ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ボランティアいずみ
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1098件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/05/17のBlog
ボランティア連絡協議会から依頼されていた
マスクができました

1セット6枚ということで材料等は
全て用意されていました

仕上がったマスクは5月28日までに
ボランティア活動センターに持っていくと
預かってくれるとのこと

自分ち用なら型紙は採寸通りでも縫い代や
縫い方等は多少歪んでいようがお構いなくでしたが、
寄付品となると、やはり緊張の連続でした
ちょいミシンが縫い代から外れてしまったときなど
えぇ~っと叫び声が出る始末!!
ポチポチと糸を切りながら、思わず大きなため息も…

こうして格闘しながらもなんとか仕上げた時は
フゥ~と深呼吸とやったぞぅ~という声を
出してしまいました
ホンとこんな緊張することってこのコロナで
自粛生活し始めてからはなかったように思います

でもマスク作りはもうエエわ
コロナの件で手作りマスクは一体何枚作ったことでしょうか

我が家ではまだまだ使い捨てマスクはあるけれど
マスクを購入できないということもあって
初めて取り組んだことでした
でも最近はこのマスク事情に変化が出てきたそうですね

最初はとっても高値でこんな金額出してよう買わんわと
思っていたのに、品物がだぶついて値崩れを
起こしているらしいとニュースで取り上げていました

普段、マスクってドラッグストアで売ってるものと
思っていたのに、それ以外のこんな所で売ってるやんと
驚くことがあります
一体どういうルートで仕入れているのでしょうか?

ドラッグストアでは品質に問題があるので
しばらくはマスクの販売はしないという貼紙が
してあるところもありましたね
V連マスクはボランティアによる手作りマスクです
全部を回収後、役員が一つひとつ丁寧に
アイロンがけして袋詰めするそうです

今回、V連は新年度になった途端にコロナで
活動ができなくなったわけです

例年通りの行事や会議ができない中、出遅れたと
ボラセンは言うけれどいいんじゃないでしょうか
V連が取り組んだ活動の一つです

どこのグループも同じだと思いますが
いつになれば活動できるんやろうと首を長くして
自粛生活しているのです


感染を気にしつつも、密にならないように
三役のみが集まり何かできることはないかと
模索してマスク作りにたどり着いたわけですからね

洗濯の利く手作りマスクは持っていても損はありません

コロナが終息してもインフルエンザや風邪などで
マスクが必要になることはいくらでもあります

行き先をどうするのかは
ボラセンからの宿題としてもらっているとか

善意銀行に寄付するのだから
それから先はそちらで考えてよ!はアカンのかなぁ???

まぁ、いずれにせよ今年度最初の活動として報告できるじゃないですか
V連役員の方々、お疲れ様です!!
2020/05/14のBlog
5月13日の夕方でした

郵便配達はだいたい昼前なんですが
夕方にポストに何やら投函されたような音が…

夕刊の配達バイクの音ではないので、確認に行くと
何と何とアベノマスクではありませんか!!

袋上では汚れ等は見当たらないので、早速開封しました

一応丁寧な縫製ではありますが、大きさはというと
メッチャちっちゃ!
自分が作ったマスクと比較するとなんと約半分の大きさ

これは小1の孫用やなって思いました

このマスクをして国会で答弁している首相
鼻や口がはみ出さないようにマスクの中で
思いっきり小さくしているのかしらねぇ~

今のところ、我が家では花粉症のために
買い置きしていたのと手作りマスクがタップリと
備蓄してあるので、無理にアベノマスクを必要としません

でも、せっかくのマスクですし国民の税金で作ったものなので
有り難くストックすることにしました
洗ったら縮むと聞いているマスクを洗おうか
どうしようかと迷ってはいるけれどね

市内でも地域によっては
まだ届いていないところもあるらしいが
もうまもなく届くでしょうね

まだまだ終息先が見えないコロナです

全国一斉に緊急事態宣言解除とはなりませんでしたが
なったからといって気を緩ませることなく
今まで以上に慎重に行動しなければいけませんね

ボランティア連絡協議会でも加入グループに依頼して
マスク作りという活動をすることになりました
その布地等をV連事務室まで取りに行ってきました
1セット6枚です

表地になる布は加入グループの会員さんからの寄付で
巻物で2本ぐらいありました

とても大胆な柄でどこをどのようにして裁断しようか迷いどころです

もう水通しをして、ただ今干している最中です

28日までに作ってボランティア活動センターへ届けなければいけません

ミシンの調子がいいうちに、またさっさと済ませられるように
明日から作り始めるとしますか

できばえはどうかわからないけれど、仕上がりを写真に撮って
このブログにアップします、したいです、できるかしら???
2020/05/10のBlog
楽しかったはずの連休が終わってしまいましたが
子ども達の連休は継続中です

早く学校に行けるようになればいいのにね~!

