ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6542件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/11/16のBlog
[ 21:49 ] [ FC FALCOとは‥ ]
見事な銀杏の木でした!!!

今日は早朝から晴天に恵まれた中でのトレーニングマッチ。

岡山まで足を運び、WILLさんとVIVORIO立花さんとの交流でした。どちらもテクニックに優れた濃いチームです!やっと1年生も半年を越えてフルコート、サッカーにも慣れてきた頃に濃いチームを知ってもらいたいのもありました。ドリブルが好きな子はたくさんいますが、『ドリブルって何?』という事を考えればまだまだ考えも浅くて・・・それを修正と言うか、正したくても言葉ではなかなか入りません。こういう実際に、体験してもらうと効果は絶大なので、今日はその成果をもらえるように一日みっちり交流させていただきました。
到着してから準備をしてくださっていたので、すぐに試合が出来ました!!

まずは三つ巴で試合を回していきました。久しぶりの交流だったのですが、相変わらず一人一人のボールの持ち方、置き方、隠し方、腕の使い方などなど・・・・うまかったですね!うちにないものがここにはあって、それがまた誰かの刺激になれば良かったし、個が変わるきっかけになればいいな、と思いました。

トレーニングマッチだし、交流だし、『持ち味を磨く』という観点があればいいのですが、余裕がない選手達はどうしても磨くではなく、『失わない(失敗しない)』を大前提に持ってきてしまう。。。これは選手が悪いのではなく、やっぱり育ってきた環境の中で『これをしてはいけない』を強く言われ続けた影響だろう・・・ここを変えるのがとにかく一番大きな課題だと認識しています。
みんな濃い相手とよく戦っていたし、ボールのある局面ではバチバチにやりあっていましたね!

負けたくない気持ちもしっかりと伝わってきている中でファールをしないで奪いきるのは相当難しい事もよく分かったはず。想像を越えるタイミングでのタッチ、ドリブルを仕掛けてくるので対応にはかなり手を焼いている様子ではありました。それがまた良い経験となっていくんでしょうね!

相手には小学生も多く参加をしていたのですが、その小学生の考え方もやはり地元とは大きく違うと思った。何が正解、という意味ではなく『サッカーの、技術の捉え方』がそもそも違うという感じ。
一日本当にたくさん交流させてもらいました!!

朝イチから、日暮れまでずっとさせてもらったのですが合間の昼休みには個別に色々絡んだようです。外に出て、色々な人と出会うだけでは変化は起きません。色々な人の考えを知り、その影響を受けたりしていく中で変化は起きるものです。

だから、『話しかけられる』ではなく『話に行ける・質問をされる』ような選手になろう!という話をしました。自分から出来る事(話しかける事)はもちろんだけど、それ以上に『周りからしてもらえる(思ってもらえる)』事も大きな成果!一歩ずつ歩みを進めていきたいね!
本当に良い天気だったので、子供達は終始明るく、元気でしたね♪

環境が良いと一日いても子供達は元気だという事。大人が決めたサッカーを与えてしまうと絶対に一日もやれば疲れしか残らない。これを子供が主体、主役になると不思議と疲れは軽減される。こういう環境の中で子供は良いものを得ながら育っていくんだと思います。

身体が疲れているけれど、気持ちが軽いし、試合に出たいと思えるし、自分からのアクションをやってみようとがんばってくれる。行動がプラスになっていた背景はやっぱり気持ちが前向きだからだと思う。こういう場は自然に出来る程甘くない。

確実に一人一人が『学ぶモード』に入ってきている証拠。ありがたい気付きをたくさんくれたWILLの皆さん、VIVORIO立花さん、一日本当にありがとうございました(礼)
2019/11/15のBlog
今日の夜はエリート塾と体験練習会とファルコの合同練習をやりました!

