ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:7338件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2023/01/05のBlog
[ 21:21 ] [ 試合結果 ]
今日は昼間のゲームが出来るという事で須磨海浜公園に足を運び、神戸SSさんとの試合を行いました。

今日がファルコの年明け最初の活動になる子もいる中で、なかなか身体は思うように動かないかも知れないけれど、試合をやる中で色々戻ってくるものもあると思ったので、今日はそういった個々が何かを上げるというよりも休みの日に何をしていたか?各自の意識は下がっていないか?などを見る事が先決だと思っていました。

会場に無事到着し、バスを停めようと思ったら・・・先客がいました(笑)

都会の鳩は図太いな~と思いました(笑) こんな神経を持って戦える選手をうちも育てていきたいです(笑)
怪我をしてもらっても困るので、しっかりとアップから身体と心を動かしてもらうように言ったのですが・・・

正直、かなり冬休みをしっかりと満喫されていたのだと思います(笑) 身体とボールの関係性、かなり落ちています。そして、2年生には話をしましたが今日はバスの送迎場所で待ったのは全て2年生だった事。1年生はしっかりと先読みして待ってくれていましたよ!もちろん遅れた訳じゃないし、文句を言ってるのではありません。ただ、そういう一つ一つの行動に出てくる心の部分がちょっと緩んでいませんか???という話。

正月休み。テレビでは高校サッカーや大学サッカー、箱根駅伝など様々なスポーツの頂点を決める戦いを見れる機会が多い中、選手はもちろん、控え、応援、家族、スタッフの支えもあって戦える事の幸せをまざまざと見せつけられた中、メインの選手である君達は本当に今を懸命に生きていると言えますか?これ以上ない本気でサッカーと向き合えていますか???2023年の幕開け、ちょっと緩いですよ、みんな。
今日は2.5試合やっていただきました!

2年生らしくプレーに、2年生らしい立ち上がりから積極的に行ける部分や高い技術を存分に出せていたのですが、コーチが感じた【ちょっと緩んでいるよ】の部分も試合を通してあちこちに見えました。勝ってるし、リードしているし、やられた訳じゃないし・・・ってな感じでかなり緩んでいましたよ。

身体が動く、動かないという話と、感じが良い、悪いの話は別なんですよ。

今日という時間をやっぱり自分の成長に繋げたいんだ!という強い意思を感じた子はいなかったし、それはむしろ緊張感を持ちながら積極的にがんばっていた1年生のほうが多く感じられました。
もちろん球際など、がんばる所はがんばる!というラインは最低限引けているし、アイデアも詰まっている。

でも、そんな中で常に【まぁいいか・これぐらいでいいか】というプレーがあった事も事実。そういう時間を少しでも削っていけるように、なくしていけるように努力をする必要があるとコーチは思います。

そんな事までやらなくたって勝ったんだからいいやん、負けてないんだし、抜かれてないんだし、やられてないんだし・・・。と思うならばそれも正解だと認めます。そう思うならばそれが正解だって話です。コーチが言ってるのは、常に【さらに良くなる為の話】であって、現時点の評価や目の前の採点をしている訳ではないからです。君達2年生がどこまでお互いを求めるか?は君達が決める事なので押し付けるつもりもありません!
今日1年生の二人に話をした事・・・。

【火種を作らないといくらがんばっても火は点かない】という事です。

分かってもらえるまで何度も何度も話しました。火種を持たないと全てがやらされた事になっていくのです。自分できっかけを作り、そこから生まれる全ての経験を受け入れていく事で自分を成長させていく事が出来る。このきっかけを火種と呼び、自分で本気の一歩、勇気の一歩を踏み出さないとコーチが絶対に助けてやれない部分である事を話しました。火種を作れば一緒に努力が再開出来る。そこまで自らのがんばりと踏ん張りできっかけを作ってくるように!!と話しました。

頭では分かってくれました!後はこれを行動(プレー)に出していく事です!主役は自分なんですよ!自分が自分をまずは心から信じてやりましょう!!

試合をしてくださった神戸SSさん、ありがとうございました【礼】
2023/01/03のBlog
[ 18:33 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は2023年最初の活動になります!!

例年この初蹴りの時には雪が降っていたり、寒さが厳しく、グランドも凍って、溶けてドロドロ・・・みたいな感じだったのですが今年は非常に状態も良くこの時期には珍しい状態でした。今年のスタートを歓迎してもらっているのかも知れませんね!良い一年だったと言えるようにまた元気にみんなでがんばっていきましょう!!

