ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
ふるさと自立計画推進モデル事業
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:920件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2010/08/13のBlog
暑いですねー。

今日は、地域づくりに燃える暑い集落の話・・・ではなく献血のお願い。

今、兵庫県庁に献血車が来ています。

年明けの初登庁日、4月の新年度、お盆・・・と3日ずつ県庁に献血車が来まして、私はなるべく献血してます。限界はありますが・・・・。

某総合庁舎に勤務しているとき、同期の保健所の人から勧められたのがきっかけで、それからちょいちょいするようになりました。(県民局にも献血車がちょくちょく来ています)



医学、技術が発達しましたが、完全に血液に代わるもの(人工血液)は開発されていません。やはり献血による血液確保が欠かせないようです。

病気やけがの治療のため、輸血や血液製剤を必要とする人たちが数多くいますが、不足がち・・・です。特に、年末年始やお盆の時期はピンチ!

本日はO型、AB型が特に足りないようです。

県庁勤務の方、県庁にお越しの方、どうぞ献血にご協力ください。

献血のことがわかりやすく書いてあるブログを発見、こちらもぜひご覧ください。
広報専門員のお仕事こぼれ話 「アンパンマンのエキス」


PS.外は暑いです。ご自身の体調とよくご相談のうえ・・・

 16(月)も献血車来ますよー 



くろ
2010/08/12のBlog
[ 14:21 ] [ 自立計画日記<小規模集落> ]
今日は「くろちゃん」「おかやん」が出張なので、小規模集落元気日記でおなじみ「たけ」がお送りします。

8月8日(日)、2つの都市農村交流イベントがありました。
一つは、小規模集落元気日記でもお知らせした「豊福(佐用町)でのスィートコーン収穫体験」。もう一つは、西宮市東山台での「上八代(朝来市)による出張販売」。ピーマンと「モロヘイヤうどん」を販売いただきました。

当方のスタッフも参加し、売上に貢献(ちょっとだけですが)。

で、職場のメンバーにも持って帰ってもらいました。うちの職場ならではの光景です!


たけ
2010/08/11のBlog
[ 18:05 ] [ 自立計画日記<高橋> ]
数日前から続いている豊岡市但東からの話題・・・・。
たんとう新鮮やさい市、いっちゃんおっちゃんの蓮池祭り、たんたん温泉(番外編)と続きました。
たんたん温泉からR482、R462と車を走らせます。帰りも福知山から高速に乗りましょうか。

おっと、R462沿いに巨大な熊発見!

別角度から撮影するとこんな感じ。

結構でかいですよ。

少し離れたところから撮影。これで大きさがよくわかりますね。

熊の左手に見えているのが、新鮮野菜や加工品などが買えます「百笑館」、たまごは何個たべようかな?「但熊」です。

で、熊の正体は・・・・。

女性専用WCでした。

中は残念ながら取材できませんでした。

空調完備ですか、エアコン付いていますね。

さてさて、今回の目的は・・・。

但熊弐番館のロールケーキ、です。

新鮮な但熊のたまごを惜しげもなく使っています。

今晩のデザートに決定!

画像は・・・・撮る前に食べちゃいましたー。


くろ
[ 14:20 ] [ 自立計画日記<余部> ]
先日、うれしい便りが届きました。
昨年度ふるさと自立計画の策定に取り組んだ余部(香美町)の「明日の余部を創る会」から、町の方を経由してメールがありました。

8月12日に供用開始となる余部新橋梁の開通を記念した行事を地元主催で行う、とのことです。

100年近くにわたって地域を見守り続けた鉄橋は無くなりましたが、新橋梁とともに歩んでいきます。新たな地域づくりの出発です!!

イベントの詳細はこちらをご覧ください。

また、余部の明日を創る会では余部新橋梁の“愛称”を募集しています。長く親しまれた「余部鉄橋」と同様に、全国に定着する新橋梁の名称を誕生させませんか。
余部地区公民館(TEL 0796-34-0415)まで皆さんのご意見をお寄せください。


くろ
[ 11:21 ] [ 自立計画日記<後川> ]
今年度のモデル地域、篠山市後川(しつかわ)で8月7日に催された「ふるさと後川夏まつり」の準備にお邪魔しました。
かんかん照りの中、朝9時から盆踊りの櫓づくり - お疲れ様です。廃校小学校を活用した地元の一大イベントですので、みなさん気合い十分。日陰のない校庭で写真撮影しただけで熱中症寸前の私とは大違い。
ノオト(篠山市出資の社団法人)から夏まつりの応援に来ていた方に、お話を伺いました・・・
「私は宝塚から来てますが、後川は都市部の人が考える理想の“田舎”です。たくさんの人が訪れる仕掛けを考えるお手伝いをしたいと思います。
・・・ナイスなコメントをありがとうございます。これからも、ふるさとづくりのサポート、全力でお願いいたします。
夏まつり本番(夜)も参加したかったのですが、わが家の年中行事、みなと神戸花火大会の鑑賞会とバッティングし、後ろ髪引かれつつ失礼しました。夏まつりには3泊4日のキャンプで後川を訪れていた西宮市の小学生も参加されたということなので、デカンショ踊りはさぞや盛り上がったことでしょう。

