ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6876件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2021/06/05のBlog
[ 16:31 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝から加西のグランドで立花さんとの交流をさせてもらいました!

コロナの前から交流を約束していたのですが、コロナの影響になりなかなか交流出来なかった為、本当に久しぶりの再開となりました。西野さんに聞きたい事もいっぱいあったし、今日という日がまた自分にとって大きな一日となる事を予感出来るものでした。

フットサルコートなので2面借りて1面でゲーム。もう一面で交流会という形をとりました。各自が聞きたい事や、合間の時間にも成長のヒントがたくさんある事を最初に話をしていました。
保護者の方々もおられましたが、今日のゆったりペースの交流がどういう意味があるのか?を理解してもらうのは難しいかも知れません。

親御さんの中にはガチガチの試合の中でがんばっている我が子というイメージが強い方がいれば違和感が強かったかも知れません。ですが、今日の交流のそもそもの目的は【各自の内面の成長、変化を探る】事でしたので。公式戦やガチガチだからこそ見えない、見落としてしまう部分がハッキリと出る設定。おかげ様で今日は本当に良いものがたくさん見えました!
ゲームのほうの成果よりも、ゲームじゃない時間のほうが各自の本当の良さや成果が多く見えました。

人が人と接する際に出てくる色々なものが今日はたくさん見えました。

【空気】という言葉が一番しっくりくるのですが、とにかく立花さんはサッカーをやる空気が良い!!その良さはやっぱり真似したいし、自分達も良い空気でサッカーがやれたら各自の持っている最大の部分が出るという事が分かってきたのです。相手が良いとそういうものが引き出してもらえるという事が交流をやる価値です。
イメージしていた以上の交流の進歩のスピードでした。

受け身な子が多いうちの子供達が反日で急速に心の距離が接近し、午後は味方、相手など関係なくごちゃまぜチームでゲームが出来るまでになりました。そうなればいいな・・・というイメージが持って今日を迎えたのですが、それ以上の成果が出てきたのは子供達の成長の形だと思っています。

コーチ(大人)が離れたほうが、選手(子供)は間違いなく成長するという事を改めて実感しました。汚い、厳しいファールは【きちんとした審判がいるからこそ起きる】という事も何となく分かります。今日なんて審判を置きませんでした。そうしたほうが、自分達でファールを規制したりジャッジ出来るんだと思います。
今日は【目線】と【肩】について西野コーチに教わりました。

これは最近自分の中にあったモヤモヤが一気に吹き飛ぶものだったし、なるほど~というものでした。今日の選手達の目はとても良かった!!キラキラしていたし、一生懸命だった。
これをどんな相手にでも、また自分達のトレーニング中にも引き出せるように!!この目を基準にしてやっていきたいと思います!

キラキラしているみんなを基準に!これからもがんばっていきます!!

交流してくださった立花さん、応援してくださった保護者の方々、ありがとうございました【礼】
2021/06/04のBlog
[ 21:45 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との練習でした!!

昼間はまとまった雨が降り、室内での活動となりましたが金曜日は一緒にやるのでとても多く室内が狭く感じます。ただ、その狭い空間の中でこそ工夫が必要になってくるので、そこを意識して最初からやるべき事を自覚してもらうようにしました。

最初はエリート塾生とファルコ生を分けて話をしました。共通点としては【目的を明確にしてトレーニングする事】でした。前半は、エリート塾生が自身の目的を掲げた上でトレーニングを開始し、それをサポートしたり、一緒に学ぶという形で中学生が入っていく形にしました。
やっぱり全然違ったものが出てきました!

これまでのこちら主導のトレーニングではどうしても【やる・やらない】が出てしまい、個々の活動にズレが出ていました。でも、今日は最初から明確化させる為の話をして取り組んでもらったので、かなり各自の中で残せるものがあったと思います。このやり方は当然サッカー全体から考えれば【サッカーというスポーツの中の、プレーの中の、一つ】であり全てではないから今日やろうとした事が出来たからと言って【サッカーがうまくなる】とは違います。ただし、うまくなる為の準備ではあります!

