ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6855件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2021/07/03のBlog
[ 07:13 ] [ エリート塾 ]
昨日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習!!

今週はテスト明けなので、少しずつまたペースを上げていこうと思っている中学生と、毎回を大切にする意識を芽生えさせたい小学生とそれぞれの大きなテーマは異なっているので、まずは小学生だけにミーティングをしてからスタートしました。

小学生には最大の課題と言っていいぐらいのものが出てきました。

【自己肯定感の低さ】

です。これは育っている環境で決まると思います。みんな本当に小さな時は出来た事を褒めてもらえたはずなのですが、集団生活が始まった頃から他者との比較によって評価をされ(している大人側はそういう意識ではないとい事がまた大きな要因になってしまっていると思います)、その積み重ねにより【成功させたい】という気持ちよりも【失敗して注意をされたくない】に変わり、自然とチャレンジをやめてしまう。。。という流れです。口先だけでは【挑戦したい!チャレンジしたい!】とは言いますけどね。。。心はそうは思っていないものです。
そこで、最初に【まずは自分自身を知る】事から入り、それが他者を通してどう映っているか?を検証。自分の評価と他者の評価が同じになってくればそれは自分の武器として使えるものになっている事を話しました。

自身を知る前に他者の評価を気にしすぎると、【媚びを売る・好かれようとする】行為が一番になり、信頼はされません(適当なラインでは好かれますが・・・)。自分を磨く、自分を高める、自分を成長させる!それが全てなんだという事で話をしてからトレーニングスタート。
室内で限りがある中で狭さがあるので、集中力を持って取り組む事をテーマにやりました。

課題に1分間向き合う事。それを継続させられる事。切り替えられる事。

サッカーと共通したメンタルが見えました。現状はどうしても集中力が持続しない子や前向きになかなか考えられない子、人の成功や失敗ばかりが気になる子、など。

これが現状なんだと受け止めました。その上で、この状況をどう改善していけるか?も考えていきます!自分の力でどうこうするのではなく、どうやって各自の心に前向きな火を灯せるか?だと思っています。
言葉では誰でも言えるだろうが、綺麗事で済ませてはいけない事。

内面を動かさないと人って変われないし、どれを行動に繋げないと結果は変わらない。この両方をとにかく実行させる事からやっていくしかないと思う。ちょっとずつでも変化は見えるし、確かな成長を見せてくれている子もいる。【今日は良い】ではなく、【今日も良い】と思える、見えるコーチでなければいけない。

人を正す前にまず自分。とは言っても【まず】が【全て】だろう。。。自分への挑戦をする事が人生そのものだと考える!みんなで前向きにがんばろう!!
2021/06/26のBlog
[ 15:07 ] [ 練習の様子 ]
今日は修学旅行、総体などに参加するメンバーがいたりしたので、昼間のトレーニングを行いました!

蒸し暑い中ではありましたが、心配していた雨も降る事なく行う事が出来ました。昨日のナイターでのトレーニングなども観て、今日取り組んでほしい事も伝えました。小学生がいる時、いない時にやるべき事や出来る事はまた違ってくるので、そこも考慮しながらやってほしいと思います。ゲームをやりたいという気持ちはありましたが、朝の様子を観ているととにかくみんなが重たい・・・。

いつもナイター練習の周期で身体が出来ているのもあるだろうし、昼間の【入り】はとても悪い印象はある。
もちろん試合、大会ではそういう事を言ってる場合ではないからと各自やれるのでしょうが、練習では怪我の原因になったりもするのでちょっと序盤は身体を動かす事や頭を動かす事でゲームを100%で出来るようにしてもらおうとしました。

うまくなる事も、上を目指す事も、【己の志】で決まるのです。だからそこが強い、弱いで差が大きいのは当然だろうし、そこは指導者が埋めるとかの問題ではない。各自の器量だから受け止めるしかないと思う。
そういう中でも平等にある時間の中で、【それぞれの今の心を燃やす事】はとても大切です!