では折角なので、みなと神戸花火大会の写真を一枚。見事な10,000発でした。納涼。

まろ (←謎のブロガー新登場。さて、その正体は?・・・後日。)
篠山市の後川(しつかわ)からふるさと自立計画の取組です。
後川では、地域の特色、個性を活かし、住民の創意工夫とお互いの責任のもと、参画と協働により地域力を高め、安心・安全な後川をつくっていきます。 
「活力ある元気な後川の郷」づくり、です。

前回(7/7)は計画づくりの話までできなかったのですが、8/4(水)に後川文化センターで行われた後川郷づくり協議会第3回運営委員会で、自立計画モデル事業について話し合われました。

実は、後川はこの自立計画モデル事業以外にも、県民交流広場事業や文化庁の事業に取り組もうとしているところ。これ以外にも、各部会の取組もあります・・・・ちょっと頭の整理が必要ですね。

横山アドバイザー(丹波の森登録研究員)さんが、ホワイトボードに書き込みながらうまく整理、説明されました。さあ、取組は始まったばかりです。 「活力ある元気な後川の郷」を目指して取り組みましょう。


さて、こちらは閉校となった後川小学校。

夜というのに灯りがついています。教室ではなにか唄の練習?講堂では、西宮から来たキャンプの子ども達、スタッフが・・・・


地元の有志グループの方が踊りを教えておられました。楽しそうですね。西宮の子ども達も踊れるようになったかな・・・。





くろ
2010/08/10のBlog
[ 23:06 ] [ 自立計画日記<地域活性化への道> ]
ふるさと自立計画日記を日夜更新しているくろです。
今日は終日車で出張していたのですが今見ますと、、なにやら更新されているじゃありませんか。

となると、私にできるのは番外編くらいか・・・



さてさて、たんとう新鮮やさい市、いっちゃんおっちゃんの蓮池まつり()を楽しんだ後は・・・。但東町は資母地域のほうに車を走らせましょう。

しばらくすると、派手な黄色したのぼりが見えてきます、「たんたん温泉」です。

地域の人達が力を合わせて整備したと聞ました。

シルク温泉に負けず劣らず、“美人の湯”と聞きます。
湯船につかり・・・ほてった体を露天で涼ませ、サウナで汗を流し、冷水をからだにかけて一休み。以下繰り返し・・・・、繰り返し。 ああ、なんて幸せ。

いいかげんへろへろになったところで(ここで約1時間)、温泉からあがって一休み。
おあつらえむきに広間があります。かなり遅めのお昼ご飯をオーダーし、TVで「世界の車窓」みたいな番組を見つつ待ちます。

おっと、壁にかかるは・・・・ アサー って若い子は知らんやろな。

知らんかったら知らんでいいけど、偉大な漫画家、谷岡ヤスジ先生の絵だわ。

たしか奥様が但東の出身だとかで寄贈していただいたそうな。

ポスターの前でうなるもよし、備え付けられた単行本を読んで爆笑するもよし・・。

たんたん定食もはずせませんよ。
おっと、おなかがいっぱいの人は、ここで売ってる瓶の牛乳飲んでみて。もちろん、左手はこしにあてて・・・。

ああ、私のボキャブラリではたんたん温泉の魅力が十分に説明ができない・・・

ま、一度足を運んでみてください。

シルク温泉みたいに混んでいないので、ゆったりのんびり派の方におすすめします。


そうそう、卵かけご飯の但熊からは車で15分くらい、です。
(しかし、私の脳内地図(豊岡市版)の中心はきれいなくらいないに但熊やな・・。それでええんかな・・・。 ま、うまいからよしとしよう・・・。) カーナビ世代にはピンとこないだろうけど・・・。


そんなかんやで、まだまだ見ごたえのある「いっちゃんおっちゃんのはす池」~「シルク温泉もよし、たんたん温泉もグー」~「但熊の卵かけご飯&スイーツ」・・・・。
おたのしみください。

はっ、明日の記事は但熊・・・?



くろ
[ 10:14 ] [ 自立計画日記<城南> ]
地域紹介シリーズ第4回目!!
なかなかゆっくりやっていますがすみません

今日は城南地域を紹介します

城南地域は篠山市の南部、三田市との境界に位置しています
農業で栄えたこの地域では、特産であるコシヒカリ、黒大豆、山の芋の栽培が盛ん
道路を走っていると田んぼの風景が続きますよ。
一方、駅や篠山市街地に隣接した場所には振興住宅地があります
山間地と市街地の両面を持っている多彩な地域なのです
城南は農業に関しての活動が盛んです
20年来の営農組織を平成10年に法人化した集落があったり、神戸大学農学部のフィールド演習の受け入れ、神戸市灘区成徳地域との交流などすでに様々な取組がスタートしています

また、城南には12の集落がありますが、それぞれの集落で個別に行事や活動をされているようです
地域づくりに熱心なのは感心ですね
一回目の会合は、まち協の役員さんや各地区の区長さんなどが参加アドバイザーによる他地域の事例紹介、計画策定に向けた今後の取組、スケジュールを確認、意見交換をしました

城南地域は世帯数も多く、地域の範囲も広いです。
個別の活動で動いているところもありますが、それはそれでいいとして、この事業では城南地域としての将来を住民のみなさんで考えてほしいと思います

