ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
学生ボランティアグループ「FLゆうゆう」
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:19件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2010/03/15のBlog
ゆうゆう世話人の矢野です。

ゆうゆうのメンバーに限らず
会議について課題を抱えている方々に
おすすめ講座のお知らせです。

詳しくはゆうゆのイベントページこちらへ!!

参加費無料でミーティングについて学べるおすすめ講座です。
2010/02/08のBlog
こんばんは。FLゆうゆうの冨士本です。

知り合いの方から講演会のお知らせを頂いたので、以下の通り案内させて頂きます。
「参加費無料」です!特に学生さんには嬉しいですね♪

そして、その参加費以上に私がこの講演会を推している理由は…

FLゆうゆうは「土曜クラブ(※)」にも取り組んでいます。
ぜひぜひ、この講演会を通して得られた学びを、FLゆうゆうの活動にもフィードバックしてほしいのです!

ですので、ご都合のつく方は積極的にご参加下さい☆


土曜クラブ
発達障害を持った子どもたちを対象に、隔週土曜に開いているプログラムです。
毎回、お友達と楽しく遊びながら、新たな表現を身につけていく子どもたち。
独特の世界観で、関わっている私たちを「はっ」とさせる場面も数知れず。
土曜クラブに興味のある方、ぜひ一度見学に来ませんか?
かわいい子どもたちが待っていますよ♪

⇒問い合わせはこちら
〒655-0034
神戸市垂水区仲田2-1-32
NPO法人ふぉーらいふ
土曜クラブ申込受付 係

(TEL&FAX) 078-706-6186
forlife@hi-net.zaq.ne.jp

HPもあります!
⇒http://www.hi-net.zaq.ne.jp/forlife/sat_club.html


●発達障害を理解することの意味~"共に生きる"を語る~

【講師】笹森 理絵さん
(自身も、そして2人のお子さんも発達障害の傾向を持つというママさんです。メディア等に積極的に出ておられるようなので、興味のある方はネット等で調べてみて下さい。)

【主催】灘区地域自立支援協議会

【日時】2/20(土)13~15時
→受付開始12:30~

【会場】東部在宅障害者福祉センター2階 多目的室
(神戸市灘区岩屋北町6-1-4)

【アクセス】JR灘駅・南階段降りてスグ

【参加費】無料

【定員】100名
→当日参加も可能
→参加が確実そうな方は、出来れば事前申し込みをご利用下さい。
※「灘区地域自立支援協議会」さんのブログに詳細が掲載されています。

【申込み】
FAX078-882-7014(灘区地域自立支援協議会)
氏名・住所・電話番号・所属を上記のFAXまでお知らせ下さい。
2009/12/31のBlog
FLゆうゆうは
学生ボランティアの、
学生ボランティアによる、
学生ボランティアのための、
ネットワークです。

FLゆうゆうのページはジャンルに分かれています。
知りたい内容をクリックしてみてくださいね。

①FLゆうゆうについて知りたい・・・コチラ
②FLゆうゆう活動の最新の活動(イベント)情報について知りたい・・・コチラ
③FLゆうゆうの活動に参加したいけどどうすればいいの?・・・コチラ
④FLゆうゆうの活動に参加したい・・・コチラ
⑤FLゆうゆうについて/連絡先を知りたい・・・コチラ



2009/08/27のBlog
先日こんな質問がありました。

Q ゆうゆうの活動中に教材を買ったりそれを自己負担する場面があったら補助してくれますか?

A
私たちは活動の資金を補うため
毎年兵庫県社協が設けている助成金「県民ボランタリー活動助成金」に
申請をしています。

これは、ゆうゆうの活動にがんばって参加している
学生ボランティアの負担を減らし
必要経費の一部を補ってくれるものとして
本当にありがたいものです。

なのでゆうゆうの活動に必要なものであれば
自己負担しなくてもすむようになっているので
安心してください。

ちなみに今年もその助成金の〆切が間近となってきました。
一緒に活動してくれる方が安心して活動に従事できるよう
この助成金を含めてみんなでがんばっていきたいですね!!

