ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:7009件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2022/06/18のBlog
[ 18:10 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から八千代グランドにてトレーニングマッチがありました!

怪しい空模様で、途中に雨も降ったりしましたが無事に試合を行う事は出来ました。

北条高校さんに胸をお借りし、また赤穂さんも参加してくれたので3チームでの活動が出来る形となりました。今日は今日しかないこの時間を大切にしていけるように、子供達と精一杯がんばりました!

まずはグランド準備からのスタートでしたが前回は4分の1ぐらいしか活動していないという準備も半分ぐらいは関わっていたと思います。残りの半分は【自分だけで動く勇気のない子】という意味になります。全体的にはみんなが動いているようには見えますが、まだまだ人を頼りにしている子がいるのは事実です。【誰がいなくても自分一人で出来ます】と言えますか?それぐらいしっかりとやる事に意味があるんですよ。基準を考えましょう!
一つ上のカテゴリーという事で、どれだけ自分の持ち味、チームの持ち味が通用するのか?をチャレンジしよう!という事でアップからも前向きに取り組みました。

大声を出す、という行為にも少し疑問がありました。【やらなきゃいけない】という思考は身体を硬直させるだけでアップとは真逆の効果にならないか?自らを鼓舞する声と責任だけで出す声は違うよ、という話だけをして各自の中にある【本当の気持ち】と向き合ってもらいました。

フリーのパスの際にはまだまだ試合、サッカーをイメージ出来ていないから【パスをもらう事が目的】となり、サッカーの醍醐味の一つである【ボールがない時の時間】に意味がなかった事も改善しながら、一つ一つ、意味を持って取り組む話をしていきました。
試合はやはり相手のスピードもパワーも上だった事でそれを【いなす方法】が必要だったのですが、そこに対してガチンコでやってしまった立ち上がりはやはり反省点。

そこから慣れて攻撃のスペースを両サイドに持っていけた事は成果でしたね。ゴールへの意識や意欲がちょっと甘く、チャンスも不意にしてしまった事で我慢の糸が切れたような失点が入り、チームはまた停滞してしまいました・・・。

守備陣ってどうしてもミスが失点という形に繋がるから緊張感のあるプレーが多いけど、攻撃面のほうはシュートや決定機を外しても悔しがるとは言え、守備時のような緊張感までは持てないのがチームの課題。攻撃は攻撃の身体や気の張り方が必要だよ!覚悟が足りないよ、という話をやりました。

とは言え、こういう高校生がしっかりと対戦してくれる時間はありがたいし、みんながレベルアップしていく為には本当にありがたい時間でした。ファルコの卒業生も元気にがんばっていたし、夢の兄弟対決も実現!!こういうのも長い歴史の中であまりない事だし、素敵な時間の一つです。こうしてお互いに一生懸命ぶつかり合う時間も立派な【親孝行】ですよ!
今日のB戦のメンバーは先週の日曜日の不甲斐ない試合の後、何度も【基準】に立ち返りトレーニングをがんばってきた事もあり、今日は非常に前向きなプレーが多かったです。

攻撃への迫力やボールを奪いたい気持ち、しっかりと身体を張る守備など随所に良さが出ていました。A戦に出ていたメンバーに頼ってしまう弱さは相変わらずではありましたが、そういう中でも自分の良さ、というものがちょっと認識出来たのでは?!という内容。そこからの最後のA戦にも多くの選手が試合に入り、その空気感を味わえたのは意味がある時間になったと思います。

2試合目は赤穂さんとのゲームでしたが、久しぶりの交流だったし相変わらず中央で人数を掛ける攻撃は魅力的でした!!

その相手の【関わる崩し】はみんなも見習うべき部分だし、個の能力や覚悟の部分で今日は少し上回れた結果にはなりましたが、人数が絡んで何かをするという意味では相手の良さが多かったと思います。チームとしてはここを目指している部分もあるし、みんなが今後やっていくべき課題のお手本になる所はあったと思います。

交流から見える課題と成果。どんながんばった日にも必ず出てきます。両方があるからこそ成長がある!みんながそうやってゆっくり前に進んでくれている今の時間がコーチは大好きだし、そういう時間を一緒に過ごせる事が一番の幸せです。

うまくはいきません!!ずっといきません!!(笑)

でも、だからこそそういう時間の全てをひっくるめて【楽しいね】と言えるチームを目指しましょう!!