この年代は気分屋が多く、とてもムラっ気があります。ちょっとの事で機嫌が悪くなり、やる気を失う・・・。でも、これは大人にはありますがチームスポーツを経験していないとこういう性質はずっと改善されないままに大きくなっていきますが、チームスポーツというのはとても良いもので、お互いにカバーをする事でテンションややる気が変わってくる事もあります。人と人の繋がりを大事にしていると、仲間からも大事にされるし、自分が大事にするとその分は返ってくる。
返ってこないと感じる子はそれ以前に、自分が与えていないという事なんです。

そこから反省と言うか見改めないと時間だけが経過していくという事になる訳です。仲間が気に掛けてくれているうちが華なんです。見捨てられたらそれこそ終わり。

すぐに機嫌が悪くなり、すぐに感情的になり、イライラするから良いプレーが出来なくなり、それに対しまたイライラする悪循環を繰り返す。人生の中で最も醜い時間ではありますが長く見るとそれを経験して感情を抑えられたりするから無意味ではなくなる。要はいつ気付くか?ですね!
イライラじゃなく、努力する事に心を燃やせるといいですね!そのパワーこそがみんなの年代にだけに与えられたキラキラした青春タイムなんじゃないかな?!と思う。

うまくいかない事も含めて自身の成長の一部なんです。全てを丸ごと受け止めて、心も身体も大きくなっていきましょう!!

今週はテスト休みに入りますがまた金曜日からみんなでがんばりましょう!!

サッカーもテストも同じ。目指す目的と努力を繰り返しましょう!!
2021/06/25のBlog
[ 23:01 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾の合同練習でした!!

金曜日はグランドに多くのメンバーが集まるのですが、その一人一人が主役にならないといけません!人数の中に埋もれたり目立たないままではなく、どんどん自分から得るアクションをしてほしいと思います。

時間も掛かるだろうし、個々によって違うから焦らせたりしないで各自のタイミングを待ちたいと思いますし、今日は今日で良いスイッチが入った子を観れたので良かったと思います!
最初は身体と脳を使うトレーニングをしました!

遊びの要素が多いので、取り組みやすくなります。ただ、その中でも自分自身で良い意味の緊張感を持てるようになるといいですね!失敗しても、何をしても許される環境を作ってしまうと甘えてしまうのもまた人間。自分で自分を磨くという事は環境を整えるという事です。

前向きにやれているからミスをしても重たい空気にはなりません。ずっと、どの場所でもその気持ちが【基本】になるといいですね!
一人一人違うんです!!

と自分にずっと言い聞かせています。全員に、一斉に、同時に、という事を排除しないと始まらないという感覚。全てにおいて子供に任せれば各自の意識レベルというものも自然と見えてきます。

支配したいコーチがよく言う言葉に【サボるな!】という言葉がありますが、それは支配したい人の目から観るからそう見えるだけで実際にはサボろうと考える子供なんていないという事です。特に小学生や中学生年代ではそれはほぼないと言っていいでしょう!そこに対してそのセリフを言う大人は見た目だけを整えたい【自分主義】の人だと分かりました。
だから自分は今、今日見た目ではやる気がないような子であっても、様子を聞くようにしているし、サボるな、というようなこちらが見た感じの事では言わないようにしています。

相手を知る、相手を分かろうとする。

コーチと選手の関係性ってここからスタートだと思います!コーチ始めた頃の自分は常にコーチが上で選手、子供が下という関係性だったから子供達が持っている本当の意見を引き出せませんでした・・・。今もなかなか簡単にはいかないけれど昔に比べたら子供達の考えや想いを引き出せるようになりました!
一人の人間を理解し、歩み寄る努力を始めてこそ前へ進めるという事。

今日も見えた【やってみよう!】と思ってくれる子供達の気持ちとプレーを自分への評価として受け止めたいと思います。

【ミスしてもいいよ】という言葉一つで安心を与えられるかどうか?言葉だけでミスをしたら注意してしまう大人になっていないか?ずっとこういう所と葛藤しながらやっています。まだまだ目指すコーチ像には届いていませんが、一歩ずつ近づいていきたいと思います!
2021/06/24のBlog
[ 22:02 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習でした!!

木曜日はゲームの日です!みんなが思い切りサッカーが出来る日です!!

梅雨のこの時期は外で出来る事がありがたいし、こうして大きなゲームが出来るのは選手にとってもモチベーションが上がります。大きなコートの中に入ると、それぞれのやってきた事が明確に見えるのですが、それらを見ようとするかどうか?ですね!機会はあっても、生かせていない子が多い中で、少しずつ向き合えている子も見受けられるので変化・成長を楽しみにしています!
どうですか?

自分が思うプレーをやるという事以前に、その場面は自分の力で作れていますか?

