ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
認知症予防ケアグループ きらら
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:590件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2013/11/17のBlog
 認知症予防 脳トレゲーム リーダー養成講座アンケート
 10月30日に終了したリーダー養成講座のアンケート集計結果です。

 ご協力有難うございました。
 研修した結果を生かすという方が多く、とても嬉しく拝見しました。
 修了生の皆さまが様々なところで活躍されることを期待しています。
 この結果を生かして、来年度もリーダー養成講座を開催できればと思っています。

アンケート総数 32
問1.受講動機をお聞かせ下さい(複数回答) 
①自分の認知症予防のため 10
 ②家族のため 6
 ③仕事またはボランティアに利用するため 29
 ④その他( 無回答 1

問2.この講座に参加して
 ①良かった 30 ②まあまあ良かった 2 ③悪かった 0

問3.楽しみながら認知症予防が可能と 
①思えた 27 ②分からない 4 ③思えない 0

問4.今後このスリ-A方式のゲームを
 ①活用する 30 ②自分の知識に留める 2 ③活用の場がない 0
 活用すると回答された方は、どこで活用されるかお教えください
 ・仕事で(デイサービス)
 ・仕事場
 ・職場
 ・デイサービス(月に10~14日)
 ・デイケアで働いていますので、仕事場で利用者の皆様と一緒に行ないたいと思 います。
 ・高齢者施設、高齢者大学また、地域で高齢者を対象に、ボランティアスタッフや 広めて下さる方を対象に、自分の笑う健康教室といっしょに。
 ・職場でゲームをしていきたい。

 ・「活用したい」が正確かも知れません。現在属している会で出前講座をする機会 があるので、何か話せないかと考えています。
 ・介護とは違う仕事を持っている為、どの程度活動できるかはわかりませんが、何 らかの形で地域に広 めるお手伝いができればと思っています。
 ・介護者の集い、元気アップ講座(川西市市外)
 ・職場での介護予防事業の中で活用できればと思っています。
 ・所属しているボランティアグループで
 ・マンションのシニアグループ(60歳以上)の人々の脳の活性化に少しでも役立て たい
 ・今、別のボランティアをしているので、そこのデイスタッフと相談して自分の為、人 のために活用したい。
 ・まずは80超えの両親や近所のお年寄りのお友達の為にそして自分の為にも
 ・民生委員で年2回ひとりぐらしの65歳以上の高齢者の会を行なっているので、 そこで活用したい
 ・お笑い福祉士として、幼児・病児・年配の方のところで実践させて頂いていま す。
 ・ボランティア活動として活かしていきたい。
 ・地区で、地区外へ出て
 ・自治会の役員をしているので、老人会の時に取り入れたいと思います。
 ・地域教室
 ・デイサービスでボランティアしたいと思います。

問4.研修回数

 ①丁度よかった 24 
②ちょっと多かった 3 
 ・復習時間が多い。(時間がもう少し長くてもいいから日数を減らすと参加しやすい 
 ・3回くらいが適当かと思います。
 ③短かった 2
 もう少しあってもよかった 1 
 無回答 1
問5. 認知症予防について関心があること、今後取り組みたいことがあればお聞かせ下さい。 
・行動範囲の狭い高齢者にとって、やはり向こう三軒両隣での取り組みが大切だとだと思いますので、「まちづくり」と合わせて取り組めればと思います。
・関心があっていろいろな講座とかに参加したりして頭だけのものですが、今回スリーAを知り、ボランティアの集まりなどで実施を心がけたいと思いました。
・日常生活上で予防できる行動や動作について、食生活などでも良い方法があるのでは?
 ・歌、 体操
 ・体操を取り入れたゲームのようなことがあれば教えていただきたいです。
 ・認知症ケア専門士です。スリーAの考え方はとてもすばらしいと思います。ぜひ私の地区でも広めたいと思います。
 ・認知症は誰でもがなり得ると思います。こうした脳トレを活用して少しでも予防が出来ればうれしいです。勤務先の施設に於いて他のスタッフにも受講したことを伝えていくつもりでおります。
 ・認知症は非常に孤独な辛い病気であるということをもっとみんなに知ってもらいたい。「あ~ボケたら周りは大変やけど、本人はわからへんから楽でええ」という間違った認識を変えてもらって、やさしさのシャワーで接してもらえるようにして、そして認知症自体の予防、引き戻しのため、このゲームを笑う体操とともに広めたい。
 ・実際に認知症の方とかかわることはないので、どうすればよいのか判りませんが、今後何かのお役に立てればと思います。
 ・大いに関心があり、2025年には2人に1人と高齢者ですが、できる活動を広げたいと思います。
 ・認知症傾向にある方に対しての言葉のかけ方を勉強したい。父母の介護を通して高齢者の快適な生活とはを考えるようになりました。アルツハイマーのおばもみてきて、このスリーAを知っていたらと思いました。やさしさのシャワーをまず身近な人から始めていきたいです。できればそういう活動にも参加できたらうれしいです。
 ・落ち込んだ時に素早く回復するように認知療法というのがあると聞きましたが、それを学びたいと思います。
 ・できれば住んでいる伊丹市でスリーAのボランティア活動をしていきたいと思っています。
 ・家族の会での講習、サポーター養成講座でのワンポイントコーナーとして
 ・地域で広めたいと思います。(老人会、職場など)
 
