ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふるさと自立計画推進モデル事業
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:920件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2012/08/22のBlog
[ 16:46 ] [ 自立計画日記<矢野> ]
相生市で初めてふるさと自立計画推進モデル事業に取り組む矢野地域では、自立計画づくりが始まっています。
話し合いでは地域の皆さんが困っていること、矢野地域で自慢できること・ものを出し合い、あらためて自分たちの地域を見つめ直すところからスタートしています。
実は矢野地域はとても歴史の古い地域で、1500年も前にえらいお坊さんが朝鮮から渡ってきたという言い伝えもあるそうです。
なるほど、よく見ると寺社仏閣が多いのもうなずけます

ほかにも羅漢の里でキャンプもできますし、とてもきれいな水のおかげで大変おいしいお米ができたり、いろんな地域自慢がでてきました。
今後はそのような地域の強みをどう生かしていくか、幅広い意見を聞き出す必要があります。
そこで次回の会合からは地域内の公民館を順番に回っていくワークショップキャラバンを予定しています
矢野地域は広いので、各集落をまわることで多くの方が参加しやすいようにと考えた工夫です。

まえちゃん
2012/08/21のBlog
[ 17:28 ] [ 自立計画日記<仁井> ]
日本に近代西洋医学を伝えた事で有名なシーボルトは、九州から江戸に向かう途中、瀬戸内海の景色を観て「世界に類をみない美しい景色だ」と絶賛されたと言われています。

そんな美しい景色が観られる場所が、神戸から車で1時間程のところにあるのを皆さんご存知でしょうか?

それは、淡路市仁井という地域にあります。
海抜515m、淡路島で3番目に高い山「常隆寺山」の山頂付近に、その名のとおりの古刹『常隆寺』があります。

常隆寺の裏手の石階段を上がり5分程度歩くと、頂上に三角点とともに奥の院があり、そこからこの絶景を望むことが出来ます。

19日(日)、ここからの景観をより良くしようと、地域の有志による付近の草刈り・一部木の伐採などを行いました。さらに観やすくなった景色を是非ご覧くださいね。

常隆寺まではお車でお越しになられます。
常隆寺は、805年建立の北淡路随一の名刹であり、淡路島西国三十三ヶ所霊場めぐりの三十一番目の札所でもありますので、このお寺を見るだけでも価値ありですよ!
詳しくはこちら

じゅーじゅーろー
あぞの村おこし委員会でおもしろいイベントが開催されました。
その名も「あぞのどろんこ祭り」。
休耕田を会場に、どろんこ綱引きトーナメントやどろんこそりレースなど、子どもも大人も一緒に楽しめるイベントです。
詳しくは新聞記事をどうぞ
休耕田の活用は県内各地で課題となっていますが、こういう活用法も楽しいですね。
右の写真は3月に莇野小学校を会場に行われたイベント「あざみの里ひろば」の様子です。
テントでの地元野菜の販売や、体育館内でのフリーマーケットなど、莇野小学校の児童全員が来ているのではと思うほどの盛況ぶりでした
エプロンのポケットから人形が飛び出す人形劇、「エプロンシアター」では三匹の子豚が実演されました。
絵本の読み聞かせも大人気。

昨年度地域のみんなで作ったふるさと自立計画では、農や観光、交流を軸に将来の莇野を元気にする方法を考えました。
まずはできるところから始めることが大切と、今年も楽しいイベントがこれからも企画されています。

まえちゃん
2012/08/20のBlog
[ 14:29 ] [ 自立計画日記<後川> ]
久しぶりに篠山市後川(しつかわ)より。
西宮市の公同幼稚園との交流を続けている篠山市後川で、恒例の夏祭りが行われました。
幼稚園卒業生の小1、2年生の子どもたち約100名が旧後川小学校で行っていた3泊4日のキャンプ最終日でもあり、地元の方々と西宮の子どもたちが交流を深めました。
オープニングでは地元で活躍中の和太鼓集団「鼓篠組」の迫力の演奏から
アクロバティックなアクションとともに祭りを盛り上げます。
ステージでは公同幼稚園卒業生による歌の披露や地元中学生の軽音バンド、のど自慢大会などおもしろいイベントが目白押しでした
夜店も多く、懐かしいポン菓子機も。
私も子どものときよく近所の公園にお米と砂糖を持ってポン菓子を作ってもらいにいきました
旧小学校のすぐ裏手を流れる清流・西山川で、なんとオオサンショウウオを発見
普通に、橋の下でモゾモゾ動いていました。
噂を聞きつけて、子どもたちも大人もみなさん見に来ていました。