初蹴りを行いました。この時期、色々な場所でも初蹴りがあったり、正月ですから帰省している子もいたりして全員が揃いませんでしたが、懐かしいOBも顔を出してくれて楽しい時間を過ごしました。とは言ってもサッカーは自分はせずに保護者の方々と懐かしい昔話や今年の話などをする時間となり、みんなの活動は横目で見守らせてもらいました。
今年のファルコのテーマは・・・・

ジャカジャカジャ~ン!!

【両面を経験する】

という事です!!昨年もずっと考えたり悩んだりした部分です。本当の喜び、本当の苦しまいって両方を経験する事でしか得られないという事実を経験してほしいという事です。当然、その為には【全てが楽しい活動】にはならないと思います。かと言って精神的に追い込むとかそういう行為をするつもりもありません!子供にとって必要な事を必要な時に分かってもらえるように伝えていきたいと思います!そして、両面を知ったからこそ、と言えるような人間性を育てていきたいと思います!
今年一発目の【仕切り】はやや微妙に終わったツッチーくん!(笑)

でも、こうして人前に出て何かをやる、という事も経験の一つ。こういう人間が2年、3年となった際にチームの苦しい時に助けてくれる存在になっていくはずです!

初蹴りを終えて、OB達ともゆっくり話していると、昔の練習やコーチの事の話になっていかに昔恥ずかしい指導をしていたか?!を思い出させられました(笑) ただ、今現在も決して良い指導をしているとは言えないだろうし、こういう気持ちは卒業生を通してずっと気付かせてもらえる・・・むしろ、卒業生にしか出来ない事だとも思います。
だから、今関わっている現役の選手達にも目一杯にやれる事をやっていき、10年後とかに【あの時学べた事が役立っています!】と言ってもらえるような時間にしていきたいと思います。

久しぶりのみんなは元気そうに、そしてサッカーを楽しんでくれていました!サッカーという一つのツールによってこれだけの人が関わり、直接絡んだ事のない先輩、後輩が一緒に笑顔でやれるという事も魅力の一つです。人が繋がっていくという大切さを改めて実感したし、今年もその大切さを噛み締めながらがんばっていきたいと思います!
身も心も、一番大きな変化を迎える年代・・。

だからこそ【必要な刺激】を与えていき、変化が全て先の自分を支える屋台骨となっていくような経験をしてもらえたら幸いです。今、大人の、コーチの気持ちが分かる選手などそうそういないだろうけど、自分がいつか責任ある立場になった時などに色々思い出す言葉なども出てくると思う。

コーチを始めて23年目の年(2023年なので覚えやすい)になりますが、まだまだ分からない事だらけ。そんな自分がまた成長出来るような一年にしたいと思いますので、今年一年また関わってくださる全ての方々、よろしくお願いいたします【礼】
2022/12/28のBlog
[ 23:37 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は夕方から三木防災の素晴らしいピッチを借りての蹴り納めでした!

ここ数年、ファルコとFC志染さんが行うオールモルタの会に参加して一緒に蹴り納める機会になっています。今日も夕方からの前半の時間はファルコ内での紅白戦、後半はFC志染OBとの対戦が行われました!

ファルコ内の紅白戦には3年生にも参加をしてもらい、1,3年生対2年生の本気の戦いを行いました。3年生チームには要である主将だった漣音くんを体調不良で欠き、その分自分が一緒に入って2年生チームに挑みました!2年生チームは先日のゲームでも良いプレーを連発していて、自信も持っていただけに厄介な相手ではあったのですが、気持ちでは負けないという所で1,3年生と一緒にがんばりました!!
2年生チームは今、身も心もノっている状態です(笑)

このチームの心を折るのはちょっと難しいと思えるぐらいに非常に勢いがあるし、各自が内面の弱さと向き合ったり、戦ってきた強さが確かにあるから簡単にへこたれないのです。

今日実際に戦ってみて、本当に嫌な選手になったな~~って間近で感じる事も多くて感心するプレーがたくさんありました。数年前の小学生だったみんなの時を考えればここまで本当に戦えるようになった事に驚きすら感じています。成長速度の速さが2年生の強みだし、色々な経験を図太い心で乗り越えてきたみんなの成長は【苦しさに裏打ちされたもの】だからこそ信用出来ます。
平日の活動なんで、みんなを拾って防災に到着するまでに要した時間は通常なら1時間の場所に4時間掛かりました(笑)

ただ、この一緒にいる時間にみんなの心境とか色々なものが感じ取れて本当に大切な時間だと感じます。会う時間が増えるというのはうれしい事ですが、増えれば機嫌が悪いとか、うまくいかなかった時間とも遭遇するのは当たり前です。それら全てを受け止めた上で楽しいと感じる今はこのメンバーとの時間がどれだけ大切か?をしみじみ感じます。

紅白戦の結果は2年生チームの勝利で終わってしまい、1,3年生+コーチとしては悔しい結果になりましたがそれだけがんばっていた2年生には心から拍手を送ります。
志染さんとのゲームでは当初人数が集まらないかも?!と連絡を受けていたのですが、蓋を開けてみれば多くのOB生が集まってくれていたのでしっかりと30分ハーフの試合を行いました!

