ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6675件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/09/27のBlog
[ 16:49 ] [ Yuo コーチの・・・ ]
今日は午後から紅白戦を行いました!!

朝はちょっとすっきりしない天気でしたが、午後には素晴らしい秋晴れになってくれたので元気に紅白戦が出来ました!西脇中の3年生が登校日だったので、人数が少し減ってしまった事もあり人数合わせも兼ねて今日は一緒に紅白戦に参加をしました!!

この年代のメンバーと一緒に入ってやるのは初めてでしたが、自分もまだまだ現役をやっている立場でもあるし、【負けられない】とかではなく【ピッチの中の成長を感じる】事をテーマに入ってやりました!

まぁ~うまくなっていますよね?強くもなっているし!粘る所、勝負の所、がんばり所、色々分かってきているのが伝わった。だから一緒にやっていても面白い!!今までのファルコでやった時には物足りない時もありました。でも、今はとてもやり甲斐を感じれたし、25分を4本連続でやりましたが、疲労が出てくる中でもがんばれるみんなの姿を感じられた事が一番の収穫でした。

もちろん収穫と同時に出てくるのが課題です。課題についてはやはり【真面目が故に】という事でボールしか追えないみんな。人の動きを【曖昧に】観る事が出来ないから、プレーの選択肢がものすごく限られてくるのが分かった。曖昧に観ていればもっとチャンスが広がるし、ピンチを防げる場面が多々あるのだけれど、そこの考え方についてはこれから伝えていくしかないようには思う。

この地域で育ってきた子のサッカー観の多くは【マンツーマン】という考え方。これも【ゾーン(地域)で守る】という考え方の裏返しだから、両方教えているならば問題ない。でも、マンツーマンしか知らないからがんばり方が【対人】だけになる。スペースを埋めるとか、スペースを使うという発想が足りないな~というのが大きな課題。そういうチームが試合をすると、ものすごく【間延び(人と人の距離がものすごく広くなってしまう事)】が起きる。その人と人の間にうまく入っていける選手が今日で言えば慶和くん、朔弥くん、隼也くん、陽晟くん、大輝くん達だったかな?!後は、自分のポジションで受ける事ばかりだったと思うから、ここを変えていく努力を少しずつやっていきたいね!

まだまだみんなの知らないサッカー観はたくさんあるだろうし、どれが正解というよりも結局はどれが自分に一番合うか?になってくる。でも、合うのを待つよりも、合わせにいける自分になるほうが正しい努力と言える!そうなれるように、サッカーを知る幅を広げて色々な感性を磨いていきましょう!!
2020/09/26のBlog
[ 16:05 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から八千代グランドでのトレーニングマッチ!!

時期も時期という事もあって、西脇工業高校さんにお世話になりました。歴代を観ても一番多くの卒業生が行ってる学校という事もあり、現在も卒業生がお世話になっているので、今後の進路の選択肢という意味でも今日の交流には意味があったと思います。

ただ、それは当然ではありますが高校側からしても【選んでもらえるかどうか?】が試されているという意味でもあるという事を理解してもらえるとありがたいと思いました。そういう双方の思いがあってこそ良いものが生まれると改めて実感した一日となりました。
今日は30分を4本という形でやっていただきました。

カテゴリーが一つ上という事もあり、1年生にはあまり無理をさせる事は出来ませんでした。ただ、最後に話をした通りやるべき事はあって、その状況の中でどういう姿を見せられるか?が今日は1年生を観るべき部分ではありました。2年生は3年生が抜ける現実が迫っている中でリーダーとしてやれるか?そこの部分が試された時間。3年生は今後もサッカーを続けるのであればまだまだ学ばないといけないし、成長しないといけないという事が終わって気づけたかな?ちょっと遅いタイミングだとは思うけど、全て含めて経験として大切にはしてほしいですね。

当然いつも以上に強いプレッシャーを受ける中で何が出来るか?力をうまく逃がす事とか、かわすという事をどれだけやれるか?というのを一つのテーマにして試合を行ってもらったのですが、出てきた課題はそれ以前の【本当に自分の気持ちで上達したい気持ちがあるのか?】という所に半分以上の選手が【????】でした。

勝つとか、負けるにしか視点が置けていないと自身の成長が見えなくなる。何が出来て、何が出来ないか?を全く判断出来ていないし、頭の中が整理出来ないまま【とにかくがんばる】というキーワードだけでサッカーをするなんて言うのはサッカーじゃないんです。。。

