゆく(その1)
2009年3月 意外な発見続出!?川西市をゆく(その2)
2009/04/11のBlog
[ 18:14 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
川西は清和源氏発祥の地!

第56代清和天皇の孫、経基は源氏の姓を賜りました。
その子である源満仲は968年に一族を引き連れて摂津の多田盆地に移りました。
強力な武士団を形成し、日本の武家社会の基礎を築き上げました。
そのゆかりの地である多田神社を訪ねます。
多田神社の拝殿

多田神社の前身は970年に源満仲が建立した多田院です。
現在の本殿や拝殿は徳川4代将軍の家綱が再建したものだそうです。
国の重要文化財に登録されています。

多田神社
境内の寒椿

静かなたたずまいの境内には季節はずれの寒椿が残っていました。
サクラや紅葉の名所でも知られ、見頃の季節には多くの人が訪れるそうです。
他にもムクロジの巨木が存在感を発揮しています。
2008年3月に紹介した多田神社まで、ハイキングコースが整備されています。
約3.3kmで1時間程度のコースです。
清和源氏のふるさとをめぐるのに最適です。
清流? 猪名川

バス停から赤い欄干のある橋を渡ると多田神社の山門へと続く階段。
逆に川へと降りる階段を下りると、猪名川が間近に!
猪名川もここまで来ると清流のよう!
さらに上流に行きたくなる気分にさせてくれます。
食事処「えびすや」から眺める猪名川 
山門を下りてひとやすみ、左側の「ほていや」は少しぜいたくに、
予約弁当も承っているそうです。
今回は右側にある「えびすや」に寄りました。
丼ものに、うどん、ラーメンなど気軽に食べられます。
隣には喫茶店も併設されており、コーヒーなどでひとやすみ。
ゆったりと猪名川を眺めるのもいかがでしょうか。


アクセス

<その1>

阪急バス
バス停「川西バスターミナル」(2番のりば)より
阪急バス12系統(日生中央行き・多田神社前)、13・73系統(けやき坂五丁目行き・多田神社前経由)に乗車
多田神社前バス停下車
進行方向に向かって奥(西)の信号を右(北)に曲がり、赤い欄干の橋を渡ったところ。

<その2>

能勢電鉄多田駅より西に約1.2km(徒歩約20分)
駅前通りを道なりに行くと多田神社の山門前をとおります。

2009/03/15のBlog
[ 23:11 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2009年3月 意外な発見続出!?川西市をゆく(その1)


世界に2つしかない「ナイチンゲール像」がここに!

花屋敷の大きな家並みの一角に、世界に2つしかないといわれているナイチンゲール像がたっています。

この像は、ロンドンにあるナイチンゲール像を原型にしたもので、毎年5月には生誕祭が行われ、多くの看護学校生たちが集まり、「奉仕と博愛の精神」を誓っているそうです。
実は、「三ツ矢サイダー」発祥の地だった!

明治14年、名鉱泉として紹介され、これを飲料水にビン詰めして「平野水」という商品名で発売されました。

これが、日本初のサイダーであるとされており、後に加工されて「三ツ矢サイダー」になりました。

大正の中頃には、平野駅北部一帯に東洋一の規模といわれた清涼飲料水工場があったそうです。
川西にドラゴン現る!?~ドラゴンランド①

「九頭龍の伝説」など、川西市が「龍」と深くかかわってきたことなどから、地元の皆さんの提案を受け、
高速道路(平成10年4月に開通した阪神高速道路池田線・延伸部の市域通過部分1.44km)を龍に見立てた構造にして「川西龍の道」と名付けています。

