ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
阪神地域えきバスマップ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1416件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/06/21のBlog
2008年6月 駅から徒歩5分!阪神間最大の商店街~尼崎中央・三和・出屋敷商店街


阪神間最大規模の商店街を有し、交通や生活に便利な
にぎわいのまち、尼崎。

尼崎中央・三和・出屋敷商店街は、
阪神尼崎駅から出屋敷駅周辺にかけて広がる商店街群。

東西南北に計2kmほどもある大規模なアーケード街には、
約600軒の店があり、古くから尼崎市の中心市街地として
発展してきた。

尼崎南部住民の生活の場、 ふれあいの場にもなっている
この場所を訪れ、活気あふれるまちにふれてみては。
3000円あれば充分楽しめる商店街!?

尼崎は、とにかく物価が安い。
三千円くらいあれば充分遊べそうな勢い。

食料品、日用雑貨はもちろんのこと、衣料品やカフェなど
いろいろなお店が軒を連ねている。

老若男女、あらゆるお客さんの心をつかんで離しません!
江戸時代からの老舗の味-中央商店街「枡千」のてんぷら

写真は、尼崎名物・枡千の「てんぷら」。
魚のすり身を揚げた、昔なつかしの味(かなり旨い!)。
人気は、「きくらげ入り白天」。

夕方になると、馴染みのお客さんがこぞって買い求めにくる。
売り切れ御免!の人気店。

尼崎名物・てんぷらは、今でも多くの製造所で作られており、
かつて、尼崎が港町として栄えていたことを今に伝えている。
アマの味・街・心が盛りだくさん-「メイドイン尼崎ショップ」

メイドインアマガサキショップでは、
市民や企業のみなさんからの情報をもとに
毎年開催される「メイドインアマガサキコンペ」で
グランプリを受賞した製品や商品などを販売している。

店内には、「尼ノ生揚醤油」や「菰冠(こもかぶり)化粧樽」
など、アマにこだわったものがいっぱい。
ママの買い物を応援!-三和本通商店街「キッズスペース」

ゆっくり自分の買い物がしたい・・・
手早く買い物をすませたい・・・
買い物帰りに、親子でちょっと休憩したい・・・

そんなママの強い味方が、三和本通商店街の一角にあった。

その名も、三和本通商店街「キッズスペース」

無料休憩スペースに、託児サービス!
これだったら、親子で一緒に買い物を楽しめそう♪




アクセス

■阪神尼崎駅より、徒歩約300メートル
■阪急バスor阪神電鉄バスor尼崎市営バスの「阪神尼崎」より、徒歩約300メートル

阪神尼崎
2008年6月 駅から徒歩3分に広がる歴史ロマン~尼崎・寺町

時は、江戸時代。
尼崎城の城下町を整備するにあたり、
領内に散在していた寺院を一ヶ所に集めてできたまちなみ。
今も、11ヶ寺が軒を連ねている。

尼崎の寺町ように、今日までまとまって存続しているのは
全国でも珍しい。

※写真は、サンシビック尼崎の3階から眺めた寺町の景観。
ボランティア・ガイドとゆく寺町界隈

写真は、お寺の境内にある小道。
よく見ると、お寺の瓦などの廃材が使われている。

どうやら、それぞれのお寺にはいろいろな
エピソードがありそう。

じっくり寺町を堪能したい方は、ぜひとも、
尼崎ボランティアガイドの会に連絡を。

市民ボランティアの方と一緒に、
いざ、寺町の魅力・発見の旅へ。
寺町は文化財の宝庫!

写真は、本興寺の開山堂。
国の指定文化財。

寺町は、国指定の重要文化財など、
文化財の宝庫でもある。

・国の指定文化財(本興寺、長遠寺)
・県の指定文化財(本興寺、長遠寺、大覚寺)
・市の指定文化財(如来院、本興寺、長遠寺、大覚寺、善通寺)
地元の常連さんから愛される、たこやき屋さん

寺町の一角にある、たこやき屋さん。

ここは20年以上前から値段が変わっていない。
7個で100円!14個食べても200円!
安すぎです(笑)

