ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人使い捨て時代を考える会
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:510件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2013/03/13のBlog
まだふっとにわずかですが
麦こうじ、米麹、そして大豆の在庫有ります

+++++++++
当日参加非会員さんの感想

今回、初めて講習会に参加させて頂きました。

食べることが大好きで今までは食材など全く気にしたことがなかったんですが、少し前から体に良い物を食べたいと思うようになりました。

今回の麦味噌も添加物が入っておらず体に優しい、と体験できました。
講習会後の昼食もお野菜や大豆中心で素材の味がいかされていてとてもおいしかったです。特に具沢山のお味噌汁は絶品でした。
体に良いものを摂るには一手間、二手間かけないといけないんだなぁ、と思いました。 今日はありがとうございました。そして、ご馳走様でした。
また参加させて頂ける日を楽しみにしています
2013/03/12のBlog
今月は、さまざなな会員さんの
工夫したエコグッズを置いています

是非見に来てください

昨年2月山口明香さんの古いシャツを使ったかっぽう着
の展示を行いました。

山口さんは、オランダのデザインスクール出身で、
このかっぽう着で賞もとっています。
右が山口さんで、ならんでいるのが、「かっぽう着」です。

中京区 まりな美容室牧野裕子さんの小冊子
「楽して徳して得してた惜しく」
はなんと今まで10万部以上売れているそうです
先月から引き続き、
ドイツのサクランボの種でつくっている保温パットも
置いています
是非来てくださいね
他にもいろいろおいています
2013/03/09のBlog
いっぱいの人でした
高台を占拠しているカップルがいました
ここだけの話ですが、この指とまれ農場の援農や、南丹園部のトマト援農
にも参加する人です

今年は
ピカチュー(セツデンチュー)とととろはお遍路グッズに切り替えました
デモは四条河原交差点を横切ります

先頭集団に会の旗がたくさんみえます
トラクターもいました
2013/03/08のBlog
いよいよ明日円山公園でデモです!

HP

http://nonukeskyoto.jimdo.com/

賛同人を見てみてください。会の生産者や会員が結構いますよ。
みなさん黙って支えてくれるので頭が下がります

写真は昨年のものです!

当日のデモの歌とコールがありますので、是非HPをご参照ください。デモで同じ声を上げ、街ゆく人や京都市民にアピールしましょう。

風船も配布いたします(1000個予定)。風船のふくらまし方が当日の配布資料に出ていますので、これも参照お願いします



また当日配布資料もアップいたしました。


それにありますように

先日ノーベル賞を受賞された方も賛同人に並んでいますし、



2011年3月には数万人規模で人間の鎖を行ったドイツネッカーヴェストハイムで

の同日の集会とのエール交換も行う予定です。

・トップページ
http://endlich-abschalten.de/home.html
・8日、9日のイベント紹介ページ
http://www.endlich-abschalten.de/programm.html



このドイツの集会は、京都のバイバイ原発のような超党派の緩やかな集まりで、

中心は、核戦争防止国際医師会議(IPPWN)などの昔からの団体が

担っているとのことです



もちろん、東京・福井・大阪・滋賀の集会とのエール交換も行います





当日には連続企画として、午後6時から講演会もあります(HP参照)



ぜひみなさま、参加いたしましょう!
2013/03/06のBlog
ワンカツとは、ひとまち交流館の中の市民活動総合センターが
とりくんでいる企画です

さまざまに活動ってあるけど、「ONE 活動」をとりあえずやってみようというお誘いです。

実は、この指とまれ農場も、この「ワンカツ!」企画に参加しています
このブログとHPを見てスタッフが興味を持ってくれたのです。
モリモトさんどうもありがとうございます(ペコリ)。

月に一回「ワンカツ」から援農に応募してきた人がこの指農場くることになっています


ということで、広く「ワンカツ!」を広めようと、パネル展示がおこなわれます。
2/21日この指みそづくりと鶏舎づくりももちろん、展示されるのです!

あの鶏舎が京都まちなかの、人まち交流館にパネル展示されるなんて・・・

みなさん是非見に行ってくださいね♪

9日にはイベントも行われます!