自然いっぱいの篠山市後川は、都会の子どもたちにとっては大変貴重な体験ができます。
今後もこの交流が続くようお手伝いできることをがんばろうと思います。

まえちゃん
2012/08/10のBlog
[ 09:39 ] [ 自立計画日記<江川> ]
「陰陽師の里」として売り出し中の佐用町江川で、ユニークなイベントが行われました。
陰陽師と星は切っても切れないもの。
そこで今年は旧暦の七夕に合わせて、参加者が陰陽師のコスプレをしながら行列をするイベントです
スタートは安倍晴明塚。
ここで塚にお祈りをし、参加者が短冊に願いを書き笹にくくりつけます。
向かいの山に対峙するライバル・芦屋道満の塚まで15名ほどの陰陽師コスプレイヤーが笹を持ち行列を組んで歩きました。
はっきり言って、怪しい集団です
道満塚では護摩焚きが行われ願い事を書いた短冊を燃やしました。
35℃の炎天下で護摩焚きですから、これはもう護摩行の修行さながらの熱気です
そもそもここ江川は、安倍晴明と芦屋道満という2大陰陽師の塚が両方あるという全国でも珍しいところ。
まさに伝説のパワースポットなのです。
陰陽師と佐用町について詳しくはこちらの動画をどうぞ
ぶっ飛んでます(笑)
最後に右の写真はイベント会場で行われていた「あなたも陰陽師に スマホで変身!」のコーナーの様子です。
iPadで撮影すると顔から下が陰陽師の姿になって映るというイカしたアプリを開発したのです!
コスプレしなくても陰陽師になった写真が撮れるという夢のアプリ。

おもしろい取組満載の佐用町江川地域でした。
まえちゃん
2012/08/07のBlog
[ 14:41 ] [ 自立計画日記<大杉> ]
昨年度ふるさと自立計画を策定した養父市大杉地域。
計画の3本柱のひとつ、ざんざこ盛り上げプロジェクトが進行中です。
ざんざこ踊りは地域に古くから伝わる伝統行事で、毎年8月16日に二宮神社に奉納されます。
ただ、近年の高齢化、人口減少により大杉地域でもざんざこ踊りの担い手が少なくなっています
そこで地域の誇りであるざんざこ踊りを盛り上げよう!と色々地域で工夫が始まっています。
まず第1弾は新しいのぼりの作成です。
右の写真は候補の3つですが、さてどれが当日掲げられているのでしょう?
気になる方はぜひ8月16日に大杉地域へ行ってみてください

まえちゃん
2012/08/03のBlog
[ 16:11 ] [ 自立計画日記<地域活性化への道> ]
はじめまして

山ちゃんDESUイェーイ
財団主催、兵庫県共催による「地域再生セミナー」を開催するよ

セミナーでは、総務省自治財政局長の椎川忍氏をお招きし、「あるものを生かす地域力創造」と題して基調講演を頂くほか、地域再生大作戦のアドバイザーでもお馴染みの松原永季氏をコーディネーターに『これからの時代における地域再生を考える』と題して、パネルディスカッションも行うよ

地域にお住まいの皆さん地方公共団体の皆さん
一緒にこれからの地域再生について考えてみませんか

国の提唱する地域再生の理念!?もお勉強して、みんなで一緒にイイ兵庫県を作りましょー

山ちゃんは自分を育ててくれた兵庫がだーい好き
お申し込みはインターネットでも受け付けているよ

http://web.pref.hyogo.jp/kk10/saiseiseminar.html
2012/08/01のBlog
[ 12:39 ] [ 自立計画日記<日見谷・谷> ]
今年早くも2回目のイベント

谷地域で恒例の不動の滝祭りに参加してきました
名所の不動の滝では、先日の雨の影響もあり迫力満点
コンサートも開かれました
なつかしの曲が披露され、地域の人も

大自然での野外ライブ
気持ちは、夏フェスメインステージ
コンサートは立ち見が出る程の大盛況

子供にとってもライブ初体験
ビンゴゲームもあり
一等賞になった笑顔が、一番の思い出でした
[ 12:04 ] [ 自立計画日記<長谷(ながたに)> ]
長谷地区の皆さんと鹿肉処理施設の見学です。

