ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO♪市民事務局かわにし
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:744件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2006/11/15のBlog
11月23日に兵庫県立美術館 王子分館
通称『原田の森ギャラリー』で、
NPO法人ブルービーンズショアさんが
アートのワークショップを開催されます。
「こそあどアート」
~手でみよう、手でつくろう~

~参考までに~
今までのアートワークキャンプの様子を・・・

今回のも、とても楽しそうな内容です。
詳細は、以下のイベント案内をご覧ください!
2006/11/14のBlog
[ 00:55 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
きょう(11月13日)は阪神NPO連絡協議会の例会でした。
この例会は、いろいろなNPOや市民活動をしておられる方と
出会える貴重な「場」です。
それぞれの団体のイベントの話、運営上の悩みなど、
みんなで話しているうちに、思わぬアイディアが出てきたり、
また、ホロリとするような、いいお話を聞けたり・・・。

きょうは、新入会されたスマイルウェイさんの自己紹介から
う~んと発展して、認知症の話や、
(大変勉強になりました。ぜひ講座開催してください)
バングラデッシュの子どもたちの「真摯な学び」の話や、
日本の子どもたちを取り巻く状況のことなど、
価値観を共有しながら、みんなで考える、
いい時間を過ごさせていただきました。感謝。

こうやってNPO同士、横につながりあいながら、
強力なネットを張りめぐらし、もっと社会からNPOが認知され、
各方面からの支援で活動基盤が強化されていくことを、
心から願います。
2006/11/12のBlog
[ 00:24 ] [ まちづくり ]
お知らせです!
「市民事務局かわにし」主催の第1期「まちづくり講座」に
参加くださった『Uさん』の「まちづくり実践」を発見!!!

モザイクボックス1階のお店に、『Uさん』の菊墨を使った作品が
商品としておいてあるとの情報を聞き行ってみました。
ありました、ありました、
真正面の棚に、いくつか作品が!!!
消臭効果の高い墨を、インテリアとしてDesignして、
オブジェ的に創られていました。
人気が高くて、よく売れているそうです。
中でも、売れ筋ナンバー1は、右のものだそうです。
お値段は、3,000円ぐらいから10,000円チョッとまで。
川西・黒川の産物「菊墨」が、このようにして
活かされていることに感激。
あの日、たまたま受講してくださったことがご縁で、
このような形で「まちづくり実践」しておられる『Uさん』の
素晴らしいチャレンジ魂に拍手!!!
主催者冥利に尽きるとは、こんな瞬間、ですね!

お店の許可を得てご紹介。
(La・びあん T/F 072-740-2536)
〒666-0033川西市栄町11-1 モザイクBOX1F

2006/11/11のBlog
[ 22:23 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
NPO大学では、企業でよく使われるSWOT分析や
BSC(バランススコアカード)の手法を習得して、
各NPO法人のマネジメントに活かします。

第1回目に、兵庫県立大学の當間克雄先生から、
その講義を受け、きょうは、各団体の分析の発表!
2年前、今年と、「市民事務局かわにし」からも
コアスタッフが受講しています。
(ピンボケ写真、ご容赦・・・)(^_^;)
この分析をすると、自分達の組織がどういう状況なのか、
あぶり絵のように浮かび上がってきます。
また、何を、どれぐらいの目標で、どのようにして実施するか?も
見え、組織内での共通目標として明示することも出来ます。