この地域にはここからしなければいけないのに、どうしても【目先・小手先】をやってしまうから色々ブレてしまうのは20年近くコーチをさせてもらっている中で気付いた事です。
子供の【頭の中】を探るつもりで関わればコーチも随分変化すると思う。

どうしてもコーチ主導でコーチの頭の中を表現させようとしてしまうのが良くない大人のやり方だと思う。子供を信じ、子供が持っているものを先に聞く。先に出させる事から全てのスタートなんだと分かりました。

前半は伝える、教える、関わる、というテーマでやってもらいましたが、全く自分の理想には程遠い形でした(笑) でも、自分の中で【こうしたい!】という狙いや理想が具体的になってきたので必ずそこへ到達出来ると思っています!
キーパーは小学生と中学生合わせて6名もいてくれるので、最初からキーパー達だけで取組んでもらいました!

最初にキーパーとも色々話をした上でやってもらっていたし、とても熱が伝わってくる良い空気でした!言葉の意味、意図、伝え方などを考えてやってもらっているので、うまくいく事もいかない事も今は良い経験として残せているようです!お互いにとって成長の為の大事な時間なので大切にしてほしいと思います!
後半は4箇所で色々な対決をしてもらいました♪

フリー、ツータッチ以下、ハンドパス、リフティングという種目に分かれて勝負をしてもらったのですが、非常に良い空気感でした。誰一人乗り遅れる事なく、みんながそれぞれに自分の役割をしっかりと果たせていたので、とても全体が活気がありました。中学生と小学生が同じチームでやるのですが、うまくいかない時間も含めて重たい空気になったりせずに常に前向きな何かが感じ取れた事はとても大きかったと思います!

この空気を【感じる側】から【伝える側】になって小学生も自分のチームでも良い空気でトレーニングや試合をしてほしいと願います!

全員がうまくなる為の努力が出来るチーム!これからも目指してがんばります!!
2021/06/01のBlog
[ 21:56 ] [ 練習の様子 ]
やっとホームグランドに戻ってきました!!

6月から一部利用が可能となりました(まだ制限はありますが)。1ヶ月半もず~~~っと我慢してきたので使えるありがたみは本当に身に染みますが、この規制を掛けられた1ヶ月半で何かが変わったとは全く思わないのです。医療のひっ迫という理由を出され、部活動には心と身体の健康維持の為に制限が先に解除され、こちらには一方的に使えませんというだけ。そして今回は【もう使って良いですよ】というだけ。理由も何もない。

何がどう改善されたのでしょうか?みんなが経験のないコロナという新しいものへの対応は分からない事だらけ、失敗だってあるのは当然。でもね、そういう中でも【この対策は失敗でした。あまり効果がありませんでした。】等の説明ぐらいはきちんとしてもらいたいものです。こちらからすれば自分達の都合だけで決められているとしか思えないし、何がどう改善されたのか?は全く分からない違和感のままでした。
日も随分と長くなってきたので、ナイター練習という感覚でもありません!

隣では野球のほうも元気いっぱいに活動再開していました。グランドがこうして使えるようになる事でまたみんなが日々がんばれる、成長出来る場になるというのはとてもうれしい事です。大事な場所を大切に使っていきましょう!!

久しぶりのグランドでのトレーニング。メインはフルコートでのゲームとしました。思い切り走り回ってサッカーの楽しさを思い出してほしいと思ったからです。
序盤のトレーニングは【自分の身体】【ボールの扱い方】【相手の状況を観る】という事をテーマにして遊び要素を多く取り入れました。

テスト明けのメンバーもいたので無理はさせたくなかったし、身体をリフレッシュさせたい狙いもありました。スパイクを履いて練習をする事自体が久しぶりなので、その辺りの怪我にも用心したかったので十分なアップをしてからゲームをするようにしました。

【うまく蹴れない】という状況は、ボールが要因ではない事は分かりますね?つまり、うまく蹴れないはうまく自分の身体を使えないという事であり、そこをどう工夫すればうまくいくようになるか?を考えるのが練習です。うまくいかない結果だけで落ち込んだし、気分を害されるような感覚の選手では絶対に伸びないですよ!
途中にやった【相手を観る】事のメニューに対してミスが格段に多かった事に気付きましたか?自分の一歩広くなった世界の中では本当にミスが多いのです。つまり、【ほとんどの喜びや満足は自分だけの世界観】になっているのが今の君達。仲間と共有する、仲間を理解し、理解してもらう喜びには到達していません。

