ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
あびこ女性会議だより
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:907件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2017/06/20のBlog
イクメンという言葉が社会的に定着した現代でも、相変わらず男性の生き方は仕事中心です。これでは男性も女性も疲弊していくばかり。
仕事も家庭も、共に無理なくこなすには…。テレビや新聞でおなじみの講師が男性学の視点から解き明かします。
お気軽にご参加ください!!

日時 平成29年6月24日(土曜日)午後1時から午後14時30分、午後0時30分開場
場所 アビスタホール
講師 田中俊之さん
博士(社会学)、大正大学心理社会学部准教授

◆詳細は下記我孫子市HPをご覧ください。
http://www.city.abiko.chiba.jp/shisei/kyoudousankaku/kouenkai.html

問い合わせ先
我孫子市秘書広報課男女共同参画室
電話:04-7185-1752、FAX:04-7185-1520

2017/06/13のBlog
《内閣府 男女共同参画局から》
本年の特集においては、女性活躍推進法の全面施行後1年間における国及び地方公共団体、民間企業の女性活躍推進の取組等を紹介するとともに、法律の施行を契機に女性活躍推進の取組を更に推し進め、社会全体として女性の活躍を加速・拡大していくことの必要性について記載しています。

本白書は、内閣府男女共同参画局ホームページに掲載しています。
※詳細は以下をご覧ください。
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/index.html


2017/05/28のBlog
5月12日(金)より、Wanna Cryptor、WannaCrypt、WannaCry、WannaCryptor、Wcry等と呼ばれるランサムウェア※の感染により、世界的にITシステムの障害が発生しています。

※ ランサムウェア (Ransomware): 身代金要求型不正プログラムのこと。感染端末上にある文書などのファイルが暗号化され、暗号解除のためには金銭を要求される。

 このランサムウェアに感染するのは、日本マイクロソフト株式会社が提供するソフトウェア製品Windows(同社の登録商標)を使用しているシステムのうち、適切にソフトウェアの更新が行われていないものです。

 お使いのソフトウェアについて、最新版に更新していただくようお願い致します。詳しくは、同社のホームページを御覧ください。

◆ 「ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス」
別ウィンドウで開きます
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2017/05/14/ransomware-wannacrypt-customer-guidance/

2017/05/25のBlog
[ 18:23 ] [ 女性と健康 ]
WHO(世界保健機関)は喫煙と健康問題についての認識を深め、適切な対策の実践を求める日として、「世界禁煙デー」を定めています。
 たばこの煙には化学物質が4,000種類以上、うち約200種類は発ガン性物質など有害物質が含まれているといわれています。
「たばこ病」とも呼ばれるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)をはじめ、肺がん・喉頭がんなど多くのがんや、循環器疾患や歯周疾患など多くの疾患の危険因子です。

また、たばこは副流煙にも有害物質が多く含まれているため、喫煙者だけでなく、周囲の人の健康にも重大な影響を及ぼします。
呼吸器疾患や子どもの低身長、乳幼児突然死症候群(SIDS)発症などに影響を及ぼすことがあるため、子どものいる家庭は特に注意が必要です。
 
たばこに含まれる「ニコチン」には依存性があり、自分一人では禁煙が難しい場合があります。禁煙外来では、禁煙補助薬などを活用しながらニコチンの禁断症状を緩和し、禁煙をサポートしていきます。

市内でも保険診療による禁煙外来を行っている医療機関があります。喫煙者の方は、自らの健康寿命を延ばすため、周囲の人をたばこの煙から守るため、この機会に禁煙をしてみましょう!

◆厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000162438.html

2017/05/20のBlog
[ 18:38 ] [ 男女共同参画社会 ]
男女共同参画推進本部では、毎年6月23日から29日までの1週間、「男女共同参画週間」を実施しています。
男性と女性が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには 政府や地方公共団体だけでなく、国民のみなさん一人ひとりの取組が必要です。
私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか?

◆男女共同参画週間について
1 目 的
本週間は、男女共同参画社会の形成の促進を図る各種行事等を全国的に実施するこ
とにより、男女共同参画社会基本法の目的及び基本理念に関する国民の理解を深めることを目的とする。
http://www.gender.go.jp/public/week/index.html


2017/05/07のBlog
社会への扉 ―12のクイズで学ぶ自立した消費者―
本教材は、成年年齢の引下げの動きも踏まえ、自立した消費者を育成するとともに、消費者が主役の社会の一人として行動できるような消費者になることを目指した教材です。
*生徒用教材は、主として高校生を対象とした消費者教育の教材ですが、適切な指導があれば、若年者を中心に幅広い世代で活用できます。
内容
(1)生徒用教材 「社会への扉 ―12のクイズで学ぶ自立した消費者―」
「社会への扉」消費者が主役の社会へ消費生活に関する12のクイズを掲載。
①契約について理解しよう!未成年と成年の契約の違いや、若者の多くが利用するネットショッピングのトラブルを防ぐための知識等を掲載。

②お金について理解しよう!クレジットカード、多重債務について掲載。将来の詐欺的投資被害を防ぐための注意も掲載。

③暮らしの安全について理解しよう!安全に配慮した行動、再発防止のための行動がとれる消費者になることを促す。

④消費生活センターについて知ろう!「高校生が実際に消費生活センターに相談したら」という設定のマンガで紹介。

⑤あなたの行動が社会を変える!トラブルにあった際に行動することが、消費者市民社会の形成に参画することにつながることについて伝える。

◆詳細は消費者庁HPをご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_education/
public_awareness/teaching_material/pdf/teaching_material_1_0001.pdf


http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_education/
public_awareness/teaching_material/teaching_material_1.html