*****************************************************
3月9日(土)~16日(土)開催
ワンカツ!week ※申込不要!出入り自由!
*****************************************************
3月9日~16日の1週間、これまで「ワンカツ!」で実施した活動を取材し、
活動内容や体験者の声をまとめたパネル展示です。
活動スタイルを見つけるヒントがここにあります。
期間中は、展示だけでなく、「ワンカツ!」やボランティアに関する相談窓口等を特設し、
みなさんにあった活動スタイル探しをサポートします。

【開催日】2013年3月9日(土)~16日(土)
【場 所】京都市市民活動総合センター フロア内
【内 容】
 ・「ワンカツ!体験取材」パネル展示
 ・しみセン「スイーツカフェ」
 ・ワンカツ!&ボランティア相談窓口
【入 場】無料
スイーツカフェは1セット500円。各日時間限定。申込は不要です。


主催・問合せ:
 京都市市民活動総合センター
 (指定管理者:特定非営利活動法人きょうとNPOセンター)
 〒600-8127
 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
 (河原町五条下る東側)「ひと・まち交流館 京都」2階
 電話番号:075-354-8721 / FAX番号:075-354-8723
 電子メール:shimisen@hitomachi-kyoto.jp
 URL:http://shimin.hitomachi-kyoto.jp/

*********************************************************
3月9日(土)13:30~16:00 開催
ワンカツ!シェアday
~あの人がもうひとつの生き方にトライできる理由~のご案内
*********************************************************

市民活動総合センターでは、「何か始めてみたい!」「仕事以外の
ことで生活を充実させてみたい!」 と、お思いの方々へ素敵な
一日をお贈りします!

★ワンカツ!とは?
「ワンカツ!」とは、多くの市民の方にボランティア活動を含めた
「市民活動」に触れていただくことで人との「出会い」や「いきがい」等、
新たな世界と出逢っていただくためのプログラムです。

★「ワンカツ!シェアday」は、
すでにボランティア・市民活動を始めている人たちの活動スタイルを見ることで、
これから始めたいなぁと考えているあなたの、あなたらしい参加を見つける1日です。

【開催日】2013年3月9日(土)13:30~16:00
【場 所】ひと・まち交流館 京都 第1・2会議室
【参加費】無料
内容■【5人の物語】13:30~15:00
~もうひとつの生き方にトライしている理由を聞こう!~

◎仕事とボランティアの両立
社会人になり、家庭をもってからも、一企業人として活動に関わることの大切さに気づき、
企業・地域活動それぞれの良いところを活かし、地域にも、会社にも、
そして自分にもプラスになるボランティア活動のカタチを見つけた人の物語。

◎子育てに奮闘しながら
妊娠・出産を機に、一旦活動を休止。その後少しずつ活動を再開。
子育てと活動のバランスを取りながら思い描く「こんな街だったら良いな」
に向けて奮闘中の人の物語。

◎大学生になったから…
進学・進級し新しい環境で、軽い気持ちでボランティア・市民活動に参加してみたら、
気がつけば本気になっていた学生の物語。

◎子育てが一段落して…
子育てが一段落したので一念発起。縁があってNPO法人の事務局を支えることに。
そんな母の姿を見てお子さんも少なからず将来の進路を考えた?!
ご家族へ影響を与えるまでになった活動の物語。

◎ボランティアで地域デビュー!
単身赴任等、色々な事情で新天地で暮らすことが多かった。
そんな時、友人作りも兼ねて地域でボランティア活動を始めてみた。
退職した今、改めて自分が暮らす街でどうやって地域の人たちと関わっていこう…
と考え始めた人の物語。

2013/02/21のBlog
参加したoさんの感想です
+++++++++++++++


前から興味があったジャム作り講習会
に3歳の娘と7カ月の娘を連れて
初めて参加しました。


三歳の娘は最近料理作りに興味があり、
「ジャム作り講習会に行きたい?」と聞いたところ、
「行きたい!」と即答で返事が返ってきました。
小さい子供を連れて、しかも赤ちゃんまでも
連れて行ける講習会は本当にありがたいです。




まず、りんごジャムの作り方を教わりました。
娘が、「作っているところを見たい」と言っていると、
赤池さんが娘を前に連れて行って下さり、
見えやすいように椅子に立たせて下さったので、
娘は大喜びでした。

 りんごジャムは何度か自己流で作ったことがありますが、
切ったリンゴの原形をとどめず毎回どろどろのジャムになっていました。
今回教わり、初めて手作りりんごジャム美味しさを知りました。
薄く銀杏切りにしたりんごの形も残っていて、りんごは透き通った黄金色で、味はりんごの風味がより一層強くなってザラメの優しい甘さと合わさってとてもおいしかったです。
りんごの皮と芯は捨てずに別に煮てペクチンを
取り出して活用することも初めて知りました。
 次にマーマレードジャムですが、皮と果汁だけで作るものと
思っていたので甘夏の袋も入れて作ることを学び、
無駄なく使えて良いなあと思いました
。味は優しいほのかな苦みと果汁とザラメが
程よい加減で煮詰まってとろりとしていてとてもおいしかったです。皮もふっくらとやわらかかったです。
さらに保存方法も教わりました。
しっかり手順を踏めば1年も2年も保存が効くことを知り、
ジャム以外にもいろんな保存に挑戦したいと思いました。
 