その他 感想・意見・希望など何でもお書き下さい 
 ・とても楽しいひとときでした。童心にかえって心を空っぽにして自分をみつめるスリーA。新しい人生の出発点としてスリーAに取り組むのも良いので思いました。本当にありがとうございました。
 ・施設の利用者様の認知症予防のお手伝いが少しでも出来たら良いなあと思って参加させて頂きました。
 スリーAの脳トレゲームをさせて頂くとみなさんが笑って声を出してとても楽しかったと思って下さるので、もっと回数を重ねていきたいと思いました。ゲームの材料も頑張って作ってみます。ありがとうございました。
 ・大変楽しく意義あるものでした。ありがとうございました。
 ・なるべく薬を少なくし、笑いと人とのふれあいの中で少しでも長く元気で過ごす事が出来ると知りました。来てよかったと思います。
 ・ありがとうございました。
 ・自分が勉強して少しでも認知症予防の役に立てる手助けになるように社会貢献をしたいと思ったので、
受講しました。
 ・今回のようなリーダー養成講座をぜひとも又開いて頂きたいと思います。
 ・当然、この5日間でリーダー(リードすること)をスムーズにはできませんが、どんどん実践しながらより多く優しさのシャワーを広めていけるようになりたいと思います。本当にすてきな5日間の講座、ありがとうございました。予防ネットの高林さん、福井さん、きららの向井さん、山本さんはじめスタッフのみなさん、ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。
 ・認知症予防としてとりくむ本人のみならず、本人を見守る家族もとりこんでの取り組みになればすばらしいと思いました。笑顔のパワーをも認識でき、自分自身にもプラスになりました。ありがとうございました。
 ・若者がシルバーを支えるのではなく、シニアがシニアを支えていく街づくりが必要と感じている。
 ・毎回感想を聞く時間がありましたが、他の受講者の方が実際に初めてリーダーとして実施した時の体験談をもっと聞きたかったと思いました。(こんな所が難しかったとか、この辺はうまくいくとか)小グループでリーダーの声かけを全員がやってみる時間があっても良かったかな。代表で何人かだと緊張もするし、やってないと自身がないので…。
 ・遠方なので一緒の活動は難しいが又、講座がある時知らせていただきたい。
 ・本当に楽しく参加させて頂き感謝でした。高齢化が進んでいる現代に必要な講義でした。近所のお年寄りにこの話をしたら、私の通っている所もこんなことしてくれたらいいのにとおっしゃっていました。是非川西市が全面的にバックアップして下さる体制が整っていきますよう願っています。本当に有意義な講座に参加できて光栄です。皆様のご活躍をお祈りしています。
 ・楽しく参加させていただきました。ありがとうございました。
 ・このゲームを通して少しでも予防ができればと思う。受講できましたこと、ありがとうございます。
 感謝します。とても勉強になりました。少しずつ近くから広めていきたいと思っています。
 ・独居老人の多い地域であり、これからも増えつつありますが、機会を作り脳トレゲームを広めていきたいと考えます。(自治会組織を活用して)
 ・とても楽しいゲームでよかったと思いますが、される方の活動レベルを考えると中にはできないだろうなと思うものもありました。でも、できることはしてみたいです。ありがとうございました。
 ・今回スリーA養成講座に参加させて頂いて、多くのことを学ばせて頂きました。年齢に関係なく指・手・身体を動かすことが非常に大切であると感じました。
 ・スリーAのゲームを体験することが目的ではなく、リーダー養成が目的の講座なので、もう少し進行について工夫がほしいと思いました。例えばリーダー体験をもっと多くの人にしてもらうとか、スタッフがうまく出来ない人を演じるなどしてほしいと思いました。毎回メモ用紙でもよいですが、全員に振り返り用紙を渡し、感想を集めて次回皆に知らせるという方法もひとつ考えてみて下さい。
・今日のお話(最終日)初回の方がよかったかも。もっとみなさんに聞いて頂きたかったです。楽しくて元気になれる講座でした。勇気を頂きました。ありがとうございました。
 第4回に看護師さんが発言されたように誤解をうける説明があります。医療的専門知識の説明を付けてそれとは分けて説明すべきだと思います。実践においてはすばらしいと思うのですが、経験によるもので、知識が付いてきていないように思います。よい所だけでなく不足部分(医療分野)の説明も必要では。(中核症状は医療が必要であり、早期の治療がよい。周辺症状が良くなるのではなく、改善であるということ)
 ・とても勉強になりました。
 ・5回すべて参加させていただきました。私は西宮在住で片道1時間半かかりましたが、リーダーになられた方、本当にお世話になり、ありがとうございました。何とかすべて出席出来たのは、皆様のお陰です。今後のご活躍をお祈りしています。
2013/11/08のBlog
[ 08:23 ] [ パッレト体験教室報告 ]
11月6日(水)11時から12時半
於 友楽苑(清和苑内地域交流スペース)