とても冷たい空気の中での活動なので、やっぱり初対面になってくる子はとても緊張した様子が見受けられます・・・そういう人の空気を読める人になってほしい事は常に選手にも話をしているし、毎回エリート塾での活動でそれを伝えてきました。

だから相手がエリート塾の知っているメンバーだと対応出来るけど初対面になるとまだまだ内弁慶なみんなは歩み寄る事が出来ませんね。。。成長出来る良い機会なんだけどな!前向きに捉えていこうね!
小学生も『輪』が出来ると心を開放しやすくなります!

その輪を自分で作れると相当良い選手ですが、今は中学生がそれを作ってあげたいですね!中学生にはそういう部分ももすごく大切だと思っているし、自分中心の感情では先で色々苦労する事になります。同じコミュニティは簡単に出来ます。似た者同士が集まるからです。

最近、自分が強く思っている事は『自分の周りに愚痴を言う人間がいない』事です。これは要するに、自分自身がそれを言わなくなったからだと思います。人は自分が前向きならば前向きなグループが出来るし、文句や愚痴、言い訳をすればそれもまたそのグループは簡単に出来上がります。みんなはどんなグループを作りたい??その考え方できっと決まるよ!
リフティングはコミュニケーションと空気を大切にする為の形で、最初は手を繋いで、相手を感じて行ってもらい、後半は個別に『自分で決めた先生』から学ぶ形にしました。

参加した小学生にとってほぼマンツーマンで教えてもらえる環境は絶対に良いものだし、子供同士だから入っていきやすい環境なのも魅力だと思います。今日はボールを止める、という事をテーマにやってもらいましたが、また次回はテーマを変えてやっていこうと思います。
最近の小学生は色々情報が多くなってきているので、とても足先や技術が高いな~という印象があると同時に、『見栄え・見た目』というものが気になってしまいます。

そこに執着してしまう、と言うか大事な基礎・基本の動作よりも目立つ派手な事をやりたい、みたいな感覚が強くて大事なものを疎かにしてしまっている感もある。。。

リフティングを『回数』で評価してしまうと必ず陥る失敗みたいなものがあって、そこにハマっている感じの子が多く見受けられる。サッカーのトレーニングでリフティングを入れる、という事はサッカーに繋がらないといけないのに多くの教える側の大人がそこを見失ってしまい、サッカーの練習の中のリフティングの練習という分けた形になってしまっているのがよくあるコーチの失敗談なのです(汗)
そんなみんなにサッカーをうまくやる為には技術も大切だけど、『人を感じる力』も大事なんだという事を理解してほしい。

ワガママでうまくやれる程サッカーは甘くない。ワガママっぽく見えてもチームとしての役割をしっかりと理解したり、やっている子のワガママに見えるプレーは全然意味が違うのです。

そういう違いをこの年代にはしっかりと分かってほしいし、自分の事を考えるのは当然ですが『それだけ』では通用しない事も分かるといいね!こうした今日のような人の繋がりが増えると新しい自分を発見出来る子もたくさんいます♪その変化が楽しみですし、これからも新しいメンバーと出会える事を楽しみにしています!!

体験参加してくれたメンバー達!またどんどん来てくださいね♪
2019/11/14のBlog
[ 22:22 ] [ 練習の様子 ]
今日は昼間はわりと穏やかでしたが、夜になると一気に寒さが厳しくなりました。

いよいよ冬が到来の予感、という感じですが季節が進むと本当に一年の早さ、一ヶ月の早さ、一日の早さを痛感させられます。無駄な一日なんてないという事をずっとこれからも大切にしてがんばっていきたいと思います!

