ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
KG-TANK
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:496件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2009/11/07のBlog
[ 12:48 ] [ CASA OKU ]


なんといいますか。

ほんっとに色々ありますよね… 笑
そして、いろんなこと言われますよね。

いろんな方向から

いろいろいろいろいろいろいろいろ
頭クルクル

途方もないな。
頭おかしくなりそう。

こないだは助成金の面接があったのですが散々言われました。
今のCASAに足りないこととか(ビジネス的に)
客観的に。久々にこてんぱんにやられましたね・・・
まぁ、そりゃそうだわと思いながら。
ぜんぜんだめだめでした

にしてもこてんぱんでした…


でも若干、理解不能な話しもありながら・・・


それプラス、もはや自分が馬鹿すぎて理解もついていかない話しもありました。
もっともっと経験が必要です。
えらく、つかれたけども良い経験にもなりました。
つまりこの経験をどうつなげるかなんです

そもそもビジネスとして成り立たないことを前提として
そんな大きなことをいってもね~
きりのない話しだよね~
学生だよね~
発展性が皆無


いろんなこと言われたけど
その裏に隠された思いや難しさ、厳しさは十分に感じさせていただきました。


まぁーぜんぶひっくるめて、社会は甘くないぞ!
お金をもらうことは甘くないぞ!っということを私の何倍もの経験を積まれた方に
言葉として教えていただいて。

頭をガツンと叩かれた、背筋の伸びる思いでした。
なんか、おじいちゃんとか先生に怒られる時の感覚に似てた。


私の甘さであったりとか
いろいろあるのですが、もっともっとハードルは高い。


すっごーい高いお城の頂上を見上げてる感じ。
雲でみえないよ~って 笑


先は見えなさすぎて、これまたこの時期に不満もあふれ出しそうですが…




踏まれて踏まれて踏まれるんだ。
もう踏めないから大丈夫

というか、説教されるうち、踏まれるうちがありがたいもんです。


逃げたいことが多いし、そのタイミングはいくらでもある。
全部が瞬間的にどうにもこうにも嫌になることも。


考えすぎて、眉間にしわ寄せすぎて頭痛いけど。

けどけど・・・
結局「けど」がついて。


今はスピード止めるわけにはいかないけど、
そんな中でもぐぐっと伸びをしながら、


今頑張らないと意味がない
これだけは絶対。

踏ん張らないと。
と言いながら年中、毎日が踏ん張りどころ 笑


着実に
何よりいろんな意味でたくさんのことあきらめないように
まっすぐ進んでいきたいと思う。
やっぱり仲間がいるから頑張れるのです。いろんな場面で助けてもらうから

今月来月と、CASAとしては本当にハードなスケジュールだけど、
これができないと
いままで進みたいけど進めなかった大切な一歩がまた踏み出せないから。

それこそ、なんんとしても踏ん張ってがんばろう


ドナルドのおしりに癒されます


2009/11/06のBlog
11月13日(金)
TANKなんでも塾」を開催します。

「こんな話を聞いてみよう!」「聞いてもらおう!」という集まりです。
どなたでも、気軽に聞きに来て下さい。

第5回「障害者の就労について」 
話し手:柴田多恵さん
(アビリティーズデイサービス和泉府中総施設長 ポリオネットワーク代表)
日時:11月13日(金)16:50~18:20
場所:関西学院大学 上ヶ原キャンパス G号館2階 多機能演習室

柴田さんからのメッセージ:
「一歳半で、ポリオに罹患。左足をひきずって歩いてきました。
比較的軽い障害だったので、ずっと普通校で過ごしました。
だからこそ、見えたことがあるような・・・・。
障害者が、健常者の社会で伍して(注;肩を並べて)生きていくのはしんどいこと。
その最たることが就労かとも思います。
私の体験を交えた話を聞いて下さったら、幸いです。 」

学生グループKG-TANK「TANKなんでも塾」 担当:乾眞理子






2009/11/04のBlog
[ 04:34 ] [ CASA OKU ]
弱い人間も、強い人間もたしかにいないかも。
決めるのは自分であって、その2つの境目は紙一重。

でも私は思い込みパワーによって強い人間になりたい、そう強く思います。

私は強くない・・・といっていたけど、
強くならないとやってけない。

最近はそれの連続です。

こないだはもっとも私が聞きたくない言葉を聞いてしまって
かなりへこんだと同時に反省もあったんだけど
まぁへこんだな

ダメージうけた。
ほかにも色々重なってたから。

専門家目線から

「あなたたちのやってることはただのビジネスです・・・
 ソーシャルワークじゃない」

と。客観的に見たらそう思われてしまうのも無理はない
当り前だ。私が作業を怠ったのもあるけども


でも、いちばん言われたくないことでもある。
ビジネスです、と言われたことがショックではない。
だってビジネスをしようと思ってる。でももちろんただのビジネスなんかじゃない。