清和台地域包括支援センター主催、地域のお一人暮らしの高齢者やグループホームの方、福祉委員さん、いろいろな方が集まる交流会に招かれて行ってきました。
広いスペースに沢山の方が集っていらして、それだけで賑わいがあり楽しい雰囲気。48人で大きな輪を作りましたが、お世話くださる福祉委員さんは輪に入りきれず外からゲームを見守ってくださいました。
最高齢者は94歳。とってもシャキッとお元気そうでした。

簡単にスリーAの説明の後、早速後出しじゃんけん
輪が大きすぎてリーダーの手が見えにくかったけど、みんな元気にじゃんけん「ポン」さすがに負ける手は難しく、「えーー、!」とか「いやーん」とか声が出てしまう。自分がもどかしくて笑い出しちゃったり。

さて、本格的にゲームに入ります。リーダーはもちろん、きららが誇るYさん。元専門職の先生だけあって話や声かけがとても上手。語尾もはっきりしていて聞きやすい。「緊張して上がる」ってことがないらしい。流石です。。。。と、手前味噌に仲間を誉め過ぎでしょうか。。。 
ゲームの方は指体操から。
普通に数えた後、右手の親指を折って数えるのですが、今日はまず右手だけを練習して、それから両手で数えてみました。多分94歳などかなりの高齢者が数人いらしたから配慮したのだと思いますが、それでも健常者でも初めて両手で数えるのはかなり汗かきかきだった様です。最初にこの難しいゲームってやはり衝撃ですよね。
グーパー体操、パーを前に出す時は気持ちよい位揃いましたね。前に出すのがグーに変わった途端、頭は混乱の渦中に。自分でも不思議
でんでんむし、茶壺、頭の混乱が収まらない人はどのゲームでも苦労なさっていたようです。今日はよく頭が働きました。ラッキーでしたね。
リズムに移って、2拍子は気持ちよい位揃いました。リーダーのYさんが何度も感嘆するくらい。清和台のかたは皆さん仲良しなのかもしれませんね。
3拍子に移っても、最初「自分、自分、右」のペースだともうバッチリ!「自分、右、チョン」になると時々混乱する場面も。でも、初心者ばかりでこのできは本当に上出来。ビックリしました。
4拍子になって「自分、右、肩。チョン」になると一層大変だし、皆さんが選んだ歌が「紅葉」でちょっと歌詞が難しくて余計混乱しましたね。
お手玉回し</b>意外とみなさん冷静に回していました。最高に溜まっても3つや4つ。最後に大きな輪の真ん中に置いたいつもの小さなかごを目がけて玉入れ!
「何個入ったと思いますか?」の質問に「5個!」でも実際は9個も入りました。偶然?いえ、実力と思いますよ。外に出たのは48ー9=39。39個のお手玉を一つ一つかざしながら数えたYさん、ご苦労様でした。