一部の人だけの取組にならないように・・・まずは意見の集約からですね
ワークショップや住民アンケート等を通して幅広い世代のたくさんの声を聞き、また既存の取組も生かしながら、計画づくりを進めて行きましょう

おかやん
2010/08/09のBlog
豊岡市但東町からの情報発信・・・・ぼちぼち更新しています(汗)。

いっちゃんおっちゃんの蓮池第2弾です。 その1はこちら

東屋で抹茶をいただいて涼しんだあと、奥のほうへ。なにやらテントがありますが・・・。

これまたよく冷えた「はす茶」をいただきました。


こちらは「はすごはん」。

事前告知で「はすご飯のふるまい」ってあったので、あわよくば(っていうか昼時を狙って・・・)試食させていただこうかと行きましたが、少し想像していたのとは違ってました。

私の想像では、はすの葉っぱが入っているものかと・・・。

よそってもらったとき、「えっ、栗ご飯?」って思ったんですよ。




その正体はこちら。





でも、味も栗そっくりなんですわ。


さらに奥にはこんな看板が。

古代米アートですか。この前のブログで大河内地区の古代米アートを紹介しましたが、ここでも・・・。

大河内ではくわがたでしたが、こちらは?

はすの葉とカエル、です。


8/1現在でこんな感じ.......です。



秋が楽しみですね。



くろ
2010/08/06のBlog
おもしろいブログを見つけました。  *ひょうご集落応援ビデオネット

まずは獣害レンジャーという単語にピクピクッと反応してクリック。
ん、これはこれは・・・。おもしろげな内容です。

お役所的表現では、“大学のキャンパスでの上映会や地域活動のポータルサイト上での情報発信等を通じ、地域と都市部のニーズをマッチングし、担い手確保や空間活用につなげる”となるのでしょうか。

まずは、小規模集落元気作戦に取り組む三原地区(豊岡市竹野町)に入り込み、映像作成に取りかかるそうです。

おもしろうそうですね、目が離せない存在になりそうな予感......です。

(写真は記事とまったく関係ありません。私の今日の気持ちを表現したもの。なんとなく・・・)


くろ
[ 18:09 ] [ 自立計画日記<雑件> ]
職場からの景色・・・・虹がでてました。

ただそれだけなんですが、みなさんにもおすそわけ。




くろ
豊岡市但東町からの情報発信です。

たんとう新鮮やさい市のあとは、いっちゃんおっちゃんの蓮池祭りに移動です。
やさい市のあったシルク温泉やまびこからは、「すぐ」ですよ。この、すぐというのは、田舎でいうところの「すぐ」でして、そうそう、車ならあっという間です。

確か、駐車スペースがそんなに広くなかったなー、後から来る人のために開けておこう、と今回は歩いていくことにしました。
いやー、いい天気です。

さて、そもそも「いっちゃんおっちゃんの蓮池」って?

いっちゃんが精魂込めて整備した蓮池です。

H16年10月の台風23号で出石川が氾濫し、このあたりの田んぼは完全に土砂で埋まるなどの大被害に襲われました。 なにくそと、いっちゃんが「蓮池」に再生させたのがココです。

ん?テレビカメラが見えます。いっちゃんおっちゃんが取材受けてますね。朝日放送さんだそうです。


わーきれいですね。 よく咲いていました。










シルク温泉の方から行きますと蓮池の入り口あたりに東屋がありまして、今日はこちらで野点が行われていました。高橋振興対策協議会の活性化委員さんが活躍されています。 

日陰に入りますと、すーっと通る風で汗が引いていくのがわかります。
まったりとした時間を過ごせました。ごちそうさまでした。



場所を説明しましょう。無料となっている舞鶴若狭道からですと、福知山ICを降りて北西方面、R9、R426。たまごかけごはんで有名な但熊を通り過ぎて5~6キロくらいですかね。左側に大きな建物、たんとうドームが見えてきます。その辺りまで行きますと、シルク温泉の看板が出てきまして、橋のあるところを左折します。橋を渡りきったところで、右に行きますとシルク温泉やまびこ、左に行きますとたんとうドーム、蓮池です。

蓮池までは少し道が狭いので注意して進んでください。蓮池のところでUターンして戻って来れますのでご安心を。

週末もまだ蓮の花が見れると思います。


くろ
2010/08/05のBlog
[ 00:48 ] [ 自立計画日記<高橋> ]
8/1(日)、豊岡但東町で行われました、たんとう新鮮やさい市、いっちゃんおっちゃんの蓮池祭り・・・等、たんとうを満喫してきましたので、何回かにわたって紹介いたしましょう。

まずは、美人の湯で名高いシルク温泉やまびこ前の駐車場で開催された「たんとう新鮮やさい市」です。

11時過ぎに到着しますと、早くもにぎわってます。
ホワイトコーンの試食がありました。
ちょっと絵柄的にいまいちかもしれませんが、左のほうにゆでたやつ、右のほうはナマ、です。
いただきますと、まずゆでたやつ、これが甘い。びっくりです。
次に、ナマのやつ。またこれがなかなかいけますやん。
一粒ひとつぶの味を楽しむ、っていうかんじですか。
もともと、温泉に来られた方が多いというのもあるようですが、にぎわってます。

