ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふるさと自立計画推進モデル事業
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:920件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2013/02/14のBlog
[ 16:30 ] [ 自立計画日記<長沢> ]
淡路市長沢には、いわゆるIターンしてきた方がたくさんおられます。
昔からまちづくりには「よそ者」「若者」「ばか者」が大切だと言われますが、実際によそから人が集まる地域は少ないもの。

この長沢には移住者を引きつける魅力があると言うことですね
先日行われた計画づくりのワークショップでは、古くからの地元住民だけでなく、ノマド村での交流会で交流が始まった移住者の人たちにも声かけし、多くの住民が集まり長沢の将来について語り合いました。

長沢をとりまくいろんな人たちの思いがつまった計画書の完成までもう少しです

まえちゃん
2013/02/12のBlog
[ 17:17 ] [ 自立計画日記<門柳・岡・喜多> ]
ふるさと自立計画づくりもいよいよまとめの時期に入ってきましたが、今年度のトップを切って計画ができあがりそうなのが門柳・岡・喜多地域です

湯ノ原温泉オートキャンプ場の視察、日時計の丘公園での合宿ワークショップ、イベント「アート&クラフト風の谷」などの取組を経て、自立計画書をまとめました。
計画のキャッチフレーズはずばり「風と人に出会う村」。

谷あいに位置するこの地域を象徴する「風」は、地域づくりではよそから吹く風を意味し、地元を意味する「土」とともに重要な要素でもあります。
多くの人にやってきてもらいたいという願いが込められています。

活性化委員で作った計画書を、より多くの人に見てもらうために、リーフレットとして配布することに決めました

今年成功を収めた農村体験の通年メニュー化、そばづくりへのチャレンジ、アート&クラフト風の谷の発展を3本柱に、地元の当たり前を体験してもらう地域づくりを進めていきます。

まえちゃん

2013/02/08のBlog
[ 15:21 ] [ 自立計画日記<小佐> ]
ブログでは久々の登場ですが、おさごはんの会は順調に回を重ね、今年度は4回目。

今年度は会場を小佐地域内の各集落持ち回りにし、地域内のみなさんが参加しやすいよう工夫しているとか

1月31日に行われた会は中村区にある小佐コミュニティセンターで行われました。

会場に着いて出迎えてくれたのは、自動焼き芋機

地元鉄工所の方が地域のイベントを盛り上げようと試作したもので、今回が初めての「試験運転」でした。

ドラム缶くらいの大きさで、中は3段式で一気に4~50個の焼き芋を焼くことができるスグレモノでした
今回のメニューは、小佐の赤米を使った赤飯、里芋ご飯、炊いたご飯を干して甘辛く味付けした干し飯、キスとネギの煮物など素材のおいしさを楽しめる田舎料理ばかり。

そしてこれまでのおさごはんの会の活動の一つの区切りとして、レシピ本の作成を決定

小佐地域を内外にアピールする素敵なレシピ本の完成が待ち遠しいです。

まえちゃん
2013/02/06のBlog
[ 13:51 ] [ 自立計画日記<新田・作畑> ]
阪神地域から「一番近い」雪遊びスポット、神河町新田・作畑地域では今年も雪だるまフェスタを実施します。
積雪不足が心配されましたが予定通り実施します。(H25.2.16更新)

詳しくはこちらをどうぞ。

といっても、今年は県内全体に雪が少なくちょっと心配ですが、これから雪がふると信じましょう

主催の千ヶ峰ふもとでふれあい協議会の皆さんも雪だるまフェスタの開催に向け、打合せに熱が入ります。

2月17日(日)はぜひご家族で新田ふるさと村へ雪遊びに来てください

まえちゃん
2013/01/30のBlog
手にとってざんざこ踊りを見られるパンフレットの作成を検討中の養父市大杉地区で、作成会議にお邪魔してきました

アドバイザーが作ったパンフレットのたたき台を前に、参加者の皆さんは「○○の写真を入れてくれ!」「ここの説明は違うぞ!!」「俺の踊っている写真がなんで入ってないんや!!!」などと自由すぎる議論が繰り広げられました

