ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
くらしかる 老前整理 MyBlog
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:416件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2017/06/27のBlog
[ 08:42 ]


蒸し暑いので、雨が降るかも?

昨日の続きで~す 

「湯ったり勝山」 で教えていただいたのは「はや川」さんの
羽二重くるみ


 「湯ったり勝山」から道路沿いを数分てくてく歩くと、ありました

お店に入り、羽二重くるみ6個入り(写真)を2箱買うと、ちょっぴりおまけのサービスもありました。

ここもの~んびりした雰囲気でほっとします。
(いわゆる土産物屋さんの「買ってちょうだい」パワーがないから)

そこで肝心の羽二重くるみのお味ですが、程よい甘さでおいしゅうございます。
(お菓子評論家ではございませんので、念のため)

もちろん、ここでもPRを頼まれたわけではありません
またこのブログは世間を騒がす影響力もございませんので 




話は変わり、さんざんメディアで取り上げられているので、今さらここで書いてもと思いますが、藤井四段は14歳とは思えない!

将棋のことはわかりませんが、対局前や記者会見であれだけのフラッシュがたかれると普通はおののくというか、舞い上がるというか、何かしら顔や態度に出るものですが、ほとんど出ないのがすごい。と思います。

老成しているといえばよいのか、スーツが似合う中学生を初めてみました。就活の学生でも、スーツが歩いているという感じの男子もいるのに・・・。

話す言葉も、なるほどと思うし、会見その他で頭を下げるべき場所ではきちんと下げる。これってオトナでもなかなかできないことです。特にあれだけフラッシュが光る場で。会見の後、対室するときも頭を下げて出ていく。
(おばさんはこういうところを見ているのだ )

将棋界で育つうちに身についたのか、家庭の教育やしつけ+本人の吸収力(素直であること)なのか・・・

きっと「天才の育て方」みたいな教育本が出るでしょう 

将棋の才能や技は私にはわからないけれど、状況に動じない精神的な強さが稀有な人だと思いました。

それに努力だけではどうにもならない「」も持っている

時代を変えるのは、こういう天才なのかもしれないと思います

2017/06/26のBlog
[ 07:45 ]


昨日の25日は福井県勝山市の白山平泉寺に行ってきました

わざわざ雨の中をと思われたかもしれませんが、幸いなことにほとんど降らなかったのです

前夜に降った雨で乾いていた苔もみずみずしく、美しかった

全身に緑のシャワーを浴びるという感じでしょうか 

実はここへ行きたいと思った一番の理由は、「苔を見たい!」でした。

(どうやら巷には苔を見るのが趣味の「苔ガール」がいるそうですが、私はもちろんガールではありませんし、「苔オバサン」でもありません。いつものきまぐれです

境内や苔の写真はネットでたくさんアップされているので、私が撮った写真は若宮神社(お社)と樹齢700~800年の大杉です 

この平泉寺の歴史は古く、開山1300年 

静かでいいところ! 大勢の観光客が来て荒らされたくない。と身勝手な気になるくらいのところです。

とここまでは平泉寺の話。

平泉寺から越前大仏まで歩くとけっこう距離があるのですが、これも気持ちよく進み、
湯ったり勝山」に遭遇 (勝山市の共同浴場)

汗びっしょりで、飛び込むと誰もいな~い

貸切状態で、名前通り一人でゆったり汗を流しました

雨に備えて着替えやタオル一式持ってたのが幸いでした。

お風呂から上がると休憩所でゆっくりしてくださいと、施設の女性に声をかけられて
いろいろお話をしました。

平泉寺がよかったですというと、勝山市はPRが下手なのですとか・・・。
勝山市にある恐竜館も県立なので市にはお金が落ちないとか・・・。

ほんといい方で、ひょっこり訪れた、大阪のどこの馬の骨ともわからん私と世間話に花が咲く~。

もちろんPRを頼まれたのでないから、こうして書いています
そこで最後に訊いたのが、勝山市でお勧めのおいしいものはありますか、です。

続きは明日~

2017/06/25のBlog


あちこち大雨

昨夜、陸上の日本選手権ロンドン大会代表会で男子100メートル決勝をテレビで見ました

さあ決勝というときに、雨が降り出して、もう少し待ってくれればといいのにと思いながら画面を見ていました。

実はこの日の夕方、友達の家に遊びに行った帰り道にこのスタジアムに寄ってみました

ところが、スタンドで観戦するには入場料がいるのです

場所により2000円から3000円(3000円のチケットは売り切れ)