だからパスにメッセージがない。相手に渡ればパス成功、となる。どうしてほしい、どうやってほしい、どういう思いを込めた?がないものは本来パスとは言いません。そういう【想い】の先にサッカーのプレーがあるものですが、どうしても先にサッカーの技術から入るから硬い頭で硬いプレーになるんですよね。
好きな事をシンプルにやれる。

うまくなってくるとこういう部分で目立ってくる。3年生なんかは各自の特徴が一つのゲームをすれば必ず出てくる。それに比べると1,2年生は自分の特徴を【相手次第】でしか出せない子が多いのはこの違い。悩み方もシンプルじゃないと言うか、あれこれ考えすぎて結果何もしない、出来ない、が多いから。

ゲーム形式の中で出てくる【流れの中で武器を出せる子】はまだ数名。こういう部分の受け止め方、考え方、工夫、できっと変化してくるだろうと思う。だからトレーニングの時間のほとんどは自身と向き合わないといけない時間。早く自分の武器を探し、活かし、活かされる選手になりましょう!!
2021/05/30のBlog
[ 21:13 ] [ 練習の様子 ]
今日は昼間のトレーニング!!

慣れない暑さでしたがみんながんばって取り組んでくれていました。

今は各自の時間に成長してほしい事もあり、各自の成長シートを書いて提出してもらっているのですが、それを観ているだけでも少しずつ変化、成長しているのが伝わってきます!

後はこういった季節が厳しい条件の時であってもボールを触りたい、サッカーをしたい!という強い気持ちが芽生えてくれば【努力】のスタートになってくると思います。闇雲に行う努力は努力ではないという話をよくします。がむしゃらとかこの地域でも【美学】として評価されています。
今はそこを越えたいと思っています。

伝統とか言われる言葉もよく美化されがちですが、大人がただ変化を恐れて何もせずに、そのまま【今までの先輩がやってきたから・・・】という理由づけでやらされている事も多々あると思います。そういう悪しきという言い方は適切ではないと思うけれど、変えたい部分の一つです。

良いと思うものは取り入れ、そうでないもの、【納得いかないもの】は簡単に取り込まないようにしてほしいと思う。納得いくまでとことん話したりして自身がやるべき事を心が消化して行ってほしいと思います。
今日は暑さもあり、トレーニングをしていてみんなの表情が段々きつそうになってきました・・。当然空気も重たくなるし、そうなってくると頭の中が支配されるのは【暑い・しんどい・きつい】しかありません。そこに支配されてからがんばれる選手はまだ多くはいません。3年生ぐらいになってくると様々な経験から負けたくない、勝ちたい、強くなりたい、という感情ががんばらせてくれる事もありますが、まだ経験の浅い1年生などにはそこまでを求める事も出来なかったので、途中から小学校グランドでのトレーニングという利点を活かし、遊びを入れたトレーニングに切り替えました!!
遊具って遊ぶ為に使ってきたものばかりですが、今日はトレーニングとして使いました!!

するとみんなの表情も、空気も完全復活!!いや!それ以上に努力を始めました(笑) トレーニング中には起きない【悔しい・楽しい・もう一回やりたい!】が出てきた訳です。この条件が揃えば子供だけじゃなく、大人も延々とのめり込むものです。バランス、体幹にもってこいの道具を使って自由にやらせると休憩も求める事なく、ひたすら集中していました。
こういう空気を知る事、感じる事、経験を持ってくる事で今後【あの時みたいな集中を】という話が通っていくと思うので大切な時間だったと思います。
最後はゲームを本気で行いました!

不思議と一生懸命に遊んだ後の【本気のゲーム】というのはとても前向きな良いプレーばかりでした。これ、ただ与えたメニューこなしてしんどい中をがんばった最後のゲームではこうはならなかったはずです・・・。そして【もっとやれよ!】という声が出ていたような気がしますが、このゲームに関してはほぼほぼこちらが何かを言わないといけない事はなく、中の選手同士で色々意見交換も含めてやっていたので良い雰囲気で終える事が出来ました。

こういう季節の慣れない暑さでやると体調不良になる子が多いのですが、みんなが前向きなプレーで笑顔で終えられた事は良かったと思います。まだまだ暑い日はこれから始まりますが、今から良い準備をして迎えられるように各自なりに工夫をしていきましょう!
2021/05/27のBlog
[ 21:48 ] [ 練習の様子 ]
今日もナイター練習が出来ました!!

