ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
大丹波ふるさとネット
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:1750件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2011/06/17のBlog
先日、神戸総合展示場、「ヒラタフードフェアin神戸」製菓・製パンの催しに行ってきました。

右の写真は有名なサ・マーシュのパティシエの西川功晃氏です。
パーテイブレッドノアタラシイ魅力
~切り分けて楽しいパンの提案~
実演をしておられました。
その中でベジタブルなアンパンを試食しました。

使用野菜はバジル、トマト、ニンジン、コーン、黒胡麻、青えんどう、紫いもなどです。

たくさんのメーカーの方が米粉を取り扱っておられました。

私もかねてより米粉パンに興味がありました。(以前米粉パンの販売をしていましたので)

さて、下記の記事は篠山市の抜粋です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学校給食に米パン導入

地産地消で農業活性化へ
地元の米を活用、4月から週2回実施

4月から市立幼稚園、小学校、中学校、養護学校の41施設の学校給食に、地元コシヒカリを活用した「米粉パン」を導入します。全国では新潟県と鳥取県の一部の自治体で試験的に実施されているが、本格的な導入は、全国でも初めてです。これまで黒大豆や栗、山の芋など地元特産の食材を学校給食に取り入れて地産地消を推進しているが、米は米飯に限られていました。

 教育委員会では、学校給食に食の安全を考え、地産地消を進推してきており、地元産の野菜やコシヒカリをすでに取り入れてきました。現在の給食は、米飯が週3回、小麦粉パンが週2回。さらに、地元産コシヒカリを導入し、毎日米飯にすることを検討してきましたが、パンを希望する児童やPTAの声が多く断念した経緯があります。

 以来、米粉のパンの導入を検討してきましたが特殊な技術を要したため、高コストについていました。しかし、昨夏になって、近畿米粉食品普及推進協議会の福盛幸一さんが上新粉を使った製パンに成功したと情報を得て、技術指導の協力を要請。ようやく、地元産の米粉を使い、低コストで実現できるようになりました。

 米粉パンは、外はパリパリ、中はもちもちした食感で、試食した保護者らからは「おいしい」と好評です。4月からは、市内の製パン店で1日5700個を焼き上げ、各施設に配送する予定です。試算では、米粉パンの導入で年間38トンの米消費が見込まれ、農業活性化につながるのではと期待しています。

丹波篠山特産大集合 (丹波篠山の誇る特産品の数々です)
省略

以下の記事は、
以前訪ねさせていただいた佐用町の井口さんの「教育ファーム」の成果「カレーライスパン」とは?の記事を引用させていただいています

農家が「先生役」の「教育ファーム」で地域が元気になる。
まさにこれからの農家の方の出番です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

丹波ふるさとネットは、これからの商品の販売に、

①必ず生産者の顔が見える。②農作物のトレーサビリティが見れる。③生産地を訪問のバスツアーを企画する④実際の農作物の収穫ができ、加工教室に参加できるなどなど生産者と消費者の交流を図っていきます。

やはり、以前私が米粉パンを扱っていた時、とても好評だったのは、

採り立ての新鮮な農作物などを、例えばイチジク、トマト、ナス等をふんだんに米粉パンのトッピングに使って「このトマトはだれだれさんが作ったトマトでこのトマトは朝採れでリコピンというポリフェノールの働きで血液をサラサラにします」のうんちくを正確明瞭に記しますので健康志向のお客様にとても喜んでいただきました。


下記の記事の
会員八名、平均年齢70歳をこえた「ほほえみ会」の代表、井口美子さんは、地元の小学生から「駅ばあちゃん」とよばれている。

下記は以前佐用町に訪問させていただいた時のブログです。

2011/05/20のBlog
廃校になった小学校を活用した農産物の加工・販売と食育の推進[兵庫県]
[ 23:12 ] [ 廃校の利用活用 ]


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

農家が「先生役」の「教育ファーム」で地域が元気になる
目次
◆「教育ファーム」の成果「カレーライスパン」とは?
◆北海道の農業地帯でも、都市近郊でも
◆「教育ファーム」は何をめざすのか
◆応援したい、小中学校の「体験型学習」
◆「生物育成」で困っている中学校「技術科」の先生
◆「深い学び」につながる工夫へ「現代農業」「食農教育」の活用を

▲目次へ戻る

 食と農を結ぶさまざまな体験の場に子どもを置いて、子どもに、地域を誇りに思う心を育てたい。
 子どもに、食と農、いのちのつながりがわかる心を育てたい。
 ――そんな熱い思いで、いま全国に広がっているのが、田んぼや畑での「農業体験活動」。

 農水省では、食育事業の柱として、農家が先生役で参加する継続的な体験の取り組みを「教育ファーム」と呼んで、推進・拡大のためのモデル事業を展開している(教育ファームには、農業のほか、水産・林産体験も含む)。

 農文協はその事業の事務局として、平成20年度に、全国で139の協力団体とともにモデル事業をすすめ、体験活動の「効果」も検証している。

「教育ファーム」とはどんな取り組みで、どんな効果が上がっているのだろうか。

▲目次へ戻る

「教育ファーム」の成果「カレーライスパン」とは?
 まずは、子どもには、地域を変える力があると実感させてくれる兵庫県佐用町の生活研究グループ「ほほえみ会」の取り組みを紹介したい。

 会員八名、平均年齢70歳をこえた「ほほえみ会」の代表、井口美子さんは、地元の小学生から「駅ばあちゃん」とよばれている。
 佐用町は、兵庫県最西端の中山間地域。町の中央に、道の駅「宿場町ひらふく」がある。鳥取方面に抜けるバイパス国道が走り、昔の「平福」は因幡街道の宿場町としてにぎわった。

「ほほえみ会」は、その「道の駅」で直売所(因幡街道平成福の市)を運営しており、井口さんは道の駅のばあちゃんだから、「駅ばあちゃん」の愛称で親しまれているわけだ。

 井口さんたち「ほほえみ会」の「教育ファーム」活動の対象は、地元の利神小学校3年生19名。地域の小学校4校が統合してできた小学校だが、児童数97名の小規模校だ。3年生の体験活動の舞台は、学校の近くの田畑と直売所、さらに廃校になった小学校の給食室を譲り受けた「ほほえみ会」の食品加工所。「ふれあい加工所」だ。

 代表の井口さんは、平成10年から利神小学校3年生の「総合学習」のゲストティーチャーとして体験学習にかかわってきた。「学校の教室では先生から基本をしっかり勉強して、ばあちゃんのところにきたら、自分の力をどんどん発揮してや」と話しながら、井口さんは子どもたちを一人前に扱う。

 体験させているのは、黒大豆や野菜つくり。そして直売所の商品開発にも3年生のアイデアを借りる。昨年登場して一躍人気をさらっているのはA君の開発した「カレーライスパン」だ。「ほほえみ会」では、平成17年に佐用産コシヒカリを使った米粉パンを開発し、きなこ米粉パンが定番商品になっているのだが、ここへ新たに仲間入りした格好だ。

 2年前の夏休み、当時3年生の子どもたちへ、おいしいパンのアイデアを宿題にしたのがきっかけだ。A君は加工所での試作の当日、炊いたご飯とカレーをパンの具として持ち込んで、白いご飯に冷めたカレーをのせて米粉のパン生地で包んだのだ。井口さんもまさかと思ったアイデアだが、焼いてみるといい香りがして、うまい。試作品8個はたちまち子どもたちのおなかの中へ収まった。

 カレーパンではない、カレーライスパン。A君が4年生になった昨年4月、満を持して直売所で発売を開始。1個130円、限定30個が、今は限定50個へ。「利神小のカレーライスパン」は10時には売り切れる人気商品になった。開発者のA君は、引っ込み思案で会話も苦手な子どもだったが、カレーライスパンがほめられて自信がついたのか、いまでは教室のリーダー格に変身したという。

 平成20年度の栽培体験は、あえて子どもがきらいなピーマンを育てたが、とれた「ジャンボピーマン」を子どもたちはバリバリ食べる。こんなおいしいピーマンなら給食にも出してほしいと子どもたちから要望が出て、給食の食材になった。もちろん残食もない。

 子どもたちが畑でかいた汗と、子ども自身のアイデアが、学校の給食を変え、直売所を元気にしている。

▲目次へ戻る

北海道の農業地帯でも、都市近郊でも
「教育ファーム」の形は他にもいろいろある。

 井口さんたち「ほほえみ会」の実践は、地元の学校支援型で、「総合学習」など学校の取り組みを応援するものだが、ほかにも地域内外に広く体験参加者を公募する公募型・土日開催型の「教育ファーム」もある。

 札幌から車で1時間、北海道由仁町の水田地帯にある専業農家・三田村雅人さん(47歳)一家が運営する「由仁ふれあい農業小学校」も、土日開催型で親子の「生徒」を集める教育ファームだ。5月中旬の「入学式」から隔週12回の「授業」で、11月初めに「修了式」となる。

 参加費は個人参加1万2000円、家族参加2万4000円。これで、オーナー畑として個人参加5坪、家族参加10坪が提供され、さまざまな野菜を育てることができる。課外授業もあり、地元の異業種農家と連携してリンゴ狩り、シイタケ狩り(ほかにアスパラ・タマネギなど)で交流し、旬の味を楽しむ。

 栽培だけでなく、調理・加工体験もする。小麦で石窯パン、大豆で豆腐。農園の一角には新たにビオトープ(池)をつくり、水生昆虫採集やいかだ遊びができる。

 農業小学校の参加者の中には、さまざまな特技を持つ人がいる。パン焼き名人、星の観察名人、自然遊びの指導者など。その人たちに手伝ってもらい、サマーキャンプを実施、ビニールハウスで就寝体験をしている。
「生徒」たちとふれあうなかで、三田村さんの暮らしは自給重視型になり、米以外の作物も多品目になり、販売も直販型・通販型になっている。

 20年度の生徒数は、大人・子ども合わせて68人。参加費は100万円に満たないが、札幌周辺から集まる「生徒」たちの「応援団」効果は大きい。お米の直販ルートが広がり、ジャガイモ・トマトなどの通販も広がる。「教育ファーム」が、「交流型農業」のお客さんを増やしているわけだ。

 町場の「都市近郊農家」が指導者として参加する「教育ファーム」もある。名古屋市や金沢市などには、幼児とママさんが一緒に参加する「子育て支援型」農園がある。

 いわゆる「公園デビュー」で先輩ママさんの仲間入りをするのでなく、「農園デビュー」で触れ合う。そんな都市型の「教育ファーム」が各地に生まれ、孤立しがちな若い子育てママさんを支援しながら、農業・農家の応援団を増やしている。

 ほかにも、農協応援型、集落営農組織が地元の小学校の体験学習を支援するタイプなどもある。モデル事業に取り組む139団体の活動の詳細は、「教育ファームネット」で検索して、参考にしていただきたい。

2011/06/15のBlog
以前、大阪ベンチャー研究会でプレゼンさせていただいた時に、大阪成蹊大学の
工藤教授とのご縁をいただき、下記の公開講座のお誘いをいただきました。

とてもお面白いと申しますか、内容が濃い個性のある講座です。わたくしも毎週火曜日、篠山から阪急の相川まで通っています。

モチベーションの持続のさせ方について
 成功分岐点のことを深く考えさせられました。私の元気になる方法を上げると

 ① 一人旅をぶらっと気ままに (丹波は広い、大丹波の亀岡をまずは!)
 ② 尊敬する方の本を読む (松下時代の幸之助氏の思いが潜在意識に!)
 ③ 友達と励ましあう (今ある人との出会いが仕事の相棒になる予感が!)

後半はいよいよ事業計画の書き方等で盛り上がっています。

ご興味のある方は

無料一般公開講座『君も起業家になろう! 個性派ビジネスで日本を元気に!

