ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
「小規模集落元気日記」 今日も集落は元気です!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:871件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2012/02/10のBlog
[ 12:01 ] [ 小茅野(宍粟市) ]
1月18日(水)、宍粟市小茅野集落にお邪魔しました。
標高600m、高原集落の小茅野ですから、この日、山崎アウトドアランド越えの林道は完全に凍てついていました。
写真を撮りそびれたのですが、紅葉橋の周りも積雪で真っ白
うっすらとした雪明かりの中、赤い橋が浮かび上がって幻想的な景色でした。
これは集落で一番低いところにある公民館の玄関前。
ここでもいい感じでつるっつるに凍結しています。
そんな悪条件でしたが、いつもどおり、住民の皆さんに加え、交流を進めている都市部応援団の皆さんも参加して懇談会は行われました。
そうそう、「高齢の方にも優しくバリアフリー化を図ろう!」ということで、今回初めて「机・椅子」がお目見えしました!
ますます快適になった公民館で、わいわいと話が進みましたよ…。
これまでお伝えしてきたとおり、小茅野では、来年度ビオトープの整備に取り組む予定にしています。
それに加え、この日参加の都市住民の方から「もち米づくりにも取り組んでみたいので、住民の皆さんから是非教えて欲しい」というご希望が寄せられていたことから、場所選びや手順の相談を行いました。
その結果「5アールほどの休耕田なら無理なくできそう!チャレンジしてみましょう」ということに決定!!

小茅野にある農地のうち6ヘクタールほどが休耕田という現状で、5アールというのは本当に小さな一歩かもしれません。
でも、高齢化や人口減少が進む中、「耕されていない田んぼが復活する」というのはそれこそ「革命的」なことではないかと思います。
小さいとこから、こつこつと!
自分たちのペース、そしてできる範囲でじわじわと取組を広げられたら言うことありません。
小茅野も楽しみなことになってきました。

 え~やん
2012/02/09のBlog
平成22年から地域活性化、都市農村交流、農村景観保持を目指し、田んぼオーナーに取り組んできた豊岡市薬王寺集落。
薬王寺元気村プロジェクトでは、2年間参加者の皆さんにご好評いただいたので、今年も張り切って実施することにいたしました!

ということで、お待たせしました、24年オーナー募集のお知らせです
今年はサツマイモづくりのオプションも新たに追加し、バージョンアップしますよ!
【田んぼオーナーのご案内】
内容
 米づくり体験
 (代掻き、田植え、草刈り等〈3回程度〉、稲刈り、新米受渡)
 ※希望者は追加でサツマイモ栽培も可能です!
実施時期
 平成24年4月から9月中旬頃まで(予定)
募集人数
 30グループ(1グループ2~3名程度)
参加料金
 1グループ15,000円(作業日の昼食、収穫後のコシヒカリ玄米30kgを含む)
 ※サツマイモ栽培は追加で1区画(10本)1,000円(全量持ち帰り可能)です。
応募方法
 別添PDFファイルにより、FAXまたはメールでお申込ください。
申込締切
 平成24年2月29日(水)必着
問い合わせ・申込先
 薬王寺元気村プロジェクト 広報担当 森
 FAX:0796-21-0047(FAX専用回線)
 E-mail:kutumon@iris.eonet.ne.jp
 ※お問い合わせには折り返しご回答しますので、連絡先明記のうえFAXまたはメールでお願いします。

「円山川の源流・オオサンショウウオのふるさと」より、多くの皆さまのご応募をお待ちしています!