今日は小学生も参加してくれた中で、各自が言ってくれるテーマはとても分かりやすいのですが、考え方がやっぱり幼いと言うか【実現させるつもりの言葉ではない】という事。どうやってそういう形にしていくのか?どうすればそうなるのか?を一緒に考えたいし、今日は一つのヒントは与えました。

【逆を考えてみよう!】という事です。
サッカーをしたくてグランドに足を運んでくれているみんなに自分が伝えるべき事は、自分自身への刺激を与え続ける事、です。

与えられるのではなく、自らで与える事。その為に追い込んだり、厳しくしたり、弱めたり、強がったり、甘えたり、弱みを見せたり・・・自分自身でやる事にだけ価値があるのです。

そういう意味でも今日のゲームでは【助けなさい・助けてもらいなさい】という両方の価値を言いましたがなかなか身体と成功経験で理解するのは難しかったようです。
だけど、まずは頭で理解してくれればきっといつか分かってくれるはずです!

仲間との距離感の話をしました。自分だけが見つけたチャンスの場所は良い事ではありますが、孤立すると良さは発揮されません。仲間がいるからこそ相手が迷う機会が増え、チャンスが増すのです。その距離感と成功体験を出来ればきっとサッカー観がまた増えると思います。

すぐに分からない事でも、普段のトレーニングからでも確実に意識や成果が見える所だからどんどん変化を促していきたいと思います。
良いゲームが出来ていたと思います!

3年生の一部が修学旅行だったので不在でしたが、そのメンバーが抜きの中でやる機会もあまりないから貴重と言えば貴重でした。その中で良いスイッチが入った子もいれば、まだまだ頭の中に周りの事を考える余裕のない子もたくさんいます。

でも、【未来予想図】がある程度出来てきている今の自分は現時点の子供に慌てる事はありませんので急がず、各自のペースの中から見つけてくれるように焦らず寄り添っていきたいと思います!
2021/06/22のBlog
[ 22:08 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

日が長くなってきたので序盤はまだ照明も必要ありません。明るい時間にトレーニングしていると何か気分も明るくなるような、そんな気がします(コーチだけかもしれませんが)。

みんなも日々前向きに努力をしてくれている所なので、今日もこだわって行おう!!という話をして開始しました。

まずはいつもやっているリフティングを、いつもと違うボールを使って行いました。技術がちょっとずつ上がっている1年生達でしたが、一人も合格出来ませんでした。ですが、2,3年生は出来るようになってきている。この違いは?練習量?差は明らかですが、いつ気付くか?ですね!
5号球と3号球を交互に行う。

同じ事をやるにも力加減を変えないとうまく出来ない・・・。そういうのを瞬時に身体が反応出来る子と、力そのものをコントロール出来ない子との差。

人も同じ。他人に対して常に攻撃的な言葉しか言えない人と、多くの人に合わせて言葉を選べる人との差。同じなんです。自身をコントロールするという事は自身の【ピンキリ】が分かるという事。その上で、両方使える事に価値が出てくる。社会は君達に合わせてくれる訳ではありません。だったら、君達自身が合わせられる幅を持っていれば対応は可能だという事です!
今日、途中に強く伝えた事は、

【どの年代になっても、いつまででも人のせいには絶対に出来る。】

という事。そうやって責任逃れや責任転嫁するのは誰でも出来る、と。でも、自分の出来る事を常に探し、自分へ矢印を向けられる人になれば人間関係のストレスというものはなくなるという話をしました。

うまくいかない人の多くは人のせいにする。子供は未熟な年代だからそこは特に多い!でも、今だからこそそうではない価値を伝えておく事で将来思い出す事だってあると思う。
結局は経験をしていないと人はなかなか信じられないという事。いくら良い話でも、自分の経験がない場合に全て受け入れるのは難しい。

だから、コーチが伝える一つ一つの言葉も【今分かってほしい】と思っていないし、いつか分かる日が来てほしい・・・ってぐらいに思っている。長い目、長い気持ちで待てないとコーチという仕事は絶対に務まらない事が分かる。

後は子供達がどんどん自分へ刺激を与えていく。

目的、目標、志、夢、悔しさ、喜び・・・色々な想いを持てば取り組む姿勢に変化が出てくる。それを待ちながら、刺激を持った子供達から色々質問や話が出てくれば良いと思っている。

ずっとコーチ主体、大人主体の考え方だったから常に自己満足の世界ばかりだった・・・。
そこに気付くのにも、コーチをさせてもらって20年近くも費やした。。。遅い自分はコーチとしての才能がない証拠だけど、気付いてからの努力でその足りない才能を少しでも伸ばしていきたいと思う。

自分自身毎日刺激をもらいながら成長していこう!!がんばろう!!
2021/06/20のBlog
[ 21:08 ] [ 試合結果 ]
今日は午後から稲美町にてトレーニングマッチを行いました!!