昼間にはすごい雨になりましたが、グランドが硬くて水が溜まる事がほぼないので使える状態でした!ありがたい事です!!

みんながサッカー出来る事すら当たり前とはいかない状況だし、そういう中でもこういう工夫をする事で出来る時間を確保出来たり確認出来る事は成長の一部になると思います。

世間では【皐月病】という言葉があります。これは【誰もが新鮮に迎える年度の初めである4月】は気持ちも新鮮なのです。でも、一ヶ月で色々なものが見えて、【発見】出来たとキラキラしている子は皐月病など無縁だし、【疲れ】になる子は要するに【やらされている子】だからだし、そういう子は世間一般では【真面目】と呼ばれるケースが多いけれど、言われた事、与えられた事だけをやる【真面目】は真面目とは言わないと最近思います。
自分の考える【真面目】とは、自らのやるべき事、やりたい事という意志があってやる事を【真面目】だと思います。

この辺りを整理出来ない頭で受け止めるから【真面目⇔反抗】という受け止め方をするんだと思う。

真面目じゃない子は反抗をする子、という捉え方。そうじゃない!と心から思う。

要するに、真面目も反抗も、受け止める人が勝手に決めているだけの話であり自分の都合なんだという事。今の自分の感覚では、意見する事は反抗ではなく【成長】だし、【意見出来る空気を出せている自分の成果】と受け止めます。
だから選手同士でも同じ事が言える。

一方的に言う、言われる関係は真面目でも、おとなしいでもありません。

【意思のない子】であり【意思の足りない子】という感覚。自分の頭で考え、自分の頭で判断し、自分の責任で行動をする!これの繰り返し!

指示待ちのほうが楽だが、そこに成長はない。自分からどれだけいけるか?練習時間をどう使うか?によって選手の質は変わる。参加する時間ではなく、与えられた事をこなす量ではない。
判断をするトレーニングと、ボールを扱うトレーニング。

その前提にある【人と人が交わる中で起きる事の消化の仕方】をトレーニング。

誰かのせいではなく、自分の出来る事。

誰かの期待じゃなく、自らのやりたい事。

誰かのおかげじゃなく、自身のおかげ。

心と考え方を整えれば成果は断然変わる。こんな時代だからこそ、各自なりの工夫が【最低限】になってくる。
勝敗にもこだわる。でも、勝敗が目的ではない。

自分の思う事が思うように出来たという自信はやがてチーム(組織)の武器になる。チーム(組織)の武器が出来れば周りからの信頼を得る。そうなればなる程に自分のやりたい事もどんどんと湧いてくる。

そういう前向きな連鎖が起きてくると人生はきっと楽しい!!思い通りにいかない中でも工夫をすれば環境は変えられる。そこに面白味を感じていきたい!

まだまだこれから!

楽しさを期待なんかしたくない!自分の力で得てみせる!!

そんな覚悟を持てるといいね!!
2021/05/25のBlog
[ 22:03 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

梅雨の時期に入り、こうして雨が降らずに活動出来るのは本当にありがたい事です。今この状況で、何一つ当たり前である事など存在しないし、そう思えるのもこれまでの当たり前の状況に居着いてしまっているからだと思う。そんな自分の中の甘えと言うか、甘い基準をもう一度高く持ってやれるように心を引き締めたいと思っているこの頃です!
今日も時間は1時間早くからの開始なので、全員が間に合う訳ではありません。

ただ、大事なのは【来てからの時間の過ごし方】です。今以上は出来ませんか?もっと工夫出来ませんか?改善出来ませんか?トレーニングはこういう部分から始まっていると思います。

【自分】に出来る【可能な範囲】の【工夫】だと思います。これがトレーニングの価値だと思う。

これが【誰もが出来る】【与えられた事】を【そのまま】にこなす、がほとんどの少年団の現状だと思う。
だから、自分がこの地域の中学生達に伝える事は【考える事】だと確信しています。