 え~やん

【おまけ】
写真はこれまでの田んぼオーナーの田植え・稲刈りの様子です。
全て手作業ではなく、もちろん機械も使いますのでご安心ください!
2012/02/08のBlog
先週土曜日は立春、ということで暦の上では春になりました。
とはいえ、雪が多く積もっているところも多いと思いますし、今日からまた冬型が強まるとの予報も
雪崩、雪下ろし作業や凍結した路面…皆さまくれぐれもご安全にお願いしますね。

さて。
今朝出勤してブログを立ち上げてみると、50万閲覧を超えていました
40万閲覧到達っていつだったんだろう…と振り返ると去年の10月末
3ヶ月半で延べ10万人の皆さまにお越しいただいたことになります。
以前に比べ、「ブログ見たよ」というお声を多くいただくようになりましたし、毎日の閲覧回数を見てもご訪問いただいている方も目に見えて増えています。
いつも本当にありがとうございます。

40万到達時に写真を掲載した香美町長須集落、つい先日おうかがいしたらこんな真っ白になっていました。
ほぼニアリーな場所ですが、さすがに撮影時点が8月頭と1月末だとこんなに違うんですね
折角なので、ちょっと早春らしい写真も載せておきましょう。
こちらは1月上旬、県南端にある淡路・灘黒岩水仙郷の様子です。
今年は早めに咲き始めたと聞いていますが、ここのところの寒さで今頃はどんな感じなんでしょうか。

水仙も雪も同時に見られるふるさと兵庫県を舞台に、私たち集落元気応援隊、これからも集落の皆さまとともに地域づくりに努めてまいります。
引き続きのご指導ご鞭撻、またブログご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

 集落元気応援隊 拝
2012/02/07のBlog
[ 13:41 ] [ 元気作戦 ]
過日、淡路市は伊弉諾(いざなぎ)神宮にて、淡路島の農林水産業の振興と豊穣・豊漁を祈願して淡路農林水産祭が行われました
今回は小規模集落元気作戦を取り組む集落を代表して、長沢地区、生田地区(両地区とも淡路市)が参加

長沢地区は世界に誇る東山寺大根を筆頭に、白菜、里芋、自然薯、ねぎ、ゆず、きんかん等々の地元産新鮮野菜を多品目販売するというマシンガン打線で出店
生田地区は言わずと知れた生田そばを4番に据え、両脇の3番、5番にはそば饅頭、古代米が並ぶという重量級打線で出店と相成りました
今年の農林業水産祭は6年ぶりの休日開催となり、例年に比べて人手も多かったこともありますが、長沢地区の新鮮野菜たちは飛ぶように売れ、生田地区のそばも満席となり、立ってまで食べられるお客さんがでるなど、両ブースとも終日熱気のあふれる展開

集落のみなさんはもちろん、あったかいおそばを食べられた方々、お安く美味しい野菜を購入された方々、みなさん大変満足な一日となりました

かくいう私も、お昼におそばを食べて身も心も暖まり、帰ってはスティック状に切った東山寺大根をBやんオリジナル味噌マヨネーズを付けて食べながら、延々お酒を飲む至福の一日を過ごしました。
ありがとう。淡路農林水産祭。
ありがとうございました。生田の皆さん、長沢の皆さん


Bやん
2012/02/06のBlog
先日のブログでお伝えしましたとおり、今回は1月15日(日)に淡路市の仁井地区で行われましたふるさと文化祭のレポートです。
わたくし懇談会等には参加させて頂いたことはあるのですが、地区のイベントに参加させて頂くのは今回のふるさと文化祭がはじめてなんです。個人的にとても楽しみにしておりました
会場の旧仁井小学校に到着しまして、まずは本年度の案山子チェックです!!

