ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO法人CEP・子どもひろば
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1537件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2019/11/19のBlog
プログラムはCAP「子どもの暴力防止教育」
対象は5年生

Q1.あなたは自分の権利を取られたことがありますか?
A. ある 23% ない 77%

Q2.あると答えた人はそれはどんな時でしたか?
A.・好きなことをばかにされた ・いじめられた
 ・1年のとき、同じクラスの女子に ・ゲームする時
 ・正しいことを言ったのに「ちがう」とか「は?」と言われた
 ・むしされた ・あまり答えたくありません ・悲しくて不安だった
 ・いやなことをきょうようされ、それを断ったらいやなことをされた
 ・4年のとき友だちにわるぐちを言われた

Q3.あなたは人の権利を取ったことがありますか?
A. ある 10% ない 89% わからない 1%

Q4.あると答えた人はそれはどんな時でしたか?
A.・むししたことがある ・あるかもしれない
 ・ひどいことを言った時

Q5.困ったことやいやなことがあった時、話を聞いてくれたり信じてくれる人は
 いますか?
A. はい 99% いいえ 1%

Q6.それはだれですか?
A. ・家族 ・先生 ・お母さん ・お父さん ・犬 ・近所 ・友だち
 ・心友 ・祖母 ・おじいちゃん ・しんせき ・スクールカウンセラー

Q7.ワークショップをみて分かったことや考えたことなど、なんでも自由に
 書いて下さい
・1人でかかえこまなくていいと分かった
・世の中は危険だと思った。これからも気をつけたい
・いやだったらしっかりことわろうと思った。だれかがこまっていたら
 助けてあげようと思った。げきを見るのがたのしかった
・悪いことにさそわれた時はすぐにきっぱり断ることが大事なんだなと分かった
・命の大切さをあらためて実感した。守れる方法があるのにおどろいた
・権利はうばわれることもある。だけどうばわれるのを自分で守ることもできる
 だからうばわれそうな時は断ることが大切だと思った
・人は自分の人生を決める権利があり、幸せになる権利もある
・自分はなかなかいやなことでも「いや」と言えないので、このワークショップを
 通してはっきりと断っていいんだなと思いました 
2019/11/17のBlog
[ 16:26 ] [ 出前授業と講座2015~ ]
プログラムは「CEPいじめをやめようワークショップ」(2~3年生)

Q1.あなたはだれかからいじめられたことがありますか?
・ある 82% ・ない 18%

Q2. あるとこたえたひとはそのときどんなきもちでしたか?
(いくつでも○をつけて)
・かなしい ・くやしい ・やりかえしたい ・わからない
・いやなきもち ・そのた(ひどい・なんでわたしだけやられるの・・・
もうやんないでほしい)

Q3.あなたはだれかをいじめたことがありますか?
・ある 38% ・ない 62%

Q4あるとこたえたひとはそのときどんなきもちでしたか?
(いくつでも○をつけて)
・おもしろい ・ふざけはんぶん ・すっきりした
・やらなければよかった ・やらなければじぶんがやられる
・そのた( )

Q5.あなたはだれかがいじめられているのをみたことがありますか?
・ある 79% ・ない 21%

Q6あるとこたえたひとはそのときどんなきもちでしたか?(いくつでも○をつけて)
・かわいそう ・たすけたい ・やられてるこがわるい
・またやってる ・ばかみたい ・そのた(こわいな~ )

Q7.こまったことやいやなことがあったとき、はなしをきいたりしんじて
くれる人はいますか?
・はい 85% ・いいえ 15%

Q8.はいとこたえたひとはそれはだれですか?
・友だち・おかあさん・おとうさん・おばあちゃん・しんせき
・先生・いもうと・お姉さん・おじいちゃん・お兄ちゃん・家族

Q9.ワークショップでわかったことや、おもったことをかいてください
・いじめをやられたときに、やめてとかやらないでっていえるようにしたい
・これからもがんばりたいです
・ワークショップでいじめはいやだな、つらいな、かなしいながわかりました
・いじめをしようと言われてもひとがかわいそうだからやらない。
 こまったとき、先生に言うのがこわかったらいっしょについていく。
 お友だちがこまっている時は「どうしたの?」と聞いて、どうすればいいか
 おしえる
・これからはみんなをたすける
・いやなきもちがわかりました。これからはいじめをなくしたい。いじめなく
 いやなきもちがお友だちにわかるようにしたい
・こまったときの言いかたが分かった
・みんなかなしいことがあったとしった。ワークショップの先生がわかりやすい
 せつめいをげきでしてくれた
・いじめはぜったいにやってはいけないし、もしやられてもだれかにそうだん
 した方がいいと分かった。これからいじめはやらないようにする
・ともだちをこらしめてあげようとかいってたらまずちゅういする。
 そんなことやったりしたらその人がもー学校にこなくなっちゃうかも
しれないからそれはしっかり注意する
・これからはみんな、けんかやいじめがないへいわな○○小学校にしたい
・わたしはいじめられたら本当に先生に言っていいのかがいつもまよってしまって
 けっきょくはいじめのアンケートに書くのでしっかり言っていいんだなと
 よくわかりました
・いじめられてるときになにも言ってなかったから言えばやめてくれるかも
しれないからこんどもしいじめられたら言ってみる。それでもだめだったら
だれかにそうだんしてみる
2019/11/16のBlog
[ 15:25 ] [ 出前授業と講座2015~ ]
プログラムは「CEP親子の安全トレーニング」
対象は年長児クラスと保護者でした

以下は参加した保護者の感想の1部です
・SNSでの被害など、親が子ども時代にはなかった事件が
 増えていることを知り、未知への不安&対応方法を
 勉強しなければと思いました

・子どもの自己肯定感を育てていくことが大事だということ
 たくさんの大人が守ってくれていると日頃から伝えて
 行くことが大切ということ

・最近の被害の事例などをロールプレイで分かりやすく
 教えていただき、大変大人も子どももよく理解できたし
 今後の役に立つと感じた

・もし被害にあっても悪いのはやった人だということを
 しっかり伝えたい、なるべく自分を守れる方法で
 生活すること

・被害にあっても子どもがなかなか言えない事
 教育虐待の話、一体誰のための教育なのかということ

・今まで保育園で親がついていることが多かったので
 家でこういう話をしたことがなかった。小学校に行く前に
 専門の方から話を聞けたことは良かった
 これを機会に家でも小学校に向けて少しずつ話し合えたり
 一緒に考えていけたらと思った
2019/11/08のBlog
[ 14:14 ] [ 出前授業と講座2015~ ]
午後は別の学校に移動しました
プログラムは「CEPいじめをやめようワークショップ」
対象は4年生でした
[ 14:06 ] [ 出前授業と講座2015~ ]
プログラムは「CEPいじめをやめようワークショップ」
対象は2,3年生でした


前のページ   |   次のページ