そう、大杉の皆さんにとってざんざこ踊りはまさにソウルダンスなのです。
参加したまえちゃんも少しずつざんざこ踊りに詳しくなってきましたので、踊りの主要メンバーを紹介してみます

踊りを指揮するのが新発意(しんぽち)で、手に軍配を持っています。
踊りの中心で大きな唐うちわを背負った4人が「中踊り」。
真夏に重い唐うちわを背負ってダイナミックに踊るため、熱中症寸前です
中踊りの周囲で輪になって踊るのが「側踊り」。
こちらは子どもも含めてたくさん踊ります。

このほかにも歌い手、笛吹きにより12の踊り(現在は11しか踊られないそうですが)を約1時間半かけて順に踊っていきます。
最後には餅撒きもありますよ。

興味を持った方は、ぜひ8月16日に大杉地区まで踊りを見に来てください。

まえちゃん
2013/01/29のBlog
今日は、長沢地域で寄合いがあったので参加してきました

淡路のてっぺん村だけにも近かった

ノマドカフェと言うところで会合
生穂小学校なのですが、小学校とは思えない内装
こんなところで勉強したかった

細菌学に詳しい先生から、インフルエンザ等の予防について
難しい内容を、メモメモ
分かった事は、ミューズ手洗いは大切だよ~。
60秒間ゴシゴシ手洗い
長沢で特産品を考えている漬物を試食。
作り方は同じでも、微妙な塩梅で味が違ってくるそうです
試食した2種類の漬物を漬けられたのは、姉妹
元々は同じ作り方で、後はアレンジだそうです
色々規制もあるようですが、長沢のブランドの1つになれば良いですね

みかんは、どこかで食べた事があるような味でした

US
2013/01/22のBlog
[ 16:22 ] [ 自立計画日記<長谷(ながたに)> ]
今年初めての会合。生憎のでしたが、大勢の方が参加下さいました

今回は、具体的な行動を考えるです。
その具体的な行動を、引き付けるメディア戦略が重要とアドバイスが

その名も寿司は何処さ

・・ストーリ性
・・社会性
・・初物
・・ドラマ性
・・公共性
・・サプライズ

これを満たせば、メディア受けが良いそうです。
メディアだけでなく、地域再生にも活用できそうな物ばかり
計画を作る際のキーワードは寿司は何処さで決まり

地域の計画にどの様に反映されるか楽しみ

US
2013/01/21のBlog
手作りの淡い灯りでまちづくりに取り組む豊岡市竹野浜の取り組みが、県の公式動画配信「ひょうごチャンネル」で紹介されています。

もうご覧になりましたか?

夏のたけの海上花火大会に合わせてロジナリエを実施した様子や、製作講習会の様子など地域ぐるみの取り組みの様子が紹介されています。

そして平成24年度からは自治会と商工会、観光協会が中心に協議会を立ち上げ、竹野浜地域全体を灯りで盛り上げようと計画づくりに取り組んでいます

いったいどんな町並みに変身するのか楽しみです。

まえちゃん

【ひょうごチャンネル】
http://hyogoch.jp/channel/programview/id/627/

2013/01/18のBlog
[ 17:13 ] [ 自立計画日記<与布土> ]
朝来市与布土地域では、計画のとりまとめに向けた最後のワークショップが行われました。

5回のワークショップ、滋賀県東近江市への視察などを経て、いよいよ計画書としてのまとめの段階に入ります。
ワークショップでは自然環境、農業・農産物加工品、観光・交流、安心安全、子育て・伝統文化、地域内交流の各分野ごとに重点的に取り組む内容について議論しました。