そしてどじょうさんじゃんけんゲーム
この2つは本当に盛り上がりました。すっかり子供心を取り戻されたのではないでしょうか?正面に座っていらした若めの(あの中ではですけど)男性3人は、すっかり「わんぱくトリオ」に見えました
あっという間の1時間半でした。
また皆さんの楽しい輪にきららが入れていただける日を楽しみにしています。(報告、天野

認知症予防ケアグループきらら では、スリーA脳トレゲームのリーダーを派遣しています。福祉サロンなどで、笑いいっぱいの楽しいゲームを体験してみませんか!
問い合わせ 072-757-3260 (向井)
2013/11/05のBlog
11月2日土曜日 午後1時半~
パレットかわにし 会議室B
体験教室を開きました。

先日のリーダー養成講座の最終回を毎日新聞が記事にしてくださったので
それを見て堺や芦屋からの参加者もあり、
養成講座の補講として参加した人も3人いて
スタッフもあわせて18人で大きな輪を囲みました。

初めての方もいたのできらら代表のMさんのスリーA脳トレゲームの説明から始まり、自己紹介。今日はどの地区から来たかも含めて紹介しました。
遠くからの参加者に感激!

続いて後出しじゃんけん
みんなで囲んだ輪が大きすぎて誰の手に勝てばいいの?オロオロする人が現れてビックリ。体験教室では珍しい光景でしたね。

そしていよいよ指体操からリズムまで
ゲームリーダーは、先日修了証書を手にしたばかりのYさんや
補講としてゲームリーダー体験に来た3人に交代でお願いしました。

自らリーダー志望の4人のリーダーぶりはなかなかのもの。
ときどき「頭真っ白になる」と仰っていましたがそれは誰もが通る当たり前の道。
声をかけているうちに歌詞がとんだり、
皆がうまく行ってるか気にしてみると自分が間違えたり。
ちょっと自信のなさが声の大きさに反映されて、スタッフの声に負けちゃったり。

でも、職場などで頑張って使いたいと決意のほどを話してくださったので期待しています。
さらにもっと高度な(?)コツ等を学びたい時はこの体験教室を利用してください。福井さんが来てくださっていたら、高齢者の方への励まし方や盛り上げ方をもっともっと教えてくださいますよ。

言葉集めのテーマは動物園の動物。
このテーマは先日のリーダー養成講座で男性の受講者がこういうテーマがいいなと仰っていましたので、ちょいと拝借。今までにない発想のテーマで面白かったです。もちろん、ペンギンも出ましたよ!1部早退した人や仕事でスタッフが抜けたりして、このゲーム参加者は15人。それでも35個も動物の名前が出てきました。子どもの頃連れて行ってもらった動物園。楽しい思い出ですね。

広告パズルの後、じゃんけんゲームで締め。
じゃんけんゲームはスタッフなんだけどあまりリーダー体験のないUさんがリーダー。優勝は初参加のMさん。55万円あったら?の質問には「貯金します!」
う~ん、堅実やなあ。

最後に補講で参加の新リーダーさんに修了証をお渡ししてお開きとなりました。

そのあと、スタッフは今後の予定の相談と、リーダー養成講座の反省会。
講師の福井さんがいらっしゃらなかったし、まだ会計報告もできてないし、もう一度打ち上げかねて「大反省会」しなくちゃです。 (報告 天野
2013/11/01のBlog
10月29日(火曜日)
13時半~16時 ふれあいプラザ
参加者36名

