ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
”長屋のおっちゃん”のブログへようこそ!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:43件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/12/08のBlog
皆さん、こんにちは!お元気ですか?

1か月ぶりのブログ更新です。皆さん!待ってくれていたかな?
9月にパレット相談室を閉鎖して2か月が過ぎました。私たちは今後の対応について色々と話し合ってきましたが、「どうすれば、当事者、ご家族に来てもらえるか」についての良い考え・方法が見つかりません。とりあえず、「しあわせ」を表す黄色の名刺をつくり、各自が知り合いや、関係者に配り歩くことにしました。もし、そのような名刺を手にしたときには是非、声をかけてやってください。
話は変わって、公民館留置や街中で配るチラシも少しだけ模様を変えました。それをもって先日、猪名川中央公民館に寄せてもらったところ、「どうですか!その後、誰か相談に来ましたか?」と尋ねられ、「残念ながら・・・」と返事をすると、「テレビや新聞では最近、引きこもりを取り上げ、苦しんでいる人も非常に多くなっている・・・と言っていますが、相談に来られないということは、それだけ問題が複雑,難しいんでしょうね!」と慰めてもらいました。「そうかもしれません!」と返事をするのが精一杯です。畑で作っている野菜の売り上げも順調です。かれこれ2万円に近いのではないでしょうか。野菜も皆さんが来てくれるのを待っているのです!


2018/11/05のBlog
皆さん、こんにちは! 11月に入り、大分寒くなりましたが、お元気ですか?

今日は、僕たちグループの反省を込めた記事を書きます。 先日、ある人に長屋のおっちゃんのブログを見てもらいました。すると、「こんなのでは心を痛める人たちには何の刺激もなければ、ジャ~一度相談してみよう!という気持ちにさせないよ」と言われました。「心を痛める人たちはあまりサイトに頼っていないが、たまには検索するらしい。それは藁をもつかむ気持ちになった時だと聞いている。それにもかかわらず、『誰か来てください!』はないだろう。彼らが何を求めているのか、彼らの目線にたってグループができることをアピールしなければ・・・」といい、「まず、グループのプロフィールを書いて安心してもらうことだね!」と。

確かにその通りだと思い、早速、プロフィールを書きました。「今どきの子供・若者は『長屋のおっちゃん』という言葉を知っていない」とも言われたのですが、ブログの紹介をあらためて見てください。私たちの活動はB (Being)=その人の存在・考えていることに耳を傾け、認める。M (Mission)=存在が持つ役割、自分が思っているやりたいこと、を一緒に探す。A (Action)=役割に受かって行動するあなたのお手伝いをする、です。そして、農園「若宮のびのびファーム」を運営し、コミュニケーション能力や社会への参加のお手伝いをしているのが「長屋のおっちゃん」です。

簡単に言うと、「あなたを見捨てないよ!」「あなたの心・悩みを聞きたいんだ!」であり、悩める人たちの交流の場を設け、好きなことをしてもらいたいのです。
こんなのでよいかな?
2018/10/23のBlog
こんばんは!皆さん、お元気ですか!

さて、先日、ブログ・サーバーに詳しい人とお話ししましたが、ある意味、愕然としました。
このブログ「長屋のおっちゃん」を訪問(アクセス)してくれた回数は間もなく2万回になりますが、なぜ「誰も来ないのだろう!」と相談し、「更新した日には100回以上の閲覧になるのはなぜなんですか?」と尋ねたのです。すると、ボランテイアライフのサーバーを使ってブログを作成・運営する人たちが「新着(更新)到来」の情報が入ると、一斉にアクセスするらしく、その関係で、ドッと訪問者が増えるとのことでした。言葉を換えればサクラとは言わないまでも「身内」がブログを覗いているだけで、ひきこもり当事者やご家族、或いは「関心のある人」ではないことが分かったのです。むかし、「千三つ」という言葉がありました。ご存知の方もおられると思いますが、「下手な鉄砲でも1000回打てば3発ぐらいはあたるだろう」という意味です。2万回のアクセスなら60人ぐらいは当事者・ご家族・関心のある人ということになりますが・・・。
その人は「Facebook」「Skype」「Chat」が良いかもしれないと言いましたが、「心無い人の訪問を覚悟しなければ・・・」とも言われました。中傷、罵詈雑言、なりすましなどで、本当に苦しんでいる人にたどり着くのは至難の業だと・・・。
誰か当事者やご家族に接触する方法をご存知の方はいませんか?教えていただけるなら寸志を支払います。
では、今日はこの辺で!
2018/10/03のBlog
皆さん、こんにちは!お元気ですか?

もう半月ほど、ブログを更新していませんでしたが、久しぶりに記事を書きます。今まで何度か「相談室を訪れる人が少ない」と言いましたが、その結果、既にお伝えした通り、余儀なく9月20日をもってパレットの相談室を一時的に閉鎖しました。開設してから2年半が経ちましたが、自己満足ながら「一応の役割を果たした」と思っています。広報版チラシにも書きましたが、これからは電話やメールで相談を受け付けるとか、或いは、ツイッターを使って「当事者探し」を始めようかと思っています。
このブログを見られた方にもお願いしたいのですが、当事者探しのお手伝いをしてください。昨今のニュースでは引きこもり・とじこもり、或いは会話をしたくなくない人がますます増えているようです。皆さんのお力により、何とか彼ら・彼女らのために努力しましょう。ある人が言いました。「人のため」という字は「偽り」だと。そのような「ひねくれた」心の持ち主にはなりたくありません。
では、みなさんからのご連絡をお待ちしています。
2018/09/13のBlog
皆さん、こんにちは!その後、お元気ですか?
大分涼しくなってきたけど、雨の多いこと!少し憂鬱になりますね!

さて、先日、ハートネットTVを観ていて、「みぞ」という言葉に出会いました。番組内容とは関係ないのですが、非常に気になりました。道路や畑のそばを流れる「溝」ではありません。どのような字(漢字)を書くのか分かりませんが、自分と友達との間にある「みぞ」。自分と社会との間にある「みぞ」。夫婦間の間に存在する「みぞ」などなど。親しい間柄でも、或いは、共に生きている社会にも、「何か違う!」という「みぞ」のことです。一番怖いのは自分の中にある『みぞ』です。

これは、自分が行ったこと、思ったことに対して、「それは本当の自分じゃない!」と思い、苛立ちを覚え、腹立たしくなり、「自分とは一体誰なんだ?」と、叫びたくなる状態を指しているのです。それは自分の中に存在するプライドなのか、性格の2面性なのか。或いは完全主義(後出しじゃんけん的正当化)なのか。

カール・ユングが唱える「無意識の中の意識、或いは意識の中の無意識」なのか。非社会的な行動をする人、脱社会的な行動をする人。もっとはっきり言うと、自殺願望の人、そして、ひきこもり状態の人に診られる「こころの状態」だと思うのですが・・・。