難しく聞こえるかも知れないけれど、人生において【とにかく】は頭を使っていない証拠と同じ。今まで求められてきたもの、評価されてきたものが【勝敗のみ・良いプレーをする事だけが前提】の視点だった子はかなり出場時間が短くなったという事です。
ピッチの中で己の事しか考えていない選手はサッカー選手ではないという事。

サッカーってチームで助け合うスポーツであり、チームで形を作り上げていくもの。その中で自分の基準で、自分の事しか考えていない選手は当然周りがその子の為に動く事となる。みんながお互いの事を意識しながら動く組織と、数名しかやらない組織。どちらのほうが?なんて聞くまでもない話。

相手の勢いに押されて自分の事だけになった今日の大半の選手達!それだけ自分の日頃の基準が低かったという事を改める時なんです。いつも言ってる事ですが、【今日出た現実は今日までの実力】なのです。それ以上も以下もない。

これからを変える努力が必要なのです。気が向いた時だけがんばるのではなく、ただしく向き合って行動に移す。その回数の差がピッチの中では圧倒的に出たというだけの事。
カテゴリーや年齢ではない。

サッカーというものを使って、自身の成長する事を第一に向き合っていく事が当然の義務だろうと思う。サッカーをうまくなりたい!と思うのならば頂点であるプロを目指せ!!となるし、それしかない。でも、サッカーを使って自身の人生を少しでも良くしたいと思うのならば違った角度からサッカーを観たり、学ぶ事がたくさんある。

みんなの覚悟はまだまだ曖昧で、適当。自分の事を他人事のようにしか見ていない。

○○出来たらいい。
○○みたいになればいい。
○○だったらいい。

そんな思考の連続。自分が何を今やるべきか?を本気で考える材料になったと言える今日でありたい。それしか今日の交流が【お互いの為】と言えないだろう・・・。今日出たものが全てではないが、今日出たものが今の自分である事は間違いない。




どうか過度の期待を一旦捨ててください。





対戦してくださった西脇工業高校さん!ありがとうございました(礼)
2020/09/25のBlog
[ 23:17 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習!!

雨の昼間の影響によりグランドは使えなかったのですが室内でのトレーニングが出来たので良かったと思います。活動が出来る事のありがたみは雨の時ほどよく分かります。当たり前ではない事を常に思い出す意味でもたまには雨が降る事も大事だと思います。

今日は室内の限られたスペースという事もありますが、ちょっとずつ身体の動きに注視したトレーニングを始めています。ボールの質と言うか素材はちょっとずつ変わっているものの、形は大きさはずっと変化はありません。つまり、いつの時代になっても変えられるのは【ボール(対象物)】ではなく【自分】なのです。その事を念頭に置いてほしいのです。
今日は軸作りに着目してやりました!

運動量とか、がんばるとか、そういうのとは無縁のメニューでしたが最近の小学生は多い子は一週間で6日とか活動を行っています・・・。

それを考えてもほぼ毎日に近い活動を【無理な姿勢で無理にがんばる】とどうなるでしょうか???という事を関わる大人はどれだけ考えているでしょうね???違うチームやスクールでの活動をするから、預かる側からすれば【週に1回】の所もあるでしょうから【うちでやる1回は全力でやれ!!】とみんなが思うとします。。。当然、どこでもがんばらないといけないから疲労も見えないうちに溜まってくるし怪我も増える・・・。という悪循環が起きるのです。だから、1回1回の取り組み方や中身を考えていくようにしないと結果的に子供にとってマイナスになる事も起こりうるから色々な事にこだわってやっていきたいと思います。
ゆっくりなんだけど、割と頭が疲れたのではないでしょうか???

意識をする、という言葉は簡単だけど本当に意識したまま行動をするのは意外と難しいものです。。。行動って無意識に【自分がやってきた習慣】がそのまま出るから意識しないとなかなか変えられないものです。軸がどこにあるか?をひたすら意識しながらやってもらいましたが・・・・意識してもなかなか出来ない・・・今日はそういう経験をしてもらいました。

身体の正面でボールを扱う事。これって口では言われた経験があるかも知れないけれど、そもそも【どこが正面?】という事からズレている子もいるはずです。正面のつもりがほんのわずか歪んでいるという事があり、それが1回だけなら構わないけど、10回、100回と回数が重なれば習慣として身体に残っていきます。。。だから、修正しないといけないし変えないといけない部分がるという事は話しました。
今日でコツを掴んだ子もいれば、まだまだ分からない子もいるでしょう!

