ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6628件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/06/27のBlog
[ 13:04 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝から紅白戦!!

グランドに自分が到着をしたのが集合時間の40分前。その時間にはすでに3年生がみんなで集まって準備をしてくれていました。

昨日の練習でこの3年生達は自分達で話をしました。そして彼等なりに出した答えが『誰かに押し付けないように全員がリーダーとしてやります!』という事でした。素敵な事だと思うし、それを応援したいと思います。でも、口だけでは誰だって言えるし行動に移してこそ価値が出る話はいつもしています。今日はその行動で示してくれた事で、後に続く1,2年生達の行動にも変化が生まれました。

いつもなら集合をしてからダラダラと着替え、ゆっくりとボールを触るのですが今日は何と言ってももう最高学年の3年生達が準備を率先しているのですから・・・これ以上の説得力はなく、自然と1,2年生も各自ですぐに準備を手伝っていましたよね?
この自然な行動こそが【空気】だし、大切なんだよ、と3年生には話しました。

そんな行動をしてくれた事もあり、準備はあっという間に出来上がっていたので、今日の最初のトレーニングは『キックベース』でした。良いプレー、表情が出ていました!球技というものはセンスが大事!実はサッカーだけが得意で、後は全くダメ、なんて人はいないんです。球技とは通じるものがあり、考え方によって出来る子は何をやってもうまくやれるし、出来ない子は何をやっても出来ない、という事なんです。

みんな上手にやれていたし、思っている以上にうまかったのでコーチのほうがビックリしました。何よりも楽しみながらやれた事、遊びこそが自分を最終的に活かす一番の力になる事も分かってきているからこそ、みんなには一生懸命遊べる人間になってほしいと思います!
ゲームは今日は自分の中ではメインにはなっていなくて、それよりも3年生を鍵と考えていたので、一人ずつ対話をする時間を作りました。

各自の考えや思い、悩みも含めて聞ける事。話せる仲間がいる事。こんな良い環境はありません!

近年『良い環境』を勘違いし【我が子が嫌な思いをしない事】が良い環境と思っている人が結構いると思う。そして、その嫌な思いをした子以上に大人(親)のほうがショックを受け、我慢出来ない人が多い。だから育たないというのがよく分かってきた事実。子供に任せられない、子供を信じてあげられない、子供の判断を待てない大人の元では【らしさ】が育たない事を自分は知っています。

一日の時間というものは同じ。

でも、使い方は全然違う。君が甘えている時に努力をしている人がいる事。遊んでいる時にがんばっている人がいる事。その差が積み重ねれば大きな違いになっていくのは当然の事。

どうか平等を勘違いしないでください!がんばっている人にはそれだけの事が返ってくるし、やっていない人にはそれだけの事しか返らないという事を理解してほしいと思います。

各自のペースで、自分の歩幅で、しっかりと一歩一歩積み上げていきましょう!!
2020/06/26のBlog
[ 23:50 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習会でした!!

人同士の繋がりが出てきたおかげもあって、毎週体験に参加してくれる子が出てきたりして全体の人数も活気が出てくるのですが・・・その中にあって、一人一人の意識がボケないようにしてほしいのです。【全体】というのは時にデメリットもあって、【自分一人ぐらいまぁいいか・・・】という意識が出やすくなります。目立たないからね。

でも、それを許したくないし一人一人みんなに目的や思いがあるからこそ違いを明確に出してほしいと願います。
ですが、ファルコの中学生にとっては年上のカテゴリーになるので小学生からしたらどういう存在になるべきか?をまだ考えてはくれません。

中学生にとっても学びの時間だし、自分の成長に繋げられるのに小学生をゲスト(お客さん)として扱ってしまう時点で考え方が違うよ、って話もしました。

その上で3年生には今真剣に考えてほしい課題を与えました。チーム(組織)の中で必要な事を考えてもらい、今自分は何をすべきか?を真剣に考えてみてくれ!とお願いをしました。全体に埋もれ、誰かがやってくれる・・・という期待感で日々過ごすなんてもったいない!!自分が出来る事を、出来るだけやってみる、それしか楽しみや成長に繋がるものはないのです。その事を話した上で3年生だけでの話が延々と続きましたが・・・・

どうなるのか?はこれからの彼等次第ですね!
残りの1,2年生と小学生にはボールリフティングをしてもらってから、4対4のゲームをメインにやってもらいました!

