ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
千里・住まいの学校
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:264件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2007/08/30のBlog
[ 17:28 ] [ 住まいの学校の活動 ]
猛暑の中、いかがお過ごしですか? 8~9月のイベントのご案内です。

■有料老人ホーム見学会 8/31(金)
「食事も排泄も寝返りもできなかった私がどう生きぬいてきたか?」で有名な春山満氏がプロデュースした“住宅型有料老人ホーム”の見学会です。参加ご希望の方は、8月25日(土)中に、電話(06-6871-2710)、またはメール(yam-cham@hkg.odn.ne.jp)へ。
見学先:「グッドタイム リビング 池田緑丘」(池田市緑丘1丁目4-23、電話:072-750-2570)、日時:8月31日(金) 午後2時~3時半頃、2時に現地集合(千里から車に分乗して出発)、参加費:会員:300円、非会員:500円
■“まちかど土曜ブランチ“「ヨルダンってどんな国?」 9/8(土)
留学生を招いて、母国の街や住まいについて語ってもらい、軽食をいただきながら交流する大好評のイベントです。参加ご希望の方は、9月5日(水)までに、電話(06-6871-2710)、またはメール(yam-cham@hkg.odn.ne.jp)へ。
スライドとお話:ラフィーフ・アルゾウビ(大阪大学、ヨルダン出身)、日時:9月8日(土)11~13時、会場:ひがしまち街角広場(新千里東町近隣センター)、定員:25名(先着順)、参加費:600円(軽食、コーヒーつき)、主催:千里・住まいの学校&ひがしまちまちかど広場
2007/08/28のBlog
[ 10:54 ] [ 住まいの学校の活動 ]
8月25日(土)、東丘小学校のグラウンドで新千里東町の夏まつりが開催されました。
5月に街角広場の2階に事務所を構え、新しい住民となった「千里・住まいの学校」を地域の方々に知っていただこうと、挨拶とPRに出かけました。

入り口付近のテーブルを借りて、パネルを設置し、案内のパンフレットを配布しました。
隣には、FM千里のPRコーナー、小学校の菜園で採れたじゃがいもの販売・・・
チラシの配布には、公民分館のNさんも加わってくださいました。

このような活動を通じて、少しずつ地域に溶け込みながら展開していきます。
2007/07/24のBlog
[ 16:34 ] [ 協力団体・企業 ]
炭は、燃料だけでなく、脱臭や吸湿、遠赤外線やマイナスイオンの放出などの効果があり、またインテリアにもなることから、近年、住まいの中に取り入れられています。

「千里・住まいの学校」では、能勢町の「合同会社 能勢さとやま創造館」から炭を提供いただき、炭のもつ脱臭効果などを研究しています。
北摂は、昔から茶の湯に用いられた、断面が菊花の形をした”菊炭”の産地として全国的に知られました。「能勢さとやま創造館」は、北摂に残る5つ、能勢町では唯一の炭焼き窯のひとつです。

「能勢さとやま創造館」を主催する小谷義隆さんは、父君とともに菊炭を焼きながら、菊炭の新しい活用法を研究している若手の炭焼き師です。

※写真:飾り炭
「千里・住まいの学校」は、「能勢さとやま創造館」とともに、住まいへの炭の活用について研究したいと考えます。このような趣旨から、「能勢さとやま創造館」と事業提携することにしました。

炭の活用や「能勢さとやま創造館」の商品に関心のある方は、どうぞお申し出ください。商品の一部は、住まいの学校の事務所にあります。

写真:能勢菊炭入り里炭もなか、炭入りせっけん
2007/07/14のBlog
[ 18:05 ] [ まちかど土曜ブランチ ]
7月14日(土)、まちかど土曜ブランチを開催しました(主催:千里・住まいの学校、ひがしまち街角広場)。
土曜ブランチは、”外国の街や住まいをテーマに普段着の知恵の交流”をねらいに留学生を招いて開催するもので、今回が5回目。
ゲストは、大阪大学後期博士課程(建築学)に在籍する、中国内蒙古・フフホト出身の王さん。台風4号が接近するあいにくの雨の中、17名が参加して交流を深めました。
写真:ブランチの風景(左端が王さん)
内蒙古は、海抜1000mにある人口2300万人の自治区。大半は漢民族であり、モンゴル族は16%程度。自治区であるため、出産は2人まで可能など、中国本土とは異なる政策が認められている。
フフホトは、青い街を意味する人口150万人の街。モンゴル、イスラム、漢の民族ごとに街がつくられ、街並みも異なる。鉄道はなく、移動手段はバス・タクシー。タクシー料金は100円程度と安い。
写真:フフホトの街並み
住宅は、6階建ての集合住宅が一般的だったが、近年、23階程度の超高層化をめざした再開発が進んでいる。冬は寒いため、南面の室内にサンルームが確保されている。中華料理は煙が出るから、キッチンはリビングやダイニングから分離されている。
写真:超高層マンションによる再開発の模型
内モンゴルでも高齢化が進んでおり、高齢者のための施策や施設づくりが進められている。公園は、踊り、太極拳、書、バドミントンなど、高齢者の憩いと交流の場に利用されている。団地には、住棟ごとに小規模な老年活動センターが整備されている。老年大学には、漢語、書道、絵画、太極拳、料理、音楽など様々なプログラムがあり、多くの人に利用されている。
写真:観光用につくられたパオ
現在パオに住む人はいないが、博物館に展示され、ホテルとしても利用されている。パオの入口が低いのは、飾られたチンギスハーンの肖像画に頭を下げて敬意を表するため。朝食には、しゅうまい、麺、お粥、肉まんなどをしっかり食べる。農家風のレストランが流行っており、自分で料理をつくれる厨房つきもある。

