ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
grassgreen―「会話のきっかけレシピ」製作中!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:335件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/10/02のBlog
[ 11:20 ] [ 展示・ワークショップ ]
好評の「雑談について雑談する会」…もはや「〇〇について雑談シリーズ」になってきていますが、今回は「相談について相談する会」です!

ゴロがいいから「相談について相談」というタイトルですが、あくまで「相談についてゆる~く雑談する会」となっております。ガチで相談に乗る会ではありません。
でも、「相談」そのものについてしゃべるってなかなかない機会だと思いますので、お気軽にお越しください!

日程は10/19(土)の14時半~、
場所は、いつもの大阪市「まちライブラリー@Aダッシュワーク創造館」です。

詳細および申し込みについては、以下からお願いします。
こくちーずの告知ページ

bako
2019/09/20のBlog
[ 11:10 ] [ スキマな悩み ]
私は軽度の発達障害(ASD・ADHD)です。

苦手なことを挙げますと、
・短い時間覚えておくのが苦手。
「臨機応変」な対応が苦手。
「適当」が分からない。
・同時並行に作業をするのが苦手。
・会話すると、言葉どおりの意味に受け止めてしまう。(ニュアンスや言葉の裏を読み取れない)
・相手の表情やしぐさからメッセージを受け取るのが難しい。
…などがあります。

「なにげない雑談」というのは、これらの要素がみっちりつまっています。

雑談は一対一で「さあ、話をはじめましょう!」という感じで始まるのではなく、
たいてい、何かをしながらなんとなく会話を始めます。
会話の「スタート」「終わり」は、互いに様子を見ながら言葉以外の部分で判断します。
また、コトバそのものに深い意味はないので、
言葉の反応しだいで対応フローチャートを作れるほど単純ではありません。
つまり、事前準備ができないのです。
その場の「雰囲気」、相手の「気分」など、たくさんの要素で「臨機応変」に対応します。

ですので、私が雑談に挑むと、
・いつ話し始めればいいか、つかめなくて黙ったままになる
・会話ができた、と思うと自分の作業がすっ飛んでしまう
・天気の話が出たら、「天気のことを言わねば!」と必死で言葉の意味を考えてしまう
・「適当にしゃべればいい」というアドバイスを真に受けて、脈絡のないことを言ってしまい、相手が「?」となってしまう
・予期せぬ反応で、頭がパニックになる
…といったことが起こります。

「会話のきっかけレシピ」は、
・できるだけいろんな「雑談」を集めて、事前に並べておくことで、臨機応変とまでいかなくても「どれかは使える」という安心感を持てる
・「こういうとき、この返事・声かけならどうかな?」と、事前にシミュレーションができる
といった部分で、私のような特性を持った人間でもある程度雑談ができるようにしたものです。
もちろん、発達障害でない方にもお役に立てるようになっています。

出版社の書籍紹介ページから、集めた「レシピ」の一部を試し読みできます。

こういう「臨機応変を補助」する発想は
ほかの困りごとにも応用できると思うので、
現在、ネタを練っているところです。

bako



2019/09/09のBlog
きのうの「しんぶん赤旗日曜版」に、「会話のきっかけレシピ」をとりあげていただきました。
ありがとうございます!
2019/09/06のBlog
[ 14:50 ] [ ニュース・小ネタ ]
仕事をしていて、何か連絡するときに、電話とメールのどっちがいいか迷うことはありませんか?
私はあります。

リクナビでこんな記事がありました。
残業しないチームが使い分けてる、「伝わる」コミュニケーション手段とは?

この記事を読むと、ふむ、私の「電話とメールの使い分け」は
そんなに外れてはなさそうだ、と安心しました。

でも、仕事によっては、
先方と顔を合わさず、電話もせず、ひたすらメールのやりとりだけ、
という時もあります。
単純な用件だけならいいのですが、交渉や相談めいた事項が出てくると、
けっこうやりにくい。
うっかり行き違いが発生すると、軌道修正するの大変だし。

せめて、電話で声のやりとりをしていると、
相手のふだんの態度、声のトーン、言い回しなどで、
「どんな人か」なんとなく分かります。
あと、電話の場合、ちょっと笑ったりびっくりしたり、
それこそ雑談になったり…
対面には及ばないけれど、そういう「余計なもの」があるほうが、
言いにくい事柄でも言いやすくなる気がします。
ですので、私は割と電話したくなります。