その時にも【空気】の話を全体にしました。遠慮?お客さん?そんなのいらないよ!という事。それらは空気の中で生まれるし、『遠慮するな!』と言われても空気がそうさせてしまうのです。だから、そんな言葉ではなく実際にそうならないような空気作りを考えないといけないのです!今日は敢えてチーム変えを行わずに、その出会ったメンバーと時間、回数を重ねてチームとしてより良くなっていく為の努力をしてもらうようにしました!

小学生達も積極的なプレーをしているのが目に映ったし、それを引き出せていた中学生の空気も良かったとは思います!ですが、満足いくという所まではなかったし、もっとみんなで切磋琢磨しているような状況を作り出せると、ここでの時間(エリート塾)に価値が出てくると思います。

自分が主役!常にそれを忘れないように自分が今出来る事をとことん考えて、行動に移していきましょう!!
2020/06/25のBlog
[ 21:57 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

ようやく週に3回のナイター練習が復活しました!とは言っても木曜日は塾や違う習い事で休む子が多いので全員は揃いませんが、その分個別の対話をさらに深く、ゆっくり出来るので利点を活かしていきたいと思います!

今日は2,3年生はひたすらゲーム形式の中で考えてもらうようにしましたが、1年生には【授業】をしました(笑)

今年度は最初の活動がコロナの影響によって出来ないままスタートし、ようやく今スタート出来ているような段階。だから11人制、中学校のサッカーという事が小学生の頃とは【違う】という事だけは分かっているような状況。そこから一歩ずつ進んでいきたいと思います。
今日1年生と話をした事は、

【サッカーの原理原則】についてです!

サッカー自体のスタイルはたくさんあります。ドリブル系、パス系、キック&ラッシュ系などなど。どれが正解、じゃなくどれも正解です。スタイルはそれぞれですから!服装にしてもみんな私服には興味や好みがバラバラですから一つにまとめる事は出来ません。

だからスタイルは自由で良い!ただし、押さえるべき点は絶対に必要というのが原理。絶対に守らなければならない約束事が原則。この事を理解してようやく【サッカー選手】と呼べるのではないでしょうか???という観点からのお話をしました。分かっているようで分かっていない事だらけ・・・だったよね??
みんな覚える最初に、意味と狙いなどをきちんと学ばないといけないのに、最近の少年団などでは言葉優先になってしまっている事が多いから、【マークしろ!】とか言われても、マークがどういう事なのか?どうしてそうすべきなのか?の話はほとんどありません。知識と答えばかりで言われるから何となくでしか覚えられない・・・。

その曖昧さが【大体のポジション】となり、適当に立ってしまっているという事になります。そこから整理し、どうしてポジションというものがあり、その役割は何なのか?自分は何をすべきか?どうやるべきか?をゆっくり話しました。1年生達の頭の中が混乱しないように言葉を選び、噛み砕いて話をしていきましたが、まだまだ上手な説明が出来ていない所はあると思います。ですが、【伝えたい気持ち】がまずは大事で、その上で【教えたい】じゃなく、【分かってもらいたい】という気持ちが乗っかれば良いと思っています!

子供の中にいかに残せるか?が大事で、その事を意識しながら1時間ぐらいの時間を費やして伝えました。その後にゲーム形式でその成果を見せてもらいましたが、確かな変化があちこちに見えました。意識をする事、それを行動に移す事というのは簡単ではありませんが、それが出来る1年生だったという事です!!これからが勝負ですね!!

ゆっくり、ゆっくりと良いサッカー選手になれるようにがんばっていきましょう!!
2020/06/23のBlog
[ 22:22 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

昼間は真夏日に近いような気温の高さだったのですが、夕方以降はかなり涼しくて過ごしやすい気温になりました!

小学生も参加してくれたし、卒業生も二人来てくれました♪卒業してからどんな人間になっているのか?はクラブとしても非常に興味深く、意味があると思っています。今日の二人はとても穏やかに、そして一緒に入ってプレーをしてくれましたが、現役にしっかりと自分から歩み寄って溶け込んでくれるなど成長した姿を見せてくれました!