そうそう、高橋活性化委員会の方もおられました。
こちらは、温泉の施設関係。

環境にやさしい、温泉ですか。

さて、私はおやつ用()にわらびもちを買いました。
持参したクーラーボックスで冷やしたまま保存し、小腹がすいたらいただくことにしましょう。

まずは、新鮮やさい市からおとどけしました。



くろ
2010/08/03のBlog
[ 13:52 ] [ 自立計画日記<安賀> ]
最近本当に暑いですねー

そんな昨日は、安賀にお邪魔しましたー

これで私も、H22モデル地域(8地域)にひととおり訪問!!
実際に足を運んでみると、資料や写真で見たのとはまた違う発見がありますね
そして、普段机で作業するのも地域にいったことがあるとイメージがしやすくてやっぱり現場に行くってとても大事だなぁって感じています

もちろん、ひととおり行ったから終わりではないので、今後も何回もお邪魔しますよ
みなさんの取組をしっかり見守り、支援します!
あと、H21モデル地域にもできる限り行きたいですね~
さて、安賀地域は宍粟市波賀町の中心部に位置し、山々に囲まれた国道29号に沿いに開けた地域です。
ブルーベリーや自然薯などの特産品が特徴で、それらは道の駅みなみ波賀で加工・販売されています
そしてこの地域にはコンビニもあるんですよ!!これには少しびっくりしました

晩ごはんに自然薯をいただきましたー
さすが長いもとは違いますね。おいしかったです

ところで、長いもと自然薯似ていますが違いを知ってますか?!
長芋、自然薯の違いは

自然薯は結構珍しくちょっとお高いものなんですね


まだまだ安賀の魅力をお伝えしたいですが、それはまたの機会にします
さて、会合ですが今回は第一回目

自治会役員さんはじめ、子供会、老人会、女性部など各団体の代表者が来られていました

安賀は、計画策定委員会を立ち上げ、この組織を中心に計画づくりを考えていこうというスタイル。
委員長、副委員長、書記も決まり、ここからスタートです
まだまだわからないことだらけで、うまくできるかという方も多いようでしたが、気楽にやろうということで会は進んでいきました
とにかくやってみるに限りますね
会も具体的な話になるにつれ、計画づくりに対する地域の意気込みは十分感じられました。
地域のみなさんのペースで取り組んでいきましょう
次回からは、3つの部会に分かれて話し合い

活発な意見交換の場となることを期待しています

おかやん

2010/08/02のBlog
[ 13:12 ] [ 自立計画日記<明延> ]
自分達の生まれ育ったこの地で、汗にまみれ働き日本の経済を支えたこの地で、この先もご機嫌に暮らしていくために・・・・。
昨年、明延(養父市大屋)のみなさんが取り組んだ「ふるさと自立計画」、実践に向けた取組が水面下で進んでいます。

7/15(木)、明延振興館で打合せを行いました。
なにやら、振興館の内部が模様替えされてます。



昨年の途中から始めた「一円電車ストラップ」ですが、より詳細に作ったバージョンがあるようですね・・・・。

手作りですから、どれ一つとして同じものはありません。




明延のみなさんの努力のかいあってか、ふらっと明延のまちを訪れる観光客もあるようです。

(この前、TV「NHKふるさと一番」で紹介されましたし、もっと来訪者が増えればいいのですね・・・)

案内の1人でもいるだろうと、最近は振興館の玄関に机を出して、そこでストラップづくりをしたりしているようです。


さて、昨年取り組んだ「ふるさと自立計画」。

計画を確かなものにしていくには、立ち止まらずに、引き続き活動をしていかないといけません。

けっして無理をせず、ゆっくりでも・・・・。

自分達の生まれ育ったこの地で、汗にまみれ働き日本の経済を支えたこの地で、この先もご機嫌に暮らしていくために・・・・。
さて、暑い日が続きます。

こんな時は、探検坑道を見学しませんか?
年中気温が13、4度前後で、ひんやりします。
(っていうか、見学には長袖シャツを着た方がいいですよー)



くろ
2010/07/30のBlog
ふるさと自立計画に取り組む豊岡市の高橋地区。10集落から成り、この前、大河内の古代米アートを紹介しましたが、今日は平田にある「いっちゃんおっちゃんのはす池」では、いっぱいの蓮が花を咲かせていますよ。



シルク温泉から少し歩いたところになります。

今度の日曜日(8/1)、シルク温泉やまびこの前では「たんとう野菜市」、いっちゃんおっちゃんの蓮池では「蓮池まつり」が行われますよ。

詳しくはこちら

ぜひ但東町高橋へ・・・・Go
かえるさんも居ます。
自然がいっぱい、です。
神戸からだと、舞鶴若狭自動車道が無料になって行きやすくなりましたね。福知山IC降りてから1時間もかかりませんよ。





くろ
2010/07/29のBlog
[ 19:44 ] [ 自立計画日記<小規模集落> ]
7/2(水)、八鹿の八木地域で某プロジェクトの現地調査立ち会いを済ませた後、ふるさと自立計画H22モデル地域となっている栃原(とちはら)のことを打ち合わせするため、朝来市生野支所へ。