時間:2011年・毎週火曜日 16:30 - 19:30

場所:大阪成蹊大学相川キャンパス 大阪府大阪市

作成者
ベンチャービジネスカレッジ

大阪成蹊大学の無料公開講座のご案内をさせていただきます。
5月17日から、毎週火曜日の16時30分~19時30分まで、


学生、社会人、起業家、経営者、経営幹部、起業したいと思って
いる方、同業のコンサルタントの方もOK。年令、性別を問わず、
どなたでも。

お名前とメールアドレスをいただくだけで、簡単にお申し込み
いただけますし、出席も自由です。

もし、ご興味があればぜひ下記の記事をご覧ください。

http://www.facebook.com/vbctera?sk=wall&filter=1#!/home.php?sk=group_201935033175139&ap=1

どうぞよろしくお願いいたします!

2011/06/12のBlog
前回の続きです。

右の写真は
廃校をどう活用するか?のブレーンストーミングの様子です。

ブレストは、本来批判せずにどんどんアイデアを出していくものですが、「気が付いたらアイデアの批判合戦」になっていることはありませんか?
 そんな時こそ、ファシリテーターの腕の見せどころです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2. ファシリテーター活用の場面

 ① 住民と一緒に作る街づくり
 ② 企業内研修
 ③ 学校
 ④ 医療
 ⑤ 体験学習

3. ファシリテーターに求められるもの
 省略

4. ワークショップの進め方
 省略

5. ファシリテーターを求められたら
 省略

6. ワークショップをしてみよう

 テーマ
  ①フォーラムにたくさんの人を呼ぶには
 ②私たちができる被災地支援って?
 ③旧小学校跡地をどう活用するか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
グランドルール
 最初に決めておくと、なぜか話しやすくなる!

パーキングエリア
 これで、脱線しない!

ブレーンストーミング
 ブレストは、こうすればうまくいく!

グルーピング
 グルーピングでアイデアを促そう!

ファシリテーションの便利な小道具・大道具
 イーゼルパッド、ポストイット、マーカー、デジカメ、マルチタイマー、ウォールーム


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファシリテーション(英: Facilitation)は、


会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させる手法・技術・行為の総称。

コミュニケーションスキル以外にも、グランドルールが必要な場合の内容設定や補助、プロセスデザイン、ミーティング自体の進め方や、さらに会議の場所や参加者の選択、日程のデザインなど、オーガナイザーやリーダーの役割を含む場合もある。

会議の場に限定せずとも、日常での組織コミュニケーション全般において、ファシリテーション技術は活用することができる。 また、会議の場などで、コンテンツ(議論の内容)に対して公平な立場にたち、話し合いのプロセス(流れ)に介入してファシリテーションを行う者のことをファシリテーター(Facilitator)という。

ファシリテーターにはファシリテーション技術もさることながら、参加者または組織に対して良心に基づいた、達成イメージへの情熱と信念も合わせて必要とされる。
今日は、こころわくわく、胸ドキドキ下記の講座に参加させていただきました。

11日と12日の2日間コースだったのですが
昨日は農商工連携の販売力アップのセミナーに参加したので
 今日1日だけの参加でしたがとても有意義なセミナーでした。 
(いつも重要なことは重なるようですね。)ほんとに感謝しています。

 地域ITサポーター養成講座
 
ファシリテーター入門
 ~ITサポーターとして地域に貢献するために~


地域に溶け込む難しさを体験しているわたしにとっては
都市と農村の交流と口ばかり言っている私にとっては
今こそまさに都市住民と地域住民が膝を割って本音で 
話し合うことが求められている時だと思っている私にとっては 

この横文字だらけの手法というかしっかりと身に着けて 
上手に使う価値は十分ありますね。
 
このファシリテーションの手法は実は以前、神戸で、ひょうごふるさと創生塾に
http://www.hyogo-intercampus.ne.jp/gakusyu/jigyou/sousei.htm
参加させていただいていた時に 
講師の方からしっかりと体感させていただいておりました。

ひょうごふるさと創生塾

 趣旨

 21世紀の成熟社会においては、多様な地域に多様な文化とくらしが息づく豊かな地域社会をめざして、県民一人ひとりが自由に発想し、自主的、自律的に責任をもって活動するなかで、地域の魅力を高めていくことが大切である。
 そこで、地域の課題解決への「志」や、地域にある資質をつなぐ、「視点と力」、地域課題解決のための「専門的力」、魅力ある「リーダーシップ」を持った、ふるさとづくりの「新しい地域リーダー」育成のため、基礎的な力を実際の地域活動で応用できる力へとスキルアップを図る「ふるさと創生塾」を設置する。


1.言葉の意味 ファシリテーシ...
2011/06/11のBlog
下記の記事は
以前のテレビ番組の「試してガッテン」で感動した蒸し料理です。

今、野菜栽培に挑戦しています。人参やダイコンなど間引きをしていきますが私はそれをピクルスにしたいのです。

簡単にしかもおいしく見た目も鮮やかにそして栄養価も損なわずに作るには、以前見た蒸し野菜からピクルスづくりを始めたく思っています。

ためしてガッテンでは、野菜を蒸してからピクルス液に浸けると2時間で味がしみて美味しくできるのことでしたのでためしてみました。こんなにおいしいのと思うぐらい上手においしくいただきました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////

これは、蒸した後の野菜たちです。
低温蒸しすると、野菜の色がよりいっそう鮮やかになります。

漬け込み基本材料:

パプリカ 60℃ 30分
セロリ 60℃ 30分
きゅうり 60℃ 30分
キャベツ 60℃ 30分
にんじん 70℃ 30分
玉ねぎ 70℃ 30分
ブロッコリー 85℃ 15分

*季節に応じて、カリフラワー、かぶ、冬瓜、
トマト、エリンギ、ヤングコーン等を加えてもいいでしょう!


漬け込み液材料:

醸造酢・砂糖・塩・昆布だし
お好みの香辛料(粒胡椒、鷹の爪等)


漬け込み液を容器の1/3くらい入れ、低温蒸しした野菜の
粗熱を取り、漬け込む
 
味をみて、お好みの酢を加えても大丈夫。

野菜を低温蒸しするだけで、とっても簡単にピクルスが
できちゃいました。


また、野菜を低温蒸しすることで、2~3時間で味がしみて、美味しく
いただけます。

その上、液に漬けたままでも味がしみすぎず、
1ヶ月くらい経っても美味しいのです (^O^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヘルシーで栄養たっぷり!
理想的な調理法として大ブームの「蒸し料理」。
専門店も次々と登場しています。

でも手間がかかったり、野菜がヘナヘナになりすぎたりと、いま一つ家庭では活用しきれないという声が多いのも事実。

そこでガッテンが調査したところ、江戸時代から続く、とある湯治場に伝わる「蒸しワザ」を大発見!

その方法さえ知れば、蒸した野菜が、生野菜よりもシャッキシャキに!しかも、食材のうまみや栄養が劇的にアップ!さらに、豪華料理があっという間に作れるようになっちゃいます!

これまでの常識を覆す秘密の蒸しワザを大公開!
番組ディレクターのひとこと
とにかく、常識破りの方法です
今回ご紹介する「蒸しワザ」は、温泉地・別府の湯治客の間で、ひっそりと受け継がれてきました。

彼らは健康維持のため、野菜やキノコなど質素なものばかりを蒸して食べています。
「湯治で一番の楽しみは食事。だから少しでもおいしく蒸したい」という思いから編み出されたワザなのです。

「このやり方で本当に蒸せるの?」と思うほど意外でユニークな方法です。番組を機に、蒸し料理をよりおいしく、より楽しく味わえるようになっていただければ幸いです。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////

謎の蒸し技を探せ!

蒸せば蒸すほどシャッキリ!

大分県別府市には、「地獄蒸し」なるものがあります。

地中からわき出る高温の蒸気を利用した天然の蒸し調理です。その地獄蒸しを誰よりも活用しているのが湯治客です。1ヶ月以上にわたって長期滞在する彼らの中には、3食すべて地獄蒸しという人も。そんな湯治客の間でだけ伝承されている「蒸しワザ」があるというのです。

一般的に、ほうれんそうなど熱に弱い野菜を蒸すとクタクタになりますよね?ところが、そのワザを使うと、驚くほどシャッキシャキに!

そのワザでこんな実験をしてみました。
ほうれんそうを1分、2分、30分…2時間と蒸したところ、蒸せば蒸すほどシャキシャキに!2時間蒸したものは、生よりもなんと3倍もシャキシャキになっていたのです!
しかも普通に蒸したものと比べてビタミンCは2.2倍に!

その不思議な蒸しワザとは、いったい何なのか?
それは…

蒸し器のフタをずらすだけ。

湯治客は、蒸し器にすき間を作って、中の温度を下げていたのです。温度を測定すると70℃前後。
この温度では、野菜の細胞を形成するペクチンがち密になります。そのため、シャッキリした野菜が蒸し上がるのです。

この蒸しワザを「低温蒸し」と呼びます。

次へ
キノコが軒並み激ウマに
神様がうなった!低温蒸しのウマさ
低温蒸しできのこを蒸すと、うまみが格段に増加することが判明!

その効果を実証すべく、ガッテン隊は、「シイタケの神様」に会いに行きました。
神様とは、シイタケの全国品評会で、最優秀の「農林水産大臣賞」を10回以上も受賞している、シイタケ作りの、名人の中の名人です。
神様に、低温で蒸したシイタケを食べてもらったところ、「経験したことのないうまさ」と大絶賛!

うまみ成分が無限に増える!?
低温で蒸したシイタケを分析をしてみると、普通に蒸したものと比べて、うまみ成分のグアニル酸が3倍増加していました。

低温蒸しの70℃前後というのは、グアニル酸が増える温度帯。つまり、グアニル酸の元があるかぎり、蒸せば蒸すほどうまみが増えていくのです。

シイタケだけではなく、他の多くのキノコのうまみ成分もグアニル酸。低温蒸しをすると、みな同じように極限までおいしく変身します。

次へ
低温蒸しで食卓革命!
「低温蒸し」のポイントは2つ。
(1)弱火 (2)すきまを作る

蒸し器がない人もご安心を。低温蒸しは、家庭にある調理器具で簡単に行うことができます。
※詳しくは、実習コーナーを参照

低温蒸しの時間の目安

3分~5分: キャベツ(1口サイズ)
ほうれんそう(まるごと)
みょうが(まるごと)
10分: ホタテ貝柱(刺身用)
15~20分: オクラ(まるごと)
たまねぎ(スライス)
きのこ類(1口サイズ)
とうもろこし(皮をむいてから)


※ 「低温蒸し」しただけで食べる場合、非加熱でも衛生上問題のないものにしてください。
※ 70℃前後の「低温蒸し」ですべての食材がおいしくなる訳ではありません。例えば根菜類(にんじん、いも類)は「低温蒸し」するととても硬くなります。食材に応じて蒸し方を使い分けることをお勧めします。


「低温蒸し」には、通常の加熱調理と同等の殺菌効果があるという研究データが報告されています。
たとえば、週に一度まとめて蒸しておき、冷蔵庫に保存し、使いたい時に取り出すという利用法も考えられます。
低温で蒸しておいしくなった食材を、加熱するだけであっという間に豪華料理に変身させることも出来ます。


さて、今日は大阪は難波市民学習センターで、(9月17日まで毎週土曜日に開催)

農商工連携により開発した商品等に販売力を強化するコースを受講しました。

2009年度からスタートした農商工連携人材育成事業は、本事業に参画する受講者の多くが研修成果を活かし、実際の農商工連携を通じた事業化の実現を果たす主役となることが期待されています。

2009年度のこの研修をわたくし中山も受講させていただきました。
2009年度の大阪府の農商工連携コーディネーターとして、全国中小企業団体中央会より修了証が授与され人材リストに登録されています。

貴重な税金を使わしていただいたのですから実際に活動を開始していかねばなりません

それには組織運営に必要なマネジメント手法の確立、新製品・サービス開発に資する技術情報の入手、デザインや特許や商法など、知的財産権のかかるコンサルタントとの連携、販路開拓につなげるマーケティング活動等のノウハウを身につけることが求められています。

その他もろもろの能力を身に着ける必要があるといえます。

農商工連携事業成功のカギは、新商品の販路拡大・売り上げ増大にあります。
マーケティングの基礎から販促プロモーションまで、体系的に学び、国内だけでなく海外進出も視野に入れ、販売促進を積極的に仕掛けていけるよう必死に学びたく思っています。
2011/06/10のBlog
富山の彼女が作られたクッキーを分けてもらいました。

写真のお皿の
麻の実クッキーと きなこのスノーボールと GOMAチャンクです。

麻の実クッキー
 国産小麦、オーガニックピナッツバター、片栗粉、てんさい糖、豆乳、メープルシロップ、菜種油、HEMPナッツ、シナモン、自然塩

こんなに素敵なクッキーを作られる富山の彼女に
いつかここささやまに来ていただいてたくさんクッキーを作ってもらいたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
必須アミノ酸のバランスが最適!「麻の実ナッツ」(NT1001)

麻は日本の歴史・文化・伝統と非常に関係が深く、縄文土器の縄目模様は麻の縄だとされてきました。繊維は縄や衣服に、種は食用や灯油に、茎は紙や建材などに利用されてきたばかりではなく、横綱の化粧回しや弓の弦など、麻は日本の文化とは切っても切れないものとして、生活の中で利用されてきました。

 また、神道儀式にとって、麻は今も欠かせない神聖な植物で、日本各地には大麻神社がいくつもあるほどです。

 生命力が強く、太陽と水さえあればどこでも育つ麻は、成長が早く病害虫にも強いので、農薬や化学肥料をほとんど必要としません。子供のすこやかな成長を願って、生まれて初めて着せる産着や着物を麻の葉模様にしたり、子供の名前に麻の字をつけるのも、厄をよけ、病気にならずにすくすくと元気に育つようにという親の愛情の表れからなのでしょう。

------------------------------------------------------------------

今日の食卓には、食べて美味しい、
体に良い「麻の実」料理はいかがですか?

