ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
認定NPO法人チャイルドライン支援センターBlog
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:498件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2014/10/01のBlog
〈九州・沖縄エリア会議を開催しました〉

 チャイルドライン支援センターは、今年度エリア会議のトリとなる九州・沖縄エリア会議を9月20日に開催しました。
 福岡、長崎、大分、宮崎、鹿児島に拠点を置く、7つのチャイルドライン実施団体から10名が参加し、他にオブザーバー参加者が4名同席しました。

 今回の九州・沖縄エリア会議では、エリアで実施のない金曜日に、2月、3月の2ヶ月間キャンペーンとして実施することと、個々に工夫して実施している広報を継続して行くことが確認されました。

<九州・沖縄エリア会議>
日時:2014年9月20日(土)13:00~18:00
会場:大分市/ホルトホール
参加者数:12名(うちチャイルドライン実施団体より7団体10名)

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2014/09/25のBlog
〈中国・四国エリア会議を開催しました〉

 チャイルドライン支援センターは、9月13日の南関東エリア会議に続き、9月14日に中国・四国エリア会議を開催しました。
 鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、愛媛、高知に拠点を置く、12のチャイルドライン実施団体から16名が参加し、他にオブザーバー参加者が3名同席しました。

 今回の中国・四国エリア会議では、
2015年2月・3月をキャンペーン期間とし、この間の日曜日を開設し、毎日つながる状態を作ることと、毎日つながるキャンペーンでの広報を日常活動の中でやっていくことが確認されました。

<中国・四国エリア会議>
日時:2014年9月14日(日)9:00~16:00
会場:広島県立総合体育館 グリーンアリーナ
参加者数:18名(うちチャイルドライン実施団体より12団体16名)

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2014/09/22のBlog
〈南関東エリア会議を開催しました〉

チャイルドライン支援センターは、9月13日に南関東エリア会議を開催しました。
東京、千葉、神奈川、山梨に拠点を置く、15のチャイルドライン実施団体から24名が参加し、内オブザーバー参加は4名でした。
この会議にはCHIのThomas Muellerさんもゲスト参加されて、世界の妨害電話対策事情の紹介をされました。(写真奥の神代表の隣の方です。)

 今回の南関東エリア会議では、
エリア全体で日曜日も含めて毎日つながる電話にして行きたいことと、各団体でなされている広報に関する様々な工夫を今後とも続けていくことが確認されました。

<南関東エリア会議>
日時:2014年9月13日(土)10:00~16:00
会場:東京都品川区/六行会 ラウンジ
参加者数:24名(うちチャイルドライン実施団体より15団体20名)

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2014/09/12のBlog
〈東海エリア会議を開催しました〉

 チャイルドライン支援センターで開催したエリア会議第4弾は、
9月7日の東海エリア会議です。
 岐阜、静岡、浜松、愛知に拠点を置く、5つのチャイルドライン実施団体から8名の参加で会議が執り行われました。更にオブザーバーとしての参加者が1名でした。

 今回の東海エリア会議では、
「いつでもつながる電話」に関連してキャンペーンの実現を各団体の連携で目指すことと、「全ての子どもが知っている状態」を目指すための資金集めに関してエリア内での情報共有を図ることが確認されました。

<東海エリア会議>
日時:2014年9月7日(日)10:00~16:00
会場:安城市文化センター
参加者数:10名(うちチャイルドライン実施団体より5団体8名)

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2014/09/05のBlog
〈北陸・近畿エリア会議を開催しました〉

チャイルドライン支援センターではエリア会議第3弾とし
て、8月31日に北陸・近畿エリア会議を開催しました。
富山、石川、福井、京都、大阪、奈良に拠点を置く、11の
チャイルドライン実施団体から20名の参加で会議が執り行
われました。他にオブザーバー参加も2名有りました。

今回の北陸・近畿エリア会議では、
1本でも多く受けられる様に電話の実施時間内の充実を目
指すことと、全ての子どもたちの手にカードが渡る様に配
布と届いたかの確認に努めることが合意されました。

<北陸・近畿エリア会議>
日時:2014年8月31日(日)11:00~16:00
会場:京都市/中京青少年活動センター
参加者数:22名(うちチャイルドライン実施団体より11団
体20名)

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2014/08/27のBlog
〈北海道・東北エリア会議を開催しました〉

北関東・信越に次いで、チャイルドライン支援センターでは8月23日に北海道・東北エリア会議を開催しました。
北海道、青森、岩手、宮城、秋田、福島に拠点を置く、
7つのチャイルドライン実施団体から14名が参加して会議が執り行われました。他にオブザーバー参加も9名有り、活発な議論が交わされました。

今回の北海道・東北エリア会議では、
エリア内のメーリングリストづくりをし、日常的に情報交換をしあう形が確認されて、エリア内での連携が強まることが期待されます。

<北海道・東北エリア会議>
日時:2014年8月23日(土)10:00~16:00
会場:いわて県民情報交流センター
参加者数:17名(うちチャイルドライン実施団体より7団体14名)

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2014/08/05のBlog
<北関東・信越エリア会議を開催しました>

チャイルドライン支援センターでは8月2日に北関東・信越エリア会議を開催しました。
栃木、群馬、埼玉、新潟、長野の5県に拠点を置く、
6つのチャイルドライン実施団体から9名が参加しました。