与布土産のまる餅や緑風味噌などお得な特産品を詰め合わせた「よふど発ふるさと小包便」の取り組みを発展させ、生産者、加工者、販売者ともに幸せになれる仕組みを作りたいなど、具体的な議論に発展したんですよ

来月には計画書のお披露目会を予定。
どんな計画書ができあがるのか楽しみです。

まえちゃん
2013/01/17のBlog
[ 13:54 ] [ 自立計画日記<三尾> ]
加工所をオープンした新温泉町三尾で、約50日漬けていた地元の保存食「イカのなれ鮨」の販売開始です

地元でも珍しい食べ方で、漁師町である三尾独特の保存食で、スルメイカを米と麹で50日ほど漬け込んだものです。
コンロで軽く焼けばおいしく食べられます(写真はうちで調理して、ちょっと焦がしてしまったものです

ご飯が進む味で、酒の肴には最適です!

お問い合わせは御火浦(みほのうら)村おこしグループまで。

まえちゃん
2013/01/16のBlog
[ 09:11 ] [ 自立計画日記<仁井> ]
淡路市仁井で恒例のふるさと文化祭が行われました。

仁井のおいしいものを見直そうと、このふるさと文化祭で仁井の代表的な家庭料理の試食会をして、アンケートで意見をもらうことにしました。



旧理科室を1日限定のカフェに模様替えし、その名も「喫茶理科室」として営業しました
そのまんまやなぁ

喫茶は大盛況、仁井の家庭料理「なます」「くもじ」「おあえ」「ちょぼ汁」「芋汁」が振る舞われ、温かい飲み物で体を温めました。

集めたアンケート結果を、これから計画づくりに活かして行かなくては
仁井のフォトコンテストも見応え十分。
気に入った作品にシールを貼って審査を行い大賞を決めました。

大賞は地元でもあまり知られていない「小田の滝」に決まりました
今年の文化祭は、地域の偉人・国学者の鈴木重胤(しげたね)生誕200周年を記念したイベントとの共催でもありました

淡路市で活躍中の地域おこし協力隊員の皆さんが企画したゲーム「重胤くんを探せ」は、校舎内に隠された重胤の和歌を探し点数を競うもの。

協力隊の皆さんが「校長先生」や「ヒントの人」に扮し、ゲームに参加したこどもたちにヒントを出しながら、宝探しを楽しみました
他にも様々な展示や全盲の落語家桂福点さんの落語など、内容盛りだくさんの文化祭でした。

朝から雨でどうなることかと思いましたが、多くの人が集まり盛り上がりました。
地域にとって大切なふるさと文化祭なのだと思いました。

まえちゃん
2013/01/15のBlog
[ 11:31 ] [ 自立計画日記<矢野> ]
矢野地区の計画作りは、今回で最後となりました。
次回は、計画書の仕様等纏めあげの作業となります。

矢野地区の方向性は、遊歩道等のまち歩きを整備し、外から人が来てもらえるようにする事。

今回会合のホットな話題は、情報
人がくるならWiFi環境は必要だよね~。
最近までauが入らなかったけど、最近通じるようになった、でもsoftbankは入らな~い
docomoがやっぱり一番通じやすい
光通信もきてないし~
スマートフォン・タブレットの普及で、いつでも・どこでも情報が手に入れられるので、進行形情報を提供しなければ、今現在の魅力を発信しきれない
パンフレットは、手間もかかるし、昔の情報となってしまう
フリーWiFiスポットと携帯電話がどのキャリアでも通じることは、最低条件だよね~
と言った意見が。。。

通信網整備は、解決し難い課題。
そうだ、キャリアに聞いてみよう

進行形情報を提供する事は、観光地にとって最低条件
ただ、ブロードバンドで人が呼べるわけではないので、魅力を
発信する事が地域の出来る事
先ずは、情報発信から

あっという間の、計画作り
地域の皆さん。お疲れ様でした

US
2013/01/11のBlog
[ 13:50 ] [ 自立計画日記<三日月> ]
新年も明け、地域計画作りもいよいよ大詰めです

三日月のまちづくりに、とっても重要な信念の共有から始まりました
言葉から読み取れる意図は、人それぞれになりがち、先ずは思いを1つに
2ヶ月後には、計画書の中に三日月地域の未来像