駅の辺り、様子が変わっちゃいましたねー。

さて、情報交換の打合せ後・・・。この日は水曜日。となると向かうは、このまえオープンしました、奥銀谷自治協かながせの郷“ふれあい喫茶だんらん”、です。

初めてお邪魔します。中は、陽が大きく入ってきてとても気持ちいいです。

ここの事務所には、松山千春じゃなかった「奥銀谷地域小規模集落サポーター」の細川さんがおられるはず。

ついこのあいだ、別の場所で初めてお会いしたんですが、しっかりと話す時間が無かったもので、この機にとお邪魔してみました。

で、アポ無しで行ってみますと不在でした。

ま、こんな事もありますわ。つめたーいコーヒーをいただきます。



地域住民オンリーの店でもなく、明らかに集落外から来た私もあたたかく迎えていただき、午後のゆるやかな時間をしばし過ごしました。

幹線道路から1本なかに集落の細い道があるのですが、そこからさらに脇にはいったところになります。のんびりと新聞などを読ませていただきました。

おっと、読売新聞でしたが、ちょうどくろかわキッズラボ2010の紹介記事が載っていましたよ。
まだ申し込み間に合うのかな。

こちらの写真は、どれでも100円!です。



携帯で撮った写真なのでぼんやりしてますねえ。(>_<)

またお邪魔します。 (^_-)




くろ
[ 10:51 ] [ 自立計画日記<竹野浜> ]
「小規模集落元気日記」でお世話になっています『たけ』です。
今日は、ふるさと自立計画ブログに乱入じゃ~。

先日、このブログで紹介されていました「第4回 竹野浜渚イルミネーションウミナリエ」。7/25に行ってきました。

まず、ネーミングがイカしてますよね。「ルミナリエ」の海版、そやから「ウミナリエ」となったんでしょう。ネーミング会議ではいろんな意見が出たんでしょうねぇ。楽しそうや。

ペットボトル(地元の小中学生、住民で集めたんですって!)をつなげて、ツリーやトンネル、北前船などを形作ります。ペットボトルの中には電球が連なっており、点灯させるとペットボトルが「ポッ」と点ります。なにやら幻想的な光景が広がります。

日中は海水浴客でにぎわう竹野浜。浜がその余韻を楽しむように、にぎわいを作り出します。

竹野浜っていいところですね。カニの季節にも訪れたいものです。

その前に7/30の花火大会か。

2010/07/28のBlog
[ 14:23 ] [ 自立計画日記<小佐> ]
24日土曜日は小佐地域で2回目の会合がありました

小佐の地域の会合は、誰がいつでも参加してもいいというスタイル
前回参加していなかった人、また毎回参加することが難しい人でも気軽に参加できるというところがいいですよね

まずは、前回(1回目)の振り返りから始まりました
アドバイザーいわく実はこれが一番大切だとか

会での取組内容は『小佐を考える会ニュース』として毎回全戸配布され、地域のみなさんにお知らせされています。これには前回のワークショップで出された意見、そして次回の参加を呼びかける内容が書かれていますこのちらしを見てこの取組について知り、参加した人もちらほらいたようなので効果は上々かと

やっぱり地域で何かするとなれば、情報をしっかりと流すのは大事ですね
一部の人ではなくて地域みんなで取り組んでいくんだという区長さんたちの思いが伝わってきます
さて、振り返りのあとは、予定されていたプログラムを変更し、意見交換が主となりました

地域の中でも、やはりいろいろな意見がでてきますね-
地域が一つになってやろうとなるには、時間をかけてとにかくやるしかない

時には予定通りに進まないことだってありますが、着実に一歩づつ進んでいることは確かです

ゆっくりとやっていきましょう


おかやん
2010/07/26のBlog
[ 13:05 ] [ 自立計画日記<余部> ]
鉄橋架け替え工事の進む余部からのブログです。 その1はこちら

東側のトンネル出口の写真です。

いま新しいコンクリート橋が見えているところ、つい数日前までそこには鉄橋があったんですよ。

写真左端の青色カバーを掛けられた橋脚の上を4m北に移動、そこを支点に5度回転して今の位置に落ち着きました。

ものすごい工事ですねー。

お土産屋兼資料館ギャラリー「一滴亭」にお邪魔します。

ここにはノートが置いてあり、余部に来られた方の思いが綴られています。あちらこちらから来られていますねー。

写真の右上に写っていますのは、「鉄娘な3姉妹」(松山せいじ先生)っていう鉄な漫画です。撮りテツ長女、乗りテツ次女、模型テツ三女が旅する漫画でした。おもしろかったですよー。