対戦してくださった北条高校さん、赤穂FCさん、ありがとうございました【礼】
2022/06/17のBlog
[ 23:52 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習がありました!

お互いにとって良い時間になれば良いといつも思っているのですが、今日はまた一人ゲストが来てくれました!今は大学生になった英児くんです!昼間にたまたま連絡をくれた流れで今日の練習にも参加をしてくれました。本人は今とても悩んでいるという事だったのでその話を聞く為に来てもらったのですがコーチが関わらせてもらっていたのはもう10年も前の話になります・・・。そんな自分に悩みを聞いてほしいとわざわざ来てくれた事、子供の中でそういう時に頭に浮かぶ大人であった事が本当にうれしい事でした。コーチをやっていて良かったと思える時間となりました。
今日も身体を使う事、頭を使う事を重視してやりました。

小学生達もちょっとずつ頭の回転は早くなってきていると思います・・・が、英児くんの悩みと同じなんです。小学生あれ、大学生であれ、【自分って人間の存在意義】みたいなものを自覚しているかどうか?の部分です。周りや他人が決めるのではなく、自分自身がどうありたいか?どうあるべきか?を持っているかどうかで成果は変わります。

周りに言われてばかりの自分で終わるのではなく、自らの意思や意識を持って行動やプレーをすればその日に残るものも増えていくと思います。一人の人生の主人公としてそこは自覚してほしいです。
結局はそこをどれだけ出せたかどうか?の勝負みたいになってくるのです。

もちろん性格が違うというのも分かります。でもね、そんな性格以前に一人の人間である事のほうが大きく大切なものです。性格で決めてしまうとそれ以上の事など何も出来なくなります・・・。性格や血液型、そんなもので一人の人間の全てが分かってしまうような薄い人生はどこにもありません。各自が持って生まれたものなど関係なく、この世に生まれてからどういう経験をやっていくか?によって得られるものも違ってくるし、自分を信じて、自分を出せるという事はどの年代であれ、どの組織であれ不可欠で大切な事なのです。
その為の日々のトレーニングです!

自分自身を良くしていく事の大切さ。技術だけを習得するのがトレーニングではなく、考え方や行動の仕方のほうが意味と価値が大きいのです。みんな同じ事を同じようにやるだけでは大したものは生まれませんが、自分だけの考え方でやると全然違ってきます。そんな違いをより明確にしていく事もトレーニングの醍醐味なのです。

なのに、みんなを同じようにしていく作業の場になっている集団があちこちに見受けられる。その影響もあって、自分というものを考えずに済み、悩む事なく過ごせる日々が後になって大きなツケとなって返ってくるという事です。
判断、決断、実行の繰り返し!

勇気を持ってやるしかない。否定も批判もされる事だってあるだろうし、全てが常に正しい訳がない。でも、そうじゃないからこそ気付く何かがあって、学ぶ何かがある。みんなにとってはそれを得る事のほうが人生の財産となっていく。

今日のような出会う事などないようなタイミングで出会う人だっている。そんな人から学べる事も多々あるという事。自分の考え次第だし、受け止める器量次第。小学生から大学生までが一緒にグランドでがんばれる時間を眺めながらとても幸せな気持ちになった今日のトレーニングでした。また週末は試合が続きますが、一人一人にとっての成果が出る事を楽しみにしています!
2022/06/16のBlog
[ 22:25 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

不安定な天気だったのでグランド状態が心配ではありましたが、何とか出来る状態ではありました。外で活動出来るとやっぱり思い切りやれる利点があります。室内には室内の利点はありますが、外は外の利点を活かしていきたいと思います。

今日はまた小学生の体験参加があり、全員の気持ちもまた新鮮になったと思います。刺激って本当に大事で、環境を変えたり、言葉や考え方を変えてみたりするだけで自分の中の新しい発見がある事も多々あります。こういう一つ一つの出会いを大切にしていきたいですね!
今日も前半は身体の使い方と狙いの持ち方をやりました。