今年は「絆」をテーマにしているのでしょうね
案山子の家族がお出迎えしてくれましたこの日はとても寒い日だったのですが、見ていると不思議と温かい気持ちになるいい案山子でした。
体育館内では例年通り作品展が催されておりまして、前回のブログでご紹介した写真パネルも展示されておりました。このパネルは昨年11月に養父市「筏地区の天滝周辺」と「明延地区」を仁井地区の住民の方々が視察された際のPRパネルでして、完成品が右の写真になります。素晴らしい出来に感動です

屋外では屋台やバザーの出店があり、昨年同様に長沢地区からフライドポテトの屋台を出店して頂きました。アツアツほくほくでとてもおいしかったですありがとうございました
昨年度も好評だったフォトコンテストと喫茶コーナーは今年度も引き続き開催です。
喫茶コーナーでは飲み物、お菓子に加え今年は水餃子もメニューに加えてお出ししまして、住民のみなさんにゆったりとおしゃべりを楽しんで頂きました。

フォトコンテストにもたくさんの応募があり、審査員である住民のみなさんの審査にも気合いが入っておりました
そんな気合いのこもった審査のなか、みごと大賞を獲得したのが右上写真の作品になります
作品名は「冬のわが家」とても美しい作品です。

この他にも民具の展示やグランドゴルフ大会、囲碁ボールなどの様々な催し物がありまして、みなさん楽しんでおられました。

 昼からは体育館でセレモニーが行われた後、講演会や民謡・クラシックバレエ・大道芸などの出し物があり、最後は大抽選会で大盛り上がりでした

 子どもから大人まで、いろいろな年代の人間が一緒に楽しい時間を共有できるっていいですねこれからも大切にしていってほしいと思います。
本当にみなさんお疲れ様でした


 がんちゃん
2012/02/03のBlog
[ 11:56 ] [ 目高(佐用町) ]
1月14日(土)、佐用町目高集落にお邪魔しました。
う~ん、冬晴れの目高も相変わらず「日本むかし話」に出てきそうな美しい景色です。

目高の懇談会にはしばらくご無沙汰をしており、久々の参加になりました。
名付けて「懐かしい未来の目高つくりプロジェクト(仮称)」。
目高は元気作戦取組集落の中でも一番人口減少が進んでいる小さなむらです。
しかし、目高にほれ込んでIターンされてきた方や目高駐在の集落サポーターさんを中心に、「何としてもこの美しい田舎の原風景を残したい」とむらづくりにご協力いただける方や移住を希望される方の呼び込みに向け、活発に活動されています。

そして、この日、空き家があればお借りしたいという若いご夫婦、目高を拠点に都市部と農村部の橋渡しに取り組んでみたいという方など総勢8名が集まられました。
交流活動のための拠点を確保したい、活動にご協力いただけるかどうか空き家や農地の所有者の方のご意向も調べよう、など、熱心な話し合いが持たれました。

小さなむらですが、一緒にむらづくりに取り組んでいける外部のファンが増えている、そして着実に活動が進みつつある…非常に心強いことです。

「懐かしい未来のむら」に向けて、歩みを始めた目高。
一足飛びで、とは行かずとも、無理せずぼちぼちと取組を進めていきたいですね。

 え~やん
2012/02/02のBlog
[ 15:32 ] [ がんちゃんのむら紀行 ]
年が明けましてすでに1ヶ月が過ぎてしまいましたが、ようやくブログを投稿することができましたがんちゃんです
遅いご挨拶になってしまい申し訳ありませんが、皆さま本年もどうぞ宜しくお願い致します
さてわたくし、1月12日(木)に淡路市仁井地区で行われた集落懇談会に行ってきました。昨年末の最後の懇談会も仁井地区で行いまして、年末・年始にもかかわらず仁井地区はノン・ストップで動いておりますなぜかといいますと1月15日(日)に開催されるふるさと文化祭の準備のためなんですね
もちろんこの日の打ち合わせもふるさと文化祭の準備に関してでして、文化祭当日に展示する写真パネルの内容確認と会場である旧仁井小学校の下見をしてきました
まずは写真パネルの確認作業。こちらはさくっと終了して、お次は校舎の下見へ。
校庭をあるくなんて何年ぶりでしょうか。とてもなつかしい気持ちになりました。
この日はとても静かな校舎でしたが、文化祭当日にはたくさんの住民の方が訪れて、とても賑やかになるのでしょうね。とても楽しみです
文化祭当日の様子はまた後日ブログにアップする予定ですので楽しみにしていて下さいね
〈おまけ〉
この日は懇談会場所でもある仁井公民館でお餅つきが行われていました。地元の親子さん達が集まって、お正月らしい和やかでいい雰囲気です
わたくしもお餅をつかせていただきましたよ。
その後、奥様方が調理されたつきたてのお餅を実食!!やっぱりお正月に食べるお餅は最高だと感じたがんちゃんなのでした