リーダー養成講座もいよいよ最終回
まだまだ暑かった9月10日から、台風シーズンを乗り越えて、すっかり秋めいてきました。
今日は認知症予防ネットの代表で、スリーA普及に邁進しておられる高林さんのお話を伺いました。
スリーAとの出会い、効果を信じての普及活動、実践、そしてその成果について
素敵な京都弁で楽しくお話していただきました。
ゲームを習得する前にお話を聞く場合もあるのですが、ある程度ゲームを習得して、楽しさや優しさのシャワーを実感してから聞くお話は実感として感じられたのではないでしょうか。

認知症の予防について
予防すれば全く認知症にならないというような類いのものではありません。
認知症を撲滅はできないけれども、なるだけかからないように、かかるとしてもなるべくかかる時期が遅くなるように、そして認知症になりかかっても進行を遅らせるという意味での予防です。
粗相をして叱られてばかりいるとますます落ち込んでしまうけれど、
少しでも自尊心を保って穏やかに生きる事ができるようにというのを目指しています。
復習は、指から腕の運動、リズムリードはA
グーチョキパーは最後に高林さんにお手本をしていただきました。最初はゆっくり、突然スピーディーに。どんな人も最後はついていけないくらいの速さで。「な~んだ!みんなできないんだ!!」と笑っちゃうくらいの速さがコツだそうです。
リズムの4拍子は夕焼け小焼けで。高林さんには、4拍子の歌の選び方についてお話いただきました。戦争を乗り越えた世代にはその時代の悲しい思い出を思い出さないように。そして日本語が文語体から口語体に変化しているので歌詞の変化がないものを選ぶ事
まったく、スリーAの配慮のほどはすごい

言葉集め、広告パズル、じゃんけんゲームはリーダー体験をしていただきました。じゃんけんゲームはリーダー体験者よりゲーム体験者の方が圧倒的にパワフルに楽しんでいましたね。
じゃんけんゲームの終りは、最初に負けた人と優勝者へのインタビュー。負けた人にもスポットを当てるのが優しさのシャワー
後半は再度高林さんから
道具の作り方、道具に込められた優しさのシャワーについてのお話、(写真は、美しく並べられたお手玉!お仲間さんが声を上げて喜んでくださるとのこと)
スリーAの全国の動きについてお話いただきました。静岡発のスリーAが今では38都道府県で実践されているそうです。特に東北では震災後、福井さんの活躍で広がり始めたそうです。
認知症予防もついに学会ができて医療関係者が取り組み始め、エビデンスのある予防を目指しているそうです。最後に福井さんから、ゲームのまとめと注意点を話していただきました。

そして後援してくださった社会福祉協議会の代表者のご挨拶の後、
修了証授与。たくさんの方がリーダーとして出発されることになりました。
明石や神戸など遠くから通ってくださった方もいて大変嬉しく思いました。
それぞれの職場やボランティア現場でスリーAを実践してくださることでしょう。

まだまだもうちょっと練習したい人、
いやいや自分がスリーAを楽しみたい人、
きららの体験教室がおすすめです。毎月第1土曜日、13時半~パレットかわにしでお待ちしています。 (報告、天野
2013/10/25のBlog
10月22日(火曜日)13時半~16時
ふれあいプラザ4階

リーダー養成講座4回目
出席者36名

養成講座も早4回目。今日は全身を使ってエキサイトするゲームの講習。
小道具がたくさんいるのでスタッフは準備に大忙し。
特に風船を膨らます時、男性の助っ人がいて助かりました。
息を思いっきり吐くと時々頭がクラクラしますから。。。
まずは復習から.リーダーはY。
指体操、数え歌、グーパー体操、カタツムリ、お茶壺、グーチョキパー
一通りの説明の仕方、説明するときの注意事項、などなど話しながら進みました。
福井さんから細かい注意も入り、皆さん真剣そのもの。
リズムは2拍子、3拍子。
歌いだしの最初の言葉を特にはっきりと!
30分ほど復習をしてから本日のメインエキサイティングゲームへ!!