試合は1,2,3年生のベストメンバーで戦いました。序盤はまだ本気を出さずにOBあるあるで年代が違うメンバーと組むからちょっとお互いに遠慮もしながらやっていた志染さん達。でも、こちらが先制し、追加点を挙げると段々各自の中にある負けるのは嫌スイッチが押され・・・(笑)、北風と太陽の童話のごとく、長袖、長ズボンの格好から半袖、半パンになってきて(笑)、分かりやすいスイッチと共に2試合連続で行ったうちの体力もどんどん削られ、大学生や高校生中心の若さ最強年代の体力に押されていきました。
最終的に2点のリードをひっくり返され、逆転負けを喫しました(泣)

やはり勝負事は負けると悔しいですね~・・・。

一年の締めくくりを負けで終わってしまった。。。。


と、落ち込むようなストーリーなのですが、着替えて気持ちもスッキリ!!帰りのバスでは慰安旅行のオジサマ、オバサマのように(笑)、目一杯楽しんでおられました(笑)

蹴り納めとはサッカーを思い切り楽しむ為の時間ですから、こうして楽しく終えられた事が何よりです。2022年も本当に楽しい一年でした!!来年はさらに楽しい一年になるようにがんばりたいと思います!!

関わってくださった全ての方々、本当にありがとうございました【礼】
2022/12/26のBlog
[ 20:49 ] [ 試合結果 ]
いや~~今日は朝から参りました(笑)

早朝から張り切ってみんなを送迎で迎えに回り、みんなを乗せて今日の目的地であったはずの三木防災を目指したのですが・・・・

トラブル発生にてグランドが使えない事に・・・。さすがに血の気が引きました(泣) 相手も呼んでいるのにいきなり使えないと分かったのはかなり焦ってしまいましたが、子供達もいる前で冷静に対応しなければと心を落ち着かせ、まずは会場の確保。播磨中央公園グランドが空いていたのでそちらを確保し、対戦相手のFC川西さんに連絡し、会場変更にも快く承諾していただき試合をする事は可能になりました。そこからグランドの準備に石灰の準備や手続きにバタバタしていたのでみんなにグランドにとりあえず行かせていた所、管理人さんに開けてもらってからテキパキ準備を進めてくれていたのでかなりスムーズに試合の準備が出来ました。普段の会場の運営もやってきた経験がしっかりと生かされてみんなの行動力にも感謝します。
そこから仕上げの準備はコーチがやっている間に、みんなにアップをしてもらい試合に備えました。どんなバタバタであっても試合の時間は同じだったのと相手が近年交流出来なかった川西さんだったのでとても楽しみであった事。今年最後のトレーニングマッチという事で締めくくりを全力でやりたいと思っていました。

川西さんはクラブの大会で一緒の会場になっている際にもその強さは常に観てきていたし、今うちは対人へのがんばりや粘り、強さを意識しているだけにその強さを実感出来るように今日の対戦は組めた時から楽しみでした(子供達はどんな強さか知らなかったでしょうが・・・)。

昨日の試合からの今日の朝のゲーム。コンディションは決して良いものではなかったかも知れないけれど、今日出来る精一杯を望んで送り出しました。
今日は2ゲームをガッツリやっていただきました!

試合は最初から相手の球際の強さと速さが強烈で、中でも【腕の使い方】がうまかった事は選手一同度肝を抜かれていました。それでも、粘り強い守備はそういう相手にも一歩も引かずに対応出来ていたし、うちがよく危ない場面を迎えるのはやはり守備陣とキーパーの間のスペースでした。そこを今日は1年生キーパーの結都くんがしっかりと埋めてカバーし、その動きもハッキリしていたのでみんなが分かりやすく守備が整っていました。

さらに前もその守備のがんばりに応えるかのように前からアグレッシブに攻撃、切り替え、守備とがんばってくれた事で試合は一進一退ながらもチャンスを作る事にも成功しました。そこから前半に西田くんが素晴らしい崩しからのゴールを決めて先制し、前半の後半はなかなかの防戦一方でしたが、非常に粘り強く対応しゴールを割らせる事もなく前半を耐えました。
ハーフタイムにはギリギリでがんばっている選手達だけでミーティングを積極的に行っている姿を観て、【ん?これは・・・】と思い、簡単なアドバイスだけして【せっかく良いチームが相手なんだから勝ちにこだわってみようぜ!】という事だけ伝えて、後半は終始グランドの上から全体を眺めていました。一切の口出しをせずに選手を信じて任せてみました。