多可町加美区市原にある「きた保育所」を改修した処理施設です。
鹿処理には、なんと2時間以内に処理をしないといけない等
初めてのことがいっぱいでした。
宍粟市にある道の駅山崎 「鹿の蔵」で鹿肉料理を頂きました。

初体験
牛肉をたんぱくにしか感じで、脂身が少ないバラのような感じ
鹿肉と言われなければわからない
長谷地区に戻って意見交換

鹿処理には、多くの課題が有ることや負担が多いことが共通認識となったようです

地域の目的である鹿対策を考えるのにいい機会となりました
2012/07/27のBlog
[ 16:33 ] [ 自立計画日記<伊佐> ]
養父市八鹿町の伊佐地域で自立計画づくりの第1回会合が行われました。
計画づくりの委員約30名の全員が出席し、地域づくりへの意識の高さを感じました 

主な議題はこれから実施する全戸アンケートの素案について。
地域づくり部会で作成した案とアドバイザー案をたたき台に、どの設問にするか、誰が回答するのか、全体のボリュームはどれくらいがいいかなど、白熱した議論が行われました。
また、お試しイベントとして地域の見どころをめぐるハイキングを企画。
右の写真は甘棠亭(かんとうてい)で、江戸時代に出石藩主が休憩に立ち寄ったとされる県指定文化財です。
この甘棠亭も現在は有効に活用されているとはいえず、一部の有志の方により維持されています。
貴重な地域資源をどう生かすか、これから地域で知恵を出し合って計画づくりに反映させていきます。

まえちゃん
2012/07/20のBlog
[ 16:36 ] [ 自立計画日記<門柳・岡・喜多> ]
今年度からふるさと自立計画づくりに取り組む西脇市黒田庄の門柳・岡・喜多(MKOという!?)で、「合宿」が行われると聞きレポートしてきました。
会場は日時計の丘公園です。
この公園を地域住民で運営し、地域づくりの中心として活用していくことを目指しています。
合宿の予定は
1日目
 ・日時計の丘公園を見て回ろう(現地確認)
 ・ワークショップ(公園のいいところ、悪いところについて意見を出し合う
 ・懇親会、ロッジで宿泊
2日目
 ・周辺の散策
 ・フォルクスガーデンで朝食
 ・ワークショップ
まずは日時計の丘公園をみんなで見て回ります。
どこがよいか、悪いか、各所をチェックし写真をとります
オートキャンプサイトは車を停め芝生でキャンプができる広々としたスペースが特徴。
隣のサイトとは植栽で区切られていて、家族でゆっくり楽しめますね。
ところどころ、柵が壊れていたり、植栽の管理が行き届いていなかったり、課題も見つかりました。
右の写真は「ギフチョウドーム」です。
里山に生息するギフチョウですが、春に見られる蝶のためそれ以外の季節では少しさびしい感じがしてしまいます。
ワークショップではいいところ、悪いところについて意見を出し合いました。
地元の方も、実はじっくり施設を見たことがない方も多く、いろんな発見があったようです。

夜の懇親会までお邪魔しましたが、今回の合宿で地元の皆さんもあらためて日時計の丘公園について考えるいい機会になったようでした。
2日目のワークショップでもきっとよいアイデアが出たことでしょう!

まえちゃん
2012/07/11のBlog
[ 14:48 ] [ 自立計画日記<長谷(はせ)> ]
JAの撤退後、村営マーケットとして地域出資の株式会社で運営してきた村営ふれあいマーケット長谷で、オープン4周年を記念するイベントが行われました。

まずはマーケット前でのテント販売が目につきます。
地元野菜が格安で売られていました
とりあえずでっかいキャベツとでっかいキュウリをゲット!
楽しみにしていたのが鹿肉コロッケ。
昨年度、料理研究家の明石先生を招いて特産品として試作を重ねたもの。
大きくてアツアツでなかなかおいしかったですよ
いちどに10個買う人もいて、2時間もしないうちに売り切れてしまいました。
ほかにヘルシーなおからクッキーも昨年度試作したもの。
しっとりとしてこちらもおいしかったです。
ふれあい喫茶はご覧のとおり大盛況
おばあちゃんだらけでした(笑)
150円でコーヒーとパン、サラダ、バナナ、ゆでたまご、水ようかんとお腹いっぱいになりました。
そのほか、マーケットでも特売品が目白押しでたくさん買い込んだまえちゃんでした

