ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふぉーらむ日記
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1185件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2011/03/26のBlog
平成22年度にみのお市民活動支援金を交付された団体が、その実施内容を市民の前で報告する会を開催しました。
各団体の関係者とご関心がある市民の方に、多数参加いただけました。
会場は熱意と熱気に包まれ、汗ばむ空間となりました。

次の団体が支援金の交付を受けた団体となります。
()内は事業名になります。
・@school(渡塾)
・人と本を紡ぐ会(ふるさと箕面を伝える 民話紙芝居の出版)
・アイラブ地元推進委員会(箕面テーマパーク化計画)
・特定非営利活動法人
 北大阪エコネット(環境講演会実施事業)
・(特活)とどろみの森クラブ(雨水利用による潅水と余野川水生生物の保護
「箕面森町エコファーム」)
・彩り会(彩り会 講演事業)
・すばらしい夜明けの会(がんにかかわる悩みの相談会
 「お役に立てれば」事業)
・みのお中国文化に親しむ会(中国の歴史・文化の講演会等の企画・推進)
・障害者市民事業所
(ぐりーん&ぐりーん(ハーブと果樹の園))
・みのおワンワンパトロールWEST(みのおワンワンパトロールWEST
・箕面難聴者サークル
 「木かげ」(第3回耳の日の記念講演会 聴覚障害者、並びに一般市民への「聞こえ」に関する啓発と啓蒙活動)
・ひとつぶのたね(子どもはおとなのパートナー
~子どもの安心のためにできることは?~)
・NPO法人
 箕面こどもの森学園(ロハス in こどもの森)
・AI ヨガサークル(誰もが参加しやすい心身健康増進事業)
・遊々サロン(遊々サロン)
・チャターボックス(地域在住外国人市民との交流)
・スマイルシード
支援の必要な中高生の豊かな地域生活を考える会(市内の障害のある中高生の生活の現状について理解を深める啓発事業
また、学識経験者として、
帝塚山大学大学院法政策研究科・教授の中川幾郎さん
をコメンテーターにお招きして、公益性の考え方や、団体のストック(資金だけでなく、機材、人材の経験・スキル)のポイントなど、わかりやすいアドバイスを含めてコメントしてくださいました。

団体にどのようなストックが積み上げられたのかが、とても大事という言葉がとても印象深く残りました。
平成22年度限りの特別助成である、子育て団体支援助成金の交付をされた団体が、その実施内容を市民の前で報告する会です。

次の団体が助成を受けた団体となります。
()内は事業名になります。
・ハッピー☆スマイル(親子ふれあい音楽遊び事業)
・みっけ!みのお(子育て情報発信事業)
・ひまわり会(楽宴)
・NPO法人キッズ&子育てママ応援隊MerryTime(MerryTimeおやこのひろば)
・はんもっく(子育てサークル・子育てグループ コミュニケーション促進事業)

学識経験者として、
帝塚山大学大学院法政策研究科・教授の中川幾郎さん
をコメンテーターにお招きして、公益性の考え方や、団体のストック(資金だけでなく、機材、人材の経験・スキル)など、わかりやすいアドバイスを含めてコメントしてくださいました。
2011/03/13のBlog
[ 15:40 ] [ 子育て団体支援助成金事業(2010年度のみ) ]
子育て団体支援助成金事業

3月13日午前10時15分から1時間ほど、メイプルホールリハーサル室で、ハッピ☆スマイル主催のリトミック体験イベントにお邪魔してきました。

普段はらいとぴあ21を拠点に活動しているリトミックグループですが、今回の子育て団体助成金で、広い会場で平日には参加できない親子向けに開催されました。


1時間のなかで、手遊びやリズム遊び、本の読み聞かせをしながら身体を動かしたり、親子で参加してもらいながら楽しいおもちゃをつくったりと、盛りだくさんのプログラムでした。

ママだけでなくパパの参加も多く、20組の親子(約50人)で熱気が感じられるイベントでした。

最後に、アンケートで、感想などを書いてもらって終了!

初めて参加した親子も多く、仲間作りのきっかけになるといいなぁと思います。
2011/03/12のBlog
東北地方太平洋沖地震
被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

東北では本当に大変なことになっています。
今、私達にできる事は・・・

何かができるはず、と 国民の皆が思っているはずです。

「市民活動フォーラムみのお」でも、HPで義援金募金設置場所、救援物資受付場所、等の情報を掲載しました。
箕面市役所も、市長をはじめ市職員の方が、休日を返上してヴィソラのさくら橋で募金の呼びかけをしました。 ※写真は13日午後4時頃
みのお市民活動センター受付にも義援金の募金箱を設置しました。

市役所と共に、さんぺい橋でも募金の呼びかけをしました。

皆さんからの義援金は、箕面市を通じて日本赤十字へお届けします。
ご協力をよろしくお願い致します。

末尾になりましたが、被災されたみなさま、おつながりのあるみなさまに心よりお見舞い申し上げます。






2011/03/11のBlog
第2回市民社会講座と同日開催で、18:00~トーク交流会「若者が変えるまちの風景」を開催します。
若者が中心となって活動しているユニークなまちづくりの事例のお話を聞いた後、
参加者どうしで軽食を交えた交流会を行います。ゲストは、からほりまちアート副実行委員長、2畳大学学長の梅山晃佑さん。


~転送歓迎~

□■トーク交流会「若者が変えるまちの風景」■□

不況や高齢化で、地域に元気がないと言われて久しいですが、それでも地域で様々な取り組みをしている若者がいます。彼らの取り組みは、ユニークだったり、エネルギッシュだったり、想いにあふれていたりして、時に地域をポジティブに変えていく原動力になります。今回は、大阪市内の空堀商店街を中心に面白い活動をしている梅山晃佑さんのお話を聞いた後、皆でざっくばらんな交流会を行います。
若者×若者、学生×社会人、アート×まちづくり, などなど、枠を超えて様々な
つながりを生み出す場にしたいと思います。ぜひご参加ください!

【日時】2011年3月26日(土)18:00~21:00
【場所】みのお市民活動センター 会議室http://www.shimink.jp/
【内容】テーマトーク、意見交換の後、軽食を食べながら交流会
【対象】若者に限らず、テーマに関心のある方ならどなたでも
【参加費】500円
【定員】25人
【申込締切】3月23日(先着順)
【ゲスト】梅山晃佑(うめやまこうすけ)さん
1981年生まれ。好奇心が異常に旺盛。特に「アート、教育、大阪」の3つの
キーワードには異常に反応。
からほりまちアートには来場者として参加するうちに、地元の人がゲリラで出展
して楽しそうにしている姿に感銘を受けて2006年よりスタッフとして参加。 人
と人を繋ぐメディアとしてのアートの可能性を模索中。 縁あって移り住んだ空
堀の自宅を開放して2008年より2畳大学を開校。 2畳のキャンパスで「クリエイ
ティブな学びの場にする」「交流サロンの機能を持たせる」「完結させずに発信
していく」の3つをテーマに活動中。http://karahori-machi-art.com/(からほ
りまちアート)http://taikutsu.main.jp/(肝虫の退屈日誌)


【主催・申込】特定非営利活動法人 市民活動フォーラムみのお(担当:松木)
TEL・FAX 072-722-2666