またベンチのメンバーも何を思い、何をやろうとしているのか?文字通りチーム全体を観察しました。中の選手は相手のプレッシャーにも動じず、むしろそのプレッシャーを楽しみながら戦っていたし、守備の粘りと身体の張り方は非常に良くてここ最近の中の圧倒的ベストゲームでした。しかも耐えるだけではなく、しっかりと空いているスペース、人まで観れて活かしていたのでチャンスも演出出来ていました。そして残り数分で叶翔くんが価値ある追加点を挙げて相手にゴールを割らせずに終わるという一年の締めくくりには最高の形となりました。
また2ゲーム目のメンバーは1年生中心でしたが、2年生の素晴らしいゲームを受けてみんなも【やってやろう!】の火が点いてコーナーキックから直接のゴールを許したものの、それ以外の場面では必死の守り、がんばりも目立ち、善戦してくれました。

一日を通して全体が良い事ってなかなかないと思うけど、今日はそういうゲームが出来たし、それだけの相手だった事に感謝をしたい。環境が人を育てるというのも一理あるのはよく分かる。必要なものを与えてくれた川西さんには深く感謝です!

また練習試合であっても昨日、今日と一緒に帯同してくれた3年生の田先くんが昨日は足をつり、今日も2ゲーム目に1年生のお手本になるべく何度も何度も相手ゴールを脅かしてくれました。こんな全力を注いでくれる3年生がいるチームがどれだけ素敵な事か?を1,2年生には理解をしてほしい。

一日グランドにいると、本当に一人一人の成長が間近で感じられて幸せな時間を過ごせる。層の薄いチームだからこそ一人一人に目と心を行き届かせたいと思う。

急な変更にも関わらず快く受け入れて対戦してくださったFC川西さん、本当にありがとうございました【礼】 今日学んだ事をさらにプラスに受けて成長していきたいと思います!!
2022/12/25のBlog
[ 19:09 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から八千代グランドでのトレーニングマッチがありました!

寒さが続いている中、今日は昼間はまだマシに思えるような気温でした。終わる頃にはかなり寒くなってきましたが、昼間はまだ試合をするにも問題がない程度でした。

今日はバサラ須磨さんと立花さんにお越しいただいての試合でした。どちらも個人の技術へのこだわりを持っているチームだったので、うちとしてもそのボールを奪うという事をテーマにやっている事もあり、とても試し甲斐のある相手だと思いました。

とは言ってもうちは個別に自分との戦いをやるのが今やるべき事なので、そこの戦いが最も重要だし、今後もしっかりと向き合いながらがんばってほしいと思います。
準備をして、アップをしました。

試合の為のアップ、というはずなのですがアップをしているだけのアップ、という感覚に見えます。各自の都合で身体を動かしているから、試合の時に仲間の為に動けない、走れない、パスが出せない、というズレが起きるのです。

アップの中に各自の試合への意気込みみたいなものがきちんと詰まっています。全体で、みんな一緒に、大声出して、みたいなアップをあちこちでされている風景を見ますが、それで統一感を取れるのではなく、その中の一人一人の心をまずは出してもらう事から始めないと全体が前に進む事もありません。全員で一緒に、という感覚から脱却し、自らが自分の為に、仲間の為に、と動ける選手であってほしい。
今日も元気にキックオフからどんどんと仕掛ける2年生の良さが出ていました。

ただ、お互いの欲が出てくると、今度はそれらを噛み合わせる事に力を注がなければなりません。チームでやる、という意味は個人を出しながら全体の中でそれらを理解する、してもらう事にあります。

自分の勝手、自分だけ、という考え方でプレーをすると必ずズレが生じます。そして、そのズレは解決しません。それらを解決する方法はお互いを理解するという事に尽きます。得意なプレーで、武器のプレーで勝負をする、させる事がチームにとって一つになっていく為に必要な事なのです。
今日もなかなか1年生は試合の中で、自分という存在を強く出せません。

一本の細い【真面目さ】にしがみついているうちはここから出る事は不可能でしょう。各自なりの殻を破る勇気と行動が出ないと今は先に進めない事、そしてこの課題は先延ばしにしてもいずれぶつかる課題として出てくるし、先延ばしにした分、悩む時間も、行動も、かなりの労力がかかる事を話しました。今のこの時ならば勇気だけで済む問題が、先になればなる程、努力が必要にもなってくる。

どこでがんばるか?は自由だけど、本気で向き合わないと色々間に合わなくなりますよ!毎日変われるチャンスがあるにも関わらず落ち込むだけで終わっていきますか?悩んで終わりますか?目に見える変化をしなくても、根っこを育てる努力もあるんですよ!その力こそが自分を支える【土台】になっていく事もこのファルコで学んでください!
元気な小学生も参加してくれたのですが、すでに前向きなメンタルが1年生を越えようとしています。もちろんこれからこの小学生達も色々と悩む時間が出てくるだろうけど、どれだけ前向きにやるか?次第で変わってくるのです。