ワークショップの中で、最近は外で遊ぶ子供がいないなぁ
外で遊ぶみかづきっ子をふやした~い

次回は、今までの話合ってきた事を纏める段階に
いよいよ、未来像が形になりまじめまっす

US
2013/01/10のBlog
[ 14:36 ] [ 自立計画日記<小佐> ]
お正月にはお餅を食べる機会も多かったかと思いますが、今日はお餅の話題。

小佐ごはんの会を続ける養父市小佐地域では、女性グループが地域の特産品を商品化しました。

その名も「小佐の実りもち」
色とりどりの野菜を練り込んだ、色鮮やかなかき餅です。
昨年の11月から道の駅ようか但馬蔵で好評販売中です。

小佐と言えば赤米!ということで、まえちゃんは赤米入りの実りもちを買いました。
赤米のプツプツとした触感も楽しめ、とてもおいしかったです
他にもカボチャ、ミカン、ヨモギなどいろんな味と色が楽しめるかき餅です。

道の駅ようか但馬蔵は八鹿氷ノ山インター開通で便利になりましたね。
ぜひご賞味あれ。

まえちゃん
2013/01/04のBlog
今年も地域再生大作戦に取り組む地域にお邪魔し、地域再生の取り組みをどんどん紹介していきます

どうぞよろしくお願いします。

地域再生課企画担当
2012/12/27のBlog
[ 13:55 ] [ 自立計画日記<鷹巣> ]
先日、ふるさとのモデル地域のなかでも特に冬の冷え込みが厳しい鷹巣地域に久しぶりに顔を出しました。

気温は帰りには-4℃と超寒かったですが、計画づくりの議論は熱く行われました
計画の素案をもとにあれこれ意見交換。
鷹巣地域には「田舎にあるものはすべてある」ことを武器に、田舎の自然や技術の質を向上させることを目指します

そして廃校舎を活用していろんな活動を展開していく「夢」を語り合いました
今年チャレンジしたつるし柿イベントなど都会の人にとっては新鮮な田舎の暮らしを体験できるプログラムを整備し、地域内外の交流を通じて鷹巣地域を元気にすべく、鷹巣地域の活動は続きます。

まえちゃん
2012/12/26のBlog
[ 15:12 ] [ 自立計画日記<三尾> ]
市場流通が非常に少ない天然のワカメが売りの新温泉町三尾に加工所ができました。

廃園となっていた旧保育園舎を改修したものです。
それでは新しい加工所を見ていきましょう

まずは調理場から。
事務室の床をコンクリ張りにしています。
屋外のテラスも増設し広々と作業ができるようになりました。

このほかトイレをきれいにし、手洗い所を作っています。

地域の女性たちを中心に、この加工所に集まりかつてのにぎわいを取り戻して欲しいですね
ここからは三尾の商品紹介。
現在作っているのはイカのなれ鮨。

スルメイカを米、塩、麹で約50日つけ込みます。
今年は塩分ひかえめでより食べやすくなっているそうですよ
もちろん主力商品の天然ワカメもお勧めです。

三尾のワカメはよそとはちょっと違います
肉厚な歯ごたえは最高ですよ。

ワカメを食べてみたい方は、ぜひ御火浦村おこしグループまでお問い合わせください。
Mail:turikiti@gold.ocn.ne.jp
TEL(F兼)0796-82-5757

まえちゃん
2012/12/25のBlog
[ 15:58 ] [ 自立計画日記<長谷(ながたに)> ]
今年最後のワークショップ。
西播磨地区は、ちらほらと雪
地面も凍りそう