その高架下にあるドラゴンランドも、市の歴史や文化を伝えるものとして新しいシンボルとなっています。


猪名川沿いの堤防には、幅3メートル、延長1,381メートルのサイクリング道路を整備。
歩行者と自転車専用の遊歩道となっています。

水辺には、水遊びができる延長250メートルの「せせらぎ水路」を設置。
憩いと安らぎがある空間となっています。

また、市木の桜が、総延長800メートルにわたり植えられています。

ちらほら桜も咲き始めていました。
桜の季節、美しい春の景色が楽しめそうです。
川西にドラゴン現る!?ドラゴンランド②

また、川西の説話として伝わる龍をモチーフにした長大遊具も設置してあります。

長さは133メートル。
白龍と青龍の二頭が向かい合って地上に降り立った格好をしています。

内部には、ネット渡りや浮動平均台、つり輪、ネットトンネル、丸太渡りなど十二種類の遊具が装備されています。
川西市をもっと知りたくなったあなたのために・・・

知れば知るほどおもしろい川西を、ボランティアガイド「川西市文化財ガイドの会」さんが案内してくれます。

モデルコースのほか、希望に応じたコース作りもできるそうです。

ガイド料は無料。
お申し込みは、5人以上のグループで、原則1ヶ月前までにご連絡を。

<お問い合わせ・申し込み窓口>

川西市教育委員会 社会教育課(川西市役所3F)
TEL(072)740-1244(9時~17時、平日のみ)




アクセス


■「ナイチンゲール像」までのアクセス:

 阪急「雲雀丘花屋敷駅」下車、東へ500m


■「三ツ矢サイダー記念碑」までのアクセス:

 能勢電鉄「平野駅」下車 北へ400メートル


■「ドラゴンランド」までのアクセス:

 阪急「川西能勢口駅」下車、東(猪名川の方向)へ徒歩15分ほど地図はこちら
2009/03/01のBlog
[ 16:51 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
バスマップブログが本格運用されてから、2年が経とうとしています。
バス停の状況も変化しているところが見られ、ブログの情報が古くなっているところも見られます。こういった情報を含め、バス停の改善をすすめる体制が整えられないことも、運営が厳しい現状を反映しています。
今回はこういった現状を変えることのできたバス停をいくつか紹介します。

交通公園前(整備後)

阪神バスの「交通公園前」バス停では、新しい上屋とベンチができました。
この上屋とベンチは広告会社が整備したものです。壁面の斬新な広告は企業との契約期間が終われば、別のものに取り替えられます。上屋やベンチの清掃も広告会社がしてくれます。
自治体やバス会社は、広告会社と契約をして、バス停に広告を設けることを許可します。これまでは、市の広告条例などで、バス停も含めた道路上に広告を出すことは制限されていました。
しかし、景観に配慮して、審査で認められたデザインに優れた広告をバス停に掲載できるように規制緩和されました。

広告会社が企業に広告を募集し、そのお金でバス停の施設と広告を整備し、管理・清掃するしくみができました。バスの利用者だけでなく、通行者も広告を見ることができるため、宣伝効果が期待できるところで、バス停が整備されていきます。
みなさんも、こうした広告つきのシェルター式バス停に注目してください。

交通公園前(整備前)
整備前はバス停の標柱が立っているだけでした。

阪神バス「交通公園前」


コニカミノルタ前(整備後)

一方、社会貢献に力を入れる企業もあります。
会社の前にバス停があるコニカミノルタでは、会社の前の敷地を利用して、上屋とバス停を新しく整備しました。壁や植栽を整備し直すのに合わせて、会社が費用を負担して
バス停もきれいに整備されました。
社員の人しか使ってはいけないということはありませんので、お気軽にご利用ください。
コニカミノルタ前(整備前)
整備前もわずかな敷地を利用して、ベンチは置かれていました。

伊丹市営バス、阪急バス 「コニカミノルタ前」
大庄小学校

新しく整備されたわけではありませんが、工夫を凝らしたバス停が各地にあります。
「大庄小学校」バス停では、学校横のスペースを利用して、歩道を拡幅し、休憩スペースを設けて、バスを待つ人も利用できるようになっています。

尼崎市営バス「大庄小学校」

このように、バス事業社、行政、地域住民が協力すれば、公共施設の敷地、店先などを利用して、上屋やベンチを置くこともできます。ただし、許可を得ず、道路上にベンチを置くことはできませんので、必ず役所と相談して行なってください。
また、学生や地域のボランティアがバス停や周辺の道路を清掃、花壇の整備を行なっている姿もみることができます。こうした地域を支援するための法律もできました(地域公共交通の活性化及び再生に関する法律)。地域住民も参加して話し合い、バスの運行経路や運行本数の見直し、バス路線の新設、低床車両の導入、バス案内システムやICカードの導入、バス停の改善などを実現していきます。