前向きさって才能の一つだし武器の一つでもある。チームの空気もその前向きさ一つで決まると言っても過言ではない。一人でも前向きさが欠ければ簡単に壊れる事も出てくるのです。試合という場面で今日もそれがたくさん出てきた事、そして、その原因が各自の中にある感情的な部分や前向きになれない部分がそういったものを生んでいる事を理解してほしい。

そして幸いにも明日はまたゲームが出来る日なので、今日の気付きをまた明日に生かしていこう!!

対戦してくださったバサラ須磨さん、立花さん、ありがとうございました【礼】
2022/12/23のBlog
[ 23:39 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習はファルコとエリート塾との合同練習!!

かなり冷え込み、グランドでやるにはちょっと厳しい寒さだったので室内練習にしました。体調があまり万全ではない子が多いのもあるし、今はトレーニングの中身にこだわっている事もあって話をする機会も多いからです。外で寒い中、話が多いと子供達の身体が固まってしまうので、そこも考慮して室内でやるようにしました。

中だから暖かいとまでは言いませんが冷たい北風がない分かなりマシだったと思います。怪我をしないようにしっかりとアップをやってからトレーニングしていきました。
今日は最初に全員が意識してほしい3つのポイントを話しました。

ボールと身体の関係、ボールを身体の幅以内に扱う、自分と相手との距離感という3つです。何事も意識して行わないと意味のないトレーニングになってしまうし、逆に言えば意識を強く持ってトレーニングしたならば、どんなトレーニングをしても必ず効果として残っていくという事にもなります。つまり、トレーニングは【何をするか?】よりも【どのようにするか?】のほうが重要だという事です。意味を持って今週もずっとやってきた事を小学生も含めたメンバーにみんなで確認しながらやっていくようにしました。
今日、途中に2年生が【小学生の教え方が難しくて・・・】と悩みを打ち明けてくれました。金曜日は小学生達にしっかりと伝えていくのも一つのトレーニングにしている所もあるので、積極的に関わってくれるのですが、何しろ日頃のトレーニング意識にも差が大きい事もあって、なかなか伝えたい事を理解しようともしてくれません・・・。言われた事をやる習慣が強いから考えさせようとしても考える習慣がないのでなかなか対話をしながら考えるという所に行き着くにも時間がかかるのです・・・。

ただ、こうやって本来は【ただ教わる側】の中学生が伝え方を悩んでくれるというのは良い成長の一環だと思います。
今は守備の事という位置づけでやっていますが、別にこれは守備の事、という括りではない事が分かってきました。

・テーマに沿った意識を持つ事
・勇気を持ってプレーする事
・繰り返し行う事
・考える事
・工夫する事
・修正する事
・試す事

などなど、色々なメリットがある事に気づきました。このテーマでやり始めてから練習の最後に行っていたゲーム形式の時間はほぼありません!1対1や2対2のまま終わる、というのがほとんど。でも、それを【え??もう終わり??】ってなるぐらい集中しているのが今のみんなの現状です!
各自なりに考え、各自なりに工夫してくれています!

みんなが今悩んでいるのは【各自にこびりついた癖】です。これにかなり悩んでいるのですが、正直言ってこのこびりついた癖を【僕の武器】と最初はずっと勘違いするのです・・。

そこから考えれば随分成長したと思うし、こういう葛藤を出来る時間は本当に貴重なんです。一人一人が成長するきっかけはこういう心を使った時間であり、回数なのです。

誰かと比べるのではなく、自分との勝負のつもりでこれからも一回一回のトレーニングや試合の機会を大切にしていきましょう!!

今日からいよいよ冬休みですね!体調を整えて元気に過ごしましょう!!
2022/12/22のBlog
[ 22:27 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習でしたが、グランド不良の為に室内トレーニングとなりました!

かなり冷え込んだし、練習後にはちょっと雪も降ってきました。。。とは言え、今日は冬至ですし、寒いのも当然ですね!この寒さに体調管理も難しいですが、各自なりに出来る対策はしっかりとやっていきましょう!!