足で扱うスポーツと言われているサッカーですが、頭から入らないといけないという坂口さんの言葉の意味、ようやく理解出来るようになってきました。

だから対話をする中でも、技術的な事よりも考え方の事ばかりを言います。技術的な事を先に言うと言われた通りにして終わり、だからです。自分でイメージし、自分で考え、自分で工夫し、自分でチャレンジをする。このサイクルを持たせれば成長の喜びと苦しみは同時に自分の力で味わえるでしょう!
自分だけのカラーがあり、武器がある。

両方見つけないといけない!カラーだけだと人としては認められても選手としては認めてもらえない。武器も必要!その武器も仲間がいる中で発揮出来るもの。自己満足ではなく、仲間からも評価されるもの!これらを見つける為の3年間で十分だと思っています!両方を見つけたら先で、どこでサッカーをやっても仲間と一緒に楽しめるはず!

力を局部で伝えるやり方しか知らない今のみんなに【繋がりで発揮されるもの】だと分かってほしい。キック一つでも身体の端から端までの伝達によって発揮される事を認識し、意識してほしい。そうすれば変わってくる!局部しか知らない【暗記方式の勉強】では知識として身につかない。過程、成り立ちも理解してこそ知識として発揮される。

ここでの3年間を濃いものにしていく為にも、頭と身体を目一杯使ってがんばりましょう!!
2021/05/23のBlog
今日は朝から広畑グランドにて津田さんとの交流戦を行わせてもらいました!

このグランド、津田さんとは古いお付き合いだし本当に毎回良くしてもらっています。チームも、選手も常に一生懸命に相手をしてくださるので良いトレーニングになります。

毎回グランドに行く度に何かを学ばせてもらっているのですが、今回もこの写真のようにコートを当たり前に設営してもらっている【上】に、手入れの部分まで毎回目が届くチームです。コートを作るのは当たり前で、その上でどんな事が出来るのか?という事。

このグランド、芝生の環境が整った今から見れば決して贅沢ではありません!油断をすれば草はすぐに生い茂り、ボールが見えなくなるぐらいにまで成長してしまいます。土のグランドなので、手入れを怠ればボコボコになります。そういう中で毎回きちんと整備、手入れされている環境を観ると津田さんの【オフ・ザ・ピッチの努力】には頭が下がります・・・。と同時に、そういう素敵な部分を見習って自分達も成長したいと思います。
テスト休みで3分の1が欠けてしまっていましたが、残りのメンバーでやってくれました!

西澤さんと話し込んでいたので、アップは任せた状態で遠巻きから観察させてもらいましたが、やはり経験に勝るものはありませんね!大会等でうまくいかなかった経験を経て、今はアップの仕方や考え方にも工夫が見られるし、【各自なりの色】が見えてきました。4月の頭に鳥取で坂口さんにも学んだ【一人一人の色】というものがようやく少しずつ見えてきました(まだ濃くはありませんが)。

みんな違う特徴を持っているんだから、それぞれの色がしっかりと出る事が自分としても、チームとしても大切である事を考えてほしいと思います。
試合は津田さんと2試合+PK戦を入れてもらいました!

試合のほうは、【個の良さ】を意識したプレーをやってもらうようにしました。自分がパスを出す相手がどんな特徴を持っているのか?それが分かった上でパスをするならば【何がナイスパス?】というのも分かってくると思うのです。考えてプレーをするという事がどういう事か?特に2,3年生はそういう段階へ進んでほしいと思っています。
試合後のPK戦では2年生に責任を負わせてみましたが、しっかりとその責任を負える選手が増えた事をうれしく思いました。

確実に成長している過程には、上級生に言われてきたストレスもあるだろうし、下級生が出来たという責任感もあるだろうし、【俺がやらなきゃ!】という自分のスイッチを押せている事だってあるだろう・・・。そういった様々な経験を多く出来た選手が幅のある選手なんだと思う。楽するばっかり、逃げてばっかり、真面目に言われた事をやるばっかり・・・では幅は広がりません。せっかく一度きりの人生なんだから色々な事にチャレンジしてほしいと思います。
今日の2試合はとてもよく戦えていたと思うし、前向きな試合やプレーが多く見られた。

1年生はまだ【良い攻撃と良い守備は一体化】という意味を理解出来ていないからどちらも単発に終わっている感は否めない。だけど、この時期は【特徴を出す】事を第一に考えてそこを磨き続けてほしい!それをやっている延長で、きっと分かってくるだろうと思う。

やってみる勇気
やり続けてる勇気
変える勇気

ですね!