ボールがある、ないという場面の中で色々な考え方を駆使して、自分の身体をまずは自由に扱えるようになる事。頭の中のイメージとのギャップがなくなるようにしていく事!それが優先ですね。その上で、こんな事もしてみたい!というイメージまで膨らんでくれば良い精神状態である事が分かります。

逆に【うまくやらなきゃ!】みたいな自分でプレッシャーをかけてしまうとどんどん身体というものは余計な力が入って硬くなってしまうので、頭の中を整えながらやっていきましょう!
アップの為のアップ、ではなく全てはサッカーの試合に繋がっているという考え方。

トレーニングの意図は何か?何を得る為に今自分はがんばっているのか???という事を考えながら取り組むと成果は大きく変わってきます!

身体はもちろんですが、頭、心が疲れたようなトレーニングが出来るといいですね!無意識に鍛えられているというような感覚でやれたら一番理想かな、と思います。
後半は対人の中で自分がどれだけ観れるか?選択肢があるか?勝負にこだわれるか?というような事をポイントにしていきました。

まだメニューに入り込んでしまう所があるし、途中話をしたけど身体をうまく使う発想があまり見受けられません。どうにか技術だけで何とかしようとするから限界があり、むしろ足先だけのプレーになるから軽いプレーになってしまう。身体をもっと意識して使えるようにすればもっと選手一人一人の印象が変わる気がします。
みんながんばり屋さんでみんないい選手です!!

だからこそ良い部分を【さらに良いものとして出せる】ように今取り組んでいる訳です。良さを消す為ではありません。各自の持っている良いものが最大限出せるように、みんなも今の時間を【もっと良くなる為に】と前向きに思ってほしいです!

そうすれば必然的に成果というものが増えていくものです。自分の為に。それが自然と仲間の為になっていくという自然の流れ・・・。自分を大切に、そして同じぐらい周りも大切にしていきましょう!!
2022/06/14のBlog
[ 21:58 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習がありました!

いよいよ近畿地方も梅雨入りが発表されました・・・。ここからしばらくは雨の日が多いでしょうし、蒸し暑さもある暑さになるだろうから気分的にも少し下がりがちなこの時期にしっかりと顔を上げてがんばっていきたいと思います。

今日が一週間の始まりなので、毎週火曜日はみんなの様子を観る時間を必ず設けます。各自の様子、意識、表情、空気。そういうもので週末に行った試合や大会が【体験】するだけで終わっている子と【経験】として積み重なっている子の差がハッキリ出てきます。口では何とでも言えてしまうみんなを信用はしませんが、行動には本音の部分がハッキリ出てくるので、この時間の観察は大切な時間になっています。

今日は最初に【基準】というものについて話をしました。基準を上げていこう!という言葉は発しても、実際にどうする事なのか?を正直分かっている子、いない子がいると思う。だから闇雲にがんばるというお決まりの行動をしてしまい、それが体験という形で終わっていくだけになる。

基準とは【自分の中にある普通】という意味。だから基準を上げるという事は自分の知らなかった感覚に触れる事も一つなんです。みんなの中の基準はまだまだ世界観が狭い中での基準だから世間からの評価からすれば非常に価値の低い基準値なんです。それを3年間で様々な経験や行動を変えていく事によってその基準値も高まっていくし、何をするか?は特別ではなく、日常の中のほんの些細な部分の考え方や細かい意識改革をしていく事なんです。
自分の身体をまだ扱えていないみんなの事を今は丁寧に時間を掛けて改善している最中です・・・。

なかなかそこへの意識を重んじてくれないこの年代・・・(目先の派手なプレーにどうしても興味があるので)、伝わるまでに時間が掛かりますが大切な事なのでしっかりとやっていきます。今日のアップから最後までそこへの意識を強調してやりましたが、みんなの中で【観て判断する】という事が【ボールを持ってから】というのが前提になってしまう。。。

そのタイミングでは遅いって事を理解し、ボールのない時に観る事、それによってさらにボールを持った際の判断という事に繋がっていけば選択肢は広がっていくと思う。

良くも悪くも非常に真面目な子ばかりなので、相手の逆を突くというのが苦手。
真っ直ぐ正面から向き合って、戦っていくというのは素晴らしい事のように思えるけど、やっぱり勝負事を制するには駆け引きは重要になる。その為にも上手に相手を騙す、逆を突く為に【賢い身体】にしなければなりません。頭で描くイメージは無限だろうけど、実際の身体でそれを表現する事には限界が出てくる。

その限界値を高めて頭で思った事がたくさん表現出来る選手になりましょう!!