 がんちゃん
2012/02/01のBlog
「1月は往ぬ」とはよく言ったもので、今日から早くも2月が始まりました。
今年は各地とも平成18年豪雪以来の大雪に見舞われているようです。
雪国の皆さんにとっては大変な毎日が続くと思いますが、なだれ、屋根の雪下ろし、雪道の運転、換気不足によるストーブの不完全燃焼などにはかたがたお気をつけください。

さて、一昨年「R427号編」をレポートして以来、長期にわたって休止(?)していた本企画。
普段、但馬出張に「舞鶴若狭自動車道→北近畿豊岡自動車道」ルートを常用しているブログ子にとって、「播但連絡道路」ルートを使うことは滅多にありません。
そんなわけで取材機会を逸し続けて1年半…12月18日(日)、多可町岩座神集落から香美町丸味集落への移動に国道312号線を使ってみました。

国道312号線は京都府宮津市新大手橋交差点から姫路市の姫路バイパス姫路東インターまでを結ぶ、全長153.5㎞の国道です。

こちら播但連絡道路「神崎北ランプ」の北にある神河町猪篠の「猪篠」信号。
まだ横向きです。
神崎農村公園 ヨーデルの森」を越え、生野峠の上り坂を北へ北へ。
…信号を見ないまま、朝来市との境が見えてきました。

ここまで「播磨(中播磨)の間は信号は横向き」という中間結果。
「但馬」に入り、ここが生野峠。
「標高361m」とありますね。

ここから下り坂になりますよ。
そして、下ることしばし。
但馬に入って最初の信号が見えてきました。
朝来市生野町真弓の「真弓」信号…縦になっていました。

やはり、但馬・丹波を隔てる遠阪峠を境に縦横が分かれたR427編同様、
「播磨(中播磨)から但馬に入ったら縦向きになる」
という、ある意味至極納得の結果となりました。

 え~やん
2012/01/31のBlog
12月18日(日)、多可町岩座神集落に続いてお邪魔したのが香美町丸味集落。
岩座神では暖かな陽光が差していましたが、但馬・春木峠の中腹にある丸味はすっかり雪の中でした。
区長さんいわく「兵庫県北部の天気予報で『ところにより雪…』という場合、丸味では必ず降っていますので、運転かたがた気をつけてきてください」。

前々日から降り続く雪は約50センチまで積もっていました。
公民館付近で撮影したのですが、雪明かりで薄明るいです。
さて、毎月続けてきた元気作戦の懇談会ですが、早くも5回目となり、足許の悪い中にもかかわらず10人の皆さんがご出席。
今回はこれまで挙げていただいた「むらの課題」をもう一度整理。
今後取り組んでいく内容を決める前さばきとして、「課題」「解決するのに何をしたらいいか」「解決のために必要なもの」「誰がそれをやるのか」について皆さんにまとめていただきました。
アドバイザーさんいわく「これが一番難しい作業ですが、がんばって出していきましょう」。
さぁ、みんなでThinking Time!です。
「難しい作業」にもかかわらず、たくさんの「この課題、どないしよ!」が出揃いました。
ここで「取り組みやすそうなもの」「効果がありそうなもの」、そして何より「やってみたいもの」を皆さんで選んでみましょう。