対戦相手は久しぶりのクリヴォーネさんでした。昨日の雨も上がり、グランドは多少水気がありましたが、クリヴォーネさんが整備もしっかりと行いながら準備をしてくださったおかげで試合をするには何の問題もなく出来ました。本当にありがたいと思っています。

蒸し暑さがある中で、一人一人の甘えや弱さが露呈されやすい時期でもあります。。。が、逆に言うとその一人一人が試される時でもあります。どのように過ごし、どのように前へ進めるか?は各自次第!自分はそのちょっとしたお手伝いが出来れば、と考えています。
うちの自慢の両ボランチがしばらく欠場になってしまう事を受け、今日はシステムごと少し変えてみました。

出来ない事は本人が一番悔しいと思うし、その間に出た選手がチャンスだと思ってほしいし、層が決して厚くないうちのような組織でも、一人一人の【想い】の結集だから、そんな一人一人を大切に考え、【Aチーム、Bチーム】のような分ける事は絶対にしないようにしています。一人一人が毎日成長する機会があるし、その時間に寄り添っている自分だからこそ、伝えないといけない事がブレないようにしたいと思う。

目の前の勝敗などではなく、本人のその日の向き合い方、考え方、そういったものに変化のきっかけが生まれる時間になれば幸いです。
試合は全員がほぼ平等に出るようにしました。

体調などの考慮もあり多少の差はありましたが、全員が与えられた時間の中で自分と向き合い、変わるチャンスを求めて取り組んでもらう事を願い良い時間を過ごしました。

一日子供達といると、様々な事が起こり、見え、感じられます。その日のテンションや感情のレベルではなく、【その子その子の生き方や捉え方】を探ります。サッカーもそこの考え方でそのまま動きやプレーに出るものです。
相手は良いチームだったし、しっかりとチームとしての狙いを遂行しようとするチームでした。うちも【持ち味の理解】はかなり進んできたと言えるけれど、【その持ち味の引き出し方】に関してはかなり遅れていると実感(⇒コーチ自身の課題です)。

だから繋がりという点で子供達が【ちょっと】と思っているであろう部分がものすごく大きいものだと受け止めています。1秒ズレたら展開は大きく変わるスポーツ。それがハマれば素晴らしいゴールが生まれるスポーツ。だから楽しいし飽きないんだろうなぁ~。。。



そして、何より自分がこの子供達を大好きで、関われる幸せを毎日感じられている事が全てだと思う。

幸せって用意されているものだと思っていた。何かを成し遂げた人とか感じられないものだと思っていた・・・。そう思っているうちは自分の中には不平、不満しかなかった。

今は違う。全てに感謝が出来るし、全ての事象に幸せを感じられる。難しい事ではなかったけれど、そう思えるまでには多くの時間と経験が必要だった。多くの出会いによって、様々な感情を持ち、好き放題言って、言われて、【何が成功と言える形?】をずっと見失っていた。

でも、今は分かる。成功も、失敗も、全く問題ないって事!自分にがんばれる場所があって、そこでがんばる事が出来たならそれで十分。もちろん満足も一生しないだろうし、出来ない。子供達の無限大の可能性に触れているからそんな事を思う時は絶対にない!!


だからこそ今に感謝し、今を精一杯生きる!!改めてそう思える一日でした。



対戦してくださったクリヴォーネさん、暑い中応援してくださった保護者の方々、ありがとうございました【礼】
2021/06/18のBlog
[ 22:58 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習はファルコとエリート塾との合同トレーニングでした!!

雨だったので室内トレーニングとなりましたが、考え方や向き合い方が大事なので場所は問いません!こうして集まって活動さえ出来れば今は何かの成果を残していけるようになってきたと思います!