今年度のエリア会議は、
2014年度総会で採択した中期目標のうち、
「いつでもつながる電話を目指す」
「全ての子どもにチャイルドラインを届ける」
を重点テーマに設定しています。
開設時間帯の延長や着信率の向上など、子どものニーズに応えていくために、
またチャイルドラインの認知度をより高めていくために、
エリアごとにどのような取り組みができるかを話し合っていきます。

今回の北関東信越エリア会議では、
話合いの結果、課題解決に向けたヒントを得られた、
一歩進んだように思う、という意見が見られました。

引き続き、8月~9月下旬にかけて全国6地域にて開催していきます。

<北関東・信越エリア会議>
日時:2014年8月2日(土)10:00~16:20
会場:チャイルドライン支援センター会議室
参加者数:14名(うちチャイルドライン実施団体より6団体9名)

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2014/04/04のBlog
[ 19:10 ] [ 各地のチャイルドライン情報 ]
はままつチャイルドラインでは、
浜松市「NPOと学生との協働による“NPO”PR事業」に参加、
地元の学生さんとのコラボでポスターを制作しました。

PR事業で制作された10作品のコンテストでは、2位を受賞しました。
以下に表彰式の様子が掲載されています。ぜひご覧ください。

http://npocket.hamazo.tv/e5229347.html
2014/03/12のBlog
チャイルドライン支援センターでは、はままつチャイルドラインの協力を得て、3月9日(日)に地域研修@浜松会場を開催しました。北は福島、南は徳島からご参加をいただき、7団体16名が“支え手”をテーマに、チャイルドラインの電話の質の向上を目的に学び合いました。チャイルドライン活動について改めてふりかえることができた、今後の活動に生かしてくことができる内容であった等、充実した研修であったことがアンケートから伺えました。

開催にあたり、はままつチャイルドラインのみなさまのご協力をいただきました。
まことにありがとうございました。

〈地域研修@浜松会場〉
日時:2014年3月9日(日)13:30~17:30
会場:クリエート浜松 53講座室 (静岡県浜松市)
参加者:7団体16名

【この事業は競輪の補助を受けて実施しました】
2014/03/11のBlog
五感を磨くワークショップvol.8
『離島で!お話つくり&歌つくりワークショップ』



こんにちは、チャイルドライン「もしもしキモチ」事務局です。
今年も、もしもしキモチは『五感を磨くワークショップ』を開催します。

8回目の今回は、昨年、一昨年にひき続き「お話つくり&歌つくり」。
…が、更にバージョンアップ!!

特に、こういう方々にお勧めです。

 ・教員、保育士など、子どもの発達・成長に関っている方
 ・カウンセラー、医師など、心理や医療に携わっている方
 ・対人ボランティアや、その支援者として活動している方
 ・人材育成など、人を育てる役目を担っている方
 ・即興でのお話し作りや歌作りに関心がある方
 ・築100年以上の鉄川与助設計・施工の教会を見たい方
 ・日頃のたまった疲れをリフレッシュしたい方
 ・小値賀のお食事を思いきり楽しみたい方
などなど…。 


私たちが行く野崎島は、長崎県小値賀町にある離島・無人島です。
無人島と言っても、以前は人が住んでいた島なので、
その痕跡は、いたるところにあり、
島には300頭の鹿が住んでいるそうです。

生活音がありません。すごく静かです。
鹿の鳴き声と、鳥のさえずり、風の音、波の音だけが聴こえてきます。

島は、匂い、音、空気、土、木、鹿、廃屋、景色、食事、、、
言葉ではないいろんなもので、私たちに何かを伝えてくれます。
私たちは、言葉にならないものを聴き、
言葉にし想像して言葉を重ね、紡いでいく。

想像力と言葉を引き出し・紡ぐ力は、チャイルドラインに関る人だけでなく、
カウンセラー、医師、教育・育成に携わっている方には、
必要不可欠なものです。

このワークショップは、言葉にならない(なかなかできない)子どもの声を
丁寧に聴き、想像しながら言葉にして紡いでいくことに繋がります。


募集は、先着20名。
リピーターも多いワークショプですので、
ご参加をお考えの方は、お早めにお申し込み下さい。


五感を磨くワークショップvol.8 「離島で!お話つくり&歌つくり」

 
<日時>
2014年4月4日(金)23:00博多港発(フェリー太古丸船中泊)
~4月6日(土)18:50 博多港着(フェリー太古丸)

<場所>
野崎島自然学藝村(長崎県北松浦郡小値賀町)

<講師>
歌島 昌智/インプロワーク担当
 (即興音楽家 出雲在住)
山田 眞理子/お話し作り担当
 (心理臨床家・子どもと保育研究所ぷろほ所長)

<研修費>
32,000円[往復フェリー代金、宿泊・食事(5食)含む]

<募集>
先着20名(定員になり次第〆切ります)

<主催・問い合わせ・申込み>
Tel、Fax、メールでお申し込みください。
特定非営利活動法人チャイルドライン「もしもしキモチ」
Tel&Fax:092-734-1540
E-mail:kimochi2@coral.ocn.ne.jp

チラシファイルをダウンロード
申し込み書をダウンロード



お申し込みの際には、お名前、ご住所、TEL・FAX・E-mail、ご所属をおしらせ下さい。
受付後、参加振込先と集合場所などお知らせします。
携帯メールでお申込みの方は、必ず受信許可設定をお願いします。

※お子様同伴、またはワークショップ以外の参加をご検討の方は、
お問い合わせください。




チャイルドライン「もしもしキモチ」HP:http://www8.ocn.ne.jp/~moshi2/
昨年の様子(ブログ):http://blog.ap.teacup.com/mosi2/86.html