たくましい生命力
大麻種子は全ての必須アミノ酸と脂肪酸を含み、そのバランスのすばらしさは人体にとって植物界でもっとも理想的といわれます。また消化吸収されやすい上質のタンパク質を多く含んでいるので健康な方はもとより、生活習慣病の気になる方、体力の低下した病中病後の方、妊産婦、高齢者にも召し上がっていただけます。


理想的なバランス食
大麻種子の約30%は不飽和脂酸でほとんどはリノール酸(オメガ6)とリノレン酸(オメガ3)です。それらは人体で生産されないので植物で補う必要があります。
栄養学の第一人者アンドリュー・ワイル博士は「治療用の大麻オイル」というタイトルで掲載された雑誌記事のなかで、種子オイルの大部分がリノール酸とリノレン酸の割合が3:1で人間の体の栄養バランスにあっていることを述べています。(亜麻仁油の場合は1:3と逆の割合) 

またオイルをとるなら魚よりも種子か穀物から採る方が賢明な選択ということです。 種子の約20%はタンパク質で、そこに含まれるグロブリン・イデスチンは血漿中に含まれるグロブリンと酷似しており消化吸収が早く、侵襲生の病原体に対する抗体を生産して免疫機能を高めるので、人体にとても有益です。 中国では何千年もの間、漢方薬として利用されており、属性は中庸。働きとしては特に腸の働きを円滑にすることと、血行をよくすることがあげられます。現在の栄養学や医療研究からもそのすばらしさが改めて確認され、その注目度はどんどんあがっています。

さまざまな料理にどうぞ
こくがあってクルミやのようなナッツのような、そして何か懐かしいような味わい。そのまま食べてもおいしいですし、いろいろな料理にも使えます。 タンパク質には熱により変化するものと、しないものがあります。大麻種子に含まれるグロブリンタンパク質は、高温ではほとんど変化しないので加熱料理にも向いています。

 サラダやアイスクリームにかけたり、ごはんやおかゆにまぜたり、スープやハンバーグ、コロッケ、お菓子作りなどにも利用できます。スープの具に。 ハンバーグや餃子に混ぜて。手打ちパスタやうどんに。とってもおいしいですよ。アレルギー体質の方やお子様にもお勧めです。
あなたのアイディアで元気を楽しさがひろがります
「山椒は小粒でピリリと辛い」
小さくても凄い力を発揮する事のたとえに使われる言葉ですよね。

わたくしの夢多き20代のころ、ウツボ公園近くの電通さんのTTC(テレビタレントセンター)というアナウンサー養成学校にに通っておりました。

その卒業式に自分のことを例えて「小柄な私でも夢は大きく、個性を売りにして」という意味で着物を着て皆さんの前で言葉を述べたことが思い出されます。

その言葉の通り、山椒はほんの少し食べただけで舌がピリリとシビれるのが特徴ですネ。

でも・・・最近の実山椒はピリっとしないものが多く、醤油の味が山椒の特徴を消してしまっている品が多いように感じます。

ご紹介する山椒佃煮は梅酒が好きなので、 私自身が梅酒風味と本来のピリピリした感じを楽しみたいというそんな想いから作ってみました。

さてどんな風になりますやら。
ピリピリ感たっぷりの梅酒風味の実山椒の佃煮です。

味の好みは、個人差がありますので、でも結構私自身は気に入っています。
自分に甘い採点で「ちょっと変わった山椒佃煮」と思うから、この実山椒を紹介しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、先日篠山は味間奥でのイベントに参加しまして、すっかり味間奥の魅力にはまりました。

ある素敵なご家族にお会いし、フキや梅をいただきましたので早速フキの佃煮を作りました。

下記に記事は味間奥地区が目指すべき将来像が述べられています。

少し長いですが日本人がほっとする風情が残っているように思われますので
もし機会があればぜひ訪れてくださいませ。癒しのひと時を過ごされることと存じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.city.sasayama.hyogo.jp/kaihatsu/pdf/sato_ajioku_zentai.pdf
上記の引用です。


味間奥地区は、丹波の「茶処庭園」の里として、目指す将来像を次の三つとする。

■丹波の茶処庭園の里として目指すべき三つの里のイメージ

①茶畑と共生するさと
・仰ぎ見る白髪岳や緑の諏訪山を背景に手入れされた茶畑がなだらかな扇状地に広がり、心豊かになれる里。

②歩いて自然と歴史に触れあえるさと
・高城山を借景に、茶畑の庭園を散策し、草花や生き物が生息する豊かな自然と悠久の歴史に出会える里。

③心豊かな交流のさと
・訪れる人たちと共に楽しく交流しあいながら、笑顔がはじける元気な里。
波多野家偲ぶ二村に紅葉の大国寺、清流住吉川にホタル飛び交い、丹波霧が育む丹波の茶処

丹波の「茶処庭園の里」:味間奥

①茶畑と共生するさと②歩いて自然と歴史にふれあうさと③心豊かな交流のさと
-茶畑はみんなの庭園、紫雲にのって味間奥の心

をみんなで満喫しよう-
したがって将来の味間奥は、「自然環境豊かで」「茶畑等が健全に維持され、田園環境の広がる」里であり、
集落内には都市住民とともに「散策できる安全な環境」と「住民が気軽に集う場」や「特産物の販売する場」
が整備された茶処としての農村(里)環境といえる。
□目指すべき茶の里の環境イメージ
2011/06/08のBlog
[ 22:06 ] [ 共同圃場への熱い思い ]
みぎの写真は
 味間奥の田中さんからいただきましたえんどう豆の
 豆ご飯をさっそく作りました。

豆ご飯は亡き中山の好物です。
いつも見守ってくれているであろう主人にお供えをしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なす栽培のハウスで研修仲間の彼がテントウムシモドキ、虫を捕まえました。

テントウムシはアブラムシを食べてくれる益虫なんですが、この写真の虫は、テントウムシモドキという葉っぱをもりもり食べる害虫でした・・・。 今は雑草との戦いですが、これからは虫たちとの戦いも始まりますネ。



篠山地方では、

粘土質の土壌と、昼夜の激しい温度差が好条件となって、古くから良質の黒大豆が栽培されてきました。

粒の大きさ、つやは右にでるものがなく、煮上がりの味のよさは抜群です。
また、いくら煮ても皮がむけないのが特長です。

 たんぱく質、脂肪をはじめ、ビタミンB1・B2など栄養価も豊富。
「畑の肉」といわれ、腎臓・循環器機能にも薬用があり、咳止めにも効果的です。

正月のお節料理にはじまり、年間を通じて利用されています。

私の母方は京都です。その母がいつも「黒豆の煮汁を飲むと声に良いのよ」と言っておりました。その言葉を信じて煮汁を飲んでいました。優しい母でした。

黒豆といえば母が思い出されます。明治生まれの母は下長者町で生まれ育った、御所士族の出といっておりました。歴史に興味のある方は下記をのぞかれると詳しくのっております。
http://blog.livedoor.jp/kyotomode/archives/51375786.html
御所が近くにあり子供のころお濠でわたくしも遊んだ思い出があります。

懐かしい懐かしい思い出です。その娘の私は、仲間と一緒に黒豆の栽培に意欲を持っています。


//////////////////////////////////////////////////////////////////

この黒の主成分は、シアニジンという色素成分です。

アントシアニンの一種です。

この黒豆ポリフェーノールが、黒豆の重要な栄養素です。

色の濃い栄養素は大切な栄養素と言われていますね。

黒豆は、煮豆として食べるのが一般的ですが、丹波地方では煮汁を飲む習慣があるそうです。

じつは、黒豆の栄養は、「煮汁」に溶け出すのです

それが、丹波地方の人の健康の源であるとか。

//////////////////////////////////////////////////////////////////


黒枝豆(本黒)
 苗づくり

 は種時期 6月中旬~下旬
 必要種子量 10a当たり3kg

※直播の場合は、6月下旬に株間を45~50cmとりは種する。
 は種時にタネバエの防除として、カルホス微粒剤Fを散布する。(10a当たり6kg)

露地育苗
苗床に5cm×5cm間隔には種し、鎮圧して十分かん水してから覆土する。


プラグトレイ育苗

(1)
トレイを育苗箱に入れ、スリ切れまで床土を入れる。

(2)
種子を1穴に1粒ずつへそを下向きにしては種する。

(3)
ジョウロでしっかりかん水し覆土する。

(4)
右の図のような台の上に置き、育苗箱の下から根が出ないようにする。

(5)
種子が土から頭を持ち上げれば、黒皮が乾かない程度にかん水する。


発芽するまでは濡れた新聞紙などで覆い、できるだけかん水はしない。


 ほ場準備

 元肥を全層施用し、できるだけ高畝にして排水をよくしておく。(畝幅は145~150cm)

 定 植

 本葉が見えはじめた頃に定植する。子葉と畝が平行になるように子葉のもとまで深植えにする。(株間45~50cmの1条植え)


 追 肥

 生育に合わせて追肥を施用する。

 中耕培土

 7月上旬~下旬に初生葉がかくれる程度まで土寄せをおこなう。
 ※蔓ぼけしそうな場合は、本葉5~6枚の頃に摘心する。

 支柱立て

 倒伏防止のために図のような支柱を立てる。

 水管理

(1)
梅雨時期など水がたまった場合は放置せずに至急排水をする。

(2)
落葉・落莢防止のため乾燥時には畝間に走り水をおこなう。


 病害虫防除

 開花始め、着莢期にアブラムシ、カメムシ、メイガなどが発生しやすいので、適期防除につとめましょう。

施肥・防除基準


 収 穫

 10月上旬~中旬に、根から引き抜き収穫する。





さて、明日はいよいよプランターでゴーヤ栽培に挑戦です。

ゴーヤで今年の夏は「夏バテ知らず」で行きます。

緑のカーテンとして研修室のベランダサイドでプランター栽培をします。

ゴーヤは日光に当たれば当たるほど大きく立派に成長してくれます。

そんなゴーヤを育てるためには、やはり土台がしっかりしている場所で育てるのが理想的ですが、プランターでゴーヤを育てることに挑戦します。

まず、プランターでゴーヤを栽培する場合には鉢は大きくて重くてどっしりしたものを使用することをお勧めします。

容量は最低でも30リットルほどの大きなものを使用して、園芸用の土を3分の一ほどいれ、その痕に化成肥料や牛糞などの完熟肥料をいれ、そのうえから、さらに用度を鉢いっぱいに入れます。

ツルが2m以上のびるので、ネットや枠組みをしっかりして、風でゴーヤのツルがあちこちに動いたり倒れたり折れたりしないように固定してあげる工夫も必要です。

ひとつのプランターにゴーヤは一株のみ。たくさん栽培したい場合には、プランターをたくさん準備しましょう。

支柱をしっかり立ててゴーヤの苗にゆるく結んであげてくださいね。

ゴーヤをプランターの限られた槌と栄養で丈夫に育てるには追肥はかかせませんね。大体2週間ごとに化成肥料を一握り程度与えましょう。

ツルがあちこちから伸びてくるので、その管理をしっかりし、水遣りも頻繁にする必要はありませんが、根が水を大量に吸い上げるので、一度にあげる水の量は多めにあげるように心がけてください。

元気なゴーヤが栽培できると良いですね!