これからもこうした卒業生や小学生の参加は本当に意味と価値があるので大切にしたいと思います!
今日も練習しながら色々と観察をします。

自分が観るべき事は何なのか?を整理しながらやっていくのですが、毎回様々な疑問が出てきます。この仕事(コーチ)は終わりがないし、完成形もありません。どこまでやれるか?の挑戦しかないからこそ、毎回真剣に向き合っていく必要があります。その日、その時間さえ過ごせば良いと考える人もいますが、自分はこの大切な時間を後悔したくありません。たとえ、やっている事が仮に間違っているとしても自分は後悔だけはしないようにしています!

明日コーチを辞めるという事になっても今は正直悔いはありません!やりたい事はもちろんいくらでもありますが、やり残したと思う事はないぐらい毎回真剣に今は向き合っているからです。
選手のみんなはどうでしょうか??

今日という二度とない日を後悔しないように努力は出来ていますか?もっとやれた?やり残した?はありませんか??

最初のゲームを早めに止めた理由は話しました。【いつも通り】は良い時もありますが、今ではない。今は日々進化していく事に全力を注がないといけないのです。せっかくの日曜日のゲームで出た課題をもう忘れてしまっている。課題を引きずる事が良いのではなく、課題を持ってトレーニングを行う事は大切な事なのです!
今日またコーチとして大きな事に気付きました。

終ってから今中代表と話しながら整理出来ました。自分の悩み、自分の思いを聞いてもらって次からやるべき事を整理しました。毎回課題が出るのは選手だけじゃなく、コーチも同じなのです。

うまくいった??なんて日はありません。上手に出来た、なんてコーチの自己満足。そんな日はありません。でも、同時に悲観的にもなりません!何が悪かった、じゃなく【次はもっとこうやったら良くなるはず!】と考えます。前向きに、という選手への言葉は、自身の前向きさで決まるはず。子供に届かないのは、大人の重みがないからです。経験や体験、説得力がないからです。だからこそ、自分が大切な選手に伝える事は自分の経験が大きいので、これからも失敗をたくさんしながらも前向きにやり続けていきます!!

最近、一人一人の【背景】まで観れる、観ようとする余裕が出てきました。もっと深く、もっと大切に関わっていけるようにこれからもがんばります!!
2020/06/21のBlog
[ 15:20 ] [ 試合結果 ]
今日は梅雨の中休みのような一日で朝から穏やかに晴れました!

そんな良い天気に恵まれた中での練習試合が出来た事は本当に喜ばしい事です!一歩ずつではありますが、みんなにとって日常だった活動が戻りつつあります!そうは言ってもいきなり全開!!って訳にもいきませんから、慌てずに、ゆっくりと【今】を確実に高めていきたいと思います!

練習試合が再開出来たものの、遠くのチームとの対外試合はまだ許可されている状況ではないので、近場で、同じグランドで普段からがんばっておられるFCシニアさんとのゲームでした!シニアさんもがんばっておられるリーグ戦が開幕されたので、そのリーグ戦へ向けての調整にもなれば良いと思うし、お互いにとって有意義であればいいなと思いました!
最初にグランドを準備するのですが、当然1年生にとってはその準備も初めてになるので、最初からは分からない事だらけの1年生とまずはコートについての話をしました。

ですが、案外意識していないもので、【サッカーコートにある線を思い出してみて!】と質問してもなかなか出てこないものでした(笑) でも、一緒に考えないと、子供達に考えさせる時間がないとどうやっても成長してもらえません。自らが体験した時間こそがその子にとっての学びの時間となる訳ですからここでも答えを教える前に、子供達には考えてもらいながら一緒にサッカーコートを理解していきました。

ただし、勘違いしてもらいたくないのは【分からないから何もしない】はいくつになってもおかしな事。分からないなりに自分で動いて、学んで、やってみる事が学びの原点!何もしない人間に周りがいくら何かをしても【0×○】はずっと0ですからね!
全体には【良い準備】の話をしました。

