ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
和歌山市語り部クラブ
記事一覧
[ 総Blog数:52件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2012/11/27のBlog
私たち語り部クラブが、『わかやまの底力・市民提案実施事業』に参加をしてこの2か月
頑張ってきました。後2回残っていますが、これまでの報告をしようと思います。




外国から来られた観光客の方にも大変人気がありました。



皆さんもご存じの方もいらっしゃいますでしょう。和歌山城で忍者スタイルで障碍者の方の
アシストや案内や広場では写真を写したり、一緒に写ったりされている方です。
どうです!見事に変身されているでしょう。


この方は、私たちの縁の下の力持ちと言ってもよいでしょう。ボランティアサロンで活動されている人で、お休みの時にイベントに参加してくれました。なかなかよくお似合いで、家老クラスの人に見えますでしょう。


こちらに登場して頂いた女性は、和歌山放送で活躍されている方です。イベント前には、
担当している番組に私たちの役員の方が出演して、報道して頂きました。
忙しい中来てくれて、その体験をしてもらったところです。



今年の私たちのイベントは、ほぼ終わりました。お陰様でウォークも紙芝居もイベントも大勢
の方々に参加してもらい、ありがたく思っています。

来年にはメンバーを少し増員したいということも考えています。これまで以上に活動を広げていきたいと考えています。


お聞きになりたい事や、案内等でのお問い合わせは下記の電話をご利用ください。
 090-9248-2508 山本まで
2012/11/06のBlog
語り部クラブの中には、大変素晴らしい能力をお持ちの人がいます。

先日イギリスから伝統ある男子高校生が日本にやってきました。10日ばかりのホームステイ
ですが、私たちはその歓迎会に招かれて、紙芝居を演じてきました。


私たちが演じる時の着物は珍しいからと言って、サプライズです。その間に会長のマジックが、学生さんたちをあっと言わせます。
学生さんたちは食い入るように見ていました。しかも会長は流ちょうな英語を使いますので、
見る方とも一体感がありますね。

私たちが紙芝居を10分間演じました。その間の通訳も私たちのメンバーが流ちょうに
語られますので、「徳川 吉宗物語」もすんなりついて行けたようです。


そしてそれぞれのホームステイに行く家族をお見送りしました。

翌日今語り部クラブのメインイベントが和歌山城で行われています。
わいわい「 来て!着て! 和歌山城」 殿と姫の おな~り です。
彼らがホームステイの人たちと一緒に来られて楽しんで頂きました。若いだけあって飲み込みも早く、うちとけてくれました。

皆さん方も土曜日と日曜日には和歌山城にお越しくださいね。
2012/10/24のBlog
前からお話をしていました、秋のイベントを紹介します。

6月に市民の底力という提案が取り入れられて、語り部クラブが今年から初めて実施しているものです。

この写真を見て頂いたらお分かりと思いますが、姫と殿に変身して頂けます。
2012/09/13のBlog
少し前になりますが、平成24年度の贈呈式がありました。私はY会長と、N副会長の代理として参加してきたことをご報告します。



ホテルアバローム紀の国でありましたが、いつもと違い違和感を覚えました。
受賞団体が11団体ありました。私達語り部クラブは「平成24年度生き生きシニア活動助成団体]の一つとして選ばれました。


いうまでもなくY会長がいつも我々の行動をありらこちらに活動を報告してくれていたのが、評価されたようです。この部門では6団体が選ばれ5万円を頂きました。

もう一つの部門では5団体が表彰され、平均44万円を頂いたそうです。
金額は多い方が良いに決まっていますが、私達がこつこつと活動をしていることが
認められるのは嬉しい事です。


流石に私達のY会長はほとんどの出席者の人とも顔なじみの様で、頼もしく思えました。



式が終わってから、もう一人のN副会長とこれからの語り部クラブのイベントについて
語り合いました。



近日中に改めてこれからのイベントを詳しく書こうと思っていますが、お城に来てくれる方々と一緒に楽しめる様な事を考えています。

10月110月のお城の観光は熱いとだけ申し上げておきます。
2012/08/23のBlog
先日、和歌山下津港に入港したコスタ・ビクトリア号の事を取り上げたいと思います。
観光を目的に8月11日と18日に和歌山にやってきました。

イタリア船籍の大型豪華客船で7万トンを超える「海に浮かぶ大きい街」と言われています。11日の早朝6時過ぎに港に行ってきました。


港湾の係りの人が、出入り口を固めていましたので、そばにはいけませんでした。


和歌山市の観光課の人達や、関係する人達もタラップを降りたところで歓迎をしていました。ご存じの通り船内は外国となりますので、入れないと言っていました。
今回和歌山の観光に降り立った方々は、中国の方々で1700名近くの人が夫々の目的地に行かれました。

私も10時過ぎに和歌山城に戻って来ました。先ほど船を降りられた観光客の一行が和歌山城の観光に来ていました。和歌山市の観光関係の人達も総出で
歓迎していました。今日の当番ではないけれど、私達の会長も流暢な外国語で観光客を
お出迎えしていました。



丁度9時過ぎからは、天気の方も回復して、絶好のコンディションになりました。
今日の当番の人達は、昼食もそこそこに何度も天守閣を往復されたそうです。



私達の語り部クラブの行事として、9月1日(土)午後1時過ぎより天守閣広場で
「徳川吉宗物語」を演じます。
10月と11月には『来て着て楽しむ和歌山城』-姫と殿様のおなーりーを着てみようー
が始まります、それに向けて皆さん頑張っています。ご期待下さい。