ところでこの間、娘から顔の見えるライン電話
つまりビデオ通話をしようと連絡がありました

○時間にするからねと言われていたのですが
どうするのかわからずオタオタしていたら
固定電話に「もう始まってるよ!」という孫からの連絡
慌てて参加ONすると、何ということでしょう
画面には自分も含めて3家族の顔が
映っているじゃあ~りませんか

びっくりです、テレビ電話とかスカイプとかと
同じものなんでしょうかね

ホンとびっくり・びっくりです
ホンと便利なものがあるんですね

今テレワークなるもので仕事をしている方も
こういうことなんでしょうかね???

テレビ・ラジオ等でも放送現場と家でやり取りしている
リモートワークも同じことなんでしょうか???
とにかく現場と家や事務所等、離れた所とで
インターネットを通して仕事や会議をすることなんでしょうね~

そんなこと我々はできない
難しいことやと思い込んでいましたが
スマホやアイパッド・パソコンを使っているお陰か
子ども達に教えてもらいながらみんなの顔を見ながらの
会話は十分すぎるくらい楽しめました

そして今朝も元気にしているかなと幼友達にラインしたら
ビデオ通話に切り替えよという電話があり
すぐさま切り替えて顔をみながらのおしゃべりになりました
ラインもめっちゃ優れものだと思っていたけど
何気ない会話はビデオ通話がエエわ~~~!

これからちょっと、はまりそうですね

「ステイ・ホーム」がなければ
こんなこと知らないままだったかもしれませんけど…

みんなの元気な様子がわかるだけでもホッとします

コロナ感染はこれからまだ増えるのか
終息に向かっているのかわかりませんが
もうこれ以上、コロナでの犠牲者が出ませんように
そして入院されている方・退院して療養中の方等
一日でも早く元通りの生活に戻ることができますように祈願しています
そして、医療従事者の方々やご家族の方への
人権侵害するような誹謗中傷はしないでください

人権は一人ひとりが安心・安全に暮らせるように
守られる権利です

自分さえよかったらという自分勝手な考えは止めましょう

その代わりに「ありがとう!」を
心から感謝のメッセージとして伝えましょう
2020/05/05のBlog
なんと爽やかで気持ちのいい日なんでしょう

こういう時にコロナで「おうちにいよう!」なんて
めっちゃ勿体ないなぁ

最初に緊急事態宣言が出たころは
まだ子ども達の声があちこちで聞こえていたけど
この頃は妙に聞こえなくなっているような…???

ジッとガマンの子でそれこそ「おうちにいようね!」を
実行中なんやろか

どこかへ遊びに行って感染したりさせたりすることを考えずに
自分が楽しけりゃエエわという大人よりも賢いかもね
すぐ近くに孫はいるけど、なるべく会わないようにしている

ジジババがウィルスを運んで感染させてはいけないし
こちらも移されても困るしね

ホンマ、ややこしいウィルスや
インフルエンザ等のウィルスでもそうなんだけどね

今年初めに娘や息子の家族もインフルに罹り
来るなと連絡があった

なぜかしら娘や息子の家族は毎年のようにインフルに罹る

でも、ジジババは罹ったことがな~い
インフル予防の注射もしたこともな~い

この歳でインフルに罹ったとしたら
そうとうキツイかもしれないなぁ
これからも要注意だ!!

そしてこのコロナが突然来襲し
世界を震撼とさせている

いつも人間とウィルスとは大小問わず闘っていると
聞くけどもうエエわ、早くなくなってほしいわ

毎日、市のホームページで感染のチェックをしているが
この頃は未就学児の感染も増えてきたみたいやね

ホンマいつどこでだれが持っているかもしれないウィルスに
ビクビクしながらの生活に疲れてきている

ニュースを見ても新聞を読んでもコロナのことばかりだし
政府の見解というか情報もアヤフヤな感じで
信頼性があるのだか・ないのだか…


いつも振り回されるのが国民じゃないのかなぁ
国民あっての国ということを政府関係者は
しっかりと頭に刻み込んで政治をしてよね
しかしながら、このめっちゃエエ天気は
本当に勿体ない・勿体ない