バス停は「地域の顔」、みんなで協力すれば使いやすいバス停に生まれ変わります!
2009/02/18のBlog
[ 01:50 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2009年2月 西宮浜を歩く

今月は西宮浜周辺を歩いてまわるスポットを紹介します。

西宮市に自然の砂浜があることをご存知ですか?
阪神間の多くの海岸が埋め立てられているなか、
御前浜公園(香櫨園浜)には砂浜が見られ、
野鳥、貝などが生息しています!
そして、海の向こうには住宅地?
後ろを振り返ると六甲山系という一風変わった景色が展開します。

西宮砲台

御前浜公園にそびえたつ、大正11年に国から史跡に指定された砲台です。
幕末の慶応2年(1866)年に建造され、高さ12mもあります。
大砲2門を装備して国防にあたる予定で、空砲を試射したところ、
煙が内部に充満してしまうという欠陥があったそうです。
幸い、大砲を使う機会はなく、修復を重ねて現在まで残っているのです。

御前浜橋と西宮大橋

手前の御前浜橋はヨットや船舶が通過できるように、
はね橋となっています。
旧ヨットハーバーの対岸からは奥に見える西宮大橋で、
西宮マリナパークシティへ渡ることができます。
隠れた夜景のスポットです!

旧ヨットハーバー

日本最大級の新西宮ヨットハーバーが完成するまでは、
こちらが西宮のヨットハーバーでした。
北側には以前紹介した西宮の酒蔵が点在しています。
現在も西宮市立青少年海の家があります。
4月~9月にはボートの講習会を行なっております。
電話 0798(26)0418

交通公園

子供たちが遊びながら交通ルールやマナーが学べる公園です。
入場は無料。
西宮デパート、しやくしょ、けいさつしょなども揃い、
道路標識も子供たちにかかれば、りっぱな遊具?


アクセス

交通公園と西宮大橋

<方法①>JR「西宮」駅より:

阪神電鉄バス
バス停「JR西宮駅前」(3番のりば)より阪神電鉄バス「マリナパーク行」に乗車

<方法②>阪神「西宮」駅より:

阪神電鉄バス
バス停「阪神西宮」(6番のりば)より阪神電鉄バス「マリナパーク行」に乗車
マリナパーク行のりばは阪神西宮駅南側に変更されていますので、ご注意!

交通公園はバス停「交通公園前」下車、東側(進行方向左)すぐ。
西宮大橋はバス停「鞍掛町」下車、南(進行方向)に見える橋。


御前浜公園、西宮砲台、御前浜橋、旧ヨットハーバー

阪神「西宮」駅より:

阪神電鉄バス
バス停「阪神西宮」(6番のりば)より阪神電鉄バス「泉町、浜松原方面行き(西宮浜手線)」に乗車
泉町、浜松原方面行きのりばは阪神西宮駅南側に変更されていますので、ご注意!
午前(11時まで)は浜松原経由、午後(12時から)は泉町経由になります!
バス停「西波止町」下車、東へ行くと港が見え、旧ヨットハーバーがある。
そこから南(右)に曲がると海沿いに、御前浜橋が見え、橋と逆方向に御前浜公園と西宮砲台がある。

上記バスは1時間に1本から2本のため、「交通公園」バス停から歩いても約1mほどの行程。
交通公園の南の交差点を西へ(北西角に白鹿クラシックスあり)、
浜町交差点を南に港沿いを歩くと旧ヨットハーバー。

「鞍掛町」バス停→西宮大橋→御前浜橋→御前浜公園→「西波止町」バス停と歩くと3km弱。
2009/02/01のBlog
[ 03:07 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2009年1月 潮騒の音、螺鈿の光輝く~西宮市貝類館~

今月は西宮浜にある西宮市貝類館を紹介します。

安藤忠雄氏が建築した建物の外観は貝の曲線をイメージさせます。
世界各地から貝殻、貝の化石などが展示されている内部は明るく、
採光の工夫がみられます。
貝殻で飾られたモニュメント
入り口に入ると、色とりどりの貝殻で飾られたモニュメントが迎えてくれます。
大きなシャコガイもインパクトあり!