//////////////////////////////////////////////////////////////////

ゴーヤーチャンプルーの作り方(レシピ)

ゴーヤーチャンプルーの作り方です。
沖縄料理のゴーヤーチャンプルーは、豚肉と炒めることで抗酸化力がアッ プします。
ゴーヤーはビタミンCが豊富で、加熱にも強いので、ストレスによるイライラや、夏バテ予防にぴったり。

(3人分)

ゴーヤー(にがうり)‥‥1本
塩(ゴーヤーにまぶす分)‥‥小さじ1/2
木綿豆腐‥‥1/2丁
豚もも肉‥‥150g
ごま油‥‥大さじ1/2
卵‥‥2個
塩‥‥小さじ1/3
だしの素‥‥適量
酒‥‥大さじ1
胡椒‥‥少々
醤油‥‥適量
かつお節ミニパック‥‥1袋


[ 16:57 ] [ ビオファーム丹波 ]


パプリカ(Paprika、学名:Capsicum annuum cv.)は、ナス科の多年草でトウガラシ属の栽培品種、カラーピーマンのことです。

さらにその果実や果実から作られる香辛料のことをさします。甘味唐辛子とも呼ばれ、日本で流通している果実には赤や黄色、紫色、茶色などの品種もあります。

パプリカは、栄養分に富み、とくに赤い色素でのカプサンチンは抗がん作用を持ち、肌をきれいにするビタミンCも、レモンの約2倍あると言われます。


家庭菜園で育てる場合、育て方はピーマンとほぼ同じですが、果実が完熟するのを待ち収穫するため、ピーマンより注意して育てましょう。

パプリカの苗の植付け1週間前までに、土と肥料を混ぜて土作りしておきます。土を馴染ませるためですが粒状の石灰なら混ぜて1~2日で苗を植えることもできます。

苗は、4~6月に植え込みます。

パプリカの苗の植え方は、まず、土に、苗が入るくらいの穴をあけ、次に苗をポットからそっと抜き取り、根がくずれないようにして土の中に入れ土を寄せてあげ、土がしっかり湿るまで水をたっぷりあげます。

水遣りは、土が乾いていたら、毎朝たっぷり、真夏になると、朝夕の水遣りが必要になるでしょう。

パプリカの苗が30cmくらいに伸びたら、支柱を立ててあげます。枝と支柱を梱包紐などでゆるく8の字に結びます。

パプリカは、肥料を好みますので、少しずつ肥料切れしないよう施肥すると、株が弱らず良いパプリカが多く収穫できます。

パプリカは、開花して2週間くらいで実がなってきます。最初は、一般のピーマンのように緑色ですが、だんだんと色づいてきます。赤・黄・オレンジなどに変色しますので楽しみです。
 
■パプリカの利用方法

パプリカは、炒め物や煮物、お料理の彩りに使われます。
生食も出来ますが、皮が硬いので直火で焼いてから冷水につけて薄皮をむきましょう。

カロテンやビタミンCが多く含まれた栄養価の高い野菜です。

パプリカは、サラダ、スープ、パスタ、炒め物、グラタン、ピザ、何にでも美味です。
お試しください。

2011/06/07のBlog
[ 05:43 ] [ ビオファーム丹波 ]

手元に 赤もちトウモロコシがあります。
時間が許せば植えたいと思っていますが。頑張ってみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 紫モチトウモロコシは愛媛県久万高原の古来種である. タネは黒紫色で,普通のトウモロコシの種より小さめである.

 実は若いうちは白いが,写真のように白いタネに赤紫色が入る若い時期が食べ頃。 完熟させてタネが黒っぽい紫色になってしまうと、そのまま茹でて食べるには堅すぎるので注意が必要である.

 餅トウモロコシは茹でて食べるともちもち感があるところから付いた名前で,甘みは強くないが独特の旨味がある.

 日本在来種の糯トウモロコシは白,黄色,黒,赤など全国で7系統ほどあるそうだが,その中でも愛媛久万高原産種の食味はトップクラスと言われている.

 茎の背丈は1.5メートル程度で小さめ,実の長さも13センチほどで小柄.実は1株に2~3本付けて育てる.食用トウモロコシの分類としては,タネ粒表面がつるつるしてロウ(ワックス)成分が含まれるワキシーコーンに属する.一方,スィートコーンなどは水分を多く含み完熟するとタネはペシャンコに縮んでシワが寄る.

 モチキビとも言われるモチトウモロコシのもちもち感と歯ごたえは成分の澱粉構造に原因がある.スイートコーンなどのウルチトウモロコシの主成分であるアミロースは,数百個のブドウ糖が鎖状につながったもの.

一方,もちトウモロコシ主成分のアミロペクチンでは数万ものブドウ糖が枝を伸ばしあった分枝構造をもつ.モチトウモロコシでは澱粉のほぼ100%がこのアミロペクチンでできているが,うるちトウモロコシではアミロペクチンを数十パーセントしか含まない.

 ムラサキモチトウモロコシのムラサキ色はアントシアニン系の色素で,タネは若いときには赤く,完熟すると黒紫色に変わるため,黒モチトウモロコシとか赤モチトウモロコシとも呼ばれている.

 この愛媛久万高原在来種のモチトウモロコシは、スイートコーンなどに押されて栽培農家が激減しており,2006年にわずかに残っている自家用栽培農家もここ数年で栽培をやめるのではないかと危惧されている.

この一因にトウモロコシは風媒花であり,近くにスイートコーン栽培農家があれば交雑して商品価値を落とすことが挙げられる.

さて近年,伝統野菜が見直されているが,この珍しい愛媛県産在来種ムラサキモチトウモロコシが生き残ることができるかどうかが注目される.


 (四国産業技術会員 細川純 2006年7月記)
2011/06/06のBlog


えごまは種の半分近くは油で、
そこから取り出したえごま油には、ガン抑制効果や抗アレルギー作用があると言われる必須脂肪酸アルファーリノレン酸が豊富に含まれ、健康食品としてもとても貴重な食材です。


●エゴマ油には、α-リノレン酸が多く含まれます。

●その効果は、ガン細胞の増殖を抑える、血圧を下げる、血栓を解消し、血液の流れをよくする、炎症やアレルギーの症状を抑える、などです。

●子実は搾油され、その油は工業用、日常用、食用品として、昔から広い用途がありました。

●栽培、利用とも激減しましたが、近年、健康志向の高まりから見直され、各地で栽培が広まっています。

●エゴマの魅力は多彩な食味にあります。

●近年、昔から食されてきたエゴマの効用が見直され、各地でエゴマの料理集が出されています。

●主なものとして、あえもの(じゅうねみそ、あわもち、くしもち、うちわもち)、じゅうねみそあん(もち、練り物類)、えごませんべい、エゴマ油を活用したドレッシング・マヨネーズ、パンやデザートなどがあります。

●エゴマの葉は、韓国料理にはよく使われます。

●その他、伝統料理や創作料理が多数あります。


イタリア料理などであまりに有名なハーブです。

 地植でも鉢植でも元気に育ってくれる植物です。
基本的に日光を好み、弱光下では徒長(ひょろ長く、弱々しく育つこと)するので、日の当たる環境で育てます。

古代ギリシアでは王家など貴人の香水や薬に使われたことから、「王様のハーブ(Basilikon phuton)」と呼ばれたバジル。

 日本では、水に浸した種で目に入ったゴミを取り除いていたことから、「メボウキ(目箒)」と呼ばれていました。

バジルが有名になったのは、イタリアンが注目されるようになってからのつい最近のような気がしますが、実は古くから私たちの生活とともにあったハーブなんですね。

 さわやかなバジルの芳香は、パスタやトマト料理にピッタリ!殺菌作用、消化促進作用もあるので、お腹をこわしやすい季節もバジルで乗り切りましょう!

 バジルの使い方としてはイタリアのジェノヴァで作られるジェノヴェーゼと呼ばれるバジルのソースが有名ですね。

 バジルの爽やかな香りはトマトやチーズと相性がよくて、パスタやカプレーゼなどのサラダにもぴったりです。

 また、バジルはイタリアンだけではなく台湾料理、タイ料理などにも使われることが多く、肉料理から魚料理まで応用範囲が広いのです。

 気の良い農業仲間に、バジルソース、バジルペースト、バジルのパスタなど、バジルと色々な具材を使った料理のレシピの開発して、今から試食会を楽しみにしています。
2011/06/05のBlog
[ 22:57 ] [ 野草料理教室 若杉おばあちゃん ]
綾部は大本の発祥の地です。

若杉友子の野草料理教室 「お土さん通信」 の編集・発行人の出口春日さんは大本の開祖出口なおさんのご子孫にあたられます。現在妊娠中で、しばらく産休にはいられます。ご安産をお祈りいたします。

右の写真は 出口春日さんのご主人です。大本教のお話を分かりやすく、お話しされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記の記事を 皆さんの周りで、必要としておられる方がおられたら、ぜひ知らせていただけばと思います。

2011/3/12 小出 裕章

 【以下転載】

●放射線を中和する食品をお探しの貴方へ

放射能は極陰性、
焼き梅干、玄米、昆布、で中和されるようだ。
広島原爆の時も知識ある人は焼き梅干で中和したと文献で読んだ。
砂糖、小麦粉、牛乳を飲まないようにする事で放射能被害の症状悪化は防げる。
しょっぱいもの、塩気のものを取ってください。

「爆弾をうけた人には塩がいい。
玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。
塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。
そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」
(秋月辰一郎著「死の同心円-長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)

●【最新情報&必読】放射線を中和する料理のレシピ


放射線は極陰性なので、梅干の黒焼き、玄米の黒焼きなどの極陽性の食品で中和されます。

食事はご飯、お味噌汁、漬物、など
日本の伝統的な食事をすることをお勧めいたします。
お味噌汁の中にヨウ素を多く含む、わかめ、とろろ昆布を入れて召し上がってください。

パン食、果物、バター、牛乳など西洋の食事は避けてください。
これは陰性の食事です。

いまこそ食を見直すときがきたのです。

水分も水を飲むのではなく玄米の黒焼き茶などが効果的です。

「玄米の黒焼きの作り方」

もみ付き玄米を炭火で2時間、土鍋にいれ右回転で煎り続けます。
炭は石油で乾燥させていない天然の木で作った炭をお勧めいたします。

籾殻付き玄米の黒焼きは陽性の炭素と珪素が多く
体内では血液にカルシウムイオンが増えて、体温を上げ、
骨の再生もする元素なので貧血、冷え症、低体温の人は体がポカポカ温まります。
血液や細胞に活力を与え消化器系もよみがえるので、
重症の人も食欲中枢を刺激されて食べ物の要求をするといわれています。
菌やウイルスの感染を防いだり、
毒素や老廃物も排泄し熱の殺菌効果もある為、日頃から常に飲んでいると良いでしょう。
しかし、肉食を多くとっている人とか、
陽性の熱病の人は陽と陽がはじき合って、
受け付けないので吐く事があります。 かといってまったく心配はありません。