何を持って良い準備なのか?は結果から見えてくるものであり、結果が満足いくものじゃなかったらやっぱり準備期間に何かの問題があった事を学んでいくしかないという事を言いました。

今日も多くの忘れ物がありました。ですが、起こった失敗ではなく【その失敗が君に何を与えてこれからどう変えていくか?】が大事である事を言いました。みんなは学ぶ時期であり、失敗を重ねる時期。でも、【だからといって何をやっても良い】のではなく【どうしてそれをやったのか?】は常に考えていく事の大切さを伝えました。今は分からないかも知れませんが、必要な事を大人として伝えていかないといけないと思っています。
試合は1試合と半分という形でさせていただきました!

久しぶりの相手がいるピッチの中で全然思うように出来なかった子も多かったけれど、何よりもサッカーが出来る喜びを感じてもらえたら、と思います!怪我をしているキーパーの眞登くんが『あ~~~サッカーやりてぇ~~~』と叫んでいましたが(笑)、どうかこれを怪我した時でなく、やっている最中に言えるようになってください!!【サッカーが楽しいぞ~~~!!】とね!

今日はシニアさんのおかげで各自の課題がめちゃくちゃ出てきましたね!落ち込むという無意味な行動をするのではなく、それを持って今後どうしていくか?を真剣に考えてみようではありませんか!今が全てではないけれど、今の努力が未来の全てにはなってきます!前向きに、元気に、足がつっても、怪我しても、サッカー大好きなみんなとだからがんばれるし、がんばる事が楽しめるファルコになっていこう!!!

対戦してくださったFCシニアさん!ありがとうございました(礼)
2020/06/19のBlog
[ 22:28 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾の練習でした!!

昼間の天気でグランドが回復せずに体育館での練習となりました。今日は手違いがあって、お借りした小学校の体育館で小学校のPTA行事が重なってしまったというハプニングがありました・・・。ですが、校長先生、教頭先生とも話をしてこちらもきちんと予約サイトから予約をしたので問題はなかったし、という事で優先させてくださいました。

学校の所有物だから・・・と言われたらこちらのほうが立場が弱いはずなのですが、先生方のご好意によりこちらに全てお貸ししてくださった事はありがたい事でしたし、こうした事が起こる度に当たり前なんてないんだ、という事を思い知らされます。だから感謝の気持ちはずっと忘れずに持っていないといけませんね!
今日はエリート塾の体験者も含めて多くの小学生達も参加をしてくれたので、体育館が狭く感じられるぐらいでした。

前向きな小学生達の参加により、中学生達にも得るものがかなりあるし、その事も途中に話をしました。教える、じゃなくて【一緒に学ぶ】姿勢こそが本当に意味のある活動なんだという事です!どちらかが一方的に教える場はあまり価値を感じません(それが大切だと思われる方もいるでしょうが。。。)

一緒に考え、一緒に学ぶ。人生って一人一人が主役だからみんなのペースや考えがあるだろうし、一律で何かをやるのではなく各自で自分の色を出していく!それを目指してやっていきたいと思います。
中学生達の空気、言動、伝え方、考え方、本当に自分にも刺激になります!

上手な伝え方をする子もたくさんいるし、小学生に囲まれる子もいます。それは【才能・センス】とかではなく【人間性】でしょう!その子が苦労してきた時間や努力してきた時間の成果なんです!人は他人から良いと思われる部分の裏側にはそれだけの苦労があるという事だし、言い換えればそういった人に伝わる重み、みたいなものがない人というのは苦労をしていない、避けてきた人なんだと思う。

だから、中学生の言葉がみんな入っていく訳じゃなく、やっぱり苦労して自分で手に入れた子の言葉は入る、という事。この事からも、小学生自身この場に教えてもらうのではなく、【自分で手に入れるきっかけ作り】にしてほしいと願います!
成長するというのは、【自分自身で得た経験】の事だと思う。

他人から与えられたものや、正解が分かっている事をやっても成長には繋がらないのです。なのに、多くの子(人)は、失敗を恐れ、正解を求めてから行動しようとする・・・。その繰り返しこそが自身の成長を妨げる一番の要因なのです。

失敗しても良い年代っていつ???となれば、本当に今そのど真ん中だと思います。いくつになっても失敗するのが人間だし、でもその失敗の仕方、受け止め方の差が大きくなる。チャレンジしたり、失敗自体を楽しめるようになれば人生本当に楽しくなりますよね!