みんなどこかで、何かのスイッチが入っていくものです。それが楽しみでもあり、コーチをやっている喜びでもあります。
『やらされている』から、段々『やってみよう』に変化し、『やりたい!』に変わる。

この変化がとても大切ですが、この変化をする前に自分自身に負ける子(人)も圧倒的に多くいます。そして、そういう人達は揃って『○○が悪い』という責任転嫁をするものです。自分に負けているという発想自体がありませんから。。。

そもそもそういう考え方の人は自分自身との勝負をした事がないだろうし、常に他者との比較、競争でしか物事を見れない狭い考え方だという事なのです。
それが分かってくると、変化が出てきます。

自分でやらないといけない!!という感覚を色々な場面、きっかけで見つける子が増えているのが今のチームの選手達!外の、他のチームに比べれば遅いかも知れないけど、自分はいくら時間を掛けても自分で分かるというこの感覚を大切にしたいのです。分かるまでの時間はたくさん費やしても、分かってからが早い!!そのほうがやっぱり選手としての伸びしろが大きいし、対応力も増える。

人のせいなどしなくても、自分で解決出来る力を持つようになる。
ある人は言いました。。。

『自分は育てる自信がある』と。

すごく響いた言葉です!

そんな事をいつか自分も言いたい。目の前の良い協力者(選手達)がいてくれるからこそ成長出来るし、周りに素敵な人が多い事も自分の成長出来る大きな要因。この環境だからこそ良くなっていけると信じているし、『コーチをしてあげている』と最初は上から目線でしたが(笑)、『コーチをさせてもらっている』になっている今、恩返しのつもりで成長していきたいと思います。
頭の中にサッカーが増えてきている印象は強く受けます!

身体が対応出来ていない子、頭がまだ動いていない子(身体が焦っている子)、身体で何とかしようと思っている子、と様々に分かれていますがやっぱり身体を動かす脳がある部分(頭)から入っていく必要性は大きいと学んでいる所。

頭の中の通りにサッカーが出来る訳ではないが、頭の中にやりたいサッカー観を持つ事は大事だと思います!みんな、焦るな!ゆっくり、じっくり、自分だけのやりたいサッカー観を大事にして、それを一緒に体現していける仲間との出会いを大切にしていこう!
2019/11/12のBlog
今日はナイター練習!!

昼間は穏やかに暖かい陽気でしたが、夕方以降になるとやはり寒さはグッと厳しくなってきますね・・・。でも、気持ちの熱いメンバー達が今日もしっかりとサッカーをしたい気持ちを持って集まってくれました!!

練習前から今日も自分達でサッカーの試合を始めていました。その様子を眺めながら今中代表と話をしていました。今の様子、今後の事、遠くを見据えて『今』を観る。
今日は最初に話をしました。

寒い季節なので、話は長くならないように短めに要点だけを伝えていきました。みんなが思っているコミュニケーション能力は自己満足の世界で止まってしまっているのでは?という事の確認。やりたい事、したい事を持つのはとても大切だけど、それが周りに評価されたり、伝わる努力じゃないと意味や価値は薄れてしまうという事。

自分がやろうとした事が必ず評価される訳ではないし、逆にとられる事だってあるという事。
その度に相手のせいにしても仕方がないし、状況は変わらない。

でも、自分自身はいくらでも変えられる。みんなにはその力をつけてほしい話をしました。事実、世の中には相手のせいに出来るような事ってたくさんあります。ですが、それをして解決になったとしても自分自身にプラスになるようなものは残りません。それよりも、自身の課題と向き合えばどんどん成長出来るし、終わりがない。

今日のトレーニングはそんな話もしてからでしたが『脱力』をテーマに肩甲骨を動かす事をテーマにやりました。
思った事がなかなか出来ない時に『運動音痴』と言われる事があると思いますが、使った事がないから出来ない、という事のほうが多々あると思う。それは知らない事であり、欠落しているのではない。

サッカーは足で扱うスポーツ

とサッカーの代名詞のように言われる特徴だから、一般的な練習はほとんどが走る、リフティング(回数優先)、ドリブル、シュート、パス、ゲーム。みたいな形になる。上半身はほんとど機能していない。それを変えるにはやはり『習慣』にするしかないし、無意識に出来るまでやり続けたい!!
あまり使わない部分を使おうとしてもなかなか動けない事も理解してもらってから、意味、意図を伝えやってもらいました!!