でも、その【差】があって良いし、同じタイミングなどありえないと思っています。違いがある中で個性が出てくるものだし、慌てずにやっていきましょう!誰にとっても有益な事だという意味も伝えたし、改善すべき点は誰にもあります。より良くするという意味がどういう事なのか?コーチのイメージに当てはめるとかではなく、自分の身体が理想的に動く事に価値があるはずです。

まだまだ取り組む価値がたくさんありそうです!ゆっくり、ゆっくりではありますが前向きに取り組んでくれているみんなの姿勢が成果を出せそうな雰囲気を出してくれています。各所属チームでも活かせるように、自分のペースで高めていきましょう!!

自分の軸を整える事。鍛える、ではなく整える。

みんなの今の【これが正しい】と信じているものを一度壊して再構築してみるのも良いかも知れませんね!各自のペースで自分と向き合っていきましょう!!
2020/09/24のBlog
[ 23:00 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

昼間は蒸し暑さのある中でしたが、どうにか雨も降らずにもってくれたので外でのトレーニングでした!日々積み重ねられる事は多々あるし、昨日の高校見学をさせてもらった中でまた新たなものを感じる事が出来ました。

与えるのか?獲得させるのか?

子供を育てるという観点から観ると、どうしてもペースはゆっくりになります。ましてやうちのような地域では刺激が少ないまま育ってきている上に、基本的に不自由なく育ってきているので、その感覚に与える【粘り・芯の強さ】みたいなものを身に付けるには、やはりそれ相応の苦労という経験は必要になってきます。
親から観れば、我々のような第三者の立場の人が【苦労を経験させる】時代になってきたような気がします・・・。


自分達の子供の頃のような【過保護】と呼ばれるものは分かりやすく、みんなも納得するぐらいのちょっと異常さを感じるようなレベルでした・・・が、近年はこの過保護レベルがちょっと逆に当たり前みたいな感覚になっているのを感じます・・・。世の中が便利になり過ぎている事も感覚がマヒしている一つの要因だとは思いますが・・・。

だから、子供(本人)【以上】にショックを受ける、期待をする、喜ぶ、といったような喜怒哀楽を激しくする親が増えたように思います。
そういう時代の背景がある中で、育てるという立場を預かるのはやっぱり難しいなと思います。

でもやりがいは感じます!!毎日挑戦が出来る喜びもあります!

目の前の子供達と向き合っていく自分の目がどれだけ【フラット】になれるかどうか?を常に確認しながら現場にいます。その為には自分自身が冷静でないといけないし、その為の時間を作っています!誰も近くに置かずに、ひたすら眺める時間をつくるようにして、子供達のその日の要素などを把握しています。そこから声掛けをしていくようにしているし、自分は基本的に、ものすごく感情的になるタイプだからこういう時間をつくる工夫は必要になってきます!そして、その上で冷静になれる時間を持たないと良い関わりをする事は出来ないのです。感情的になってしまうコーチと選手との関係は昨日の高校でも観る場面がありました。だからこそ自分自身が気を付けようと思うし、そうならないといけない!
誰だって、理想があり現実があるものです。

それを両方【具体的に・客観的に】観れるかどうか?だと思う。他人からの評価はもちろん参考にするべきだとは思うけど、それよりも自分自身の気持ちが最優先だと思います。

そうする事で、今やるべき事がきっと見えてくるのです!先に目標や理想を具体的に持てていない子と対話した時にそれがよく分かりました。今やるべき事が分からない子は、先でどんな自分になりたいか?も分かっていないという事!!

自分の未来像がない人の多くは他者の不満や愚痴をすぐに言う人です。自分自身に未来がないから、せめて現実の今を勝つ為(負けない為)に相手を蹴落とすのです・・・。そんな自分が一番悲惨で情けない姿だと思うから、自分もそうはなりたくないし人のせいにはしたくない!
毎日自分と向き合う時間を作って、今の自分がやるべき事を確認しながら時間を大切にしていきたいものです。

大人も子供も関係なく、毎日の過ごし方は自分自身との向き合い方でもあると思う。

今日、数名の選手とのたわいもない会話の中に出てきました・・・。

理想の自分とは?の質問に、

【こういうほうがカッコイイ】という考え方。それってやっぱり他人の目を気にしているって事じゃないかな?カッコ良さじゃなく、自分のなりたい形をひたすらに、純粋に追いかける事に意味と意義があるような気がするのです。まだまだ自身と向き合う時間の少なさなんだろうと思う。

これからの関わりでまた変化していくかな???