休館日
 毎週水曜日(ただし、祭日と重なる時は翌日)、
 年末年始(12/29~1/3)、
 ただし、夏休み期間中(7/20~8/31)は無休
開館時間
 10時~17時(ただし、入館は16時30分まで)
観覧料
 一般200円、
 小・中学生100円(ただし、幼児と、のびのびパスポ-ト、ココロンカ-ド持参者は無料)、
 20人以上団体割引あり(一般160円、小・中学生80円)

 お土産にお好きな貝が1つもらえます!
展示室
 展示は世界、日本、そして西宮浜の貝が見られます。
 貝類の進化、貝類の分類なども知ることができます。
 注目は貝を使った道具や装飾品の展示、今ではなかなか見られない貝のボタン、螺鈿の施された調達品はまさに芸術品です。
 海と川に住む貝のジオラマもあって、貝の生態がわかります。
貝を体験する!
 貝を見るだけでは飽きた人、貝を体験してください。
 顕微鏡で貝の輝きをじっくり観察。貝を耳にあてて潮騒の響きを拝聴。
 非常に精巧な貝のスタンプを集める!→きれいですよ
 貝を使って自分だけの工芸品を作る!
 アクセサリーやクリスマスの飾り、ひな人形など作る講座が毎年企画されています。
 2月15日は「貝を使ったひな人形作り」の講座です。
 (定員20人で、申し込み多数の場合は抽選)
マーメイド号
 新西宮ヨットハーバーから出発して、世界一周を達成した堀江謙一さんのヨットも見られます。

図書、ビデオコーナーで、貝や海に関する資料も見ることができます。
 館内に食事する場所はありませんが、隣のパセオに飲食店があります。
 東へ200mほどにある新西宮ヨットハーバー内にもレストランがあります。

アクセス
<方法①>JR「西宮」駅より:

阪神電鉄バス
バス停「JR西宮駅前」(3番のりば)より阪神電鉄バス「マリナパーク行」に乗車
⇒バス停「マリナパーク南」で下車すぐ


<方法②>阪神「西宮」駅より:

阪神電鉄バス
バス停「阪神西宮」(6番のりば)より阪神電鉄バス「マリナパーク行」に乗車
⇒バス停「マリナパーク南」で下車すぐ
マリナパーク行のりばは阪神西宮駅南側に変更されていますので、ご注意!

2009/01/25のBlog
[ 18:11 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2009年1月 にしきたいこいこ!~西宮ガーデンズ~

阪急西宮スタジアムの跡地に西日本最大級の
ショッピングセンター西宮ガーデンズが2008年11月26日にオープンしました。

阪急電鉄西宮北口駅の南東出口(2階)からペデストリアンデッキで直結。
ムービングウォークで約5分(みんな歩くので3分かな)
駅やバス停から近いので、おでかけは電車・バスで!
館内へ!
1階から5階まであり、とにかく広い。

阪急百貨店(1F~4F) 10:00~20:00 
 デッキからエントランスに入った西側。食料品売場のある1階は駅側に出入口がありません。駅方面へは化粧品売場のある2階から出てください。
イズミヤ(1F~3F) 10:00~21:00
 駅とは逆の東側。1階は食料品、2階は紳士服と婦人服、3階は子供服や家庭用品。
専門店街(1F~4F) 10:00~21:00(4階の飲食店は23時まで、サービスコーナーや大型店は22時まで)
 阪急百貨店とイズミヤを東西南北のモールがつないでいます。
 ファッション、インテリア、雑貨、グルメ、カルチャーなど250を超える店舗が並んでいます。圧倒されます。
 大型店は食品スーパーの成城石井(1F)、マツモトキヨシ(1F)、
 LOFT(2F)、in The Room(3F)、UNIQLO(4F)、
 ハローキティのドレミファ島(4F)、Joshin(4F)、
 CDショップのHMV(4F)、ブックファースト(4F)など
TOHO CINEMAS(5F) 9:00~24:00
 駅とは逆の東側にある、シネマコンプレックス(映画館)です。
スカイガーデンの噴水
 まだまだ魅力たっぷり。買物の合間に楽しむところ。 

スカイガーデン(4F屋外) 10:00~21:00
 都会の真ん中の屋上庭園。毎時0分と30分にはオルゴールの音に合わせて噴水が踊ります。夜は音と水と光のショータイム。 
 昼は子供が遊べるアスレチック(スウェーデントリムパーク)もあり。
 ただし、有料!