大切な事だからじっくりと焦らず時間を掛けて、ファルコ卒業してからもしっかりとサッカーを楽しめるように土台作りをがんばりましょう!!
2022/06/12のBlog
[ 22:04 ] [ 試合結果 ]
今日は一日良い天気でした。

来週からはいよいよ梅雨入りになる予報だし、それまでの貴重な晴れ間の時間を目一杯過ごしてほしいと思いました。

今日のグランドは高砂にある【カネカ高砂グランド】でお世話になりました。対戦相手のA.C高砂さんとはトレーニングマッチ等の交流は今までなかったんですが、兵庫SCにお世話になってサッカーをやっている中でチームメイトであるナオさんがコーチをされている話になり、その繋がりから今回実現しました。カネカさんの芝生グランドまで提供していただき、トレーニングマッチにも関わらずこの環境で出来る事は本当にありがたい話である事。その上で、みんなにはもっと大事な事だという事を理解してもらう為に出発時間は早くして試合までの時間にしっかりとミーティングを行いました。
内容はここで書いた所で、上辺だけの話になってしまうので各自の今後の行動で示してくれれば、と思います。

簡単に言うと【今のみんなは色々な面で緩んでいる】という事でした。今、親や先生、コーチに対して真っ直ぐに毎日がんばっていると胸を張って言えるのか?という事を確認しました。みんなが今やるべき事は自分のその生活の中で自分が決めたやるべき事をきちんとやるという事だと伝えました。どう受け止めたのか?どう感じたのか?は分かりませんが、今日という日がまた誰かのきっかけになるという事、また今日という日に後悔する子、思いはあっても行動出来ない子、とそれぞれだろうけど、限られた時間の中、一日でも早く自分自身の為の努力をがんばってほしいと思い、その気持ちと思いを伝えました。
試合はA戦を30分ハーフ、B戦を25分ハーフで2試合ずつさせていただきました。

全員が2試合をやってもらう形になりましたが、非常にタフで良い経験が出来ました。相手のレベルも各自がしっかりとしていたので、必死で、ギリギリの所で身体を張って何とか凌いでた守備に加えると、攻撃への意識がまだまだ低く、攻撃で守備の負担を減らすという発想が恐らくないものだから、守備だけ必死にがんばっている、というようなA戦でした。

B戦のほうは前の選手が自分のしたい事、欲しい場所を要求しない、もしくはするタイミングが遅い事で何度も攻撃チャンスを不意にしてしまう流れが多かったですね。それでも、一人一人が前向きにやろう!という意思は感じ取れたり、やろうとする姿勢は十分伝わってきました。
そんな中、A戦をやっている時間を利用し、B戦のメンバー達だけで集まってミーティング、その後で1年生だけで集まってミーティングをやっていました。何を話したのか?に興味はありません(笑) 

大事なのは、そのミーティングでの出来事をどれだけ行動にしていくのか?の部分だという事はもう1年生も理解してきているので、そこの成果を大切にしたいと思いました。非常に暑い中で、疲労も溜まってきつい状況の中、ちょうどの人数でフルに戦えた事は良かったと思うし、B戦のメンバーは明らかに前向きにがんばろうぜ!!という意識と声が出ていた事は伝わってきました。形はどうであれ、自分達だけでこのミーティングを行い、前向きに変えたという成果は一つ大きなものだと思います。
夜7時になっても明るいこの時期、目一杯交流戦をしていただきました。

ありがたい環境の中で、真摯に向き合ってくれたA.C高砂の選手達は技術はもちろん、内面も素晴らしいチームでした。その影響をまた大きく受けた選手達の今後のがんばりを楽しみにしています。