そんな楽しみを持ってこれからもがんばります!!
2020/09/22のBlog
[ 17:07 ] [ 試合結果 ]
今日はまた朝から気持ちの良い天気の中、1,2年生とエリート塾生にも声を掛けて参加可能なメンバーでのトレーニングマッチを行いました!

今日は自分達のホームでもあるガルテンのグランド。準備からのスタートですが、いつも3年生を主体に動いていた1,2年生も3年生不在の中でしっかりと動いてくれたし、テキパキとしてくれたので予定よりも随分早く終える事が出来ました。

ただ、片付けの際は対戦相手のアグア姫路さんのほうが行動が早かったですよ!!みんなは対戦してくれた相手チームにさせる事なく、もっと各自が考えて動きべきだったのではないでしょうか?今日の経験がまた他の場所で活かせるようにアグア姫路さんの良さを見習って自分達もどこに行っても気持ちよく帰られるように工夫をしていきましょうね!
今日は25分を6本やる予定でしたが、途中の変更により7本やりました!

ハードになるかと思っていたのですが、それは大半がエリート塾生の小学生だった事もあり、雰囲気次第ではハードにもなるだろうと思っていました!まずは朝の段階で、小学生達がどこのポジションをしたいか?希望を聞いてやるようにしました。各ポジションに隣が中学生になるような設定にして、中学生にとっても新鮮な空気になるし、責任感も増すだろうと思ってやってもらいました!!

最初は緊張感のあった小学生達も、各自2本程度のゲームは参加してもらったのですが非常に良さというものが見えました。【僕のプレーの特徴はこうです!】というものをどれだけ出せるか?がテーマだったのですが、それもしっかりと見えたと思います!
小学生には各自の色を出すように、中学生には繋がりを大事にする事をテーマとしてやってもらいました!

1本目から2年生達のその感性みたいなものがしっかりと出せていたし、相手のコートの中で狙いを合わせるとか受け手の基準になれるとか、少しではありますが前へ大きく一歩を踏み出した感はあります。1年生は今、それぞれで課題の地点は違います。2年生と変わらない基準で求めている子もいれば、そうじゃなくまずは自分自身の事と向き合ってもらっている子もいます。1年生同士を比較するとかそういうレベルではなく、自分自身がこのファルコでどこまで成長出来るか?が大事なので、焦らずに少しずつレベルアップしてほしいと思います。
今日一日見ていて中学生達の【優しさ】は多く見受けられました。

ですが、一緒にエリート塾の時間にもやっている仲間でもあるし、もうちょっと要求のレベルを高めていく事も必要だとは思います。ボールを保持している際の自由度はあっても良いけれど、ボールのない時の動き(守備も含む)の時にはもっとやるべき事を周りから声を掛けてあげるべきだと思いました。

攻撃よりも、【攻撃⇒守備】への切り替えという点で一番の成果が見えたと思います。自覚を持って奪い返そうとする姿勢が相手のミスを誘ったり、二人目が余裕を持って奪えるなど各自の守備への貢献度は高かったですね!それらも中学生達が手抜きをしない手本を見せてくれているからだと思います!
ただの優しいとかで終わるのではなく、厳しい事も言えるし、その分努力もきちんとしている人になってほしいと願う。

人によって【誰に目を向けるべき時か???】は違う。

己(自分自身)か???
相手(周りの人全て)???
全体(自分の評価と周りの評価の一致)

だと思う。自分はどの段階かな?何が一番証明させるものなのか?を考えて改善に工夫(自分のオリジナル)を入れていこう!

対戦してくださったアグア姫路の皆さん!応援してくださった保護者の方々、本当に暑い中ありがとうございました(礼)

2020/09/21のBlog
[ 18:53 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から尼崎のヤンマーグランドでのトレーニングマッチでした!!

最高の天気の上に、最高のグランドでプレーが出来るありがたさ!!さらにはグランドの上を飛行機が(大阪空港に近いので)!!隣には電車が(JRの隣なので)!!子供達は常にその公共機関に目を奪われながら(笑)、素晴らしい環境の中でサッカーをさせてもらいました!!

対戦してくださったのは長洲SCさん!少し最近まで休部されていたのですが、また再開をされているチーム。スタッフの内野くんは同級生でもあり、兵庫SCでも2年前に一緒にプレーをさせてもらいました。今はリハビリをがんばっているそうですが、身体は相変わらずシャープで、一緒にプレーをしていた時もすごくしなやかなイメージが強烈にあります。またメンバーとの理解度も高かったからボールを引き出すのも、出し手になるのもうまく、とても同級生とは思えない落ち着きとうまさを持っている事に衝撃を受けた人です。今日はお互いにスタッフとして再会出来たのですが、内野くんらしいサッカー観を指導にもそのまま出していた感じを受けました。その外からの声を聞いてもサッカーを知っている人のアドバイスだな~と思いながら自分も聞いていました。
今日は30分ハーフを2試合行わせてもらいました!!