…そして、投票の結果、
みんなで楽しく参加できる行事をしよう!
みんなが参加できる声掛け等の仕掛けづくりをしよう!
という趣旨の提案に賛成票が多く集まりました。
「定年になっても皆帰ってこない」ことを解決するために、「丸味の同窓会」をしよう。
「集まりが悪い」ことを解決するために「公民館でみんなで新年会」をしよう。

皆さんの共感を得たということは、とりもなおさず、皆さんの心の中で問題意識が高い項目ということ。
次回以降、「やりたいこと」の具体化に向けて検討していきましょう。

この日も和やかに、でも前向きに話し合いが行われた丸味の懇談会。
帰りは吹雪になっていましたが、いつもながらほっこりした気持ちであとにさせていただきました。
大変お疲れさまでした。

 え~やん
2012/01/30のBlog
[ 10:34 ] [ 岩座神(多可町) ]
12月18日(日)、多可町岩座神集落にお邪魔しました。
この日は棚田オーナーさんの年内最終行事「餅つき」が行われました。
オーナー制度も15年目を迎え、地元・オーナーさんともに非常に手慣れた感じです。
蒸し器の横には蒸し上がり時間を書いた表が。
そして、蒸し上がった順に3グループずつ、てきぱきさっさと順番に餅を搗いていきました。
各グループが餅を搗く威勢のいい掛け声が公会堂周辺に響きわたります。
そして、餅つきの待ち時間などを使って行われたのがしめ縄づくり。
この日は風もなく、公会堂横の日だまりは暖かくて作業日和となりました。
皆さん「よりより…」にいそしまれていますね。
空き時間を利用してかなりの力作を作られた方もいらっしゃいました。

オーナーの皆さん、お餅にしめ縄、とこれで正月準備も万端!
この日は10月のフィールドワークで岩座神に来ていた兵庫県立大学・神戸大学の皆さんも来てくれました。
彼らももちろん餅つきに参加。
果敢にも手水に挑戦するメンバーも。
手水に使うのは熱湯、そして、餅も熱々です。
「あっちっち、あっちっち」と悲鳴を上げながらも、最後まで頑張りました。
餅つきの後は、集落の皆さんの「お疲れさま会」兼学生さんとの交流会でした。
ドラム缶コンロを囲んで全員で多可町名産「播州百日どり」のバーベキューに舌鼓!
さすが手間ひまかけて飼育された「播州百日どり」、ジューシーでとてもおいしいです。
「お疲れさま会」は大変盛り上がりました。
「岩座神も『やねだん』を目指して頑張ろう!」なんて力強いお話も出ました。
おっと、忘れてはいけません。
この日は「岩座神の将来を考える調査」の役員さんヒアリングも行う予定だったのでした。
「こんなにみんな盛り上がっちゃって、大丈夫なんやろか」
「もうすぐ出ないと、次の寄合に間に合わんねんけど」
と少々心配になってきた頃…ヒアリングが始まりました。

と、ヒアリングを行いたいと思っていた箇所、皆さんバッチリ分かりやすく記入済みではありませんか!
お一人30分程度はかかると思っていたヒアリングですが、「これもちゃんと書いていただいていますねぇ~、よく分かりました」と半分以下の時間で終了。

餅つきといい、「お疲れさま会」といい、ヒアリングといい、万事手際のいい岩座神の皆さんに、脱帽の一日となりました。

お疲れさまでした!

 え~やん

【おまけ】
おまけと言いつつ、実はこちらが本編かもしれません。
岩座神ではFacebookを活用したコネクション拡大を行おうと考えています。
ご出身の皆さん、棚田オーナーさん、棚田米を楽しみにしていただいている皆さん、クラインガルテンの皆さん、交流などで訪問された大学生の皆さんなど、岩座神にご縁のある皆さん、コネクションに入ってみませんか?
まずは「Facebook岩座神」にアクセスして「いいね!」を押してください。
「ふぇーすぶっくって、どないしたらええねん?」という方には、岩座神のサイト「岩座神ネット」に分かりやすい解説も載っていますよ。