今日も小学生が参加をしてくれたので一緒に積み重ね。小学生にしたら非常に目新しい事を言われる感覚かも知れないし、厳しいと思うかも知れません。でも、やっぱり小学生を見ていると【コーチ(大人)に言われた事だけをやってきた】のがよく分かります。自分という存在をハッキリ出せない子が多いです。教える側に関わる大人がこの辺りを真剣に考えないと本当に【金太郎飴】を量産するばかりになります。。
今日も中学生には【奪う】事を目的とした上での大切な要素として【軸】の事を話しました。

みんなはこの時代に生まれ、便利な道具が多く、ちょっと困ればパソコンで、動画が見たければネットで、って手軽に出来るが故に、【小手先ばかり】が上達します。

パッと見てなかなか分からないものが多いですが、やっぱり細かい部分の変化を求め出すとこういう所の小手先加減がものすごく邪魔になってきます・・・。変化の妨げになっているのは間違いないし、自分が上達していく為に動画で勉強し、自分なりに真似をしていくやり方も間違っているとは思わない・・・。

でもね、ネットにしてもあくまで【君の意思に沿った検索】をする訳で、苦労してうまくなる方法って調べるよりも、楽をしてうまくなる方法のほうが圧倒的に多いはず。そもそも自分にとっての一番大切なものはネットでは絶対に見つからないという事を前提に持っておいてほしい。
自分の中の本気が何か?軸は何か?によって検索の仕方も変わるし、見方も変わる。

そこが正直、かなり曖昧だから今日のトレーニングで成果を出せた選手はハッキリ言って一人もいなかった・・・。もちろん成功を前提に考えればメニューのやり方が悪いしコーチの責任。

でも、コーチとしてはプレーの成功云々よりも【各自の中の軸】に目を、向けたら大きな差を感じた。自分の中に軸があると工夫が出来る。でも、それがないとコーチに言われた事ばかりをやろうとして後追いの行動になり、自分だけの成果をなかなか残せない。
もっと自分という人間から考えたほうが良い。

サッカーをする以前に、一人の人間で一人の男。その自分がどうあるべきか?どうありたいか?をまずしっかりと考える必要がある。

犯罪を犯さない人間、とかの○○しないではなく【これをやる人間】という考え方。それが自分の軸になっていく。その軸によって考え方に変化が生まれ、各自風のアレンジ、工夫が生まれる。そこの段階にまだ全員が達していない。

ファルコは長い一人の人生を見た時の踏み台に過ぎない。通過点の今だからこそ、やるべき事があると考える。
男として、人としての軸を育て、僕はこういう人間だ!とハッキリ言える人になってほしい。

サッカーの技術も、勉強も、人付き合いも、全部必要な事だし、そう思える自分にまずはならないといけない。サッカーだけ、勉強だけ、人付き合いだけ、になってはいけない。狭い世界の繋がりで終わる。

広く、大きく広がった世界から物事を考えられる大人になってください!その為に今という時間は一生に一回の大切な時間。無駄にしたり、○○でいいや、、、と曖昧になる事なく、思った事を精一杯やれるようになろう!

未来は自分次第。そして、それを一緒に叶えようとがんばってくれる仲間の存在。両方がないと達成は不可能。サッカーの面白さ、サッカーの難しさ。
2022/12/20のBlog
[ 22:44 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

週末の試合を終えて、こちらがどうこう聞かなくても子供達の中で答えは決まってるのです。やりきった?チャレンジ出来た?後悔が残った?何もやらないまま?

子供と言えど感情を持つ生き物であり考えています。だからこそ各自の思いがあり、それを見ながら、付き合いながら、見合わせながら、進めていくという流れを作らなければいけません。どこかのタイミングから【大人の言う事を聞いておく】という形が入ってしまうと、それをきっかけにずっと任せる事になります。自分の脳や感情を使わずにそのまま過ぎていきます・・・。
今日のスクールで小学生を相手に言った話で、

【君たちが心から楽しめていないのは、本気でやっていないから】という事。それは中学生だろうが、高校生だろうが、大人だろうが当てはまる事です。

特に男の子はプライドを持っていくから【やってられるか!】という文言と共に投げ出していきます。本気でやるのが恥ずかしいから誤魔化していきます。出来ないがバレないように、やらないという選択肢で自分を誤魔化すのです。

そんな人間を間近にも、何人も見てきているからこそ目の前の純粋な子供達にはそうなってほしいくないし、その為にも自分が堂々と向き合っていきたい。自分に負い目がなければしっかりと向き合う事に恥ずかしい事はありません。今日も、そんな自分のプライドなんかに邪魔されないように、子供に土下座をやりました(別にそんな悪事をしたからではありません)。単純に、素直に、自分が悪いと認める時には謝る。頭を下げる、という当たり前の事を出来るかどうか、を自分で試してみたのです。
あっさりやれました(笑)

コーチのくせに、とかじゃなく人と人の付き合いだから自分が悪い時には謝る。当たり前の事だけど、大人のプライドが邪魔をしてこんな単純な事すら出来ない大人が多い。知識が増え、言葉が増え、言い訳ばかりをしてしまう大人・・・。それでは目の前の子供が育たなくなってしまうので、自分はまずは自身が素直でありたい。