でも先方はメールのほうがいいのかなあ…などとグルグル考えたり…。
いやあ、雑談ってやっぱりムダなだけじゃないんですね。

bako




2019/08/28のBlog
[ 17:33 ] [ 「会話の~」製作中 ]
ホームページの、「会話のきっかけレシピとは?」のページを直しました。

前の紹介は、かなり分かりにくかったので、
文章を直しました。

今後、イベントの様子なども入れていきたいと思っています。

bako
2019/08/27のBlog
[ 11:56 ] [ 「会話の~」製作中 ]
本を出したら、直さないとなあ…と思っていたホームページを改良中です。

実は、本を出版して、さらに舞台裏などを連載して、終わった7月以降はしばらく疲れ果てていました。
さいきんようやく動けるようになってきたという…。

雑談以外にも苦手なことはたくさんありまして、
とくに「自己管理」が苦手です。
上に書いた「舞台裏」でそのことを書いていますので、
よかったら読んでみてください。
ASDの私が雑談本を作るまで 第4回「実は自分との付き合いも大変」

ところで「ASD」って…?発達障害の1つです。
これについては、また書こうと思います。

bako
2019/08/23のBlog
[ 13:48 ] [ ニュース・小ネタ ]
「会話のきっかけレシピ」のインタビューを受けまして、
「対人関係で悩んでいる人へのメッセージ、
あるいは、悩んでいた当時の自分に言ってあげたいこととは?」
と聞かれました。

これ、難しいですね。
無いんじゃなくて、「ありすぎて選べない」。

なんとか答えたあとも、考えていたのですが、
本当にピンポイントに「自分」に言ってあげたいとすれば、
「あんたの思ってることを分かってくれる人、おるで(大阪弁で「いるよ」)。
でも、とうぶん先の話やで」

…でしょうか。

う~ん。
余計、絶望しそうですね。
これ、ただ閉じこもって時間をやり過ごしてたら
やがて理解者が訪れる、なんてことはもちろんなくて。
みっともないけど嫌がられるけど、必死で求め続けてたら、
与えてくれる人もちゃんとおるで、みたいな。

う~ん。
当時の自分、イヤだろうなあ。そんなこと言われたら。それだけは分かる。
もっと即効性のある言葉が欲しかったはず。
けど、悩みにちゃんと向き合おうと思ったら、即効性のある言葉ってないんですよね。

bako
2019/08/03のBlog
[ 18:15 ] [ 例えばこんな雑談 ]
Kさん「暑い…!
あー、(暑い、って)言わんとこうと思ってたのに言ってしまった」
私「禁止にします?
ひとり罰金50円とかにしたら、けっこう儲かりそうですね(笑)」

最近、ようやく少しずつ「無難な冗談」を言えるようになってきました。
ベタといえばベタですが、全然気が利いてなくていいんです。
ちょっと笑えれば。

bako

2019/08/01のBlog
[ 10:24 ] [ ニュース・小ネタ ]
現在発売中の週刊朝日、8・9月増大号「書いた人」欄に
枚岡のインタビューが載っています。

こちら

ぜひご覧くださいませ。
2019/07/11のBlog
[ 12:16 ] [ 展示・ワークショップ ]
きのう、出版記念ワークショップを開催しました。

前半は著者の枚岡から著書の紹介。
後半は、本にも書いた「レシピ集め」をしました。

お題)
●「話を終わらせて出ていく」ときの声かけ
●「職場で、みんな出て行って、後輩と2人だけになったときの声かけ」

後者をロールプレイしたのですが、
13人来られたので、かなりバリエーションにとんでいて、面白かったです。

面白かったのは、
・「2人だけになっちゃったね。私たちって仕事熱心だねー!」
これは、相手が同性の場合に限る、というコメントが出たときです。
たしかに「2人だけになったね」はシチュエーションによって、
なにか恋愛的なセリフにもなってしまうわけで…
「みんな出ていっちゃいましたね」というのもありましたが、
こちらのほうがまだ誤解されにくいかなあ。
つくづく、言葉って微妙~~なニュアンスによって
意味合いが変化するんだなあと思いました。

著者は、実際に本が売れてゆく現場を見ていません。
ですので、
本を読んで、持参してくださった方にも、
その場で買っていただいた方にも、
「うわ、本当に私の本を読んでくださるんだ!!」と感動しました。
自分が作る側に立ってみると、
本ってめちゃくちゃたくさんありますから、
その中で読者さんに選ばれる、そして最後まで読んでもらえるって
本当に奇跡のように感じます。

参加してくださったみなさま、ありがとうございました!!

bako