ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
学びあい、わかりあう 多文化共生センター東京ブログ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:521件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2012/09/12のBlog
[ 17:40 ] [ フリースクールの毎日 ]
昨日からインド出身の生徒が加わり、これで生徒たちの出身国は8ヶ国になりました。
いちばん多いのは中国の7人ですが、あとは1人ずつか、多くても2人。
もちろん母語もばらばらです。
どの生徒も入学したばかりの頃はみんなの輪に入れずにスタッフの周りをうろうろ。
中国語や日本語ででもりあがるクラスメイト達の傍でそわそわ。
そんな感じですが、少しずつ言葉をかわし仲良くなっていきます。

そんな時に役に立つのがi-phoneのいろいろな機能。
なにしろ生徒たちはどこの国の子もアニメやゲームや音楽が大好きです。
自分の好きなアニメの画像を見せたり、
ゲームをしているのを横からのぞきこんだり、
イヤホンを片耳ずつにして好きなアーティストの曲を聞いたり。
そうやって少しずつ距離を縮めていって仲良くなります。

今日も中国出身の生徒となにやら話していたミャンマー出身の生徒が、
後で私に「中国語でありがとうは謝謝と言います」と教えてくれました。
でもミャンマー語の「ありがとう」はみんなうまく発音できなかったそうです。

「チェーズティンバーデー」


たぶんかフリースクール新宿校
2012/09/06のBlog
[ 18:55 ] [ アルの多文化日記 ]
小学校や中学校の新学期が始まって4日目、多文化は昨日から始まって2日が経とうとしています。

今年の夜の多文化は去年よりもさらににぎやか!
中3生11名に加え、荒川区のハートフル日本語指導で来ている中学生が10名、総勢
21名が勉強しています。

去年の倍以上の生徒数が在籍していて、授業中の生徒たちは楽しみながらも、真剣に聞いているのが伝わってきます。

先生たちも増えた生徒により頑張っていて、生徒たちの間に入って授業を進めています。

生徒たちの中には入って間もない子も結構いて、まだ打ち解けていないのか、まだ固い雰囲気ですが、あっという間にさらににぎやかになるでしょう。これからが楽しみです。

[ 13:47 ] [ 事務局員の独り言 ]
10月21日に当センターのある真土小学校で「日本語を母語としない高校進学ガイダンス」を開催します!(詳細は、後程お知らせします。)

さて、そのチラシのタイ語翻訳していた時の小話です。
事務局田中は10年以上前にタイに半年住んでいたとは言え、タイ語の入力はほとんど出来ず、四苦八苦した上でタイ出身の生徒に手伝ってもらいました。

お礼に、「コップクンマーク(Thank you very much)」とメールしようと、入力は出来ないので英→タイでgoogle翻訳すると、「コップクン(Thank you)」としか出てこず、「マーク(very much)」を入れたかったので、「Thank you very much」とgoogle翻訳すると「コップクン!(Thank you!)」と、ただびっくりマークが入っただけだったので思わず吹き出してしまいました。

多文化の生徒はほとんどみんなスマホを持っている時代、翻訳ソフトは便利ですが、間違う事もしばしば。こないだも、中国出身の生徒が何か言いたそうで、スマホで「人でない」という画面を見せてました(笑)「誰も人がいない」と言いたかったそうです・・・。

さぁ、仕事に戻ります。
2012/09/05のBlog
[ 12:27 ]
旧暦の 8月15日は中国では中秋節。今年は9月30日だそうです。
日本では一五夜とか、中秋の名月とも言われますが、月見団子と食べながら月を愛でる
人も今では少ないかもしれませんね。

中国では、中秋節は休日で、今でもこの時期になると月餅を親しい人に贈ります。
昨年私(事務局:田中)は、このシーズンに観光で中国に行ったのですが、西湖で中秋の
名月を愛でようとしたら、観光ハイシーズンで人を愛でることになりました・・・。

さて、たぶんかフリースクール秋学期初日の今日、Fくんが月餅を持ってきてくれました。
これからありがたく頂きます。

事務局:田中
2012/09/04のBlog
[ 17:56 ] [ フリースクールの毎日 ]
こんばんは。
インターンシップ中の池内です。

ただいま多文化共生センター東京では、明日から始まる新学期に向けての準備で大忙しです。
いつも元気いっぱいの生徒たちがいないので少し静かで寂しいですが、事務局スタッフや先生方は気合十分です!
その気合が生徒にも伝わったのか、今日から新学期だと勘違いした生徒が2人来てしまったほどです。

私も微力ではありますが、新学期の準備をお手伝いさせていただきました。
貴重な体験をすることができて、とても良い勉強になりました。


明日からの新学期で、また生徒たちの姿や素敵な笑顔が見られることを楽しみにしています。
2012/08/31のBlog
[ 18:18 ] [ イベント ]
報告遅れましたが、昨日スポーツスタッキング大会が盛大に開催されました。

たぶんかの卒業生と子どもプロジェクトに参加している中学生2名が中心となり、
大会の準備をしてきました。

大会当日はフリースクール生徒、小学生、高校生ボランティア、事務局スタッフ、先生方など約20名が大会に参加しました。

ここ数か月、何名かの生徒はこの大会に向けて、
土曜日や休み時間、放課後に残って練習したり、今週は毎日多文化に来て練習したり
する子どももいました。

個人戦は1~3位まで、団体戦は優勝チームに豪華賞品があるということで、
みんな気合い十分、十分すぎて、緊張している様子でした。

大会が始まると、笑いあり、涙ありで大盛り上がり。
練習した通り、実力を発揮して、上位に入賞できた子、
緊張しすぎて、今まで練習してきた実力を出せずに悔しそうな子、
ここ数日の練習で一気に上達して、大会ではいつも以上に力を発揮した子と
さまざまでした。
ちなみに私はいつも以上に力を発揮したものの、生徒たちには
到底かないませんでした。