きょうは、初めてのコメンテーター参加で、
改めて、いい勉強になりました。
各団体の特徴を瞬時に把握し、それぞれの持つ「強み」や
「追い風」を活かしながら、どう継続、発展に結びつく
アイディア提供や、支援ができるか・・・。
中間支援組織として、幅広い「目」と「ネットワーク」と
「アイディアマインド」の重要性を再認識しました。
2006/11/10のBlog
11月9日、講師:栗岡多恵子さんの講座、
「“こころ”も“からだ”もすっきり癒しのボディワーク」
第1回を開催しました。
最初に、オリエンテーションとセルフケアのお話。
その後、エッセンシャルオイルの紹介や、
各自それぞれに、好きな香りを見つけて、
ハンドバス(手浴)を体験。
これが、実に気持ちいい~~。
ず~っとつけていたい感じです。
アロマテラピーは、本当に医療的な効果もあるようです。
お部屋中がエッセンシャルオイルの香りに包まれて
アロマの中で、ボディワークの時間へ。
自然な呼吸を保ちながら、身体の力を少しずつ抜いて、
開放していきます。
最後は、身体の各部に、ひとつずつ「ありがとう」を
言いながら、リラックスへ。
帰りがけ、参加された方々の表情が、
とても輝いているように感じたのは、私だけ?!
次回は、11月16日(木)午後6時30分~です。
今からの参加もOK!体験してみませんか?!
(お申込み:072-774-7333)
2006/11/09のBlog
[ 23:10 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
きょうの午後は、NPO法人ブルービーンズショアさんの
アンテナショップ(心斎橋)で、ミーティングでした。
NPO法人ブルービーンズショアのSさんに
NPO法人Social Design FundのKさん、Y子さんを
ご紹介したくて、先日の訪問でSさんと意気投合の
ミュージックプロデューサーIさんとで、またまた訪問!
共通項は、未来を生きていく子どもへの「想い」。
今後の事業について話し出すと次々にアイディアが・・・。
このお店には、いろいろな若い作家の方々の
個性溢れる作品が、一杯並んでいて、
眺めているだけで、気持ちがワクワクしてきます。
きょうは、人形劇をやっておられる方の
素敵な作品が展示されていました。
2006/11/01のBlog
[ 20:06 ] [ チョッとプライベート?! ]
きょうは、11月23日に開催される阪神北県民局管内
地域ビジョン委員会主催の「シンポジウム」の
打合せで、また三田へ。(最近、三田づいています)
三田へ行くときは、いつも車で猪名川から奥を回って
四季折々の景色を楽しみながら行きます。
この道、「大」のお気に入り。
その道中、山の中に、テラスがいい感じのcafeがあって、
前から一度行ってみたいと思っていました。
打合せも終わって、そのあとの用事も終わって、
そのcafeへ寄ることができました。
最近始めたヨガの、習いたての深呼吸をして、
しばしリフレッシュ・・・。
イチジクのタルトも、ラムレーズンティーも
とってもおいしかった・・・。
こういう時間で、ますます元気が湧いてくる!
Ali's Cafe:アリスカフェ
2006/10/29のBlog
[ 08:41 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
「JR福知山線列車事故を考える」
~この事故の捉え方と“こころ”と“身体”の後遺症について~


日 時:10月29日(日) 13:30 - 17:30(13:00開場)
場 所:三田市まちづくり協働センター
 (キッピーモール内6F・多目的ホール)

◆はじめに
13:30-13:30 ・開会あいさつ
三井 ハルコ
(NPO法人市民事務局かわにし 副理事長/事務局長)

■メッセージ
13:35-13:45 ・JR福知山線列車事故から1年半経って
小椋 聡(事故列車・乗客)

■講 演
13:45-14:15 ・JR福知山線列車事故のとらえ方について
佐藤 健宗(弁護士)
TASK事務局長
信楽高原鉄道事故・明石歩道橋事故・
JR福知山線列車事故被害者支援弁護士
■メッセージ
14:15-14:25 ・JR福知山線列車事故から1年半経って
加藤 慶子(事故列車・乗客)

■講 演
14:25-14:55 ・医療の立場から“こころ”について
加藤 寛(精神科医)
兵庫県こころのケアセンター研究部長
NPO法人ひょうご被害者支援センター副理事長

■講 演
14:55-15:25 ・医療の立場から“身体”について
柴田 政彦(医師)
芦屋市立芦屋病院麻酔科ペインクリニック部長

◆休 憩
15:25-15:35 質問用紙の回収
■オープンセッション
15:35-16:15 ・質問用紙にそって
コーディネーター:堀口 節子(臨床心理士)
NPO法人ひょうご被害者支援センター理事
回答者:佐藤 健宗 加藤 寛 柴田 政彦 小椋 聡 加藤 慶子