良くも悪くも、現時点の全てが出た一日でした。これをどう捉え、どう変えていくのか?のチャレンジは一生続くと思います。そんな大切な時間に関われている事にありがたみを感じながらこれからもがんばっていきたいと思います。

対戦してくださったA.C高砂さん、ありがとうございました【礼】
2022/06/11のBlog
[ 16:39 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から試合を八千代グランドで行いました。

心配していた天気も何とかもってくれたし、プレーするにも暑さが全然マシな状態でした。子供達は早く集合してテキパキと準備にかかってくれるのですが・・・話をしたように4分の1しか自主的にやっていません。残りの4分の3のメンバーは誰かの後にくっついているだけだったし、自分の頭で今何をすべきか?を考えていません。一つ一つの行動を自分の判断で出来ない人間が一つ一つのプレーを判断して行うサッカーを上手にやるなんて不可能な話です。まだまだサッカー以前の所で意識レベルは停滞している状況です。もっともっと今やるべき事に真剣に向き合わないと何も残らない自分が待っていますよ・・。
今日は同じく地元の八千代中学校さんでした。

来週に総体を控えているので、今日がその為の最終準備の試合になる訳ですからしっかりと対戦相手としての役割を果たせるように全力でやりなさい!という事で2試合を行いました。

まずは最初の試合でしたが、やはり相手の様子を観ている時間帯のプレーが不正確で雑だから自分達のミスで失う場面が多かった。慌てずに試合をしたくても、最初ってなかなかそれが出来ないものだから、もっと前向きな雑さと言うか、荒いんだけど陣地を前に押し上げていくようなイメージを持ってやれるといいね。
後半にはメンバーをほぼ入れ替えてやってもらいましたが、前半メンバーと同じ事など求めていません。

一人一人の良さとか、基準とか、自分の目標や意思、そういったものをしっかり、ハッキリと出せたら良いのですが・・・そういうのもなく、周りの声に反応し、周りの声に合わせるだけのプレーなら誰でも出来てしまうんです。

自分の判断、自分の意思というものへのこだわりが普段の練習から薄いから一つの行動が遅く、一つの判断が遅く、一つのプレーが遅い。【自分なりには】という評価基準ではずっと前には進めません。周りの声を聞いて、もっと自分の基準を高めてください!
合間に紅白戦を入れて、お互いのポジション争いをやってもらったのですが、危機感はありますか?競争になっていますか?

どうせ自分は1年生やし・・・みたいな気持ちがありませんか???最初から競争の舞台にすら上がれないならトレーニングも試合も必要ありません。気が向いた時だけがんばりたいなら自分一人で公園でサッカーをしていれば良いのです。

時代がどう変わろうと、一人一人が自分の人生に全力を使う事に何一つ無駄はありません。それを先延ばししたり、手抜きしたり、遠慮したり、人のせいにしたり・・・って全て弱い人間のやる事です。
どこが相手、どんな展開であれ、君達が勝負すべき相手は常に【なりたい自分】である事をまだ理解出来ていませんね!

準備が悪く、ボールを持ったら焦る。準備の話も散々しているのですが、【僕の事じゃないから・・・】と聞き流しているのでしょう・・。

だから今日も試合が終わったら【恒例】と言ってしまうぐらいむしろ当たり前になってきた【忘れ物】が3つもありました。これで【僕はがんばってます】と言うんですから、その努力の基準がいかにしれているかが分かると思います。まだまだ底辺の底辺を彷徨っていますが、こういう地域に生まれた以上はより粘り強くやるしかないと思っています。

必ず良い選手達にしてみせます!!!その為に苦労も、悩みも、責任もいっぱい背負ってもらいます。それを越えなければ男とは言えません。表情、空気を変えるまでまだまだ時間は必要ですが、諦めずにがんばっていきたいと思います。

試合をしてくださった八千代中学校の皆さんありがとうございました【礼】
2022/06/10のBlog
[ 22:32 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習は中学生とエリート塾の小学生と一緒に行いました!