阪急西宮ギャラリー(5F) 10:00~21:00
 阪急電鉄の歴史や沿線の風景や文化を紹介、阪急ブレーブスの記念品なども展示、1983年当時の西宮北口駅周辺を再現したジオラマも見られます。
そして、西宮ガーデンズ北側の公園には、幻のダイヤモンドが埋められています!
マニア必見の宝物、わからない人は調べてみてね。

阪急ハロードッグ(4F、阪急百貨店内) 10:00~20:00
 ペットと一緒にペットグッズをお買物。
 ペットフードやエステ、会員限定の「犬の幼稚園」もあります。
 ホテルでペットの宿泊も休憩もできます。
 西北端にあるペット可エレベーターで4階へ。
 ガーデンズ内の他のコーナーはペットと一緒には行けません。
アクセス
<方法①>阪急電鉄沿線から
阪急電鉄「西宮北口」駅の南東出口(2階)からペデストリアンデッキ(ムービングウォークあり)で徒歩3分

<方法②>阪急バス利用
阪急バス 「西宮北口」バス停(1階)から、一度、西宮北口駅の南東出口(2階)にあがってください。
阪急バス西宮北口

 (駅と反対方向の南へ歩いて、県立芸術文化センターの交差点を左折し、阪急今津線を越えても行くことはできます。混雑時はこちらのほうが人が少ないので方向感覚に自身のある方はどうぞ。ただし、駅から近いところの1階に出入口はありません。) 

<方法③>阪神電鉄沿線から
 阪神電鉄「今津」駅にて、阪急電鉄「今津」駅に乗り換え、今津線で「西宮北口」駅まで約3分。

<方法④>JR神戸線沿線から
 JR「西宮」駅の北口にある「JR西宮」バス停1番のりばから
 阪急バスまたは阪神バス いずれも「西宮北口」方面行きに乗車。
 西宮北口に行かないバスも停まるので、行き先の確認を!

阪急バスJR西宮 1番のりば
阪神バスJR西宮 1番のりば
「にしきたいこいこマップ」
 「阪神都市圏広域バスマップ」の西宮版が登場。西宮ガーデンズの開業に合わせて、電車・バスでの行き方を掲載。西宮北口周辺の駐輪場の案内もあります。

 <発行>阪急電鉄株式会社・西宮市
 <協力>兵庫県 平成20年11月印刷
 西宮市役所などでもらえます。
 問い合わせ先
 西宮市 北口まちづくりグループ 0798-35-3775
 阪急電鉄(株) 都市交通計画部 06-6373-5031
2008/12/17のBlog
2008年12月 ヨット・クルーザーのクリスマスイルミネーション~新西宮ヨットハーバー~


日本で有数の規模を誇るヨットハーバー、新西宮ヨットハーバー
西日本では最大規模のヨットハーバーで、700隻を係留することができます。

六甲山系に沈む夕日が一望できるハーバー周辺には、ウッドデッキや芝生広場などもあり、のんびりと絶景を一望できます。
日本人初!堀江謙一さんのヨット


堀江謙一さんは、2004年からヨット「SUNTORY マーメイド号」で単独無寄港による世界一周(東回り)に挑戦しました。

ここ新西宮ヨットハーバーから出発し、翌2005年6月に新西宮ヨットハーバーに無事帰還。

東西両方向周りで世界一周航海をしたのは日本人初、世界でもオーストラリア人に次ぎ2人目という記録です。

センターハウス内①: ギャラリー&マリンショップ


1階ロビーには、日本人で初めてヨットの単独太平洋横断をなしとげた堀江謙一さんの「ミニマーメイド号」が展示されています。

また、ミニマーメイド号を取り囲むように、アパレルやセーリング用品、書籍など幅広いヨット関連グッズのお店が軒を連ねています。

お洒落なセーリングジャケットやTシャツなどは、タウンユースにも可能なので、一般ユーザにも人気が高いそうです。
センターハウス内②:レストランカフェ


1階と3階には、レストランカフェもあります。

今回は、1階にあるフリアンディーズでお食事してきました。

「リーズナブルな価格で本格フレンチを」をモットーにメニューが構成されているだけあって、一般客でもカジュアルな雰囲気で気軽に利用できました。

軽食(400円~)からフルコース(3400円~)まで全てシェフ自慢の料理で、ティータイムには、全てハンドメイドの約15種類のケーキと50種類のドリンクとの組み合わせのケーキセットもあります。