ソーシャルワークじゃない=女性との関係をおろそかにしている
利益を優先している
と私は捉えた。

何のためのビジネスなのか。

何よりも一番に考えていることは女性たちのこと。
私はそこをいちばん大切にしたいから。
そこだけは引かないで言えること。


女性たちとの歩みをすすめる中で感じることは
精神面もだけど、本当に、自分の力で手にするお金というものが
リアルに彼女たちの中で必要だから。


周りの人から見たら、やってることの10のうちの1も見えるか見えないか。
そんなのわかってる


なぜ、ビジネスなのか。
その意味を改めて問いたい。

ただ、私は間違っていると思わない。


今迄にないことかもしれない、新しいことかもしれない
専門家の方に言わせたら、甘っちょろい考えかもしれない
私たちが若すぎるというかもしれない
知識がないとも、


何言われても

でも目に見て実感としてCASAの必要性を感じるし
その意味を深くかみしめる。
何より、当事者の人と向き合うことは誰よりも自分のできる全ての範囲で
行っているから。逃げてないよ。

まだ大学2年生だから
もっと勉強してからやりなさい

そう言われたとしても、じゃぁ目の前の人たちはどうなるの?
今、いちばん必要なことは?
何のために、ビジネスにつなげようとしているのか。
彼女たちの自信の回復ももちろん、居場所づくりももちろん
第一にそれだけど、

そもそも
なくなってしまったら、できなくなったら何の意味もない。

やることに何よりもの意味がある。


確かに、専門的な知識がいるかもしれない。
勉強も。社会経験も・・・


ただ、私は、今やっている活動そのものが全て実践だと
自分の中で割り切ることで、勉強することと同等のものを学びとれるはず

そう思って、勉強はその確認だ、といつも思う。


自分の行動が否定されたようで
少し、ショックだった。


この考え自体が甘いのか・・


もーなんだなんだ
よく分からない感情だけど


いろんなことがいろんな方面から飛んでくる。
かかってこい、休まないぞ逃げないぞ!へこたれないぞ…











そこから得るものは最大だ。
逃げたらだめだ


だから強い人間になりたい。


もちろん、原動力となるアジア人の女性たち。
昨日もある女性と話すなかで、また新たに生まれたこともある。

face to face が言葉以上に必要で大切で力を持っている。
思いというものは、行動持って伝わることだから


ちゃんと、伝わる。


言葉を並べるより行動あるのみだ。
一度、全てを振り払い
整理して、反省するとこめちゃくちゃ反省して、

また今日から全力で。
自分の軸を曲げないで走りたい。





2009/11/01のBlog
[ 23:19 ] [ ☆はんちゃん☆日記 ]
お久しぶりです


出来るだけ日記書きたい!って思ってたけど、
ネガテイブが続いてしまって、なんだか日記書いたら見てる人をネガテイブにしちゃう気がしてなかなか書けませんでした。

でも、まあ今の気持ちとかを書きます。。。
ネガテイブですが


最近、何年か振りに、自分は弱い人間だってまた思ってきてしまいました。。。

大きな一つの実が原因って言うのは分かってるけど。
それはなってみないとわからないもの。


そこへ行って正解なのか、
そこへ行かなくて正解なのか・・・

きっとどっちへ行っても悔いが残ったりすると思う。

だからこそ頭がグルグル回ってる



前へ進めない


5年前、
20歳になったら胸を張って生きていたい


と思った

今胸を張れる事はいっぱいある。

でも、やっぱり根本的解決をしていないから、いつまでたっても
傷は深い。


こないだ、とある先生に「どうやったら根本的解決できますか?」って聞いた。


そしたら先生は「今の生活に支障がないのなら、無理に解決しようとしなくていいんだよ」って言ってくれた。


「今、あなたはすごい立派な事をしてるから、胸を張って暮らせばいいだよ」って


でも、今、自分がどうするか自分で問うてる。
できればこれを機に苦しみから逃れたい。

って思う。
まあ終わってみないと分からない事について悩んでるんだけど、

それで、その先生が、「もしも自分がどうしても治したいと思ってるのなら、一度専門家に相談してみたら?」って言われた。

本気でそれを考えた


ただ、昔に専門家に相談したからこそ、
もっと悪い方向にいってしまった。


隠れるように・・・

だから、ちょっと怖い。



世の中強い人も弱い人もいない。
みんな一緒。

頭では分かってるけど・・・

専門の人に相談することで、せっかく自分が確立してきたもの、
この5年間の意味がなくなって5年前に戻ってしまう気がする

だから前へ進めない。

その事を気にしてるから
違う事でも些細な事を気にしてしまう。

自分の居場所を守ろうとする

自分を守ろうとする。。。

んーだめだーーー


しんどくなってきたのでここで終わります


不愉快な思いをさせてしまったらごめんなさい
でもこれが最近の私です。。。


気分転換に明日サイクリングでも行って来ます♪♪
明日からはポジテイブ日記を書きます
いろいろ変えていこうと思うので

また前みたいにOKUちゃんとの掛け合い日記?しまーーす♪♪
[ 09:48 ] [ CASA OKU ]