後半は、街角広場の皆さんがつくってくださった”おにぎり弁当”をいただきながらの楽しい交流となりました。
次回は9月、ヨルダン出身のラフィーフさんの予定です。お楽しみに・・・
写真:手づくりのおにぎり弁当
2007/07/11のBlog
[ 19:05 ] [ 住まいの学校の活動 ]
「千里・住まいの学校」の事務所オープンから1ヶ月。いろいろな方がご訪問くださいました。住まいの相談も増えつつあります。これも、”いつ行っても会え、相談できる”場所ができたおかげです。

街角広場の皆さんとお昼をいただいたり、近所の酒屋さん、米屋さんなどとも仲良くなり、地域の一員として迎えていただいています。約1ヶ月間の動きをお知らせいたします。

写真:CITEサロンの訪問・見学
■ご訪問いただきました!
・5/24:土佐材を用いた住宅づくりを進めるOさん夫妻と交流
・6/14:はんじゅく暮楽部のOさんと子ども達、祝いの寄書きもらう。
・6/28:H先生(神戸芸工大)、S先生(阪大)とCITEサロン約10名
・6/28:住民のNさん、マンション長期修繕計画の相談を受ける。
・6/28:千里市民フォーラム会員Bさんと後輩
・7/3:当NPOアドバイザーでファイナンシャルプランナーのHさん
・7/3:「介護保険徹底活用術」出版のKさん、贈呈いただきました。
・7/4:大谷大学I先生と学生約20人が訪問・見学
・7/4:千里市民ネットのMさん、相談情報を紹介いただきました。
・7/9:西町のKさん、入会されました。
・7/10:木造住宅・シックハウス専門のYさん、交流・連携を約束
・7/13:Blog「アラウンド・藤白台」のOさん、お土産いただき!
・7/14:大阪大学N先生、大学との交流を打合せ、お土産いただき!

写真:千里NTについてレク
■支援・応援をいただきました!
・6/16:会員のSさんと友人から観葉植物をいただきました。
・6/18:住民のTさんに塗り残しの壁を塗っていただきました。
・6/18:阪大のO君がLAN接続を支援してくれました。
・6/20:住民のkさんが家具の修理をしてくださいました。
・6/20:阪大S先生から中国の土産をいただきました。
・6/21:街角広場のAさんから観葉植物をいただきました。
・7/3:Sさんよりお祝いに時計をいただきました。
・7/9~10:Hさんが経理の支援をしてくださいました。

写真:住まいの学校事務局
■利用していただきました!
・6/12:N自治体の方々と会議室で打合せ
・6/23:地域の方々が会議室にて建替え計画の打合せ
・7/5:阪大CSCDプログラムの4人の依頼で千里NTについてレク
・7/10:阪大CSCDプログラムのY君の依頼で近隣センターについてレク

写真:掲示板
■その他の主な活動
・6/25:「パネルによる豊中の市民活動」の反省・交流会に参加
・6/26:住まいの学校の活動が朝日新聞全国版に紹介される
・7/4,11:FM千里「アイラブ千里」ゲスト出演、学校の活動を紹介
・7/14:中国内モンゴル出身王さんによる「まちかど土曜ブランチ」

写真:ベランダに植えた朝顔
2007/07/07のBlog
[ 20:31 ] [ 住まいの学校の活動 ]
緊急の連絡です。

7月14日(土)に予定していました「まちかど土曜ブランチ」
のゲスト、ラフィーフさんは、現在ヨルダンに帰っていますが、
都合で当日までに日本に帰ってくることができなくなりました。

このため、急遽、中国・内蒙古出身の王さん(女性)にゲストとして
来てもらうことにしました。
草原の中でのゲルの住まい、家族や親戚・友人などとの深いきずな、
近代化とともに変わるモンゴル族の住まいと暮らしなど、
興味深い話が聞けることと思います。

■まちかど土曜ブランチ
日 時:7月14日(土)午前11時~午後1時
ゲスト:王さん(中国内蒙古出身、大阪大学大学院後期博士課程)
参加費:500円(軽食、飲み物代)
場 所:ひがしまち街角広場(新千里東町近隣センター内)
申し込み:7月12日(木)中にメール、電話にて山本まで