「黒焼き玄米茶の作り方」

1、1カップの黒焼きし対して、水10カップを煮出します。
 沸騰したら弱火にして2cm程、下がるまで煮詰めます。
2、煮出したお茶をザルでこして、別の器に入れておきます(一番煎じ)
3、再度、黒焼き玄米を2~3カップの水で10分程、に詰めます(二番煎じ)
4、一番煎じと二番煎じを足すと飲みころの良い濃さになります。
お茶の濃さは、お好みで調整してお飲みください。

「煮出しガラのご使用法」

フライパンで乾煎りして、塩や、梅酢などでからめて、
すり鉢で すり潰したものをフリカケなどにして食べると
美味しいです。
畑などに撒くと、酸性雨で酸化した土をアルカリに戻し、
土壌を再生し植物の活性化に繋がります。


「梅干の黒焼き」

3年ものの梅干
土鍋で24時間蓋を開けずに炭で炭化させます。
12時間燃焼する練炭でも良いでしょう。
土鍋の蓋は、小麦粉を水で練った物で塞ぎ、密閉して水分が外に出ないようにします。

梅干の黒焼きは、特に陰性の病気の人
「癌、糖尿病、低血圧症、低体温溶血性貧血、再生不良性貧血、下痢」は朝晩少量なめる位でよいです。

もし作れる方は試してみて下さい。

作れない方は「黒焼き屋 かんたま」にてお分けできますのでご連絡ください。

梅干の黒焼き 1個 500円
玄米の黒焼き 150g 2600円
玄米の黒焼き 300g 5000円
玄米の黒焼き粉末 2200円
昆布の黒焼き粉末 1500円
マコモの黒焼 小カップ 500円
ヨモギの黒焼 小カップ 500円
びわの黒焼き 小カップ 500円
松の黒焼き 小カップ 500円



写真は大国寺です。お琴の生演奏がありました。若かりし頃、少しお琴を習っていまし

たので聞き入ってしまいました。お琴や尺八の音色はこころに染み渡たります。

下記の記事は引用させていただいています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大国寺が教えた 丹波茶の栽培

◆ 中国から伝来した茶

 中国では、古くから、茶は薬用として飲まれていた。やがて、これが嗜好品として普及。
 日本へは、延暦24年(805)に、唐に渡った最澄が「茶の実」を持ち帰って、比叡山の山麓に植えたのが始めとされている。
 その後、畿内一円に茶の木が植えられ、京の町にも官営の茶畑が造られたという。

 建久2年(1191)、平安末期から鎌倉初期にかけて活躍した僧=栄西(1141~1215;臨済宗)が宋から持ち帰った茶の種を、京都・栂尾高山寺の明恵上人に贈ったものが、「抹茶法」と共に、宇治から奈良や丹波へ拡がり、寺社の茶畑を農民へ移していったと考えられている。

◆ 味間の丹波茶は さらに以前から栽培されていた?

 篠山市の場合、味間の丹波茶は、今からおよそ1400年前の大化年間(645~650)に伝わって以来、この地で作られてきたといわれているから、栄西や最澄よりも、まだ古い。

 藩政時代、篠山藩は、茶の栽培を奨励した。篠山藩3代藩主=松平忠国が築造した御下屋敷の広大な敷地に茶園があって、茶の湯を楽しむための池泉庭園を造り、茶会や諸行事だけに使用していたという。

 丹波篠山地方は、盆地で昼夜の気温差が大きく、茶葉の生育に欠かせない霧が発生して、茶作りに向いているのだそうだ。
 篠山市内での製茶量は、県内の6割を、味間地区は県内の4割を生産していて、県下最大の産地となっている。だが、茶の生産量は、年々減少しているという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このイベントは

丹波茶で知られる兵庫県篠山市味間奥(ささやましあじまおく)の大国寺や

茶の里会館をはじめ、周辺のお茶畑などで、毎年開催される伝統行事です。


大国寺と丹波茶まつりは、デカンショ節で知られる兵庫県篠山市味間奥にある「茶の里

」会館」や大国寺周辺で催される。味間地区は、兵庫県内随一の茶どころとして有名

で、名産の丹波茶を生産している。

兵庫県篠山市は、1999年4月1日、旧多紀郡4町(篠山町・今田町・丹南町・西紀町。幕藩時代の篠山藩領。)が合併して誕生した。


 茶まつりは、「丹南樽太鼓」(たんなん たるだいこ)の勇壮な演奏から始まる。

そして、大茶わんに新茶を注ぐ恒例の「大茶盛」、虚無僧たちの先導で製茶業者らが

新茶を入れた壺(つぼ)を大国寺に納める「丹波茶壺道中」、煎茶・抹茶のの野立て、

茶摘み・手揉み体験、野外特設ステージでのアトラクションなどの催しが行われる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今年はぜひ参加しようと決めていたので勇んで行ってまいりました。

期待を裏切らない伝統行事でした。今年で第32回とのこと、関係者の方たちのご努力

の賜物でしょうね。

新茶の試飲をさせていただきました。年を重ねるにつれ、お茶の香りと渋みの良さが

わかるようになってきました。

農業の研修仲間に大国寺と丹波茶の歴史を教えてあげようと思っています。

グループを組んで訪ねてきたいと思っています。以前にも何回か家さがしで訪ねて

きていたのですが、その時見学したおうちはすでに入居者が決まっていてたくさんの車

が停まっており、家の中から楽しげな声がありました。人が増えることは地域の活性化

にとって大切なことです。


空き家と農地があれば、農業仲間と農作物の栽培はじめ6次産業化事業を一刻も早く

始めたいものですね。真剣にみんな農業ができるとこを探して行こうとしていますが。
2011/06/04のBlog
右の写真は綾部でのセミナーで学んだ玄米が中心のメニューです。
こだわり手作り料理で玄米、雑穀等をしっかり噛んでいただきます。


ぜひ、お時間のある方は下記のところに申込みされていかれることお勧めします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月12日(日) 9:30会場 10:00開演 16:00終了予定 参加費 2000円

若杉おばあちゃんのお話
 「日本人が残した1汁1菜を学ぼう」 その実践が現代病をなくす

あるでばらん 代表 中村俊一さん&由産産のお話
 「衣は大薬 ~染めること 身に着けること~」

栗山和久
 「化学物質の真相」

信濃実穂
 「陰性食品(ローフードや砂糖の害)について

【身近な食物を使ったお手当(生姜湿布と生姜油の体験コーナーあり)

申し込み Tel&Fax 0773-55-9003 E-mail kantama567@yahoo.co.jp 
担当 かんたま実穂


場所 京都市中京区御幸町通六角下ル伊勢屋町351ヒューマンフォーラムビル3F

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

 命ある「種と野草で、人も自然も起死回生
 
下記のチラシの記事にぜひ皆さんに知っていただきたくて抜粋・引用させていただきます。
より詳しくは先生の本またはセミナーにご参加されますようお勧めします。

おばあちゃんの根幹は命の根っこ(イネ)の種である日本人の主食、お米の力を熱く熱く語っていらっしゃいます。現代人はほとんど半病人です。もし自らの体の底から湧いてくるような自分の存在に対する地震やエネルギーを体験したかったなら、まずお米を食べましょう。(お米は炊飯器ではなく土鍋でたきます。)そうすれば、身が軽くなり疲れ知らずの体になり、友達が増えて楽しくて、自分にとって難しい問題が消えていることに気が付くでしょう。コメ(個々の芽)はすべての良きことの種なのです。

引用文
 ここに現代の起死回生の妙薬、玄米と梅干の黒焼きの作り方をご紹介します

 玄米の黒焼きの作り方
1.土鍋に2カップの玄米を入れて、中火でこまめにかぎ混ぜる。約2時間右回りに回しながら気長に根気よく気を込めて炒りあげる。全体が黒くなったら出来上がり。

チラシが見にくいので別の資料の抜粋引用をします。


1、1カップの黒焼きし対して、水10カップを煮出します。
 沸騰したら弱火にして2cm程、下がるまで煮詰めます。
2、煮出したお茶をザルでこして、別の器に入れておきます(一番煎じ)
3、再度、黒焼き玄米を2~3カップの水で10分程、に詰めます(二番煎じ)
4、一番煎じと二番煎じを足すと飲みころの良い濃さになります。お茶の濃さは、 お好みで調整してお飲みください。

「煮出しガラのご使用法」
フライパンで乾煎りして、塩や、梅酢などでからめて、すり鉢で すり潰したものをフリカケなどにして食べると美味しいです。畑などに撒くと、酸性雨で酸化した土をアルカリに戻し、土壌を再生し植物の活性化に繋がります。

野草料理研究家の若杉友子先生の後継者の方が、放射能汚染を防ぐためのレシピを教えて下さっています。

広島原爆を生き抜いた叡智がつまっております!

どうか、皆さまにお伝えください


((転載))


多くの方々からご質問がありました、黒焼きの作り方をご説明いたします。

放射線は極陰性なので、梅干の黒焼き、玄米の黒焼きなどの極陽性の食品で中和されます。

食事はご飯、お味噌汁、漬物、など日本の伝統的な食事をすることをお勧めいたします。お味噌汁の中にヨウ素を多く含む、わかめ、とろろ昆布を入れて召し上がってください。

パン食、果物、バター、牛乳など西洋の食事は避けてください。
これは陰性の食事です。

いまこそ食を見直すときがきたのです。

水分も水を飲むのではなく玄米の黒焼き茶などが効果的です。

「玄米の黒焼きの作り方」

もみ付き玄米を炭火で2時間、土鍋にいれ右回転で煎り続けます。
炭は石油で乾燥させていない天然の木で作った炭をお勧めいたします。

籾殻付き玄米の黒焼きは陽性の炭素と珪素が多く体内では血液にカルシウムイオンが増えて、体温を上げ、骨の再生もする元素なので貧血、冷え症、低体温の人は体がポカポカ温まります。
血液や細胞に活力を与え消化器系もよみがえるので、重症の人も食欲中枢を刺激されて食べ物の要求をするといわれています。
菌やウイルスの感染を防いだり、毒素や老廃物も排泄し熱の殺菌効果もある為、日頃から常に飲んでいると良いでしょう。
しかし、肉食を多くとっている人とか、陽性の熱病の人は陽と陽がはじき合って、受け付けないので吐く事があります。 かといってまったく心配はありません。


 「黒焼き玄米茶の作り方」
1、1カップの黒焼きし対して、水10カップを煮出します。
 沸騰したら弱火にして2cm程、下がるまで煮詰めます。
2、煮出したお茶をザルでこして、別の器に入れておきます(一番煎じ)
3、再度、黒焼き玄米を2~3カップの水で10分程、に詰めます(二番煎じ)
4、一番煎じと二番煎じを足すと飲みころの良い濃さになります。お茶の濃さは、 お好みで調整してお飲みください。

「煮出しガラのご使用法」
フライパンで乾煎りして、塩や、梅酢などでからめて、すり鉢で すり潰したものをフリカケなどにして食べると美味しいです。畑などに撒くと、酸性雨で酸化した土をアルカリに戻し、土壌を再生し植物の活性化に繋がります。


「梅干の黒焼き」

3年ものの梅干
土鍋で24時間蓋を開けずに炭で炭化させます。
12時間燃焼する練炭でも良いでしょう。
土鍋の蓋は、小麦粉を水で練った物で塞ぎ、密閉して水分が外に出ないようにします。

梅干の黒焼きは、特に陰性の病気の人「癌、糖尿病、低血圧症、低体温溶血性貧血、再生不良性貧血、下痢」は朝晩少量なめる位でよいです。

もし作れる方は試してみて下さい
今日は張り切っています。

以前、NPO法人の間伐材研究所に綾部を訪ねたとき買い求めた1冊の本
 「若杉友子の野草料理教室」の若杉先生にいつかお会いできることを
予感していました。

その日が訪れたのです。3か月連続セミナーの最終回です。

若杉先生の持前の明るさと飾り気のないお人柄でぐんぐんひきつけられました。

「放射能の問題だって、こうなってしまった以上、過敏になっても仕方ない。
陽性に生きよう!」

「人生は体が資本、自分で守って病気知らずの体を作ろう!」

と食と体と病気について陰と陽の法則、宇宙の法則をわかりやすく
お話しくださいました。

日本は豊葦原の瑞穂の国、穀物で命を作る国なのです。
日本が忘れてしまいつつある、一番基本のお米の原点の暮らしを見つめなおすことです。
放射能時代を生きる知恵、カロリー栄養学がもたらす現代病から身を守る術、素晴らしい食文化を持っている国民なのです。

下記に7月の野草料理教室のお知らせをしますが、より詳しいことは 出口春日さん
090-5379-5671または Fax 0773-43-2136へお問い合わせください。

写真の右に写っているのがわたくし中山なのでお声をかけていただけばうれしいです。
おばあちゃんは「毎日が楽しくって楽しくって」と言って大きな声で、わはっはっはと笑っておられる方です

・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月の野草教室のお知らせ

若杉友子の野草料理教室
 生命力あふれる野草と無農薬野菜で作る「心も体も元気になるお料理
 あなたもご一緒にいかがですか!


