ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
”長屋のおっちゃん”のブログへようこそ!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:78件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2025/02/21のBlog
今から70年も前のことですが、戦後の長屋の通りには年配のおっちゃんが長椅子にデンと座り、通る人・子どもたちに何かと声をかけ、まるで友達のように接していました。子ども・若者は「地域の宝、日本の宝」だと思っているおっちゃんは、傾聴、アドバイスだけでなく、「親代わり」や「頼れる友達」などの役割を担っていたのです。時代は順繰り、今度は私たちの番だと思い、「心に傷や悩みをもった」子どもや若者たちの力になろうとグループを立上げ、BMAを目的に活動しています。そして、のびのびできる「体験農場」もやってます。
B=Being・・・・存在(ありのまま、考えていること)を認め、
M=Mission・・・役割(やりたいこと、やってもらうこと))を一緒に探し、
A=Action・・・・行動(役割の実現)のお手伝いをする。

長屋のおっちゃんは川西市市民活動センター「パレット」に座っていましたが、事情が
あって、平成30年10月からはネット、電話、訪問で相談を受け付けることにしました。気軽に声を掛けてください。2020年2月から東谷、グリーンハイツ、日生、清和台に相談室を設けました。
更新内容もみてくださいね!
連絡先:井関義弘(090-5905-6011)
谷口 清(080-4490-1456)
小柳 教子(090-7756-9582)
大屋敷 信彦(090-7487-5591)
e-mail: kt626522@hotmail.co.jp
2020/07/26のBlog
こんにちは! 皆さん、お元気ですか? 我々のグループに「長屋のおばちゃん」がいることを分かってもらえましたか! おっちゃんは苦手だけど、おばちゃんなら…という人はドンドン、相談ごとを持ってきてください。

さて、7月8日のブログに「トマト泥棒」のお話をしました。「犯人はアライグマではないか?」と。しかし、翌日、畑に行くと「う~」という鳴き声と、バタバタ檻の中で暴れまくる動物を発見。鼻に筋状の白い線が入った動物です。「白」+「鼻」+「シン」=ハクビシンでした。大きくなり、ほのかに色が付き始めた10数個のトマトを食べた・食い散らした犯人です。この一匹が犯人だったのでしょう。その後、トマトはやられず、檻にもひっかかりません。

話は変わって、皆さん!「コロナ騒ぎ」をどう思いますか? ドンドン、感染者が増えていますね! おっちゃんは初期の「政府の甘い判断」と「日本は大丈夫!他の国と違うんだ!」と放置していたことが原因だと思っています。「ひきこもり」「いじめ」「不登校」も同じです。「な~に!そのうちに良くなるだろう! ウチの子に限って!…」と楽観していると大変なことになるかもしれません。何かあれば「長屋のおっちゃん」にご相談ください。
2020/07/14のBlog
こんにちは、初めて投稿します。長屋のおばちゃんです!
少し前から一緒に活動するようになりました。
よろしくお願いします。

今思っていること、
悩みといえるかどうかわからないこと、
ちょっと話しづらいなと思っていること、
気軽に何でも話してみませんか。

話は変わりますが、
最近は新型コロナの影響でご近所の方とあまり話す機会がありませんでした。
ところが、ゴミのことでちょっと問題が発生しました。
ささいなことのようにも思えますが、結構やっかいなのです。
6人ほどが集まって話をしたのですが、本音をズバッと言う人もいれば、
様子を見ている人、良識人を装う人いろいろです。
本音を出し合えるよう少し時間をかけて話をして、
紆余曲折を経て、みんなで笑って解散しました。

私自身もそうですが、本音は出しにくいものです。
ゆっくり話をしていくと、気持ちが出せるような気がします。
橋のようにまっすぐには進めませんが、
ゆっくりと話をしながら、進んでいきましょう!
2020/07/08のBlog
皆さん、こんにちは! 梅雨とはいえ、毎日よく雨が降りますね!
空のどこにこれだけの雨を溜めているのか、不思議でなりません。九州などでは大変な被害をもたらしています。早く梅雨が明けてほしいものです。
写真は「豪雨にも関わらず、アライグマが大きくなったトマトを食べてしまったので罠の檻を仕掛けた」ものです。今日の話はこれとは関係なく、この前若い女性が相談に訪れたれたときに話した「おっちゃんの言葉」についてです。
しっかりした、お話好きで笑顔溢れる明るい20代の女性でした。曰く、「医療関係の仕事を辞めて3年経つが、毎日ネットやゲームで明け暮れる日々を過ごしている。周りはそろそろ仕事をしたら!と言うが、私は全然、その気になれない…」と。おっちゃんは「そうだな! パラサイトでもないし、ニートでもないし…少なくともひきこもりではない…、う~ん!ひょっとしたら自分の可能性から逃げている『ぐうたら』ではないか!アルバイトをするか、海外に遊びに行くかして、自分は何でもできるんだ!という自信を持つことができるかもしれないよ! とにかく動いてみることだね!」と。 僕はダメなおっちゃんでしょうか?
2020/06/26のBlog
こんにちは!
6月も終盤になりました。何となくコロナ騒ぎ(?)も一段落したよう
ですが、敵は隠れているだけ、注意を怠ってはいけませんよ!

先日、ある相談者から色々な話を伺いました。「子どもを思う親の心、親を思う子供の心の微妙さ」を強く感じました。社会は他人だらけ。人間はその中で生きていかなければなりません。社会の最小単位は「家庭・家族」です。一番心が休まる場所であるはずが、先ほどのように親と子の温度差があるのです。 以前、哲学者アドラーは「社会に生きてこそ、生きていると言えるのだ」と紹介しましたが、言うのは簡単、実行するのは非常に難しい。
しかし、生を頂いた限り生きていかなければなりません。さ~どうするか。日頃のうっぷんを何かの機会に吐き出せばすっきりするのではないかと思っています。画像をクリックしてください。長屋のおっちゃんは「皆さんの生き苦しさ」を吸収してあげますよ!
前のページ   |   次のページ