ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
事務局日誌(NPO法人 古材文化の会)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:472件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2011/12/09のBlog
[ 19:07 ] [ スタッフのひとりごと ]
大家さんちの庭に真弓の木があって、ある日メジロが実を食べに集まってきていました。聞いた話によると一斉に赤くなる実はマズイものが多いそうです。もし、実がおいしかったとしたら? 小鳥たちは、そこにとどまり、実を食べ続けます。しばらくすると木のある場所にフンを落とします。フンに混ざった種子は、本当は遠く運ばれたいのです。だから、赤い実で誘惑しても実はそんなにはおいしくないのです。小鳥たちは、赤い実をちょっとだけ食べて、どこかに飛んで行ってしまいます。自然って上手くできてますよね。余談ですが、真弓の名はこの木で弓をつくったことに由来するそうです。硬くて柔らかい(柔軟性がある)木だそうです。同じ名前を持つ私も硬くて柔らかい、そんな人になりたいものです。 日々修行…(mayumi)
2011/12/08のBlog
[ 10:16 ] [ イベントや活動の様子 ]
12月7日、まちセンの往訪調査に参加しました。これは、数年前の町家調査で良い町家としてリストアップされた560軒ほどの建物の所有者を訪問して、文化財建造物や景観重要建造物の指定について紹介したり、建物を維持管理する上での困りこと等を聞き取りしようと財団法人京都市景観まちづくりセンター(略称:まちセン)が行っているものです。
私はボランティアスタッフとしてまちセンの大屋さんと宅建協会の方と3名で東山区の清水寺から建仁寺までの範囲にある12軒のお宅を訪問しました。留守のお宅が5軒ほどありました。しかし、高台寺の近くで訪問した昭和初期に建てられたと思われる洋館付きのお宅では、幸いにも部屋にあげていただきました。建物はすばらしい数寄屋の建物でした。思わず、是非、登録文化財(建造物)の指定を受けたらいかがですか?と勧めました。
また、八坂神社の南側にある楽焼きのお店では、奥の工房にある赤楽の窯を見せていただきました。松薪で今でも赤楽を焼いているそうで、製造中の火の入った窯を見ることが出来て良かったです。ボランティアでの町歩きには思いがけない大きな余得もありますので、皆さんもふるってご参加下さい。 (白)
2011/12/06のBlog
[ 16:53 ] [ スタッフのひとりごと ]
師走に入り、やり残しがないように気合いを入れないと…と思いますが、今年一年は体調がおもわしくなく日もあり、いつも以上に、周りの方に助けていただきました。
総会が11月に行われましたが、委任状の隅にメッセージを寄せてくださる方も多く、本当に励まされました。なんやかんやとあわただしく日々が過ぎていきますが、流されることのないように気をつけたいと思います。

忙しい時こそ、ちょっと一息。それでずいぶん違うと思います。「何を甘いこと言うてんねん」と思われる方も無理のし過ぎは良くないですよ。忙しい時ほど仲間や家族と自分を大切に。どなたさまもご自愛ください。(よ)

2011/12/05のBlog
12月4日にまちセンのワークショップルームで永井会長を講師として第三期上級講座の8回目基礎講座「棟札と家相図」が開催されました。
午前中は、棟札と家相図に関連する講義を永井先生から伺いました。午後からは、前回と同様に棟札の解読に取り組みました。古文書の解読も2回目になりますので、皆さんずいぶん読めるようになって来たと感じました。なお、オブザーバーとして二期修了者の池田さんがこの講座に参加されました。 (白)
2011/11/28のBlog
[ 16:16 ] [ スタッフのひとりごと ]
古材文化の会では、2010年に奈良市紀寺町の借家を教材にして、改修技術を学ぶ連続講座を行いました。そのとりまとめとし「豊かで小さな家 紀寺借家」と題したシンポジウムを2010年の2月11日に行いました。

教材となった「紀寺借家」は、大正元年に借家として建てられたものです。当時の家では珍しい玄関がある借家です。見学会の時には、子どもの頃にそこに住んでいた人が訪れ、当時を懐かしんでおられました。その紀寺借家が前庭付の借家や通り庭のある借家と併せて、先月28日に宿泊施設としてオープンしました。
「町家を楽しむ、暮らしを旅する」がコンセプト。古材と新材とが組み合わされ、個性的でありながら、しっとりとした趣があります。朝は早起きして、ならまちをブラブラ散歩したり、徒歩圏には、奈良公園、東大寺、興福寺などもあるので見学するのにも便利です。

奈良町宿 紀寺の家<http://www.machiyado.com/>を管理運営するのは、奈良町で育った兄弟、家族です。全員20代という若い感性で、さまざまなおもてなしの工夫がされています。奈良で宿泊を考えておられる方は、一度ホームページをのぞいてみてください。

奈良であったイベントの後、宿をのぞかせていただきました。改修前の写真とOpenした宿を並べてみました。改修前を知っているだけに、「うぁーキレイになって!」と驚きました。スタッフのユニフォームも個性的でカワイイですよね? この日の空は曇っていましたが、スタッフの笑顔が明るく光っていました。(よ)