3年生はみんなで日本代表の応援に行っていたので最高学年は2年生となりました。チームというのは一つの生き物だと思うし、ピッチ内外でこうして繋がって一緒に観戦に行こうとする3年生の思いは大切にしてあげたいと思うし、憧れの選手達を間近で観ればまた思いも変わってくると思います。

残った1,2年生と小学生と一緒に積み重ねをしていきました。
何度も何度も言いますが、練習に来ているのは【あなたの意思ですか???】という部分。

その根底から正直ズレている子はいます。行動に出ます。すぐに弱いもの同士で塊まりになります。そんな人のお尻を追っかけて上達するとは思えません。誰かの行動を見ないと自分からアクションしないような感覚では新しいものを取り入れる事は出来ません。

まだまだ意識が低い子供達です。それでも男の子特有の【カッコつけたい意識】だけが一人前にある訳ですからここを理解させるのには一苦労です。
一人一人の思いは大事にしているし、尊重しています。

でも、一人一人になれば良いのですが【一人】として自分を捉えない子がいるんです。
【みんなと同じ】という意識。。。これは学校で根強く作られているものだと思います・・。行動をする、行事をする、何かをする際に【みんなで!一体感】みたいな事をしつこく求められるからどうしてもその意識になる。周りと同じ、みんなと同じ、で安心をする感覚。。。

でも【みんなと違う自分だけのカッコいいプレーはしたい!!】でしょ???

そんな都合の良い所だけ違いを発揮出来るような甘い世界はありませんよ。
残念ながら、近年子供達をきちんと叱ってくれるとか、とことん向き合ってくれる存在がいなくなっています。

効率化、みんな同じ化、というものが大人の中にあるからです。そもそも学校のクラスに30人とか40人いるなんて先生が一人で見れるはずがないんです。そこで、見る為にみんなを強引にまとめ、同じにしていく。そこから外れたら採点や評価を下げるという方法・・・。そら、下げられない為には【みんなと同じようにやっておく】という選択肢になりますよね???

大人のそういう【自分が見やすい為の環境作り】が果たして【子供の為に】なっているのでしょうか??年々、

【言われた事しかしない指示待ち人間】

が増えている事をどれだけの人が危機感を持っているか?なんです。中には教える側の立場として【そのほうが自分が教えた感が残る】と思う大人が多いと思うし、だから育たないんだと思う。
なぜ、好きな事(サッカー)をやりに来ているのに【指示待ち人間のお客さん】になるのか?が分からない・・・。

好きな事すら【やらせてもらう】って変じゃないですか???

結局ね、変えないといけないとすればこういう部分なんですよ。メニューや技術や、リフティングや、挨拶や聞く姿勢云々じゃなく。

自らが学ぶ姿勢だったり、うまくなりたい気持ちがあればコーチのメニューが動くはずです。意味を教えてください、やる意味を説明してください、そういう質問が入れば自然と良いトレーニングになっていくでしょう・・・。


弱い者は弱い者と繋がり、
自分を変えたいと勇気を出して強い者へ関われば、そこから自分は変えられる。

いくら口先だけで【うまくなりたいです】を言っても心の本音は隠せません。

応援はしますが、【強制】はしません。サッカーが自分にとって【大好きなスポーツ】になるまでコーチから提案はしません!どうか意味をよく理解して、自分自身を見直してください!エリート塾生も、ファルコ生も、です。自分の心は自分で開いてください!!
2022/06/09のBlog
[ 21:57 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

一日よく晴れたので暑かったですが、夕方以降は気温も落ち着いてプレーをするには最適なぐらいになってきます。こういうナイターでのトレーニングをする我々にとっては昼間の試合というのは身体にはきつくなってくるのですが、だからこそ【上手に使う】という事を覚えてほしいと思っています。がんばる、気合い、根性という昔のやり方ではなく、この時代に合ったやり方、全員に共通のやり方など存在しないという事から一人一人に合ったやり方を見つけていきたいと思います。
今日も身体の使い方と目の使い方をやりました。

頭では理解出来る事でもいざ表現をするとなるとなかなか出来ません。こういう頭と身体のギャップを埋めていく努力をやるのがトレーニングの質を向上させていく方法です。闇雲にがんばる、言われた事だけをがんばる、という形では自分にとっての最適な習得は出来ないので、勉強にしても、サッカーにしても、自分だけの取り入れ方をしていけるようにがんばってほしいと思います。
ボールを触れるけど、蹴れない、という子が多い印象です。