2012/07/03のBlog
[ 15:24 ] [ 自立計画日記<新田・作畑> ]
5月19日~20日に神河町新田・作畑地区で1泊2日親子米づくり体験が行われました。
千ヶ峰ふもとでふれあい協議会では昨年も米づくり体験を行いましたが、今年は1泊2日、メニューもパワーアップしての実施です。
親子連れからお友達同士まで5組13名が参加しました。
初日は田植え体験です。
手で植える昔ながらの田植えは地元でも珍しいものになりましたが、裸足で泥に入る感覚が冷たくて気持ちいいようです
最後は記念撮影。
みんなで植えた稲が秋に実を付けるのが楽しみです。
田植えで汗をかいた後はお風呂に入り、地域のみなさんと一緒に夕ご飯。
地元の田舎料理に舌鼓を打ちました。
2日目は里山巡りです。
地元の小さな植物や作畑の観音堂など、地元ガイドさんの案内でゆっくりと歩きました。
写真は「重箱石」で、3段の重箱に形がにている大岩です
願い事や人に知られたくない秘密封じとして信仰されているそうです。

田植えと里山巡りで新田・作畑地区を堪能したみなさん。
次は8月19日(日)の野菜植え付け体験でお会いしましょう!

まえちゃん

新田・作畑地区の体験イベントはこちら
2012/07/02のBlog
事業3年目を迎える養父市小佐地域。
これまで事業に取り組んできた「小佐を考える会」は、住民が自由に参加できるいわば「話し合いの場」でした。
気軽に地域活性化の様々なアイデアを出すことができた一方で、組織としては弱い面があるのも事実でした。
そこで、校区単位でのまちづくりを進める養父市の方針もあり、このたびこの小佐地域にも小佐地区自治協議会が設立されました。
旧小佐小学校区の住民をメンバーとし、事理会と4つの部会により構成される地域自治組織です。
立ち上げに関わった住民の皆さんには大変なご苦労があったそうですが、これからは小佐地域を豊かで住みよい地域にしていく活動をこの自治協議会が行っていくことになります。

組織を強化してまちづくりに取り組んでいく小佐地域の今後の活動に注目です!

まえちゃん
2012/06/28のBlog
[ 09:18 ] [ 自立計画日記<雑件> ]
兵庫県では、インターネットを活用した動画配信により、兵庫の魅力や各種施策情報等を効果的・効率的に発信する「ひょうごチャンネル」(兵庫県インターネット放送局)を開設・運用しています。

ふるさと自立計画をはじめ、地域再生大作戦に取り組む地域の紹介映像もありますのでぜひご覧ください。

ひょうごチャンネル
http://hyogoch.jp/
2012/06/27のBlog
[ 15:12 ] [ 自立計画日記<日見谷・谷> ]
24年度モデル地域の日見谷・谷地域で、さっそくイベントが行われましたので行ってきました。
ふれあい喫茶でお茶を飲みながら、乱舞するホタルを見るイベントです。

地域の活動拠点であるふれあいの館でふれあい喫茶が行われました。
地域の方のほとんどが参加されたのではと思うほどのにぎわいで、建物の中だけでは入りきらず、外にも席が用意されました。
近隣の宿泊施設である楓香荘とフォレストステーション波賀の宿泊客もマイクロバスで参加し、交流を深めました。

実に100人を越える方が楽しいひとときを過ごし、いよいよあたりが真っ暗になるとホタルの鑑賞です。
今年は涼しい日が続いたためか、昨年よりはホタルが少なかったということですが、都会では見ることのできないホタルの乱舞を見ることができました。
幻想的なホタルを見ていると、田舎にしかない魅力がたくさんあることに気づかされます。

今年度からふるさと自立計画づくりに取り組む日見谷・谷地域の活動をこれからも随時レポートしていきます。

まえちゃん
2012/06/19のBlog
[ 14:38 ] [ 基本デザイン-事業説明- ]
今年もふるさとづくりについて自ら考え、行動しようとする地域住民の計画づくりを支援するふるさと自立計画推進モデル事業の新規モデル地域を選定しました。

