ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:788件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2010/04/05のBlog
4月4日(日)、佐用町の笹ケ丘ドームで開催された「桜まつり」に
行ってきました。
今回は、子どもの遊びコーナーを担当させていただきました。
当日は快晴のお天気に恵まれ、笹ケ丘ドームの周辺は、桜が
満開で、とてもきれいでした。





今回は、佐用町の水害支援を続けている関西学院ヒューマン
センターのチーム西宮のメンバーの他に、関学の関ゼミやUP
TOYOUのメンバーも一緒に参加してくれました。

朝7時に西宮市役所前に集合して、マイクロバスで現地に向かいました。行きは高速道路がすいていて、9時前には会場に到着しました。

前日から、チーム西宮のメンバー二人が準備に入っていてくれたので、当日はスムーズにプログラムに入ることができました。
実施したプログラムは5つ、ヨーヨーつり、魚釣りゲーム、バルーンアート、くるくるしゃぼん、そして、竹炭石鹸づくり体験、でした。

イベントは10時にスタートしましたが、最初は人もまばらで、
少ない感じでしたが、11時頃からが徐々に人が集まってきました。今回大学生リーダーが10名で、プログラムが5つあり、各二人づつの人員配置だったので、最終14時まで休憩もとれずに大忙しでした。 学生の皆さん、すいませんでした。

特に、ヨーヨーつりやバルーンアートは人気があり、竹炭石鹸づくりも今回はじめての試みだったんですが、たくさんの子どもたちが参加してくれていました。
また、くるくるシャボンは、女の子に人気で、竹ひごにキラキラ光る
テープのようなものを取り付けて、竹ひごを両手でくるくる回せば
ほんとにシャボン玉が空を飛んでいるように見えて、とても素晴らしいクラフトです。特に女の子に人気があるのもわかるきがします。

関西学院ヒューマンサービスセンターのとっておきのプログラムの一つです。子どもたちに夢を与えたのではないでしょうか。
今回の桜まつりには、地元佐用町だけではなく、赤穂やたつの市
などの近隣の地域からもたくさん来られていました。昨年の水害から
8カ月が経過して、少しづつ地域が元気になってきたように思いますが、でもまだまだ
生活の再建が大変な方々も多くおられると思います。これからも、関西学院大学や、今回は参加できませんでしたが、大阪大学の学生の皆さんたちと一緒に、被災地佐用の復興支援活動を行っていきたいと思っています。

最後に、桜をバックに記念写真をとりました。先に帰られた関学の関先生は写真には写ってはいませんが、多くの方のお力で無事に終了することができました。
関西学院大学の皆さん、ご協力ありがとうございました。そして、主催された、佐用町役場、佐用町観光協会の皆様、本当にお世話になりました。
2010/03/23のBlog
[ 16:22 ] [ 災害救援 ]
3月21日(日)JR大阪駅から新快速の電車に乗り相生駅まで行き、
そこからレンタカーを借りて、佐用町の笹ケ丘荘に行ってきました。

支配人と4月4日に笹ケ丘ドーム周辺で開催される「桜まつり」の打ち合わせをしてきました。当日は、関学や阪大の学生さんたちにもご協力いただいて「子どもの遊びコーナー」を我々も実施する予定です。

打ち合わせの後、関学生と一緒に、水害時にボランティアで活動させていただいた自宅を3軒ほど訪問させていただきました。まだ、畳が入っていないお宅もあり、生活の
再建までは時間がかかるものだと思いました。

あるお宅では、家の中まで上がらせていただいて、お茶をいただきながら水害当時の
状況を詳しくお話して下さいました。改めてこの水害のすごさを知りました。
今後も、定期的に被災されたお宅を訪問していきたいと思っています。


2010/03/10のBlog
[ 17:23 ] [ 事務局のつぶやき ]
昨日3月9日、西宮市役所におきまして、「西宮市まちづくり賞」の
授与式が行われ、NVNADも防災啓発活動などの実績が評価され、
授与していただきました。