店主のお父さんとお母さんがまたいい感じで、
寺町や寺町周辺のことを熱く語ってくれる。

お昼時ともなると、近所の常連さんが集まってくる。
この日は、お母さんに連れられて、小さなお客さんも。

昔も今も変わらない、尼崎のくらしがここにある。
「歴史のまち」尼崎・寺町

市街地にありながら、静けさ・厳かさを今に残す寺町。

当地の繁華街を訪れた方も、買い物や食事の合間に
「歴史のまち」尼崎をお楽しみあれ。




アクセス

■阪神尼崎駅より、徒歩約300メートル
■阪急バスor阪神電鉄バスor尼崎市営バスの「阪神尼崎」より、徒歩約300メートル

阪神尼崎
2008/06/01のBlog
2008年5月 ウォーキングガイド~芦屋の歴史が薫る地を歩く~

芦屋市の宮川沿い周辺って、どんなイメージ?
愛犬の散歩コース?
ときには、ちょっと視点を変えて、まちを歩いてみては・・・
モンテベロバラ園(岩ヶ平公園内)

「えっ、こんなところから香しいバラの香りが!?」

突如あらわる、謎のバラ園。

岩ヶ平公園内のモンテベロ園には、
5月中旬頃から色鮮やかなバラが咲き誇り、
道行く人々を楽しませてくれる。

秋には、見事な紅葉を見ることもできる。
朝日ヶ丘遺跡(遺跡触覚模型)

「えっ、こんなところに謎の模型が!?」

突如あらわる謎の模型。

実は、芦屋には、阪神地方では珍しい
旧石器・縄文時代の複合遺跡が存在した。

朝日ヶ丘集会所の敷地内には、
地形と遺跡の関係が一見して理解できる
触覚模型が野外展示されている。

集会所内には、
出土品や標本なども展示されている。
中国茶専門店 Uf-fu(ウーフ)

「えっ、こんなところに隠れ家的なお店が!?」

歩きつかれたときは、
美味しい中国茶と手作りケーキでリフレッシュ。

オーナー(男前♪)は、上海・北京に留学経験もあり、
自分で納得のいく茶葉を厳選し、
中国で買い付けている、というこだわりっぷり。

珠玉の一品をぜひ堪能したい。
さくら参道

さきほどのお店、Uf-fuのわきには、
「さくら参道」がひろがる。

桜の季節はもちろんのこと、
今なら、新緑の季節を味わうことができる。

いつもの愛犬のお散歩コースで、
素敵なわがまち発見を・・・




アクセス

■阪急芦屋川からモンテベロバラ園へ:
阪急バス(16・26・36)に乗り、「岩園町」バス停で下車。
バス停最寄の信号わきの小道を西へ徒歩約3分。

※ウォーキングコースについては、
 芦屋市案内MAPをご覧ください。


阪急バス

岩園町
2008/05/26のBlog
2008年5月 芦屋マダムもうっとり~堀江オルゴール博物館~

時を越えて奏でるオルゴールの調べ・・・
「音」の博物館、堀江オルゴール博物館は、
芦屋の閑静な住宅街にひっそりとたたずむ。
館内紹介①~気分はさながら王侯貴族~

館内には、100年以上も昔の貴重なオルゴールが、
330点以上展示されている。

なかには、ロシア皇帝愛用のオルゴールもあり、
王侯貴族のサロンの雰囲気漂う、
優美な時間を過すことができる。
館内紹介②~何度でも訪れたい「音」の博物館~

約80分かけて博物館内をまわり、
オルゴールの演奏に耳を傾ける。
一度の訪問では、館内全てのオルゴールの音色を味わうことが
できないので、月ごとにプログラムを変えて演奏している。

5月プログラム:「オルゴールでワルツを」
6月プログラム:「昭和の歌と蓄音機」
7・8月プログラム:「オルゴールの構造とロマノフ家のオルゴール」
館内紹介③~春・秋には庭園散策を~