自分は自分を良いコーチや良い指導者だとは思っていないし、未熟だからこそ良くなりたいと思っている途中だから子供よりも上とか思ったりはしない。対等に扱うというのは決して舐められるとかの話ではないという事。余計なプライドがある大人はそう捉えてしまって上から目線で支配する選択をする。
結局、大声張り上げて怒る人はそれだけ自信がないって事だと気付きました。

自分の感情を振り返った時にもそれは痛感します。子供達と素直に向き合い、子供達が抱えている思いや悩みが聞かなくても自然と分かる(詳しくはなくても、雰囲気の違いだけでも気付く)大人になりたいと思う。

今日も子供の顔色や空気を一生懸命探っていたら色々な思いが見えました。良い、悪いは別に自分が見える空気が良いものか?どうなのか?の確認も本人達に取れました。

もう10日で今年も終わります。来年も、とか先の野望も大事ですが、とにかく一日一日をこれからも大切にし、2023年はさらにそれが大切に出来る人間になりたいと思います!

今日も心を動かしながらトレーニングを行ってくれたみんなありがとう!!寒くなってきたから体調管理もしっかりとやっていきましょう!!
2022/12/17のBlog
今日は朝から小野の旭丘中さんでのトレーニングマッチでした!!

早朝にも関わらず相手は会場準備をしてくださり、自分達は試合をさせてもらっている立場。送迎は親にしてもらい、全てを委ねたままで試合が出来る環境・・・。

甘え過ぎていませんか???

準備は?アップまでの時間は?自分から動きましたか?寒さも各自違いますよね??

試合をするのは誰ですか?

こんな所から言わないといけない1年生達です・・。
トレーニングマッチだから出れるのは当たり前、ですか?

ちょっと考えが幼いな~と感じます。もちろん、【知らない】部分でしょう。でもね、こういう部分って【人間力】だと思うし、ちょっと考えたら分かる所でもあると思います。方程式がある訳でもない中で、心を使った者だけが見える景色と言うのでしょうか。。。

芯の通った人間になってもらいたいのです。サッカーをやる以前にみんな一人の人間であり、一人の男なんですよ。

今日トレーニングマッチで、久しぶりに厳しい話をしました。普段はトレーニングの時間に厳しくしても試合の時は基本的には言いませんが、あまりに低い次元の考え方に改める必要が多々あったからです。
試合はA戦を2ゲーム、B戦を1ゲームさせていただきました。

A戦のほうは2年生が開始から足と気持ちがしっかりと相手を押し込む事に成功し、良い勢いを持って、また1試合を通して相手にチャンスらしいチャンスを生ませないぐらいにしっかりと守備意識がありました。仲間の特徴も理解し、前の選手が前を向き、中盤がそこにサポートしたり、裏へ抜け出したり・・・ボランチ二人の動きがとにかく人として素晴らしいと思える。明也くんのサポートは他に違いを出せるぐらい仲間の攻撃が途絶えた瞬間に助けに行ける。主将の唯翔くんは裏へ飛び出し仲間のプレッシャーを分散させる。元々唯翔くんは自分は体力がない、走れないなんて言って入団してきたにも関わらず、今ではピッチ内で一番走っているぐらい走っている。

西田くん、杉本くんのファルコの攻撃核弾頭である二人は共に途中入団でありながらすでにチームになくてはならない存在として攻撃は全て彼等を経由して行われるというぐらいの関わりを持って全体を前に押し上げてくれるし、自らもシュートまでいける。

サイドの叶翔くんは何度でも相手の守備陣を崩壊させるまでチャレンジする強いハートにより、文字通り混乱させた。何度もチャレンジするその気持ちの強さが最大の武器。
そしてテーマである守備ではセンターの泰典くんは絶妙のポジションから相手よりも先に触り、触れないと分かった瞬間に相手の懐に飛び込んで自由を奪う。史弥くんは抜かれない自信を持ち始めてきたし、自分の間合いを分かってきたから自信を持って相手に強い身体をぶつけられる。両サイドバックは共に苦労人の翔くんと悠佑くん。どちらもいつも練習でうまくいかなくても学びをやめない!だからどんどん吸収し、その中で自分のストロングポイントを見つけてきた。二人の才能は【コツコツやれる努力家】という所。二人が今中心としてやっているのは一番近くで見てきたコーチからすれば【当然です!】と言えるぐらい素晴らしい努力をしてきている。
2年生がキャラが濃いだけに【普通】ではなかなか中心にまではいけない。自分の良さ、武器、その上で【仲間と繋がって出していく】という所までいかないとスタートとして試合に出れないという所。丈斗くんにも、碧衣くんにも絶対的な武器があるけれど、仲間との中での活かし方がまだ自覚出来ていない段階。

悪いけど、ここは個人で見つけるしかない!しっかりと足掻いて一気に周りを追い抜くつもりでやってほしい!