日程 7月31日(日)
時間 10時30分~15時30分
費用 2500円
ご持参 エプロン・筆記用具・持ち帰り容器など
場所 綾部市保健福祉センター 
2011/06/02のBlog


本日 「地域を元気にする農と食」
 1. 農商工連携の戦略~6次産業と食料産業クラスター
 千葉大学大学院園芸学研究科 教授 斎藤 修氏
 2. 地産地消・有機農業・食育~今治市における実践事例から
 今治市総合政策部企画課政策研究室長 安井 孝氏

の講演会に行ってきました。

とても内容が濃くて京都まで言った甲斐がありました。
キャンパスプラザは私にとって懐かしいところです。

篠山からは一旦大阪へ出ての経由になり2時間以上かかります。

時間のあるときにまとめてまたご報告します。


さて、昨日は 近畿農政局の近畿農業・農村6次産業化フォーラムに参加しました。

これは農山村の資源等を活用し、6次産業化を図り新たなビジネス展開 (農産物の

生産・加工及び販売)を一体的に行う事業の策定を進めています。

フォーラムでは懐かしい方たちにお会いできました。本当にうれしいことです。

今後、丹波ふるさとネットは京都府、兵庫県の連携(大丹波構想)・「大丹波物産展」の

展開を継続し、関連部署の呼びかけをしていきたく思っています。 

当法人もご縁のある方と一歩一歩と力いっぱいに邁進していく覚悟です。

また今日は近畿アグリハイテク講演会「地域を元気にする農と食」に出席します。
2011/05/29のBlog

</b>さて、丹波ふるさとネットは都市と農村の交流を掲かげての様々な体験ツアーをしていきます。

① 第1弾は親子の食育教育を兼ねて野菜たっぷりの加工体験ツアーを企画します。
都市圏の親子に自然たっぷりの旬の夏野菜の収穫体験です・・・・現在農業研修で栽培しているトマトやキュウリやナス等の体験農園に来ていただきたいと思っています。子供たちの笑顔を思い描きながら心を込めて栽培していきますね。

② 第2弾は都市圏にて食のプロや消費者向けのセミナーを企画します。
地方生産者による直販売を企画し、旬の取れたての農作物のおいしさを味わっていただく試食をしますのでぜひたくさんの方の参加をお待ちしています。

③ また、都市圏で参加者を募り、地方の生産者を訪問し、現地で食・農体験を通じて、地域の住民との交流を図りながら地域資源を見直すツアーを企画・運営します。


下記の記事は前のよそ者・ばか者・若者の続きで,下記の記事の引用をさせていただいています。

1986年中央大学卒、リクルート入社。99年地域活性事業部商品開発Gマネジャーに就任し、観光振興をは?カめとした地域活性に関する企画・プロデュースを行う。2003年4月地域活性プランニングを設立し代表取締役。観光地やレジャー施設などで、住民も含めての活性化を実現中。ロケ地情報誌「ロケーションジャパン」の発行人もつとめる

地域活性プランニング 
 藤崎慎一代表取締役
http://www.chiikikassei.co.jp/company.html

//////////////////////////////////////////////////////////////////


――地域活性化には、何より地元に活動を引っ張っていく人材が必要になりますね。

藤崎 よくあるのが行政が先頭に立つケースですが、自治体主導では往々にしてうまく
進みません。担当者はいくらがんばっても、2~3年ごとに入れ代わってしまい、ノウハウが蓄積されないからです。

行政ではなく、地域の住民が自立し、主体的に活動を進めなくては、活性化は決して実現しません。言い換えれば、行政は住民が活性化の中心的立場を担うように仕向ける必要があるわけです。

 では地域でどういう方が中心となって活性化に取り組むのがよいのか。私は「よそ者」「若者」「ばか者」という三つの「者」が必要と考えています。

 このうち「若者」は、積極的に活動に取り組むいわば“実働部隊”です。年齢的には本当に若くなくとも、過去の例にとらわれずに前向きに行動できる資質を持った人のことです。

 「ばか者」は、いわゆるアイデアマンです。突拍子もないことを言い出すため周囲からは異端児扱いされることもありますが、実は心の底から誰よりも地元の将来を案じている。

その地元愛から来るアイデアに耳を傾ければ、活性化に大いに効果的なものが多く、誰も気がつかなかった大胆な企画が生まれることもあります。

 この2つのタイプの人種は、どの地域にも必ずいますが、圧倒的に欠けているのが「よそ者」の存在です。
 
「よそ者」とは、第三者の視点を持った整理屋で、客観的な情報から地域の強みや弱みを分析し、方向を示してみんなの後押しをする人物です。

 活性化を進めていく上で、地域に最も欠けているのが、市場が何を求めているのかという認識、すなわちマーケット感覚です。

私は地域の映画ロケ誘致のお手伝いもさせていただいておりますが、地元の方はよく地域の名所をロケ地として売り込もうとします。しかし映画関係者が望んでいるのは、名所よりも、ありそうでいてなかなか見つからない味のある景色や建物だったりするわけです。ロケ地として魅力ある場所を持ちながら、地域の人はそれに気付いていないのです。

 活性化の活動で地域を訪れたときに、「よそから来た人間に何が分かる」と言われることもあります。確かにそれはおっしゃるとおりで、長年その地域で暮らしてきた方に比べると、よそ者は地域のことをよく知りません。

しかしよそ者は外の世界を知っているため、その地域が何を発信すれば、多くの人が着目するかということが分かります。
だから、地域に足りないマーケット感覚を補う存在として、よそ者はとても重要です。

 よそ者として活躍する人物として多いのが、都会の生活を経験したUターン者です。
静岡県の浜名湖地域の活性化で活躍した旅館の二代目経営者も都会からのUターン者でした。

彼は地元とのしがらみがないという利点を生かして、それまで下関の市場に持っていくだけだった遠州灘産の天然トラフグについて、地産地消のプロジェクトを進め、ブランド化しました。さらに映画のロケ誘致にも成功し、観光客の注目を集めました。
2011/05/28のBlog
[ 14:30 ] [ 農業主導型の6次産業 ]
この写真は昨日の朝食のメニューです

久しぶりに時間があったので朝食をゆっくりと頂きました。
オニオンスープです。しっかり玉ねぎを炒めて、パンは大阪での打ち合わせで
阪急で買い求めたくるみ入りパンで、これもしっかりバターを塗って、

人参とコカブ等は前夜ピクルスとして酢につけておきました。
私はお酢が好きなので、砂糖と瓶入りのゆずの残りをたっぷりと入れました。

ピクルスの野菜は蒸しておきそれをピクルス液に浸しておきました。
とてもおいしく最高です。


下記の記事はまさに今の私の状況を表していますので引用させていただいています。

日本の自治体が地域活性化を行政目標に掲げるようになって久しいですが、地域活性化に必要不可欠な要素としていろんなところでいわれている言葉に「よそ者、若者、バカ者」というのがあります。

わたくし中山は、まさしく よそ者・ばか者 になりますね。若者は精神年齢から行くと当てはまります。

年を取ればとるほど残された人生が短いものですから「生来のせっかち」に拍車がかかり
よそ者が地域に入り込むには忍耐がいるということは、頭では分かっているのですが
ことを運ぶのに性急になりがちだと反省しています。

わたくしの篠山での風評は「大きいことばかり言っているとんでもない人」と言われているようです。

「若者」というのは誰もが思いつく要素。

地域に若い人が大勢いればそれだけで活気づきます。地域活性化を叫ぶ自治体の多くは地方の自治体、特に過疎化に拍車がかかってるところであり、それだけでも、若者がいかに地域に必要とされている要素かがわかります。今の日本に活気がなく、漠然とした不安感のようなものが漂っているのは、昨今の少子化問題と全く関係がないとも言えなそうですよね。

現在農業塾に通っています。そこには本当に真剣に農業を将来していきたいと希望している若者がいます。明るくてまじめです、私から見ると息子みたいですね。みんなお金を持っていません、何とか篠山で空き家を見つけての共同生活で、6次産業化で十分に食べていける用にしていきたいと心から願っています。

次にバカ者。

わたくし中山は大阪の家を売り払い、そのわずかな代金を地域活性化事業の軍資金にあてまして夢中で動いてまいりました。
最初は大阪と丹波の毎日の往復に、(この6月には高速がまた有料化に戻りますが)高速代、ガソリン代、食事代等での経費に消えていきました。



馬鹿と思えるくらい一生懸命に活動するという意味でのバカ者。目標に向かって行動していく計り知れない行動力を持った人が必要なのも、地域活性化だけでなく、あらゆるプロジェクトに言えることです。

そして、私が一番大事だと思うのが「よそ者」。

日本の地方はまだまだ保守的。よそ者が幅を利かせられる社会ではありません。しかし、地域活性化の先進的な事例をいくつか見ていくと、必ずそのキーマンに「よそ者」の存在があります。地域活性化の視点でみるなら、よそ者は地域の人たちが当たり前と思っている既成概念や本来価値があるものを客観的な角度(または新しい視点)でその土地の人たちに見せてくれます。また、しがらみがないからこそ、自由な発想や行動が可能となります。

私が知っている地域活性化成功事例の中には書籍で読んだ事例から、身近なところでの知り合いの事例も含めて、必ずこの「よそ者」の存在が際立っています。保守的な日本の地方で、一生懸命バカなことに打ち込めるのは、若いよそ者だけ、ということなのかもしれませんが・

これだけはどうしょうもありませんね。本当によそ者ですから、本当に落ち込みます。これに打ち勝つには成功への道を歩むことでしょう。しばらくは農業に打ち込んで、なりを潜めようとおもいます。


//////////////////////////////////////////////////////////////////

2008年04月02日
地域を元気にする「よそ者、若者、ばか者」地域


地域づくりに関する朝日新聞の社説が、それなりに面白かったのでリンク貼っておきます。

朝日新聞《社説》2008年03月31日(月曜日)付 『希望社会への提言(23)―「わいわい共同体」をつくろう』

「いかに地域を元気にするか」についての提言です。

希望社会への提言(23)―「わいわい共同体」をつくろう

・地域文化を発信して「連帯型社会」をつくる

・「よそ者」の視点を取り込み、地域を元気に

気になる部分を少し引用すると。。。


「昔の村落共同体と違って、「わいわい共同体」は誰でも参加できる。どこにでも発信し、ネットワークでつながる。そんな開放性を力にしたい。」

「みんなで作ると何が生まれるか。まず、地域内の連帯感だ。地域づくりに必要な企画力、取材力、広報力なども鍛えられる。」

「決め手はやはり「人」だ。地域を元気にする「よそ者、若者、ばか者」という言い方がある。情報発信でこそ、この三者の協力が欠かせない。」

「地域の魅力に、自分たちは気づきにくい。「よそ者」の目によって発見されることが多いのではないか。」


「地域内の連帯感の強化」と「情報発信」との関係については、もうちょっと突っ込んで考えてみる余地があるかも知れません。

いずれにせよ、情報発信するかどうかは別として、情報共有が地域の連帯感の強化にとって重要だということは言えるのではないかと思います。情報共有の手段としてのデジタル技術の活用は、いまの時代、不可欠だろうという気はします。