◆おわりに
16:15-16:20 ・閉会あいさつ
三井 ハルコ

■Q & A
16:20-17:00 ・各テーブルで相談タイム
【主 催】
「JR福知山線列車事故を考える」実行委員会
【共 催】
NPO法人 市民事務局かわにし 
NPO法人 ひょうご被害者支援センター
NPO法人 場とつながりの研究センター
TASK・鉄道安全推進会議
4.25ネットワーク
JR福知山線列車事故負傷者・遺族の有志
【後 援】
兵庫県こころのケアセンター
三田市
2006/10/27のBlog
[ 19:17 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
10月29日(日)にシンポジウム:
「JR福知山線列車事故を考える」
三田市まちづくり協働センターで開催します。
「市民事務局かわにし」も共催しています。
また、コアスタッフが実行委員会に入っています。
実質的な裏方の事務局をやっています。
ここ数日間は、印刷⇒製本、印刷⇒製本の繰り返し!
スタッフ達の奮戦ぶりを「カシャッ!」
2006/10/25のBlog
きょうは、NPO会計講座の第2回です。(現在、開講中)
講師は、宝塚NPOセンター:コンサルタントの
丸山美鈴さん(税理士)です。

NPOの会計は、一般的な会社などの会計処理とは
少し異なるので、この講座は大変ためになります。
また、今さら聞きにくいようなことも、丸山先生には
遠慮なくお聞きできて、とても充実した内容です。

次回はNPO労務管理講座【スタッフの雇用と社会保険】を
11月6日(月)13:30-15:30(講師:増本有砂さん)に、
次回の会計講座【年末調整の仕方】は
11月29日(水)13:30-15:30(講師:丸山美鈴さん)に
開催予定です。
2006/10/21のBlog
[ 16:47 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
10月14日、15日は、阪神NPO連絡協議会
宿泊研修でした。
阪神NPO連絡協議会の例会は、ほぼ毎月あるのですが、
宿泊研修は、年に一度。
普段のたまった疲れが取れて、心底ほっこりでき、
元気になれる宿泊研修です。毎年待ち遠しいです!
会場は、NPO法人エンゼル協会さんの
東条湖にある研修施設。
今回の研修にはYOGAプログラムが・・・!
14日の夕方と、15日の早朝の2回。
以前から薦めていただいて、やっと藤崎先生に出会えました。
30年前にやっていた時とは、比べ物にならないほど
疲れのたまった「からだ」と「こころ」が、
研修のあと数日間は、ここ数年間味わったことの
ないほどの爽快感を保っていました。
それで、早速、その週の金曜日から、
YOGAレッスンに通うことに!
研修中のお食事は、本当に美味!
手作りならではの心がこもったお味です。
(写真は、二日目の昼食です)

食べてばっかりではありません。
もちろん、釣島先生のお話・金森さんのワークも
ちゃんと身についています!
色々な方からお聞きしていたように、この研修センターは、
ボランティアさんの細やかな配慮が各所に行き届いた
噂どおりの素晴らしい所でした。
こうして、いい環境の中で心身ともにリラックスして、
英気を養い、また、踏ん張れそうです!
2006/10/14のBlog
[ 10:00 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
「市民事務局かわにし」では、JR福知山線列車事故で
被害に遭われた方々の支援をしています。
今月10月29日には、被害者の方や支援者たちが実行委員となって
シンポジウムを開催します。

風化とともに、辛く厳しい状況にある被害者(主に負傷者)
の方々と、今、必要な知識や情報を共有し、ともに支えあって
いける場となるよう願って企画しました。
多くの方の来場をお待ちしております。
(事前の申込みは不要です。当日直接会場へお越しください)
■【内容】
講演者、乗客などによる講演会、質疑応答のオープンセッション
・日 時 :10月29日(日) 13:30 - 17:00(13:00開場)
・場 所 :三田市まちづくり協働センター
(キッピーモール内6F・多目的ホール)
・対 象 :JR福知山線列車事故被害者
(主に負傷者ですが、どなたでもご参加頂けます)
・定 員 :約200名
・参加費 :300円(資料代など)