何はともあれ、入賞した子もできなかった子も、事務局スタッフの私を含め、
わいわい大会を楽しみました。
みんな夏の終わりにいい思い出ができたようです。

来週水曜日から短い夏休みが終わり、またフリースクールが始まります。


2012/08/28のBlog
[ 16:22 ] [ アルの多文化日記 ]
皆さんどうもこんにちは。
「アルの多文化日記」のアルです。

最近の多文化はサマースクールも終わり、子どもたちの夏休みももうすぐ終わる中、多文化共生センター東京の夏最後の行事を30日(木)にやります。

その名も多文化共生センター「スポーツスタッキング大会」です。

今日の事務室はボランティアで参加していた高校生たちとスピードスタッキングをする子どもたちでいっぱいでした。

コップ積み上げる「カパカパ」の音、初のスピードスタッキングに挑戦する高校生&大学生の面々、それを見て笑顔になるスタッフで事務室はいつもよりにぎわっていました。

今日は練習だけでなく、大会の会場設営や大会用のポスターや看板の作成もやっていました。

みんなが帰ったあとの事務室はやっぱり静かですが、みんなが帰ったあともなかなか小さい若大将H君が帰らないので、事務局の仕事もなかなか進まず・・・。
明日はフリースクールの生徒もスポーツスタッキングの練習に加わるので、さらににぎやかになりそうです。

今日も多文化はみんな元気いっぱい楽しいです!
2012/08/23のBlog
[ 17:10 ] [ フリースクールの毎日 ]
こんにちは。
2回目の記事をUPさせていただきます、インターンシップ中の池内です。
夏休みも終わりに近づき、子どもたちは学校の宿題とフリースクールの勉強に大忙しのようです。
ですが、子どもたちは毎日元気で、この間も休み時間に私と子どもたちでじゃんけんをして盛り上がりました。

また、私がアシスタントしている数学の授業の生徒たちも、少し時間がかかっても自分で問題を解けるようになってきているようで、私に質問する回数が減ってきているような気がします。
少しずつでも着実に力がついてきていると感じ、嬉しいです。

明日で、夏期集中クラスも終了です。
最後まで生徒たちと一緒に問題を考えて、解決していけるよう頑張ります。
2012/08/14のBlog
[ 17:22 ] [ フリースクールの毎日 ]
こんばんは。
先週から週に2回、多文化共生センター東京でインターンシップをさせていただいております、大学2年の池内と申します。
今回、初めて記事をアップさせて頂きます。よろしくお願いいたします。

今回のインターンシップで私が主に担当しているのは、夏季集中クラスの数学です。
私がアシスタントしている数学クラスには、フィリピンや中国、ミャンマーの生徒たちがいます。
まず、生徒たちの名前や学習進度を把握することに精一杯でした。
さらに、日本語を理解してくれるようにゆっくり話すことにも気を配らなければなりません。(もともと、私はいつも早口なので、この点は特に気をつけようと決めていました。)

第2週目に入った今日も、数学の授業をアシスタントさせていただきました。
すると、生徒たちが私の顔を認識してくれるようになり、「先生」と読んでくれるようになったので、とても嬉しく思っています。
また、私自身にも余裕が出てきたので、授業内で生徒が本当に理解してくれているか、数学用語が分かっているのか、などといったことも少しずつですが確認できるようになりました。

今後の目標は、上記に加えて生徒たちの話を熱心に聞いてあげることで、心のサポートをしていけたらいいなと思っています。

2012/07/25のBlog
[ 15:07 ] [ 事務局員の独り言 ]
以前、NPOには収入印紙が要らない、という記事をあげましたが、
NPOだから収入印紙が要らないのは領収書など、受取書のみでした。
国税庁サイトお詫びして訂正いたします。

ただ、NPOが主に行政と行う委託契約(セミナー実施など)は、印紙税が必要とする2号文書(請負契約書)ではないことが多く、委託であるために印紙税は必要がないケースが多いです。国税庁や所轄税務署に確認したところ、当センターで行政から委託をもらったケースを説明すると、請負には該当せず、印紙税は必要がないとの回答をもらっています。

ポイントは、契約書に書かれている「委託」「請負」などの文字ではなく、内容です。
工事などのように「結果」を重視するのが「請負」であり、セミナーなどを実施する際の講師などを担うのは「請負」には当たらない、ということです。

やはり、委託元ごとに説明が必要のようなので、当センターとしての見解を税務署の回答を交えて文書を作っておきました。100万以下の契約の印紙税は200円なので、本来必要のない200円を払うか、説明をして払わないか、どっちがコストがかからないのか微妙ですが…。

国税庁ホームページより
請負とは当事者の一方(請負人)がある仕事の完成を約し、相手方(注文者)がこれに報酬を支払うことを約束することによって成立する契約をいいます。請負には建設工事のように有形的なもののほか、警備、機械保守、清掃などの役務の提供のように無形的な結果を目的とするものも含まれます。具体的には、工事請負契約書、工事注文請書、物品加工注文請書、広告契約書、会計監査契約書などが請負に関する契約書に該当します。また、プロ野球選手や映画俳優などの専属契約書も請負に関する契約書に含まれます。

一方、委託契約とは当事者の一方が法律行為又はその他の事業の処理を委託し、相手方がこれを承諾することによって成立するものです。すなわち、一定の目的に従って事務を処理すること自体が目的となり、必ずしも仕事の完成を約していません。