これから自立計画づくりにむけて活動が始まるこれらの地域を応援していきます。

【24年度新規モデル地域】
押部谷(神戸市)
門柳・岡・喜多(西脇市)
矢野(相生市)
鷹巣(宍粟市)
日見谷・谷(宍粟市)
三日月(佐用町)
長谷(佐用町)
伊佐(養父市)
与布土(朝来市)
長沢(淡路市)
仁井(淡路市)

こちらの報道発表もごらんください
『都市近郊型農村として地域活性化モデルを提示する!』

【地域の特徴】
神戸市西区の東北部に位置し、神鉄粟生線に沿って東西に延びる農村地区

【地域資源等】
県下最大級の果樹園(梨、桃、柿など)、農村歌舞伎、鬼やらい(疫病払い行事)
【取り組みイメージ】
・企業との地域連携協定による協働の里づくりとニュータウンとの交流による地域活性化
・伝統芸能・行事や果樹園などの活用による体験型観光交流の実践
『日時計の丘公園を核としたまちの活性化』

【地域の特徴】
西脇市北部に位置し、地域のほとんどが山地や農地に占められている。

【地域資源等】
日時計の丘公園、フォルクスガーデン、ふれあいスタジアム(いずれも市施設)、黒田庄牛、黒米の巻寿司
【取り組みイメージ】
・日時計の丘公園を中心に自然やスポーツなどの地域資源を切り口にした都市農村交流
・黒田庄ビーフ、地場野菜などを使った田舎料理の提供
『特産品開発および歴史・自然を活かした都市住民との交流』

【地域の特徴】
相生市の最北部に位置する農村地域(約9割が山地)

【地域資源等】羅漢石仏、三濃山求福教寺、感状山城、矢野メロン、小河ゆず、いちぢく など
【取り組みイメージ】
・市民農園の運営と獣害に強いキャッサバ芋の栽培のコミュニティビジネス化
・歴史と自然豊かな地を活かしたハイキング等による都会からの人の呼び込み
『学び舎(旧小学校)を中心とした農村都市交流と地域のつながり強化』

【地域の特徴】
岡山県との県境に近い宍粟市西部にある人口300人弱の地域

【地域資源等】
旧千種東小学校、棚田で育つもち米、薬草、千種カントリークラブ 等
【取り組みイメージ】
・旧千種東小学校をカルチャー教室、体験交流施設、簡易宿泊施設等として活用
・農村・森林等各種体験イベントによる都市住民との交流
『農業・福祉・歴史を軸とした地域おこし、隣接集落や都市部との交流推進』

【地域の特徴】
宍粟市中央部、波賀町の最南端に位置する山間集落

【地域資源等】
ふれあいの館(活動拠点)、ブルーベリー、ホタル、カブトムシ、不動滝
【取り組みイメージ】
・ブルーベリーやタラの芽等の地域産物を活用した特産品づくりと販路の開拓
・地域に伝わる歴史を調査・記録し後世に引き継ぐとともに、地域に誇りを持ち住み続ける
『農産物を利用した加工特産品開発と観光客集客イベントの実施』

【地域の特徴】
佐用町東部、千種川水系の支流が流れる山間部。面積50k㎡、23集落の大きなエリア。

【地域資源等】
旧森藩陣屋、あじわいの里(レストラン、お土産施設等)、そば(体験)、高原ぶどう など
【取り組みイメージ】
・地域の農産物を利用した加工特産品づくりと食の提供の場づくり
・『あじわいの里』『陣屋』『三方里山』を核とした集客のしかけづくり
『地域特産品や農産物加工品の開発販売、旧長谷小学校(地域交流センター)の有効活用』

【地域の特徴】
佐用町のほぼ中心部に位置し、中国自動車道佐用I.C.に隣接

【地域資源等】
旧長谷小学校(地域交流センター)、高伏山長谷寺、ホタル
【取り組みイメージ】
・旧長谷小学校を核とした農村体験や地域探訪ウォークなど各種イベントの実施
・獣害対策としての鹿肉料理の開発、特産品づくり
『文化財や名勝、史跡を活かした地域づくり』