昨日のイベント
女性4人そろって最高の笑顔を見せてくれた。
その時間って何にも変えられない

心からしあわせを感じる。

ぜんぶが初めての経験の女性も中にはいて。
自信がない自信がない…
そういってるけど
また新しい経験をCASAを通して積むことでその人の中では
きっと私たちには想像もできないような大きな力になったんだと思う。

目の前でその瞬間を見ることが、どんなものにもかなわない
CASAの最高で最強の原動力。


あーCASAだ。その景色が昨日は広がってたよ



CASAって

一歩さがるかも
でも次には二歩歩く。

前には進んでる。
振り返ればひとつひとつの点がつながっていく。
一歩一歩という言葉がCASAそのもの。
STEP BY STEP

その流れの中で、
築き上げたもの、欠けたものはたくさんある。

そして
当事者の「女性」が求めるもの
「仲間」が求めるもの
「周り」が求めるもの

それもプラスされた上で最終的に
「自分」が「自分」に求めること


大きすぎて、重すぎて、たくさんすぎて
若干パニック。

くじけそうだ。


覚悟はしてたよ
でも、悲しいものは悲しいんだ。
つらいことはつらいんだ。

ひとりでも欠けたらCASAはCASAじゃない。
あまいといわれるかもしれない、
それじゃぁビジネスやってけないとも言われるかもしれない。
割り切れとも。
去る者追わず・・・?
仲良しクラブ

いろんなこと言われるかもしれない。


でも私は本当に大切にしたいと思ったことがある。
「寄り添い続ける」ということ
やっと本当の意味でその言葉が自分の中に落ちた。



でも私たちにはどうすることもできないレベルもある。
力不足だ・・・じゃない。
できなかったね、じゃない。

できることがまだある。


CASAのもとをたどる、根本を
「家のような居場所づくり」



さよなら、じゃなくて
できないもんはできないじゃなくて

その人の「居場所」ってもっともっと寄り添うことで作れる。
寄り添うことでできることでもある。

目の前に本当に悲しんで、つらい思いをしてる人がいる。
「様々な複雑な困難を抱える滞日アジア人女性」
言葉で言ってるだけじゃなくて、本当に目の前にいるから。


その女性の表情、ずっと頭から離れないよ。
本当につらいって。昨日からずーっと頭から離れない。

割りきるとこ、切り替えるとこ
タイミングいろいろあるけど今は違う


そこから逃げたら私はきっと、一生後悔する。


その人の居場所づくりはできる
CASAが今までやってきた方法とは違うかもしれないけど、

本当に私が大切にしたかったことってきっとここなんだ。

2009/10/31のBlog
[ 08:43 ] [ CASA OKU ]
今わたしの部屋の机の前には、
大分トリニータの溝畑社長にもらった、
溝畑さんのいつも忘れないために手帳に書いてある格言集?
みたいなものと、

ベトナムに行ったときにストリートチルドレンの就労支援をしている
ベトナム料理のレストラン「フーンライ」のじんさんにいただいた、
伝えたい言葉集が貼ってある。


たまーに考え事を椅子に座って机の前で考えてみることがある。

今も、目の前にはその紙が貼ってある。


考え事してふと、前を向いたらそこには言葉があって。
これまたたまーに、その中の言葉の一つが、何か考えるヒントをくれたり、
切り替えの絶好のお助けだったりする。


もらったときには理解できない言葉もあるけど、
いろんな経験を重ねる中で、あぁ、こういう意味だったのか、

そう、しっくりと自分の中に入ってくるときがある。



そして今ふと目に入った言葉は、
じんさんのくれた言葉


「意識が変われば人生が変わる、
 その意識とは普段使っている言葉のことです」



なんだか、
言葉ってすごくややこしいんだけど、
本当に本当に大切にしなければならないものみたいです。



[ 00:44 ] [ CASA OKU ]
これって本当に難しい。

「難しいんだから!」
この言葉はある日を境に言わない決意をしたんだけど・・・
やっぱり難しい。

できない、むずかしい、大変だから・・

この使いやすい言葉はなるべく封印しようと決めてたんだけど
今日だけ復活 笑

それは文化なんです 
その人の運命なんです 
難しいもんは難しいんです 
できないもんはできないんです
わからないことはわからないんです
考えてるんです
仕方がないものは仕方がない


このたぐいの言葉って本当に自分自身よく使う言葉であり、
説明も楽ちんで・・・


でも本質的なことを考える単なる逃げ道だったり、思想だったり。

結局、何がどうであれ逃げてる一つの言いわけ。


だから、言葉って奥深かったり、くせものだったりする。


もっかいだけ使うけど・・・
難しいんです


近頃・・
もうひとステップ考えるための力が私には必要だ・・・
そう心から思います。


そんなこんなで明日はアクティブシニア。
女性シェフたちの人間模様のこともあり、


ことば、伝えること


これの複雑さを最強に感じることになりそうだ。
そして私はその力の無さをもろに感じるんだろうな



ある種の軸をぶらさないように、
私は私の言葉を伝えることができるのかなぁ・・・


そして「傾聴」だけは、ゆるぎなくできること。