ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
居場所 「心家(こころや)」~かわにし~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:251件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/09/29のBlog
[ 12:47 ] [ お知らせ ]
朝夕に秋の気配を感じ、心も体もほっとしています。
大きな災害があった時、情報が届かなかったり頼る所がわからなかったりすることがあります。

コミュニティーはあるのだけれど普段の生活でその一員だと実感することが少ないのではないでしょうか?
小さなつながりが役に立つ時がきっとあると思います。
しばらくお顔が見えないと「あの人はどうされているのかなぁ」と、心家のスタッフも日々そんな思いになります。 
 
 今月も心家でお待ちしています(*^-^*) 
10月の予定
10月 2日(水) 社協「居場所」 13:30~15:30 キセラ川西 無料

10月 9日(水) ピアサポート 11:00~15:30 心家 200円

10月 11日(金) 心家こども食堂 16:00~ 心家 100円

10月 23日(水) 落語会 13:30~ 心家 500円

楽しい時間をお過ごしくださいね(*^-^*) (詳細は下記記事をご覧下さい。)

子ども食堂に予約はいりません。

思いついたらふらっと立ち寄って下さい。
 ご飯一緒に食べようね。(*^_^*) 
2019/10/22のBlog
[ 11:34 ] [ ころころちょこっと通信 ]
皆さまこんにちは。ころころ通信委員のムニュです。

圧倒的な威力の台風が去り、射す西日に秋の色の深みが加わってきています。
数多の苦しみや痛みを過ぎ訪れる今年のクリスマスが、ぼんやり待ち遠しいです。

さて、ムニュは中学生くらいの頃から、なかなか人が言っていることや、書いてあること、教えられることがそのまますんなりと理解できない、「分からない」という苦しみがありました。

「ひとつ」のことを、そのままスッと受け入れられないという辛さがありました。
なんとか、言われたこと、教えられたことを理解しようとして、あれこれ思索して、結果、たくさんの間違いをも含んだ思考の流れのようなものを、苦しみながら生んできたように思います。

それらが頭の中で絡まり、暴れる時は、とても苦しいのですが、「ひとつ」のことが分からない、ということで、結果、十も百も千もの学びをしてきたのかもしれないと思います。

それは、「ひとつ」のことを理解して、それに従い生きるより、もっと不器用で滑稽かもしれませんが、あたふたしながら、人に愛想をつかされながらも、この世界に「ひとつ」に付き、それに至る道は十も百も千も在ると、たくさんの価値観や考え方の相違、今分かったこと以外に気が付かないほどの別の「答え」の存在を、何となくでも感じるようにはなりました。
それは、取り越し苦労と呼ばれるような過剰な恐れであったり、自分自身に対することだけでも実態がつかめないようなぼんやりとした感覚にもなりますが、それらからゆっくり見えてくる、分かってくることの大事な可能性の倉庫にもなると思います。

「ひとつ」のことが分からない、そのことに広がる無限大の豊かな恵みが、在るのかもしれないと思います。 ムニュ
2019/09/26のBlog
[ 11:18 ] [ ころころちょこっと通信 ]
皆さまこんにちは。ころころ通信委員のムニュです。

二百十日、二百二十日の薄曇りの空が過ぎ、澄んだ夜空にお月様が輝く季節となりました。

さて、有名な言葉の一つに、「歴史はくり返す」というものがあります。
この言葉を使う際、多少ネガティブな印象を受ける気がします。
戦争はくり返す、災害やいろんな人類の悲しみや不幸は、長い歴史の中で幾度となくくり返されてきたと教訓づける意味合いがあるような気がします。
その教訓は大事なことだと思うのですが、その言葉をあまりにそのまま受け止めると、人間の歴史や未来には、まるで希望がないようだとも思えてしまいます。

ですが、ふと思うと、不幸も「くり返す」のならば、同じだけ、幸せもくり返されるのではとも思います。

必ずしもネガティブなことだけがくり返されるのではなく、その合間合間に訪れている幸せも、忘れてはもったいないと思います。


それは、今人類に訪れているいろいろな不幸、戦争や災害、病気や事故、貧困などが根本的に劇的に解消されるというような幸せではないのかもしれません。

やはり、基本的に生きることは苦しい事なのかもしれません。
ですが、その中で、ふと安らぎがやって来る、気が付けば眠れている、美味しく食べられた、空が晴れたなど、ひと時心身が少しだけ安らぐような幸せなのかもしれません。

それらの小さな幸せが「くり返される」ことに、知らないうちに助けられているのではと思います。ゆっくりとした歩みの中で、全力で受け止めて行きたいです。
 ムニュ
2019/09/19のBlog
[ 11:18 ] [ お知らせ ]
日時 : 令和元年10月23日(水) 午後 1時30分~3時00分

場所 : 心家

木戸銭 : 500円 お菓子・飲物付

出演者
 川面 真知子 「 小噺特集 」

 鶴亀亭 梅の丞 「 茶の湯 」


落語を聞き お茶をしながらお喋りをしませんか!

どなた様も気軽にお越し下さい
2019/09/01のBlog
皆さまの地域では地蔵盆のお祭りがありますか?

近畿地方を中心に根付く地蔵盆は、古くから伝わる日本の風習のひとつです。

通常のお盆と比べると地域性が強いものですので、今まで知らなかったという方も多いかもしれません。地蔵盆とは、8月23日、24日に行われる、子どもの無病息災を願った地蔵菩薩のお祭りのことです。

川西市の観音寺さんと不思議なご縁で繋がって地蔵盆のお供えのお下がりを子ども食堂に、といただきました。

観音寺さんのご住職が地区の委員さんに「お供えのお菓子がたくさんあるんだけど」と声をかけられ、その委員さんが「心当たりがあります」と心家の地区の委員さんに連絡を取ってくださり、その方から心家のスタッフに連絡が入りました。(わかりにくいかも^^;;)

そしてお寺の役員さんも了承してくださりお菓子を頂きました。

それぞれに面識はなく「心」がリレーされたお下がりが心家に届きました。

雨の中運んでくださったご住職さんありがとうございました!!!!

失われつつある地域社会の行事を守っていくためにも、この「地蔵盆」、大切に受け継がれていってほしい習慣ですね。 お地蔵さんも近所の大人も子どもたちを見守っているよ!!