工事中の鉄橋、新橋をみあげるこの物体は・・・?
テッシィって背中に書いてありました。




着々と進む鉄橋鉄橋、余部新橋梁工事。

香住~余部間を結ぶ「余部道路」も工事が進んでいます。余部出口には「道の駅」も計画されています。

大きく姿を変えようとしている余部地区。鎧、御崎とも一体となって、魅力のある余部をつくり、こども達に残していきましょう。


くろ
[ 12:33 ] [ 自立計画日記<余部> ]
余部鉄橋架け替え工事、順調に進んでいます。

7/24(土)、香美町の余部に行ってきました。

16(金)の最終列車を最後に、翌日から鉄橋の撤去、新しい橋げたの東端S字部分の4m平行移動5度回転、といった工事も無事完了・・・・しました。

7/24は青空の下、大型クレーンが動いていました。

西(鳥取方面)側から東(香住方面)を見ますとこんな感じです。

西から延びてきた鉄橋は途中でなくなり、S字のコンクリート橋に取って代わられています。

鉄橋の橋脚には東側から足場が組まれネットが張られています。

順次切り取っては40m下の地面に降ろされていくのでしょう。

ここ数ヶ月、多くの人で賑わった餘部駅。

どうなっているかと急な坂を登っていくと、途中から通行止めになっていました。

つい数週間前まで、列車が止まる度に団体客がこの坂を下ってきてたのですが・・・。





駅に向かう道を途中から引き返し、橋の下を歩いてみます。

重機の作業場所やら工事資材置き場は当然立ち入り禁止です。

おっと、バリケードの向こうにある赤茶色の物体は・・・






切り取られた鉄橋の一部、でした。

写真枚数の限界(5枚)となりましたので、その2につづきます。



くろ
2010/07/23のBlog
それぞれの“ふるさと”にそれぞれの“一番”がある。全国各地の“旬な話題”を生中継でお届けする「生中継 ふるさと1番!」(NHKHPより)、7/21(水)は養父市大屋町の明延からの放送でした。
日本の近代化を支えた明延鉱山の探検坑道と、復活を目指す一円電車の紹介でした。
なんせ生中継ですから、ピーもブーも入りません。時間配分に失敗すればとんでもないところで中継か終了する可能性も・・・・。
いやー、無事に放送が終わり何よりです。

こちらは、放送を終えてほっとする明延のみなさんと今城アナウンサー、タレントの奥山佳恵さん、一円電車「くろがね号」の前での集合写真です。

さて、番組で紹介のありました明延鉱山。日本の近代化を、ヤマの男達が支えていました。その息づかいが聞こえてきそうな探検坑道は、どなたでも見学することができます。(足元がよくないので残念ながら車いすの方は奥まで進むのは難しいです・・・)

円高や金属価格の下落等のため昭和62年3月、まだまだ採掘可能な鉱脈を地底奥深くに残したまま閉山しました。そのときの坑道の総延長は550キロメートルもあったそうです。

そのうち入り口部分の650メートルが探検坑道として生まれ変わってます。


といっても、余計な装飾は一切されていません。
当時の様子をそのままに伝えています。地下深くで使ってた採掘用の機械をいったんばらして持ってあがってきて、それを組み立てて展示したりはしていますが・・・。
軌道もそのままです。非常に幅の狭い軌道ですね。何という規格なのか私は知りませんが、鉄ちゃんにはたまらないでしょうね。

写真は軌道が2方向に分かれている場所です。暗くて写真がピンぼけになっていますが、なにか吸い寄せられるような場所でした。なかなかこういう体験できませんよ。


こちらは、番組の中でも紹介されていた「2T蓄電池式機関車」です。こいつで、鉱石が詰まった台車を牽引します。
そうそう、坑内は火気厳禁。有害ガスを発生するガソリンエンジンも使えません。動力は圧縮空気と蓄電池です。

こちらの機関車の他にも、発破で出てきた鉱石をかき寄せる「スクレーパー」や「ボーリング機」「ドリル」「ブルドーザーみたいなヤツ」....などがさりげに置いてあります。そうした機械の使い方なんかもガイドさんが説明してくれますよ。


坑道は年中ほぼ一定の気温、湿度を保ってます。この日(H21.6.11 16:30 晴れ)は気温13度、湿度77%でした。

さて、魅力一杯の探検坑道、見学には事前の連絡が必要です。

問い合わせ先:養父市立あけのべ自然学校
 兵庫県養父市大屋町明延1184
 TEL:FAX 0790668-0258

料金は小・中学生 210円、高校生以上630円
(上記の他に案内料が必要なようです)

詳しくは施設にお問い合わせいただくか、自然学校HPをご覧ください。


くろ
2010/07/22のBlog
[ 14:48 ] [ 自立計画日記<粟鹿> ]
ふるさと自立計画H22モデル地域紹介

第二回目は粟鹿地域です

粟鹿地域は朝来市の東部に位置し、粟鹿山の山麓に広がる田園地帯。北近畿豊岡自動車道山東ICを降りてすぐの地域で、立地条件に恵まれています神戸から行く私たちにとっても行きやすい地域です

地域内には、西宮市との交流拠点である西宮市立山東自然の家、粟鹿神社や由緒ある当勝神社、大同寺、鹿園寺などがあります

H23春に粟鹿小学校が廃校の予定です
もう今年度いっぱいでなくなっちゃうなんて、なんだか寂しいですね
この事業の取組の中でも小学校の利用については議論されると思いますが、地域でうまく活用できたらいいなと思います
粟鹿地域の交流についての話題

地域住民の交流の輪を広げようと、取り組まれている『ふれあいサロン 喫茶バンビ』
なかなかのネーミングセンスで個人的に気に入りました
このサロン、現在は週に3回(月・水・金)開かれているそうで、結構人気であるとか
今後もさらなる取組の促進を考えておられます