大阪女子マラソンの時は、無料だったのですが、甘かった

陸上ファンにとっては100メートルで9秒台が出るかもしれない…世紀の瞬間かもしれません

私はそこまでの陸上ファンではないので、帰ってテレビで見ました

そして小雨の中の決勝で3選手、サニブラウン・ハキームが1位、多田修平2位、ケンブリッジ・飛鳥3位でした。

しかし1位と4位の差は0.34秒ですって

私には考えられないほどの厳しい世界なのだと思いました。(無知はこんなもの)

しかし世界では9秒台の選手が20人ほどいるとか・・・

個人的にはそこまで頑張らなくてもと思いますが、選手は競うことが宿命なのでしょうね。

ご本人はもちろん、支えるご家族もさぞかし大変だろうと思います

そして、200メートルもサニブラウン選手が

写真はスタジアムの前に飾ってあったパネル

この前で写真を撮る人多数!!

陸上が盛り上がっているようです


2017/06/24のBlog


真夏日、ムシムシ

スポーツジムも以前と様変わりしています

私の経験でいえば30年くらい前は、50歳以上はジムの会員登録をするときに
医師の健康診断書を求められていました。
ジムで倒れられては困るからデス。 (当時は私も若かった)

またジムの数も少なく、マシン(機械)の数も、レッスンのメニューもわずかでした。

20年くらい前からダンス系やヨガなどのレッスンが増えました

そして現在のレッスンメニューは山ほどあります

ヨガやエアロビクス、ピラティス、フラダンス、バレエくらいはわかります。

しかし、ZUMBA,、リトモス、ファイドウ、ラディカルパワー、X55,バレトン

わかります? 私もさっぱりです 

ジムも増えて、競争が激しいので、どんどんレッスンのメニューを増やしているのです

そこでようやく、銭湯会員の話です。

「銭湯会員」は自称です。ジムにそのような会員名はありません。

レッスンが増えただけでなく、後発のジムは浴場の設備に力を入れています。

中高年の女性のジム選びは、浴場が大きなポイントだからです

シャワーの数を増やし、サウナやジャグジーなど銭湯かと思うほど・・・。

私が通うジムは他のジムのように昼間の会員とか、夜のみの会員という区別がない。

週1日は休みですが、それ以外は営業時間に行けばよいのです。

大阪市内の銭湯では1回440円、10回の回数券を使っても420円です。

420円×25日=10500円 これはジムの月会費より高いのです。

ジムは会員になると朝風呂、昼風呂、夜風呂1日何回でも行けるのです。

だからレッスンで体を動かす気はないけれど、銭湯代わりに通っているのが自称「銭湯会員」です。
最近体調がよくない、もしくは忙しいので、レッスンは休んで銭湯会員という人もいます。

他に変わったと思うところは、片麻痺の人や腰が曲がった高齢の女性なども、プールやマシンなどをリハビリ代わりに使っておられます。

昔のスポーツジムはアスリートが行くところでしたが、今ではいろいろな使い方ができるようになったということでしょうか

2017/06/23のBlog


今日は特別大サービスの日

ラジオで助成金? 情報を告知していました。

平成29年度あしたのまち・くらしづくり活動賞 レポート募集
公益財団法人 あしたの日本を創る会

地域のために手弁当で活動しておられる方も多いと思います

応募されてみてはいかがでしょう

前のページ   |   次のページ