天気が良すぎるぐらいだったので、朝晩は相当冷え込んできましたが昼間はまだまだ暑さが強烈でしたね。。。

今は仲間の状態を探る事をテーマにやっていますが、まだまだ受け手の様子を観る事にまで余裕が見えません。自分(出し手)のタイミングばかりだからパスが通らない事が多く、受け手からの要求がないという【二重要因】が多かった印象です・・・。

それでも逆にちょっとずつ観れるようになってきた子、観ようと努力を始めている子なども増えてきたし成果は毎回必ずあります!
助け合えるから【仲間】なんだと思います。

でも、【個の主張】だけになるとなかなか仲間には到達出来ません。個の主張が勝てば当然【自分本位の不満や要求】だけになるから話すら噛み合わなくなる。

相手の状態、相手の状況、それらを判断した上でパスや動きをする事が出来るかどうか?最終的な判断になる決め手はそこだと思う。もちろん判断を下すのは本人でしかない!それは変わらない。ただ、判断をする際の材料として【自分の世界観】だけの判断では正しいとは言えないという事。相手がいて、相手の意図もあって、その上での判断が出来るかどうか?だと思う。そこに行き着くまではまだまだ時間が必要だけど、諦めずに高めていきたい!
素晴らしい環境を提供してもらえたからこそ、サッカーというものを思い切りやれたし、がんばれた事に感謝をしよう!!

成長していく過程は【課題しかない】という言い方も出来るけれど、同時に【新しい発見の連続をしている】とも言える。前向きに捉えて自分自身をさらに磨いていけるようにがんばりましょう!!

試合という場でしか発見出来ない事は必ずあります。だけど、その試合までの準備という時間はもっともっと大切にしないといけない。アップとか試合の合間、という会場入りしてからの時間ではなく、もっとみんなをトータルで考えた生活の時間から向き合い方を変えていくべき時だと思います。【選択肢のある行動】を常に心掛けていきましょう!!!

会場提供と、対戦してくださった長洲SCさん、ありがとうございました(礼)
2020/09/18のBlog
[ 22:52 ] [ エリート塾 ]
今日はナイター練習で、エリート塾とファルコの合同練習でした!

昼間の雨でグランドが使えなかったので室内練習となりましたが、しっかりと活動場所がある事に感謝をして今日も一緒にがんばりました!!

明日は運動会になる小学生達には今日の参加は自由にしました。明日に備えて休むのは構わないですよ、という形にしたので数名は休みがありましたがそれでも40名近く集まってくれる金曜日は刺激がたくさんあって良い時間になります。ただ、多くなると【埋もれる】子も出てきます・・・。それがないように目配りしながら参加者全員が主役になるようにしていきたいと思います。
明日の運動会はがんばってね!という意味も込めて激しい対面トレーニングはしないようにしました。

ですが、子供達はあまり明日を楽しみにしていませんでした・・・。理由を聞くと【規模縮小】だからです。思い切りやりたい!!その気持ちが強かった子供達にとって規模を縮小し、午前中で終わってしまう運動会は物足りないようです。。。まぁ自分も運動中心!好きな教科は【体育!!】と答える人間だったので、気持ちはよ~~~く分かります。

我々のような体育系の男にとって、唯一クラスの役に立てる時!!それが運動会なのです(笑) 今のみんなはそれ以外の場でも活躍してくれているようですが、自分は本当に運動会とマラソン大会、球技大会ぐらいでしたからね(笑)
今週やってきた【軸】について今日もみんなでやっていきました!!

まずはグループでリラックスしながらリフティングの課題!!みんな上半身の出来が最悪(泣) ヘディングに関しては本当に苦手が子が多いですね~~~。サッカーの中におけるヘディングの技術ってものすごく重要ですからもっと遊びの中でも取り入れてほしいと思います!!