強いキック、狙った所へ蹴るキック、多種多様なキックなど、使い分けられるような余裕もないみんなは常に同じキックをしてしまう。目的地やただ運ぶキックと、目的地へ目的を持って運ぶキックとでは大違い!そういうちょっとした差によってゴールが遠くなっている今のチーム状況があるとも思います。キックの質にこだわるのもサッカーには大切な要素の一つです。

前向きに、自分のセンスをどんどん磨いていきましょう!!
後半の対人トレーニングでは、相手を観るという事をやってもらいましたが、やはり動く相手になると難しい。みんなの今の状態を観ていると【部分的には動くんだけど・・・】という感じ。全体が繋がっていないし、ぎこちない。

普通に歩く自分が動作に引っかかりがありますか?自然に、普通に、何度でも、出来る歩くという動作。でも、ドリブルやシュートは何度でも普通にやれるというレベルにはありません。まだまだ身体を使うという事から長い時間を掛けて刺激を入れていかないといけないような気がします・・。道のりは長いですが、変化を楽しみながらがんばります!
人と繋がる事を求めている自分に対して、【相手に合わせる】という事が繋がっていると勘違いしている子が数名いる。

クラスの中でも、何もせずに、協力と言えば言われた事や与えられた係の仕事だけをやっている、という状態と同じ・・・。それで自分が主役と言えますか???繋がるというのは自分の意思で、自分から手を指し伸ばし、相手にもその手を繋いでもらう状態なんです。一方的では繋がれません。そうしないとボールも繋がりません。自分に思いがあるように、相手にも思いがあるという事なんです。単純な話ですが、それを理解するという事も重要な課題の一つです。

個を主張するという事はワガママにやる、という意味ではありません。そう思ってしまう時点で良い選手からは遠ざかっていきます。みんながいるから自分を出せるという考え方になるように!!コツコツやっていきましょう!!
2022/06/07のBlog
[ 22:29 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!!

週末の試合を経ての再スタートとなる日。週末の試合で何を感じ、何を思ったか?それを改善したり、さらに良くしていく為にグランドに来ているのか?参加してくれている小学生達は【今日うまくなりたい】と思っているのか?

どうでしょうか???

コーチの目には【いつも通り】に見えましたよ。これが【習慣】と言い、何も考えないでやる時の本当の自分とも言えます。
土日に良いものがたくさん出たんだけどな~・・・。

試合の事を引きずるという意味ではありません。でも、試合の中で起きた事を経験とし、練習の時間で変えていくという努力のサイクルが欲しいのです。それしか試合で良い思いをする為の方法はないだろうし、逆に言うと、そのサイクルを作らないから一つの試合だけで一喜一憂してしまうのです。

ここから変えないとね!意識で変わる。というよりも意識そのものを変える事からですね!
やっぱりね、伝え方なんですよ!

経験の浅い小学生であっても目の色変えてがんばってくれていますよ。各少年団のコーチ達があぐらをかいたり、同じ事を同じようにやらせているだけでは子供達の意識が底辺で習慣化してしまうのです・・。

言い方一つ変えるだけで全然違ってくるものです。出来る、出来ない、の話ではなく【どうすれば前向きにやってくれるか?】だと思います。子供達が背負っているいる色々なバックボーンを考えれば・・・・やるべき事は見えてきます。
身体を【緩める余裕がない】から、【がんばる事の幅が狭い】という事になり、無理が増え、足がつったり、怪我が増える。

これがこの地域の現状である事は間違いありません!この地域で【緩める】を意識させるとグッタリしか出来ません(笑) それはつまり【塊でしか緩められないから】です。人間は身体の中に200箇所以上もの関節と呼ばれる部分があるのです。その200個をそれぞれ意識して緩められたら???と考えればすごい事ですよね?実際は意識して緩められるのは数箇所だけでしょうね。それをもっと意識して増やしていく事で、【緩める事の幅が広がる】事になっていきます。緩める事が増えれば、がんばった時のパワーがより一層増します。
これを理解してもらうのはかなり時間が掛かるだろうけど、最初のリフティングからの意味や意図はこういう所に繋がっている事も3年間やっていくとよく理解出来るようになります。

最後のゲームでもコーチの喝が入らないとみんなの意識で高くする事がまだ出来ていません。という事は自由にやっているゲームも大した成果が残せないという事になるのです。もっと自分達で出来るし、分かるはずです!