まずは風船バレー
輪になって座ってそこへ複数の風船を投げ込み、下に落とさないように、バレーボールのように打つ。風船の数が多いほど、風船に触る事のできる人が増えるので楽しい.スタッフが輪の中に入って落ちたボールを拾ってトスしてあげる。
高齢者さんの場合は椅子に腰掛けていては危ないので、下に座ってする。
ほんの数分で皆の顔が上気だってくる。輪の中のスタッフはヘトヘト。
次は風船サッカー
二つのチームに分かれて向かい合って二列に並ぶ。
それぞれチーム名を決め、投げ込まれたボールを足を使ってゴールへ入れる。
まずは右足を使って右のゴールに。
次は左足を使って左のゴールに。
これも危ないのでまずは靴を脱ぎ、下に座って手を後ろについて。
椅子に座ってする場合は、股に手を入れて椅子をその手でつかんで椅子が倒れないような姿勢を保ちましょう。
ボールを風船にするとふわっと浮き上がるので足を上の方までのばす運動になりますが、ビーチボールを使うと転がす感じ.どちらにするかは参加者さんの体力や人数に応じて臨機応変に。
リーダー養成講座は健常な若めの人ばかりなので椅子に座って、エキサイト!!
大興奮でした。

次はシーツ玉入れ。
1シーツに12人から14人くらい。偶数の人数でシーツを取り囲み、シーツに開いた穴にボールを入れる競技。
穴の位置を考えて1シーツごとに2グループにわかれ、それぞれグループ名を考えてから競技開始。ボールの大きさや色によって点数をかえたりすると後で特点を争うときに楽しさ倍増。(計算力も必要ですし)
昨日はシーツの大きさもボールもいろいろあったので一律1ボール1点で。
「シーツからはみ出したボールはノーカウントですよ」と声かけして始めました。
が、なななんと!熱中のあまり全部のボールを外へ出してしまったシーツあり。
1度目の対戦で「このシーツの穴は小さいのでボールの大きさをかえてほしい」と注文を受けて小さいボールにかえてみたけどやはり結果は変わらずなかなか決着のつかないシーツあり。
皆さんの興奮ぶりを文字にうまく表す事のできない私がもどかしい。。。

最後はリボンを一人4本ずつ(本来は5本だけど、リボンが足りなかったので)首にかけてじゃんけんをするじゃんけんゲーム。負けた人はリボンを勝者に1本渡して首のリボンがなくなるまで相手を順にかえて戦う。途中からはリボンを2本渡したり、全部渡したり。地道に溜め込んだリボンをごっそり持って行かれる1発逆転の可能性を秘めたゲーム。最後の決勝は皆の注目を浴びながら戦う.誰でもが主役になれる可能性あり!
負けた人は椅子に座ってゲーム終了を待つのですが、ゲーム終了後は心優しい人として最初にインタビューを受ける。
優勝者の首にかかっているリボンの数を人数×本数で計算し、1本1万円の賞金だったら何に使うかを考えてもらったり、単純な中にいろいろな要素を含み、超興奮できるゲーム。スリーAの締めくくりのゲームです。

部屋の熱気がすごくて窓をガーっと開けて戦いました。

時間がまだまだたくさんあったので、お手玉回しとどじょうさんゲームのリーダー体験を何人かの人にしていただきました。人が変わるとそれぞれの個性的なリードとなり、それも楽しめました。

もうお気づきとは思いますが、スリーAの特徴として、グループ分けをしてそのグループ名を自分たちで決めてもらうなど、自発的に考える、計算する、自分の言葉で話すなど、決して受け身なばかりでなく個性の発露を求められます.人任せでは事が運ばないところがうまくできているなあと、いつも感心させられます。

最後に一人ずつ感想や意見、質問をしていただきましたが、最後は時間が足りなくなり何人かの人は発言できなくてごめんなさい。
今回の養成講座の参加者さんの多くは既にリーダーとして働いていたり活躍なさっている方が多く、早速職場や派遣先でゲームを使ってくださっている様子でした。
これと決まった活動の場がない方や、もっとリーダの練習を積みたい方などはどうぞきららの体験教室でリーダー体験を積んでください.ただただスリーAを楽しみたい方も体験教室への参加大歓迎です。そしてきららの仲間になってくださる方が増えると嬉しいです。第1土曜日、パレットかわにしで13時半より体験教室開催中です。 (報告、天野