【地域の特徴】
養父市北東部、豊岡市との市境に位置する山村地域

【地域資源等】
コウノトリ育む農法による農業、県指定文化財の甘棠亭(旧出石城藩主の休憩所)、古民家を改修した伊佐ふれあい倶楽部を拠点とした自治協議会の活動
【取り組みイメージ】
・自然環境や文化財資源を活用した体験型観光の推進
・防災、子育て支援などを検討し、安心で安全に住み続けていける地域づくりを目指す
『都市との交流を軸とした地域活性化、福祉コミュニティ活動の推進』

【地域の特徴】
朝来市東部に位置する山間集落

【地域資源等】
都市部住民を対象に様々な農村体験メニューを提供する交流農園、古民家を改修した農家レストラン「喜古里」、よふど温泉
【取り組みイメージ】
・遊休農地を活用した農業体験、野菜オーナー制度など都市部との交流促進と農地環境保全
・高齢者の見守り活動や通院、買い物支援などの検討
『自然薯を活用した特産品開発、空き施設を活用した高齢者のコミュニティスペース』

【地域の特徴】
淡路島の北部に位置する山間集落

【地域資源等】
山いも、東山寺、棚田風景、水車、地域主体のコミュニティバス、ホタル、廃校を活用したカフェ「ノマド村」
【取り組みイメージ】
・自然薯などの地域の農産物を活用した新たな特産物の開発
・空き施設を活用した高齢者のコミュニティスペース
『阪神地域と近接する立地を活かした交流促進、地域の偉人・鈴木重胤の功績を伝える』

【地域の特徴】
淡路島の北部に位置する山間集落

【地域資源等】
江戸末期の国学者・鈴木重胤生誕の地、早良親王の魂を鎮める常隆寺、女人禁制の舟木石神神社
【取り組みイメージ】
・ふるさと文化祭、二十六夜祭、久野々集落のかかし祭などの交流イベントの拡充・強化
・仁井の美味野菜のブランド化とコンテスト等を活用した名産品の開発
2012/03/23のBlog
[ 09:14 ] [ 自立計画日記<長谷(はせ)> ]
長谷地域の料理教室が3月6日に行われました
地元の食材をつかって明石先生のアドバイスを受けながらのレシピの考案・試作も今回が最終回試食のあとには、これまで作った料理の中で何か特産品として作っていけないか、今後の活動などについて話し合いが行われました

今回のメニュー
鹿肉コロッケ春巻き
鹿肉とこんにゃくの柚子味噌煮
くるみみそ五平餅
これまで作った料理は全部で15品!!
明石先生からは、これらをさらにアレンジし、地元の食材を取り入れながら長谷オリジナルの料理を作ってくださいというコメントがありました
実際に何を作っていくか、どういう組織でやっていくのかなどまだ決めなければいけないことも多いのは事実ですが、できることから取り組んでもらえればと思います
お知らせ
砥峰高原の山焼きが3月31日(土)にあります。
高原のススキの発芽と育成を促し、美しい自然を守るため、永年に渡り、地元のみなさんの手によって実施されており、今では“春の観光行事”となっているそうです。
バザーでは、この料理教室で作ったメニューも登場するかも!?見つけたらぜひ味見してみてくださいね

※写真は秋に撮影した砥峰高原の景色です。

おかやん
2012/03/16のBlog
[ 13:23 ] [ 自立計画日記<雑件> ]
今日は、兵庫県広報課からのお知らせです
↓ ↓
兵庫県広報課のツイッターがリニューアルしました

このたび、兵庫県広報課では、東日本大震災発生から1年を契機に、ツイッターの名称を復興への“祈り”と“エール”を込めて
「311from117Hyogo」に変更しました。
このツイッターでは、引き続き、「兵庫県が実施する被災地支援事業」や
「宮城県の復興イベント・観光情報」などをお知らせするとともに、
「東南海・南海地震対策など、兵庫県が取り組む防災減災対策」などを発信していきます。
被災地支援の輪の拡げるため、フォロー・リツイートにぜひご協力くださいますようお願いいたします。

 → 兵庫県広報課ツイッター http://twitter.com/311from117Hyogo
3月12日に開設したFacebook「はばタンなび(兵庫県広報課)」にも
新しいツイッター記事を掲載しているので、こちらもご覧ください。

 → はばタンなび http://www.facebook.com/habatannavi