他地域との交流については、西宮市立山東自然の家を通した交流をという声が多いようです
山東自然の家には、年間通じて都市部の子どもたちあるいは親子がやってきて、キャンプしたり地域を歩いたりしているそうです。しかし、実際地域との直接的な交流はないという現状のようです
地域に都市部から人が来るきっかけがあるのだから、なにかすれば新しい交流を生み出せそうな気がします
そんな粟鹿地域の目指す将来像は、
自主財源の確保
他地域との交流促進 
地域内での地域づくりに対する意識の共有
ということです

応募書には、コミュニティービジネス、有休農地の活用、小学校の利用など様々な取組を考えているとありました
取組を進めるにつれてもっともっといろいろなアイディアが生まれそうです

いずれにしても、計画づくりは一部の人たちだけでするのではなく、
地域のみなさんで作り上げるものです
実際にどういう方向で地域づくりを進めるのかまずは地域で意識を高め、
じっくり考えてほしいと思います


おかやん
[ 13:30 ] [ 自立計画日記<大蔵> ]
H21にふるさと自立計画の取組を行った朝来市和田山の大蔵地区。
めざせ!!あたたかい心のふれあうユニバーサル社会、として『大蔵じろはったん村のむらづくり計画』が策定されました。そんな大蔵地区からのお話・・・。

先週は、余部鉄橋ラストランということで世間は大賑わいでしたが、橋は橋でも流れ橋、「高田の一本橋」とお別れ・・・・というものです。

そもそも「流れ橋」とは・・・。昔は今みたいに土木技術が発達しておらず、大雨で水かさが増した際の強い水の流れや漂木などをせき止めてしまったことにより橋そのものが破壊されることも多く、それではと、あえて橋の上部部分が分解されるような構造にして橋桁を守り、水の勢いがおさまるのを待って、後日、比較的簡単に復旧工事ができるというものです。(比較的簡単に・・・といっても大変ではあるのですが・・・)

ここ、大蔵の高田集落にある「高田の一本橋」は、200年にわたって地域の方の生活を支えてきた貴重な流れ橋です。映画のロケに使われるなど、絵になる風景だったようですね。11基の橋脚の上に、12枚の橋板(1枚8m)が渡され、流れて無くなってしまわないよう橋板はワイヤーで繋がれていました。ワイヤーで繋ぐまでは、大雨が降る度に下流の遠くまで大八車で取りに行っていたようです。

ところが、昨年の台風では橋脚8基が流失、残った3基も損傷、橋板は5本がなくなってしまったそうです。
再建か閉鎖か・・・・。誰もが再建を望んでいましたが、橋脚の多くが流れ、残った橋脚も傷んでいます、おいそれと手を出せるものではなかったようです・・・・。残念。


7月17日(土)、「感謝祭」が開かれ、最後の別れをしました。式典後は、腰まで円山川につかり、橋の復旧工事の実演が行われました。最初に、「比較的簡単に復旧・・・」と書きましたが、イチから造るのに比べたら、経済的にも労力的にマシではあるものの、それは村をあげての重労働だったようです。

区長さんがあいさつされました「みんなの命をつないだ橋。協力しあう心、みんなを愛する心を受け継いでがんばっていきたい」のことばにあるようにむらづくり、まちづくりを進めていきましょう。


くろ
2010/07/21のBlog
[ 15:20 ] [ 自立計画日記<小佐> ]
H22モデル地域となった8地域について、シリーズで紹介ー

第1回目 小佐地域

小佐地域は養父市の北西部に位置しています
標高1142mの妙見山の谷筋に広がる地区で9集落で構成されています
地域の奥には抜け道はなく、行き止まりの地域なのです

地域の大きな誇りといえば、名草神社
本殿は妙見山の八合目(標高800m)にあるんですよ!
秘境の聖地って感じですね
かつては妙見信仰の一大拠点として、近畿はもとより、中国、四国、九州からも参拝客が訪れたようですまた、本殿、拝殿、三重塔が国の重要文化財に指定されています
地域のみなさんが声をそろえて自慢されるだけあって、ほんとうに立派です
これは、赤米の田んぼ

1963年に小佐郷の赤米が平城京に献上されたことを記録する木簡が発見されたことをきっかけに、小佐地区で赤米づくりが始まったのだとか
故事にちなんで献上隊を結成し、赤米を奈良へ贈呈する取組は毎年行っているそうです

また、この赤米を通して都市住民との交流行事も行っています
田植えや収穫の際にイベントをしているようです
小佐小学校の写真
生徒数は減少し続け、現在34人
複式学級となっています
人口減少・少子化の影響をやはり大きく受けているようですね
近頃、他地域でも学校の統廃合の話はよく聞くようになりましたが、小佐地域の方々はいつ廃校の話が持ち上がり、具体化するのか危機感を募らせています

そんな小佐地域の目標
それは、地域内コミュニケーションの再構築
地域の計画づくりを策定する課程を通じて地域住民の意思疎通を図り、地域で一丸となって、地域づくりを考えていく基礎をつくる
これって実はすごく大事だと思います

小佐はのようにに地域の人を巻き込んで、計画づくりを進めていくのでしょうか
どんな話し合いが繰り広げられるのか注目です


おかやん
[ 10:16 ] [ 自立計画日記<小規模集落> ]
小規模集落元気作戦に取り組む薬王寺集落(豊岡市但東)では、今春から、休耕田となっていた田んぼを米作り体験用の田んぼとして活用する取組を始めました。