このメニューにやたらと食いついて、最後までこのメニューになったのですが一人一人が自分を見つめて改善しようとしていたのがよく分かった。

各自、家や学校でも出来る事だし、使わないとまた固くなってしまうので毎日1回はほぐせるようにしたいですね!頭も、心も同じ。使わないと固くなってしまうので、出来るだけ毎日みんな使えるように成長を続けてほしいと思います!!

毎回自分を上達させていく為のきっかけを得られるようにがんばろう!!
2019/11/09のBlog
[ 16:56 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から絶好の天気に恵まれた中での練習試合を行いました!!

一つ中学校が文化祭だったので人数はいつも通り厳しかったですが(笑)、控えが少ないほうがみんなががんばれるし、がんばろうとしてくれるので悲観的には考えないようにしたいと思います。志染さんとの合流の時間が増えていく事でチームとしてのまとまりも出てきたし、本当の意味での信頼をお互いにしなければチームとしての約束事や決め事の話までいけないと思うので、焦らずにまずは選手間の心の距離を考えていきたいと思います!

今日の練習試合の相手は善防中さんと、志方中さんでした。
まずはアップでしたが、今日はボールを触る事よりも仲間の事を観る、考える、というテーマで鬼ごっこをメインにやりましたが・・・・

みんな気付きましたか???

何も言わないでやっている自分達の『当たり前の意識』が『自分だけが逃げる事』でしたよ。仲間を助ける、仲間の為に、がほとんどなかった事。遊びで、心がゆったりしている時こそ本音というものは出てきます。みんながまだ自分中心の考え方になっているという事だし、それは生きていく上では悪い考えではないのですが、サッカー、スポーツをやる時には違うよ、という事に気付けるといいですね!
半年後・・・・この写真に変化があるといいですね!!

がんばって笑っている・・・が、自然に、になるときっと楽しくなると思います。今のみんなの判断基準は『うまくいってるかどうか?』だけになっているんだよね!

今日の試合でもそういう場面が多々見えた。うまく出来ている時とそうでない時。どちらもしっかりと出たからこそ考えるべき時間が多かったのですが、『楽しくない=うまくいかないから』じゃ成長は出来ないよ!
せっかく一緒にサッカーが出来る場面と時間が増えたのに、もったいない時間が多いのが現状。

だけど、一番大切な事だし、大切な部分だからこそ『こうしよう!』は言いません。みんなが自分としっかりと向き合った時に『楽しい?悔しい?面白い?面白くない?』が見えてくるはず。その感情を大切にしながら『行動は感情でしない』事できっと変われるはず!まだまだ幼い部分が多いから、感情のままに行動し、失敗をする。

せっかくの失敗が自分の中に残らないのは感情のままの行動だから。頭の中に出てくる感情の部分は大切だなんだけど、行動していく(外に出していく)時には冷静な頭になっていないと変化までは繋げられないよ。
ちゃんと良い部分を観よう!!

みんなの良さ、自分の良さ。

一日を終える時に何が起きても『楽しかった』が心から言えるがんばりや後悔のないプレーをどれだけ毎回当たり前に出来るか?だね!

みんなにはそのチャンスがたくさんある事を自覚し、がんばれる事自体がありがたい事なんだと分かってほしい。勝つか負けるか?の狭い所でしか考えられない頭では絶対に今より成長はしません。ずっと成長していく為にも目先の結果ではなく、先の自分を冷静に考えるようにしていきましょう!!

対戦してくださった善防中さん、志方中さん、応援してくださった保護者の方々、ありがとうございました(礼) 皆さんの色々な期待や思いを全てプラスに受け取らせていただき成長していきたいと思います!
2019/11/08のBlog
[ 23:31 ] [ エリート塾 ]
今日はナイター練習で、ファルコとエリート塾の合同練習でしたがそこに加えて志染さんが合同での参加をしてくれた事、3年生、OBまでもが集まってくれたタイミングという事もあり、グランドには非常に多く見える人数が集まってくれました!!