あまりにグループでの出来が良くなかったので【その場ダッシュの刑】に処しました(笑)

明日の運動会で役立てばいいなぁ~~(笑)
そこからはいつもとは雰囲気を変えたトレーニング。

軸を考えて動く。頭では分かっているけどなかなか出来ない・・・。今日はそういう感覚だったと思います!でも、怪我を減らすとか、うまくプレーをするとか、相手の逆を突くとか、そういうのは結局は軸が大きく影響してくるものだと感じます。

軸って目には見えません。だけど、動作には出ます。つまり日常の動きの中にも当然軸が出てきます。猫背とか、ガニ股とか、内股とか、O脚とか、繰り返し使っていると当然そういう動作になります。靴底の減り方などにも出てきます。正しい姿勢を365日続けるのと、悪い姿勢を365日続けるのでは圧倒的な差になりますよね?その日、その日の差は小さくても一年にもなれば大きくなっていきます。だから、この一日一日、一回一回の動作を意識して変えていく事が成功に繋がると思います。
日々の生活の中で、どんな時間が楽しいか?

ファルコの場では色々子供達が教えてくれます。一緒にいると学ぶ事がたくさんあり、教える事よりもたくさん出てきます。この場で子供が成長していける環境を作りたいし、その為に様々な努力や苦労を重ねていく必要があると思います。簡単ではない事もよく分かっているけど、これだけ素敵な子供達がいるからこそ自分もどこまでもがんばれます!!


この感謝の気持ちをずっと忘れる事なく持ち続けていく自信が今はあります!!子供は変わっても自分の気持ちは変わりません!!これからもがんばります!!
2020/09/17のBlog
[ 22:00 ] [ 練習の様子 ]
今日は体育館をお借りしてのナイター練習!!

子供達はサッカーだけに人生を懸けている訳ではありません。だから、色々な事をもっと知らないといけないだろうし、たくさんの事を知った上で【これだ!】というものを見つけると良いですね。

今はそんなみんなにとっては【選択肢を増やす】事がとても大事です。日本人の多くは、【がんばる】以外の選択肢が基本的にありません。いつでも、どこでも、どんな状況でもがんばる事にしか美学を見い出せない方が多いと思います(自分もその一人でした)

がんばる事を否定はしません。それが美しく、感動を与える事も確かです!!ですが、そのがんばるという行為は【思い切り遊べる】力を持ってからが良い事を見つけていない?気付いていない?大人がもしかしたら多いような気がします・・・。
有名な例で言う所の卓球の愛ちゃん♪

泣きべそをかきながらも一生懸命にラケットを振り、オリンピック選手にまで成長した彼女!!その姿を観て、【小さい頃からエリート教育】をする人が多いです・・・。でも、知っていますか??そのやり方は、ほとんどの人が【燃え尽きてしまう・道を反れる】事が現実です・・・。そこは当然報道はされません。美学の部分しか報道されないから、あたかもそのやり方が素晴らしいように思えるけど、実際は、大半はそうではないという事です。

長きに渡り、一つの種目を牽引してきた【レジェンド】と呼ばれるような方々の親はスパルタ指導をしていないどころか、その種目に関して全くの素人だという所が多いのです。つまり【無関心】ではなく、【育てる事に関してのプロ】だという事なのです。人間として成長していく為に必要な事をしていく先に結果が出たという事でしょうね。
今日のトレーニングは全体には【軸】の話とテーマでやっていきましたが、人間的にも【軸】がないとやっぱり何をやってもうまくはいかない事が分かります。

全てがダラダラ、全てが曖昧、全てが【自分勝手】という考え方では、当然目の前の状況が良くなるはずもありません。当人は【楽】だから良いでしょうが、その周りでは多くが迷惑をしたりしている事にも気付かずにいる場合がほとんどです。

今日の一回のトレーニングで改善をするとかではなく、【新しい知識】として取り入れてくれれば、自分の中の選択肢が増えていくと思います。良いものを出す、という考え方と同時に【使い分ける】という事が出来ると本当に良い選手、良い人間になると思います。それを考えてトレーニングをやりました。
<踏ん張る>と<抜く>を両方持つと本当にサッカーだけではなく、人間関係どころか、自分自身を変える事が出来ると思います。

先日、話をした1年生とも出てきた内容で【真面目にやる事が正しいと思っていると、うまく力を抜くという行為は手抜きをする事だと思ってしまう・・・】という事がありました。自分もそう思っていました!でも、違うのです!力を抜く=手抜きではないのです。