2011/05/22のBlog



さて、丹波ふるさとネットは、

生産者の高齢化等による食糧自給率の低迷など農業環境の現状打破,そしてメタボ予防食の開発・流通を医療費の減ととらえ、

料理を加工品特産品とした「古民家レストラン・ヘルスケアサロン」展開等で農業に参入します。

① 我が国で「特産品」と呼ばれるものは、その地域で取れる農水産物を当時の技術で加工したものが主流ですが、これからの特産品はその農水作物の特徴を最大限に生かし、健康料理の食事として提供します。

② 昨今は、宅急便ネットワークでもって、全国に1~2日で宅配されます。それによって、冷蔵や冷凍食品化すれば、「料理を特産品」として流通できます。

③ 調理技術が発達して特産品の開発領域が大きく拡がりました。当社は真空調理方式を採用しています。これからはそのまま食べられる料理を特産品にして流通する時代です。

④ 「農と食を」通して、地域活性化、農商工連携事業の一環とした健康に回帰する古民家レストラン・ヘルスケアサロンでの健康サービスのビジネスモデルを構築します。

※ 低GI食とは、GI'GLYCEMIC INDEX(値とは、食後の血糖値の上昇度を数値化したもの。
一般に、GI値の低い食品は炭水化物の分解・吸収が遅く、血糖値の上昇が緩やかで、炭水化物がエネルギーとして使われ、脂肪として貯まりにくく、「食後高血糖の改善に有効」を地域の医療機関と連携で検証して行く予定です。

※ ヘルスケアサロン'農家レストラン(とは、 EAT IN/TAKE OUT,配食サービス'ケータリング、宅配、施設デリバリー(、コンサルテイング'食事診断、栄養指導等(、セミナー企画'料理講座、運動指導、ヨーガ、など(のトータルサポートサービスを地域住民に提供する予定です。
2011/05/18のBlog
[ 21:23 ] [ 複合施設・ふるさと村構想の提案 ]
テレビをつけると東日本の大震災の報道で、一緒に泣いたり笑ったりと忙しい私ですが、日本はほんとに試練の時だと思います。

今や日本が歴史的な転換期に来ていることがひしひしと感じられ、日本社会がだかえる多くの課題が浮き彫りになりました。

水や食料の重要性、エネルギーシステムの脆弱さ、そして今後の原発の問題など
これまでの枠組みや経験体験に決してとらわれることなく新しい知恵と力を発揮して様々な課題に勇敢にチャレンジしていくことが大切だと思います。

さて丹波ふるさとネットももっともっと情報発信して、たくさんの方と出会いご一緒に地域活性化等に協働、共創の取り組みをさせていただきたく望んでおります。

今日は買い物困難者を作らないまちづくりを考えていきたいと思います。

移動販売・宅配サービスを実施する際、高齢者の安否確認も併せて行う事業


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買い物難民(かいものなんみん)とは、

郊外型の大規模店との競争や深刻な不況による経営難などから、従来型の商店街や駅前スーパー等の店舗が閉店することで、その地域住民(特に高齢者らなど、車を運転できない人々)が生活用品の購入に困るという社会現象、またはその被害を受けた人々を指す言葉。


廃校の利用活性事業とは

郷の駅 丹波篠山ふるさと村 構想

「郷の駅」を核に複合的な拠点構造を

郷の駅とは・・・


① 小学校区の基礎生活圏ごとに整備すべき地域生活インフラとしての広場空間を「郷の駅」と呼び、電気自動車の急速充電器や薪などを販売する地元に根ざしたバイオスタンドとして進化していく。

② 地域内外を結ぶ交通・物流ターミナル、コミュニティ、行政、商業、医療、金融、福祉、教育、などの暮らしを支える複合的な拠点となり、基礎的な生活圏に整備して、買い物弱者対策のみならず地域生活インフラ全体を支えるプラットフォームとなり、Iターン、Uターン、定住の人口促進となる。

③ 都市住民や新規定住者の広域的な窓口であり、観光や交流・定住に必要な人やモノの流れは、電気デマンドバスで複合的に輸送され車がなくても暮らせる高齢者等の福祉地域となる。

④ 地元マネジメントセンターとして人材「地域マネジャー」配置で、起業支援、広告・宣伝、インターネット等による情報発信、地域外へのマーケティングを行う意味は大きい。(農業主導型6次産業化事業)

⑤ 地域内の多様な資源や食料、エネルギーを活用し、災害に際しても各種の備蓄機能と独立型の情報を整備することにより、地元の防災ステーションとしての役割を担える。
⑥ 廃校の利用活性事業は地元の創り直しの「核」として、今後求められるコミュニティ・自然・地域間交流という三重の共生を実現する地域社会形成に貢献することを理念とする。

⑦ また都会と交流の玄関口としての整備が、双方向の交流が促進され、自給率ゼロ%の都市の危うさ等が補完され、地域の産直市や加工工房での商品化が地域経済が振興される等、共生の回路が成長することを目指したい。
2011/05/16のBlog
http://ameblo.jp/lastpray/のブログ~「大丹波サポーター」の参加を希望します。

不登校やひきこもりの方を対象とした学習・生活改善アドバイスを行う
「コンサルタント(家庭教師)」として事業を行っておられる中川広佳さんの

http://ameblo.jp/lastpray/のブログに出合いました。
とても興味があり以前にブログに書かしていただいていた大丹波サポーターの

下記の記事のように朝読書会in TAMBAでミーティングを開いておられるので
お仲間に入れていただけばと勝手に願っています。

http://web.pref.hyogo.jp/tn03/tn03_1_000000056.html

//////////////////////////////////////////////////////////////////

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝読書会in TAMBA presents
「勝手に大丹波サポーター」ミーティングについて。

読書会にご参加の皆様 こんにちは。

朝読書会では、そこで集まったメンバーにより、
さまざまな活動を奨励しております。

その中で立ち上がった「勝手に大丹波サポーター」について
このたび第1回ミーティングを行いますので、
ご都合つく方は是非ご参加ください。

日時 2011年3月20日
時間 10時から12時
場所 丹波の森公苑2階フリースペース
議題 大丹波サポーター案拡大について

【大丹波サポーターとは?】

<大丹波とは?>
兵庫県の丹波市と篠山市に、京都府の5市町を加えた
「旧丹波地方」でまとめた名前を「大丹波」と名づけたようです。
恐らく、小丹波は「丹波市」のことなんじゃないかと思います。

<サポーターとは>

これから兵庫県と京都府が手を組んで、今後、「大丹波」でまとまって
全国に名を知らしめようという活動をしたいようです(新聞記事より)。
その情報発信の担い手を、市民から募集されています。
定義されている活動は、要はブロなどでで発信する、だけです。
参考ページ http://web.pref.hyogo.jp/tn03/tn03_1_000000056.html

しかしながらこの案自体はとても面白いと感じています。
</i>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ※ 記の記事は丹波ふるさとネットの3月のものですが、
 ぜひ何らかの行動で活性化したく思っています。


/////////////////////////////////////////////////////////////////

今日、

兵庫県 丹波県民局 産業・ツーリズム課より大丹波観光マップが送られてきました。

以前より私自身は大阪育ち人間ですので、

自分勝手な思いで、行政にとらわれない、大丹波を捉えてきておりました。

ですから大丹波観光サポーターの募集にすぐに応募しました。

広く多くの方に大丹波の魅力を知ってもらいたく 特産品の魅力の情報発信や

このすばらしい自然の魅力の体験観光ツアーに取り組んでいきたく思っています。


大丹波とは兵庫丹波(篠山市、丹波市》と

京都丹波(福知山市、綾部市、亀岡市、南丹市、京丹波町)をあらわします。

大丹波とは、

歴史的・文化的につながりが深い京都府と兵庫県にまたがる丹波地域のことです。

大丹波の魅力は

① 緑豊かな自然と文化資源にあふれている

② 四季折々の特産品を活かした味覚・グルメが楽しめる

③ 「見る」「楽しむ」「体験する」感動がいっぱい
です。

つまり丹波の国には美味しいものや見どころがいっぱいなのです。
2011/05/15のBlog
NPO法人シニア生活設計サポート結の代表の山口雅子さんのご紹介です。

NPO法人シニア生活設計サポート結の代表の芦屋在住の山口雅子さまをご紹介させ

ていただきます。

下記の二つの記事にとても感銘を受けました。ぜひ私のブログにご紹介したくて、

最初の原稿は山口さんのお人柄がにじみ出ています。神戸新聞の記事は素晴らしく

これからの日本に、例を見ない高齢社会には必要なことだと思います。

山口さんは建築士でいらっしゃいます。8年前にNPOを立ち上げられました。

しくみのある住まいを「集住協働住宅」と名づけて、素晴らしいシステムと思います。

ぜひ丹波ふるさとネットの目的にあっておりますしご指導いただけばと願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原稿:

あなたは一人じゃない・・・「つながり」から「絆」へ

この春ほど東北に早く春が来てほしいと願い、『故郷』を強く意識した春はなかった。

新聞記事に家を流された東松島市の女性の句『哀(かな)しみを知って笑いを深くする』

が紹介されていました。胸中に抑えた哀しみの深さの前に頭を垂れるばかりです。

人々は震災から様々な宝石を心に留めてきましたが、そのことが「関係存在である人」

や「縁」ということを世に浮上させ「共助の時代」を担う波になりますように願っています。

「あなたは一人じゃない」といった励ましが、世界中から被災地に寄せられていますが、

昨日と変わらない暮らしをしております私たちも大事にしたい言葉です。

一人ひとりのつながりの時間を重ねて「絆」になったとき、この言葉の深さを気づくので

はないでしょうか。

高齢期の住まいの設計に関り「つながり」の必要を感じてNPOを立ち上げ8年。

毎月「お一人さまの交流会」を開催し、「つながり」の苗を育てています。
 
山口 雅子
メール:ninzin@sannet.ne.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸新聞の記事:

建築士として、高齢期の住いに関わって働いてきた。仕事柄多くの高齢者と面談し、

多くの方から「長生きの不安や相談する人がいない」という声を聞いてきた。

そのことがきっかけで、独りの老後時代の住まいと暮らしを支援するNPOを平成15年2

月に設立した。

2005年の国政調査では独り暮らしの世帯は全国で30%とあり、2008年に発表された

「日本の世帯数の将来推計」(国立社会保障・人口問題研究所)では、2030年に50

代、60代の男性も、ほぼ4に1人が単身者になると推計されている。「独りの老後をどう

生きるか」という課題が浮上してきた。NPOにも独り暮らしの行く先不安の相談が数多

く寄せられている。時代は人生50年時代の常識をきっぱり脱ぎ捨て、生活と暮らし方の

変換を要求している。

当事者のみで「独りの老後」問題の解決は困難ではないかと考える。地縁・知縁・志縁

の人たちが「社会家族」を形成し、一つ屋根の下で助け合い、「協同&協働」の考えを

軸としたしくみのある住いで暮らすことで生活と暮らし方の変換を図ることを提案してい

る。しくみのある住まいを「集住協働住宅」と名づけている。

「集住協働住宅」は三者が関わる。第一者は住まいの土地と建物の骨部分を提供する

家主。

第二者は家主から一棟借りし、建物・入居者の管理をするNPO。第三者は共住する人

たち。

入居者は家賃、管理費をNPOに支払う。賃貸であるが共感の住まいづくり参加として、

NPOに建設協力金(内装・設備などの費用)を提供する。数人(5人程度)が寄りかか

らず「自助」の生活が基本。家事を「互助」し合う。NPOはセフティーネット及び調整役と

置づけ「関与・補助」する。

建物自体は三つで構成。一つ目は居室・ミニキッチン・トイレ・シャワー室・水周りなどの

「個」の空間。二つ目は共用利用の台所・食堂・リビング・浴室などの「共」の空間。

三つ目はNPOの「公」の空間で、入居者の社会との接点の場であり、希望者とNPOの

協同による小ビジネスを行う場でもある。

「個」の空間ではそれぞれ自分の価値観での生活ができる。「共」の空間では食事づく

りや共に食卓を囲んでの食事などで協同&協働の暮らしをする。共住による適度な緊

張感、元気な間は自分にあった家事を担うことや、NPOを通じての社会参加の暮らし

は健康寿命延長をもたらすのではないかと考える。また「集住協働住宅」のバリエーシ

ョンとして入居者が壮年・若年期の独りの方、単身親と子供といった複合型もある。

「集住協働住宅」は企業の商品を買うことや行政のあてがいぶちの福祉などの縦感覚

ではなく、身の丈で前向きな気持ちで日々をおくりたいと思う人たちで創る、横感覚の

「共感する仲間による仲間のための仲間たちの住まい」と言える。「集住協働住宅」が

まちに点在すれより安定・安心のネットワークができ、少子高齢社会のまちづくりの一

端を担うのではないかと考える。
大阪ベンチャー研究会主催の 「地域活性化とベンチャー」に参加します。

 ご興味のある方ぜひお越しください。

 主催:大阪ベンチャー研究会http://www.osakaventure.com/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:2011年5月21日(土)14:00~17:30(研究会)、17:30~(懇親会)