好きなサッカーをして起きる事にストレスを感じるうちは半人前なんです!人のせいにしない!という一人前になる最低条件をファルコは目指し、その条件をクリアしてから成長を楽しめる人生を送ってほしいのです!!いくつになっても成長出来る事は40歳を越えたコーチが証明しています!!完璧はないし、終わりもない!だからこそ楽しい!!

ずっと学び、ずっと楽しみ、ずっと成長していけるようにこれからもみんなでがんばりましょう!!
2020/06/16のBlog
[ 21:52 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

元気いっぱいの小学生も参加してくれています♪各自が考えて取り組む事に年齢は関係ありません。自分でやろうと決めた子はどんどん参加して何かを学んでくれたら良いと思っていますし、それが中学生にとっても刺激になっていくのでお互いによっての良い時間になればいいなと思います!

今日も練習前にはそれぞれの時間を過ごしながら3年生の声掛けで試合が始まりました。とても良い試合をしてくれています!ダラダラしていなし、無理もないし、きつくもないけれど、適当ではない。『考える』という動作は動きながら、プレーしながらやるのは意外と難しいのですが、ちょうどそれが出来るようなレベルになっているのでとても良い空気だと感じています。
練習はいつものようにリフティングからのスタートをしました!

ボールを扱うんだけど、身体を扱う。その意味を少しずつ理解している子が増えています!というか、理解しようとする(頭が働く)子が増えた、という事ですね。

やっぱりみんなはどうしても技術は数をやれば、時間をやれば、いつか出来ると思い込んでいる子が多いと思う・・・。もしかしたらそれは少年団の頃からの癖になっているかもしれない。。。ですが、やっぱり技術は身体を使うものであり、使う本人次第のものだから数をとにかくやれば、では解決されないのです。

頭を使って、イメージを形にしていく・・・下書きをせずにイメージだけで作業をすすめていくような職人さんがおられるけど、そういうのと同じ感覚かな!頭に思い描く事があるとそれに近付く楽しさと難しさが分かるはず。適当に、大体に、曖昧に、じゃなく!!!
そこからドリブル系にして、対人へ移行しましたが・・・

考えている子の行動、プレー、にはやはり伝わるものが大きい。でも、考えずにやっているとか、考える数が少ない子のプレーは読み取り側であるこちらががんばらないと何をしたいのか?が分かりにくい・・・。

理解しようとする努力はもちろんコーチにとって必要ではあるが、伝える努力も同時に必要だって事。お互いががんばる歩み寄りがあってこそコミュニケーションは明確に、図太くなっていくんだから!

最近強く思う事!!!

自分自身という『存在』を守るのは良い。自分を肯定し、自分に自信を持ちながらがんばるのは良い事だから!でもね、ちっぽけな『プライド』を守るのはちょっと違うよ。みんなは観る世界も、知る世界も全然狭い中なのに、そんな中でのプライドだけを守ろうとするから他者と上手にコミュニケーションを取れないんです。ちっぽけな、って言い切ってしまうと誤解を招くかも知れないけれど、自分もそうだったから本当によく分かる。

プライドを捨て、素直になっていく事で新しい世界が切り開ける。うまくなっていく子ほどそういうものを割り切るのが早いから素直にグングン伸びていく。どっちの道を選ぶのか?は君達自身が決めれば良いが、そのプライドが邪魔をしたイライラとストレスを解決する方法はそれしかない。いつか気付けるといいね!男だから持っておきたいプライドは分かるが、【芯】は一歩間違えると【ただのワガママ】になるからね。

自分改革!!もっともっとこだわって毎日の生活を充実させていこう!!