むしろ最大の力を出し切るにはリラックスした状態のほうが良い事は多々あります。一生懸命は筋肉を固くするし、力を発揮するのに制限がかかるのです。だからこそ、両方を知って使い分ける事で常に良いパフォーマンスが出来るという事です。真面目=硬いでもなく、真面目であっても、緩やかな人はたくさんいるし、それがプレーとしても出せればもっと良いプレーは増えるよ~という話とトレーニングをやりました。
最後は日替わりで自分は色々な子と対話をする事になるのですが、当然成長過程にある子供達にいつもいつも楽しい話をする訳ではありません。

うまくいかない部分と向き合わせたり、失敗を振り返ったり、考えたり、次に繋げたり・・・やらないといけない事は永遠にあり終わりがありません。それでも、真剣に預かっているという自覚と覚悟がありますから、そういう向き合い方はいくら時間が掛かってもやります!それも含めての【預かっている】という事ですから。

ですが、なかなかこういう事は理解をされません。落ち込むような話になるよりも、常に前向きにさせてほしいと願う人もたくさんいますから。前向きな話をすれば、【良いコーチ】で子供が悩むような問いかけを入れれば【悪いコーチ】へと早変わり。

結局、【良い】ものの基準が【自分】だからそうなるのでしょうね。理解はされなくても、子供には正しい事を伝えていきます!


自由を分かっていない人が与える自由はただの無責任だという事


本日の学びでした(礼)
2020/09/15のBlog
[ 22:43 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習でした!!

今週は珍しく月曜日に活動をしたので連日になります。ちょっと選手の疲労も考慮して今日のトレーニングは行うようにしました。

活動量を増やすのではなく、活動内容の質を大事にしていきたい!!それを常に考えます。目の前の選手達に何を提供していくのか?は本当に大事です。決められた単元があったり、カリキュラムがある訳ではありません。それだけに、難しいとも言えます。選手の成長に応じたものを与えていく必要があるからです。

本当に毎日毎日考えさせられます。そのきっかけを与えてくださる子供達、またその保護者の方々の存在のおかげで今の自分が成り立っています。
今日子供達に話をした【分離・連動】という言葉。

自分の生活の中にもこのキーワードはたくさん出てきます。自分に起きる課題の分離(自分自身のものと他人のものを分ける)、どうやって起きたかを繋げる(連動)、という風に色々あちこちの場面で自分の中では慣れ親しんでいる言葉でもあります。

これを今伝えるのは、選手達が【点】でしか物事を考えられない現象を目にしているからです。ここ数日の活動を通して、選手達との何気ない会話の中にもヒントがたくさんありますが、多くの子が目の前の現象についての事ばかりなのです・・・。ストーリーとして捉えていないから改善する事も当然のように【点】なのです。線をイメージしてもらえれば分かるのですが、線の課題があるとして、その線の上のほんの一部である点だけを改善しても全体としては何も変わらないのです。それを日々繰り返しているみんなの生活習慣。
物事の前後を観るとか、考える事が出来るように【繋がり】を考えてほしいのと、切り離して考える【分離】の両方を使い分ける事をしてほしいのです。

最近これは心から思っている事の一つに、【物事の逆を経験する重要性】です。

楽を知りたいならば苦労を知る。
笑う嬉しさを知るには、泣く悲しさを知る。
優しさを知るには、傷つく経験を知る。

という事です。だから、この分離と連動をセットで伝えていきたいのです!
一緒に繋がったほうが魅力的なものがあれば、切り離すからこそ存在価値が増すものがある。

その両方の意味と価値を知れば、感動も増える。

精一杯生きるという考え方は色々あると思うけど、そういう多くの【逆を知る】事が精一杯生きるという中の一つにあるような気がするのです。だから、コーチとしても【チャレンジしなさい!】を教えるならば、【正確に、ミスをするな!】という場面も両方持ったほうが良いという事。何でもチャレンジさせる事だけになると正確にしないといけない事が理解出来なくなりますからね。だから、両方を知り、【判断をする】事が良い選手になる条件だと思います。

与えられた事をこなす人間だけじゃなく、自ら生み出す事も出来る人間に!!

両方知って、判断しよう!!

良いサッカー選手に、良い人間に!!がんばれ!!!みんな!!!
2020/09/14のBlog
[ 20:39 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝から体育祭の代休を利用しての一日みきぼう人工芝を貸切デーでした!!