取組1年目。大賑わい、とはいえませんが、阪神間から参加しているメンバーは「楽しく」やってます。

これまでの様子はこちら。

田植え(5/16)その後草刈り(6/13)

先日(7/14)、ふるさと自立計画に取り組む高橋地区の会合に向かう道すがら、薬王寺の田んぼを見に行ってきました。
おう、大きくなっています。

最近は車を運転してても、つい道ばたの田んぼに目がいくようになりました。この田んぼの稲は大きくなってるなーなんて一人で思ってます。

郊外を車で走ってますと、辺り一面、みどり・みどり・みどり・・・・気持ちいいですね。
日本の風景、という気がします。
秋になると、これが黄金色に輝くのですね。 

さて、あれだけきれいに草を刈ったと思っていましたが、あぜは草ぼーぼーでした。



くろ
[ 08:56 ] [ 自立計画日記<明延> ]
イベントのほうでも告知いたしましたが、
今日、お昼のNHK生中継「ふるさと一番」で、明延が紹介されます。
探検坑道のなかからスタートするようですね。
古くは奈良の大仏建造に銅を供出したと伝えられる明延鉱山。一時は日本一の錫(すず)産出を誇り、明治から大正、昭和と日本の近代化を支えました。
閉山当時の様子、そのままで保存されています。

午後0時20分から0時43分までです。ぜひご覧ください。 


くろ
2010/07/20のBlog
[ 08:46 ] [ 自立計画日記<高橋> ]
昨年度に、自分達の将来を自分達で考える「兵庫県ふるさと自立計画推進モデル事業」に取り組んだ高橋地区(豊岡市但東)のみなさん。

高橋地区振興対策協議会で地域のために様々な取組をされています。7/14(水)に今年度2回目の「高橋地区活性化委員会」が開催されましたので同席させていただきました。

皆で意見を出し合って策定した高橋地区ふるさと自立計画、「とにかく始めよう」と第1弾は5月3日、天王さんまつりで「たかはし春のふるさと市」を行い、地元の特産品販売と委員会PRを行いました。その後も、「ガレージセールinたかはし」(5/19)、「公民館でのフリマ」(6/27)、「薬師祭」(7/11)などを主催、共催されています。

さて、この日も、バス(イナカー)問題の件、これまでのイベント参加の報告、「市長とふれあいトーク」の件、今後のイベント参加・・・・と盛りだくさんの協議内容でした。
やはり、活動状況を地域のみなさんにより知ってもらうべき、そのためには・・・積極的に活動していくしかないですね。少しでも多くの人に、地域のことを考え、少しでも行動していただければ・・・・明日の高橋のために!

さて、上記以外にもいろんな取組の報告がありました。
大河内地区では、昨年はおおさんしょううおの図柄の田んぼアートをされていましたが、今年は巨大クワガタにチャレンジされているとのこと。(写真はその設計図)

クワガタの足とか結構細かそうですが、うまくいくのでしょうか・・・。
写真は田植えの様子。(蛍光灯の光が反射して、うまく見えないですが・・・)
高橋振対協ブログで紹介されていました。こちらです。

場所は、国道から少しなかに入るんですかね。この日もその前を通ったはずなんですが気がつきませんでした。今度、注意してみます。


さて、高橋公民館で会合がある場合は、こちらが楽しみ。
毎回毎回、なにかが展示されているんですよ。今回は「ちぎり絵」の展示でした。


くろ
2010/07/18のBlog
[ 17:50 ] [ 自立計画日記<余部> ]
架け替え工事の続くJR余部鉄橋(鎧~余部)。7月16日、この日を最後に鉄橋は引退となります。
一昨日、最終列車となった大阪発鳥取行き特急「はまかぜ5号」。22時前に余部鉄橋を通過しました。これで最後の役目を終えます。ご苦労様でした。


海鳴り叫ぶ しぶきを浴びて
この地に根おろす 赤い橋
済んだ青空 海の青さよ
人の手となり 足となり
アアアアア 余部 余部鉄橋
行く人来る人 戻る人

唄:余部鉄橋 作詞・作曲 伊井武光氏


本日のラストランに先立って、7/4に地域の方手作りで行われた『余部鉄橋ラストイベント 「鉄橋を未来に語り継ぐ集い」』、その内容は後日、ゆっくりとお伝えしましょう。
(同行した鉄ちゃんのケイさん、よかったら記事をアップしてみてねー)


くろ
2010/07/15のBlog
[ 11:22 ] [ 自立計画日記<地域活性化への道> ]
今年度から始まりました地域再生応援事業

ご存じでしょうか?

簡単に言うと、地域だけでは解決できないような地域課題の解決に取り組む大学・企業・NPOなどの団体を支援する事業です
人口減少や高齢化など課題を抱える地域を、地域外の人材の取組を通じて元気にしていこうということです

詳しくは4/21の記事をご覧ください


たくさんの応募の中から、今年度は26団体が採択されました

そしてそして!
ブログが始まりました

地域再生応援Blog

各団体がどんな形で地域を応援していくのか注目です
まだ立ち上がったばかりですが、ぜひ一度ご覧ください

おかやん