試合をし、練習をし、日々を過ごす中で見つけていく大切なものを無駄にしないようにもっともっと一回のトレーニングの質を各自で高めていきましょう!!
2022/06/05のBlog
[ 19:12 ] [ 試合結果 ]
今日は朝からまたリーグ戦があり、社中学校さんへ行きました!

金曜日のナイター練習試合からの3日連続。身体も心も疲労はピークです。

でも、どうしてそういう状況を作ったのか?!ももちろん理由があります。コーチは一人一人の本当の気持ちを育てていきたい気持ちがあります。1年生もある程度生活に慣れてきました。どんな状況であれ、慣れてくると【こういうものか】という気持ちが生まれます。良くも悪くも慣れというものは人を安定させてしまいます。

自分はこの年代に一番大事な【心の揺れ動き】をたくさん経験してもらいたいのです。うれしい、楽しい、悔しい、悲しい、面白い、などなど。そういう自分の心をいっぱい動かした人間は大きくなり、人の痛みや気持ちが分かる人になると思っています。だから、この時期みんなが一歩前に進んできていると実感があったこの時期を選んで少しハードに組んできました。
この3日間で本当に良いものが出てきました。

各自にフォーカスをした時に、あちこちで良いものが出てくれました。自分がやろうとしている事はもしかしたら保護者の方が望む形とは違う事かも知れません・・・。

保護者の方々からすると【良い思いと良い経験】を求めると思いますが、それはなかなかセットには考えられません。【弱い心と向き合う経験と一歩踏み出す行動】をセットと考えています。だから、この向き合わせる期間には保護者の方々からも多くの不信感を持たれるかも知れませんが、どうか安心してほしいのは意図的に落ち込んでいるかのような状況を向き合わせている事を理解してほしいのです。そうしないと前には進めない事も分かってほしいのです。
今日は社中学校さんとのゲームでしたが、非常に1試合を通して最後までよくやりきってくれたと思います。

望むような結果はなかなか出ませんが、何が大事で必要なのか?は選手自身がよく分かっています。それを今後、行動としてどれだけ出せるか?だと思います。出ている選手も、交代で出る選手も、出れない選手も、一人一人が今よく考えてくれています。試合中に相談してくる選手もいます。みんな悩みながらも、前に行きたいと思っています。その背中を押すのが自分の役目だから、こちらから引っ張るのではなくがんばろうと思った時に背中を押していこうと思います。
仲間の為、自分の為に身体を張れる子は増えたと思うし、その気持ちをしっかりとプレーに出せるという意味では自分はこのチームに大きな自信と誇りを持っています。

もちろん上手くないし、強くもない。だけど、今よりも良くなりたい気持ちを素直に出せるみんなはどんどん良くなるしかありません!この先輩の姿を観ている1,2年生達もいよいよ心が動いてきました。

練習試合でも、しっかりと走れる、ドリブル、パス、選択肢という事が意識出来るようになってきました。多くのチームはトップチームだけを強化されますが、うちにはそんなAもBもありません。だからこそ全員が前を向いて努力出来るようにしていきます!
試合を経験しながら多くの気付きを得ている今のみんなの表情や空気がとても良いものであると思っています。

そういう中でもいつも楽しい訳じゃない、という所にまた価値があります。男の子です。不機嫌に、イライラもします。そういう時間もありながらの笑顔にこそ本当のカッコ良さが見えるような気がします。

痛くても試合に出たいと強い気持ちを言えるようになってきた1年生や2年生。無理をさせる訳にはいかないので慎重にはいきますが、そう思える気持ちに成長を感じます。

ずっと3年間【発展途上】な選手達ですが、今後の自分がどういう状況になっても前を向いてがんばれる為の種撒きを今の間にしっかりとやっておきましょう!!


会場準備と試合をしてくださった社中学校さん、ありがとうございました【礼】