新緑の季節(春)と紅葉の季節(秋)には、
お茶を飲みながら800坪の庭園散策が楽しめる。

オルゴールの音色に包まれて、
新緑の庭園、紅葉の庭園を歩いてみては。

※春の庭園散策は、4月27日~5月27日
館内紹介④~予約について~

オルゴールの演奏時間が決まっており、
また、全館貸切の時もあるそうなので、
あらかじめ時間を確認(予約)していくといいかもしれない。

予約時に申し込むと、お誕生日や結婚記念日の方には
「お誕生日のうた」や「結婚行進曲」を演奏してもらえるらしい。
いい思い出になりそうだ。


アクセス

■JR芦屋駅より :阪急バス1番のりば夙川駅行きで苦楽園下車
■阪急夙川駅より:阪急バス2番のりば新浜町行きで苦楽園下車

※苦楽園バス停付近に、博物館への道標(案内看板)があるので、これに従っていく。

阪急バス
苦楽園
2008/04/28のBlog
2008年4月 GWは芦屋ウォーターフロントへ!芦屋市総合公園

海の手芦屋の最南端にある、
海に囲まれた開放感あふれる公園、芦屋市総合公園(潮芦屋緑地・ビーチ)
芦屋ビーチ、公園の散歩、スポーツ、バーベキュー・・・
海を眺めながら、思い思いの楽しみ方ができる、
芦屋ウォーターフロントスポット。
あそびの広場

あそびの広場には、いろんな種類の遊具がたくさん。

ちびっこ達に大人気のスポットだ。
バーベキュー広場

ビーチ沿いにある、
潮風が気持ちいいバーベキュー広場。

週末は、家族(愛犬も)やグループで
バーベキューをワイワイ楽しんでみては。
ビオトープ池

ビオトープ池では、ウッドデッキ越しに、
池やその周辺の自然観察ができる。

季節によって表情が変わるので、いつ来ても楽しめる。
陸上グラウンド

サッカーなどのスポーツや、運動会などのイベントにも利用できる、
緑がきれいな芝生のグラウンドと陸上トラック。




アクセス

阪急芦屋川駅・JR芦屋駅・阪神芦屋駅から、
阪急バス71系統で、15分~25分で「芦屋市総合公園前」バス停に着く。


阪急バス
芦屋市総合公園前
2008/04/27のBlog
[ 00:34 ] [ バスマップ調査隊探検記 ]
2008年4月 気分は芦屋マダム♪芦屋文化ゾーン
芦屋の海に程近い住宅街。
その一画に、芦屋市立図書館谷崎潤一郎記念館芦屋市立美術博物館があり、あわせて芦屋文化ゾーンといわれる複合文化施設を形成している。
芦屋市立美術博物館
芦屋ゆかりの作家の作品を中心に、収集・展示している。

また、「つくる、見る、考える」をテーマに、
気軽に親子で楽しめるワークショップも開催されている。
小出楢重のアトリエ(復元)
美術博物館の敷地内には、関西を中心に、
「裸婦の小出」と呼ばれる裸婦像の画家として活躍した
小出楢重のアトリエが見事に復元されている。

アトリエ内には、小出が愛用したイーゼル・絵具箱・パレットなどの画材も展示されている。
谷崎潤一郎記念館
美術博物館に隣接する、谷崎潤一郎の記念館。

「細雪」などでおなじみの作家、谷崎潤一郎。
明治・大正・昭和の華やかなる日本の文化を筆にとどめた
谷崎という人物とその作品を、生い立ちから晩年にわたって紹介している。


ゆっくりと流れる、時代のうつろいを感じることのできる庭園には、
今は、ツツジが咲きみだれている。
カフェ
美術博物館の庭には、おしゃれなカフェやミュージアムショップなども併設されている。
お茶を飲みながら、ゆったりと過ごす、やすらぎの空間。

季節限定で、香しい「さくらの紅茶」を味わうこともできる(~5月中旬頃まで)。



アクセス
■阪神芦屋駅より
 南東へ徒歩15分。
 南側2番のりばから、阪急バス「緑町」経由に乗車し、
 「緑町」下車。東へ徒歩1分。
■JR芦屋駅より
 北側5番のりばから、阪急バス「緑町」経由に乗車し、
 「緑町」下車。東へ徒歩1分。
■阪急芦屋川駅より
 南側5番のりばから阪急バス「シーサイドセンター行き」に乗車し、
 「緑町」下車。東へ徒歩1分。


阪急バス

阪急芦屋川5番のりば
緑町


2008/04/19のBlog
[ 12:41 ] [ バスマップの取り組み ]
阪神都市圏広域バスマップ第2版が発行されました.

2008年3月時点の最新情報に更新されています.


Web版・ブログ版はこれから更新作業に入ります.5月末頃更新完了の予定です.

下記PDFファイルがプレスリリース資料となります.