長谷地区の会合は、鹿被害対策をきっかけに始まりましたが、鹿肉処理の難しさや長谷が抱える問題を話合う中で、少しづつ変化。

浅見アドバイザー、小林アドバイザーが色々とワークショップを準備
毎回楽しいワークショップ(^-^)
いつの間にか、長谷地区が抱えている資産や課題が分かっちゃいます


ワークショップでは、取組む事は、「山林荒廃」「仕事」「定住者」といった項目が出てきました。

長谷は「朝霧」がきれいと教えて頂きました
雲海です。今は良い時期。カメラ好きはぜひぜひ
長谷にき~て~ね~

佐用町B級グルメ「ホルモン焼きうどん」のあるよ~

US
2012/12/19のBlog
[ 15:59 ] [ 自立計画日記<矢野> ]
キャッサバ芋の料理コンテストが矢野公民館で
厳かに執り行われました

当日は、5名のお母様が、料理の鉄人
改めアイアンシェフ顔負けの熱戦

当日披露されたメニューは
餃子
もちもちお餅
ハンバーグ
芋ボール

どれもキャッサバのもちもち感を活かした
美味しい料理でした。
しかし、

コンテストには結果が、選ばなければ

見事鉄人を制したのは

芋ボール

チーズとの相性が良く、食感も良かったと言う事で
選ばれました

他の皆さんも、ステキなレシピで
どれも優劣を付けがたい結果でした。
優勝者を中心に記念撮影。

皆さん学校卒業依頼の表彰状と大喜び

学校を出ると中々もらえない表彰状
良い思い出になったようです

因みに、私も頂いたキャッサバレシピを
クックパッド「金鼠」で公開中
興味があったら見てね~

帰りにキャッサバ粉をもらっちゃいました
何かかんがえよ~

US
[ 15:43 ] [ 自立計画日記<矢野> ]
矢野地区の会合は、西教寺で行われました

今回のテーマは、「誰が」「どのように」「何を」実施するかを話合う事でした。

しかし

矢野地区の小学校統合の話が凍結
小学校の跡地利用について、話合っていた事も、一歩後退

子供たちに何かをしてあげたいと言う思いを実現する為に
「何を」「どのように」を考える事から始める
施設が無くなるからじゃなくて、やってあげたいから
という気持ちが変わらないなら小学校の存続は好都合とアドバイザーからの
指摘も

矢野の歴史・自然を活かしたハイキングコースの話も出ており、今回は
具体的にどのコースが存在するかを確認
コースは、10以上もあり、初心者からベテランまで
幅広い年代のコースを設定できそう

次回は、「いつ」といったもう少し深く具体策を考えていきます

US
2012/12/18のBlog
校舎の活用に取り組む後川地域で、旧小学校のライトアップが始まっています
(写真は昨年撮ったものですが…

西宮の公同幼稚園との交流などでこれまでも廃校となった校舎を活用してきましたが、いよいよ改修に取りかかることになりました。

教室をカフェや木工体験に使えるスペースにしたり、古くなった講堂をより使いやすく整備する予定です
木のぬくもりが感じられる講堂は、今の時代には貴重なもの。
中の雰囲気は大事に残し、外壁や窓枠などの小規模な改修にとどめます。

廃校となった今も地域のイベントなどの拠点として、これからも大いに活用していただきたいですね。

工事は年明けになりますが、リニューアルが楽しみです。

まえちゃん
2012/12/17のBlog
陰陽師の里・佐用町江川で写真コンテストの表彰式が行われました。

9、10月の2ヶ月間作品を募集していましたが、地元中心に姫路、加古川まで約35点の応募があったそうです
そのうち入賞作品は11点で、棚田100選の乙大木谷の棚田や地元ゆかりの陰陽師・芦屋道満の塚など、美しい写真の数々を楽しむことができました。
右は最優秀賞の「雪の棚田」。
天候を考えるとこんなに美しい棚田の雪景色を撮るのは難しいですよね
ほかにも作品を紹介したいところですが、実はこれらの写真を見ることができるのです!