この日は、わずか1000円!!で、素敵なランチコース(グリーンサラダ、本日のスープ、メイン料理、パンorライス、本日のデザート、コーヒーor紅茶:2月末まで平日限定で1000円/通常1380円)を堪能できました♪

一方、3階にあるBUONOの日窓からは、停泊中のヨットを一望できる壮観な景色が見えます。

半円形の窓に向かって、神戸(右側)・和歌山(正面)・大阪(左側)と3方に囲まれているので、夜景の美しさは格別らしいですよ!

ヨットハーバーを目の前に潮風を感じながら、彩りも美しい料理をじっくり堪能できるみたいです♪。

クリスマス・イルミネーション


クリスマス(12/23-12/25)には、新西宮ヨットハーバーの冬の風物詩、ヨット・クルーザーのイルミネーションも開催されます。

また、センターハウス前のヨットのイルミネーションとセンターハウス内に高さ3.6mのクリスマスツリーも展示されるようです。

【 期 間 】12月23日(火)から25日(木)まで
【点灯時間】17:00から22:00まで
【 場 所 】 新西宮ヨットハーバービジターバース

※写真は、当ハーバーHPより引用


アクセス

カクテル片手に、六甲山系に沈む夕日を一望!
ワイン片手に、ヨット・クルーザーのクリスマス・イルミネーションを堪能!

でも、クルマだと飲酒運転が・・・

そんなあなたに、公共交通(電車・バス)が強い見方☆


<方法①>JR「西宮」駅より:

阪神電鉄バス
バス停「JR西宮駅前」(3番のりば)より阪神電鉄バス「マリナパーク行」に乗車
⇒バス停「ヨットハーバー前」で下車すぐ


<方法②>阪神「西宮」駅より:

阪神電鉄バス
バス停「阪神西宮」(6番のりば)より阪神電鉄バス「マリナパーク行」に乗車
⇒バス停「ヨットハーバー前」で下車すぐ
マリナパーク行のりばは阪神西宮駅南側に変更されていますので、ご注意!



2008/12/01のBlog
2008年11月【号外】第6回全国バスマップサミット(わがまち公共交通会議in新潟)開催

「全国バスマップサミット」 とは

「全国バスマップサミット」は、路線バスを始めとした公共交通の利用促進や利便性向上などを目的として、公共交通網を地図化した「バスマップ」を発行している民間団体や個人、さらに有識者や行政関係者などが全国各地から一堂に会し、マップを通じて議論を行うための場として、主に民間団体の手で2003年より毎年開催されています。

「わがまち公共交通会議~第6回全国バスマップサミット in 新潟~」


2008年の第6回全国バスマップサミットは、新潟市の民間団体「にいがた環境交通研究会」主催で、新潟市の天寿園を会場として11月1日~2日に開催されました。
サミットにて阪神都市圏広域バスマップの紹介もしてきました。

今回のテーマは、メインタイトルとした「わがまち公共交通会議」。
これは、マップという一つのツールに特化することなく、その背景にある「わがまちの公共交通」について、新潟市民も交えて議論したいという研究会メンバーの思いが掲げられたものです。
サミット1日目

【プログラム】
(午前)視察会(新潟市内の住宅街)
※3日目の午前にも視察会(農村地域)あり
(午後)前半:リレーセッション、後半:パネルディスカッション
( 夜 )交流会


新潟市には、バス・鉄道・船および自転車という公共交通機関があります。
1日目のリレーセッションは、これらの事業者(新潟交通、JR東日本、信濃川ウォーターシャトル株式会社、株式会社サイクルシティにいがた)並びに行政および市民の方から、各々の目線で公共交通についてお話していただき、引き続き、新潟市在住の市民を交え、「マップからみた新潟の公共交通と都市づくり」というテーマでパネルディスカッションが行われました。
サミット2日目

【プログラム】
(午前)分科会
(午後)全体会議(本サミット)


2日目は、午前中が二つのテーマ(「公共交通とまちづくり活動」「マップづくりのノウハウ交流会」)に分かれた分科会、午後は「これからの公共交通をかたる」というテーマで全体会議(本サミット)全体会議(本サミット)が開催されました。