気温はグッと下がって寒かったのですがグランドの中の熱気はすごくて、子供達が初対面が多い中、一緒にがんばってくれたので楽しい時間となりました。
みんな最初は緊張していました。

でも、サッカーボール一つあれば余計な会話はいらないんですよね!

練習前に子供達で始めた試合。どんどんその輪は広がっていき、最初はそれぞれが仲良しと固まっているような状況でしたが、10分もしたらバラバラに入り混じっていたし、みんなの壁がなくなった事が良いな~って思いました。気持ちがそうやってほぐれてきた所で終了し、全体練習をスタートしました!
寒さもあったし、身体を温めながらもボールは触りたい、という事もイメージしながらやっていきました!

リフティングで最初は個別に教える、教えてもらう、という事をやってもらってからはグループでやる事に移行し、そこから対人プレーは昨日と同じく進む4対1をやりました。タイミングを観る事、仲間と合わせる事、今日はその辺りがテーマだったのですが、意欲的な子供しかいなかったので、非常に意識が高かったしプレーの質も結構高かったと思います。もちろん改善点など言いだしたらキリがないけど、今日は状況が特殊だったからみんながお互いに遠慮なくがんばれる状況になればそれでいいと思っていました。
最後のゲームの時には最初よりもさらにみんなの人間関係の距離感が縮まり、楽しそうにがんばっていました!

緊張感もなく、小学生も体験の子が多かったのですがそのメンバー達も一人一人意欲的にやれていたと思います。人が増えて、その人と合わせるのが億劫な人間も中にはいます・・・。ですが、人が幸せになる気持ちとか楽しいと思える先にもやっぱり人との関わりなんですよね。人付き合いが煩わしいと思う人は、まだ付き合いが浅いからだと思うし、スポーツというものは目的がハッキリしているから思いが共有しやすくなるんですよね!

そういうスポーツの、サッカーの良さが今日はグランドの中にたくさんありました!
動物の蛇は脱皮しないと死んでしまうそうです。。。

人が『一皮むけた』と言える時って成長した時なのですが、人はその経験をしないままの人もいます。でも、成長する人というのは必ず脱皮をするものです。今のままで満足しない事、基準を落とさない事、同じ事でも継続させていく事、どれも全部努力です。

そのどれかが出来ればみんな成長をするし、才能となっていくのです。一つの局面で逃げたらやっぱりどの場面でも逃げる事が多くなる。人は無意識に楽を優先させますから。。。それだけに若い今だからこそ多くの苦労や多くの悩み、うまくいかない経験をしておいてほしい。今後の自分の為に!!

そんな貴重な経験をさせてくれた今日の参加者全員と見守ってくださった保護者の皆さん、本当にありがとうございました!!ファルコでは、まだ11月の15日、29日の金曜日にも同じように体験練習会をやっています!12月も毎週金曜日にやっていますので気軽に参加をしてみてください!興味のある方、自分の近くでサッカーやってみようと思っている方、どうぞよろしくお願いいたします(礼)
2019/11/07のBlog
[ 22:03 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

昨日の夜にも師匠との会話の中で頭の中がごちゃごちゃの自分。。。

何を現場でやっていくのか?自分が自信を持つには?正解じゃないといけないのか?そういう様々な感情が入り混じった中でグランドに行きました・・・。

自分は幸せ者です。

グランドに行けば、自分が素直な心を持てば、純粋な子供達が色々教えてくれるものです。今日も最初にゲームが始まり、その様子をず~~~っと眺めていました。色々考えながら、伝えるべきか?ほっとくべきか?何を言えばプラスになる?プラスにさせないといけないのか?自分の基準になっていないか?冷静な評価が出来るのか?何が見える?意識して見えるもの、意識しなくても見えるもの・・・・本当に色々考えていました。

そのゲームを終えてから、通常練習がスタートしたのですがサッカー選手という事からリフティングをして、ドリブルをして、パスをしてみました。状況を判断する、考える、工夫する、やってみる、続けて出来る?などを考えてもらいながら自分も考えました。