コロナさえなければ、各地の観光地も
人・人・人で賑わい子ども達の楽しそうな様子を
ニュースとして映し出すんやろうね

毎年5月にはダムに架かったこいのぼりが
元気よく泳いでいるんやけど、今年はどうなんやろか

今日のウォーキングはダムへ行ってみようかな!!
2020/05/02のBlog
いよいよゴールデンウィークが始まっちゃいましたね

こんないいお天気なのに「ステイホーム!」だって

大人も子どもも外に出かけたくて
ウズウズしていることでしょうね

我ら高齢者も行楽日和だからと出かけてたくて
ウズウズしています

だけどジッと我慢していますよ

いつもどおりのウォーキングで日光浴し
有酸素運動で体力・気力保持に努めます
昨年は連休明けに東北へ4泊5日の旅に出かけました

この時、旅の間中はっめっちゃエエ天気でした
こんな旅は珍しいと連れ合いも感動していました

旅の道連れは何といってもお天気ですね

大抵は一日目が良ければ
二日目は崩れた空模様にとなるんやけどね

人生最後?の長旅ということで
思い切って申し込んだ甲斐がありました

これもいい思い出になりました
で、今年はというと友達夫婦と一緒に
最後の海外旅行と意気込んで
行程を練りに練って旅行社に申し込みましたが
コロナのせいでア・ウ・ト!!

先日、旅行社から連絡がありキャンセルしました

パスポートの期限が来年で切れることもあり
今年行こうと計画してたのですが…

来年の今頃、コロナはどうなんだろう???

友達とも行けるようになったら、即、申し込もうよと
慰めあっての決断でした
不要不急の外出自粛という言葉が消滅し
いつでもどこへでも
好きな所へ行けるようになればいいですね

いずみの活動も4月同様に5月も休みます

みんなとはライン上でおしゃべりしていますが
ガラケー組さんとはおしゃべりできていません

便利なようで不便でもある携帯電話です

高齢者にはスマホというものは
中々手ごわい機械なのかもしれません

あ~~、ホンマにエエ天気やわ~~~~~!!
2020/04/29のBlog
やはり緊急事態宣言は延長されるんですかね

川西市は兵庫県の要請を受けて
市立学校の休校を5月31日までと決定しました

こうなると、教育を受ける権利ってものが
どうなっちゃうんだろう
で、9月入学ということが俄かにニュースとして
流れ出していますね

でも、9月までにコロナが終息すればいいけれど
しない場合はどうなるのでしょうか
先日、新聞の川柳欄に子どもの作品が掲載されていたのが
「弟は学校知らない一年生」

う~ん、な~るへそ!
上手い・上手い!!
この川柳を作ったのは8歳のお姉ちゃんです
めっちゃするどいし、今の現状をよ~くみてるなぁ
大きなランドセルを背負った弟と一緒に登校したいよね

小1と中1の孫も同じなので感心しまくり

誰のせい?といえばコロナのせいなんだけど
素早い対処をしてほしいなぁって思うんだけどね
また、市の公共施設の利用中止が
5月31日まで延長になりました

これで4月・5月の活動がなくなりました
全国各地である手づくり絵本コンクールも
募集はないでしょう

応募はしなくっても絵本作りが
いずみの活動の中心だから
みんなは作りたくってウズウズしています

ホンマ叫びたいわぁ~~~
コロナよ、鎮まれ~、消えてなくなれ~!!!!!
2020/04/28のBlog
4月もまもなく終わり
待ちに待ったゴールデンウィークなんですが
今年はガマンウィークになりそうですね

季節は確実に春、自粛の中、運動不足にならないように
なるべく毎日ウォーキングするようにしています

道端には名も知らないかわいい小さな花々が
咲き誇っています

今まではあまり気づかなかった野草ですが
コロナから遠ざかりたいこともあってか
道の端々に目がいくようになりました
ピンク・黄・紫・白と色とりどりでホッとするひと時
スマホで写真を撮り、一人楽しんでいます
もち、ウォーキングも一人です

何年か前までは連れ合いと一緒に歩いていましたが
歩く速さが違うので、待つのがしんどくなりました

今は一人で自由気ままに、今日はこのコースでと
歩いています

また、数個のライングループでいろんな情報を
流したりもらったりで、これも楽しみの一つになっています

でも、活動ができないことは一番しんどいことです

5月6日まで緊急事態宣言ということの期限が果たして
大丈夫でしょうかね

多分延長されるんではないでしょうか?

こうなると、子ども達のことが心配ですね
学校に行きたくても行けない現状の中
感染しても困るしね~

みんな工夫しながら遊んでいるんだけど
結構くっついて遊んでる~
離れてといっても無理だよね
ホント可哀想で可哀想で、何でだよって叫びたいけど
どこの何に向かって叫べば良いのだろう?

これもガマンの一つなのでしょうか

青い空や白い雲、緑が段々と濃ゆくなってきた山々などを
見ながら歩いていると、コロナってあるんかいな?と
ふと思ってしまいます

このまま、終息の方向にいきますようにと願うばかりです