2017/04/15のBlog
国連が「国際幸福デー」に指定している20日、「世界幸福度報告書2017」が公表され、調査対象155カ国中、最も幸せな国はノルウェーと発表された。逆に最も幸せでない国は中央アフリカだった。
日本は51位で16年の53位から順位を上げた。
世界の富豪、最多2043人=日本人トップは孫氏-米誌

報告書は各国の1人当たりの国内総生産(GDP)や社会支援の在り方などを基準に14~16年の「幸福度」を算定、ランク付けした。
 
上位5カ国のうち4カ国を北欧諸国が占め、前年首位のデンマークが2位、アイスランドが3位と続いた。報告書は「上位4カ国は、社会福祉や自由の度合いなど幸福に資する主な要因の全てで高評価だった」と指摘した。
 
下位5カ国は中東アフリカ諸国が独占した。内戦下のシリアは152位、南スーダンは147位。米国は14位、韓国が56位、中国は79位だった。(2017/03/21-06:05)
【ニューヨーク時事】
.
◆ 「世界幸福度報告書」(2016 World Happiness Report)
http://worldhappiness.report/


2017/04/12のBlog
10日公表された推計人口では若干、スピードが緩んだものの、この先も厳しい少子高齢化が続く人口減少社会の姿が示された。かつて経験したことのない、超高齢社会に対応していくため、社会保障制度をはじめ、従来の少子化対策だけでない、女性、高齢者の働き方改革や外国人材解禁など、人口減を前提とした社会の仕組み作りを早急に進めることが求められている。
今回の推計で、現役世代(15~64歳)の人口は50年後、現在より4割以上減るとされた。人口構成が激変していく中、社会の担い手をどう確保していくのか。

政府が昨年6月に発表した「1億総活躍プラン」。現役世代の男性に偏っていた働き手に、女性や高齢者にもより多く加わってもらい、経済活動の維持を図る狙いがある。今後、65歳以上の雇用延長も進める方針で、高齢者に、支えられる側から支える側に回ってもらいたい考えだ。高齢者となっても「引退」しない時代は目前に迫る。
政府は17年度から一定所得がある70歳以上の医療費の自己負担限度額を引き上げ、介護保険サービスの自己負担も18年度から所得の高い高齢者は2割から3割に上げる.。 一方、現役世代の減少は経済成長の足かせとなる。
・・・・続きは毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20170411/k00/00m/040/102000c

◆日本の将来推計人口(平成29年推計)国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp/pp-zenkoku/j/zenkoku2017/pp_zenkoku2017.asp

2017/04/06のBlog
「モデル・アイドルになりませんか」と声をかけられた、「高収入アルバイト」に応募した。
その後、聞いていない・同意していない、性的な行為等の「写真」や「動画」の撮影をされた。
モデルやアイドル等の勧誘等を装いそれをきっかけに若い女性が性的な被害を受ける問題が発生しています。
平成29年4月は、AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間です!

<主な被害事例>
事例
もう一人で悩まないで、相談できる場所があります。
街でモデルやアイドルにならないかと誘われ、個人情報を教えてほしいと言われた。教えても大丈夫?
・街でスカウトにしつこく声をかけられ、SNSの連絡先を交換した。その後、紹介してもらった事務所は、アダルトビデオへの女優を派遣しているプロダクションだった。
事例
・「絶対にバレない」、「顔は映さない」、「目線を入れる」と言われアダルトビデオに出演したが、販売された映像には顔がはっきりと映っており、友人・知人に知られてしまった。
「高収入!」、「チャットで話すだけ」、「パーツモデル」というアルバイトの募集広告を見つけた。応募しても大丈夫?

◆いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」等被害防止啓発サイトを開設しました
男女共同参画局HPをご覧ください
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/index.html



2017/03/21のBlog
~これまでの10年、これからの10年~
平成18年3月に母子保健の国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、
妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保をめざし発表した「マタニティマーク」は、誕生から11周年を迎えます。これまでのマタニティマークに関する取組を振り返るとともに、これからの10年に向けた取組を進めていくため「マタニティマーク ファクトブック」を作成しました。

厚生労働省では、ホームページや政府広報などさまざまな機会・ルートを通してマタニティマークを広めるとともに、公共機関や職場などに取組への協力をお願いすることで、引き続き妊産婦さんにやさしい環境づくりを進めていきます。

マタニティマーク ファクトブック
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11908000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Boshihokenka/0000154097.pdf
マタニティマーク 
妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。 
国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「マタニティマーク」を発表しました。マークは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。
また、交通機関、職場、飲食店等が、呼びかけ文を添えてポスターなどとして掲示し、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。
ヘルプマーク 
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

ヘルプマークの配布や優先席へのステッカー標示等を、平成24年10月から都営地下鉄大江戸線で、平成25年7月から全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーで開始し、さらに、平成26年7月からゆりかもめ、多摩モノレール、平成28年12月から、都立病院、公益財団法人東京都保健医療公社の病院へと拡大して実施しています。
また、平成26年7月から民間企業への働きかけも実施しています。
 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

◆東京都福祉保健局HP ヘルプマーク
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

前のページ   |   次のページ