(矢野)





ボランティアとお金の関係。
福祉と財源の問題。

これらに「うーーーん」と頭を悩ませている人が、周囲にどれほど溢れていることでしょうか。
私も、その1人です。



今年3月、とあるシンポジウムで、
2006年度ノーベル平和賞を受賞されたムハマド=ユヌスさんと対話したことを思い出します。

バングラデシュでグラミン銀行(ベンガル語で、「村の銀行」を意味します)を立ち上げた功績が、世界に評価されたのです。

貧しい人、それも圧倒的に不利な立場に立たされた女性たちに、無担保・低金利で資金を融資する、という取り組み。

その人がどんな貧困状態におかれていようと、目の前の人をとことん信じたユヌスさんの力強いまなざしが、今でも忘れられません。


さて、ユヌスさんのこの取り組みはソーシャルビジネスと呼ばれ、
今ではすっかり至るところで目にしたり、耳にしたりするようになってきました。

ビジネスというとどうしても利潤・利益追及の姿を想像してしまいますが、
ソーシャルビジネスは、ミッションをしっかり目に据えた、立派な社会貢献起業です。



私自身が、この「FLゆうゆう」で取り組む際にいつも頭の片隅に置いている視点。
それは、”持続可能なボランティア”です。

お金や時間、様々な制約を受けながら学生ボランティアは日々活動していますが、
私たちの周囲に溢れている問題、本来の”ちから”を奪われている人々を目の前にすると、
「そんなものに負けてたまるか」と思う時があります。



学生ボランティア仲間の中には、いずれ学生という立場を卒業し、就職していくメンバーもいます。
大学院に進学した私自身も、それぞれのボランティア先を巣立つ同回生・後輩の姿を、これまで沢山見てきました。


仲間が、一人また一人と別の世界へと離れていくのは、寂しいものかも知れません。

だけど。
学生時代に打ち込んでいたボランティアの世界とは縁が切れたように見えても、
私たちは同じ世界に生きています。

自分がどんな立場へと場所を変えても、
この世界で起こっていることに目をそらさない仲間を1人でも増やしていきたい。
つながり合っていきたい。

そのためには、「お金がかかるから、ちょっと・・・」とか、
「ボランティアと言いながら、体よく使われているだけのような気がする・・・」とか、
「お金のことは、あまり自分から切り出せない・・・」とか、
そういった想いを生まないだけの、しっかりとした資金援助を行っていきたいのです。

たかが、ボランティア。
されど、ボランティア。

まだまだ十分とは言えない資金繰りかも知れませんが。
今年も、新たな財源確保を狙って、書類作成がんばりまーす☆

(冨士本)


2009/07/13のBlog
[ 11:23 ] [ 活動について ]
FLゆうゆうの冨士本です

世間では今「ポニョ」がDVD50万枚を売り上げて注目を集めていますが、
こちらはポニョではなく、「POYO」です。

さてこちらのPOYO(ポヨ)カード。
何者かと言いますと・・・

ポイント預託カードの「ポ」と「預」をもじって、POYOカードと呼んでいるものなのですが・・・

開くと、こんな感じですね~


NPO法人ふぉーらいふのミーティング、講演会、スタッフ研修などに1回参加するごとに、スタンプを3個押してもらえます。

※個別の活動(例えばフリースクールボランティア、土曜クラブボランティアなど・・・)については、1回の活動につき1ポイントです。

そして、貯まったポイントは、3ポイント=100円分に換算して、
講演会がある時などに使うことができるのです。

例えば、ある講演会の学生参加費が500円なら、
その時点で15ポイント貯まっていれば、
500円分とみなして使うことができるというスグレモノ☆


今はNPO法人ふぉーらいふの活動を中心としていますが、
もちろん、それ以外にも外部の研修会や活動に行ったという方も、ポイント対象となります。

せっかく興味の持てる講演会に出会えても、
学生さんには高い参加費は痛いもの。。
自分の好きなタイミングで、貯まったポイントを活かし活動を楽しんでもらえたら、と思います。


あ、ちなみにこのPOYOカードへの押印・・・
自己申告制なので注意して下さいね。

私ももう山ほどポイントが貯まってるハズなんですが、去年の9月から押印が止まってしまっています。。
いつ、どんな活動をしたのか、手帳などにもしっかり足跡を残すことをお勧めします。