毎年、この時だけはみきぼうも平日だし、ほぼ空いているのでみんなでサッカーを愉しむ時間にしたいと思っている日です。幸いにも体育祭はみんなの予定が重なったので代休も重なったし、一緒にやる事が出来ました。ただ、一つだけ残念だったのは一緒にがんばってきた志染メンバーだけは体育祭の時期が違う(10月末)ので、今日は一緒に出来なかった事です。。。でも、彼等は彼等で日々の生活をがんばっているのですから、こちらもこちらで精一杯の活動をするだけ!!その気持ちで今日は一日ゆったりと選手とまた時間を大切に向き合っていく事にしました。
一人体調を崩して欠席しましたが、残りは元気に活動が出来ました。

やっぱり芝生のグランドはみんなにとってもテンションが上がるし、サッカーをやるのに前向きな材料の一つになります。自分はこの年代は【好きでやってほしい】と思っています。がんばる為とか、根性を付ける為とか、そういうのではなく純粋に【好きだから】がんばる、努力する、悔しい経験もする、という活動をしてほしいのです。好きの気持ちが原点にないとこの年代で必ず心が崩壊します。

小学生年代はハッキリ言って誤魔化せます。少年団に所属し、活発に活動もしないから自分の本音と向き合う時間も多くはありません。そのまま向き合わずに中学生年代になってからようやく向き合った時に【自分はそこまで好きじゃなかったんだ・・・】と気付く事があります。それを【自分に合わない・○○が嫌だ】という理由にする事もありますが、本当はそこが根本ではない事が多いです。向き合う機会と時間が与えられていない子が多いと感じるここ最近。。。出会う小学生、触れ合う小学生が増えた事もあり、考えさせられる機会も増えた。
その中でようやく自身と向き合う事が出来る子もいるし、今はまだそれを避ける子もいます。

だけど、【避けた】後はまた必ずどこかで向き合わないといけないという現実が待っています。先延ばしにする事で得をする事などほとんどありません。ゆっくりでも向き合って、10回中10回逃げていたものを1回でも向き合うだけでも良いのです。その【きっかけ】さえあれば子供というのは大人の想像も出来ない爆発的な変化をするものです。

だから大人が用意するべきは【きっかけを与える】事に尽きると思います。そのきっかけは刺激なのか?優しさなのか?アドバイスなのか?対話なのか?色々あるはずです。それを日々試行錯誤しながら考えている最中。。。これ!!という答えなど未だに見つかりませんが、色々やっていく中で自分自身も【経験】となりまた伝えられる材料が増えると思います。だからこそ、今も、これからも、課題を先延ばしにしないで向き合っていきたいと思います。
今日は場面として与えたのは、

①自主トレの時間(自分の今の目指したい形の具体性を観る為)
②全体ゲーム(1,3年生対2年生)
③走力(心の根っこを探る為)

という流れでした。最初に全体でアップとしての動き作りをやってみましたが、今日みんなに伝えた【上半身と下半身の繋がりの悪さ】は大きな課題です!!今日からハンドスプリングをどんどん練習してください♪【リフティングがうまい】ではなく【リフティングで当たる箇所だけうまい】という表現が良いような・・・・それがみんなの今の現状。

繋がりを大事にしていきましょう!!その大切さが見えるとゲームでも仲間の距離感や相手との距離感なども見えてくると思いますよ♪慌てずに、だけど【明確に進む】事を意識していきましょう!!
最後は普段はやらない【走力】をしました。

きつかったと思いますが、サッカーは走るスポーツです!サッカーに必要な走り方が強い選手になりましょう!!そして、それ以上に大事なのは【自分が3本のうち何本目が一番がんばれたか?それがどうしてか?】まで向き合ってください!

それもきっと自身の特徴となり、武器となる要素の一つです。どれが正解、じゃなくどれが【自分】なのか?です。

最後までしっかりとやりきったみんなの表情はやっぱり良かったし、がんばった後の清々しい気持ちはやりきった人間にしか分かりませんね!そんなみんなを観てうれしくなっていたコーチですが、帰りに当たり付きの自動販売機にて当たりを出した斗碧くんがコーチの好きなコーヒーをわざわざ選んでコーチにプレゼントしてくれました♪優しいですね!!一日の疲れなどあっという間に吹き飛びます♪

またこうやって子供からの【貸し】をもらって、お返しを全力でしていかなければなりません!!ありがたさと感謝の裏には【行動でお返ししていく】事が待っています。自分が甘えないように、こういう優しさをみんながくれるから自分は永遠にがんばれるんだと思います。多くの選手と大切な対話もたくさん出来ました!!日々の積み重ねは必ずピッチの上に出てくる事と思います。裏切るとか、裏切られるとか、そんな事はありません。

日々の過ごし方、関わり方が全てであり、それによって出てくる課題や喜びも全てが【結果】なんです。これからもそれを肝に銘じてがんばりたいと思います!!