疲れて、全力出し切って、納得して、毎晩爆睡しましょう!!!(笑)
2020/06/13のBlog
[ 13:39 ] [ 練習の様子 ]
今日も朝から雨がたくさん降りました。。。

でも、室内を借りてトレーニングが出来る事は何よりもありがたい。最近それ以上に思うのは、このメンバーと出会って話せる幸せ感です!トレーニングの時間の多くを対話の時間にしている(必然的にそうなっている)自分にとっては、対話が出来る機会と場所がものすごく重要です。

今日というたった1回のトレーニングの中ですら変化をしていく子供もいます。それは、それだけ良いタイミングで物事を伝える事が出来たからだと思うし、そういうきっかけの日になれば、と毎回強く思っています。子供の人生を変える、という大袈裟な言い方じゃないにしても良くする反対の、悪くする事も出来てしまうんだという危機感も同時に持たないといけないのが指導者だと思っています。
今日は、【違和感】【神経】という言葉について考えてもらいました。

というよりも一緒に考えました。個別の対話も数名と毎回やるようにしているけど、子供達の頭の中はこちらが思っている以上によく動いているし、考えています。怪我をしてしまったメンバーもいるし、そういうメンバーと怪我について悲観的な話をせずに前向きに話をします。全ての行動、考え方を前向きにすればどんな状況でも良かったと言える自分になれます。

共通点は色々見えています。出来ない子、やらない子、うまくいかない子。共通点は間違いなくあります!ですが、大事な事はその共通点が同じであっても『改善方法はみんな違う』という事。ここだと思います!各自違うからこそ簡単じゃないという事。

毎回とても良い勉強をさせてもらっています!

チーム内には『5G』の子が増えてきました(コーチがそう呼んでいる感性の鋭い子)。気付きが遅いと後悔が増える。これは当然の結果なんです!

○○してから、○○を失ってから・・・というタイミングでは後悔する事がたくさんになりますよね?そうなる前に気付けたら未来は変わる。。。。


つまり!!

未来は変えられるんです!自分の力で!

神経レベルまで使ってやれる選手になろう!誰もが見える、誰にでも分かるような部分をいくら意識しても改善なんかされません。仮に改善されたように見えるものは、本人の成果ではなく与えた側だけの成果で終っているものです(よく見る光景です)

自ら学ぶ。自ら気付く。自ら動く。


やるしかないよ!!!


説教じゃないよ(笑) アドバイスだからね!常に君達を応援しています♪


2020/06/12のBlog
[ 22:29 ] [ エリート塾 ]
今日はナイター練習でした。

生憎の天気になったので室内トレーニングを行う事になりました。室内は換気の事、感染予防に関してもより気を配らないといけない状況になります。ですが、やっぱり活動を簡単にやめる訳にもいかないし、せっかく学校も再開し、生活が戻ってきているからこそ生活リズムを生む意味でもこうして室内でも限られた場所ではありますが、活動が出来るのは本当にありがたいですね!!

学校施設だったので、終了後には念入りに除菌作業もしなくてはなりませんでしたが、それも含めて子供達の為になら何でも出来るし、がんばってくれる子供達の為に自分もがんばらないといけないって思います。
練習前には今中代表とまたミーティングをして、自分が思う事や考えの部分で代表の意見をいただくようにして、その上で選手にもミーティングをしました!

1年生メンバー、今日からエリート塾をゆっくり開始していこうと思っていたので、その小学生達にも話をしました。

【僕が今日ここに来た意味を作る事】を話しました。待って生まれるものではなく、自分で作るという事。その過程には失敗もたくさんあっていいし、失敗がないと始まらない!みんなの年代にどれだけ多くの失敗から悔しい気持ちだったりを学んでいくか?は本当に大切。大事に育てられて、傷つかないように負けるとか、悔しい経験を避けながら育ってしまうとチャレンジに臆病になるのは当然。幼少期にきちんとチャレンジ出来た子は前向きな努力が大きくなっても出来る人になる。そんな未来の自分を作る【今の時間】に何をするべきか?について考えてもらいました。
子供達ともゆっくり話をしていると、やはり【そんなに深く考えた事がない】という本音が聞けました。