自然な状態を【原型】として考える事!を今は考えています。サッカー専用、○○専用というような動き方ではやはりぎこちなく、結果的にスポーツが得意と言えない訳です。全般に何となく出来ていく状態こそが最終的な形になってくると思うし、そうなるには身体の使い方にはこだわっていきましょう!
ちょっとしたきっかけで最近、大好きな猫ちゃんを、しかも!仔猫ちゃんを飼う・・・と言うか、迷い猫を保護した事をきっかけに二日間を共に過ごす機会がありました!

何でこんな話を?となるのですが、その二日間で自分は猫の恐ろしい能力を色々目の前で観れた事が大きいのです。身体の使い方と言いましたが、猫の体の柔らかさは本当にものすごく、寝返りと言うか180度そのまま回転出来るとか高い場所からの着地に全く音もせずに怪我もしないという事。頭の大きさが通れば体は全部通過出来る事などなど・・・。
好きだから多くの時間釘付けになって猫を観察(遊ぶ?!)をしていましたが、本当に素晴らしいと感じました!!

だからみんなも猫のように!と言いたい所ですが、それは好みもあるだろうし言わないですが、猫のような体のしなやかさを持って無駄になる事は絶対にありません!どんなスポーツ、どんな種目をしようとも一番の道具は【己の身体】で決まるから、その身体を改革したり変化させてほしいと思います。
序盤は【脱力】を意識、イメージしてもらったのですが、力を入れないという解釈をしようとしたら周りからの視線は【ただのサボり】となるのです。だから言葉一つでも説明をたくさんしましたが、脱力しながら動きは全力の時よりも速い、同じぐらい、となるのが大切なのです。

トレーニングの後半はゲームをする子、個別にやっている子などバラバラでがんばってくれていました!前向きな姿勢、前向きな言葉、前向きなチャレンジがあちこちに見受けられました!
なりたい自分の形が生まれれば、努力も明確になっていくものです。

一つ一つの言葉や雰囲気などを考えて変えていってる途中です!今は特に2,3年生がとても考えながらやってくれている事が良い成長へ繋がっていると思います!

チーム全体としても【集団でやるべきメリハリ】が足りませんが、人の事や周りを観て、観察するだろうけど、最終的にはみんなバラバラ、みんながサッカーが大好きだと言えるようになってください!

2021/06/17のBlog
[ 21:06 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

ちょっと雲行きの怪しい空だったのですが、雨が降るまでもなく涼しくなるだけで終わって良かったです!

毎週木曜日はゲームを中心にやるようにしています。みんなが大きなコートでサッカーをやる楽しみ、そこで試せる楽しみを持って取り組んでほしいと思っています。
小学生も参加してくれるので各自のやりたい事、やろうとしている事がしっかりと出せる事を目的にしてもらっています。

誰がうまくなるか?じゃなくて、みんなが、各自で、自分でうまくなる事!です。その為の考え方、行動の仕方、成果の残し方、色々考えている時期です。おかげで、練習前の自由時間の過ごし方にも味が出てきましたよ!各自の色、各自のやりたい事に【絵】がついてきましたね!!良い変化だと思います。
前半は【ラン・ウィズ・ザ・ボール】という事でその言葉通りに【ボールと一緒に走る】という動作を意識してやってもらいました!

これって、表現はなかなか出来ていない子が多いし、言葉が一人歩きしているチームもたくさんあると思う。これをしっかりと言葉と行動を照らし合わせながらやってもらいました。みんな、言葉の砕き方、解釈の仕方にも幅が出てきたと思います。
後半はゲームをやりました!!

フルコートよりも若干小さくしているのも、一人一人が何かにチャレンジする機会がより多く増える為です。今日のゲームは最初からかなり気合いが入ったものでしたね!観ていても気持ちが良かったし、この気持ちに乗り遅れた子が一人でもいれば、きっと怪我していたと思います。それぐらい激しかったし濃いプレーでした!!

でも、怪我が出なかったのはみんなの気持ちがしっかりと緊張感を張り続けてくれた成果だと思います。
今日、このテンションの中でがんばった小学生はこのイメージを大事にして、自分のチームでは余裕を持って、みんなを引っ張る側でがんばってほしいと願います!

随所にコーチの頭の中を越えてくるような素晴らしいプレー、素晴らしいアイデア、粘り、判断などたくさんありました。本当に練習でありながら観ていて最高に近いゲームだったと思います!