個人の主観にならないように子供に確認を取ったり、子供の気持ちを聞いてみたい、個人、ペア、グループなど対話の仕方もちょっと変えてみると、やっぱり起きる現象も違ってきました。
使い分ける、という行為がサッカーのプレーでも大切。

状況に応じて何が必要で、何をやるべきか?が分かるってとても大切。結局、合ってるとか間違っているとかは周りが決める事だし、決められる俺には関係がないという事の理解。頭では分かっている。でも、心の根っこはそう簡単には理解をしないし納得しない。

子供が純粋にがんばる姿を観れたし、ボールを蹴って、きついメニューの中にも笑顔が溢れている選手達を観て『いいな~』ってこれまた純粋に思えた。
自分にとって『育てる』は永遠のテーマであり、ずっと答えが出ないままかも知れない。

これまでの20年間ずっとコーチをさせてもらった中でも『あ、分かった』なんて思った事も何度もありましたが、結局またふりだしに戻る繰り返し・・・分かるなんて事はありえないのかも知れません。ネットで情報が溢れているからこそ、『これが正しい』がたくさん出てくる。それら全部はそれぞれに違っているのに、みんな正しいと思っている。

答えが一つならばそんな現実ありえないだろうし、正解が一つじゃない事が事実なんだとも思う。この地域、このメンバー、この学年、この性格、このチーム、この子、だからこそ出てくる課題と成果があるんだと思うし、それを知らない他の人に評価されるものではないという事もそろそろ本気で気付いてきた頃・・・。

何をしてあげられる訳じゃない。指導者として優れている訳でもない。だったら、今の自分がこのメンバー、このチームにとって出来る唯一は『成長・可能性を信じてあげる事』だと思う。未来、先を観て関われる大人であるように・・・・自分へ言い聞かせてやっていきます!!

2019/11/05のBlog
[ 22:17 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

日中は汗ばむ陽気だったのに、夕方以降の寒さは強烈で夜になると本当に寒いぐらいでした。それでも、当初は使えない予定だったグランドをファルコが早く使えるようにと行政の方が整備までがんばってくださったおかげで活動が出来ました。色々な人の協力があってみんなが活動出来る事も含めて本当にありがたい事だし、自分がその気持ちを失う事なくやっていこうと思います。

ボールとの感覚は良くなってきたと思えるようになった週末のゲーム。

でも、そこに『人』が絡んでくるとみんなの能力は激減しているとすら思う感覚も同時にありました。それはそれだけ人を意識したトレーニングが出来ていない証拠だと思うし、自分の設定不足な部分だと思っています。相手、仲間、自分以外の選手がいるのがサッカー。その中で自分というものを輝かせる為には『使い方・関わり方』が大事になってきます。そういう所にも目を向けながらやっていかないといけない時期だし、気付かせてくれる色々な出来事がある事をプラスに考えていきたいと思います。
だから、トレーニングの中にも相手という存在を入れた時間を多くする事と、相手や人が絡んでいない時にも『同時に二つ以上の事を考える』設定にしていこうと思っています。

脳を使う事で身体が動くという人間の構造上、促すべきは身体(体力・筋力)ではなく、頭(脳)であり、そこを刺激する心だと思っています。どうしてやりたいのか?やるべきなのか?を理解して行動すれば成果は大きいだろうし、みんなにとって1回1回の練習が何かの刺激になるようにしていきたいと思います!
毎回のトレーニングで何を積み上げていきますか???と聞かれた時に、明確に答えられるコーチは少ないかも知れませんね・・・。いつしか『最低限』の事しかせずに、同じ事を繰り返しておけば良い、みたいな感覚になってしまう人も多いかも知れないけれど、毎回のトレーニングで内容は似ていても何を促すか?によって成果は違ってくるだろうし、みんなにとって考える意味のある中身になるようにしていきたい。
後半はまた面談をして各自と対話をしていきました!

