ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
倉床(宍粟市)
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:3件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2015/07/26のBlog
集落の概要:宍粟市一宮町の最北部、養父市大屋町に隣接。集落内にある冨土野地域では、かつて近隣の明延、神子畑と並んで銀・銅の採鉱が行われていました。
これまでの取組:ふれあいの水(一宮名水7選)、倉床ふれあいの森、桜と水仙の景観など。
「倉床村づくり委員会」を組織して、ふれあいの水の導水、水仙の植栽、里山整備など積極的な村づくりを行ってきました。

交流イメージ:花見などの既存行事を活用した水汲み来訪者との交流、別荘住民との交流。ふれあいの水の活用、シイタケ植菌木の販売など。

2009/11/20のBlog
11月18日(水)、倉床での4回目の会議に参加しました!

今回は、倉床村づくり委員会の皆さんのほか、NPO法人はりま夢農村の見手倉アドバイザーなど、総勢11人で、主に椎茸原木を販売する取組について話し合いました。

村づくり委員会の皆さんは、前向きで元気です。取組を考え、できることからどんどんやっていこうとされてます。今回も大変活気のある話し合いが行われました。

椎茸原木の販売に係る取組は、ユニークな特産品開発だと思います。ふれあいの水を汲みに来られた方への販売や、都市部での販売活動につながれば、定期的な交流事業に発展していく可能性もあります。また都市部のボランティアとの協働作業として取り組むことを考えておられるので、体験交流事業に発展していく可能性もあります。

今後、ふれあい広場周辺の交流拠点の整備や、隠れた桜の名所「飯盛山(仮称)」周辺の散策路の整備などが行われれば、これらとセットで交流・観光の目玉として商品化できる可能性もあります。一方で、倉床のテーマ=「日本一お年寄りにやさしい村づくり」を具体化するソフト事業を考えていけば、さらにおもしろくなるように思います。。。

ということで、要は、このように勝手にいろいろと考えてしまうほど、前向きな話し合いでした。とにかく、今後の取組の展開が大変楽しみです!では、また!

追記:今回の取組に関連して、お手伝いしていただくボランティアを募集することになりました。詳しくは倉床のふれあいの水くみ場に案内されます。もちろん特典があるようですので、皆さん、是非、一度倉床の水を体験して、ボランティアにもご参加ください!! 以上タケゴンでした。

2009/09/11のBlog
9月9日(水)、倉床での第3回目の会議に参加しました!

今回は、倉床村づくり委員会の皆さんのほか、NPO法人はりま夢農村の見手倉アドバイザーを加え、総勢9人で、9月23日(水)に行われる「神明社祭典」の内容や広報などについて話し合いました。盛り上がりましたよ!

神明社祭典については、倉床集落の秋祭りとして、帰省者も参加して、開かれているということで、平成14年までは獅子舞もあり結構賑やかだったそうです。

今年は、小規模集落元気作戦へ参加したこともあり、近隣より素人演劇団の方々など多彩なゲストをお招きしたうえで、集落に住んでいる人だけでなく、ふれあいの水をくみに来る人など都市に住んでいる人にも参加いただき、昔のにぎやかさを取りもどそうということです!

以下、皆さんで具体的な内容などを話し合った結果です。ご覧ください。というか、ご覧いただき、皆様、是非、このお祭りにご参加ください!!

・盛り上げ方法①:
 近隣素人演劇団を招く
 ○どんぐり座:宍粟市一宮町西公文の素人演劇団で団員15名
 ※松竹新喜劇風の笑いを持ち味
 ○かしまし娘:宍粟市山崎町の素人漫才師3人の女性
 ○よさこい踊り:宍粟市一宮町染河内の小学生15名
 ※元気なよさこいソーラン踊り

・盛り上げ方法②:
 風船、カンシャク球、吹き戻しなど子ども向け出店

・盛り上げ方法③:
 周知方法を徹底する
 ○「ふれあいの水」汲み場に祭りの案内を張り出し、参加を呼びかける

・盛り上げ方法④:
 その他、お楽しみ抽選会と福引、もちまきは毎年やっており人気なので続ける

ということですが、このほかカラオケなども用意されるようですので、飛び入りで歌ってみることも可能かもしれません!?

では、皆さん、9月23日(水)は、倉床で盛り上がりましょう! 以上 タケゴンでした。