やればやっぱり出来る!公式戦じゃなくても、大会じゃなくてもやっぱり各自の意識次第!それを証明してくれたみんなのがんばり!無駄にしないように、これからの選手達にもずっとその大切さを伝えていくようにします!
2021/06/15のBlog
[ 21:41 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

蒸し暑さが残る中でしたが、元気にがんばってもらいました。トレーニングという時間をどう費やすのか?各自が努力するのは何に向かってなのか?という事を考える選手にしたい!

そう思っている自分の中の軸があり、だからこそ自分から伝えるものは【選択肢の中の一つ】と思ってほしいのです。全てではなく、選択肢の一つ。
大人が、コーチが言う事は正しい、絶対、という感覚をまずは排除させたい!

でも、そうするには自分との信頼関係が必要になる。曖昧な関係ではどうしても大人は子供を高圧的に支配しようとする。そして、その支配の延長が信頼関係だと勘違いする大人が多い・・・。

ファルコでは、選手がどのように一歩前へ進む、進もうとするのか?そのきっかけ作りをとにかく意識したいと思います。
横着な親は【目に見えるものを付けさせ、変化させ、導いてほしい】と望む。

でも、賢い親は【どれだけ時間が掛かっても自らの手で獲得してもらいたい】と望む。

この両者の元で育った子は当然先で大きな差となって出てくる・・・。特に!!

【うまくいかない状況】の時に、です。この時の自身との向き合い方で決まる。
イライラしたり、怒ったり、人のせいにしたり、不満を言ったり・・・。期待されて育つとこうなりやすい。。。

でも、成長を心から願っている環境の中で育てば常に穏やかだし、うまくいかない時間すら楽しめるようになる。前向きなスイッチが入り、全てをプラスに捉える。

こう聞いたらどちらの子になってほしいですか???と聞かれれば、ほとんどの人が後者を選ぶ。。。。だけど、そうなる為に我慢や見守る事が出来ないという大人が多いのが現実。

だから今の目の前の子供達には、こういう【考える幅】を持ち、自身で判断、決断する大人になってほしい!

もちろん親になった時には我が子にもそうさせてあげてほしい!自分の為に自分を追い込んだ時間は必ず未来の自分に感謝される事になる。

将来の自分の為に今を精一杯生きよう!!いっぱい考えて、いっぱいチャレンジして、いっぱい経験しよう!!
2021/06/13のBlog
[ 18:18 ] [ 練習の様子 ]
今日は昼間のトレーニング!!

練習試合を組んでもらっていたのですが、会場の天気が悪く出来ませんでしたので練習へ切り替えました。一回一回の活動の中で確実に何かを残していく事が目的なので、それが練習であれ、試合であれ、どちらも大切な事です。

随分視野が広がってきた事は見受けられます。色々な事に目が向き、興味を持ち、気が回る事が増えてきましたね!
でも、プレーをするとどうしてもその気持ちがどっかへ飛んでいってしまうのか?!入り込み過ぎてしまうのか?

サッカーは脳から一番遠い足で扱うスポーツだから頭で考えた事を表現するのに一番時間が掛かる事は科学的にも分かっている事です。だからこそ、より意識を強めてやっていく必要があります。何となく触るのではなく、意味を持って触る事の繰り返し!それが多くやれた回数が自身の成果になっていきます!
珍しく対面パスに時間を多く割いてみました。

観る、止める、覗く、蹴る、走る(動く)という動作をどれだけ短縮出来るか?を考えてもらいました。まだまだ技術的な事をやると、動作一つ一つが途切れてしまいます・・・。ここを繋げていけると頭で思い描いた動作がスムーズに行えるようになります。ゆっくりからスタートしたら良いのですが、どんどんそのスピードは速く行えるように意識を持ちましょう!
キーパーの面々はとても毎回意欲的に取り組んでくれています。

自分達それぞれのなりたいキーパー像というものも見えてきたようで、それに向かって努力をしてくれています。自分の力でそのなりたいキーパーになれる事はとても大事な事だから言葉と行動に責任が伴うようなキーパーになってくれる事を願っています!
今日は2対2のゲームをやりました。

もちろん少ない人数なので、【個】がテーマになりますがそれと同時に組む相手を1年生に選ばせて先輩を自分の仲間にしてもらいました。やはり3年生が1年生を選んだ時よりも、1年生が3年生を選んだ時のほうが1年生の責任感も増す事がよく分かったし、選ばれた3年生もがんばる事が分かりました!

個(部分・箇所)から、ちょっとずつグループ、組織(全体)に目が向けられるように観る所を増やしながらがんばっていきましょう!!