佐用駅前の画廊喫茶「亜都里絵(アトリエ)」に平成25年1月28日~2月17日まで展示される予定です。
おいしいコーヒーを飲みながらぜひ作品を楽しんでみてください

まえちゃん
2012/12/14のBlog
[ 10:49 ] [ 自立計画日記<門柳・岡・喜多> ]
日時計の丘公園の活性化委員会の議論が本格化してきました

10月に行ったイベントを通じ、キャンプ場利用者に「地元の当たり前」を体験してもらうことがキャンプ場の魅力を高めると確信したようです。
来年度から、木工教室やカリンジャムづくりなど地元ならではの体験メニューをオプション化しキャンプ場宿泊者に提供できるよう、とにかくやってみることに決まりました。
イベントで好評だった地元のお母さん方の料理も生かせるメニューになればいいですね。

休耕田対策としてはそばを植え、将来はそばを提供できればと新しい取組にも前向きです

現在公園は施設のリニューアル工事で休園中ですが、来年(平成25年)3月の再オープン以降は新生・日時計の丘公園を楽しめそうです

まえちゃん
2012/12/13のBlog
[ 11:38 ] [ 自立計画日記<三日月> ]
佐用町三日月駅前は、
今年もライトあっぷ

MIKAナリエが、姫新線を照らし 山には三日月

MIKAナリエと電車、山と空の三日月が撮れるのは、
三日月だけ

三日月地域の計画作りも大詰め
今年度締めは、「ビジョン
に願いを込めて将来の三日月地域の
ビジョンを考えました

あっ、MIKAナリエは正式名称じゃないかも

US
2012/12/10のBlog
[ 10:52 ] [ 自立計画日記<仁井> ]
仁井地域で、特産品開発の第一歩として「仁井のおいしいもの」を考える会が開催されました。

会議には、いつもの事務局メンバーに加え、古きよき仁井を知りつくしているおじいちゃんや小学校4年生の元気な男の子も参加!!

和気あいあいと議論が盛り上がりました!!
まず話し合いの中から出てきたのが、昔懐かしの地元料理。

”くもじ?”、”ごかき??”など、神戸に住む私は聞いたことないような料理の名前が次々出てきます

小学4年生の”しょうちゃん”からは、仁井の野菜を載せたピザなんてゆう、「即それ採用っ!」と思わせるようなハイレベルなアイディアが出されました!!
打合せの結果、

1月14日(月・祝)に実施予定の「仁井ふるさと文化祭」の中で、地域の方につくっていただいた仁井の昔懐かしの料理”くもじ””なます””おあえ”について、試食会を行うことになりました!

”しょうちゃん”から出た、ピザなど「あたらしい仁井の味」づくりについては、引き続き検討を進めます。

【仁井ふるさと文化祭概要】
 日時: 2013年1月14日(月・祝) 9:00~16:00
 地域: 兵庫県淡路市仁井
 場所: 仁井体育センター(旧仁井小学校)
 最寄り駅: 高速バス・本四仁井バス停北側に歩いて10分


じゅーじゅーろー
養父市大杉地区では、国指定無形民俗文化財であるざんざこ踊りを盛り上げるためにいろいろな仕掛けを検討中です。
のぼりに続く第2弾の取組として、踊りを見るときに手にとって見られるパンフレットを創ろうと話がまとまりました
まえちゃんも初めてざんざこ踊りを見たときは、踊りや歌の意味が分からないのと踊りがいつまで続くのだろう?と若干の不安を覚えたのを思い出します。
今回作るパンフレットには踊りの由来や1番~11番まで踊ることなどを、写真付きでわかりやすく盛り込む予定です
このパンフレットを手にしながら踊りを見れば、初めての方にもよりいっそうざんざこ踊りの素晴らしさを伝えられるような気がします。
今から完成が楽しみです。