こういう風に書いたのは1年生がそれだけ集団になると埋もれてしまうから。試合をやってもなかなか思うように、うまくいかない。
・・・・そして何よりも・・・・・・

【うまくいかない事は悪】と思っている事だ。

だからチャレンジしに行く器量がそもそも足りない。技術じゃなく、体力じゃなく、考え方の部分。

うまくいかない経験こそが自分を強くしていく材料になる事を思う器量がない。どうしても育ってきた環境の中で【うまく・正しく・ミスしない】ようにさせられてきた習慣が強すぎて。

そして最大の課題はそういう気持ちを【自分が良いと思った】ではなく【大人の良い方向へ向けられてきた】事。サッカーは瞬間、瞬間に場面が変わり局面が変わる。その都度自分の判断が必要な中で誰かの判断を聞いている暇などない。ゆっくり考える時間もない。

そういうスポーツだから彼等1年生の本音が丸裸になる。自分の頭で判断し、心で決断する経験があまりに少ない。これは自分が今後関わる責任の中での最大の課題。

試合は楽しい?苦しい?今は決して楽しいとは言えないだろう・・・。でも、これを越える以外に【本当の楽しさ】に出会う日も来ない。

このまま2年生に憧れて終わるのか?自分で一歩を踏み出すのか?

決めるのは自分。やるのも自分。

応援は任せろ!!責任はコーチが持つ!!一歩を出せば力を貸せる!とにかく今を乗り越えろ!!


会場準備、試合をしてくださった旭丘中さん、雨も降る中ありがとうございました【礼】
2022/12/16のBlog
[ 23:43 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習でした!

かなり夜の冷え込みがきつかったのですがみんなで元気にがんばりました。今週に入って喉が痛む、咳込む、という子が増えたのですがそのメンバーも大事なサッカーを休みたくない、という強い気持ちで戦ってくれました。無理はしないように自分で調整しながら見学をしたりしてくれながら全体をサポートしてくれました。

なかなかこういう部分も簡単には成長はしてくれません。少年サッカーの時にプレー出来ない子が見学をしたりサポートなんてしてくれましたかね???出来ない=休むだったと思います。心が身体と共に成長していく彼等をずっと応援していきたいです!
今日のアップは3色鬼ごっこをしました!!

じゃんけんの要領でAはBに勝ち、BはCに勝ち、CはAに勝つという形で同時に鬼ごっこ。最初にチーム全員が捕まったら負けというゲームでしたが・・・

ご覧の笑顔ですが、このチームが最下位です(笑)

まるで優勝したかのような笑顔!!何事も全力でやりきり、全力で楽しむ。こういう姿勢は常日頃から心掛けていきたいと思います!
そこからボールを使って色々やりました!!

今日は小学生~高校3年生まで参加をしてくれたりしていつも以上に活気がありました。寒さも感じさせない雰囲気でやれた事はみんなの前向きな意識のおかげです。

リフティングも身体だけではなく同時に頭を使う事をやりますが、ちょっとずつ柔らかくなってきました。ボールだけに集中し、落とさないように回数ばかりを意識してきたこれまでの経験からは真逆のような事をやっていますが、身体とボールが一体化するようなぐらいまでやりこんでいきたいですね!
ボールを大事に扱う、という感覚からリフティングのやり方を教えてもらってもう7年が過ぎますが、今では自分流にアレンジしながらやっています。

チームに、個別に合ったやり方というのはどのメニューでも必要な事なので、これからも進化させながらやっていきたいと思います。ここでも、一つのタッチにしっかりと頭を使ってイメージしたり工夫をしていく習慣を持ってほしいと思います。

見た目の技を増やすとかよりも、【自分の意思で出来る事が増える】という感覚で取り組んでほしいと思います。
後半は今週もずっと取り組んでいる1対1です。

これまでの1対1って攻撃か守備?というテーマを持ちながらやってきましたが、今ではこの両方が同時に起きているという事を考えさせられます。守備をテーマにしている感覚はあったのですが、出したい現象や実戦に近付けたいと思う事により自然と攻撃面の意識にも繋がり、結果的には両方を促す形になってきました。

練習の為の練習になってはいけないという事。言葉だけならずっと昔から知っていたけど、本当はそうは言ってもずっと練習用の練習をやっていました・・・。

それを今は週末の試合という形の場所で繋げていけるようになってきているので明日も試合がある中で意識しながら成功経験を得られるようにがんばりたいと思います!