■【回答者】
・コーディネーター:堀口 節子
・回答者:佐藤 健宗
(弁護士:TASK事務局長/ 信楽高原鉄道事故・明石歩道橋事故・
 JR福知山線列車事故被害者支援弁護士)
・回答者:加藤 寛
(精神科医:兵庫県こころのケアセンター研究部長/
 NPO法人ひょうご被害者支援センター副理事長)
・回答者:柴田 政彦
(医師:芦屋市立芦屋病院麻酔科ペインクリニック部長)
・回答者:小椋 聡(事故列車・乗客)
・回答者:加藤 慶子(事故列車・乗客)

■ 【主催】
「JR福知山線列車事故を考える」実行委員会
小椋聡(乗客)・佐藤健宗・津久井進(支援弁護士)
佐藤等史・堀口節子・三井ハルコ(支援NPO)

■ 【後援】
・兵庫県こころのケアセンター
・三田市
2006/10/09のBlog
[ 23:13 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
JR福知山線列車事故 被害者やそのご家族
 第12回つどいの場
~語りあい、分かちあいのつどい~ 


10月7日(土)13:45~16:30、
第12回「つどい」を開催しました。
いつも「つどい」は以下のような内容で
開催しています。
「つどい」の前には、写真のように、
スタッフ達で、心を込めて準備をします。
これからは、少しずつ「非公開」から「公開」へと
窓を開いていくことも必要かと考えます。

初めて来られる方にとっても、
以前から来られる方にとっても
納得していただける「場」を創ること。

皆さんのお知恵を借りながら、
これからもずっと「灯り」をともし続けます。
※今回のお花もフラワーアレンジの先生、
 久保恵子さんのアレンジ。
 お月見のイメージだそうです!

【スケジュール】
・13:45-13:50 はじめに 
 近況報告など 
・13:50-14:20 DVDを見る
 「脱線事故から一年~それぞれの想い~」 
 同志社大学「学生テレビ局」制作
・14:20-14:30 簡単なお知らせ
 10月29日「シンポジウム」の案内など
・14:30-16:25 フリートーキングタイム
 最近の様子や補償交渉についてなど
 この事故を社会的問題としてとらえる
・16:25-16:30 おわりに
 メルマガ LoM申込みなど
※16:30-16:50 取材タイム
2006/10/01のBlog
[ 17:12 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
アメリカから帰国後まもなくで、まだまだ
興奮している反面、疲れも出てきて、
朝8時~の開会式は、頭がボーっとした状態で
出席しました。

藤が丘幼稚園の子どもたちとお母さんが
とっても伸びやかで、素敵!
若いエネルギーは、ピカピカですね!
川西は弓道の会場です。
昨年のプレ大会の時に、弓道の試合を初めてみましたが、
さすが、「道」のつくスポーツ、動きに「哲学」を感じます。
あるフォトグラファーの言葉を借りると、
『じっくり見るとなかなか味わい深い芸術的武道。
無駄のない所作、礼儀、集中力、(中略)
美的で能楽を見ているようでした』
う~ん、うまい表現です。
2006/09/24のBlog
[ 13:02 ] [ jim日記(haruko~ne) ]
●午前中
初日にお会いしたBerlingame先生と、もう一度お会いしました。
初日、時間切れになった部分を、再度話していきました。
先生は、親日家でもいらっしゃって、今後、日本(特に関西エリア)
との連携も深まりそうな予感・・・。
近い将来、Youth Philanthropyのプログラムを、日本で実施する
こともあるかも・・・!

その後、ダウンタウンにあるラジオ局の
Emmis Communications
●お昼前後
Emmis Communicationsでは、Sarah Coleさんを訪ねました。
(右から2人目:Sarahさん)
左端のDJの方に、あすNYへ行くと言ったら、こっちのラジオの方が
ずっと面白いよ!とか言ってました!
インディアナポリスでは、民営ラジオ局もYouthの
Philanthropy活動とコラボレーションしてるようです。
こういう民間のメディアが、NPO(特にYouth)をバックアップ
する動きは、ぜひ、日本でも根づいてほしい。
SarahさんもINDIANA大学で、Youth Philanthropyを学び、
活動していたそうです。