時間が足りずに全員と出来ませんでしたが、木曜日に引き続きやっていこうと思います。子供を知る、子供が自分自身を知る、という事をやっぱり早くしなければならないと思います。何を与えるか?の武器も、相手の特性を知らないと良いものが与えられないからです。そういうのをすっとばして全員共通のものをいくら与えても入っていかない事はどこの世界でも起きている現実問題だと思っています。

子供にとって『今日はこれを考えた・これを学んだ』がうまく残っていくようにこれからも目指してがんばりたいと思います!!
[ 12:53 ] [ キッズ活動 ]
今日は朝から小野市にあるわか松幼稚園さんでのキッズ活動♪

晴天に恵まれた中での園児達はより一層キラキラしていました!!北播磨のキッズ委員会の一員という立場で今日は活動!年長さん25名の園児と一緒にサッカー教室をさせてもらいました♪

残念ながら3名休みという事でしたが初対面の自分がどれだけ子供の中に入り込めるか?自分を出す事、子供を主役にする事、両方を意識して元気いっぱいにがんばらせてもらいました♪
本当に良い天気でした♪

子供達の中にはサッカーが好きな子、外遊びが好きな子、おとなしい子、運動が苦手な子、自分をうまく出せない子などなど様々です。そんな子供達に対して『これを絶対にやりなさい!』は通用しません。何かをさせる大人側が『みんな同じじゃなくていいよ』という心の余裕を持たなければなりません。

そういう意味でも最初のメニューからその部分を子供達にも伝えました♪コーチが言った『色』を見つけて、タッチして戻ってくるゲームをしましたが、みんなそれぞれの目で見つけてバラバラの所に行ってくれていたのは良かったし、そこを一番誉めました♪中には、ず~~~っと遠くでみんなと違う場所をタッチしている女の子がいて、『よくあんなに遠い場所を見つけたね!』と誉めると、5回やった回数のうち全部一番遠くに行ってがんばっていました♪コーチが掛ける言葉の重さ、重要性を感じました。誉めてあげると中に残っていくんだな~って思いました。
今日は見守ってくださる先生方もとても柔らかい雰囲気だったので、当然子供達もはしゃぎまくりでした♪遠慮なく、子供らしく!!

それが出来るかどうか?って見守る大人の空気で決まるものです。ガチガチならば子供もそうなるし、ゆったりだと子供もそうなります。どちらが正解とかではなく、自分は子供らしさを引き出したい考え方なので、ゆったりと見守る方法を選んでやっています。

ボールを触る、身体を使う、その事をテーマに1時間という時間が短く感じてもらえるような工夫を心掛けました♪
子供の円陣はいつ観ても最高ですね♪

メニューは間を作ると子供はダラけてしまうし、集中力がなくなってしまうので、ポンポン変えていくようにしました!次は何だろう???そう期待してもらえるような流れを作るとコーチとしての成功と言えるような気がします!

ボール遊びをして、ドリブルを兼ねた『だるまさんがころんだ』もやりました♪ここでも、『君がアウト!』みたいな指摘をするのではなく、『自分で動いてしまったと思った子はスタートに戻ってね!』とあくまで子供の感覚を求めました。自分で考える事を委ねれば、きちんとルールを守って戻る子も多かったし、どうしても男の子の中には戻らない子はいましたが(笑)、そういう子も心の中では罪悪感と言うか、ちょっと残るものなんです。だからインチキをしたとかイチイチ言わないようにしています!
最後は試合を4チームで分けてやりました!

もちろん全チームに勝ってもらうようにしていたのですが、園児達は真っ直ぐで、一生懸命過ぎてハプニングも多々起きるものです。夢中に、ひたすらに蹴ってしまったボールが自分のゴールに決めてしまう、いわゆる『自殺点』という事もよく起きるので、そうならないように相手ゴールへの自殺点だけを守っている状態でした(笑)

それでも、全部に勝ってもらえたしみんなの笑顔が最高にたくさん見れて本当に良かったです!終わってからも『え~もう終わり???もっとしたい~!!』とか言ってもらえたし、後で先生方と話をしたら普段は全然声を出さない女の子がコーチにちょっかい出したり、元気な声を出しているのにビックリしたという事も聞いてうれしかったですね!