まえちゃん
2012/11/29のBlog
[ 09:26 ] [ 自立計画日記<与布土> ]
よふど温泉では「かかし祭り」開催中です。
ユニークなかかしたちが温泉に来るお客さんたちをお出迎え
すでに審査が行われ各賞が決定、12月1日のよふど温泉感謝祭で表彰式が行われます。
都会で生活する人たちはなかなかかかしを見る機会がありませんので、間近でみるとその大きさに驚かされます
そしてどのかかしもユニークで、表情もさまざま。
ぜひこの週末はよふど温泉に遊びに来てください
さて、与布土地域ではまちづくり計画の見直しに取り組んでいますが、ワークショップを開き議論も具体的な検討段階にはいってきました。
重点的に何に取り組むべきか、部会の体制はどうすればいいのか、地域の将来に向けて計画をとりまとめていきます。

まえちゃん
2012/11/28のBlog
[ 11:50 ] [ 自立計画日記<長沢> ]
11月23日(祝)に淡路市長沢にある東山寺でもみじ祭が行われました。
小雨のぱらつくあいにくの天気にもかかわらず、お寺へ向かう細い道は車でいっぱいでした
夜にライトアップされるのも見どころですが、昼間のもみじも見事でした。
境内からは和太鼓の音が鳴り響く中、目と耳を楽しませてくれる気持ちの良い空間です
境内では食事販売のブースがあり、チラシに書かれたベトナム料理、エジプト料理、フィリピン料理はどんなものかと楽しみにしていたのですが。。。
着いた頃にはとうに完売しておりもっと早起きすればと後悔
地域のお母さんが焼くたこ焼きに大行列でした。

長沢地域では自立計画づくりのために全戸アンケートやワークショップを行っていますが、この東山寺のもみじがすばらしい地域資源としていの一番にあげられるのかと思いきや、地元の人にとっては当たり前となってしまっているよう。。。
よそ者から見れば魅力的な資源と一目瞭然ですから、地域づくりによそ者の視点を生かすことも大切なのだと思いました。

まえちゃん
2012/11/27のBlog
[ 15:22 ] [ 自立計画日記<伊佐> ]
養父市伊佐地域では計画づくりが順調に進んでいます。
約50人が参加したワークショップでは「未来の伊佐のためにとりくむべきこと」をテーマに、ワールドカフェ形式によるリラックスした雰囲気の中活発な意見交換がなされました
9つのテーブルをそれぞれカフェに見立て、店長と店名を決めるところからスタート。
どんな店名にしようかあれこれ考えるうちにうち解けて、みなさん口もなめらかにいろんな意見が飛び交いました
伊佐の将来のため、あれもやろう、これもやらなきゃといろんなアイデアが出てきました。
この翌週には早速2回目のワークショップを行い、各アイデアをスケジュール(短期、中期、長期)と誰が行うのか(住民、協働、行政)で分類・整理し、計画のかたちがおおかたできあがりました。

年内にもう一回検討を重ね、年明けの計画書完成を目指します。
住民の多くのみなさんが計画づくりにかかわる、このプロセスが地域づくりにはとても大事なんだなと思います。

まえちゃん
2012/11/26のBlog
[ 15:14 ] [ 自立計画日記<日見谷・谷> ]
先月の雨で延期になった町歩きを再開催。
しかし、またまた雨

今回は、決行することにしました。
朝9時に出発し、約3時間30分で地域を一周。

新しい発見あり、小道有り、山道有りと小さな冒険です。
子供から70歳のおばぁちゃまで参加がありましたが、皆さん元気で1人の脱落者もなく、約5キロを制覇

地域の歴史に触れ、あっという間の5キロ。
一周し終わる頃には、地域の人よりも谷地域の事を知っているかも

最初は降っていた雨も、一周する頃には雨も上がっていました。