準備、運営、試合をしていただいた津田さん、本日も早朝からありがとうございました【礼】
2021/05/21のBlog
[ 22:00 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾生にも声を掛けてトレーニングを行いました!!

コロナの影響により、施設の利用に規制がかかっている事もあり小学生も全くサッカーが出来ていない子もいました。そういうのを聞くと、こうして少しでも出来る場を提供出来たのは良かったと思えるし、少しでも力になれたらと思います!

ファルコもこの時期、テスト休みが絡んでくるので全員が揃わないのですが個々が自分を磨く大切な時間なので一人一人が妥協しないようにがんばってほしいと思います。
綺麗な夕焼けに見守られてのトレーニングでした!

サッカーを教える、という事ですが、そこには色々な議論があると思います。何を持ってサッカーなのか?という事。隣のコートでも小学生の小さな学年を対象にトレーニングをされていましたが・・・どうしてもメインになっているのが【大人】なんですね・・・。

小さな子供達の自然な【やりたい事】よりも、【こちらが準備したやるべき事】が全てになっているこのパワーバランスではこういう空気になりますよね・・・というのがまざまざと見えました。ちなみに利用が2回目で通路が分からない自分もそのコーチだと思う方にこっぴどく怒られました。。。

【分からない】を【手抜き・わざと】という評価をされるから当然怒るんでしょうね。大人の余裕のなさを感じる時間でした。
こちらのトレーニングは集まる時間がまたバラバラだったので、全体トレーニングを前半に行い、後半はそれぞれの考え方で使ってください、という流れにしました。

ボールの触り方、動き方、考え方などがちょっとずつ変わったと思います。今まで与えられたものばかりをこなす習慣が根強い子が多い中で、ある意味ずっとサッカーが出来ない事で良い意味でも、悪い意味でも、一旦リセットされている部分もある。

だから、新しい習慣が入りやすいという事が分かる。自身が良くなる為のトレーニングを積めるようにがんばりましょう!
今日はエリート塾生も多く参加してくれたので、コートを2面使って広くやれたし、みんなの良い表情を観る事が出来ました。

その一人一人全てのスイッチを押す事は出来ませんが、対話を通し何人かのスイッチを探したり、押したり、という事は出来たような時間となりました。
技術から
対話から
動きから
考え方から

様々な方向からスイッチが入る子供達。それをいかに見抜いて適切なものを与えられるか?がコーチにとっての指導の現場のある意味トレーニングのような気がします。テンションや環境、その子を取り巻く状況が日々変化している中、いつも同じものが通用しないという現実の中、自分も日々成長していけるように日々をトレーニングの時間と捉えて成長していく努力をしたいと思います!
2021/05/18のBlog
[ 22:08 ] [ 練習の様子 ]
今日は本当にほぼ一ヶ月ぶりのナイター練習でした!!

まだ時短なので全員で長く一緒には出来ませんが、少しでも全員がこうして集まって顔を合わせて問題や課題、良さを共有すればまた自主トレにも繋がっていくのです。集まるという事を常にマイナス発想でしか捉えてもらえない行政とは全然折り合いがつきませんでした・・・。現場の声など一切聞き入れてもらえないし、一方的に決まった事だけを押し付けられる。。。なのに出てくる言葉は、【みんなで我慢をする時なので・・・】です。

うちには【出来ない理由】ばかりを述べられ、平日活動を許される同じ地域にいる、同じ中学校の、同じ中学生である部活動に対しては【出来る理由】を探し、考え、与えるというこの差・・・。これで【一緒に我慢】と言われるのですからたまったものじゃありませんよ。
他の地域ではこうして活動出来る場が少しずつですが開放されている事もあって、どうにか使用させてもらえる事になりました!

目の前で一生懸命にがんばろうとしている子供達を観ているからこそ、【平等に扱ってほしい】という強い願いを伝えたのですが、結局行政から見えるものは【外部へ好きな事をしに行ってる子供達】なんだというのがよく分かりました。歩み寄ろうともしてくれない大人に誰が信頼をしますか?自分が子供の時に、そんな大人を信頼しますか???

自分がいざ大人になった時に子供に対してそうやって出来ていますか???