 場所:日刊工業新聞社大阪支社ビル10階 (懇親会は下記「くねんぼ」) 

 天満橋駅(地下鉄・京阪)から北浜へ向かって徒歩で約2分ほど。

 地図 http://www.nikkan.co.jp/cop/cop01200.html 参照



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 第1部:14:00~17:30「地域活性化とベンチャー」



 第1報告:「地域振興手段としての中心市街地活性化」

 -商店街衰退の歴史から見えてくるもの- 

 報告者:笠井 裕氏(中小企業診断士、笠井経営コンサルタント事務所)



 笠井氏プロフィール:昭和23年4月 徳島市生まれ、47年3月和歌山大学卒業、同年

 東大大学院入学辞退、昭和47年4月東海銀行(現三菱UFJ銀行)入社 名古屋、

 東京、大阪の営業店および事業調査部、融資管理部を経て平成13年エム・ユー不

 動産調査(株)(銀行関連の不動産評価部門)に出向、平成21年4月退職し笠井

 経営コンサルタント事務所を開設、中小企業の経営支援、商店街調査と再生、活性

 化支援を行う



 報告概要:1.商店街振興政策の流れ、2.商店(個店)、商店街は絶滅危惧種か、3.地

 域再生と「コンパクトシティ-」、4.振興、活性化策は地域振興に寄与したか、5.

 まとめとして、最後に。

・・・……………………………………………………………・

 中山は第2報告として下記のようにお話しさせていただきます。 

  大阪ベンチャー研究会

 主催:大阪ベンチャー研究会http://www.osakaventure.com/ 
 協賛:神戸ベンチャー 研究会 http://kobeventure.com/ 
 後援:関西ニュービジネス協議会 http://www.nb- net.or.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2報告:「農業主導型の6次産業事業を目指して」

 報告者:中山和子氏 (一般社団法人丹波ふるさとネット代表)

info@bio-cafe.jp
http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/620
http://twitter.com/biofarm_Tamba



中山氏プロフィール:

「大阪から90分 丹波篠山へ週末農業にいらっしゃいませんか!」

 このキャッチフレーズで6次産業化事業を目指しています。大阪から移住して

 現在篠山で新特産品創出、畑わさびの商品化での地域活性化に取り組んでいます。

 このたび農水省の交付金で都市と農村の交流のいこいの場、和さび庵(農産物の

 加工体験や都市と地域住民の交流の場、わさびの茶懐石の提供)を企画していき

 ます。今後丹波篠山の体験農園のツアーを企画していきます。詳しいことは

http://www.voluntary.jp/weblog/myblog/620 のブログを見ていただけばう

れし いです。お仲間を求めています。ご一緒に自然豊かな大丹波(京都府と兵庫県)

で いろんな楽しい企画をしませんか!ぜひご連絡お待ちしています。


 報告概要:
ー農業主導による6次産業の取り組みについてー

  都市と農村の交流促進に必要な施設の整備、

1. Bio Village における農業主導型の農産物加工及び交流施設、
2. Bio Cafe(和さび庵) Bio Kitchen(厨房)&Bio Health (健康ジム)、
3. Bio Villageにおける6次産業とは、
4. 安全で高品質の魅力ある農産物の 生産・加工 ・流通・サービス業Bio Villa
ge の構想、
5. Bio Firm開設企画書、
6. 丹波ふるさとネットはヒオファーム合同会社と戦略的パートナーシップ契約を締結
します、
7. 丹波篠山産の素材ブランド「丹波のわさび」の商品開発・推進、
8. 新特産品「畑わさび」&「丹波のわさび」の販促展開の戦略の提案。



[ 08:33 ] [ 複合施設・ふるさと村構想の提案 ]
丹波ふるさとネットは平成22年9月7日法人設立しました。

まだまだ微力ですが、大きな大きな目的があって一般社団法人化で設立しました。

目的
当法人は、都市と農村の交流を図る事業、農作物の生産から流通間での安全性の

確保・振興に資する事業、食と農と環境に関する啓発や情報提供等の事業を行い、

人々の健康の増進、農と食と環境の文化の向上、豊かな社会の発展に寄与することを

目的としその目的に資するため、次の事業を行う。


と定款に掲げています。

上記の目的を施行するための具体的な事業が6つ掲げてあります。


その事業の項目の一つに、下記の件(高齢者が利用する施設と保育園を併設する

ことによる世代交流を促進) : 高齢者生きがい・デイサービス・デイケア事業、保育事

業、多世代交流事業が、第一に掲げている

 (1) 都市と農村の交流・共生を図る事業

 1) アグリツーリズム・体験観光・週末農業
 2) 農林業体験・農山村での自然体験。食育体験
 3) 都市と地域住民の交流の場、短期滞在、2地域居住、定住への支援


都市と地域住民の交流の場・短期滞在にあたるのではと「思い」を膨らませています。

また

私自身の経歴がお役に立てるのではないかと思っています。

わたくし中山は 以前大阪梅田、大阪駅前第2ビルの12階でオフイスを構え、教育産業

に従事しておりました。その一つに幼児教室を経営しており、知識偏重を排し、体験学

習に重きを置いておりました。それは私のアメリカ、ボストンでの経験を生かしたもので

あります。

資源の少ない日本の宝は「人材」なのです。これからの日本は東大出の人材はいらない

のです。(意味は、優秀なだけで組織に甘んじて自分のリスクは避ける人のことです。)

ボストン滞在中に日本の友達がサンフランシスコでホームステイをしていたものですから、

会いにボストンからSFまでバスで1週間かけてアメリカ大陸を横断していきました。

その時の彼女のホームステイ先の出来事が私の人生の考え方を左右しているといっても

過言ではないかと思っています。

その家庭は2人の1歳と2歳の男の子がいました。ママはゴルフに行っていたので私の友

人が食事の支度にかかりました。私と話がしたいものですから彼女は急いで卵焼きなんか

を作っていました。

その二人は 「 I hate it ! I like scramble . I lilke sunny side up」と叫んだのです。

1歳と2歳が自分の食べたいものをはっきりと口に出す、これだと思いました。


自らの頭で考えで行動を起こす。受け身の態度ではなく、日本のこれからに必要と思えば

自分の思いを堂々と世界に発信、自分の考えを自らユーモアも交えてコミュニケーショ

ンをとっていくこういう人材が、これからの日本に必要と思いました。

よくたとえ話でいうのですが、

砂漠に一人とりのこされても その時の風の流れ、星の位置を見て一人でも生き抜く

そんな人材を育てたいという思いで、

マンションを売って人材育成に身を投じたのですが、あまりに経営を無視したやり方をし

たものですから無一文で閉じるという結果になりました。

さて、その当時のいろいろな経験があるのですが、このたびの「思い」には:

私の幼児教室に、いつもおばあちゃんが孫を連れてきて本当に楽しそうに通っておられま

した。

あるとき私がトイレで手を洗っていたらその方が血相を変えて、ここに孫が書いた絵が

置き忘れてありませんでしたか?と聞かれました。

おばあちゃんにとっては孫の絵が大切な宝ものなのです。

: この家族のきずなが原点なのです。

日本はかっては大家族だったし、また地域が町内が子供を育ててくれました。

今はそれは望むべくもないのであれば 作ればいいのです。

続きはまたの機会にします。



2011/05/14のBlog
畑わさびの花、茎、葉の惣菜、三品作りました。

葉わさびで何かおいしいものをと思い、いろいろ試してみました。

大豆の煮豆があるので葉わさびの葉と茎とで何か一品を作りたくて

写真のような惣菜ができました。大変おいしくできました。(自画自賛)

わさびの茎は軽く熱湯でゆでました。煮豆も薄味の醤油の味つけです。

個人的にオリーブ油が好きなのでそれとゴマとであえました。

思った以上にゴマの風味とわさびのしゃきしゃき感があって私的には

酒のさかなにあいそうで、いけそうな感じがしました。

大豆と葉わさびのオリーブ胡麻和えです。

それともう一品は花わさびの三杯酢です。ちょっと甘めでした。

以前から興味があってぜひお仲間とご一緒に作りたいのがおやきです。

皮は米粉で作ります。三種類作りました。わさび葉とかぼしゃとなすの味噌和えです。

蒸しおやきにしましたが、わたくしの好みは薄い皮で焼きおやきが好きです。

皮に工夫を試みてわさびの粉をめり込んで、みどりのわさびおやきはいかがでしょうか?

これから丹波篠山への加工料理体験ツアーを企画していきます。

お料理の好きな方、ぜひ参加してくださいね。



2011/05/11のBlog
去年、阪急百貨店で花わさびの三杯酢漬けを見つけました。
さっそく買っていただきました。お値段は600円ぐらいだったと思いますが。
とってもおいしかってので今年は我が家で作りました。
私は甘めが好きなので、お砂糖を少なめにして、はちみつを入れました。
漬けてから2~3日後が食べごろです。

[材料]
・花わさび(もちろん葉わさびの茎や葉も)
・塩
・三杯酢

[作り方]

①わさびをきれいに洗います。
②①へ多めに塩をふりかけ、塩が全体にいきわたるように混ぜます。
 ※強く揉まないように注意してください。傷がつきすぎて辛味が飛んでしまいます。
③たっぷりのお湯を沸かします。
④10分ほどしてしんなりしてきた②に、たっぷりの熱湯を回しかけます。
 ※塩抜きもかねてます
⑤わさびを5センチ幅ほどのざく切りにし、軽く水気を絞ってから密封性の高い
 瓶へ入れます。
⑥三杯酢を注いでできあがり。

花ワサビの三杯酢は
 お酒の肴やお茶うけ、
 お漬物の代わりにもなります。

花のピリッとする辛さと、
甘口で漬けた三杯酢が、すんごくマッチします。


花付きだと、辛さが増して、おいしさが倍増する気がします。

やみつきになる 『花わさびの 三杯酢漬け』

は、今、丹波産葉わさびで商品化していきます。

私は塩もみしてから熱湯をたっぷりかけますが、下記の記事を見つけました。
次回は熱湯をかけない方法を試みてみます。

熱湯をかけない方法

今までは熱湯を掛けて密封容器に入れる方法でしたが、

この方法で作ると最初は野趣たっぷりの荒々しい花ワサビ特有の辛味や
かすかな苦味もあって、なんともいえない美味しさがあります。

熱湯を掛けないので味が新鮮で、花ワサビの微妙な香味が楽しめます。


 花ワサビの調理方法
 

・ 花ワサビは水洗いをしてざるにとり、水を切ってから塩で揉む。
・ 塩はこの後水洗いしないので量は少し控えめにしておく。
・ 揉む程度は組織が少しこわれるくらいが良い。

・ そのまま半日、または一晩おいて三杯酢に漬ける。
・ 三杯酢は酒、酢、醤油を1対1対0,5に合わせて煮立て、
・ お酒のアルコール分がとんだら冷まして、密封容器に入れ花ワサビを漬け込む。

2,3日すると味が落ち着いてきて、冷蔵庫で1週間程持ちます。