すでに申し込みいただいた方、まだの方・・・
どうぞご期待の上、お集まりください。

<問い合わせ、申込先>
 E-mail:yam-chan@hkg.odn.ne.jp Tel:06-6871-2710(山本、太田)
2007/07/06のBlog
[ 03:53 ] [ 住まいの学校の活動 ]
千里・住まいの学校は、千里ニュータウンに住む人々が安心して楽しく住み続け、住み替えられるよう、住民、大学、専門家、事業者などが力を合わせて、住まいと暮らしをサポートすることを目的に設立されたグループです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
2007/06/27のBlog
[ 15:42 ] [ 新聞・雑誌・書籍紹介 ]
6月に入って連載されている朝日新聞(全国版)「まちは生きていく」シリーズの第17回(6月26日)に「千里・住まいの学校」が紹介されました。

代表の山本が仲間と共に千里・住まいの学校を設立するに至った経緯や、今後の抱負を紹介する記事になっていますが、限られた字数の中で、住まいの学校が何をめざしているのかを的確に表現していただきました。

千里・住まいの学校が改めて全国に紹介されたこと、念願の事務所がオープンしたことなどを契機に、地域の方々の一層の信頼を得て、これからも一歩一歩、「安心して楽しく住み続けられる住まいと暮らしのサポートと地域づくり」を進めたいと願っています。

※新聞の記事をクリックすれば、拡大して読むことができます。

2007/06/15のBlog
[ 15:38 ] [ 住まいの学校の活動 ]
千里・住まいの学校の事務所がオープンしました。場所は千里NT・新千里東町近隣センター、「ひがしまち街角広場」の2階です。

約40年前に建設され、約10年間使われていなかった5部屋+台所からなる住居を借用し、5月中旬から清掃、壁・床塗り、家具配置を進め、6月11日に事務所としてオープンしたものです。

木製サッシや漆喰風の壁など、レトロ感たっぷりの、落ち着いた空間ができあがりました。窓の向こうに緑が広がり、下校する子どもの声が聞こえるなど、環境も抜群です。 

※Photo:千里・住まいの学校事務局
住まいの相談、セミナーや講座の開催、調査研究などのほかにも、千里NTに関する情報センターや交流の場としても利用されるよう、資料コーナー&交流サロンも設けました。
大学・地域の交流イベント、大学ゼミなどの利用を願っています。

※Photo:資料コーナー&交流サロン
副代表理事のOさんの事務所と共同利用しており、Oさんには従来どおり、住まいの学校の日常的な運営にも参加していただきます。

※Photo:O建築・都市デザイン事務所
6月14日、1階のひがしまち街角広場にて、ささやかなビアパーティーを開催しました。2年半の歩みをスライドで見ながら、事務所開設にこぎ着けたことに感慨深いものがありました。

”はんじゅく暮楽部”のOさんと子どもたちがお祝いに駆けつけ、「おかしやおかずづくりに使わせてください」との手紙を読んでくれました。
事務所の開設準備から1ヶ月、地域と方々と交流する機会も増えました。
塗装プロのTさんが、私たちが残していた壁のクラック補修や塗装を行ってくださいました。

千里・住まいの学校は、事務所のオープンを契機に、より地域に支えられ、より地域に貢献できる活動を展開していきたいと考えています。
どうぞよろしく、お願いいたします。
2007/06/14のBlog
[ 11:29 ] [ 住まいの学校の活動 ]
■総会開催
5月12日に総会を開催し、平成18年度の事業報告書等が承認されました。平成18年度は、全国都市再生モデル調査(国土交通省)の採択を受け、機器備品等を整え、住まいの相談会をスタートするなど、収穫の多い年でした。
平成19年度は事業を継続するとともに、住み続けるための困りごとのサポート(家の片づけや修理、庭木の剪定、引っ越し準備など)、DIY講座などを開始する予定です。
■事務所の開設
「ひがしまち街角広場」の2階の一部に事務所を開設するべく、清掃美化や備品配置などを進めています。
6月中旬にオープンできる予定ですので、お立ち寄りください。

※6月14日(木)夕方、簡単なオープン記念懇親会を予定
 ご参加ください。
■6,7月の予定
①施設見学会
 -住み替えに関心のある人の参考になる施設の見学会-
 日 時:6月14日(木)午後2~3時
 見学先:豊寿荘(特養、ケアハウスなどからなる施設)
 豊中市新千里西町2-7-2 TEL:06-6831-7225、現地集合
 参加費:500円(土産代など、ただし会員は無料)
 申し込み:6月10日(日)中にメール、電話にて下記まで
②まちかど土曜ブランチ
 -軽食とともに、外国の街と住まいのスライドと話を楽しむ会-
 日 時:7月14日(土)午前11時~午後1時
 ゲスト:ラフィーフさん(ヨルダン出身、大阪大学博士後期課程)
 参加費:500円(軽食、飲み物代)
 場 所:ひがしまち街角広場(新千里東町近隣センター内)
 申し込み:7月10日(火)中にメール、電話にて下記まで
③DIY講座
 -家の簡単な補修を自分でできるための実践講座-
 ・7~9月に3回シリーズ(1回/月)のDIY講座を開催予定
 ・内容は、木工、襖・障子の張り替えなど
 ・詳細は、決定次第ご案内いたします。

■問い合わせ、申込先
 E-mail:yam-chan@hkg.odn.ne.jp 、Tel:090-5092-0395(山本)