この出会いがまた何かのきっかけになると思います!



呼んでくださったわか松幼稚園の先生方、本当にありがとうございました(礼)
2019/11/03のBlog
[ 14:35 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から久しぶりのホームでの練習試合!!

とは言っても八千代グランドではなく、中町グランド!会場準備から慣れてないグランドなのでなかなか苦労をしました(八千代グランドにはポイントを土に埋め込んでいるので)・・・・。その準備をしながら、『ゴールエリアの大きさは?』『PKの長さは?』など次々に質問!!サッカーをやっている彼等ですが、その質問をされた時に、

『ゴールエリアの大きさは?⇒5m!!!(正解は16.5m)』

『PKの距離は?⇒6m!!!(正解は11m)』

『ペナルティアークの長さは?⇒6.2m!!!(正解は9.15m)』
『その数字どっから出てきてん!!!(笑)』

などなど、めちゃくちゃでした(笑) 本当に考えてサッカーしているでしょうか???細かい距離のズレはあるにしても全くおかしな感覚のみんなだと準備から大笑いでした(笑)
昔はそんな時に怒っていたな~・・・って思い出します。

知らない、は『ダメな子』じゃないという事。その基準ですから、子供達の失敗はそんなに気にならないようになりました!それ以上に、前向きに行動するとか、自分の頭で考えるというほうがよっぽど価値があると思います。正解を答えないといけないという雰囲気じゃなくて、素直に思った事を言える空気・・・大事にしたいですね!

今日も行事や用事があったりして人数はカッツカツでしたが、それでも控えがいるよりみんなが同じぐらいたくさんプレー出来るほうが幸せかもしれませんね!みんなサッカーがしたくて集まっているんだからたくさん試合が出来る喜びを感じてほしいし、うちの今日のメンバーはそこがとても上手だったと思います。
試合はカッツカツの人数で、25分を6本やりました!!

ほぼ全部出た子もいるし、みんなたくさんプレー出来た中でたくさん違うポジションもやってもらったりしました。色々な角度からサッカーを観るという経験をしてほしいし、相手の気持ちが分かる意味でも違うポジションもやってもらったりしました。

今日の相手はアグア姫路さん!最近交流を増やさせてもらっているチームですが個々が存在感を持ち、一人一人がとにかく楽しそうにサッカーをやれるチームだと思っています。そんな相手の空気にのまれないように、自分達もどれだけ楽しく出来るか?の挑戦でした!
すごくみんなよくがんばれていたし、気も回っていました!!

チャンスの作り方、決め方も本当に良かったと思う。でも、疲れてきてから、終盤は相手のペースに翻弄されたし、まだまだ内面の部分に課題は多く残りました。ただ、その課題とは前に進む為のものであり、悪いものという認識ではないのでもっと良くなるように考えていきましょう!!

個人的には『見える・分かる・気付く』がとても増えたと思うし、良くなっています!!この頭の部分が動いている成果は大きいと思うし、そこに身体がついてくる(技術を表現出来る)状態が作れたらもっと面白さを自分で感じられるだろうね!
育成の上手なチームが相手だったので、余裕のある環境の中で伸び伸びしている選手達の姿は勉強になります。自分も目の前の選手達が伸び伸びとサッカーをやれるような環境を作れるようにしたいと思います!!

一緒にやってくれている志染さんのメンバーもとても積極的にプレーをしてくれていたし、本当に良い影響を与えてくれています。お互いにとって良い影響を与えられたらこれ以上に良い環境はないと思うし、それがチームという一つの塊になれば最高ですね!今日も良い交流が出来ました!一人一人の良さもたくさん見えました!!

悪い部分ではなく、出来た、残せた部分をきちんと評価していく事。子供の自信を大切にしていきたいと思います!!

交流してくださったアグア姫路さん、応援に来てくださった保護者の方々、ありがとうございました(礼)