昼食は、おいしいスープとサラダ、パンでした。
スープは野菜だけから出たと思えないほどの旨みがあり大変おいしくて、
娘は大人と同量のスープをついでもらっているにもかかわらず、
私の分まで食べていました。
最後に、子供連れで参加できて本当にうれしかったです。
7カ月の娘は吉永さん他いろいろな方に抱っこしてもらい、
3歳の娘は赤池さんに遊んでもらい大変感謝しています。
スタッフ皆さん、講習会に来ていらっしゃった方々
にも暖かくして頂きありがとうございました。
また機会があればいろいろな講習会に参加したいと思います。
2013/02/16のBlog
宇治フォーラムは

こどもをいれて26人ほど参加

橋姫神社の「橋姫」は源氏物語にも登場する
由緒正しい神社です
むかしは
赤ん坊を片手に抱いて

会議していた

ときいて

すごいな~

と思いました
ベテラン会員さんが、「若いころ、親の世代がなぜ前の戦争に賛成したのか不思議で、嫌いだった。しかし原発震災後のこの前の選挙結果で、はじめて感じがわかった。できることをやらなくてはと思っている」と語っていたのが印象的でした。
こどもを入れて25人ほど、
明日都浜大津でおこないました

おにごっこでめちゃもりあがりました
まるだい石鹸のなかいさんが、
「他の業者にせっけんいらないといわれたら、
景気がわるいなあ、と思う。
しかし会にいらないといわれたら、
時代に必要とされなくなったとおもって、せっけんづくりやめるつもりだ」
と言っていました。


センターの仁木さんも絵本について語り
「絵本をゆっくり子どもと一緒に読める環境と時間をこどもたちに残したい」

と言ったことに呼応し、塾の先生が、

「幼稚園の面接試験では、必ず「絵本をどう読みきかせしていますか」
と問われる。
若い世代はテクニックの伝授を塾に期待する。
しかし、問われているのは、絵本をなんのために読み聞かせるかを親がどう意識しているかだ」
と語ったことは、全てに通じる話だなと思いました。
ベテラン会員さんが、こどもがはしゃぎまわるのを

「昔はこれが当たり前だった。
最近の講演会とかは託児が用意され、
いい事ともいえるが、
こどもと切り離された空間がつくりだされるのがさびしい」
といったことにはハッとさせられました。

確かに最近は託児が強調されます。
いい事とも言えますが、
それがコンビニ的なサービスと並行した感じであることへの違和感は本質を突いたものだと思いました。
いいフォーラムでした
2011年3月11日の福島原発事故後、
毎月11日に関西電力京都支店前で脱原発行動を行うことになりました。
2011年4月11日から始めてこの2月11日で1年11か月、毎月欠かさず行動してきました。地震の起きた14:46から1時間、「脱原発」と書いたのぼりを立て、「福島原発事故を忘れてはなりません」「原発なしでも暮らせます」「若狭の原発が事故を起こしたら京都も汚染されます」などマイクで呼び掛け、署名を集め、チラシを配るなどの行動を行っています。
多い時は50人ぐらい、少ない時でも20人ぐらいは集まっています。大飯原発再稼働の時は道行く人の反応が良かったのに、選挙後は急に悪くなったなど、世の中の動きがそのまま伝わってきます。
寒い時も暑い時も…続けるというのは大変ですが、今の社会情勢では当分止められません。皆さんもぜひ参加してください。

毎月11日 14:46より 関電京都支店前(JR京都駅前)
(大津市会員MTさん)


お味噌づくり講習会に参加しました。
 今まで、お味噌づくには2回チャレンジしましたが、うまくいきませんでした。
これまでは、家から遠いことで躊躇していましたが、
やはり、実際に作り方を見ながら学ばなければと、大袈裟ですが、
意を決して申込みしました。
愛犬も賢く留守番してくれるので、気合いっぱいで向かいました。
講師の斎藤先生と橋本先生が、見るからに素敵な方で、
これならおいしいお味噌ができるはずと、まず納得しました。
既にお鍋で大豆を煮ておられ、
「沸騰したら泡をお玉ですくって、
それから、圧力鍋にかけると煮汁が吹き零れません」
と教えていただき、また納得。

要所、要所で、コツを教えていただけるので、とても勉強になりました。
 

昨年作られたお味噌とたまり醤油の味見をさせていただきましたが、本当においしかったです。
真心のこもった手作りの昼食をごちそうになりながら、自信はないけど私も心を穏やかにして、心をこめて惜ししいお味噌ができますようにと願いながら、お味噌作り頑張ろうと思いました。
前のページ   |   次のページ