こういう時こそ大人が自分の事も振り返る良い機会だと思っています。
久しぶりに集まって出来る事に子供達も嬉しそうなのが伝わってきました!!

コツコツと努力を積み重ねる大切な時間!無駄にする事なく、時短によって練習開始も1時間早くしている中、送迎で協力してくださっている保護者の方々の思いも含めてみんなで価値のある中身にしていこう!と最初に話をしてトレーニングをがんばりました。

テスト休みで不在の子も多かったのですが一人一人の意識改革の為にボールとの向き合い方、自分自身との向き合い方を考えてやってもらいました。
やはり空いた期間にコツコツやっていた【変えたい習慣の部分】がまた元通りになってしまいました。。。やはり習慣には勝てません!でも、逆に言えば習慣にさせてしまえば良い訳なので、これからまた積み重ねていくだけです!

ボールとの距離感、人との距離感、身体の使い方、この辺りへのこだわりを持って進化させていきたいと思います。
1年生と比べたら、という前提で良くなっている2,3年生ですが、その対象では成長とは言い難いですね!

自分の理想との勝負にこだわってほしいのですが、その基準にまだ甘さが見受けられます。自分よりも出来ない人を見つけて安心しないで、自分だけののなりたい自分との勝負をしてください!

急がず、慌てず、だけど【毎日コツコツ】を大切にしてがんばっていきましょう!!
2021/05/16のBlog
[ 21:58 ] [ 試合結果 ]
今日は三木防災という素晴らしい環境の中で試合が出来ました!!

イルソーレさんの配慮をいただき、こうして試合が出来た事を心から感謝したいと思います。みんなにも話をしたけど何一つ当たり前なんてないのにその気持ちがみんなからはあまり伝わってこないという事実。

無理もありません。生まれた頃から恵まれた環境下の上、手厚い愛情を注いでもらった上に周りには便利な物が溢れかえっているのですから・・・。それが【当たり前】の基準になったみんなに【強くなる】事を伝える難しさを痛感させられます。。。
コロナの状況によって、世間でも色々な事が制限され、活動がやりにくくはなっています。でも、言い換えれば【だからこそ本心が見える】訳です。

活動出来ないという状況でも、サッカーがしたくなりますか?ダメと制限されるからしたいのですか?この一週間みんなには自分と向き合う時間を設けてもらうように、用紙を渡して振り返りの作業をしてもらいました。一日の終わりに自分と向き合った時に後悔はありませんか?
サッカーをずっと眺めていて、【どうしてなんだろう???】と疑問に思う事がたくさんありました。

プレーの精度とか、結果の部分ではなく【心】の部分。どうして何も思わないのか?どうしてもっと良いものを求めようとしないのか?どうして現状維持にしようとするのか?この辺りがなかなか子供から前向きな姿勢が見えません。

裕福に育ってしまうと大事なものを見失うのでしょうか?自分はそうは思っていなくて各自の物事に向き合う覚悟だと思っています。好きな事に対する気持ちだと思います。
時間が解決する問題ではなく、個々が【向き合う】タイミングの話。

お願いする話ではなく、強制する話でもない。やりたい子がやりたいと強く思う分だけその世界が用意されていくだけの話。俺はこんなはずじゃない!とか勘違いする人間程、その通りだという現実。

自分のスイッチを押せるのは自分の情熱だけ。その情熱を燃やすには自分の特徴を知り、何に燃えるのか?を知り、そこを磨くしかない!時間が経てばいつかは・・・って甘い考えでやっていると、もちろんいつかそういう日が来る事もあるだろうが、その時は同時に【後悔】もついてくる。ちょっとぐらいいいか・・・とやり過ごす甘さがあれば、それだけ後悔する大きさも先で大きくなるという自然な話。

いつやりますか???言葉だけじゃなく、行動で示してこそ【男】です!

早く一人前の男になりましょう!一流の選手?うまい選手?強い選手?それは全部一人前の男になった先にあるものです。

まだまだファルコは【子供】です。

そう思った今日の時間。これは見下している訳でもなければ、実際に子供だから良いと思っている訳でもありません。現実は現実。

大人に向かって本気の努力をする子供を育てたいと思います!

会場提供に、対戦してくださったイルソーレの皆さん、ありがとうございました【礼】