大人だって同じです。親も、先生も、コーチも・・・・

【良くなりたい】

なんて漠然と思う事はあっても具体的にそれを行動に実行させている人は少ないものです。口だけ、なんて言われ方もするだろうけど、ほとんどの人はそう・・・。夢は見るし、目標だってある!!だけど、【どうせ無理だし・・・】という心に負けてしまうのです。だから、漠然ではなく明確に何をやるか?どうなりたいか?自身の事をしっかりと考えてもらい、向き合ってもらってからの活動をしてもらうようにしました!
そこからの1年生はちょっと吹っ切れた感じに、それぞれが目的意識を行動に出せていたように自分の目には映りました。

ちょっとした意識で変わるものです。そのちょっとの意識をどこで出せるか?なんですよね!
最後は全員に自分と向き合ってもらうトレーニングをしましたが、相当きつかったと思います。

でも、そういう中で【何を得たか?】です。得たものは必ずしも成功の形とは限りません。でも、何かに気付いただけでも意味があるのです。失敗から気付く、そういう経験をしてほしいのです!どんな結果でも【自分の心で気付けた事】は忘れません。

心を燃やして、中身のある活動をしていきましょう!!
2020/06/09のBlog
[ 22:01 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

一週間の始まりです♪各中学校で再開のタイミングが違うし、テスト期間なども変更してくるので、全員が集まってやれる時間は以外と限られてくると覚悟しています。だからこそ、グランドに来ている一人一人に意味がある時間にしてもらいたいし、その為の設定を作れるように心掛けたいと思う。

今はスクールが出来ない状況なので、ファルコの前に時間があって今中代表と色々話をしてからトレーニングが出来るのでとても良いと思っています。トレーニング内容はもちろんですが、何を意識しているか?何をさせたいか?狙いは?などの話も含め、【こういう未来になってほしいから!】という話をしながら出来るので本当に良いと思います。

そんなイメージの話を先にたくさんするのですが、実際の現場では思いもよらない事が多々起きるので、終わってからは自分の反省ばかりを話す事が多いです(笑)
今日は実はトレーニング前に【今日はこの子に話をしようと思っています】という子を挙げていました。

最近は一番意識しているのは悲観的な内容の話をしない事です【ここがダメ、ここをもっと良くしないと、改善しないと、みたいな内容】。その内容では子供達はコーチに呼ばれる度に構えてしまうし、硬い空気になってしまうから本音を聞きたい時にも子供が言えなくなる。そうではなく、日頃から本当に何でも言える関係性を、信頼関係を築けば『何でも言ってごらん?』って言わなくても言ってくれるものです(むしろ、そうやって言う人ほど、実際は相手には言われない、言いにくいものなんです)。

だから悲観的ではなくても、今後に向けての前向きに話をしていこう!と決めていた子が一人いたのですが。。。。
嫌~な大人の空気が出ていたんでしょうね・・・。

トレーニング開始からの少しの時間の時に『ハッ』とさせられました。

声掛けをする自分の近くに子供がいません(泣)

きっと子供達にとっては【寄りにくい空気】だったのでしょう・・・。自分は子供を信頼しているからこそ、子供から出てくる空気、自然な行動を大切にしています。人間は前向きな話は自身が前向きな気持ちを持っている時でないと入らないものです。だから、今日最初に話をしようと決めていた子にも、この離れてしまっている空気感を感じて今日話すのはやめようと決めたのです。

自分は子供との信頼関係を持って前に進みたいと思っています。これは【嫌われる・好かれる】の話ではなく、【この人には話せる】とまず思ってもらえる関係を作らないとそれより先にはいかないという意味です。だから子供の機嫌を取るのではなく、子供にとって一番入りやすいタイミングでしか声掛けをしなくてはいけない責任でもあるのです。

一斉に、まとめて、話す言葉が入るでしょうか???

振り返った時の学校の校長先生の大切な【はず】の話が今でも残っている事は一つもありません。正直、興味がなかったと思うし、全員に、一斉にされる大切な話というものは入らないものなんです。それよりも、自らが疑問を持って、自分から質問した事や発見した事は一生残る事だってあるのです(自分にもあります)。

だから、ファルコのみんなにはそうやって【自らが学ぶ体験】をしてほしいのです。与えられるのではなく、自らが存在する時間。ここにこだわっていきます!!

主役は君達なのです!!!自分で、自分の色を出していきましょう!!