分科会後の全体会議(本サミット)では、女性の視点からの提案(地元の元校長先生から貴重なご意見をいただきました)やモビリティ・マネジメントへの言及が人目を引いていました。

モビリティ・マネジメントの視点

(ここから先は個人的な感想になってしまって恐縮ですが)

今回のサミットを通じて改めて感じたことは、バスマップの作成・頒布・広報という一連の活動の流れが「モビリティ・マネジメント」そのものだということです。

既に全国では、バスマップをモビリティ・マネジメントのツールとして用いている地域もありますが、今年度のバスマップサミットでは、このような流れの中にバスマップの存在があることを強く実感しました。

モビリティ・マネジメントという大枠の中での、バスマップ、公共交通インフォメーション、一人一人の交通行動の変容・・・

そして、マップを作ること自体が目的なのではなく、その先に見えるもの(自分たちのまちをどんな魅力的なまちにしたいか、まちづくりのビジョン)を見据え活動していくことが必要なのだと改めて感じました。

2008/10/29のBlog
2008年11月 JR伊丹駅から徒歩1分!イオンモール伊丹テラス

イオンモール伊丹テラスは、兵庫県伊丹市にあるイオンモール
の駅前大型ショッピングセンター。

2007年9月に運営会社のダイヤモンドシティがイオンモールと
合併したことから、名称が「ダイヤモンドシティ・テラス」
から「イオンモール伊丹テラス」に変更されました。
駅前大型ショッピングセンター

関西最大級のショッピングモールでもあるイオンモール伊丹
テラスは、

JR伊丹駅から徒歩1分!
JR大阪駅から電車で15分!
阪急豊中駅からバスで20分!

という便利な場所に位置しています。

北大阪・北摂西部のベッドタウン(尼崎市・西宮市・伊丹市
・川西市・宝塚市・猪名川町・豊中市・吹田市・池田市・箕
面市・豊能町)からのアクセスのよさから、郊外から来る人
も多いそうです。

【写真】JR伊丹駅とは歩行者用デッキで接続(徒歩1分!)。
テナント

核テナントはジャスコ伊丹店で、テラス内には飲食店・書店
・雑貨店など150店以上もの専門店が入り、トイザらスやユニ
クロ、コムサイズム、大型スポーツ用品店、ゲームセンター、
シネマコンプレックス型の映画館もあります。

しかも、WAON、ICOCA、iDの支払いがほぼ全店舗で可能。

深夜0時まで営業していることから、通勤帰りの人に重宝さ
れているようです。

【写真】バスの発着も良好。
来客状況

イオンモール伊丹テラスの1年間の集客数は1830万人。
これはユニバーサル・スタジオ・ジャパンの初年度の入場者
1100万人を越える数字です。

イオンモール伊丹テラスは、予想を大幅に上回る集客と売上
を記録しており、平日の昼間でも市営バスや阪急バス・JR宝
塚線を利用する多くの客で賑わい、JR伊丹駅を同線の乗車人
員トップ2の駅にまで押し上げました。


(出典) フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」
しかしその一方で・・・

一方、イオンモール伊丹テラスの出店により付近の商店街で
は大幅に客足が減る現象や、休日の駐車場待ちの交通渋滞
等も起きていて、伊丹市のまちづくリの新しい課題にもなって
いるようです。。。

そういえば、もうすぐJR尼崎駅にも「キリンガーデンシティ」
(仮称)が開業するとか。イオンモール伊丹テラス同じ、大型
複合商業施設です。


うーん、、、難しい問題ですね。




アクセス

■JR伊丹駅より:徒歩1分
JR伊丹駅(中央出口)を出てすぐ

■阪急伊丹駅より:約6分
阪急伊丹駅(9番のりば)で、伊丹市営バス「JR伊丹方面行き」乗車
バス停「JR伊丹」下車→JR伊丹駅(中央出口)を出てすぐ

■阪急豊中駅より:約20分
阪急豊中駅(6番のりば)から、阪急バス「岡町線」乗車
→JR伊丹駅東口バス停を出てすぐ

■JR大阪駅より:約13分
大阪駅からJR宝塚線乗車→JR伊丹駅・中央出口を出てすぐ

1~10件を表示   1  2  3  4  5   >   >>