今年度は6個人と2団体が表彰されました。
NVNADからは、理事長の代理として、常務理事と事務局長が出席させていただきました。

まず、山田市長より、一人ひとりに、表彰状と花束の贈呈がありました。想像していた以上にたくさんの方々が会場にお越しになっていて、ちょっとびっくりしました。




全体の授与式が終了したあとは、各個人・団体ごとに関係者と
一緒に写真撮影がありました。

NVNADの写真撮影にも、いつもお世話になっています西宮市
役所の防災対策グループや人事部職員課の皆様、あるいは
西宮市議会議員や西宮市社会福祉協議会の関係者の皆様まで、実にたくさんの方々にご参列いただき、とてもうれしく思いました。

皆様に支えられて、きょうまで活動がやって来れたんだなぁと、つくづくそう思いました。
ご参列いただいた皆様に、また、日頃からNVNADの活動にご支援ご協力下さっている皆様に、心よりお礼申し上げます。

今後の活動に大きな励みになりました。
ありがとうございました。
2010/03/08のBlog
去る2月28日~3月1日まで、久しぶり佐用町に行ってきました。

2月28日(日)10時、阪急の西宮北口駅に集合。今回は、
大阪大学から6名、関西学院大学から4名の学生さんたち
が参加してくれました。。

参加者は2台の車に分かれて、いざ佐用町へ!!

13時頃に、佐用町の笹ケ丘荘に到着。
さっそく、竹炭焼きの名人のご指導により、竹炭焼きの体験をさせていただきました。
窯に、幅4cm、長さ40cmほどに切った竹を入れていきます。その後、点火。
(そして、1晩そのままにして、翌朝、窯を完全に密封します。あとはもう一日そのままの状態にして完成です。。)

そのあとは、全員で竹林に行き、竹を切らせていただきました。

1日目の夜は、みんなで自炊してお鍋を食べながら、今後の佐用町の支援について
夜遅くまで語り合いました。
2日目(3月1日)、朝6時30分に起床。
笹ケ丘荘の敷地内にある、竹炭焼きの窯を見に行きました。

窯の煙突からは煙がかすかに出ていました。そこに竹炭焼き
の名人が登場。再度、火を点火してその後は完全に密封状態。
これで一連の作業は終了です。

午前中は、2班に分かれて活動しました。
1班は、南光文化センターで開催された、地元幼稚園児の昼食&交流会のお手伝いに参加させていただきました。昼食を作ったり、子どもたちと食べたり、草笛遊びなどを楽しみました。

もう1班は、笹ケ丘荘で、商工会女性部の方と竹炭商品化について意見交換をして、
そのあと、竹林に再度行って、竹を切らせていただきました。

昼からは、南光自然観察村という野外施設の見学に行きました。ログハウスあり、ツリーハウスあり、テントサイトあり、ととても素敵な野外施設でした。夏に子どもたちを連れて交流キャンプでもできればなと少し考えています。

ということで、充実した2日間を過ごすことができました。
今後も、佐用町の復興支援について、学生さんたちと一緒になって考えていきたいと思っています。

2010/03/04のBlog
[ 14:42 ] [ 事務局のつぶやき ]
毎年カレンダー市で余ったものを引き取ってくださる
神戸マリナーズセンターの河野様より、写真が届きました!
毎年カレンダーを楽しみにしてくださっている海外の船員さん
たちは母国を離れ長い船での生活なので、色んな風景などが
あるものが大人気だそうです

河野様とはカレンダー市のボランティアさんを通じて年に一回お会いするようになったのがきっかけで、かれこれ・・もう何年になるのでしょう、長いお付き合いです。
毎年、ポールさんと一緒に、神戸元町から車で駆けつけてくださっています。

神戸マリナーズセンターでは神戸港に入ってくる外国船の船員さん達に、慣れない日本で快適に滞在してもらえるよう、お手伝いをされています。
ほかにも、色んな活動をされていますので、また興味のある方はホームページをご覧になってくださいね
色んな方々を通じて、またあったか~いつながりができていく事ってすごく幸せだなぁと思います。
これからも、そんなつながりが広がって行きますように・・